新着情報

2014-09-18

北欧旅行7日目 ムーミンの作者の名前知ってますか?

時刻 旅の日記 写真
06:45 起床。
2日連続で早起きなのでかなりつらい。が、昨日日記を書いた後に起きた悲劇に比べればこんなもの…部屋のバスタブに、風呂の栓がついてなかったんだよ!(これまでも似たようなことがあって、奥まったところから発見されたこともあるので、今回もまじめに探しました)あーもう生きる気力をなくした。すべてどうでもいい。
07:20 ホテルのビュッフェで朝食。
スクランブルエッグがなんかゴムみたいな硬さがあってまずいんだよ!
20140918_073301_Android
07:40 では出発…と思いきや、日本から仕事のメールが来ています。しかも緊急性:高だ。
慌ててPCをネットにつなげて返事。北欧は無線LANが相当充実しているのは助かります。しかし、早くメールしないと電車の時間が…
07:50 何とか返事を済ませて、中央駅へダッシュで向かいます。あー上着忘れた。
08:05 電車には間に合いました。一応写真を撮る余裕もありました。どこの都市でも中央駅はこういう感じですね。開放的な天井に、ずらりと並べられたプラットホーム。中央駅は終着駅になっているのがほとんどなので、線路も一方向にしか伸びていません。電車はInter City。日本でいうと新幹線でしょうか。車両は2階建てで座席もゆったりしています。世界の車窓からのBGMが何となく聞こえる。 20140918_080129_Android
09:55 フィンランド第2の都市タンペレに到着。
今日は曇りなのですが寒い。温度計によると13度。街ゆく人はほとんどコートを着ていて、マフラーを巻いている人もいるこのご時世に上着すら着ていない自分がなんか恥ずかしい。とりあえず駅前のデパートStockmannに入って何か対策を考えましょう。
10:00 慌てて飛び出てきたせいかペン(この日記を付けるためにメモが必要)も忘れていたのでここで購入。そうこうしているうちに少し天気が回復してきたので結局防寒着は買わずにすみました。
街を西の方に歩き、大きな橋を渡ります。タンペレは北と南の湖の高低差を利用した水力発電が有名です。
20140918_103014_Android
10:30 センター・スクエアに到着。
現在観光案内所はこちらへ移転しています。中で地図をくださいといったら、窓口のお姉さんがおすすめといって町歩き用のガイドマップをくれました。おすすめウォーキングルートも載っていていいですね。
20140918_103510_Android
10:40 ガイドマップのルートに沿ってぶらぶらと町歩き。写真は上から旧市庁舎、Tirkkonenビル、アレキサンダー教会とその内部。 20140918_104035_Android
20140918_104250_Android
20140918_111242_Android
20140918_111633_Android
11:30

タンペレ市立美術館

市街中心部の西の方にある市立美術館。
しかしこの美術館を有名にしているのは、その中にあるムーミン谷博物館でしょう。物語の名シーンを再現した立体ジオラマ50点弱や、作者トーヴェ・ヤンソンの直筆原画など、ムーミンファンにはおすすめです。日本人がかなり訪れるのか、展示物すべてについて日本語で解説したパンフレットを貸し出してくれるので、ムーミンについてはほぼ無知な自分でも楽しかったです。ムーミンって子供向けの絵本かと思ったんですが、意外と深い内容を扱っていることを知りました。(中は写真撮影禁止)
ただ併設されているショップはかなりしょんぼりなので残念。もらった案内によると、市立図書館の1階にもショップがあるようなのでそちらに期待してみます。

20140918_112446_Android
12:00

市立図書館

市立美術館から少し東の方へ引き返した場所にある、ちょっと変わったデザインの建物です。書籍、DVD、ゲーム、CDなどの貸し出しをしている、かなり大きな施設でした。
ところが1階のミュージアムショップが見当たらない…案内板によると1階は現在改装中で立ち入り禁止とのこと。どーなってんのこれ。

20140918_110842_Android
12:20

フィンレイソン

タンペレ生まれのテキスタイルメーカー、フィンレイソンの直営店です。ムーミングッズでも知られており、ムーミン柄のタオルやシーツなどのグッズもありました。
お土産用にフェイスタオルを購入。3.5ユーロなのでばらまきようにもいいかもしれませんね。

12:40

旧フィンレイソン工場

旧製糸工場として使われていた建物群が、現在は再開発されて博物館やレストランなどの複合施設になっています。
南東の一角にあるRAVINTOLA SELVIというファーストフード店で昼食。何を注文しようか迷ったんですが、注文を受けてくれた人がインド系の女性だったのでカレーパスタにしました。鶏肉とタマネギも入っていますが、味は普通。

20140918_124914_Android
13:15

スパイ博物館

お店のすぐ前の階段を地下に降りたところにある、世界初のスパイに関する博物館。スパイというより各国の情報局についての情報が豊富で、暗号機やスパイの武器・カメラなどに関するアイテムが多数展示されています。いくつかのアイテムは自分で試してみることも可能。
日本人はこういうのが好きなのか、ここでも展示品すべてについての解説を載せた日本語パンフレットを貸し出してくれますのでめっちゃおもしろかったです。実は博物館の場所がわからなくて相当迷ったんですが、あきらめなくてよかった。入場料8ユーロの価値はあります。内部は撮影禁止ですが、5ユーロ追加で払えばOK。

13:45 博物館を出て階段を上ると、僕の顔を見た先ほどのインド系の女性が声をかけてきました。何かと思いきや、「さっきお店でこれ忘れたでしょ」とフィンレイソンで買った袋を渡してくれました。渡されるまで完全に忘れていたので、本当に助かりました。あのときの店員さん、本当にありがとう。フィンランドさらに好きになったよ。
14:00 駅に戻りました。
昨日歩きすぎた影響か、今日はかなり足の疲労がたまっています。まだ行きたいところもあるんですが、もうHPが0に近いので宿屋に戻って回復しなければ。実は帰りの切符(指定席)はすでに買っているんですが、それが5時の切符だったので、チケットカウンターでもっと早い時間に変えてもらいました。
15:05 タンペレ駅を出発。あっという間に夢の世界へ…
17:00 ヘルシンキ中央駅に到着。
ずっと寝ていたおかげか体力も多少回復しました。トラム4号線で東方面に向かい、丘の上にあるウスペンスキー寺院へ。しかし本日4時閉館なので中は見られませんでした。明日もう一回来てみよう。
20140918_172005_Android
17:30

ヘルシンキ大聖堂・元老院広場

ヘルシンキのランドマークでもある、ルーテル派の教会。
約3000平方メートルで国民的なイベントにも用いられる広場から、階段を40段ほど上がったところにあります。かなりの大きさですが、中は祭壇も小さめで質素な感じになっています。
教会からは広場が一望でき、多くの市民が階段の途中に腰掛けて涼んでました。

20140918_173906_Android
20140918_174305_Android
20140918_174509_Android
17:40 元老院広場からStockmannに至る一角はショッピングスポットなので、そこら辺をうろうろしながらお土産を物色。何人かは目星を付けたんですが、明日ショッピングを本格的にするつもりなので、とりあえず今日は目を付けるだけにしておきました。お土産探しは毎回一日がかりなのでいつも悩みの種なんですが、今回は少し楽できるかも。
18:30 VAPIANO 中央駅の駅前広場東にあるイタリア料理屋。実は昨年のドイツ旅行でも同じ店に入っています。客の目の前で料理するスタイルのパスタが有名で、ソースとパスタの種類を決めるとあとは店員さんがいい感じに作ってくれます。僕のメニューはアラビアータ×リングィネで9.5ユーロ。相変わらずうまい。また別の国でも見かけたら行ってみようと思います。 20140918_183835_Android
19:30 キオスクでミネラルウォーターを買い込み、ホテルに帰りました。明日起きたときには仕事のメールが来ていませんように。いよいよ明日は北欧旅行の実質的最終日です。

 

2014-09-17

北欧旅行6日目 フィンランドが意外に新しい国だということを今知った

時刻 旅の日記 写真
05:00 起床。
さすがに眠いですが今日は仕方ない…そそくさと身支度を調え、朝食もとらず準備します。
05:30 フロントにタクシーを呼んでもらい、街の北東にあるタリン・D ターミナルへ。
05:45 ターミナルに到着。
今日はここから再び大型客船で、フィンランドの首都ヘルシンキへ向かいます。2時間前(7:30出発)からチェックインできるって旅行会社のパンフに書いてるのに、できないじゃん。仕方なくロビーで待ちます。まだ喫茶も開いてないし。
06:00 チェックイン開始。
…が、乗船できるのは06:45なので意味なし。ひたすら待つ。
06:45 ようやく乗船開始。
ヘルシンキはフィンランド湾を挟んで2時間程度の距離なので、今回は個室はありません。船も部屋数が少なく、その分レストランなどのスペースが増えているようです。僕もカフェで時間をつぶすことにします。
20140917_094753_Android
20140917_070928_Android
07:30 MS STAR号で出航。
心なしか昨日より揺れるような。空は晴天で波も穏やかです。
09:30 ヘルシンキ南東にあるランシ・ターミナルに到着。
ターミナルを出るとすぐ目の前にトラムの停留所があります。そばに券売機もあるので、チケットを購入。どうせ後でフリーパスを買うので、シングルチケット(2.5ユーロ。ただしトラム専用券なら2.2ユーロ)を購入、トラム9番線で市内へ向かいます。
10:20

SOKOS PRESIDENTTI

Kammpiという駅の近くにある四つ星ホテルです。ロビーにプールにサウナもあるぞ!これまでのビジネスホテルとは違うグレードの高さを感じます(自分で予約しておきながらうざいリアクションだとお思いかもしれませんが、あいにく旅行会社が決めるタイプのプランなので本当に驚いてます)。若干トラム停留所からもメトロ駅からも離れているのは残念ですが…(しかも道に迷いました)
時間が早すぎてチェックインはできなかったので、荷物だけ預けました。そこからちょっと離れたところにあるトラム停留所から7番線に乗り、出かけます。

20140917_101648_Android
10:30 新しい街に着いたら最初に来るところはわかってますね。そうです、観光案内所です。
ヘルシンキには2カ所ありますが、中央駅から少し離れた場所にある案内所がおすすめです。日本語のパンフレットもありますし。そしていつも通りヘルシンキ・カードを購入。今回は72時間券(61ユーロ)を購入。ストックホルム・タリンのカードがプラスチック製だったのに、こっちは紙だ。
11:00 ヘルシンキ・カードを買うと、市内バス観光かボート観光のどちらかが無料になります。
ちょうど一日1回しかないバス観光が11時スタートだったので、乗ってみることにしました。ヘッドホンで日本語のアナウンスを聴きながら、ストックホルムの名所を回れます。中央駅からちょっと離れていて行くのが面倒くさいところにも楽に行けるので、思いつきでしたが正解でした。案内所近くに停車していた「PANORAMA Sightseeing」と書かれたバスに乗り込みます。途中景色がいいところも通ります。
20140917_112014_Android 20140917_112409_Android
11:40

テンペリアウキオ教会

岩をくりぬいて作られたルーテル派(フィンランドの国教)の教会です。ここでバスが停車し、5分ほど見学が可能。
普通の石造りの教会にはない変わった構造をしていますし、音響効果もよいのでおもしろいです。

20140917_115200_Android
20140917_114719_Android
12:10

シベリウス公園

フィンランドの有名な作曲家ジャン・シベリウスを記念した公園。中央にはよくわからないモニュメントと、よく意図がわからないシベリウス本人のオブジェがあります。海沿いだし日光浴によさそう。

20140917_120906_Android
12:35 観光案内所に帰ってきて終了。
今度は目の前にあるKauppatori停留所からトラム2番線に乗ります。ヘルシンキのトラムは停留所名情報が極端に少ない(停留所にすら停留所名が書かれた地図がないし、そもそも自分がいる停留所の名前すら小さくしか書いてない)ので、道をよく見てタイミングよく降りましょう。
またヘルシンキ・カードは最初に使用するときに電子リーダーにカードをかざす必要があります。パンフレットにも日本語で注意書きがあり、確かにトラムの入り口にカードリーダーがあるのはわかるのですが、カードをかざす場所がわからない…中央の▲で囲まれた場所ですよ!
20140917_134716_Android
13:00

Cafe Ursula

3つ先(2つだったかも)のKaivopulsto停留所で下車。そのまま海に向かって5分ほど歩いたところにあるカフェです。
中心部からちょっと外れる上に停留所からも遠く、観光客があまり来るようなお店ではないかもしれません。でも地元民らしき人たちでかなり賑わってました。
なんでここに来たかって?ウルスラって名前だから(魔女宅ネタ)。ほかに理由が必要?ちなみにスープランチ(スープ+サラダ+パン+コーヒー)を注文しましたが、普通においしかったです。9.5ユーロ。

20140917_130636_Android 20140917_131505_Android
13:30 カフェを出て、トラム3番線(2番線と3番線は実は同じ路線で、途中から名前だけ変わります)でKaivopulsto停留所に戻ります。それから目の前にある港へ。
14:00 港でチケットを購入し、スオメンリンナ島を目指します。ガイドブックによると、市運営の通年運航船と、JT-Line社運営の夏期のみ運航船があり、前者の方が安い上にヘルシンキカードでただになるらしいんですが、なぜかJT-Line社のしか見つかりませんでした。もちろんカードは使えず、往復7ユーロ支払うことに。まぁいいけど。船はこの時期1時間に1本なので、あらかじめ時間を調べておくべき。 20140917_162316_Android
20140917_140431_Android
14:25

スオメンリンナ島

ヘルシンキの南東洋上に浮かぶ要塞島。ロシアの脅威が強まった18世紀に要塞化されました。1808年のフィンランド戦争でロシアに接収されましたが、1918年にフィンランド領に復帰し、この名前(確か「スウェーデンの城」という意味だったかな)が付けられました(フィンランドは昔スウェーデン領だったから)。今では当時の遺跡のほか、博物館や教会などがある観光地になっています(ただし住民もいる模様)。

14:30 島を散策し、軍事博物館やスオメンリンナ教会を見学。北欧全般にいえることなんですが、等身大人形を使った展示が豊富。 20140917_143201_Android 20140917_142933_Android 20140917_143445_Android
14:45

スオメンリンナ博物館

波止場近くにあるビジターセンター内にあります。
中ではスオメンリンナのに関する展示のほか、島の歴史を25分程度にまとめたムービーが流れています(ヘッドホンで日本語ナレーションも聞けます)。どうせたいした内容じゃないよねと思って5分ほどで抜けようと見始めたんですが、これがすごくおもしろかった。エーレンスヴァールドさん(この島を要塞化した軍人)、あんた漢だよ。

20140917_143851_Android
15:25

おもちゃ博物館

フィンランドのおもちゃが展示されています。
この手の博物館僕は好きなんですけど、見学後には「あぁ…」っていう気持ちになる。党内の博物館はすべてヘルシンキカードでフリーなのに、ここだけ3ユーロひつようなのもちょっともやっとする。

20140917_152510_Android 20140917_152641_Android
15:30 その後船の時間まで島内散策。
もうすでに冬期に入っているからか、いくつかの博物館は閉館していて残念。
でも第2次世界大戦で実際に使われていた潜水艦の見学ができました。これ見るとノーチラス号がいかにふざけているかわかりますね。人が余裕ですれ違える通路、ばかでかいエンジンルーム、そして風呂。なめとんのか。
20140917_154214_Android 20140917_154600_Android 20140917_153709_Android 20140917_155334_Android 20140917_155806_Android
16:25 JT-Line社の船でヘルシンキへ。
帰りの船も1時間に1本なので注意。島内はあまり広くないので1~2時間あれば十分でしょう。島中央部の波止場のほかに南端の波止場にも船が寄るので、島を南へ縦断してから帰るという手もあります(南の波止場へは5分もかからないので、帰りの時間に注意)。
17:10

国立博物館

20世紀初めに建てられた博物館。
一から作ったのになぜか教会のような外観です。港でトラム4番線に乗り換え、北上してKansallismuseo停留所で降りるとすぐ目の前。
石器時代から20世紀までのフィンランドの資料がいろいろあります…が、国立の名を冠する割には結構あっさり風味。民族衣装がやたら充実していたなぁという印象でした。18時閉館でしたが結構余裕。あとショップをもう少し充実させるべき。

18:00 博物館がホテルに近いので、いったんチェックインしに戻りました。そして昨日よりもさらに広い部屋。そしてバスタブがある!日本人ならやっぱり風呂でしょ。これは今夜が楽しみ。 20140917_175604_Android
18:30 ちょっと休憩して近くにあるヘルシンキ中央駅へ。
明日はタンペレという都市に行くので、鉄道チケットを券売機で購入しておきました。英語表記も利用できるので購入は簡単ですが、クレジットカードオンリーなので注意。タンペレまでは片道35ユーロ程度、1.5~2時間くらいかかります。
購入後は近くのデパートをお土産購入のため下見。中央駅の周りにはSokos、Forum、Stockmannというデパートがひしめいているので、お土産探しに最適。ストックホルムより物価もましだし。
20140917_182851_Android
19:10

アカデミア書店

Stockmannの隣にある、ヘルシンキ最大級の書店。
本屋マニアとしてここに来ないわけには行かないでしょ。そしてもちろんいつものやつを購入(1巻を探したがなかったので、僕が好きな3巻にしました)。

20140917_211613_Android
19:50

Konstan Molja

ビュッフェ形式のフィンランド料理店。
トラム9番線でKommpiの1つ西の停留所で下車します。あまり目立たない外観なので注意。
夜はビュッフェのみ(19ユーロ)ですが、魚やお肉などいろいろなメニューが豊富です。手前の肉片はトナカイ肉のソテー。なんか餃子のようなものもありました。特に肉団子が歯ごたえがあっておいしい。

20140917_202613_Android 20140917_200322_Android
20:30 帰りにKioski(キオスク)で水を購入してホテルに帰りました。フィンランドでは水道水が飲めますが念のため。
明日はちょっと早めの電車なので風呂に入ってもう寝ます。

 

2014-09-16

北欧旅行5日目 スウェーデンとの物価の違いに驚愕

時刻 旅の日記 写真
07:00 起床。
今日も快晴です。エストニアは一年の半分以上曇っているらしいのでこれはうれしい。睡眠は非常に快適でした。
07:30 朝食。
昨日と同じビュッフェです(チケットには朝食込み)。今朝もメニューが半端なく充実しています。特にコーヒーがうまいのがありがたい。ストックホルムのコーヒーは口に合わなかったので。
20140916_073142_Android
09:00
 ↓
10:00

タリン港

エストニアに到着。時差が1時間あるので時計を調整しておきましょう。忘れて部屋でくつろいでました。国境を越えたにもかかわらずパスポートチェックもなし。船を下りたらタクシーで市内のホテルに向かいます。

20140916_084509_Android
10:30

Kreutzwald hotel Tallinn

今日一泊するホテルに到着。ストックホルムのホテルよりさらに広く、デザインも洗練されています。バスタブ付きの部屋にも+20ユーロで変更できます。
無線LANも自由に使えて安心。
ひとまず荷物を置いて、すぐに旧市街へ向かいます。ホテル前のKondu停留所から市バスで2駅のEstonia停留所で下車すればOK。ただ今回は歩いてみます。

20140916_094715_Android
20140916_093505_Android
11:00

タリン旧市街

街全体が世界遺産に登録されているエストニアの首都。旧市街は城壁に囲まれた比較的狭いエリアです。中は公共交通機関はないので徒歩で移動しましょう。なおここも、魔女の宅急便のモデルといわれています。でもゴットランドの方がイメージには近いかも。

写真はここまでに見たよく知らない建物。

20140916_095741_Android
11:20

トームペア城アレクサンドル・ネフスキー教会

旧市街の南西、小高い丘の上にあります。トームペア城はタリンの征服者が居城としてきた宮殿風の城。教会は1901年に建てられたロシア正教の教会です。城は今日は開いていませんでしたので、教会のみ見学。ロシア正教会らしい、がっちりした開口部の少ない造りでした。

20140916_102012_Android
20140916_102100_Android
12:00 市の中心部にある観光案内所でタリンカードを購入。24時間有効で24ユーロ。これでタリン市内のめぼしい観光スポットを無料で利用できます。トラムや市バスなどもOK。その他ツアーなどの割引もあるようです。分厚い冊子を繰れるのでそちらをチェックしておきましょう。しかしストックホルムカードはこの倍以上の値段がしましたが…
12:00

市庁舎

内部は博物館になっています。塔にも別料金(カードがあれば無料)で登れますが、僕は後半に体力温存するためスルー。

20140916_103352_Android
20140916_110648_Android
12:20

Restoran Rataskaevu 16

市庁舎のすぐ近くにあるレストラン。変わった名前ですが、住所がそのまま名前になっているようです。鳥胸肉のソテーを注文したのですが、これがうまい。自家製のパンもいい味だし、チキンはジューシーで、トマトはしっかり酸味がします。ネットでおいしい店を調べておいてよかったです。値段も手頃(これは7.9ユーロ)だし、マジおすすめ。

20140916_123703_Android
13:00 レストランを出て、北方面へ向かいます。建物は聖ペテロ・聖パウロ教会(カトリックの教会)とニコライ教会。街も中世の雰囲気がしっとりしていていいですよね。でも高い建物が大体ロシア風なので、一種独特な雰囲気があります。 20140916_132230_Android
20140916_132748_Android
20140916_102843_Android
20140916_131821_Android
20140916_143004_Android
20140916_143506_Android
13:30

エストニア歴史博物館

エストニア11000年の歴史と銘打って、歴史的なアイテムが多数公開されています。石器時代をシミュレーションできる(といってもYes/Noを選ぶだけですが)ゲームが笑えました。よその種族に捕まって餓死しましたけど。

14:00

ふとっちょマルガレータ

市街北端にある砲塔。マルガレータとは監獄の食事を用意していた女将さんの名前だとか。
内部は海洋博物館になっており、帆船模型などが多数あります。入り口に書いてあった「海は大陸を分けているが、国同士をつなげている」という言葉はいいね。

20140916_140612_Android 20140916_140804_Android
14:30

聖オレフ教会

タリンで一番高い塔を持つ教会、オレフというのはこの教会を建てた巨人の名前だそうです。聖人認定されているのか…塔も登れますよ。僕?スルーで!

20140916_142828_Android 20140916_142608_Android
15:00

Chocolats de Pierre

ちょっと奥まったところにあったカフェで休憩。その名の通りチョコレート菓子やココアのお店です。
コーヒーとチョコレートケーキを注文。柑橘系の酸っぱいソースがいいアクセントになっていますが、やはりしつこい。そしてでかい。味はそこそこよし。

20140916_152351_Android
16:00

処女聖マリアの大聖堂

トームペア城近くにある大聖堂へ。
ここが街で一番高い場所です。そして高い塔があります。ここを登らねばどこを登る!ということでがんばりました。136段の階段は心が折れそうになりましたが、息を切らしながら登り切りました(一応安全のためか、お兄さんが後ろからついてきていましたが、全く息を切らしてなかったです)。
そして見よこの景色を。がんばったかいがあったというものです。この景色はちょっと魔女宅っぽい。

20140916_160136_Android 20140916_161436_Android 20140916_160918_Android 20140916_161033_Android
16:30 大聖堂の近くには、3カ所展望スポットがあります。こちらは階段を上らなくていいです。もう大聖堂に行ったからどうでもいいけど、一応見ておくか…あれ、これ大聖堂の上より景色いいんじゃね…?(写真では微妙ですが、まじでこっちの方が印象いいです)
ちなみに、北東西の3カ所ですが、西は旧市街と反対向きなのであまり景色はよくないです。
20140916_162043_Android 20140916_163237_Android
18:30 その後は旧市街を回りながら、お土産を物色。旧市街は完全な観光地で、いる人もほぼすべて観光客です。お土産屋も半端ない数ありますが、ほぼ町中を巡りすべての店に入ったといってもいいと思います。どうもバルト海は琥珀が有名みたいですね。ほかには毛織物などが多くありました。小さな額入りイラストが気に入って購入。でも足がもう折れそう。よって帰りはバスで。 20140916_164720_Android
19:00 ホテルに到着。周りにはお店はおろかコンビニもないんですが、もう食欲ないからどうでもいいわ…今はとにかく休みたい。
20:00

Nipernaadi OLIVE HOSPITALIT

一休みしたらおなかすいてきたわ(勝手すぎ)。店が周りにないので、ホテルの地下にあるレストランに行きました。
石焼きステーキが名物らしいので、ステーキとエビのセット(21ユーロ)を注文。これが値段だけあってうまい。エビも肉も塩で軽く味付けしているだけなんですが、何でこんなに柔らかくて旨みがあるのか。あっという間に平らげてしまいました。付け合わせの野菜とビーフンの炒め物に全く味がついていなかったのが気になりましたが(醤油もってこい!)、すばらしい味。
よく考えたら、ここより明日行くヘルシンキの物価の方が高いから、こっちで高いものを食べるのは戦略的に正しい…はず。

20140916_202709_Android
21:00 そろそろ体力的に限界を感じるなぁ…明日は朝かなり早いのでこの辺で。

 

2014-09-15

北欧旅行4日目 本日のY.A.S.は洋上よりお届けしています

時刻 旅の日記 写真
07:30 起床。
今日も晴れてほしい…というより海が穏やかであってほしい日だったのですが、雲一つない快晴です。やはり日頃の行いというやつか(去年のドイツ旅行で雨にたたられたことは忘れた)。
08:00 今朝はホテルで朝食。ビュッフェ形式なのにほとんど一昨日と同じメニューですが、これは選択肢が少ないのではなく、単に好みの問題です。正直今まで泊まったホテルの中では充実している方。 20140915_075533_Android
08:30 ホテルをチェックアウト。
ひとまずスーツケースはホテルに預け、街へ繰り出します。今日は夕方までは時間がありますので、ストックホルム郊外にあるドロットニングホルム宮殿に行ってみようと思います。ただその前に、夕方スムーズに移動できるよう、自分が乗らなければいけないバスのバス停を探します。旅行会社からもらったペーパーによると、「中央駅の近くにあるバス停からバスが出ています」とのこと。おい、アバウトすぎるだろ!
8:40 結局それらしいバス停は見当たらなかったので、駅の中にある観光案内所で聞いてみることに。
朝から結構な行列なのですが黙って並びます。(以下の会話は英語です)「ヴァータハムネン港にバスで行きたいんだけど、どうやって行けばいいんだい?」「そこの出口を出て、道路を渡ったところにあるバス停から乗れるわ」「(そのバス停が見当たらないんだよ!)時刻表あったらちょうだい」「ないわ。バス停に書いてあるから」とけんもほろろ。仕方なく自分で指定された場所を探してみます。
09:00 ようやく発見。
Centralenというバス停が二つあるのがいけないんだ!目的のバス停は、高架下にある北側のバス停ではなく、南側(熊猫飯店とか旧観光案内所とかの前)のバス停です。City Busという赤い看板があり、船の時刻に合わせて直行便が出ているようです。14:35か15:35のバスに乗れば間に合うな。チケット…をどこで買うかわからないから一か八かだけど(ストックホルムでは、市バスの乗車券は車内では販売していません)。
20140915_090759_Android
09:15 中央駅から地下鉄に乗り、地下鉄17号線(19号線でも可)でBrommaplan駅へ向かいます。
Brommaplanまではシングルチケット(44SEK)で行けるのですが、その先ドロットニングホルム宮殿までバスで行く場合、2ゾーンチケット(54SEK)を買っておけばバスにも乗れて便利…何じゃないかなぁ(ストックホルムは地下鉄、バス、路面電車などはすべて同じ会社が経営していて、チケットも共通です。市内はいくつかのゾーンに区切られていて、いくつのゾーンをまたぐかによって料金が決まります。2ゾーンチケットは、出発地と目的地が隣のゾーンという意味)。よくわからないけど。
09:40 Brommaplan駅に到着。
今度は市バス177番線に乗り換えて、Drottningholm停留所へ向かいます。車内案内がないので油断しないように。おそらくほかにも観光客はいるので大丈夫だと思いますが。ちなみにDrottningholmへは177番線以外にもかなりの本数が出ているので、時間は気にしなくてOK。ちなみにバスチケットはバスターミナル付近のキオスクで買いました。ぺらぺらの紙を渡されたんですが、ICチップが入っていて、乗車時にカードリーダーにかざせばそこから75分乗り放題です。
10:00

ドロットニングホルム宮殿

かつて、そして1981年以降、王族の住まいとして用いられている宮殿です。現在でも2階や3階の一部を見学することが可能です。王宮と、敷地内にある中国離宮がセットになったチケット(180SEK)を購入。これが後々悲劇を呼ぶことに…。
なおチケットセンターで、日本語のガイドブックを販売しています。王宮の見学順路順に解説が書かれていて非常にわかりやすく、値段も50SEKとお手頃なのでおすすめです。
王宮内はやっぱり地味な感じ。やっぱり気候と、キリスト教の影響が少ないのが原因ですかね。壁画やタペストリーなども、あまりなじみのない伝説・伝承がモチーフになっているものが多いです。

20140915_100635_Android
20140915_104649_Android
10:40 見学が終わったので、中国離宮へ。
軽い気持ちでチケット買いましたが、離宮というだけあって王宮からめっちゃ遠いです。まさか庭園の向こう側だったとは…徒歩10~15分。普通こういう造りの施設の場合、施設をつなぐ馬車や車などがあるのが常識ですが、そんな気の利いたものはありません。歩け。
20140915_104434_Android
11:00

中国離宮

18世紀に建造された中国風デザインのお城。
到着したものの、扉が閉まっています。まさか…と近づくと、12時開館とのこと。憎しみで人が殺せたら…!(チケットセンターでもらったパンフレットにはきちんと開館時間が書かれていたので、これは逆恨みです)。
さすがに旅行で1時間空費はつらい、しかしあの道のりをいったん王宮まで戻り、そこで食事を先にするというのも肉体的につらい。どうすべきか…と思ったら、すぐ近くに喫茶発見!11時30分オープンなので、30分だけ待つことに。困ったときのデモンゲイズ。

20140915_105814_Android
11:30 オープンしない…どうもそもそもやっていないようです。
だったらそういう表示出しとけよ!欧米人のこういうところが嫌いなんだ(問題発言です
12:00 結局1時間待ちました。
なお内部は5分で見て回れるほどだった上に、その名の通り調度品も中国のものがほとんどなので、若干期待外れだったことを申し添えます。
12:20 見学も終わったので、再びバスと地下鉄を乗り継いで中央駅へ帰ります。
今度は1枚のチケットだけで行けました。
13:00 ちょっと気が変わったので、中央駅の3駅先にあるMedborgarplatsen駅で下車。
このすぐ近くに、スウェーデン料理の日替わりランチを安く食べさせてくれるお店があるってガイドブックに載ってた。最後だし、そういうのを思い出に食べておこう。
13:10

Kvarnen Restaurang

店名忘れた(あとで 駅のすぐ近くにある、100年以上の歴史があるレストラン。日替わりランチが93SEK(約1500円)。これを見て「安い!」と心からいえるなら立派なストックホルム市民です。
今日(月曜)の日替わりは「ロースト肉のクリームソース添え」か「サーモンの照り焼き ジャスミンライス添え」。前者で。肉も軟らかく味も上品でよかったのですが、ちょっと癖のある肉でした。メニューにはManorって書いてあったけど、辞書引いてもわからん。

20140915_131909_Android
14:00 さーて、メシも食ったし、街でもぶらぶらして帰ろうかな…と思ったとたん、猛烈な腹痛が。
これはいかん。トイレトイレ…ってそうだ、ここは外国だ!(ちなみにストックホルムは公衆トイレはない模様。デパートなどのトイレもほぼ有料です)このあたりの地理には詳しくないし、トイレを探す余裕は…そうだ、確かストックホルム中央駅にトイレがあったはず!仮になくてもあそこからなら泊まっていたホテルが近い!急げ!とばかりに地下鉄に飛び乗って中央駅へ。写真は腹痛が起こる直前に駅前で撮影しました。
20140915_135032_Android
14:15 ふぅ…危ないところだった(間に合いました)。
すっきりすると、入り口で払った10SEKが急にもったいなく(せこい
14:20 予定とは違いましたが中央駅まで戻ってしまったので、荷物を回収してバス停に向かうことにします。
次の目的地は、ストックホルム中心部から北東2.5キロに位置する、ヴァータハムネン港です。なおバスチケットはその場でドライバーから買えました(これは他の市バスとは運行会社が違うので別チケット)。片道60SEK。地下鉄でも行けますがやや不便なので…
15:00

ヴァータハムネン港

ほかにもよく似た名前の停留所があるようなので、降りるときに運転手にしっかり確認しましょう。
ここから船に乗り、エストニアのタリンに向かいます。エストニアはバルト海を挟んでスウェーデンの向かいです。バルト三国、知ってますよね?なおチェックインしたらすることがなくなってしまったのでまたもやデモンゲイズ。

15:30

ヴィクトリア1世号

タリンク・シリヤライン社が誇る豪華客船です。乗船開始したので早速乗り込みます。こんな大きな船に乗るのは生まれて初めてです。しかも全く揺れがない。船にめちゃくちゃ弱い僕でも全く問題ありません。

20140915_153627_Android
15:10 客船は10階建てで、5階、8階、9階が客室、7,8階がレストランや免税店、会議室、ディスコ、ゲームセンターなどの商業施設フロアになっています。
そして部屋もこのスマートさ。ちなみにこれは一番グレードの低い部屋です。ベッドが2台あるので2人部屋ですかね。シャワー、トイレ、テレビ、デスクなど必要なものはそろっていて、まさに動くホテル。荷物置いてからは、はしゃいで船内の見学をしてました。
20140915_154216_Android
20140915_155928_Android
20140915_155940_Android
17:45 出港。
アナウンスもなく、揺れも音もないので全然気がつかなかったわ。どうなってんのこれ。
18:15 レストランで夕食。
ビュッフェ形式で31ユーロとちょっと高めなんですが、さすが豪華客船だけあって料理はかなり質のいいものがそろっています。ここまであまり豪華な食事をしていなかったので奮発しました。特に魚がおいしい。よく考えたらここまで魚料理はほとんど食べていませんでしたからね。米もあったので食が進みました。なおわざわざ「すし」コーナーも設けられていたのですが、そこにあったのがよく見ても何か全くわからない緑色の具を巻いた海苔巻きだったので、さすがに手が出ませんでした。あの蛍光グリーンは何が発色しているんだ…
20140915_182247_Android
20140915_184510_Android
19:00 驚いたことに、船内の一部のエリアではインターネットが使えます(どこで使えるかは会議室に掲示されています。IDも)。この記事もWi-Fiが入るラウンジで書いています。何でも衛星を通じてつなげているとのこと。通信速度は遅いよ!って書いてましたけど、全然許容範囲です。ただ自室では使えないので、今日の更新はここまでということで。タリン到着は明日10時の予定です。 20140915_174134_Android

 

2014-09-14

北欧旅行3日目 絶望した!P4GAが外国からは視聴できなくて絶望した!

時刻 旅の日記 写真
07:30 起床。
ドライヤーが発見されました。流しの下のチェストに入ってました。というか流しの下がチェストだということに気づいたのは完全に偶然なので、見つけられなかった僕は悪くない。
08:00 朝食をとらずに出発。
今日は旅程の中でも特に晴れてほしかった日なのですが、願いかなって快晴です。バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島ゴットランド島へ飛行機で向かいます。
08:10 中央駅でARLANDA EXPRESSの往復券を購入。
往復だと490SEKとちょっとお得。往復乗車券はround-trip ticketですよ。
降りる駅を間違えないように、ホームにある飛行機発着表をチェックしておきましょう。搭乗予定のスカンジナビア航空(SAS)国内線はターミナル4です。
08:40 空港に到着。
SASでは機械でチェックインが可能です。なぜか日本語も表示できるという親切ぶり。ほかにもネットでチェックインしたりもできます。チケット自体ネットで購入したんですけど、いろいろわかりやすくていいですね。
しかし霧が濃いのが気になる。
08:50 セキュリティチェック終了。
余裕を見て早く来たんですけど、1時間半も余ってしまった…やっぱり国内線で2時間前到着はやり過ぎでしたか。とりあえずMAXというハンバーガーショップ(スウェーデンではマック並みに普及しているチェーン店)で朝食。ハンバーガー・コーヒー・ジュースで39SEK。しまった…飲み物がかぶってしまった。
20140914_090346_Android
09:15 食事も終わったのでデモンゲイズで暇つぶし。
おそらくすでに終盤。ちょっと器用貧乏っぽかった主人公の火力アップが著しい。
10:25 霧もかなり薄くなり時間通り出発。
スコットランド・アルランダ空港からゴットランド・ヴィズビィ空港へ向かいます。
20140914_101742_Android
11:05 Visby空港に到着。
天気は快晴で安心。
ヴィズビィ市街は、世界文化遺産に登録されている、城壁に囲まれた都市です。空港からはちょっと距離があるのでタクシーで移動。ヴィズビィ市街の北門を目指します。スウェーデンは町中のタクシーでも問題なく英語が通じるので助かります(ヨーロッパでも通じないところは結構ある)。
20140914_112356_Android
11:25

セント・クレメンス教会の廃墟

ヴィズビィ最古の教会。12世紀のものだそうです。12時~16時に解放されているとのことで、外から写真を撮るだけしかできませんでした(あとで引き返してみたけど結局開いてなかった)。

20140914_112458_Android
11:30

セント・ニコライ教会の廃墟

セント・クレメンス教会のすぐ南にある、13世紀のドミニコ会修道院。一つの石を花形にくりぬいて作られた円花窓が有名。こちらはこの時期は開放していない模様。やはり外から撮影。近くで黒猫発見(ネタ振り)。

20140914_113030_Android
20140914_131849_Android
20140914_113318_Android
11:35

サンタ・マリア大聖堂

ヴィズビィ市内で唯一現存する教会。3本の尖塔が目立つ市のランドマークですね(現在1本は修復工事中)。11時から礼拝だったので中は見学できず。

すぐ脇の階段を上ると、市内を一望できる絶景ポイントがあります。写真が下手なのでうまく伝わらないと思いますが、この景色を見て何か思いませんか?そう、このゴットランド島は「魔女の宅急便」のモデルになった(これは確か公式発表されていたはず)島なのです。ばーん。

20140914_113712_Android
20140914_113912_Android
20140914_114120_Android
20140914_114126_Android
12:00

Creperie & logi

そのまま高台を南に歩き、東門のある角を曲がって降りた先にあるお店。ガレットとクレープが有名だそうです。

サーモンとほうれん草のガレットを注文しましたけど、予想通りでかい!写真からはよくわからないかもしれませんが、洗面器より大きいくらいです。右下の白い塊はサワークリームなんですが、それを投入してもどうにもならず4分の1ほど残しました。
何ものっていないクレープにすべきだったか(隣のお兄ちゃんがおいしそうに食べてました)…でも味はよかった。北欧に来たらサーモン食べないと。

20140914_115643_Android
20140914_121509_Android
13:00 店の横の坂を下って観光案内所へ。トイレがきれいなんで助かります。
そこを起点に海沿いを北上して行きます。海風が気持ちいい。
 20140914_130518_Android
13:20

火薬塔

ヴィズビィ最古の建造物。火薬庫として使われていた歴史があるのでこの名前がついているみたいです。

 20140914_130316_Android
13:25 これで大体見るべきものは見て回ったので、あとは適当に市内をぶらぶら。魔女の宅急便っぽい空気を感じていただけるでしょうか。実際に歩いているとマジ映画の世界みたいでした。 20140914_114725_Android
20140914_115643_Android
20140914_124430_Android
20140914_130747_Android
20140914_142827_Android
20140914_151947_Android
13:40 市内散策。セント・ドロッテン教会の廃墟とセント・ラース教会の廃墟とサンタ・カタリーナ教会の廃墟の廃墟3連発。 20140914_132548_Android
20140914_132657_Android
20140914_133034_Android
14:00 東門を出たところにあるショッピングセンターでウィンドウショッピング。といってもお土産屋さんは市内の方が充実しているのでそちらの方がいいでしょう。僕もコーラ1本だけかってベンチで休憩し、再び市内へ。
15:00 大聖堂へ戻りました。礼拝が終わっていたので中を見学。こちらもストックホルム同様あまり派手さはないですね。北欧ってカトリック系でしたっけ?その後は市内を適当にうろうろ。 20140914_150938_Android
16:00 さすがに疲れたので、東門の外にあるハンバーガーショップで休憩。実はもう見るところはないんですけど、帰りの飛行機がだいぶ後なので時間をつぶさないとだめなんだよ。ホットドッグをかじりながら榊ガンパレ最新刊を読了。
16:40 ショップの真向かいにあるタクシーターミナルでタクシーを拾いました。スウェーデンには流しのタクシーはいないので、電話で呼ぶかターミナルで拾うかのどっちかです。電話で呼ぶ勇気はない僕のような小心者は、素直に東口へ行きましょう。ただし時間帯によってはそもそもタクシー自体がいなかったりするみたいですが。
16:50 空港に到着。実は行きの飛行機に乗るときに帰りの便もチェックインしているので、完全にやることありません。搭乗時間まであと2時間。どうする?→困ったときのデモンゲイズ。
19:10 飛行機でストックホルムへ。雲海の向こうに見える夕焼けが絶景でした。写真でお伝えできないのが残念です、 20140914_191550_Android
19:50 アルランダ空港に到着。そのまま鉄道で中央駅に戻ります。
20:30

LITTLE INDIA

ストックホルムでは三度Kungus Hallenへ。だって目をつけていたステーキハウスが改装中だったんだもん(今日改装を始めたわけではなく、目をつけたときから改装していた模様)。
その名の通りインド料理の店に入りました。だって肉が食べたかったんだもん!ラム&ビーフカレーだけど。

20140914_204421_Android
21:00 ホテルに帰ってきました。明日はスコットランドを発つ予定です。もう一日とっておくべきだったとちょっと後悔。行ってない観光スポットがまだまだあるし。いつかオーロラ見学旅行とかでこれたらいいな。ナディア聖地巡礼と考えれば…と思いましたが、ナディアがオーロラを見たのは南極点だったっけ。

 

2014-09-13

北欧旅行2日目 第1回ノーベル賞受賞者はレントゲン

時刻 旅の日記 写真
08:00 起床。
昨日早めに寝たのですっかり時差ぼけも解消されました。このホテル設備は悪くないんだけど、ドライヤーはおろか、歯ブラシやひげそりなどのアメニティが全くないのが不便です。歯ブラシってどこで買えばいいの?
09:00 ホテルで朝食。
メニューは比較的豊富です。ストックホルムは日本でいうと10月くらいの気候なので、温かいものがおいしい季節です。
20140913_160416_Android
09:20 ホテルを出発。
ストックホルム観光は今日一日しかないので、ばりばり回りますよ。
09:30 中央駅の観光案内所(本来観光案内所は駅の向かいにあるんですが、改装中らしく中央駅構内にあります)で、ストックホルムカードを購入。
ストックホルムカードは、市内の観光施設やバス、地下鉄、路面電車などがすべてフリーパスになるという夢のようなアイテムです。525SEK(約8400円)とかなり値段が張りますが。でもストックホルムはいろいろなものが高く、いちいち入場料を払って入ろうとすると「果たしてここにそれだけの価値があるのだろうか…」といちいち悩まないといけないので、片っ端から挑戦していけるこのカードは結構有用です。もちろんあちこち回れば元も取れますし。
09:45

市庁舎

ノーベル賞受賞祝賀晩餐会で有名なストックホルムの市庁舎。中世風のデザインですが、実は20世紀初頭に建設されています。内部は英語(もしくはノルウェー語)のガイドツアーでないと見学できません。季節によって違うようなのですが、今日は9時から午前中は30分ごと、午後は4時まで1時間ごとにツアーがあります。先着順っぽいので少し早めにいきましょう。日本語の解説ペーパーもありますので、英語がわからなくても安心。ツアーは大体45分。お土産屋ではクローナ、ユーロのほかに日本円も通用します。

20140913_094112_Android
20140913_101502_Android
20140913_101655_Android
11:00

ツアーも終わったので、旧市街ガムラ・スタンへ。
ここは「魔女の宅急便」のモデルの一つになったといわれる街です。そう、今回のテーマは「魔女の宅急便」聖地巡礼。明日以降も聖地を回ります。ちなみにこれまでも「魔法先生ネギま!」「ケロロ軍曹」「テイルズオブヴェスペリア」「シンデレラ」の聖地巡り目的で行き先を決めています。

ガムラ・スタン

狭いので町歩きにぴったり。お土産屋さんが充実しています。

20140913_105215_Android
11:15

大聖堂

13世紀後半に建てられたストックホルム最古の教会。他の国の教会と違い、それほど派手さはなくむしろがっちりした造り。祭壇は珍しい黒檀製。入場料は40SEKですがストックホルムカードで無料になります。以下無料になる施設には(C)って書いてます。

20140913_112314_Android
11:30

王宮

1981年まで王室の居城として使われていた建物。18世紀に再建されたもの。11:45から衛兵交代式があるというので早めに行ったんですが、12:00まで始まらなかった上に完全にショー化していたのでちょっと残念。ちょっと冗長だったので途中で抜けました。

20140913_121552_Android
12:20

ノーベル博物館(C)

ノーベル賞100周年を記念して2001年にオープンした博物館。これまでの800人余の受賞者のデータがいろいろ見られます。しかし100年前と現代の技術力格差に驚愕。お土産に、授賞式晩餐会でも出されるチョコレート(1個15SEK、10個で100SEK)を購入。

20140913_123126_Android
12:45

Kaffegillet

大聖堂のすぐ南にあるレストラン。日本語のメニューがあるので入りました。スウェーデンの伝統料理「ミートボール コケモモのソース添え」を注文。黄色い塊はマッシュポテトです。ミートボールはなかなかおいしいのですが、これに甘酸っぱいコケモモのソース(赤いやつ)が意外と合うんですよ。なおソースだけ食べたらめっちゃまずかったので余計謎。あとパンもまずい。

20140913_125023_Android
13:00

王宮(C)

先ほど抜け出した王宮へ。「王族の居室」「宝物の間」「礼拝堂」「王家武儀博物館」などが併設されていますが、入り口はすべて違うので注意。王宮をぐるっと一回りしながら攻略しましょう。めっちゃ駆け足で回りましたが余裕で1時間以上かかります。

20140913_132931_Android
20140913_134926_Android
14:00 ガムラ・スタンの観光地は大体制覇したので、商店街を回りながらお土産探し。これといって買いたいものがない上に物価高が結構痛い。
14:15

ドイツ教会(C)

17世紀に建てられた教会。尖塔が非常に目立つガムラ・スタンのランドマーク。入り口前で美しい女性が、金属製の洗面器を二つ貼り合わせたような楽器を指先でたたきながら歌を歌ってました。あれなんだ?

20140913_141755_Android
14:30

リッダーホルム教会

スウェーデンの王族が多く眠る教会。こちらの時計台も非常によく目立ちます。

20140913_143714_Android
14:45 ガムラ・スタン駅からトラム13号線に乗ってOstermalmstog駅へ。ストックホルムの地下鉄網はあまり発達しておらず、地下鉄だけでは移動できない場所も結構あります。ほかのヨーロッパの首都とは大きな違いですね。
15:00

武器博物館(C)

駅のすぐ前にありますが、入り口は裏側なので徒歩5分。北欧の戦争の歴史を、等身大の人形を使っていろいろと展示しています。リアル方向に寄せることで戦争の悲惨さを教えるというコンセプトらしく、結構ぐさっとくる人形も多いです。子供向きではないかも。これもたった100年間での世の中の変遷に驚かされました。

20140913_151030_Android
15:40 南の海沿いの大通りに出て、69番のバスに乗ってMuseiparken停留所へ。
15:50

科学技術博物館(C)

この停留所前には、「警察博物館」「国立海洋博物館」「民族学博物館」もあるんですが、あえてこちらへ。ここは近代の科学技術に関する展示がメインの博物館です。実は全く訪問する予定はなかったのですが、昨日ここで「GAME ON」という期間限定展示をしているということだったのでやってきました。日本のゲームの歴史が見られて、古いものから新しいものまで実際に遊ぶことができます。入り口に展示されているのが「ピンポン」というところに気合いを感じる。ゲーム機の展示もありました。

20140913_154637_Android
20140913_161412_Android
20140913_161945_Android
16:30 乗ってきた69番のバスで市中心部に戻ります。博物館はほぼ5時閉館なので、ほかのところには行けませんでした。ヴァーサ号博物館も行けなかったし、ちょっと悔いが残るわ。っていうか5時閉館は早すぎ。
17:00 歩きすぎで疲れたのでいったんホテルで休憩。公共施設が閉まっちゃったら行くところないしね。デモンゲイズようやく5人パーティがそろった!
18:00

Kvitto

昨日行ったKungs Hallenで夕食。なにか味が濃いものが食べたいと思い、タイ料理のお店に入りました。牛肉のチリソース炒めを注文。この店はカウンターで注文し、料理を席まで運んでもらう形式なので要注意です。

20140913_183057_Android
19:00 ちょっと物足りないので帰りにコーヒーとチーズケーキを買って帰りました。明日は飛行機で市外に出るので、早めにお休みします。ムニャムニャ。

 

2014-09-12

北欧旅行1日目 デモンゲイズおもしれー

時刻 旅の日記 写真
07:30 泉佐野(関空のすぐ近く)にあるホテルで起床。時差ぼけ防止のために、昨日は午前4時頃まで「デモンゲイズ」をプレイしていたので眠いです。本当は徹夜するつもりでしたが寄る年波と眠気には勝てぬのじゃ…
08:20 ホテルを出て、空港線で関西国際空港に向かいます。
08:45 関空に到着。ひとまずチェックインでスーツケースを預け、両替に向かいます。今回向かう国のうち、フィンランドとエストニアはユーロでいいんですが、スウェーデンはクローナという別の通貨です。ユーロは余ってもどうせ来年使うのでいいんですが、クローナは余ると困りますからね…こういうときいつもどのくらい両替するか迷います。 20140912_101602_Android
09:40 両替もすんだので、空港で鮭いくら丼を食べました。どの国のどの空港も大体そうなんですけど、メシがまずい。
10:40 予定より5分早く関空を出発し、フィンランドのヘルシンキ空港へ向かいます。出発した瞬間に睡魔にやられました。
12:00 機内で昼食。洋食(ビーフ)もありましたが、和食(魚のあんかけ)にしました。ご飯はパンのおかずじゃない!
食後に何かおもしろい映画でもないかと探してみましたが、ろくなものがなくてしょんぼり。
20140912_121521_Android
19:00 着陸前の軽食。フェットチーネパスタでした。トマトジュースが合う。 20140912_190207_Android
21:00
 ↓
15:00
ヘルシンキ空港に到着。日本との時差は6時間。以前もここで乗り換えたことがあるので2回目です。今回は乗り換えの時間が30分ほどしかないので空港内はチェックできず。
フィンランドといえばムーミン。目がうつろで怖い。スナフキンは素で怖い。
20140912_212445_Android
16:00 ヘルシンキを出発。ノルウェー・ストックホルムのアルランダ空港に向かいます。ジャンボジェットじゃないけど意外と快適。
17:00
 ↓
16:00
アルランダ空港に到着。さらに時差が1時間あるので時計を戻します。
荷物を回収したら、地下の駅からARLAND EXPRESS(鉄道)でストックホルム中央駅へ。バスより割高ですけど、20分ほどで移動できる(バスは40分)のと、本数が多いのでこちらにしました。片道260SEK(SEKはクローナのこと。260クローナは約4160円)。北欧は何をするにも物価が高いです。
17:00 ストックホルム中央駅へ到着。すぐ近くにあるホテルCentralへ。 20140913_000856_Android
17:20 ホテルに到着。あまり期待していませんでしたけど、なかなかおしゃれルームです。さすが北欧おしゃれ家具の国。ところでベッドがすごく短いんですけど、大柄な人大丈夫なのかなぁ。
バーベルが備え付けてあるのでトレーニングもばっちり!しかしテレビに日本の番組が入らないのは残念。

 

20140913_001958_Android
16:40 街をぶらぶらしながらストックホルムの中心部にあるセルゲル広場へ。中央駅から広場のあたりは商業施設がひしめいています。デパートもたくさんあるのでお土産をチョイスするにはいいかもしれません。さすがに1日目からお土産を買う気は起きませんが… 20140913_004310_Android
18:40 セルゲル広場の北にあるKungs Hallenで夕食。ここはフードコンプレックスで、地下1階はインド、中華、イタリア料理などのセルフサービス店、1階と2階はスウェーデン、ギリシャ、日本料理などのテナントが入っています。最初の食事なのでPyttirianというスウェーデン料理の店に入りました。お肉とジャガイモをサイコロ状に切ってクリームで煮込んだ料理を食べました。味はいいのですが、付け合わせがジャガイモみたいな炭水化物ですらなくピクルスのみ。これはさすがにつらい…せめてパンくれ。
しかしちょっと食事するだけで普通に145SEK(約2320円)とは…お財布に痛い。
20140913_014935_Android
19:50 ホテルに帰ってきました。お店は大体7時頃に閉まるので、健全な街という感じがします。セブンイレブンがいろいろなところにあるので、飲み物などの調達も簡単。さすがに今日は眠いので、早めに寝ます。明日もそんな早起きしなくても良さそうですし。

 

2014-09-11

【Webラジオ】マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン 第11回 レビュー

日本を発つ前にチェックすることができました。しかし次回のP4GAが視聴できるかどうかは、ニコ生が海外から視聴できるかどうかにかかってるわけで…

あ、あと携帯ゲームは普通にデモンゲイズ買いました。それから森岡先生の「突変」買った。普通の文庫本の倍以上厚みがあるんですが。

マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン 第11回

mayokageパーソナリティ:森久保祥太郎(花村陽介 役) / 関智一(巽完二 役)
公式:マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン | インターネットラジオステーション<音泉>/響 – HiBiKi Radio Station -「マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン」

レビュー

  • オープニング
    • 関「これから世間も冬に向かいますから」 雑なフリですねw
    • スキーに行ったのにスキーもせず各ペンションを荒らしてウ○コとは…さすがです。僕の友達にはいないタイプだ。
  • ふつおた
    • メール「アニメ9話見ました」 あれー?この番組いつ収録してるの?もう最終回まで収録済みなのかと思ってた。
    • 森久保「だんだんフェチズムとかってなくなってきますね」 深い。僕は若い頃からあまりフェチとかはないのですが…結局それぞれの人に合えばなんでもいいんじゃないという思想。
    • 桑島法子さん(TOSのプレセアとかSN2の」アメルとかの中の人)の姿勢が非常によろしいとのこと。
  • マヨナカ横断メモリークイズ!
    • Q「桑島法子さんのチーズケーキを食べた関さんが言い放った感想とは?」 A「桑島さんの味がする」 キモい!
    • Q「森久保さんが書いた歌詞『○○○○ラララ君の味」○に当てはまるのは?」 A「ハニーミルクラテ」 やっぱり作詞とかをする人は多かれ少なかれマリー的要素がないとだめなんですね。
    • Q「関さんの台詞『ありえないなんてことは絶対ない。だって俺、人生で○○が起きるなんて想像すらしてなかったもん」 関「ドラえもんのスネ夫になるなんて」 確かにあれは衝撃的でした。そして正解はひどい内容なのでスルーするが吉。
  • エヴリデイ・キャプテン・ルサンチマン!
    • 長袖長ズボンを着て布団をかけない方が、半袖半ズボンで布団をかぶるより風邪を引きにくいとのこと。
    • 男はナチュラルメイクが好きなんじゃなくて、ナチュラルでかわいい子が好きなんだってゆうきゆう先生が言ってた。
  • ペルソナ次回予報/エンディング
    • 次回、マリーのポエムがたくさん聞ける確率:30%だそうです。なんとしてでも視聴せねば。
    • 番組は毎週木曜更新。次回は9/18(木)更新です。
    • P4GAのBD/DVD第1巻が発売中です。これも購入したので帰国したら感想書きます。

2014-09-10

【コミック】信長の忍び8 レビュー

おなじ作者の「尾張統一記」がどこにも売ってない!とそれはさておき「信長の忍び」最新刊です。

信長の忍び8

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:571円(税別)

あらすじ

今作では徳川・織田連合軍と、上洛を目指す武田軍との死闘が描かれています。悪妻としても有名な家康の妻・瀬名の狂気、信玄の軍略が冴え渡る三方ヶ原の戦い、崩壊に向かう室町幕府、信玄の死など見所が盛りだくさんで、これまでで一番濃い巻と言えるかもしれません。そして単騎で百人くらいは惨殺出来る千鳥をついに正面から打ち負かす新たな敵が…ていうか爪の裏側に竹串とかマジやめて!

感想

7巻の感想で、「本巻もメチャクチャ面白かったです。前巻も面白かったけどそれを上回る面白さでした。」って書いたんですけど、それよりも面白いってどういう事だよ。今回はあまり凄惨な戦いがない分、千鳥がひどい目に遭っているのでちょっと心が痛むんですが…
そしてたまに出てきてはいい味を出す歌人武将細川藤孝が今回も光ってましたね。上司がアホだと部下が苦労するというのを地で行っていてどうなることかと思いましたけど、ようやく自由になれてほっとしました。上司こと足利義昭は、大概どの作品でも暗愚として描かれているのですが、この作品ではアホというより「ウゼェ…」とため息の出るキャラとして描かれているので、余計藤孝さんの苦労に同情出来ます。
なお、巻末に西尾維新先生の書き下ろし小説が掲載されています。初めてこの人の文章読んだけどやっぱりすげぇなぁ。つーか最後にネタばらしされたところで「この人怖い」っていう感想しか出ませんでした。維新先生の物語シリーズはアニメ版を含めいつか手を出さないと思い続けてもう数年たつんですけど、やっぱりちゃんと読んだ方がいいなこれは。

しいて言うなら本能寺

徳川家康「二俣城が落ちた…いよいよ信玄が浜松城に来るぞ!!」

酒井忠次「籠城の準備を急げー!!」

千鳥「本格的な籠城戦って初めて見るね」

ナレーション「信長は自分のいる城を攻められた事は(生涯一度も)無い」

酒井忠次「くっ…さすが織田信長」

※27ページより引用

あーたしかに。

2014-09-09

いい加減トロフィーの呪縛から解放されたい

PQも終わったので、旅行に持って行く携帯ゲームを決めねばなりません。WA2をPSVで持ち出すことは決まっているので、やはりPSVのゲームにしたいところです(ゲームアーカイブスを含む)。 ただし10月には「レーヴ ユナイティア」が発売されるので、あまり大作をプレイするわけにはいきません。現在の候補は…

  • デモンゲイズ」オーソドックスなDRPG。PQや東方の迷宮が面白かったので、もう一本DRPGやってもいいと思ってます。世界観やキャラデザが好みなので。プラチナトロフィーが運に左右されそうなのが引っかかるが、今のところ最有力候補。
  • 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1」ギャルゲーっぽいRPG。サモンナイトシリーズを制作しているフェリステラのゲームなので応援の意味でも購入したいと1年くらい前から思ってる。でもキャラデザが若干ストライクゾーンから外れるのと、人前でプレイするのはちょっと気が引けるのが難点。
  • GOD EATER 2」最近はやりのアクションゲー。たまにアクションもプレイしたくなるので。でもモンハンを2作連続で投げた経験があるので、ソロプレイに耐えるか心配。それと1をプレイしていないのも心配。
  • 新・世界樹の迷宮」…PQ同様ATLUSのDRPG。もうすぐ続編が出るのでその前にプレイしておきたい。ハードが3DSという致命的な問題がある。

本当はオーソドックスなファンタジーRPGをプレイしたいのですが、PSVにはそういうソフトが少ないんですよね…かといってPSVと3DS二本持ちはつらいしなぁ。あと1日検討時間があるので、もしおすすめのソフトがあれば教えてください。去年の旅行はSN5をプレイしていたけど、今年はSRPGはパス。