新着情報

2013-04-01

Steins;Gate 最新情報(エイプリルフール&フェノグラムPV&舞台化)

昨日に引き続きシュタゲネタです。最近のシュタゲの動きはすげぇなぁ。

フェイリスと萌郁がお送りする「映画のネタバレ大暴露大会」が音声ファイルで提供されました。
萌郁のレポートに対するフェイリスのツッコミが意外とひどい。

  1. フェイリスさん、ニャンニャン星に帰る
    フェイリス(以下同じ)「ニャンとぅ!?」
  2. 牧瀬さん、バストサイズ増量を果たす
    「うぅぅ…よかったニャ~ン」
  3. 岡部くん、厨二病を卒業する
    「凶真…仇は取るニャ」
  4. 漆原さん、再び女の子になる
    「この際、どっちでも許すニャ」
  5. 椎名さん、からあげが嫌いになる
    「一体何が始まるんですニャ~?」
  6. 橋田君に彼女ができる
    「ニャイニャイ~」
  7. 阿万音さん、実は父親が別人だったと判明する
    「そうだろうと思ってたニャ」
  8. 私が、ノリノリで歌を歌う
    「萌ニャン、冗談キツイニャ!」

きっと正解は一つはある…とのこと。本命6で対抗3、大穴で2か。

  • 負荷領域のデジャヴ 予告編公開

ついに劇場版の予告編が出ました。まずは見て下さい。

内容はこちらのサイトが詳しいです。
劇場版「シュタインズゲート」最新の予告PVを公開!オカリンを助けるために紅莉栖が奮闘!ヤバイ、メッチャ面白そう…:春が大好きっ

シュタインズ・ゲートの世界線にたどり着いたものの、そこからはじき出されてしまった岡部を救うため、紅莉栖は再びタイムリープする―というストーリーみたいですね。これはたぎってきたぁ!

4/20が待ちきれませんね!…まぁ近くで上映していない僕が見に行くのはいつになることやら。

  • STEINS;GATE 舞台化決定

シュタゲが舞台化されます。”LIVING ADV”と銘打ち、演劇初の仕掛けがしてあるとか。ティザーサイトはこちら

2013.10.12~20にZepp DiverCityでやるんだって。ハイハイ東京東京。7/28からチケット発売です。

共通ルートから分岐する6つのシナリオが用意され、公式メルマガ登録者がストーリーを選択できるという画期的なシステムとのこと。どうせ見に行けないのでパッケージ化してくださいよ志倉社長!

2013-03-31

Steins;Gate 最新情報(線形拘束のフェノグラム公式サイト更新&小説第3弾発表)

今日はシュタゲ関係のネタをまとめてみました。

「線形拘束のフェノグラム」公式サイト更新

公式サイトが更新されて、フェイリスシナリオとるかシナリオが公開されました。

  • フェイリス・ニャンニャンシナリオ「桃色幻都のシャ・ノワール」

フェイリスシナリオフェイリスは秋葉原に流れる不穏な噂を調査するため、まゆりの作ったコスチュームに身を包み、守護戦士「シャ・ノワール」を名乗っていた。しかしその噂は、駅前商店街が話題作りのために起こした自作自演劇だった。自分に相談なくそのような企画が行われたことにショックを受けるフェイリス。そんな折、鈴羽が秋葉原を離れることを知ったフェイリスは塞ぎ込んでしまう―

本編ではほとんどからみのなかったフェイリス・鈴羽ペアのストーリーのようです。アルパカマンとの共演もあるのでしょうか。

  • 漆原るかシナリオ「迷宮錯綜のヘルマフロディトス」

るかシナリオまゆりの死を目の当たりにし、深い悲しみに暮れるるか。岡部により、別の世界線の自分が送ったDメールにより、性別が変わり、それと同時にまゆりの死を回避できなかった事を知らされる。るかはせめて、まゆりの願いだったコスプレ姿を見せてあげたいとタイムリープを申し出る―

いろいろスクリーンショットが衝撃的なので、公式サイトを見てみて下さいとしか。本編ではるかがDメールを取り消すまでの心理状態がやや駆け足で描かれていたので、そこをねっとり書いてくれるのは楽しみです。ちなみにヘルマフロディトスは、ギリシャ神話に出てくる両性具有の神。

  • シナリオライターインタビュー

それから電撃オンラインで、スタッフインタビューが隔週で公開されています。現時点では以下の二つ。(Ivanさん、情報ありがとうございます!)まだちゃんと読めてないので感想は許して。

新作小説完結編「無限遠点のアルタイル」公式サイトオープン

椎名かがり「閉時曲線のエピグラフ」「永劫回帰のパンドラ」に続く新作小説の完結編「無限遠点のアルタイル」が6/28発売予定です。公式サイトもオープンして、「椎名かがり」の書き下ろしイラストが公開されています。今回もドラマCD付の初回限定版が出るようですよ。

初回限定版は4200円、通常版は1000円です。

ついに完結かー。エピグラフもパンドラも非常に出来が良かったので、今度も初回限定版を入手するつもりです。

しかしこのイラストは…まゆりの娘のはずなのに(といっても養女なので血縁関係はないですが)紅莉栖テイストが濃いですね…もしかするともしかするのだろうか。

※一言日記

ようやくTOX2のプラチナトロフィー取得出来たので、TOH-Rのプレイ始めました。
それから戦旗V更新分も第2章まで追加しています。まだ誤字脱字が多いと思いますけど許して下さい。あとボーフ伯爵家主催の饗宴が、年に1回なのか2年に1回なのか情報が統一されてなくて困ってたのに、3年に1回という新説を突っ込んでくるのはやめてくれ。

※画像はそれぞれの公式サイトより引用

2013-03-30

ナディアな人々 更新(番外編 第-1話)

ナディアな人々を更新しました。先週は色々あって更新できませんでしたが、今週からまたがんばります。

ナディアな人々:番外編 第-1話「決意」

番外編にしては珍しく完全シリアス。水谷ボイスのイコリーナさんの長台詞が聞けるのはこの話だけ!

2013-03-29

帝国星界軍案内所 更新始めました

本日から、帝国星界軍案内所の戦旗V関係の更新を開始しました。

とりあえず、飛翔科(用語事典)に、戦旗V追加分のデータを追加しました。残念ながら、まだ序章と第1章分しか更新できていませんが…これだけなのに何時間もかかったんですよ。でも楽しい!この作業がしたくてこのサイトやってるようなもんだからなー。

でも更新作業をしていて気づいたんですけど、この巻から、ルビが少し変わっていますね。これまでは拗音や促音も大文字で表示されていましたけど、きちんと小文字で表示されるようになっています。より正確な事典が作れるので喜ばしい限りです。

あと279ページにしれっと、「エクリュアは満面の笑みを浮かべた」という爆弾記述があることに今気づいた。アニメ化マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

2013-03-28

星界の紋章 最新情報(コミックス発売)

今日は仕事で色々あって疲れているので軽めに。

現在COMICメテオで大好評連載中のWebコミック「星界の紋章」ですが、5/9に待望の単行本第1巻が発売予定です(Amazon情報。ただし公式サイトには5/12とあるのでどっちが本当かは不明)。まだAmazonにも表紙情報すら来ていませんが、先日購入したSFマガジン5月号にも告知があったし大丈夫かな。一応Amazonへのリンクだけ貼っておきます。

星界の紋章1 (メテオCOMICS)

コミックスファンの方はもちろん、公開期間を過ぎて見逃してしまった方も、この機会にお買い求めになってはいかがでしょう。米村先生の緻密な絵を紙上で眺めたいので、僕も買います。

2013-03-27

サモンナイトシリーズの小説が5/16発売予定

5/16に、サモンナイトシリーズの新しい小説が発売予定です。偶然知ってビックリしました。タイトルは「サモンナイトU:X 界境の異邦人」です。

公式サイトに情報が来ていないためAmazonの紹介に頼ることにしますが…

大人気ゲームシリーズ最新作『サモンナイト5』と同時発売! 小説・都月景&イラスト・飯塚武史のゴールデンコンビの最新作。

『サモンナイト』シリーズ歴代主人公&オリジナル新主人公が登場、 『サモンナイト4』と『サモンナイト5』の間にある約300年の空白期間を描き、 シリーズ全体の謎に迫るオリジナル小説!

「帝国」の戦乱が治まってから13か月後――異世界リィンバウムに存在する「帝国」では、”召喚師狩り”の嵐が吹き荒れていた。 いっぽう現実世界に生きる高校生・望月命(ミコト)は偶然、リィンバウムに通じる”ゲート”を見つけ、異世界へ足を踏み入れる。 そして、仲良くなった少女の危難を救うため、帝国軍と戦う羽目に陥ってしまう。その渦中でミコトの能力が目覚めていく……。

サモンナイトU:X 界境の異邦人 (Amazon)より引用

ということらしいです。厨二病すぎるだろ。いや、そもそもサモンナイトシリーズは1からして高校生が異世界に召喚されて大活躍という厨二病の極みなのでそれはいいのだが。

「帝国の戦乱」とありますけど、これって4の事件のことなんでしょうか。あれは戦乱という規模ではなかったし、基本的に主人公達が極秘裏に処理しちゃった感じもありますし、そもそも首謀者は一般には不明のはずなので、「召喚師狩り」につながったというのは違和感があります。それにわざわざ(「4の続編」ではなく)「4と5の間」と書いていると言うことは、全く新しい事件なのかも知れませんね。とりあえず楽しみです。

2013-03-26

Steins;Gate 線形拘束のフェノグラム 最新情報(紅莉栖シナリオプレイ動画公開)

線形拘束のフェノグラムの公式サイトが(結構前に)更新されて、プレイ動画が公開されています。情報をお寄せくださったIvanさん、取り上げるのが遅くて申し訳ありません。

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラムプレイ動画 牧瀬紅莉栖編その1

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラムプレイ動画 牧瀬紅莉栖編その2

これ見たらもうプレイするしかなくなるだろ…本編でも割とさらっと触れたここの部分を抉ってくるこの展開…はやくゲームで見たいものです。

発売日は4/25。あと1ヶ月ですよ。予約はお済みですか?

2013-03-25

【小説】星界の戦旗5-宿命の調べ- レビュー

前巻が出てから早8年余。ついに星界シリーズ最新作が発刊されました。シリーズを当初から(といっても2000年頃からですが)追ってきたyukkun20としても感無量です!ちなみに前巻のレビューも当時の僕がきちんとしてました。
こちら

読むのが遅すぎるだろという批判は、全てきちんと早めに予約しておかなかった僕の不徳の致すところなので甘んじてお受けいたします。
そして偉大な作品を再び世に送り出してくださった森岡浩之先生に最大限の感謝を!

なお以下のレビューにはネタバレがありますが、ストーリー上の重要なネタバレはしていないつもりです。ですが全体的な流れには触れざるを得ないところなので、そういうのも駄目な人は回れ右。

続きを読む(ネタバレ注意) »

2013-03-24

サモンナイト5 最新情報(サモンナイトTVがYouTubeで公開)

週末は体調が悪くて寝込んでました。年々偏頭痛がひどくなるんですよね…

遅ればせながらサモンナイト情報です。

先日ニコ生で放送されたサモンナイトTVが、YouTubeで公開されました。見逃した方には是非チェックして頂きたい内容です。
そんな長いVTRを見ていられないあなたは、当サイトもまとめ記事を読んだらいいんじゃないかな(宣伝)。
該当記事はこちら→ニコ生「サモンナイトTV2.22 真実の扉、いざ召喚!」 視聴しました

電撃オンラインには、サモンナイトTVでもゲスト出演した、ペリエ役の本多真梨子さんと、ソウケン役の川原慶久さんのロングインタビューが掲載されています。

『サモンナイト5』声優インタビュー! 80時間かけてやり込む本多真梨子さんのガチさに、川原慶久さんもタジタジ!? – 電撃オンライン

キャストのゲーム愛が伝わってくるいいインタビューでした。キャラクター達の性格とかこれまでにはない情報にも触れられているので、読み応えありますよ。

2013-03-23

TOF2013 最新情報(出演者情報)

テイルズ オブ フェスティバル 2013の公式サイトが更新されて、出演者が追加発表されました(赤字が追加出演者)。

  • 6月1日(土)出演

小野坂昌也(ゼロス役/シンフォニア 6回目) ※司会
河原木志穂(シェリア役/グレイセス 3回目) ※司会
緑川光 (リオン役/デスティニー 5回目)
小西克幸 (ロイド役/シンフォニア 6回目)
岡村明美 (しいな役/シンフォニア 初)
下野紘 (エミル役/ラタトスク 4回目)
鳥海浩輔 (ユーリ役/ヴェスペリア 6回目)
代永翼 (ジュード役/エクシリア 3回目)
置鮎龍太郎(ガイアス役/エクシリア 2回目)
岩男潤子(ミント役/ファンタジア 2回目)
早見沙織(レイア役/エクシリア 初)
misono(テーマソング/テンペスト等 5回目)
他未定

  • 6月2日(日)出演

小野坂昌也(ゼロス役/シンフォニア 6回目) ※司会
河原木志穂(シェリア役/グレイセス 3回目) ※司会
小西克幸 (ロイド役/シンフォニア 6回目)
鈴木千尋 (ルーク役/アビス 6回目)
鳥海浩輔 (ユーリ役/ヴェスペリア 6回目)
井上麻里奈(コハク役/ハーツ 5年ぶり2回目)
松風雅也 (ヒスイ役/ハーツ 5年ぶり2回目)
櫻井孝宏 (アスベル役/グレイセス 5回目)
近藤隆 (ルドガー役/エクシリア2 初)
伊瀬茉莉也(エル役/エクシリア2 初)
沢城みゆき(ミラ役/エクシリア2 3回目)
DEEN(テーマソング/デスティニー等 2回目)
他未定

前回の出演者情報が出た時に希望した伊瀬さんと沢城さんの出演が決まってヒャッホウ!です。
岩男さんが出るのも楽しみ。前回はVTR出演だったからなぁ。でも岩男さんが出るんだったらきっとファンタジア組ももう一人くらいですよね!つまりかないさんのことだが!

あ、そうだ。1日目のチケットも無事取得できました。まだの人は現在ぴあでS/A席の先行予約販売やってますので、そちらでどうぞ。