2020-03-08

アソビモットでテイルズ重要スタッフのインタビュー(続き)掲載 待ってました!

幻影異聞録#FEはじめました。メガテンとFEを掛け合わせたものがこれとか、悪魔合体ってレベルじゃねーぞ!(もちろんいい意味で)

さて、バンナムのサイト「アソビモット」で、テイルズ オブ シリーズの主要スタッフのインタビューが掲載されています。前編から結構時間が経ちましたが、今日は後編です。

吉積:1つ1つのタイトルは、テーマ性を作るところであるとか、キャラクターを作るところであるとか、毎回新しいもの(単発作品)を作っていくことと変わりません。ただテーマ性のエバーグリーンなところや、敵味方が対峙するんだけど敵側にも戦う理由があるという、そんな世界に主人公が身を置いて成長していく物語……といった『テイルズ オブ』ならではの変わらないベースはありました。

※上記リンク先より引用(以下本稿で同じ)

「エバーグリーン」って言葉知らなかったんですけど、不朽性っていう意味があるのか。使っていきたい言葉ですね。

このシリーズには「これがあればテイルズ」というものがあまり多くないですよね。敵にも戦う理由があるとか、主人公が成長するとか、そういう要素自体は別にテイルズ固有のものじゃないし。シリーズ内にもその要素が薄めの作品もあるし。それでもシリーズの統一感というのは確かにありますから、開発する方は大変でしょうね。

『Tales of ARISE』では、完全新作として初めて日本語/英語ボイス実装。テキストは日本語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ブラジルポルトガル語、南米スペイン語、韓国語、繁体字の11言語翻訳で同時発売を目指して開発中。

今はワールドワイドに展開していかないとダメな時代なんですね…。たまには英語字幕でプレイしてみようと思う時もありますけど、結局やらないんだよなぁ。

田川:時代の変化に沿うように、ちょっとずつ進化をし続けられたかなという感じですね。当時の主流だと、ソーシャルゲームと呼ばれるタイトルは、サイクルを無限に回して育てるだけで、一生終わりがないみたいなものがほとんどだったんですが、せっかくRPGなんだから、『アスタリア』はちゃんと成長の物語が体験できて、エンディングがあるタイトルにしようと思いました。そのときに「じゃあ、ここでサービスが終わるのか?」という話が出てきたので、 章立てにして、また新しい物語を展開していこうという流れが生まれて……。

先見の明あるなぁ。アスタリアが出た頃は、ちょうどこの「無限サイクルゲーム」に絶望していた時期だったので、いまいち食指が動かなかったんだよなぁ。これは痛恨のミスだったと今でも反省してます。もっとテイルズスタッフを信じれば良かった。

――テイフェスは今では、スペシャルスキットの他にもいろんな企画がありますが、どのような感じでコンテンツを決めるのでしょうか?

根岸:発売から10年、15年、20年というような周年タイトルが毎年あるので、そのタイトルを中心に企画を組み、声優さんをアサインさせていただいております。

今年25周年のTOP、そろそろアーチェさん2度目の出演あってもいいんじゃないですかねぇ。

富澤: 一方で25年という長きにわたって支えてくださっている今のファンの皆さんにも納得のいく変化、進化でなくてはならない。そのために何をどう変え、どう残すのか。そしてその結果プレイしたあとに残る感情はしっかりと『テイルズ オブ』そのものであるという、ファンの方への「約束」は守っていくつもりです。

一番心配なところです。yukkun20のようにシリーズ初期から遊び続けている人間はもう割合的にも少ないでしょうし、メイン客層ではないのは分かっているのですが、なんとか見捨てないでほしいですね。こっちもついていきますので。

 

まだまだバンナムの中でもテイルズを大事にしてくださっていることが分かってうれしくなる内容でしたね。今年のTOFも無事開催できますように。


2020-02-08

テイルズ オブ シリーズのロゴ&カテゴライズ発表 変化を付けるのは大事です

テイルズオブシリーズの富澤Pが、コラムで今後のシリーズ展開についてコメントを出しておられますね。

シリーズの記念すべき25周年をお祝いするこのタイミングで、今まで存在しなかった「シリーズロゴ」と、そのシリーズロゴに合わせた新しい「25周年ロゴ」を製作いたしました。

ブログより引用。以下同じ。

個人的にはいいロゴではないかと思います。マーボーカレーは意匠化が難しいし、グミは特徴あるデザインにするのが難しいですからね。「物語」というタイトルにふさわしいロゴじゃないでしょうか。

その後、シリーズの作品が垣根を越えて登場する「ワールド」系のタイトルや、「テイルズオブ ザ テンペスト」や「テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-」が登場するに至り、「マザーシップ」/「エスコート」というカテゴライズが生まれました。

未だにテンペストがエスコートに分類されているのはよく分からない。というか、あまりに不出来だったテンペストをハブるためにこの分類が産まれたって言う噂が当時ありましたけど、結局ガセだったんですかね?

とはいえ、初代の「なりダン」はファンタジアの続編的立ち位置だけれど、「なりダン2~3」は作品の垣根を越えて登場するので、、、杓子定規に規定しようとすると複雑な側面はあります。

いや、せっかく分類定めたのに、どっちに分類するかよく分からないタイトルが存在するというのは、分類基準に問題があるのではないかと…yukkun20のような設定マニアからすると、一度きちんとこれまでのタイトルがどっちに所属するのか、はっきり示してほしいところなんですよね。その辺期待してます。

 


2019-12-15

アソビモットでテイルズ重要スタッフのインタビュー掲載 裏話多くて面白い

テイルズ オブ シリーズ24周年おめでとうございます!来年はいよいよ25周年です。TOPに大きい動きがあることを期待していいですよね!リメイクとか!

さて、バンナムのサイト「アソビモット」で、テイルズ オブ シリーズの主要スタッフのインタビューが掲載されています。今回は前編の紹介です。

豊田:『ファンタジア』にはグラフィックイコライザーやドラムセットのようなこだわりの機能があることからもわかるとおり、当時日本テレネットのプログラマーだった五反田義治さん(※2)はもともと音楽が大好きで、スーパーファミコン(以下、スーファミ)用の音楽ドライバーを作ったと。これをどういうゲームで活かせば一番いいだろうかと考えて、RPGが一番合うということで始めたと聞いていますね。

※上記リンク先より引用(以下本稿で同じ)

主題歌ありきで始まったんですね。TOPのサウンドは今でも色あせない美しさがあります。20周年記念サントラも良かったなぁ…

豊田:一番の理由は、同期のプランナーが、藤島先生の『ああっ女神さまっ』という漫画が大好きで(笑)。僕も「えっ、何これおもしろいな」と思っていたんですけど、特に表紙のカラーイラストを見ると、藤島先生は圧倒的に色の使い方がうまくて、きれいで……。やっぱりこういう人にキャラクターをお願いすると、ゲームの画面の中ではちっちゃいドット絵ですけど、表にすごく際立って出てくるんじゃないかということでお願いしたんですね。

いつも言ってますが、yukkun20は本当にTOPのキャラデザが大好きです。あの機能美とビジュアルを両立したキャラデザは、今でも全く古くささを感じさせませんもんね。

吉積:ビジネス的に言うと本数はそうでもなかったが、タイトル自体の評価は高かった。攻略本が売れた話からも、プレイしている人数がとても多いというのはわかったわけです。そうすると、「ある程度定着しているから、次出しても売れるんじゃない?」という気持ちがあって。次はもっと大々的に宣伝もたくさんかけて、力入れてやりましょうということになって、『デスティニー』につながってくるんです。

ファンタジアって売れなかったんだ。でも攻略本が売れたというのはさもありなん。あの攻略本の出来もすごく良くて、読むだけで楽しめますもんね。自分もこのシリーズのファンになってから古本屋で探して手に入れました(当時はまだネットで本を探す時代ではなかったのです)。

岡本:『テイルズ オブ』シリーズのゲーム内ムービーを担当してくれたプロダクションI.Gは、いのまたさんから紹介してもらったんだよね。

豊田:いのまた先生の絵って慣れている人が描かないと全然いのまたキャラにならないという話を聞きまして。アニメーションスタジオを選ぶとしたら、かつていのまた先生の絵をやった会社じゃないとダメだということになり……。プロダクションI.Gは『風の大陸』(※6)の劇場版アニメで、いのまたキャラクターを見事に描いていたところだったので、お願いしたんです。

プロダクションI.Gってそんなに古い会社だったのか。

岡本:僕は面倒くさがり屋だから、『1』、『2』、『3』になればいいなと思っていたし、そっちのほうがバリューが上がっていくかなと思っていたけど、キャラクターデザインが藤島先生からいのまた先生に変わったからには『ファンタジア2』ではないな、と。

吉積:そこら辺の考え方がちょっと真面目すぎたのかもしれないけれども、まあ世界観も違うし、キャラクターも見映えも違ってきているので、タイトルも変えましょうと。ただ、『テイルズ オブ ○○』にしましょうと。その後も本当は、『ファンタジア2』と『デスティニー2』を作ればよかったわけですよ。そして『ファンタジア3』、『デスティニー3』でよかったんですよ。なのに毎回変えるようになっちゃったからね。あれは失敗かな。

一同:(笑)。

吉積:3つ目の『エターニア』ができちゃった瞬間に、このあとずっと永遠に変えていくという宿命になっちゃったんですよね。

北米版ではTOEがTOD2という名前で発売されたのはナイショだ。

――続きまして、これも欠かせない要素である「ストーリー」についてお伺いしていきます。スタートである『ファンタジア』のときはどのように始まったのでしょうか?

豊田:『ファンタジア』では、日本テレネットの則本真樹さん(※8)がシナリオを書いているんですけど、実は最後の結末だけはうちの兵藤岳史さん(※9)なんです。兵藤さんが、「こうしてはどうですか」と提案して……。

そうなんだ、今日の今日まで知りませんでした。名前覚えておこう。

豊田:『デスティニー』の漫画は、啄木鳥しんき先生(※21)がリオンがもう大好きで、彼女の説得に完全に負けました。それで、漫画はイベントや結末が違ったりするんです。でも、こんなにキャラクターを愛してくださっていたら、もう間違いあるまいという感じでしたね。

啄木鳥先生って女性だったのか…あのコミックス版は、ゲーム版と全く違う展開(特にリオンの扱い)なんですけど、それでいてすごく出来がいいんですよね。仮にアニメ化される場合、漫画版がベースでも全然受け入れられるレベル。

後編は現在のスタッフの方が登場するそうです。これも楽しみ。


2019-11-19

11/22に任天堂直営店が渋谷にオープン

先日軽く触れたんですが、11/22に渋谷PARCOで、日本初の任天堂直営店「Nintendo TOKYO」がオープンします。

公式サイトでもグッズの紹介がされてますね。yukkun20も23日に行く予定ですが、最初の週末だから死ぬほど混むんでしょうね…。場合によっては整理券配布もあるとかで、店にたどり着けない可能性があります。でもP5Rカフェの予約が午前中で取れちゃったから、どんなに頑張っても行くのは午後になっちゃうし…どうなるか心配。

個人的にはマリオやポケモンのドット絵グッズが気になるところです。イーブイあるかな?

※画像は上記リンク先より引用

そのほか同じフロアには、ポケモンセンターやカプコンのショップもオープンするみたいです。

ちなみにP’PARCOにはテイルズのショップが来てるんだよな。

珍しくファンタジアグッズがあるのでこちらにも顔を出すつもりです。アーチェさんのグッズじゃないけどな!(涙

それから先日紹介した渋谷マルイでのアトリエシリーズのショップもお忘れなく。

こっちもネルケ嬢とウィルベルさんのグッズを求めていこうと思います。それでは「テイルズ オブ グレイセス Anniversary Party」にお越しの方、東京でお会いしましょう。(※会場は舞浜ですのでお間違えなく)


2019-08-06

テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2019 出演者追加決定

「FE 風花雪月」大変面白いです。これだよyukkun20がやりたかったSRPGは!アドベンチャーもシミュレーションも非常に高レベルでまとまっています。ちょっとしたイベントも全てフルボイスというこだわりよう。最初はよそのクラスから女の子をスカウトしてハーレムパーティを作ろうと目論んでましたけど、元からクラスにいる男達もなかなか魅力的な面々で、心が揺れています。クラスメンバーでのセリフ差分も膨大(しかも全てフルボイス)なので、設定資料集の登場が早くも待ち望まれます。全部で4ルートあるようなので、長く遊べそうです。

さて、テイオケ2019のゲストが追加されました。

出演者

歌唱:伊藤かな恵

カノンノ・イアハート(夏カノンノ)の中の方ですね。個人的にはあまり歌のイメージがないんですけど、結構曲も出されているみたいなのでこちらも期待できそうです。

しかし春夏カノンノが出るなら、秋カノンノことカノンノ・グラスバレーの出演も期待できるんでしょうか。ようするに平野綾さんマダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチンということだ。


2019-07-23

テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2019 2回目のチケット抽選情報

今日帰宅してPCを立ち上げたら、なぜかDドライブにアクセスできなくなっていて死ぬかと思いました(うちのPCはCドライブがSSD、DドライブがHDDなので、個人的なデータは全部Dドライブに入れてます)。2回ほど再起動したら直ったので事なきを得たんですが、マジなんだったんだよ…そういうドッキリはやめてくれよ…

さて、テイオケ2019のアソビストプレミアム会員の最速先行販売の抽選結果が出ましたね。皆さん結果はいかがでしたか?

yukkun20は無事ご当選されたようです(この日本語変じゃないですかね?)。今回の開催日は日曜の夜だから、翌日の月曜も休みを取らないとなーいけないよなー。

さて、まだまだスペシャルシート獲得のチャンスはあります。既に公式サイトで次の抽選販売が始まっています。

締め切りは7/28(日)なので、うっかり見逃さないように気をつけてください。


2019-07-20

テイルズ 女性キャラ人気投票結果発表!

テイルズチャンネル+でやっていた、「ビバ☆きまぐれ投票「壁紙になるのはだれだ?」」の結果が出ましたね。皆さん、ピンクのポニテ魔女っ子に投票しましたか?

というわけで結果発表です。

  1. リアラ
  2. ロゼ
  3. ベルベット
  4. シェリア
  5. エドナ
  6. ミラ
  7. アリーシャ
  8. ティア
  9. リタ
  10. ソフィ

ちなみに2017年に行われた人気投票(男女混合)だと、女性陣のみの順位は以下の通り。

  1. ベルベット
  2. アリーシャ
  3. パスカル
  4. ミラ
  5. エドナ
  6. リタ
  7. マギルゥ
  8. リアラ
  9. コレット

リアラまくりましたねー。TOD2は2017年以降別に動きはなかったのに1位になるとは予想外でした。男女混合投票で男性キャラに流れた女性票がリアラに入ったんでしょうか。正直リアラって女性にそこまで人気の出るキャラというイメージが無かったので驚きですね。

上位陣は、ロゼ、ベルベット、シェリア、ミラ、アリーシャ、ティア、リタなど、自立した女性が人気なのが分かります。男女混合投票では上位にいたパスカル、マギルゥ、コレットなど、生活力のなさそうなキャラが軒並みランク外になっていることからもその辺がうかがえますね。

…アーチェさん生活力なさそう(特にメシマズなのは痛い)に見えますけど、父親と長いこと二人暮らしだし、乗り物はホウキだし、家事は出来ると思うんですよ!
それに軽そうに見えて、チェスターとも添い遂げてますし(小説「魔剣忍法帖」より)、一途で情熱的なところもあるんですよ!

yukkun20は、いつまでもアーチェさんを応援しています!


2019-07-17

テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2019 出演者決定

体験版以来音沙汰が無かった「十三機兵防衛圏」ですが、明日特番が放送予定です。

番組短いし、発売日発表を期待してもいいのかな?でもあまりに続報が無いから、今秋発売は実はちょっと諦めかけてます。頼むよアトラス!

さて、テイオケ2019のゲストが決まりました。

出演者

  • 司会:名越涼
    テイフェスやテイオケなどテイルズ関係のイベントMCとしておなじみの方です。
    この人ちょっと苦手なんですよね。話の転がし方がちょっと強引すぎて。
  • 歌唱:工藤晴香
    パスカ・カノンノ(春カノンノ)の中の方ですね。確かマイソロのOP/ED曲のカバーをされていたので、それが流れそうですね。OP「光と影」は名曲なので楽しみ。

あとはこの間応募したチケットが当選してるかどうかだな…。これまで全てプレミアムシートをゲットしていますが、今年は果たして…?


2019-07-08

テイルズ オブ PC眼鏡の受注期間延長

先日紹介したテイルズのPC眼鏡、好評につき受注期間が1週間延びたそうですよ。

しかし好評というのが事実なら喜ばしいことです。最後のチャンスかも知れないので、迷っていた人、これが天啓だと思って買いましょう。特にファンタジアバージョンを買って、まだまだファンタジアファンは現役だってことをバンナムに見せつけましょう!そうすればアーチェさんの単独グッズも…


2019-07-03

テイルズ オブ オーケストラ コンサート 2019 開催決定

先日のTOF2019で発表されたオケコンですが、チケット先行販売が始まってます。

開催概要

開催日:2018年10月20日(日) 17:00開場/18:00開演
会 場:パシフィコ横浜 国立大ホール

日曜の夜開催か…地方民にはちょっとつらいですね。22日が祝日なので21日を休むと連休になってしまうのも微妙につらいところだと思います。…自営業者には関係ないけどな(ニヤリ

チケット

  • スペシャルシート(デザインチケット・限定グッズ・パンフレット付)…14800円
  • S席…9000円
  • A席…8000円

去年と同じ価格設定ですね。

キャスト

今回は例年の東京フィルハーモニー交響楽団ではなく、シエナ・ウインド・オーケストラ が演奏を担当してくださるそうです。ブラスバンドアレンジがメインらしいですからね。指揮はおなじみ栗田博文さんです。やったぜ。

今年はTOR15周年、TOGとマイソロ2が10周年ということでメインを張るみたいです。ということは、来年2020年のオケでは、25周年を迎えるあの作品がフィーチャーされると…期待していいんですね!(こればっかだな