2020-07-18

【ゲーム】グランディア レビュー

未だ色あせない名作RPG。ストーリー、キャラ、戦闘、音楽全てが最高。2020年になってこのゲームのレビューを書けるとは。

グランディア

プラットフォーム Nintendo Switch™、Steam
ジャンル RPG
価格 NSW版:4,400円(税込。グランディアⅡとセット)
PC版:2,200円(税込。単品)
公式 「グランディア」「グランディアII」のHDリマスター版がNintendo SwitchとPCで登場!
プレイ時間 1周目:60時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


グランディア HDコレクション プレイ日記#35

32 ガイアコア

01 バールとの決戦

さらに進むと、何かよく分からない生物が出てきました。あのー中ボスのくせにいきなり出てきてちょっとセリフがなれなれしくないですか?今先を急いでいるので(´∀`*)ノシ

バール

まさかのバールだったわ。ていうか原形をとどめない変身をする時は予告するか伏線張れって前も言ったでしょ!

4つに別れていてそれぞれの火力が高いのですが、一番面倒なのは「ガイア肉腫」のはずなので真っ先に倒したいところ。ただし属性耐性が非常に高いので、ラップ以外は全体攻撃を優先し、ラップはフィーナのMPを回復させて終わる世界ラッシュが安定します。ここまで来たらアイテムも惜しまずに。

あっさり負けたくせに、究極生物であるワシが負けるなどあり得ないとか言ってどこかに行ってしまいました(↑の毛虫のような生き物がそれ)。究極生物(笑)たかだか一人の光翼人に動きを止められ、思いっきり弱点も持っている生物が究極とは笑わせます。カーズ様ぐらい弱点を克服してから名乗れっての。

02 ラストバトル

さらに進むと、正真正銘のガイアが待ちかまえていました。ちょ、ちょっと待て!ラスボス前なのにセーブポイントないの!?回復しないままツッコんじゃったんですけど!タンマタンマ、究極生物様~!?

まあ来ちゃったものは仕方ない。どうやらこいつは「愚かな人間は滅ぶべき」タイプのラスボスみたいですね。

愚かとか愚かじゃないとかは主観だから論破も余裕ですね。いざ尋常に、最後の勝負!

ガイアコア&メガイア

ガイアコアは高レベル魔法を繰り出しますが行動が極めて遅いため、ガイア触手をどんどん生み出すメガイアを優先して片付けましょう。と言っても全体攻撃を連発していれば行動させる間もなく倒せると思いますが。全滅させると続けて次のボス戦に突入します。

イビルガイア

人間の愚かさを責めたくせに、最後の姿が人間の顔とは皮肉なものです。ガイアコア同様、全モンスター中最高のHP9999を誇りますが、攻撃手段が極めて貧弱なので、実質イベント戦闘です。残ったSPとMPをたたき込んで差し上げましょう。

ガイアを倒すと、奥からまばゆい光が流れ込んできます。その先には精霊石が…最後の決着は、勇者と光翼人が付けるべきだと、リエーテとラップは二人を送り出してくれました。

こいつ…終盤になってから急に格好いいセリフ連発するな。

リエーテも、歴史の傍観者ではなく、目撃者となれたことに満足そう。そしてふたりが光の方向へ進むと…

そこにあったのは、バールが集めた精霊石でした。これまでジャスティンを導き、危機を救った一方で、世界に破壊と恐怖をもたらした精霊石。しかし、人が精霊石に導かれる時代は終わりです。

これからは、人と精霊が力を合わせて、自分たちの進むべき道を照らす時代。ジャスティンはそう言い、精霊石に感謝と別れを告げます。

そしてジャスティンは、精霊の剣で精霊石を打ち砕きました。

するとあれほど固かったガイアの表皮は砕け、そこからまばゆい光の粒があふれ出してきます。それはガイアが呑み込んだ精霊たちの光だったのか…

光は世界へと広がり、ジャスティンたちもその光に包み込まれます。

気がつくとふたりは、ガイアが一望できる丘の上にいました。そしてガイアがいた場所には、巨大な樹がそびえ立っていました。

そして周囲には、これまで弱々しくしか感じられなかった精霊の気配が満ち満ちています。

精霊の光は、石になっていた人たちも救い出しました。人々も、精霊も、ガイアでさえも、悲しい運命から解き放たれ、真の自由がやってきます。

その様子を見届けたミューレンは、感慨深げにリーンに語りかけると、自分の役割は終わったと姿を消そうとします。

そこへ、精霊がどこかへ導くように舞い始めます。ミューレンが視線を向けた先に精霊が集まり…

(´;ω;`)ブワッ

それは精霊の力が起こした奇跡の一つだったのか。

ジャスティンとフィーナもそれを見届けました。小さな港町から始まった一人の少年の冒険は、今世界を救ったのです。

良かった、本当に良かった。リーンの復活は確かにご都合主義ですよ?でもいいじゃないですか。物語は常にハッピーエンドであるべき。

33 エピローグ

ジャスティンたちの冒険から、10年が経ちました。

!!この美少女はまさか!?

リリィママも元気みたいです。あのときは心配かけてごめんね。

テラ美少女。ふしぎの海のナディアでエピローグを見た時と同じくらいの衝撃だわ。

今日はジャスティンとフィーナが、10年ぶりに冒険から帰ってくる日です。この10年で各地の人々の交流も盛んになり、世界は少し賑やかになりました(ゲームではさらっと流されていますが、小説では、ミューレン率いるガーライル軍が、流通網の設立に尽力したとあります)

そりゃもう言葉もないわ。フィーナもあれから美しく成長してるんだろうなぁ。25歳か。この世界的にはとっくにジャスティンとゴールインしてるのかな?でもあれだけ大冒険してキスシーンの一つもなかったし意外と。…((o(´∀`)o))ワクワク

!!!?

そう来たか!ゴールインどころじゃなかった( ゚∀゚)アハハ(若干yukkun20の目がうつろです

そして船から下りてきたふたりにスーが手を振ったところで…

エンディングです。25歳のフィーナの姿が見られなかったのは、残念なような、ちょっとほっとしたような。というわけで…


フィーナファンのみならず、スーファンにもうれしいエンディングだったのではないでしょうか。最後の最後にこんなサプライズをするとかもう最高ですよ。というかヒロインが子だくさんエンドって今でも結構珍しいよな。

これで2ヶ月半にわたって楽しんできたグランディアもお終いです。またレビューは別に書こうと思いますが、このゲームをプレイして、本当に良かったです。ゲームという、進歩と進化が激しい分野でさえ、本当にいい物は、どれほど時間が経ってもその良さが失われることはないのだと、まざまざと見せつけられました。

正直、自分の中で、このゲームのことをどんどん美化してるんじゃないかという心配を抱えながらプレイを始めたのですが、とんでもなかった。というか、むしろ記憶の中の方がよほど劣化していて、初めてプレイした時よりもはるかに強烈なインパクトを感じる作品でした。20年前のゲームだからと食わず嫌いせず、王道な物語が好きな人にはぜひプレイしてもらいたい作品ですね。

それでは、2ヶ月半にわたりお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。次にプレイ日記を付ける作品は未定ですけど、またいつかお会いしましょう。

ところで今回のプレイ日記を付けるために撮影したスクショは1600枚超。ちなみに同じくプレイ日記を付けたゼノブレイドは1000枚くらいなので…これが愛ですかね。


グランディア HDコレクション プレイ日記 更新しました

※この投稿は”グランディア HDコレクション プレイ日記”が更新されるたびに最上部に表示されます。※

を更新しました。

  • HOME グランディア HDコレクション プレイ日記 | Y.A.S.
    • [2020-07-18] #35レビューを追加。完結。
    • [2020-07-17] #34を追加。
    • [2020-07-14] #33を追加。
    • [2020-07-13] #32を追加。
    • [2020-07-11] #31を追加。
    • [2020-07-04] #30を追加。
    • [2020-06-30] #29を追加。
    • [2020-06-27] #28を追加。
    • [2020-06-25] #27を追加。
    • [2020-06-21] #26を追加。
    • [2020-06-15] #25を追加。
    • [2020-06-09] #24を追加。
    • [2020-06-06] #23を追加。
    • [2020-06-02] #22を追加。
    • [2020-05-30] #21を追加。
    • [2020-05-27] #20を追加。
    • [2020-05-24] #19を追加。
    • [2020-05-23] #18を追加。
    • [2020-05-16] #17を追加。
    • [2020-05-13] #16を追加。
    • [2020-05-09] #15を追加。
    • [2020-05-05] #14を追加。
    • [2020-05-02] #13を追加。
    • [2020-04-29] #12を追加。
    • [2020-04-25] #11を追加。
    • [2020-04-23] #10を追加。
    • [2020-04-20] #9を追加。
    • [2020-04-19] #8を追加。
    • [2020-04-18] #7を追加。
    • [2020-04-14] #6を追加。
    • [2020-04-13] #5を追加。
    • [2020-04-12] #4を追加。
    • [2020-04-11] #3を追加。
    • [2020-04-09] #2を追加。
    • [2020-04-05] 正式公開。#1を追加。
    • [2020-04-03] プレイ日記仮公開。

2020-07-17

グランディア HDコレクション プレイ日記#34

29 精霊の聖地

精霊の聖地は、半透明の石柱が並び、モンスターが蠢く謎空間でした。この世界の人は、招いた客をモンスターでおもてなししないといけない作法でもあるんでしょうか。

しかもボスまでいるし…名前が強そうすぎる。あと魔法皇帝と言えばLUNARですよね!

魔法皇帝

杖には物理、それ以外には属性攻撃が効きます。夢幻の城にいた城主の霊を倒せているなら、一人欠けた状態でも問題なく倒せるでしょう。

01 精霊の剣

最深部には、さらに不思議な空間が広がっていました。リエーテは、ここから先は招かれた者だけが進める場所、そこで精霊に会い、ジャスティンの想いを伝えれば、世界と人はもう一度変われるのだと言います。

ラップ…お前いいヤツだな。お前が着いてこなければスーが着いてきたかも知れないという個人的な恨みは水に流すわ(ひどい

ジャスティンは一歩一歩踏みしめるように道を歩きながら、これまでのことを思い返します。人間が招いた悲劇が、光翼人の犠牲を生みました。かつてのエンジュール文明と同じように…

しかし人間はそれだけの存在じゃないとジャスティンは言います。精霊と人間が、共に生きる世界は作れるはずだと。

その声を聞いた精霊たちは、ジャスティンの前に精霊石を出現させます。それは精霊と人間のつながりの証。しかしジャスティンは、今必要なのは、「戦う力」だと言います。ミューレンもフィーナに同じ言葉を言いました。戦わなければ、未来は勝ち取れないのだと。ジャスティンも同じ力を求めますが、その思いはミューレンとは似て非なるものだと思います。

すると精霊石は、「精霊の剣」へと姿を変えました。かつて光翼人が手にした、世界と人間を結ぶための力が、今ジャスティンの手に収まったのです。かつてふたりの光翼人に与えられた精霊石、それを描いたレリーフの前で、ジャスティンも精霊の力を手にしたのです。

さ、フィーナを助けに行きましょう!ミューレンもついでに助けてあげますよ。これからの世の中には必要な人材だし、何よりリーンの願いでしょうしね…

ところでこの精霊の剣、きちんと装備できるんですけど、設定に合わせてゲーム中でも最強の武器になっているのはうれしいですね。設定では最強なのに、隠しダンジョンで手に入る武器の方が強かったりするとちょっと興ざめですもんね。

02 ガイア再生

精霊の聖地から出てくると、そこは軍事要塞Jの前でした。地面が不気味に振動し、ジャスティンたちの目の前で、ガイアが最終形態に進化していきます。

ぎゃあああキモいキモい!

リーンが付けた傷なのか、羽を一枚失っているように見えるガイアですが、翼を広げて胞子をまき散らし始めます。もはや一刻の猶予もありません。要塞の地下からガイアのいる場所まで抜けられるようです。フィーナ…まさかエンディングまで離脱したままじゃないよね?このパーティが3人しかいないのは、そういうことなんだよね?ちゃんと復帰してくれるんだよね??

30 光翼人地下街

要塞に開いた大穴から地下に降りると、そこにはかつての光翼人が築いた地下街が広がっていました。しかし既に内部もガイアの侵食を受けており、モンスターが次々襲いかかってきます。まあ弱いんですけど。

ガイアバトラー

毎度お馴染みガイアバトラーです。めっちゃ大物っぽいBGM引き下げてますけど、戦い方もこれまでと同じでOK。前回戦った時よりパラメーターは上がっていて、こちらの人数も少なめですが、今さら苦戦する相手でもないと思います。

01 ミューレンとの戦い

さらに進むと、ミューレンとフィーナがガイアバトラーに囲まれて絶体絶命になってました。ふっ、大口叩いておいて目的地に着く前にやられてれば世話ないぜ!つーかお前、なにフィーナを危険にさらしとんじゃい!

ここでかっこよくジャスティン参上!ガドイン直伝の竜陣剣で敵を一掃しました。おお…最近ジャスティン見せ場多いな。

ジャスティンはリーンが残した言葉について、自分なりに出した結論を伝えます。ここで愛の力とか言わないのがジャスティンらしい。それを見て感極まるフィーナ。

しかし精霊の剣もあるのに、ミューレンはジャスティンの言葉を信じることが出来ません。ジャスティンとミューレンはおのれの信念を賭け、戦うことになります。

ミューレン

いつかはガドインと二人がかりでも倒せなかった強敵です。そういえば本気で戦うのは初めてか…。ミューレンの攻撃には技封じ効果があるので、回復アイテムを持ち込むと安心できるかも。意外と使いどころのない「不死身のオーラ」でもまとって、雷鳴剣で押していきましょう。

決着は付きました。ジャスティンの持つ力こそ、リーンが信じ、精霊たちが託した世界を創る力。

フィーナにも、ミューレンにも、リーンの真の気持ちが伝わりました。

気付くのがもっと早ければ、リーンを失うこともなかった…と嘆くミューレンを、ジャスティンもフィーナも励まします。まだ遅くはない、と。

一度は死を覚悟したミューレンも、その言葉を聞いて再び立ち上がります。そして本当の意味で、ジャスティンとミューレンは和解を果たしたのでした。

地下街を出ると、ガイアを倒すために集った仲間たちが次々に声を掛けています。えっ?スーは声かけてくれなかったのかって?セリフが短すぎてスクショとる暇がなかったんだよ

ミューレンは彼らを指揮してジャスティンたちの突破口を切り開き、ジャスティンたちがガイアの中に乗り込んで直接決着を付けることになりました。

そしてついに最終決戦のメンバーが揃いました!このメンツで、ラストダンジョン「ガイア」へ挑みましょう。

31 ガイア

ガイアの体内には、ガイアの影響を受けたモンスターが大量にいますが、強さはさほどでもないので、焦らず進んでいきましょう。

ガイアトレント

倒したすぐ先にセーブポイントがあるので、遠慮なく全力でたたきのめしましょう。フィーナの終わる世界が使えれば苦戦する理由はないはずです。属性耐性が高めなので、属性の付いてない武器の方がいいですけど、力押しでも問題ないでしょう。

ガイアアーマー

そこそこ強敵なのに、手前にも奥にもセーブポイントがないという罠があるのに注意。本体と目がありますが、どちらも同じくらいの強さでHPを共有しているので、どちらかに攻撃を集中させましょう。さいわいIPダメージが通るので、キャンセルをうまく使えばほぼ行動されず倒せます。

ここまで来ればあとはラスボスを残すのみ。というわけで、次回最終回です。


いやはや今回も熱い展開でした。この最終盤の怒濤の展開はたまりませんね。ジャスティンの力が人々をつなぐ力だ、というのは、これまで閉鎖的な村や町を色々見てきた身としてはなかなか感じ入るものがありました。

そして精霊から見捨てられた人類を救済しようとしていたミューレンが、精霊が許しを差し伸べていることに気付いて、一点ジャスティンたちの強力な味方になるところは、少年マンガの王道らしく燃えましたね。個人的にはもうちょっと見せ場があっても良かったと思いますけど。

というわけで次回ラスボス戦、そしてエンディングへ一直線です。果たしてジャスティンのハートを射止めるのは誰なのか、もうヒロインレースには決着が付いてるんじゃないかって?それはどうかな(意味深


2020-07-14

グランディア HDコレクション プレイ日記#33

26 ジールパドン(崩壊後)

01 ふさぎ込むフィーナ

なんとかジールパドンまで引き上げてきたジャスティンたちですが、フィーナは目の前で姉が死んだショックで倒れてしまいました。リーン…もしかしてギリギリ生き残ってるのではないかと期待しましたけど、やっぱりダメだったのか…。仲間たちは、彼女を励ますのはお前の役目だとジャスティンを促します。しかしたった一人の肉親を失った彼女にどう声を掛ければいいのか…

ところが、そこへミューレンがやってきて、フィーナと会わせるよう要求します。ジャスティンは当然反対するのですが、ミューレンは問答している時間はないと、強引にフィーナが休んでいるテントに入ってしまいました。

ミューレンは、リーンの砲撃で動きを止めているガイアの体内に攻め込み、光翼人であるフィーナの力で精霊石を破壊しようとしているようです。確かに現状では最も成功率の高い作戦でしょう。

しかし極めて危険な作戦ですし、仮に作戦が成功しても、フィーナは死ぬ可能性が高いです。やめて!

ジャスティンは、リーンの言うとおり、新しい道を探すべきだとミューレンを止めようとします。しかしミューレンにその言葉は届きませんでした。代替案があるなら示してみろというミューレンに、ジャスティンは黙り込んでしまいます。

ミューレンは、リーンが作ったわずかな猶予が空費されることに耐えられないんですね。今となってはその気持ちも分かります。リーンが信じた、そしてミューレンたちに示した道は、あまりにか細く、不確かな道です。ミューレンは、それがリーンの遺志に反するとしても、戦うことでしかリーンの思いに答えられないと思ってるんですね。そしてフィーナに、明朝までに心を決めてほしいと言って去って行きました。

ミューレンが出て行ったあとで、フィーナは心の内をジャスティンに打ち明けます。いつも元気で明るいフィーナもまだ15歳。世界のために死んでくれと言われても、それを受け止める強さは持っていません。ジャスティンはフィーナを励まそうとしますが、たしかな裏付けのない彼の言葉はフィーナの不安を受け止めることが出来ませんでした。ジャスティン自身、リーンが示した道がなんなのか、分かってないんですよ…

02 ギドとの再会

そこへ、モゲ族のチットがギドの使いでやってきます。博識のギドなら、リーンの言ったことの意味が分かるかも知れません。

ストレートに聞くなぁ。でもギドならなんとかしてくれそうな、そんな安心感があります。

ギドはジャスティンの疑問に対しストレートに答えることはせず、彼が既に知っていることを思い起こさせます。

そして、人は自分のためより、誰かのために戦う時の方がずっと大きな力を出せる…と。これまでジャスティンはたくさんの困難を乗り越えてきましたが、いつもそこには、助けたい人がいました。大切な仲間がいました。

そして1番大切な人…ジャスティンにもはっきり、それが誰か分かりました。そう、今大事なのは、一人で思い悩むことではなく、ふたりで相談すること。ジャスティンはフィーナのもとへ急いで戻ります。

03 フィーナの失踪

急いでテントに戻った3人ですが、そこにフィーナの姿はありません。代わりに、フィーナの持つ勇者の腕輪だけが残されていました。これはフィーナにとっても大切なもののはず。それをわざわざ置いていったと言うことは…。ジャスティンたちは慌てて、フィーナを追いかけるために軍のキャンプへ向かいます。フィーナ…いくら何でも決断早すぎるよー。゚(゚´Д`゚)゚。

27 野戦キャンプ地

野戦キャンプ地は重苦しい雰囲気に包まれていました。リーンの死を嘆く者、ガイアの強さに絶望する者、最期を故郷で迎えようとする者…。そしてミューレンは、少数の兵と共に、リオンロットで最後の特攻をかけようとしていました。

01 フィーナの決意

ミューレンとフィーナがリオンロットに乗り込む寸前で追いつくことが出来ました。ジャスティンはフィーナを引き留めようと声を掛けます。

しかしそんなジャスティンに、フィーナは笑顔で別れを告げます。いつかジャスティンが自分のために大切な精霊石を手放して守ってくれた。今度は自分の大切なもので、ジャスティンを守る…と。

なおも追いすがるジャスティンを、光翼人の力で吹き飛ばしたフィーナは、悲壮な決意と共に去って行きます。ジャスティンにはそれを止めることは出来ませんでした。

世界かヒロインか…。RPGの主人公たちが直面した難題に、ジャスティンもぶつかってるわけですけど、自分で選択することすら出来ないっていうのは辛かったでしょうね。

02 自失するジャスティン

ジャスティンは立ち上がる力を失ってしまいます。こんな時、こんな時こそ仲間の温かい励ましが…(/ω・\)チラッ

乱暴だなぁ。でもその気持ちがうれしい。しかしジャスティンは動けません。

そんな彼を見限り、ラップは去ってしまいます。

そういえばそんな約束したっけ…それもずいぶん昔のことのような気がします。

リエーテも、ジャスティンに辛らつな言葉を述べて言ってしまいました。

雨の降るキャンプ地へ戻ると、ガーライル軍が撤退するところでした。一人寂しく歩くジャスティンを見かねたのか、3人娘が、助かった命を大事にしなさい、と少し優しい言葉をかけてくれました。

03 精霊を追って

仲間も、大切な人も、戦うべき敵さえも失って、サバナ原野で倒れ込むジャスティン。もはや自分が旅立った理由すら思い出せません。

ギャグイベントかと思ったら伏線だった件について。

世界の果てを越えたことも、アレントにたどり着いたことも、今のジャスティンには重荷でしかありませんでした。ジャスティンが本当にしたかったことは、そんなことじゃなくて…

落ち込むジャスティンを導くように、精霊がジールパドンへ向かって飛んでいきます。ジャスティンは、ギドなら何かアドバイスをくれるのではないかと思い、ジールパドンへ向かうことにします。

28 ジールパドン(崩壊後)(2)

01 すがるジャスティン

ジールパドンは相変わらずボロボロでしたが、そんな中でも人々は復興に向けた歩を初めてしました。そしてモゲ族が各地に情報を伝達し、あちこちでガイア迎撃の準備が整えられつつあるようです。もっとも、一軍がかなわなかった相手に迎撃が可能なのかは分かりませんが…

ギドは先頭に立って、復興のために働いていました。このときのためにため込んでいたとばかりに私財を放出し、人々に元気と希望と物資を届けています。自分がすべきことが分からないジャスティンは、復興の手伝いをしたいとギドに頼み込みます。

しかしギドはそれをはっきりと断ります。ジャスティンにはジャスティンの役割がある、今はそれを果たせ、と。

ジャスティンにはその「役割」が分かりません。しかしそんなジャスティンのまわりに精霊が集まります。精霊はバラバラになった人の心がつなぎ合わされる時に姿を現すもの。ガイアが人の心を打ち砕いて以来、精霊がたくさん出現することはなくなりました。人々は自分たちの集落に閉じこもり、外界から閉ざされた生活を送っていました。

ギドは、そんな人々の心を繋いできたのがジャスティンの果たしてきた役割だと言いますが、ジャスティンにはその言葉を受け止めることが出来ません。自分は一人じゃ何も出来ない…そういうジャスティンに、ギドは周りを見るよう促します。そこには…

02 みんなとの再会

これまで旅をしてきた仲間たちがいました。

これまで世界中を回って、そこにいる人達の心をこじ開け、結び合わせてきた、それこそジャスティンの力。ギドはそんなジャスティンに惚れ込み、これまで影ながら助力してきたのです。

ジャスティンにも、今自分にすべきことがはっきり分かりました。

そしてそんなジャスティンの前に、突如「精霊の扉」が出現します。新しい世界が始まる時、精霊が人間の代表者を招くための扉。エンジュール文明の崩壊以来、失われた精霊石の正当な継承者として、ジャスティンは選ばれようとしているのです。

そしてついにこれで全員(フィーナはいませんけど…)そろって冒険できるんですね!

90年代の現実は時に厳しい!このゲームには控えはいないの忘れてました…orz

まあでもスーたちは思い思いの言葉でジャスティンたちを励ましてくれます。まだまだ乗り越えないといけない難関は山積みですが、なにするものぞ。フィーナ、待っててね!


プレイ日記自体がセンチな感じになってしまいましたけど仕方ないだろ!主人公が自分の無力さに打ちひしがれて、仲間の励ましで立ち上がるなんて鉄板イベントなんだから!しかもこれまで出会いと別れを乗り越えてきた仲間たち勢揃いですよ。もう泣くなって方が無理だっつーの!ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

最初にプレイした時は、もう一度スーが仲間になるのか!?とテンションMAXだったのに、そうではないことが分かってがっくりきた記憶がありますね。無駄にスーに何度も話しかけたりして。でも今回はそれは分かっていたので、テンションが上がったまま、このイベントを最後まで楽しむことが出来ました。

でもこうやって主人公が長期間にわたったうじうじぐだぐだ悩まないのはいいですね。これくらいすぐに立ち直っても、全然感動は薄れないんだと思います。落ち込んでいる期間が長ければ、立ち上がりがドラマチックになるわけじゃないですからね。個人的に言えばTV版グレンラガンのシモンの落ち込みは多少長い気がするのです(何の話だ

さ、あとはフィーナを助けて、愛の力でガイアを倒すだけですね。いよいよ大詰めです。プレイ日記もあと2回程度で完結する予定ですので、最後までお付き合いよろしくお願いします。


2020-07-13

グランディア HDコレクション プレイ日記#32

23 ジールパドン(3)

01 ジールパドン崩壊

ガイアの触手が迫る中、ジャスティン達はジールパドンの救援に駆けつけます。大丈夫、こういう時は主人公がギリギリ間に合うのがお約束…っ!

到着した街はまだガイアに襲われた感じではありませんでしたが、不気味に静まりかえっていました。もしかして既に避難している…?どうやらギリギリ間に合ったようで…

\ズゴゴゴゴゴゴ/

砂漠の彼方からなんかきたー!Σ(゚∀゚ノ)ノ

街はガイアの触手に襲われ、一瞬にして石化してしまいました。間に合うとか間に合わないとかじゃなく、駆けつけた瞬間に滅亡って悲しすぎる。

街は一瞬にしてガイアのモンスターと触手が蠢く地獄と化してしまいました。危険に気付いたモゲ族が避難誘導を行ったみたいですが、かなりの人数が逃げ遅れたり、警告を無視したりしたみたいですね。あちこちで街の住民が石化しています。ジャスティン達は街の中で生存者を探しながら、人々が避難したというモゲ族の居住地へ向かうことにします。

02 リーンの説得

後を追ってきたリーンは、フィーナを作戦に参加させようとします。ジャスティンたちはそれどころじゃないとリーンを無視し、モンスターに襲われている人を次々に救出していきますが、モンスターは倒されても、すぐに復活してしまいます。

そこへ駆けつけたリーンが光翼人の力でモンスターを消滅させてくれました。リーンによれば、ガイアが生んだモンスターを完全に倒せるのは光翼人の力だけだそうです。

リーンはもう一人の光翼人であるフィーナにも対ガイア作戦に参加してほしいと、必死でジャスティンたちを説得しようとしますが、背後から襲ってきたガイアの触手にやられて気絶してしまいます。

両親と故郷を石化させたガーライル軍を恨んでるのに、わだかまりを脇に置いて、ちゃんとリーンを介抱してあげるラップってかっこいい。

リーンを連れてやってきた避難所ですが、人々の心には絶望が押し寄せていました。住んでいた街が一瞬で崩壊し、友達や家族が石化し、今にもモンスターや石化光線が襲ってきそうな雰囲気ですから当然ですね。

ギドはちょうど街を離れていたようですが、ガイア襲撃の気配を察知し、いち早く避難するよう街に伝えてくれてたみたいです。ガイア復活からほとんど間もなく襲われたはずなのに、モゲ族の情報網にはいつも驚かされますね。これ絶対ガーライル軍にスパイでも送り込んでるよね。もしくはギド自身がガーライルのスパイとか…

その惨状を見たフィーナは、いまだ光翼人の力を使いこなすことの出来ない自分の存在意義に迷います。

しかしリエーテは、フィーナはかつての光翼人しか持っていなかった新しい力―「人を想う力」に目覚めようとしているのだと彼女を励まします。それを手に入れるために必要な何かを、彼女はつかもうとしているのだと。

ガイアバトラー

3度目のガイアバトラー戦です。これまでと同様に、右手は属性に、左手は物理に弱いです。各自が得意な全体攻撃で押すか、強力な単体攻撃を本体にたたき込んで短期決戦を狙うかしましょう。

03 街を救うフィーナ

なんとかガイアバトラーは退けましたが、こちらの戦力では致命傷を与えることが出来ず、コピペで増産されたガイアバトラーが次から次へと襲いかかってきます。

そのときフィーナの強い思いに呼応し、彼女が発した光が、街を襲うガイアを全て消滅させました。これが…これがの力だー!

それを見たリーンは、ふたりに謝罪し、後は自分に任せてほしいとジールパドンを出て行きました。ジールパドンの危機は去りましたけど、なんかリーンが思い詰めた様子だったのが気にかかります。しかし今は崩壊した街の人々の手助けが先。ジャスティンたちも復興の手伝いを始めます。

一方帰還したリーンは、ミューレンにフィーナの説得に失敗したことを報告します。

リーンは、ガイアに勝てるのは光翼人の力ではなく、あの時ジャスティンとフィーナが見せた別の力なのではないかと言います。

明確には誰も言ってない上にさっきyukkun20も茶化してしまいましたが、この力って結局「愛の力」のことですよね。そしてそれを踏まえてこのリーンのセリフを見ると…(しかもこのシーンはフルボイスだし)

しかしミューレンは、もはや別の方法を探す時間はなく、2人の光翼人の力でガイアを倒す以外の道はないと作戦続行を指示します。ミューレンはかたくなに見えますけど、ここの中の人(小杉十郎太氏)の演技もすごくよくて、ミューレンの葛藤が痛いほど伝わってくるんですよね。ミューレンは現状、この(統一された支配体制のない)世界でほぼトップに位置するまともな大人であり、しかもこの事態を招いた軍のトップとして、世界の人々に対する大きな責任を負ってるんですよね。実際(フィーナたちの未知のパワーを別にすると)ガイアに対抗できる戦力を持つのはガーライル軍だけですから、作戦が失敗すれば人類滅亡ですし、少しでも成功率の高い作戦を選択するのは当然です。

ミューレンの言葉に、リーンは諦めたようにその命令を復唱します。対ガイア作戦の発動は、いよいよ明日に迫っていました。

24 ルゼット山脈(2)

ところが、フィーナにあらかじめ伝えられていた作戦開始時刻を待たずして、ガーライル軍が東(軍事要塞Jがある方向)に向かって移動を始めました。さっきの話だと、フィーナがジールパドンにいるまま動き始めるのはおかしいような…。ジャスティンたちも不穏なものを感じ、ルゼット山脈を越えてガーライル軍を追うことにします。

ルゼット山脈では、モンスターがガイアの影響を受けて暴れていました。どうやらガイアは他の生物に影響を与える力があるみたいですね。このままでは生き残った人類もやがて…

そうこうしているうちに突如ガイアが第2形態へ進化を始めました。その不気味な振動は、ジャスティンたちのいるルゼット山脈や、ミューレンたちのいる軍事要塞Jにも伝わってきます。

そこへリーンが命令を無視して第3砲塔に向かったという知らせが入ります。

ぎゃあああ!キモいキモいキモい!ガイアも動き出し、軍事要塞Jに向かって移動を始めました。もう司令部は大混乱です。リーン…まさかとは思いますがよくないことを考えているんじゃないでしょうね。あなたをお義姉さんと呼ぶその日まで、死なせるわけにはいかないっ!あ、ミューレンのことはお義兄さんと呼びたくはないのでご心配なく。

25 軍事要塞J(2)

01 ミューレンの苦悩

軍事要塞Jでは、整備兵たちが必死に戦車と飛行艇の出撃準備を進めていました。おそらく蒸気砲を撃つ隙を作るために、ガイアに向けて特攻するつもりなんでしょうね。燃料は片道分あればいいなどの物騒な話も聞こえてきます。そして蒸気砲すら効かなければ、その時は戦艦リオンロットごと差し違える…ミューレンも覚悟を固めているみたいです。しかし戦艦ごと墜落したバールですら無傷だったのに、戦艦の特攻でどうにかなるもんなんでしょうか。

ちなみに、この要塞は要塞ではなく、古代エンジュール文明の遺産で、蒸気砲そのものだそうです。…ん?ということはまさか、軍事要塞Jじょうきほう!?(どうやらマジっぽい)

管制室にジャスティンたちが飛び込むと同時に、要塞内にリーンのアナウンスが響きます。

蒸気砲を含めた全要塞をコントロール下に置いた彼女は、要塞にいる兵士たちに向かって、光翼人の力に頼っても、エンジュール文明の二の舞になるだけであり、この作戦を止めるために、ミューレンに反旗を翻したと宣言します。

そしてガイアを止めることの出来る力とは、フィーナだけが持つ、ジャスティンという力。しかしその力は未だか細く、世界を救うほどの力は待ちません。

リーンはその力が大きく育つための時間をわずかに稼ぐため、単身出撃したのでした。

ミューレンはそれを聞いて、リーンが何をしようとしているのか悟りますが、もはやリーンにはその声も届きません。

そしてリーンはジャスティンに向かって、新しい道を歩いて、汚れない世界を創り出すために闘ってほしい、そして世界を悲しい運命の鎖から解き放ってほしいと呼びかけます。

リーンは最後の言葉として、ミューレンに告白し、通信を打ち切ってしまいました。…リーン、リーンがフィーナしか持ってないといった力、リーンも持ってるじゃん…なんでそんな一人で死ぬようなこというの!?

いや、まだ間に合う!この期に及んでも自分の使命を果たそうとするミューレンを放っておいて、ジャスティンは蒸気砲の機械室へ向かいます。

02 作戦発動

そのジャスティンの目の前で、光翼人の力を解放したリーンは、蒸気砲をガイアに撃ち込みます。しかし、ガイアの外殻は固く、ダメージを与えられません。

リーンは蒸気砲の砲口に立ち、迫るガイアを待ち受けます。そしてガイアがリーンごと蒸気砲を呑み込んだ瞬間、その口内で大爆発が起こり、ガイアを粉々に吹き飛ばしたのでした。


20年前にプレイした時には、このシーンは悲しいだけのシーンでした。でも今見ると少し違って見える…ある種の美しさというか、貴さを感じるシーンですね。上の感想では、リーンもフィーナと同じ力を持ってるじゃないかと言いましたけど、リーン自身も多分その事には気付いてたんだと思います。でも、ジャスティンとフィーナの間に存在するほど、ミューレンとの間の絆はまだ強くなく、そのどちらかを選ばなければならない、という選択を迫られたんだと思います。そして自分の愛する男性が罪の意識から解放されてこの先も生きていくために、自分が持つ絆を犠牲にして、ジャスティンとフィーナの絆を守ろうとしたんだと思うのです。

そしてあの恐ろしいガイアに一人で対峙した時の恐怖たるやいかほどだったか…。リィンが稼いでくれた貴重な時間、その間にフィーナとジャスティンは、ガイアに対校できるだけの力を手に入れることが出来るのでしょうか。そしてリーンを目の前で失ってしまったミューレンの決断とは。肝心なところで全然出番のないギドは今何をしているのか。物語は一気に収束へ向かいます。


2020-07-11

グランディア HDコレクション プレイ日記#31

EX 魔導の塔

最後のEXダンジョンである「魔導の塔」は、サバナ原野・東(シャトルが墜落した場所)に入口があります。かなりの長丁場になるのでしっかり準備を整えましょう。このダンジョンにはもう少し先のタイミングでも挑戦できますが、このタイミングで挑まないと…で難易度が上がってしまいますので。

中の敵もかなり強く、構造は複雑で、おまけに13階まであるというなかなかにふざけたボリュームです。預かり所がないから荷物もパンクしそうになるし…幸い4階と7階にショートカットが存在するので、その都度脱出して態勢を整えましょう。10階に行くと、脱出できない、セーブも出来ない状態で、ボス3連戦に突入するので、HP、MP、SP回復アイテムをガン積みしておきましょう。

ハンマーゴイル

見た目通り、甲羅が固く頭部が弱点です。属性耐性は差がないので、それぞれ得意な攻撃で頭を攻めましょう。胴体のホーンタックルはかなり強烈ですので、可能な限りキャンセルしたいところ。HPは共通なので、キャンセルを優先して差し支えないと思います。喰らったらすぐ回復しましょう。

ナメクジウオ

こちらも本体と疑似餌に別れていますが、HPは別です。本体を倒せば勝利なので、攻撃を集中させましょう。幸い火力は低めなので、ハンマーゴイルに勝てたなら問題ないです。MPやSPは温存しましょう。

リバイアサン

前2匹と比べると手数も多く、回復や強力な術も使ってくるので強敵です。MP回復アイテムを大量に持ち込んで、フィーナに例の技を連発させて殲滅するのが楽ですかね。4発打ち込めば足は倒せますから、あとは本体をタコ殴りにしましょう。イカだけど。この先ここ以上に辛い戦いはあまりないので、惜しまずアイテム使って問題なさそうです。

攻略にリアルで4日かかりましたが、どうにか塔の最上階にあるアイテムを回収しました。最上階にアイテムは10個あるのでなので取り忘れないように!間違っても回収前にワープゾーン踏むなよ!(もう一度1階から上らないと戻ってこれません)
あと預かり所もあるから、荷物がパンパンな人は宝箱を空ける前に荷物を整理しておきましょうね。でないと泣く羽目になりますよ。

さて、これが終わったら、フィーナとリエーテの魔法レベルを上げておくといいと思います。最上階で手に入れたエーテルの奇跡は魔法経験値が2倍もらえるアイテムなので効率も2倍です。水属性以外はここの7階にいるガイアブレイン相手に、水属性は夢幻の城の地下のトラップを使って上げるのがいいでしょう。

ちなみにフィーナが覚える「時の門」は、PS版では風Lv99、水Lv99を要求される超鬼畜仕様でしたが、リメイクに伴い両方ともLv18と常識的なレベルになりました。マジ良かった。水属性はともかく風Lv上げは苦行の類ですからね。

20 軍事要塞J

それでは本編に戻りましょう。アレントから帰ってきたジャスティンたちは、ガイアを止めるため、ガイアがいると思われる軍事要塞Jにたどりついたところですね。ところでJって何の略なんでしょうか。Jと言えばエネルギーの単位「ジュール」ですよね。そうか、エンJジュール文明と言うことか。

さて、リエーテは、てっきり目標地点にはエンジュールの遺跡があるかと思っていたみたいですけど、そこに会ったのはガーライル軍の施設でした。まあ例によって鍵もかかってないのでお邪魔しまーす!

01 ミューレンのクーデター

…中ではクーデターの真っ最中でした。ジールパドンの地下遺跡ではバールのせいでずいぶん人が死にましたからね…。兵士たちもミューレンに味方しているらしく、クーデターは成功しそうです。これはジャスティンの出番なかったかな★しかしクーデターをやってるのに外部からの進入路を封鎖してないとか、ガーライル軍は世の中なめてますね?

さて作戦室にはバールとミューレンがいるはず。おらおら、おとなしくガイアを渡してもらおうか!

02 秘密通路

ヽ(・ω・)/ズコー秘密通路からしっかり逃げられとるやないか。相手が一人だったのに隙多過ぎ!

03 発見、ミューレンとリーン

おまけにやられてるし…。

しかも逆ギレされた。何年端もいかない少年に責任押しつけてるの?精霊石をジャスティンから取り上げるどころかその危険性の説明もしなかったそっちの判断だし、バールはお前の親父だし、しかもお前はガーライル軍の大佐だろーが!精霊石パクられた挙げ句戦艦の上から落とされて、被害者なのはこっちの方だっての。

とはいえ美少女の頼みは断れません。バールは精霊石を全部合体させてガイアを完全復活させるようです。待ってろよバール、ここで引導を渡して、この要塞の名前を軍事要塞ジャスティンに書き換えてやるぜ!

21 地下鉄道遺跡

ここが元々あったエンジュール文明の遺跡のようですね。当時の地下鉄なのかも知れません。

01 時すでに遅し

特にセキュリティ的な仕掛けもなく、最深部にある「卵体の間」までたどり着けました。

あちゃー。間に合いませんでした。しかしこいつ、なんでこんなことするんですかね。すでに世界征服できるだけの軍事力は持ってるんだから、どうしてもそうしたければ粛々と進めればいいような気がしますが。

02 バールの力

あ、これは乗っ取られてるパターンだわ。もしくは顔グラ間違えてるパターン。

と思いきや乗っ取られているわけでもないのか。テイルズでいうとリチャード殿下みたいな状態ですかね。バール=ガイアは、再び光翼人に封じられるわけにはいかないと、フィーナに襲いかかってきます。今度こそ彼女を守ってみせる!

バール

本体と触手に別れ、HPも共有していませんが、どちらかを倒せば勝利なので、片方に攻撃を集中するのがベストです。HPが高いものの、属性耐性がなく回復技も使ってくる触手の方を狙うべきかな。

03 ガイア復活

魔導の塔をクリアしたジャスティンたちにはものの敵ではありませんでしたけど、バールに致命傷を与えることは出来ませんでした。しかもなんか乗っ取り型のラスボスのテンプレみたいなこと言い出した。

ガイアの力を得たバールは、ジャスティン達を雷で攻撃します。しかしそこへ駆けつけたリーンが光翼人の力を発動し、ジャスティン達を守ってくれました。さすがガイアに唯一勝てる光翼人パワー。ミューレンよりよほど役に…

ラスボス(多分)のくせに責任転嫁とは見苦しい。こうなったらそのサナギっぽいのをたたき割って…

と思ったら勝手に割れ、中から触手が大量に出てきました。そして触手は地下遺跡から一気に世界中に向かって根を伸ばし始めたのです。もしかしてこれは世界のピンチなのでは。

22 野戦キャンプ地

ジャスティン達はリーンに守られ、ミューレンの指揮する戦艦リオンロット(先日墜落したのとは別の艦です)に退避、一行はルゼット山脈を目指します。リーンさんはあの短期間の間にミューレンを戦艦に収用し、フィーナたちを助けに来てくれたんですね。マジありがとうございます。

戦艦に乗ると、ミューレンの部下がフィーナに「フィーナ少尉」と呼びかけてきます。唐突な展開に意味が分かりませんが…

いや、そっちが何の冗談なの!?いきなりバールが出てきて心臓止まるかと思ったわ!こっちは間違いなく顔グラのバグですよね???

いや、こっちの方が聞きたい。

01 対ガイア作戦

ミューレンの推測によると、ガイアは復活後のエネルギーを補充するために、近くの生命体を襲うだろうとのこと。そして、あの近くにある大きな街と言えばジールパドンしかありません。

とりあえずミューレンは、ジールパドンがやられている間に一旦退き、態勢を整えてから、ガイアの体内にある精霊石を破壊するという作戦を立てます。

ガーライル軍が古代文明の粋を集めて開発した蒸気砲でガイアの動きを止め、その隙に光翼人のパワーで精霊石を砕けばあるいは…。ミューレンはその作戦にフィーナの協力を要請するため、フィーナを少尉待遇で軍に招いたみたいですね。こっちの承諾も得ずに勝手なことを…この怒りをどこにぶつければいいのやら。

よし、キャンプ地にいるパラト鳥(九官鳥のような生き物)にミューレンの悪口覚えさせておこう(陰険すぎる

ラップが横から声かけてきたせいで失敗したorz

02 ジールパドンを守るため

さて、リーンは改めてフィーナに協力を要請します。しかしこの作戦を進めるとなると、ジールパドンの人々を救出する余裕はありません。ジャスティンとフィーナはそれに強く反対します。

ジャスティンは気持ちいいほどまっすぐですね。でも自分も少し大人になったので、この時のミューレンの気持ちが分かるようになってきました。何よりフィーナは作戦の要なので、救援活動中にガイアに襲われて万が一のことがあれば即世界滅亡です。慎重になる気持ちも分かる。

そして作戦に必死なリーンの気持ちも分かるんですよね。リーンもジールパドンを見捨てようとしていますが、それは保身のためじゃなくて、必要なら自分の命も計算に入れた作戦を立てられる人なんです。おそらくミューレンもそうなのでしょう。

でもその大人の理論に、14歳のジャスティンは縛られません。彼は仲間たちと一緒に、ジールパドンを救うために飛び出してしまいます。リーンも諦めた様子で、一行を見送ってくれました。


ついに最終盤に突入しました。残るダンジョンも3つほどしかないので、この後はストーリー進行が中心になると思います。

今回はジャスティンのある意味子供っぽいところが出ましたけど、だからと言ってジャスティンの印象は悪くならないんですよね。ジャスティンたちはみんな、ガイアに近づくと石化する可能性があることを知っています。これまではジャスティンの持ち精霊石の加護でどうにか切り抜けてきましたけど、今はもう精霊石はありませんから、ガイアが目指すジールパドンに行くこと自体、命がけなんですよね。そしてフィーナの成長も読み取ることが出来ます。フィーナは、ダイトの村で、見ず知らずの村人たちを救うためにジャスティンが命を賭ける必要はないって言ってましたけど、今回はフィーナの方から率先して、ジールパドンを助けに行きたいと言ってるんですよね、ジールパドンの住民なんて、ギドくらいしか面識ないのに。

果たして彼らはジールパドンを救えるのでしょうか。次回「ジールパドン、滅亡」。お楽しみに。


2020-07-04

グランディア HDコレクション プレイ日記#30

18 空中都市アレント

01 アレントに到着

ついに夢にまで見たアレントにたどり着きました。長かった…。海を越え、世界の果てを越え、広大な大陸を越え、人魚の海を越え、仲間との出会いと別れを繰り返しましたが全てはこの日のため。リエーテに会って、いろいろ聞きたいことがあります。リエーテさーん、歓迎パーティの準備はOK?

オロチ

首が4つに本体もある強敵です。即死攻撃をしてくる「やばい首」と、回復をしてくる「やさしい首」をまず狙うべきですが、十分レベルが上がってるなら全体攻撃を連発してさっさと倒しましょう。首を全部倒せば本体も倒せますので。特にフィーナの火レベルが27になっていてあの技が使えればかなり楽になります。…まあアレントに来たらもう経験値は稼げないから意味ないアドバイスですけどね!(最低

寒いっ!っつーか痛い!宇宙っていう極寒の空間で吹雪攻撃はやめて!

スサノオグレート

見た目の通り物理攻撃がメインなのでディガンを貼りたいところですが、例によってヴァニッシュで打ち消してきます。魔法を中心に攻めた方が良さそうですね。今さらですがラップには会心玉を持たせてクリティカル狙いをするのもいいかと。

硬いっ!っつーかひどい!これが遠路はるばるやってきた客に対するアレントのやり方かー!

幻竜

胴と頭に別れていますがHPは共通。吹雪属性の魔法と炎属性のブレスを繰り出してきますが、実は炎属性の耐性が一番低いため、あの技が使えるフィーナ、竜陣剣のジャスティン、熱血投げのラップの敵ではないです。IPダメージが入りにくいので、短期決戦で。

熱いっ!つーか真面目に攻略情報書いてる場合じゃないわっ!というかこれはあれか、ジャスティンをおびき寄せて自分の手で始末しようというリエーテの罠かなんかか。数々の試練を乗り越えてここまでやってきた勇者にする仕打ちとは思えない…

もう帰る!帰ってドーリンに、リエーテは17歳って言ってるくせに、デビュー30周年とか訳の分からないことをいう宗教の教祖だったって嘘の報告してやるー!うわーん!(オイオイ

02 幻影のリエーテ

…と思ったけど冷静に考えたら帰る手段ないんだった。仕方ない、先に進んで直接文句言うか…

奥には礼拝堂があり、そこに行くとリエーテがいました。ちょっと、こちとら呼ばれてきたのにひどい目に遭ったんですけど!

初対面のフリされたー!いやいや、白を切るにしてももう少し丁寧に…

「アレントのリエーテ、17人です」「(^_^;)\(・_・) オイオイ」

ここはリエーテしかいない街でした。ここに一人で暮らす(本物の)リエーテが、寂しくないように自分の姿をした幻を映し出しているみたいですね。分身たちに話しかけるとそれぞれ意味深なことを言いますが、そのまま姿を消してしまいます。

03 リエーテの答え

そしてさらに奥「教王の間」には、本物のリエーテがいました。色々文句言いましたが、旅立ちのきっかけとなった謎の少女に実際に会えたんだと思うと、やっぱり感慨深いものがありますね。

そしてリエーテは、自分が受け継ぐエンジュールの歴史を語り始めます。

かつてこの世界は、精霊と人間が共存する理想郷でした。精霊石が世界を照らし、それを双子の光翼人が見守っていました。

しかしいつしか人々は奪うことを覚え、ついには光翼人から精霊石を奪いました。しかし精霊石は人々の心を映し出す鏡。精霊の祝福は失われ、世界はガイアによって滅びの道をたどり始めましたが、双子の光翼人がその命を引き換えにガイアを停止させ、完全な滅びは免れることになりました。

リエーテの周囲には、エンジュール文明の時代から代々その記憶を継承してきたリエーテたちの心を写した石版がありました。そのほとんどは悲しみの青に染まり、喜びの赤の石版は数えるほどしかありません。そしてその赤い石版は、全てエンジュール文明時代のもの。つまり、世界が滅びて以来、代々のリエーテは深い悲しみの中で過ごしてきたのです。

そしてリエーテは、自分の石版もやがて青色に染まるだろう…と言います。それはそうですよね。ガイアが復活しているんですから。ジャスティンたちは、選管の墜落でバールも精霊石も失われたと言いますが、リエーテはそうでないことを感じ取っていました。

04 答えをつくり出すために

過去と同じ過ちが繰り返されようとしている―そしてそれを止めるのもまた過去と同じく、双子の光翼人の犠牲なのか。

ジャスティンは、それ以外にガイアを倒す方法はないのかとリエーテに尋ねます。しかしリエーテが持つのは過去の知識だけ。そこに無いことは分かりません。代わりにリエーテは、精霊の聖地に行き、精霊の力を借りればあるいは…と道を示してくれます。

さらにリエーテは、自分の石版の色は自分ではなく時代が決める、と言います。しかしジャスティンはそれを真っ向から否定しました。そして、自分の未来は自分で切り開くべきだと、リエーテを旅に誘います。その言葉にリエーテも、未来を創るため一緒に来る決意を固めてくれました。

05 地上へ

あれ、急に表情が柔らかくなりましたね。さっきまで「この娘眉が太いな…」としか思わなかったですけど、やっぱ可愛いなぁ。スー以来の美少女加入に期待が膨らみますね!(ミルダに謝れ)それではリエーテの用意してくれたシャトルで地上に戻りましょう。

ゴゴゴゴゴゴゴ…

え?シャトルの動力?いやだなぁ、軌道上から惑星に降りるのに動力がいるわけないじゃないですか。ブレーキ?心配しなくても到着したら自動で止まりますよ。

ていうかまた落ちるのかよー!

一方その頃。軍事要塞Jでは、ミューレンが兵を率いてバールを拘束し、ユグドラシル計画の中止を指示していました。それでも余裕の立場を崩さないバールに、ミューレンは剣を向けますが…

一方こちらはジャスティン一行。さすが、世界の果てから落ちても無事だっただけのことはあります。目が回っただけですむとはギャグ補正が強過ぎるw

墜落したのはサバナ原野。ここからルゼット山脈を越えればガイアの元にたどり着けそうです。しかしあの高さから落ちてよく無事でしたね。

ラップの無慈悲なツッコミに超同意。

あとそれから…

ドーリンの所に行ってみましょうかね。

やはりテンパって壊れてしまいました。つーかやっぱり牛だったのか。

リエーテさーん!???

EX 夢幻の城

さて、早速ルゼット山脈へ向かいたいところですが、せっかくパーティも4人になり、男2女2前衛2後衛2でバランスも取れましたから、EXダンジョンを進めましょう(ちなみにミルダがいる時にイベントを進めていたので、スクショが若干おかしいのは見逃してください)。

ジールパドンのいる占い師から、こんな話が聞けます。どうやらジール砂漠に何かあるみたいですね。

ということで早速ジール砂漠・南から入れる「夢幻の城」にやってきました。入口にいる美しい女性の話によると、この女性の姉が誤って呪われた剣を手にして父親を手に掛けてしまい、その悲しみが闇を呼び寄せてこんな状態になっているみたいですね。この勇者ジャスティン、美しい女性の頼み事は断りませぬ。早速調査しましょう!(ジャスティンはそういうキャラではない

ちなみに食堂にはマナエッグがあります。

さて、城主の部屋には一人の女性が閉じこもっていました。先ほどの女性と顔グラが同じに似ていますし、これが彼女の「姉」みたいです。

なんか急にジャスティンのセリフが下手な和訳みたいになってしまった。それはそうと剣の呪いが襲いかかってきます。

城主の霊

「胴」「目」「杖」の3部位に別れており、それぞれが強力な術を使いこなす強敵です。「胴」と「目」はHPを共有しているのでそちらを狙いたくなりますが、杖の方がもろいのでそちらを狙った方がいいかも。ちなみに敵は稲妻属性が得意ですが、稲妻属性が通じにくいということはありません。

ミルダがいる間に挑戦した時は歯が立ちませんでしたが、それからこちらも鍛えたのでなんとか勝てました。攻略本だとレベル20台前半で勝てるって書いてるけど、30くらいでいい勝負だと思うんです。

城の呪いを解くことができてよかったよかった。てっきりこの姉妹も死んでいて、呪いを解くと同時に成仏…みたいな展開かと思ったんですけど、そんなことはなかった。あと攻略本には、クリア後にはこのダンジョンにはもう入れないって書いてあるけど、そんなこともなかった。

19 ルゼット山脈

では本来のルートに戻りましょう。ルゼット山脈を越えていきます。もちろんガーライル軍もきちんと門を閉めて不審者が近づけないようにしている…はずが、これ鍵開いてるんだよな…


無事リエーテさんにも会い、仲間になってもらうことが出来ました。これまでクールビューティっぽかったリエーテさんですが、仲間になると天然発言を繰り出すボケっ娘なギャップもいいですよね。

さて、次回は最大のEXダンジョンに行ってから話を進めますので、更新は少し先になりそうです。物語も佳境ですがお許しください。というかこの先に進めたくないんだよ…。


2020-06-30

グランディア HDコレクション プレイ日記#29

16 レーヌの村(3)

久しぶりにレーヌの村に帰ってきました。この間まで壊れていたドーリンはどんな感じですかね…

お、おう。っていうかドーリンの斜め後ろにある像ってもしかして…

01 アレントの門番

それはさておき、ミルダとダーリンに会うのも久しぶりだっちゃ。ダーリンに「君はどうしたい?」と尋ねられたジャスティンは、アレントに行って、エンジュール文明のこと、光翼人のこと、精霊石のこと、そしてガイアのことをもっと知りたいと言います。

どうやらレーヌの三賢者たちは、アレントへ行く資格があるかを見極める門番の役目も果たしていたようです。2つのメダルにモゲ族の長老にアレントの三賢者…よっっっっぽどアレントに来てほしくないんですかね、リエーテさん?

02 アレントへの道

さらにドーリンの話によると、村の裏山にある泉に「知識のメダル」を投げ込めば、虹がアレントまで導いてくれるそうです。最後の最後でなかなかにドリーミィな手段用意してますね…教えてくれてありがとうドーリン!

…真の目的には気付かなかったふりをしておこう。しかし門番を命じられながらその中にある御本尊を見ちゃだめとはちょっとかわいそうな気もする(笑)

03 ミューレンの決意

一方。軍事要塞Jでは、ガイアが不気味に鳴動していました。

それを見ながらバールは、ほぼ全ての精霊石の欠片を集め復活寸前となった精霊石をなでなで(バールの後ろにある黒い球体ね)。精霊石のエネルギーが、ガイア復活のエネルギーになるみたいです。

人などガイアの餌にすぎないと言い切るバールに、ミューレンは激昂します。いや、これまで住民を散々石にしたくせに、そんな世迷い言信じてたんですかね…いくら父親だからってちょっと騙されすぎなのでは。

つーか冷静に考えると、戦艦ごと墜落して爆発炎上したのに、バール将軍はなんでケガ一つしてないんですか。リーンもそんなバール将軍に底知れぬ恐怖を覚えます。それを見てミューレンは、一つの決意を固めました。

17 虹の山

そんなこととはつゆ知らないジャスティン一行。ちょっと短めのダンジョンを抜けて、山の頂上に来ると、そこにはその名の通り、虹が架かった泉がありました。パームから始まった、アレントを目指す長い旅も、今終わりを告げようとしています。ここにスーも一緒に立っていられたら良かったのですが…元気にしてるかなぁ。

ジャスティンが知識のメダルを泉に投げ込むと、アレントへの入口が開きました。ここまでこれたのもギドのお陰ですね。

ギドは初めて会った時と同じように、人にはそれぞれの役割があると言い、ジャスティンたちに別れを告げます。そして未だ見つからないジャスティンの果たすべき役割も、アレントに行けば見つかるだろうと言うのでした。

さて、それではアレントに向かいましょう。多分この虹のチューブに入るとアレントまでワープできるんだな。お邪魔しまーす。

ん?なんか耳がツンとするような…

ファーーーーーー!エレベーターだったのかよーーーー!

乗った虹のエレベーターは、ぐんぐん高度を上げていき、ついに星の外に出てしまいます。星の外に広がる無限の闇の中にアレントは浮かんでいました。


ずいぶん長旅でしたけど、いよいよアレントが目前に迫りました。まさか宇宙に飛び出すとは思いませんでした。アレントも空中神殿って呼ばれてましたけど、空中ってレベルじゃねーよ!

あとギドが離脱してしまいました。仲間に入っていた時期はちょっと短めでしたね。もっとギドを活躍させたい!というかたは、EXダンジョンの「魔導の塔」へ行きましょう。あそこの敵はステータスアップアイテムを持っているので、ギド盗みで集めまくればジャスティンたちを無限に強化できますので。

さていよいよ次回はリエーテ様にお会いできそうですね!リエーテさん待ってるだろうなぁ。ここまで散々苦労させられましたけど、もうリエーテ様に会うのを阻むものは何もない…はず。刮目して待て!


2020-06-27

グランディア HDコレクション プレイ日記#28

15 戦艦グランドール

01 潜入、グランドール

戦艦の砲撃であっさり撃墜されてしまいましたが、なんとかグランドールの甲板に着地することが出来ました。(飛行クジラは死んだんでしょうか。そもそも生物なのかどうか知りませんけど)早速フィーナを探しましょう。

しばらく進むと機関室にたどり着きます。ギドの見立てによると、蒸気機関ではなく、エンジュール文明の遺産を使っているとか。ということは壊してしまえば再起不能になる可能性が高いですね( ̄ー ̄)ニヤリ

02 3人娘との決戦

さらに先へ進むとコントロールルームにたどり着きました。機関室からコントロールルームまであっさり侵入を許すとは、グランドールのセキュリティがガバガバすぎる…

そこには3人娘が待ち受けていました。くっ、今回は敵もシリアスなのか表情が読めない…ってこれ顔グラの表示がバグってるじゃん!

いやお前誰だよ!

いやセリフは別人なのにさっきと同じ顔じゃん!

うわーラップがいきなり美少女にー!

敵も美少女になったー!もう話が全然頭に入ってこないorz

サキ&ミオ&ナナ

基本的には前回戦った時と同じですが、かつて3人揃えば11倍強いと豪語していただけあって、ペガサスナイトばりのトライアングルデルタアタックを仕掛けてきます。こっちは回復役がいないので、アイテムで回復しつつ、誰か一人(HPが低いミオが妥当)に攻撃を集中させて倒してしまいましょう。ギドのモゲばくだんでIPを減らしながら戦えば有利に立ち回れるはずです。アイテム不足なら、兵士を倒してレスキューセットを集めておきましょう。

技術革新で戦闘演出も軽やかになり、そのせいでミオのセリフが途中で切れてしまっているのは気にしない方向で。

今回はフィーナの命がかかっているのでジャスティンたちも手加減がありません。あっという間に3人をたたんで脅しにかかります。

ギドが裏切った!?

今度はサキが野蛮な顔に!?

いやもうこの顔はええっちゅうーねん!

03 自爆スイッチ起動

話がいまいち入ってこないのですが、どうやらこの船にはあまり兵士が乗っていないらしく、敵は軍事要塞Jに着いてから一気にジャスティンたちを制圧するつもりみたいです。つまり3人組は時間稼ぎだったんですね。尉官を時間稼ぎに投入するとか人材払底も大概だと思います。

とにかく戦艦の行き先を変更しましょう。コントロールはオートパイロットになっているので、適当にボタンを押して、と…

…よし、計算通り!

04 グランドール崩壊

まあしかし最終命令って言ったって自爆とは限らないよね。

普通に自爆だった。しかしこういう場合、自爆する直前に主人公補正でギリギリ脱出という流れですよね?

結構大惨事になってるー!(戦艦の真ん中が折れて後部が墜落中)つーかギドとラップ死んでるんじゃ…(;゚Д゚)

05 バールとの戦い

司令室でようやくふたりを見つけました。フィーナを人質に取ったバールは、ジャスティンに彼女と精霊石の交換を持ちかけます。

フィーナはそれを止めようとしますが、リーンの命がかかってる時もあっさり精霊石を手放したのに、ましてフィーナが人質に取られてちゃどうしようもないですよね。

ジャスティンは精霊石をバールに放り投げますが、バールは約束を破ってジャスティンを落とし穴に落としてしまいました。狂気を感じる表情と若本ボイスの高笑いで2倍腹立つ!

しかしさすがジャスティン、落下慣れしていたのが幸いしたのか、落とし穴の中でなんとか踏みとどまっていました。このまま精霊石もフィーナも持ち逃げされてたまるかー!うぉぉぉぉぉ!

バールがフィーナと共にカタパルトから脱出しようとしているところでなんとか追いつけました。

ジャスティン言ったー!これは愛の告白と言ってもいいのではないでしょうか。しかしことここに至っては、もはや実力で決着を付けるしかありません。

バール

タイマン勝負なので、回復アイテムや自動復活アイテムを直前の預かり所でジャスティンに持たせておきましょう。とはいえHPは低めなので、クリティカル主体でIPにダメージを与えつつ短期決戦を挑めば、さほど苦戦はしないはずです。

フィーナ…。本当に無事で良かった。そんなに長い時間離れていたわけではないですが、感動の再会ですね。

やべっ、ラスボスだから二段変身は予想しておくべきでした。しかしどうせ巨大化とか陳腐なオチで…

きもーい!

しかもあっさりやられた。

バールは怒りのままに、ジャスティンを甲板から弾き飛ばします。それを見たフィーナは、再び力を発動してバールの拘束を破壊すると、ジャスティンを追うように甲板から飛び降りていきました。

06 大空のふたり

空中戦艦は墜落してバールもろとも大爆発しましたが、ジャスティンはそのまま落ちていきます。

後を追ってきたフィーナの身体をジャスティンはしっかり抱き留め、フィーナはその腕の中で気を失ってしまいました。

今までピンチを幾度も救ってくれた精霊石も手元になく、今度こそどうにもならないのか―さすがのジャスティンも諦めかけたその時、意識を失ったフィーナの背中からまばゆい光と共に光る翼が出現し、ふたりの命を救ったのでした。ラップとギドも飛行クジラでうまく脱出できてたみたいです。

それから3日後。ずっと気絶していたフィーナもようやく意識を取り戻しました。

フィーナはジャスティンが自分のために精霊石を手放したことを謝ります。

でもジャスティンは、精霊石を失っても、フィーナを救い、世界を守ることが出来たことに安堵するのでした。こういうセリフをなんのためもなくスッと言えるところがジャスティンはかっこいいんだよね。

自分が光翼人であることを自覚したフィーナは、改めてアレントに向かい、リエーテに光翼人の話を聞いてみたいと言います。もとよりジャスティンの旅の終着点はアレント。2つのメダルを持つ者に、レーヌの賢者が道を示すだろう―ギドの言葉に、一行はレーヌへ向かいます。


シリアス展開になったところで顔グラバグが発生してテンションが下がりましたが、終盤は直って良かったです。という過去のバグは発売当初から言われているのに、未だに直してくれてないのか…ガンホーさんよろしくお願いしますよ。この後もこのバグあるみたいだし…

それはともかく終盤の展開はよかったですね。普通こういうシーンだと、ヒロインのイヤボーンでどうにかするのがお約束ですが、フィーナは気絶してしまったのに、ジャスティンの叫びに応えて力を発動させる、というのがいいんですよね。ジャスティンが助けに来ることを疑わないフィーナ、フィーナのために崩壊する戦艦を駆け抜け、バールに啖呵を切るジャスティン、落下したジャスティンを追ってためらわずに飛び降りるフィーナ、と2人の絆の固さを感じるエピソードでした。