2020-10-27

ケロロ軍曹 第298話が色々懐かしい というかこれオチが人を選びすぎるだろ…

「ケロロ軍曹」の最新話(第298話)が公開されていますね。

最近の子供はカセットテープとか見たことないんでしょうね…。かくいう自分も最後に使ったのは10年くらい前でしょうか。ちなみにyukkun20が司法試験を受験する時に使っていた教材はカセットテープでしたね。今から思えば音声だけの教材で勉強とか正気の沙汰じゃないよ。

懐かしい。yukkun20も子供の頃何度かやらかしたことがあります。のでこのコマですぐオチが分かったんですけど…

多分若い人にはここまで読んでも意味が分からないのではないかと思います。昔PC(まだマイコンとか言われていた時代のことです。今から30年以上昔)では、カセットテープが外部記憶媒体として使われていた時代があったのですよ。今で言うUSBメモリみたいなものです。フロッピーディスクが使われるよりも前の時代です。しかし秋ママもこのことを知らなかったということは、いつの間にかyukkun20が秋ママの年齢を追い越している…!?(ショック)

ちなみにカセットテープは頭出しをする機能がないので、データをロードする時には頭からデータを検索するしかなく、そのためロードにものすごい時間がかかったのです。そうそう、PCにこういうカセットデッキを繋いで読み込ませてたんですよね。今でも結構鮮明に記憶していますよ。


2020-10-22

シュタゲのコミックスが一挙無料配信!

そういえばシュタゲ10周年記念企画で、昔のシュタゲコミックスが無料配信されるみたいですね。シュタゲ発売から既に11年が経過してしまったことは気にするな(シュタゲは2009年10月15日発売)。

熱心なシュタゲ信者のyukkun20はもちろん全部読んでいる…と言いたいところですが、シュタゲゼロのコミックスのみ購入したまま積んでます。この機会にちゃんと読もう。

コミックスは以前レビューもしてますので、内容に興味のある方は覗いてみてください。

すみません。1巻のレビューはないです。1巻付録のドラマCDがめちゃ秀逸だったのは覚えてるんですが。

この中では「スイーツはにー」シリーズが紅莉栖が可愛くてお勧めです。


2020-10-11

有線派だったけどもう鞍替えしてもいいや

ケーブル見えない化計画、一段落しました。yukkun20のケーブルジャングルは、PC周りとゲーム機周りの二部構成になってます。しかもこの二つが入り乱れているというカオスな状態。まずは物理的に二つの森を分離し、PCの周辺機器のケーブルをすべてラックやモニターアームやテーブルの天板の裏に隠し、電源タップも天板裏に収納して人目に付かなくすることでかなりきれいになりましたね。このあたりの話はそのうちエントリにまとめようと思ってます。

あとキーボードとマウスのケーブルを排除すれば完成なんだよな…。キーボードは先日紹介した「VARMILO」で、マウスは以前紹介した「COLORWARE」で好きにカラーリングしたものを購入しようと思ってるんですが(カラーリングも大体決めました)、日本語キーボードは有線しか対応してないんだよな…。無線対応を待つべきか、それとも妥協すべきか。どうせ有線デバイスを無線デバイスに変換するコンバーターくらいどこかにあるだろと思ってたんですけど、よく考えたら無線化したら電源確保できないから無理か。

ちなみにゲーム周辺ジャングルの方は全然目処が立ってません。とにかくPS5を購入して置き場所決めないと、考えても無駄になるし。

それはさておき、今月は「放課後さいころ倶楽部」、来月は「キノの旅」の最新巻が発売されます。

最近全然ラノベ読まなくなったけど、キノの旅だけはチェックせねば…。


2020-06-26

僕らの音速さんが帰ってきた! 古賀亮一先生の新連載スタート!

yukkun20が最高のギャグ漫画家の一人であると目している古賀亮一先生の代表作「ニニンがシノブ伝」がWebコミックで帰ってきました!てっきり新作発表かと思っていたのに、シノブ伝復活とかなんという俺得。

当時よりシノブも楓も垢抜けてますが、初登場から20年も経っているのに音速丸はまるで成長していない…www

※画像は第0話より引用

とりあえずこの方のマンガは読んでもらわないと全然魅力が伝わらないので、まずは第0話をご覧ください。面白かったのなら前作も買おうぜ!そしてアニメも見ようぜ!


2020-06-08

コミック「星界の紋章」が6/10更新予定!

昨年12/18に更新されて以来半年が経とうとしていましたが、コミックメテオ様で連載中の「星界の紋章」が6/10に更新予定ですー!ヤッフー!

米村先生のTwitterでも情報が流れてなかったから危うく見逃すところでした…。10日には感想更新する予定です。


2020-05-29

「ダイの大冒険」新装彩録版が10月刊行開始!

先日のDQの日では「ダイの大冒険」に関する情報が色々出ましたね。アニメやゲームも気になるんですけど、個人的にはコミックスの新装版が出るということに期待しています。

上記サイトによると、

7 年間にわたり「週刊少年ジャンプ」に連載された物語を“バトルの決着”などの節目ごとに巻を区切り直して全25巻に。さらに、連載時のカラーページを再現して収録します。

ということでカラー新装版になるみたいですね。yukkun20はコミックスを一通り読んだことがあり、折を見て購入しないといけないなーと思っていたので、これを機に買いそろえましょうかね。電子書籍版が出てくれるとありがたいですけど、この手の新装版はなかなか電子化されないので、素直に紙で買うかな。

1冊の価格が650円~850円(税別)と控えめなのもありがたい。

yukkun20はアニメも視聴予定です。ゲームはARPGだからちょっと迷っていますけど…。また小学生の間でアバンストラッシュのマネが流行るんですかね(笑)


2020-04-23

「ゆるめいつ」がついに完結

yukkun20が推しているギャグ漫画「ゆるめいつ」の最終巻(第8巻)が4/27に発売予定です。

まじか…浪人生達という設定なのに年中行事を繰り返して完全にサザエさん時空に入っていたのに…。果たして彼らは浪人生を止めることが出来たんでしょうか。

うっかり7巻のレビュー忘れていますが、最終感出たらまとめてレビューするつもりです。つーか14年間も連載していたのか…。saxyun先生の「空想科学X」も大変面白かったので、次回作にも多大に期待しています。


2020-04-21

「天地創造デザイン部」アニメ化決定!

5年ほど前にyukkun20が紹介した科学史マンガ「決してマネしないでください」を覚えておられるでしょうか。

当サイトでは紹介しそびれていたんですが、その後作者の蛇蔵先生は「天地創造デザイン部」というマンガを連載されています。このたびそのアニメ化が決まりましたー!

どういう漫画なのかは是非↑のツイートを見てください。簡単に言うと、神様から来る極めてアバウトな指示を元に、地球上で繁殖できる生物をデザインする会社を舞台にした、動物学マンガです。相変わらず蛇蔵先生のマンガは勉強になるぜ…。

通常のデザイン業と同じく、クライアントの適当な指示に合うようにクリエイターが想像力を発揮し、試作し、改良し、納品するという流れになっているが面白いです。大体毎回、誰でも知っている生き物の意外な生態と、ほとんどの人が知らない生き物の生態の両方が紹介されます。これは令和のわくわく動物ランドやでー(年齢がバレるネタ

お、コミックスも5巻が出るのか。予約しておこう。


2020-03-18

「七つの大罪」が来週のマガジンで完結 鈴木先生お疲れ様でした!

久米田先生も夢見た少年マンガ雑誌4冊制覇を成し遂げた鈴木央先生の「七つの大罪」が、来週号で完結を迎えるそうです。これまでも何度か最終回っぽい展開になったこともありましたが、今回は本当のようですね。

鈴木先生はライパクの頃から好きな作家なのですが、どういうわけか連載が途中で打ち切られてしまうことが多く、そのたびにyukkun20も涙を呑んできました。しかし満を持して連載が始まった「七つの大罪」は、鈴木先生が書きたいと以前からおっしゃっていた中世ファンタジーもので、最初から並々ならぬ力がこもっているのが分かる作品でしたね。3回もアニメ化され、劇場版も作られ、コミックスも連載も最初から追っていた身としては、完結は感慨深いものがあります。個人的には男性はエスカノール、女性はエレインが好きだったのですが、エスカノールがああなるとは思わなかったorz

コミックス最終巻(41巻)は5/15発売予定です。


2020-03-12

若木民喜先生の最新作がビッグコミックスピリッツで連載開始予定!

今までこのサイトでほとんど触れたことはなかったのですが、かつてアニメ化もされた名作「神のみぞ知るセカイ」の作者・若木民喜先生のラブコメがビッグコミックスピリッツで3/16から連載開始です。

タイトルは「結婚するって、本当ですか」。

yukkun20は若木先生の処女作「聖結晶アルバトロス」が大好きでした。元素周期表を組み込んだマンガは今でも珍しいのではないでしょうか。主人公の少年もまっすぐで、ヒロインの少女もけなげで、ファンタジーバトルの王道!だと思って毎週楽しみにしてました。でも興行的には失敗して打ち切りになってしまった…。もう15年くらい前の話です。でもこの先生はきっと復活してくるに違いない!と確信してました。

そして思った通りサンデーに凱旋され、「神のみ」が大ヒットした時はうれしかったなぁ。アニメ化もされたし。作品が盛り上がったのももちろんうれしかったんですが、若木先生がこの作品にかけておられたのは言動の端々から分かっていたので、万が一これがこけたら先生が筆を折ってしまうんじゃないかと気が気じゃなかったので、若木先生が今後もマンガを書いてくださることに感謝しました。

もちろんコミックス(全26巻)も全巻買いました。でも昨年の大掃除でついに置き場所がなくなってしまって泣く泣く処分することにした…のですが、やはりこの作品を手放すことは出来ないと思いなおし、電子書籍で全巻買い直し、そして読み直しました。それくらい好きです。ちなみにyukkun20はヒロインの中では栞派なのですが(図書委員萌えだからな)、その次に好きなのがちひろだったので、本編があの終わり方だったのはうれしかったです(栞ちゃんは終盤ちょっとかわいそうな扱いでしたけど、それも彼女っぽい)。

その次の作品「なのは洋菓子店のいい仕事」は、それまでのファンタジーバトルから一転して、洋菓子店を題材にした料理マンガっぽい造りになっていました。こっちも読むだけでケーキが食べたくなるんですよね…。ただ終盤はちょっと流れが変わって、なんとなく風呂敷を畳んだような畳んでないような終わり方になってしまったのは少し残念でした。サンデーはわりと日常系に優しいからこのまま行ってくれると思ってたんだけどなぁ。もちろんコミックスも全巻買ってます。

さらに次の作品「キング・オブ・アイドル」は…すみません。yukkun20は女装男子に対する思い入れが皆無なので、いまいち乗り切れませんでした。あと「ねじの人々」も読んでない。でも若木先生の連載をひっそりお祝いする意味でも、このタイミングで両作品もコミックスを購入する予定です。そして先生の甘酸っぱいラブコメ、すごく楽しみにしています!