2020-03-05

ゼノブレ2のホムラ/ヒカリフィギュアが予約開始! ニアの続報はよ

閃の軌跡Ⅳはパンタグリュエルのところまで行きました。第2部の終わりまであとボス戦を残すのみなのですが、怒濤の4連戦で2回敗北するという間抜けっぷり。と言っても力負けしたのではなく、1回目はうっかりマリアベルを倒してしまいAP獲得条件を逃し、2回目は最終戦でうっかりセドリックを倒してしまってやはりAPを獲得し損ねてしまいました。まるで成長していない…つーかセドリック柔すぎるんだよ!このボス11人を束ねるキャラという設定のくせに、Sクラ3発で沈むとは何事だ!

さて、先日再販が決まったゼノブレ2のホムラ/ヒカリフィギュアですが、再販の予約が開始しました!

予約は4月1日までですよ!発売日は2020年12月とまだ先ですけど、yukkun20は買おうと思います。前回買わなかったのを後悔しながら生きてきましたからね。そしてこれが売れれば今度こそニア様も…


2020-02-09

ゼノブレ2のホムラ/ヒカリフィギュアが再販決定! そろそろあの娘もいいんじゃない?

最近ねんどろいどとか扱ってるせいか、ワンフェスとかも気になりだした…これは散財フラグ!

さて、そのワンフェスで、ゼノブレ2のホムラフィギュアの再版が決まりました。

おお…フィギュアの再販とは珍しい。よほど売れたのでしょうな。ちなみにヒカリの再販も決まってるそうです。

yukkun20は結構悩んだけど、結局買わなかったんだよな…。まだAmazonのカートに入れっぱなしになっている(定価2万円なのにプレミアついて4~5万)くらいには未練なのですが。やっぱり「買わずに後悔するより、買って後悔」すべきでしょうか。

yukkun20的には、実はホムラもヒカリも、1/7フィギュアを買うほどのキャラではないのですよ。大体yukkun20の中では、

  1. フィギュアが出たらとりあえず買う…ナディア(ナディア)、アーチェ(TOP)などごく限られたキャラ
  2. スケールフィギュアは造形が良ければ買う…紅莉栖(シュタゲ)・メルセデス(オーディンスフィア)・リタ(TOV)など、好きな作品に登場する一番好きなキャラ
  3. デフォルメフィギュアなら買う…4の中でも特に好きなキャラ
  4. ねんどろいどなら買う…その他のキャラ

で、ホムラとヒカリはカテゴリ3なのですよ。でもこの先万が一ニア(当然カテゴリ1)がフィギュア化した時に、ホムラとヒカリがいないのは悲しいじゃないですかー。その一点のために買ってもいいと思ってる(病気)。


2019-07-29

ゼノブレ2のあの人気キャラがついにフィギュア化決定!

FEは2つめのマップをクリアしたところです。今回は最初からパーティメンバーが揃っているので、どのキャラでも愛情を持って育てることが出来そうです。担当クラスは「黒鷲」を選びました。個人的にはこのキャラに親近感を感じますね。

彼女はクラスでほぼ唯一の弓使いなので、これからの活躍にも期待できそうです。

さて、ホムラとヒカリのフィギュアが出て、ようやくあの人気キャラのフィギュア化が決定しました。

ってコスモスかよ!いやコスモスは確かにいいキャラでしたよ。この子一人のためにガチャを延々やり続けたのも今となってはいい思い出ですよ。でもマックスファクトリーさん…その前にフィギュア化すべき素敵な女の子を忘れてないですか?

もうソフト発売から1年半以上たつし、そこまで引っ張らなくていいんですよ…


2019-03-09

【ゲームグッズ】ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード レビュー

ついにP5D、最高難易度で全曲BRILLIANT取れました!このゲーム始めたときは、難易度HARDですらとてもBRILLIANTは取れないと思っていましたが、まさか最高難易度でここまで来られるとは…。

ちなみに一番苦戦したのはこの曲。BPM(曲のテンポ)は驚異の190。難易度は20、おまけにめっちゃ長いというかなりの難関でしたけど、どうにか乗り切れました。

まあさらに全曲KING CRAZYとかもありますけど、さすがにそれは現実的ではないので、今度こそ本当にP5Dは終わろうと思います。P3Dも頑張ってみますか。

さて、先日購入したゼノブレ2の画集のレビューです。

ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード

レーベル:ファミ通の攻略本
価格:2900円(税別)
ページ数:352ページ

レビュー

イラスト集

ゲームパッケージや関連商品、雑誌などに掲載されたイラスト。どれも1ページ以上を割いて掲載されていて見応えがありますね。ニアの変身シーンを描いたCHOCO氏は神か。

キャラクター紹介

作中に登場するキャラクターの紹介。

  • メインキャラクター…各キャラ2~4ページ。立ち絵、キャラの簡単な紹介、デザイナーのコメント、三面図、表情集など。初期デザインや細かい衣装のディテールなども掲載されていて、非常に読み応えがあります。そしてニアのみ6ページが割かれているあたり、わかってますね!
  • ブレイド…全ブレイド掲載。各2ページ(フィオルン、シュルク、エルマのみ3人で4ページ)。各キャラの個別イベントの内容も紹介されていて、ブレイドガチャに敗れた人も安心。あとレアブレイドのシキ↓が女性であることが明言されていましたね。
  • 敵キャラ…各2ページ。作中ではすぐに退場したイーラのブレイド達についても詳細な設定画が掲載されていることに驚き。
  • サブキャラ…各0.5~2ページ。作中ではあまりアップにならないキャラもじっくり見られるのがうれしい。
  • イーラ編メインキャラ…各1~2ページ。王弟ゼッタが有能認定を受けていたとは知らなかった。
  • その他…各地にいるモブ、装備の設定画。

ワールド

巨神獣やフィールドやモンスター、小物などの設定画・背景画。アルスト文字のアルファベット対照表もあります。

作中ではでかすぎて全体像がよくわからなかった巨神獣の姿もきっちり拝めます。277ページにホムラとニアとサイカがパジャマトークしているラフ画があるんですけど、何でラフ画なんだよ!

エクストラ

  • ストーリープレイバック…本編とイーラ編のあらすじ。イーラ編は本編の60%程度の長さがあるので相対的に内容が充実してます。
  • 戦闘後の掛け合いセリフ…戦闘後に発生するキャラクターの掛け合いセリフ。戦闘に参加できるキャラクターが膨大なので、それが文章とは家も売らされているのはありがたい。
  • キズナトーク…各地で発生するキズナトークの書き起こし。ブレイブコンプに失敗した人ももちろんですが、キズナトークは見直す手段がないので、選ばなかった選択肢の会話は闇に葬られちゃうんですよね。これもありがたい。

感想

設定資料集と言うよりはイラスト集という感じで、世界設定に関する情報は少なめでした。他方ゼノブレイドに登場する膨大なキャラクター(90人)それぞれにかなりのスペースが割かれており、しかもその多くにデザイナーさんのコメントが付いていてとても読み応えがありました。唯一不満があるとすれば電子版が出ていないことか。


2019-02-05

【ゲーム】ゼノブレイド2 黄金の国イーラ レビュー

シナリオブックの発売きぼん。

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ

プラットフォーム Nintendo Switch
ジャンル コンピュータRPG
価格 パッケージ版 3,980円(税別)
DLC版 2,770円(税別)
公式 ゼノブレイド2 黄金の国イーラ | Nintendo Switch | Nintendo
プレイ時間 1周目:30時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


ゼノブレイド2 プレイ日記 更新しました

※この投稿は”ゼノブレイド2 プレイ日記”が更新されるたびに最上部に表示されます。※

を更新しました。

  • HOME > ゼノブレイド2 プレイ日記 | Y.A.S.

    • [2019-02-05] イーラ編レビューを追加。
    • [2019-02-04] #35を追加。完結。
    • [2019-02-03] #34を追加。
    • [2019-01-27] #33を追加。
    • [2019-01-15] #32を追加。
    • [2018-12-08] #31を追加。
    • [2018-12-01] #29#30を追加。
    • [2018-11-26] #28を追加。レビューを修正。
    • [2018-11-12] #27を追加。
    • [2018-02-05] レビューを追加。
    • [2018-02-04] #26を追加。
    • [2018-02-02] #25を追加。
    • [2018-01-27] #24を追加。
    • [2018-01-22] #23を追加。
    • [2018-01-21] #22を追加。
    • [2018-01-20] #20#21を追加。
    • [2018-01-12] #19を追加。
    • [2018-01-11] #18を追加。
    • [2018-01-08] #17を追加。
    • [2018-01-06] #16を追加。
    • [2018-01-05] #15を追加。
    • [2018-01-03] #14を追加。サブイベントの構成を修正。
    • [2017-12-31] #13を追加。
    • [2017-12-28] #12を追加。
    • [2017-12-25] #11を追加。
    • [2017-12-23] #10を追加。
    • [2017-12-20] #9を追加。
    • [2017-12-16] #8を追加。
    • [2017-12-13] #7を追加。
    • [2017-12-10] #6を追加。
    • [2017-12-07] #5を追加。
    • [2017-12-05] プレイ日記の構成を修正。#4を追加。
    • [2017-12-03] #3を追加。
    • [2017-12-02] プレイ日記正式公開。#2を追加。
    • [2017-12-01] プレイ日記仮公開。#1を追加。

2019-01-27

ゼノブレ2の公式アートワークス 発売日が10日ばかり変更になりました

先日紹介したゼノブレ2の画集ですが、発売日が延期になりました。

マジでか…yukkun20なんてまだ予約もしてなかったというのに。やっぱりみんな待ち焦がれてたんですね。発売日から結構たち、すでにプレイを大分前に終えている方々も多いでしょうに、改めてこのコンテンツの息の長さを感じます。これアニメ化来るんじゃないですかね…

ファミ通本だし、個人的には電子書籍を出してほしいなぁ。紙しか出なくても買いますけどね。


2018-12-01

ペルソナQ2/黄金の国イーラ 始めました 今月は出張多いので3DSが活躍しそう

PQ2とイーラ編をほぼ同時に始めてしまい、どっちも面白すぎてどうにもならないので本日の更新はさらっと。

PQ2はHARDだとATLUSの意地悪さを垣間見ることが出来ます。とにかく敵の火力が高くて、現在3フロアですけど全然攻略が安定してません。今回も敵の弱点は実際その弱点属性で攻撃してみるまで分からないのですが、戦闘バランスは弱点を突きまくることを前提に調整しているので、弱点を探っているうちに余裕で死ねます(おまけにペルソナは属性数が9つあるので総当たりも結構大変)。なんせ一撃でHPを半分持って行かれるし、弱点突かれたら即死です。

そのうち敵の弱点を見抜くスキルも出てくるし、味方が使える属性も増えて楽になるんでしょうけど、とにかく序盤は辛いですね。

ちなみにようやくハム子が加入したところです。まだ味方が7人しかいないのに、火属性の術士で早くも杏とポジションがかぶってしまいました。まだ念動属性使いも核熱属性使いもいないのになぜかぶったし…大体女性主人公ということでストーリーの立ち位置的にも男性主人公のキタローとかぶっているのに大丈夫なんでしょうか。そこはかとなく不安になります。

ただyukkun20はハム子好きなので彼女は一軍にします。杏は待機してくれ。あとアイギスも一軍予約済みですが、彼女はどう考えても物理型だと思うのでハム子とかぶる心配はないですね(ハム子ハム子呼んでますが、さすがに名前が「ハム子」「主人 公子」「月光ルナ子」ではあまりなので、「汐見琴音(舞台版の名前)」にしてます)。あとのメンツはどうしようかなぁ。

あ、あとDLCでナビを双子にするつもりだったのですが、700円はちょっと高いと思うよ…

yukkun20的にはヒカリ<<<<(越えられない壁)ホムラ<<ニアなので、アデルがヒカリの元彼だとしてもオールオッケーな気持ちで見守ってます。

あと本日付でさらっとソフトがアプデされて、ヒカリの衣装に「スマブラVer.」が追加されたようです。ああ、あのスマブラの方がCEROが低い(規制がきつい)せいで露出度が減っちゃったVer.ですね。本編でもイーラ編でも入手可能です。

そしてゼノブレイド2、1周年おめでとうございます!


2018-11-28

ゼノブレイド2イーラ編プレイ前に登場人物を復習しましょう

ゼノブレイド2の追加コンテンツ「黄金の国イーラ」は、ゼノブレイド2本編の時代から約500年前に起きた「聖杯大戦」を舞台にしたストーリーが展開されます。

といってもyukkun20が本編をプレイしたのは9ヶ月くらい前のことで、聖杯大戦と言われてもどういう事件だったのか記憶が曖昧です。

そこで、ムービーシアターを見直しつつ、「聖杯大戦とは?」「聖杯大戦の影響とは?」という質問の答えを簡潔にまとめると共に、本編の登場人物でイーラ編にも登場しそうな人物の経歴を整理してみました。

これで心置きなくイーラ編がプレイ出来そうです。…が、明日はPQ2の発売日で、珍しくAmazonが当日に届けてくれるようなので、ひとまずそちらをプレイします。その関係で金曜日からプレイを始める予定です。


2018-11-26

ゼノブレイド2のレビュー内容を配信済みのDLCに合わせて修正しました

ゼノブレイド2本編のプレイ日記が完成しましたので、DLC配信状況を踏まえてゲームレビューも修正しました。

レビューページのデザイン含め大幅に修正しているので、本日の更新はこれでお許しください。このゲームを通じて、やっぱりRPGの肝はストーリー、バトル、キャラクターの3つだということを改めて思い知らされました。