2020-04-06

【ゲームグッズ】十三機兵防衛圏 アクリルコースター&アクリルダブルミニフィギュア レビュー

楽しみにしていた「十三機兵防衛圏」のグッズが届きました。頼むぞ…

十三機兵防衛圏 アクリルコースター

とりあえず送料無料にしてもらうために買い足したコースターから。2枚購入したのですが、ブラインド商品なのでどのキャラが出るかはお楽しみです。なっちゃん、来い…!

( ゚Д゚)・∵. グフッ!!

十三機兵防衛圏 アクリルダブルミニフィギュア

いいもん。本命はこっちだから。

こちらはボックスで購入しました。1ボックス13点入り。商品は全部で13種類なのですが、ボックス買いしてもコンプリートしない場合が「まれに」あるそうです。大丈夫、今年のyukkun20の運は絶好調だから…(↑はどう説明するのだ

ちなみにここからはリアルで開封した順に写真を載せます。

一つ目は恋するヤンデレ少女・東雲先輩です。

グッズはyukkun20が想像していたより小さい(全高80mm程度)で、たくさん集めても邪魔になりにくいのがいいですね。

次は郷登先輩と比治山先輩の上級生コンビ。13人は設定上全員同じ歳ですが、この3人は早生まれなので先輩なんですよね。

次は恵と三浦の居候コンビ。恵も恋心のために相当無茶してるんですが、東雲先輩が無茶しすぎたせいで相対的に純愛扱いされてる感ある。

さらに五百里とウサミの親友コンビ。残念ながらミワコのスタンドはありません。お下げ三つ編みは未来に残すべき文化。

網口と由貴の不良カップル。網口は鷹宮のためにも因幡深雪のためにも命を張っていい男でしたね。それでいて行くところのない鞍部や三浦を家に泊めてあげたりして男にも優しい。

緒方と関ヶ原の肉弾戦コンビ。…あれ、yukkun20が一番ほしいなっちゃんと、機兵ジオラマの構成上絶対必要な鞍部が出ていない…残りはあと二つ。もし一つでも既に出ているキャラとかぶったら大枚はたいたこのコレクションも不完全なままと言うことか…なんとか頼む!

続きを読む(ネタバレ注意) »


2020-03-16

【ゲームグッズ】季刊エス 2020年04月号 レビュー

今回の季刊エスに、十三機兵防衛圏の特集が組まれています。紙の本買ってきました。ちなみにレビューと言ってもその特集部分のみです。

季刊エス 2020年04月号

価格:1450円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2020-03-11

【ゲームグッズ】週刊ファミ通 2020年3月26日・4月2日合併号 レビュー

今週のファミ通は、「十三機兵防衛圏」の大特集!ですよ。

早速買ってきました。え?田舎のくせに早すぎる?最近は電子書籍という手があるのだよ…

週刊ファミ通 2020年3月26日・4月2日合併号

価格:550円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2020-02-11

【アニメグッズ】ペーパークラフト:スタジオジブリシリーズ グーチョキパン店 レビュー

2016年に作り始めたのを完成間際になって長期間放置してました。本日最後の工程をこなして完成させたのでレビュー。

スタジオジブリシリーズ グーチョキパン店

レーベル:みにちゅあーとキット
価格:3722円

レビュー

繊細にレーザーカットされた硬質紙を貼り重ねて組立てるタイプのペーパークラフトです。4年前にハウルの動く城を作りましたが、同じシリーズです。yukkun20は魔女の宅急便が好きなのです。

パーツはレーザーカットされており、紙の厚みまで考慮して完璧に組み合わさるように設計されています。着色もあらかじめされているため、時間を掛ければだれでも完成させることができます。ただハウルの動く城に比べると小物が多いので、指先の器用さは必要かも。

作成の経過はこんな感じでした。大体10時間くらいかかった…はず。当時の記憶が曖昧ですが。

こちらがパーツ一式。パーツはあらかじめカットされていますが、プラモデルでいうところのバリがあるので、カッターナイフで切り離すのを推奨。

こちらは本館(パン屋が入っている建物)。残念ながら建物の中は空っぽです。

離れ(キキの部屋がある建物)を接続。作中でキキが早朝にこっそり行った屋外のお手洗いも再現されています。

煙突も立てて建物が完成。

軽トラ、キキのホウキ、プランターや花壇、テーブルセットなど。ミリ単位なので結構大変。

各パーツをしかるべき場所に配置して完成。店内ものぞけます(窓に店内を描いた絵が貼ってあるだけですが)。

こちらが店の裏側。アニメではよく分からなかった構造も一目瞭然です。テーブルセットなんてあったんだ。

ハウル同様、看板と指人形を配置して完成です。ミニチュア感出てます?作り始めた頃に、「完成した時に絶版になってたら困るからあらかじめ指人形買っておこう。買ったのを忘れないようにここに入れておこう」と思ってその通りにしたのに、完成間際になって「指人形買い忘れてた。危ない危ない」と2セット目を買ってしまってorz

おんなじ場所に入れようとして、そこに既に指人形が入っていた時の絶望が分かりますか!?


2020-02-06

【ゲームグッズ】1/175 第二世代十三番機兵 レビュー(続き)

「十三機兵防衛圏」のプレミアムボックス特典になっているペーパークラフトの飾り付けが終わりました。個人的には結構仕上がりに満足してます。

ペーパークラフト本体のレビューはこちら。

1/175 第二世代十三番機兵(続き)

価格:非売品

レビュー

機兵を収納するには、概ね幅190mm、奥行き135mm、高さ210mmほどのスペースが必要です。いつものように特注しようかと思ったのですが、箱庭技研さんのこちらの商品がちょうどいい大きさだったのでこれを購入。特注品と比べても安いし、UVカット仕様なのはうれしいところですね。

大きさとしてはこんな感じになります。

ちょっと高さは高めですね。腕を振り上げても余裕あります。ちなみにこのボックスには、磁石で固定することの出来る背景セット(別売)を組み合わせることも可能です。

格納庫をイメージした背景を付けるとこんな感じになります。

これじゃ格納庫と言うよりは倉庫ですね。なんか適当なギミックを追加したいところ。Amazonで「トラスセット」を購入してみました。最近は何でもあるなぁ。

これが内容物。これをうまく組み合わせて、格納庫っぽい感じにしましょう。

まず[大]を2つ組み合わせたパーツを2つ(以下「パーツA」)、[小][中][小]の順で組み合わせたパーツを2つ(以下「パーツB」)作ります。

パーツA2つとパーツBを組み合わせたパーツ(以下「パーツC」)を1つ、パーツBと[大]を2つ組み合わせたパーツ(以下「パーツD」)を1つ作ります。

パーツCとDを垂直に繋ぎ、さらにパーツDに[大]を2つ繋いで椅子形にします。

機兵にかぶせるとなんかハンガーっぽくないですかね。

1945年の彩芽峠にあった工場っぽさが多少は出たでしょうか。ここにアクリルケースのパーツをはめていきます。

これで完成です。思った以上にトラスとケースの大きさがぴったりきましたね(偶然ですけど)。ただやっぱりちょっと箱の高さが高すぎて、上の方が間抜けな感があります。背景をもうちょっとおしゃれにすると情報量が増えて間抜けな感じは薄れるかも…

そうだ

ヴァニラウェアカフェで購入した、十三機兵防衛圏のアクリルプレートと組み合わせればいいんじゃね?我ながらナイス思いつき。

というわけで、足下をペーパークラフトに付属していた土台パーツ(カラーコピーで120%に拡大)に取り替え、背景画はアクリルプレートにしてみました。まるであつらえたかのようなぴったりさ。

機兵の足下には13人の搭乗者を配置。今回は恋人同士の組み合わせで並べてみました。郷登と東雲は元恋人なので距離が微妙(笑)。比治山は…沖野がいるからいいよね。

胸元はこんな感じです。

多少原作の雰囲気は出たでしょうか(こっちは14番機兵ですけど)。LEDを付けたり、ブリッジや手すり、メカを付けたりすればさらに似せることが可能だと思いますが、今回はここまでに。

今回の改造にかかった費用

アクリルケース:2,728円
ジオラマシート:660円
ケース&シート送料:800円
トラスセット:1,515円
アクリルプレート:4,400円

合計:10,153円


2020-02-04

【ゲームグッズ】ぷよぷよケーブルアクセサリー02 レビュー

半年ほど前に「ぎゃああああ!めっちゃほしい!」と言っていたあの商品をAmazonで購入しました。

ぷよぷよケーブルアクセサリー02

価格:200円(定価)

レビュー

カプセルトイで販売しているそうなのですが、結局1回もお見かけしなかったので、諦めてAmazonコンプリートセットを1購入しました。1480円。この価格なら普通にガチャでコンプするまで金をつぎ込んでも大差ないような気がしたので…。商品は全5種になっています(あかぷよとむらさきぷよはセット)。表情はどれも愛嬌があっていい感じです。

てっきりアクリルみたいな硬い素材で出来ているのかと思ったのですが、PVCで出来ているのでほんのり柔らかさがあります。背面にケーブル用の溝が開いていて、直径が2~3mm程度のケーブルであれば挟み込むことが可能です。リアルっぽいですね(なんだよリアルって)。

ちなみにぷよの溝は、ホットドッグのパン方式になっているので、直径の条件さえ満たせば問題なくケーブルを通せるのですが、カーバンクル(念のために言っておきますと右下のキャラです)だけちくわ方式になっているため、ケーブルの先まで直径の条件を満たしている必要があります。…事実上ケーブルを挟んで使うのは困難でしょう。

もはやイヤホンケーブル自体が過去の遺物になりつつあるこの時代にこの商品を出してくださったグッスマさんありがとう!


2020-01-31

【ゲームグッズ】1/175 第二世代十三番機兵 レビュー

「十三機兵防衛圏」のプレミアムボックス特典になっているペーパークラフトのレビューです。1月丸々使いましたが無事完成。

1/175 第二世代十三番機兵

価格:非売品
製作時間:約38時間

レビュー

昔ながらのペーパークラフトです。つまり、台紙からパーツを切り取り、折り曲げ、のり付けし、組み立てるタイプです。

パーツは全部で20ページで100強。1つ1つのパーツは概ね数センチ四方と小さめですが、極端に小さなパーツはなく、難易度で言えば中程度だと思います。紙質も良く、表面には金属のような光沢もあるので、完成品は紙でありながらそれなりに重量感がありますね。またパーツの精度は高く、きちんと組み立てればずれや緩みなどほとんどなくきちんと仕上がりました。

yukkun20は割ときちんと折り目を付けたり、断面に色を塗ったりして丁寧に作っていく方なので、1パーツの処理に20分くらいかかります。なので全部で40時間弱かかりました。

でも作っていくうちに、機兵の構造が手に取るように分かってきます。すると面白いもので、ゲームで機兵が登場した時も、おお、ペーパークラフトでは動かなかったあのパーツが自由に動いている!とか、ペーパークラフトでは直線だったあのパーツがは実は丸みがあるのか…とか、逆にゲームの機兵を見ながら、ペーパークラフトのパーツの接着位置を微調整したりと、ゲームとの相乗効果が発生するんですよね。そしてあのずんぐりむっくりした機兵がどんどんかっこよく見えてくるから不思議なもんです。またゲームではほぼ見えない、機兵の背面がどうなっているかもじっくり観察できますし、人間との対比でどれほど機兵が巨大なのかも実感することが出来ます。

展示方法については少し考えたんですが、あまり可動部が多くなく、基本的には直立させるしかないようなので、あまり凝ったものを考えても仕方ないような気がします。ひとまずぴったり収まりそうなアクリルケースを発注したので、それに収めて飾り、ニヤニヤしようと思います(ケースが届いたらまた写真をアップします)。

上記の通りパーツ数は多いのですが、組み立てに難所というものはほぼなく、時間さえ掛ければ誰でも完成させることが出来ると思います。とりあえずボンド、瞬間接着剤、カッターナイフ、はさみ、ピンセット、カッター板、スタイラス(またはインクの切れたボールペン)あたりを揃えて挑戦してみてください。yukkun20も久しぶりに工作して楽しかったので、また近いうちに別の作品やってみようと思います。

2/6追記:飾り付けしました。


2020-01-09

【アニメグッズ】星界 COMPLETE BLU-RAY BOX発売記念 サイン入りイラストシート レビュー

昨年11月、星界BD-BOX発売を記念して、小説『星界の戦旗』『星界の戦旗』『星界の戦旗』に、描き下ろしイラストによる全面帯が付いた特装版が発売されたのを覚えていますね!?

書店でもネットでも売ってなかったので、新宿の紀伊國屋で買ってきましたよ。

帯に付いている応募券を1枚1口で送ると、イラストシートがもらえるキャンペーンもしていたので、当然3口応募しました。まあ抽選で10名様だから当たるわけが…

当たったー!さすが全国1名のシュタゲ絵画を当てた男。感じる…リアルラックが高まりつつあるのを感じる…w

星界 COMPLETE BLU-RAY BOX発売記念 サイン入りイラストシート

というわけで、左からアニメ監督の長岡康史氏、原作者の森岡浩之先生、ラフィール役の川澄綾子さんの直筆サインの入ったイラストシートです!超うれしい。

ちなみにこの真ん中のカードが川澄綾子さんの直筆サインカードです。おんなじサインだー(当たり前

そしてこちらが4年前に頂戴した森岡先生の直筆サイン。全くおんなじだー!

というわけで、この3点セットを家宝としてこれからも大事にしていこうと思います。そろそろ耐火金庫でも買うか。


2019-12-07

【ゲームグッズ】テイルズ オブ グラス レビュー

心の中のアーチェさんに促されて6月に購入した、テイルズオブのマザーシップタイトル16作品をイメージしたPCメガネ「テイルズ オブ グラス」が届きました。

テイルズ オブ グラス

価格:12,784円(付属品含む)

レビュー

思ったよりコンパクトな段ボール箱に収まって届きました。中を開けるとこんな感じです。左上の箱にメガネ本体が入っています。左下がケースと眼鏡ふき、右がスタンドです。

メガネ本体です。全体としてはマーブルの茶色で、つるの部分だけ作品のテーマカラー(ファンタジアは緑)になっています。右のつるには作品のロゴもあります。

裏側。光の加減で見えづらいのですが、つるの先には主人公のシルエットが小さく刻印されています。

こちらはケースです。筆記体で作品名が記載されています。sをあんまり下に伸ばすとyに見間違うので止めて欲しい。

ケースの裏面です。わかりにくいですが中央には「Tales of」と書かれていますね。

付属しているクロス。作品名の下に、メインキャラのシルエットがあしらわれています。チェスターとアーチェを並べるなんて粋なことしてくれるじゃん!

メガネスタンド。アクリル製です。組み立て式…と言っても、部品を1つ差し込むだけです。しかしこれなんのためにあるのかよく分からないグッズですね。普段はメガネはケースにしまうし…。yukkun20はよく行方不明になりがちなスタンドライトのリモコン置き場として使わせてもらおうと思います。しかしアーチェさんの入ったイラストを使うとは…分かってる人がいますね(まあTOPのメインビジュアルは全部アーチェさんが入ってるんですが)。

かけた感じもぴったりしていますし、色合いが落ちついているのでちょっと知的な感じに見えます。前も言いましたがyukkun20は非常に視力が弱い(普段はコンタクト)のですがメガネを持っていないため、明日メガネ屋に行ってレンズを交換してもらおうと思います。


2019-11-10

【アニメグッズ】ねんどろいど 294 神代フラウ レビュー

購入してからレイアウト決めるのに何ヶ月もかかる。

ねんどろいど 294 神代フラウ

レビュー

6つ目のねんどろいどとして、「Robotics;Notes」のヒロインである神代フラウを購入しました。…ヒロインでいいよね?

すでに1000種類を超えたねんどろいどですが、比較的初期に出たアイテムなので箱が大きめです。煽り文句も健在。

裏面はこんな感じ。おすまし顔、寝起き顔、デュフフ顔の3種類が付属し、髪型もツインテとボサボサ2種類があります。ツインテって2次元で見ると本当可愛いですよね。3次元だと…人を選びますが(言葉を選んでます

またARアプリと連動させるところで、私服に着替えさせることが可能です。Androidには非対応なんだけどな!

その他ポケコンやポッキー、薄い本、ガンヴァレルフィギュアもあります。ポケコンホルダーは腰部背面にありますが、取り外しは出来ません。

足が1本付いており、直立させるだけではなく膝を軽く曲げることも出来ます。これ別にする必要なくない?手も6種類あるので、わりと好きなポーズを作れますね。

普通に組んでみるとこんな感じ。うむ、このねんどろいどは造形もかなりいいですね。ちなみにツインテール部分は開店させることも出来ます。

裏から見るとこんな感じです。背中に支持棒をぶっ刺すオーソドックスなスタイル。こなちゃんのポケコンホルダーこんなに可愛かったっけ…

「八汐先輩とメガネの薄い本読んでハァハァしてたらついつい夜更かししてしまった」バージョン。髪の毛パスタみたい。

「ここはこのフラウコージローに任せて先に行け( ー`дー´)キリッ」バージョン。

とまあいろんな表情がありますけど、やっぱりこのデュフフ顔を推したいですね。あとyukkun20は女性が手で口を押さえるポーズが大好きなので、これで飾ろうと思います。いつものように無印の円筒アクリルケースに入れて…

\ガンッ ガンッ/

ツインテ部分が横に広がりすぎてて入んねー!(涙

やむなくボサボサバージョンで収納。こちらは幅には余裕があるのですが、髪のボリュームのせいで支持棒の位置を十分に調整することが出来ず、前後の余裕がありません。

完全にこなちゃんの鼻が潰れているような気がしますがマジでギリギリでした。

さて、こなちゃんはプチこもりなので、背景は自室をイメージしたものにしたいですね。こなちゃんの部屋と言えば、モニタ、ソファー、バスタブあたりが印象的ですが、このスペースに置くソファーやバスタブは調達が大変そうなので、モニター+αで行こうと思います。

モニターは食玩とかでちょうどいい物を探したのですがなかったので、自作することにします。まず100mm*100mm*2mmのゴムを準備します。東急ハンズで200円くらい。

これをモニター6枚分の大きさに切り出します。モニターが9:16だから、縦2枚横3枚に配置して、18:48に切れば大体OK。

次にモニターに映す画像を用意します。ネットで「グラフ 壁紙」とかで検索した著作権フリーの画像を持ってきました。個人利用の範疇なので趣味に走ってもいいとは思いますが。これを6枚用意します。この大きさだと横幅30mmくらいでちょうどいいです(ちょうど幅30mmでプリントアウトする方法を思いつかなかったので、一旦Wordに取り込んで画像の大きさを指定し、シール用台紙にプリントアウトしました)。

切り出したゴム板は、モニターの境目に当たる場所に裏から切り込みを入れ(完全に切り離してしまわないように注意)、折り曲げます。そこへ先ほどのモニタ画像を貼り付けます。ちょっと安っぽいけど気にしない。本当はゴムじゃなくてアクリル板とかがいいんでしょうけど、加工するのが難しいですし。その点ゴムならカッターやはさみで簡単に扱えます。

というわけで完成。ちょっと寂しいので、以前にIvanさんにご紹介いただいた、PS4/PSVRのミニフィギュアを投入してみました。

PSVRのヘッドセットは全く大きさがあってませんが、これはこれで味があっていいですね。え?こなちゃんが作中でPS4やPSVRをプレイしていたシーンはない?何言ってるんですか、ゲーム開発が趣味なのにコンシューマーゲームをプレイしてないわけがなかろう!

後ろから見るとこんな感じ。ちなみにモニターは特に支えがあるわけではありません。ゴムが自然にまっすぐに戻ろうとする反発力がアクリルとの摩擦力を生み出し、宙に浮いています。PSVRフィギュアですが、ちゃんとPSVR用のカメラが付属しているところが憎いですね。

いつも通り記念撮影。こなちゃんが一番身長が低いですね。隣のほむほむを作った時にも思いましたが、底面だけでなく側面にもオブジェがあると、円筒内の密度が濃くなって面白いような気がします。

さて、これでしばらくねんどろいどはお休みかな。また気になるキャラが出るといいのですが。