2021-04-29

【Webコミック】星界の紋章 第41話 レビュー

ついに最終回です。第1回から欠かさず楽しませていただきました。米村先生、森岡先生、ありがとうございました。

星界の紋章 第41話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

表紙からこのイラストは反則でしょうよ…。戦旗Ⅰでラフィールの艦に乗り込むことになる5人の先出しです。キャラデザは原作ではなくアニメ版準拠ですね(サムソンの顔に傷があるのはアニメ版だけ)。早くこのエクエクが歌を歌うところを見てみたいものです。

さて、ラフィールとジントが帝都にたどり着いてから3年が経ちました。この3年、帝国と敵国との間には大きな衝突はなく、お互い力を蓄えてきたわけですが、冷戦時代もそろそろ終わりそうです。

スポール准提督は昇進し、前線から離れることになりました。本人は不満そうですが、この耐えがたい上司から解放されると一人微笑む先任参謀が一人…

短い…夢だったね……w

士族に叙され、念願の船を手に入れた(ような感じの)クラスビュール戦線の面々、強制収容所に送られたカイトと文通するエントリュア、クリューヴ王家の支援で新しい事業を始めたセールナイたち―3年の間に時代も動き、人々の営みも少しだけ変わりました。

無事主計修技館を卒業し、正規の軍人となったジントは、出撃前に前フェブダーシュ男爵スルーフを訪ねます。叙爵と叙任にお祝いを言われたジントは、自分が突撃艦「バースロイル」に配属されたことを告げます。

ジントが艦に着くと、そこには艦長―ラフィールが待っていました。3年ぶりの再開を二人は喜びます。他の人達に自分たちの特別な関係がばれないよう、ラフィールのことを「艦長」と呼ぶジントに、ラフィールは高々とこう宣言したのでした。

今回は原作で言えば紋章Ⅲのpp.245~260でした。他媒体のコミカライズなんて、必要ないところはバンバン省かれて中身がスカスカになっているものも多い中、原作小説の魅力を余すところなく描いてくださったことには本当に感謝しかないです。これもWeb連載という形だから取り得たことなのでしょう。

星界は挿絵が少ないタイプの小説なので想像力で補完しなければならない部分も多く、yukkun20のように想像力が貧困な人間はアニメでの描写に頼らざるを得ないところも多かったのですが、米村先生の新しい解釈や、アニメでも描かれなかった部分の表現などが追加されたことで、さらに星界ワールドの奥行きが広がったのではないかと思います。

この令和の時代に星界の新しい作品が読めたことを感謝して、また戦旗Ⅰのコミカライズが始まることを祈って、この作品のレビューも終わりにしたいと思います。これまでお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。米村先生の次回作にご期待しています!

今回の殿下

原作にはない、ロマンチックな台詞と表情の殿下。

3年ぶりに会ったのに、他人行儀な呼び方をされてむくれるラフィール。本来ならラフィールがジントのなれなれしい呼び方をたしなめるところだと思いますが、この僅かなやりとりからも、ラフィールが新造艦を前に少し浮き足立っていること、そしてジントとの再開を心待ちにしていたことが分かりますね。

ジントの「会いたかったよ」という言葉を聞いて満足げな殿下。

そして初登場時(↓)と同じセリフできちんと物語を締めくくった殿下。彼女がこの先幸せになりますように。森岡先生お願いします…

※画像は第41話より引用(最後の画像のみ第1巻より引用)


2021-04-22

【Webコミック】星界の紋章 第40話 レビュー

いよいよ次回は最終回ですよ!

星界の紋章 第40話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

ジントは軍令本部で、現状についての説明を受けます。敵軍は帝国のイリーシュ王国を分断し、ジントの故郷であるハイド伯国も、第二の故郷であるヴォーラーシュ伯国も、分断の向こう側へ隔てられてしまいました。しかしその事にあまりショックを受けていない自分自身に、ジントはショックを受けます。

一方、翔士修技生(※士官候補生のこと)だったラフィールは、これで訓練期間を終えたことになり、アブリアルの長老である上皇たちにより、正式な翔士(※士官のこと)をして任命されるかどうかの審査を受けます。いくつか問題点は指摘されたものの、ラフィールは無事列翼翔士への叙任を受けました。

上皇会議来ましたね。個人的にはここは登場人物が誰なのかテロップがあった方が良かったと思うのですが…。40回は全体的に展開が早いので、若干説明不足な感じがあります。というわけで僭越ながら代わりに。

左からウェスコー王家のラムローニュ(女性)、バルグゼーデ王家のドゥスーム(男性)、ラスィース王家のドゥガス、スキール王家のラミューニュ(女性)

スュルグゼーデ王家のドゥラーズ(男性)、バルケー王家のドゥセーフ(男性)、イリーシュ王家のラモーズ(女性)、クリューヴ王家のラメーム(女性)の8人ですね。ドゥスームとラミューニュは性別が逆っぽいビジュアルですけど、アーヴだから全然ありです。

このシーンもyukkun20は結構好きなんですけど、アニメ版では省略されてしまいましたからね。作画コストが高い(この8人は基本的に今回以外には出てこない)のに、きちんと描いてくださった米村先生には大感謝です。小説だと、口調に引きずられて脳内ビジュアルがお年寄りに寄りがちなので、こうやってはっきりビジュアル化してくださったのはありがたいですね。

さて、慌ただしい日々が終わり、ラフィールとジントはこれからの生活に思いを馳せます。ジントが正式な軍人になるのは3年後。ラフィールは突撃艦長として、ジントはその部下の書記として、3年後に会うことを約束します。このシーンいいよなぁ。ラクファカールに着いた時は素っ気なく見えた殿下がこの誘いだもんなー。これもう愛の告白ですよね。

今回は原作で言えば紋章Ⅲのpp.225~244でした。次回はいよいよエピローグ。二人の約束はどうなったのでしょうか。

今回の殿下

大事なことを知らなかったことを指摘されて落ち込む殿下。

世にも珍しい冷や汗殿下。殿下が上皇会議で自分たちのことを冷や汗流しながらかばってくれたと聞いたら、一番いい椅子を奪われた葬儀屋の溜飲も下がるんじゃないですかねぇ(笑)

ジントに対する告白の返事を待つ殿下。恋する乙女の瞳だー!

そしてこのうれしそうな顔よ。この直前のカットも爽やかな感じでいいんですけど、こぼれる笑みを我慢出来ない感じのこのカットを推したいです。

※画像は第40話より引用


2021-04-15

【Webコミック】星界の紋章 第39-2話 レビュー

単行本は完結しましたが、連載の延長戦を楽しみましょう!

星界の紋章 第39-2話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

ラフィールの父ドゥビュースは、戻ってきた娘を「忘れじの広間」での散策に誘います。

あれ、ここにある英雄芳名碑って石版状じゃなかったっけ…と思って原作を読み返してみたら、「石柱」って書かれてましたね。なんでそんな勘違いを…と思って調べてみたら、アニメ版では石版として描かれていたからか。戦旗Vでもずっと「石柱」って書かれているのに、yukkun20の脳内ビジュアルは石版のままだったんですよね。思い込みって恐ろしい。

ドゥビュースは娘に、彼女の遺伝子提供者であるレクシュの思い出を語って聞かせます。そして、彼女の想い出としてラフィールを作ったのだと。それを聞いたラフィールは腹を立てますが、ドゥビュースはその怒りを穏やかに受け止めます。ところでこのコマに「星霜」っていう言葉が出てきますが、「星霧」の誤字ですね。コミックス版でも間違ってましたけど。

このシーン、ドゥビュースがラフィールに色々な称号を付けて呼んでいるのが面白いですね。彼が詩的な人で、そして感傷に浸っていることがよく分かります。

それはさておきこのシーン、レクシュの名前のスペルが違う…気がする。最初のLが抜けてるし、姓称号(ウェフ)と個人名(プラキア)が同じ綴りになってるんじゃないかな。ちなみに正しい綴りは「紋章ハンドブック」や「紋章読本」に掲載されてます。

そしてドゥビュースは、自分が育てた宝を彼女に仕上げてほしくて、ラフィールをゴースロスに配属したこと、そして同年代の地上人の友人を持てるよう、ジントがゴースロスに乗るよう推薦したことを明かします。ラフィールは、自分が父の大きな愛に包まれていたことを知ります。そしてもちろん、遺伝子提供者であるレクシュの愛も―

ラフィールはレクシュと別れて初めて、彼女のために涙を流したのでした。

ラフィールは最後にレクシュと別れる時にお説教されていますから、きっとその事が心の中に引っかかっていたでしょう。だからこそレクシュの最後の言葉に、ラフィールは本当の意味で救われたのだと思います。

今回は原作で言えば紋章Ⅲのpp.217~224でした。次回はいよいよエピローグ前の最後のシーンです。

今回の殿下

ジントと親しくなったことをからかわれて赤面する殿下。謁見の広間でからかわれた時はそんなでもなかったのに、かわいいなぁもう( ´_ゝ`)σ)Д`)ツンツン

レクシュの死を悼む殿下。コメントなしで。

※画像は第39-2話より引用


2021-04-12

【コミック】星界の紋章⑧ レビュー

Web連載も14日に更新予定のようですので、連載派の人はそちらを。あと2話半で完結ですよ。

星界の紋章⑧

著者:米村孝一郎
レーベル:フレックスコミックス
価格:700円

あらすじ

無事星界軍に救出されたジントとラフィールは、現地軍の司令官スポール准提督に歓待?される。そしてそれは、二人の旅の終わりも意味していた。当初の目的地である帝都ラクファカールに送り届けられた二人は、皇帝ラマージュに謁見することになる。ジントは、ラフィールは、旅の終わりと別れに何を思うのだろうか―

感想

今回は原作小説で言うと第3巻の3分の2以降の部分でした。コミックス刊行時には連載が完結していなかったので、もしかするとエピローグは流されるのでは…といらぬ心配をしてしまいましたが(特にエントリュアのエピローグ)、小説のエピソードを余すところなく掲載してくださって感謝しかありません。

今回は前半のスポール准提督の印象が圧倒的ですね。実質半話しか出てないのにこの存在感は何だ(笑)スポールとの会見シーンは殿下の表情もころころ変わって魅力的なんですけど、やはりスポールさんの大人の魅力もいいものです。後半も見所満載でしたが、そちらは連載のレビュー時に触れようと思います。

そういえば「軌道アルネー」という誤植も「軌道塔アルネージュ」になおされていましたね。

表紙は軍服姿のジントとラフィール(ジントの階級章が赤なのは設定ミスのような…階級章の色は小説中には出てきませんが、マスターガイドブックに掲載されているからで公式設定のはず。はっ、もしやこれはラフィールの軍衣でコスプレを楽しんでいるジントという設定!?(アーヴの地獄送り))、裏表紙はバースロイル艦長服をまとったラフィールの見返り姿、口絵イラストは宇宙空間を翔ぶラフィールとジントです。そしてカバー裏は…このイラストはもしかするとあのシーンなのか…。ラフィールが皇帝の頭環を戴き、それを満足げに見つめる年老いた…ああああダメだこのイラストめっちゃ素晴らしいんですけど、ハッピーエンド派のyukkun20には直視出来ません…っ!

それはさておき、米村先生、素晴らしいマンガを足かけ9年にわたって連載し、完結まで導いてくださり、ありがとうございました。ビジュアル化してくださったことで、さらに深く星界の世界を堪能出来ました。そして原作の森岡先生、巻頭コメントで「俺にとっては超絶無類に面白いけれども、他人様にはどうなんだだろう?」と自問しながら小説を書いていたとおっしゃってましたが、yukkun20にとっても超絶無類に面白い小説でした。この物語を令和のこの時代にもう一度楽しめたこと、お二人の先生方に感謝したいと思います。ところでエクリュアたんの活躍戦旗はいつ始まるの?


2021-04-07

【Webコミック】星界の紋章 第39話 レビュー

コミックス最終巻の発売が迫っていますが、ここに来て更新来ましたねー。

星界の紋章 第39話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

スポール准提督に回収されたラフィールとジントは、ようやく当初の目的地である帝都に到着します。そしてそれは、ラフィールとの別れが近づいていることを意味していました。

初めて紋章Ⅲを読んだ時は、帝都がこの称号を失う日を目の当たりにするとは思いませんでした。今となってはこの短い文章も心に染みますね…

帝都に到着したのも束の間、ラフィールとジントは皇帝陛下の要請で帝宮に向かうことになります。

そういえばアーヴの赤ちゃんのビジュアルってあまり登場してませんね。断章「誕生」で見たことはありますけど、これは貴重なカットです。ところで、子供の世話をしているアーヴの服が軍衣っぽいけど、育児園って軍事施設なんですかね。それともスペースルックって大体みんなこんな感じになるんでしょうか。

謁見の広間では、ラフィールの祖母ラマージュ皇帝、父ドゥビュース、弟ドゥヒールが待っていました。そしてラフィールを無事に連れ帰ったことについて、ジントに深い感謝を言い表します。

あら弟殿下かわいい。アニメ版でも美少年でしたが、米村版はさらにかわいく感じますね。この子があんなひねた青年になるなんて…(ひねたわけではない

まあジントは仕方ない。なんせ目の前に居るのは人類宇宙の中でも最上位のVIPたちですからね。ぶっちゃけ貴族社会で育ったわけでもないのにジントは立派だったと思いますよ。

というわけで、今回は個人的に好きな場面の一つ、ジントの謁見シーンでした。原作で言うと、紋章Ⅲのpp.204~217ですね。原作の残りページはあと43ページ。話数的にはあと2回分ですけど、コミックス発売に間に合うのかな?もしかすると来週怒濤の更新があるかも知れませんね。期待しています。

今回の殿下

ジントに帝都を褒められてまんざらではない顔の殿下。もっとジントの心を読んであげて!

うっかり失言でジントを傷つけてしまったことをちょっぴり(多分)後悔している殿下。

※画像は第39話より引用


2021-01-12

コミックス「星界の紋章」最終巻が3/12発売予定

ガレ魔女ですが、今日はのっけからエレベーターが見つかり、30分くらいで一気に730階まで進めました。これで進捗率20%か…意外と順調そうです。

さて、現在好評連載中の「星界の紋章」ですけど、最終8巻は3/12発売予定だそうですね(※確認したらこれ去年の情報だったみたい…今さらですみません)。

7巻は36話までです。ページ数は164ページ、つまりこれまでと同じ厚みなので、おそらく5話収録ですね。現在公開済みで単行本未収録の話は2つなので、あと2ヶ月で3話公開されるってことか…。これは楽しみです。

しかしこれの連載が終わると、また一つ星界関係の話題が減ってしまうな…。戦旗のコミカライズも期待していいんですよね?というか期待しているのはノールさんの活躍なのだが。


2020-12-10

【Webコミック】星界の紋章 第38話 レビュー

本年2回目の更新来たぞー!

星界の紋章 第38話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

大分間が開きましたが、ようやくラフィールとジントが戦火飛び交うクラスビュールを脱出したところですね。水素を燃やして飛ぶ船(棺桶)で。

さてクラスビュールの軌道上を制圧したスポール准提督ですが、敵軍の大多数は地上に展開しているので、軌道上からちまちま敵をたたくことにします。ひゃっはー!敵軍がゴミのようだ!

とはならないのが星界軍のえらいところ(言うほどか?

それはそうとスポールさんさすがにスタイルがいいですね。でも軍服の肩が張り出ているせいで、バブリーな感じがするw

そんな暇を持て余しているスポール准提督の元に、面白い報告が飛び込んできます。

はいおもちゃ発見。帝国が成立する前から微妙な関係にあるスポール一族とアブリアル一族。からかいがいのあるアブリアルの若造を見つけたスポールはしぶしぶ…ではなく嬉々として彼女を旗艦に招きます。

まあ蹂躙戦が大好きな准提督がどの口でお淑やかって言ってるんだって感じですけど…

お互い様か。ジントはもう少し真剣に聞いてるふりをしろ(笑)

まあここからはスポール准提督の独擅場でした。この面白さを文章で要約するのは無理なのでぜひマンガか原作小説をご覧ください。ジントを褒めているふりをして間接的にラフィールを褒めているふりをしながら実はラフィールをディスっているという超高等テクを披露されては、そりゃ殿下もこの顔になるわ。

この撃沈したゴースロスの航行日誌に対してスポールたちが敬礼するシーン、原作でも好きなシーンだったんですけど(その直前までスポールがおふざけをしているのでギャップにぐっときます)、アニメではたしかカットされてたんですよね。米村先生がきちんと描いてくださってうれしかったです。

新たな任務に向かうスポールとはお別れ、次はいよいよ帝都ラクファカール、つまりジントの当初の目的地ですね。この長かった旅もいよいよ終焉です。…来年中には終わるかな?

今回の殿下

スポールから早速からかわれて、憤然と敬礼を解いた殿下。頭の形が丸いとちょっと子供っぽい感じがして可愛いですよね。

スポールに婉曲に罵倒されて、これまでないくらいの凄惨な表情を浮かべる殿下。このページ含めて3ページくらいずっと殿下が三白眼になってるのが笑えます。

かっこよくない台詞を言う時もポージングに余念のない殿下。

スポールの別れ際のボケに、思わず普段使わない擬音を使ってまでツッコんでしまった殿下。このマンガで「バッ」っていう書き文字が出てくるの珍しいですよね。そのシーンがここでいいのか(笑)

宇宙に戻っていつも通り、ちょっとツンケンした殿下。やっぱり殿下は不機嫌なお顔も麗しいですね。

※画像は第38話より引用


2020-12-07

「星界の紋章Ⅰ~Ⅲ」と「星界の戦旗」Ⅰ~Ⅳの英語翻訳版がKindleで発売中

yukkun20も全然気付いていなかったのですが、星界の紋章と星界の戦旗が英訳され、Kindleで発売されていますね。現在戦旗4までですが、5も来年2月には発売予定とのこと。

yukkun20は以前、英語のペーパーバック版を購入したことがあります。

…が、このときとは翻訳が異なっているようです。例えば紋章Ⅰの出だしですが(※日本語訳はyukkun20が適当に付けました)、

  • 日本語版:よく晴れた星空。見つめていると、満天の星に吸いこまれてしまいそうだ。
  • PB版:Wow.Jinto Linn marveled at the night sky.It’s incredible.(「うわぁ、すごいや」ジント・リンは夜空を見て驚いた。)
  • Kindle版:The night sky was nigh cloudless.Staring up at the heavens on a night like this evoked the sensation they might just suck up its hapless spectators.(雲がほとんどない空。こんな夜に空を見上げていると、まるで空が不運な観客を吸い込んでしまうような感じがした。)

と、比較的原文に近い訳になっている感じがします。

またPB版もKindle版も、アーヴ語をそのままアルファベットに翻字するのではなく、英語の発音に併せて直していますが、その際の表記には違いがあります。

  • 日本語版:ジント・リン/アーヴ語(アルファベット表記):Ghintec Linn
  • PB版:Jinto Linn
  • Kindle版:Jint Lynn

まだサンプル部分しか見てないんですけど、これ真面目に読んだら面白そうだなぁ…。年末年始に星界辞典に和英辞典機能を搭載するのも面白そうですけど、真面目にやると何年もかかりそうなのでとりあえず保留。ひとまずKindle版を買って一読してみますかね。

ところで戦旗3までのイラストレーターが「Toshihiro Ono」になってるんですがこれは一体…(「小野敏洋」氏は、星界の紋章が初コミカライズされた時の作者)戦旗4と5は「Takami Akai」表記になってるんですけど、赤井先生怒っていいと思いますよ!


2020-06-10

【Webコミック】星界の紋章 第37話 レビュー

米村先生の素敵な告知イラストが見られて二度美味しい。

星界の紋章 第37話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

今回も美麗な殿下イラストからスタートです。この角度のカットは珍しいですね。ところで以前から気になっていたのですが、殿下の耳の上に見える部品はなんなのでしょうか。ジントを見る限り頭環とは思えないけど…

さて、人類統合体軍から逃げるラフィールたちが、マルカたちに案内されたのは葬儀場でした。クラスビュールの葬儀は、遺体を宇宙に打ち上げる方法で行うので、その打ち上げ装置を使ってラフィールたちを宇宙にいる星界軍の元まで送り届けるという作戦ですね。

アーヴ語には軌道アルネーという単語はない…はず。おそらく軌道塔アルネージュの誤植だと思います。アルネージュの語源は「あららぎ」(古語で塔のこと)一語なので、アルネーで切るのはおかしい…んじゃないかなぁ。

ジントは作戦にドン引きですけど、殿下は予想通りといったご様子ですね。普通に考えると地獄への片道切符なのに、さすがアーヴは動じないッ!

そんな愁いに満ちた横顔で言ってもだめだお(笑)どうやら現状を認識していなかったのは殿下の方のようです。なおジントが怒られた。

現代に生きる我々からすると至極まともなロケットですが、アーヴの面々には受けが悪かったようです。

1つ前のコマといい、葬儀屋いい顔してるなぁ。やっぱり家主のイスを取られたのをまだ恨んでいるのでしょうかw

二人は覚悟を決めて、棺桶ロケットに乗り込みます。

この二人、めっちゃいい顔してますよね。アニメ版でも印象的なシーンでしたけど、コミック版はまた少し印象が違います。こっちの方がなんとなく殿下らしい気がする。

そして原作ではジントの台詞だけで流されたこのシーン、まさかぐりぐりシーンをマンガ版の演出として入れてくれるとは!神か。

追いついてきた人類統合体軍も、予想外の展開にただロケットを見送るしかありませんでした。

というわけで、長かったクラスビュール編もこれにて完結ですね。次回は久々にあのお方が登場ですよ!yukkun20的には原作3巻のクライマックスはむしろ次回だわw

今回の殿下

クラスビュール式の葬儀場に初めてやってきて興味津々の殿下。お嬢様っぽくていいですね。

棺桶が操縦できないことを知って、たっぷりのタメで驚きを表現する殿下。リアクションまで4コマ(この3コマ+もう1コマ)は使いすぎでしょ。

ジントがせっかくうまく言おうとしたのに、胸ぐらつかんで噛みつく殿下。デフォルメ顔も可愛いですね。その前のコマのむっつり顔もいいけど、これが今回のベストショットかな。

自分も結構驚いてるけど、ジントがそれ以上に驚いているのでリアクションを放棄した殿下。なんちゅー目をしてるんだ(笑)

そしてラストのグリグリ殿下ですね。ジントめ…うらやましい。いや、ジントはこのときのラフィールの表情は見えなかった(中は真っ暗という設定なので)はずだから、むしろ読者でよかったと言うべきか。

※画像は第37話より引用


2020-01-09

【アニメグッズ】星界 COMPLETE BLU-RAY BOX発売記念 サイン入りイラストシート レビュー

昨年11月、星界BD-BOX発売を記念して、小説『星界の戦旗』『星界の戦旗』『星界の戦旗』に、描き下ろしイラストによる全面帯が付いた特装版が発売されたのを覚えていますね!?

書店でもネットでも売ってなかったので、新宿の紀伊國屋で買ってきましたよ。

帯に付いている応募券を1枚1口で送ると、イラストシートがもらえるキャンペーンもしていたので、当然3口応募しました。まあ抽選で10名様だから当たるわけが…

当たったー!さすが全国1名のシュタゲ絵画を当てた男。感じる…リアルラックが高まりつつあるのを感じる…w

星界 COMPLETE BLU-RAY BOX発売記念 サイン入りイラストシート

というわけで、左からアニメ監督の長岡康史氏、原作者の森岡浩之先生、ラフィール役の川澄綾子さんの直筆サインの入ったイラストシートです!超うれしい。

ちなみにこの真ん中のカードが川澄綾子さんの直筆サインカードです。おんなじサインだー(当たり前

そしてこちらが4年前に頂戴した森岡先生の直筆サイン。全くおんなじだー!

というわけで、この3点セットを家宝としてこれからも大事にしていこうと思います。そろそろ耐火金庫でも買うか。