新着情報

2013-12-21

【小説】遙遠のヴァルハラ レビュー

サモンナイト小説買いに行ったけどやっぱり売ってなくて、代わりに「ダンガンロンパ/ゼロ」買ってきました。

それはさておき、先日紹介した「無限遠点のアルタイル」初回限定版に同梱されている冊子「次元階差のテスティモニー」に収録されている小説「遙遠のヴァルハラ」のレビューです。
…ってちょっと待ったー!この冊子正式名称は「多元階差のテスティモニー」ですよね(英題は”A Multiverse Testimony”)?なんで表紙のタイトルロゴが間違ってるんじゃい!

続きを読む(ネタバレ注意) »

2013-12-20

サモンナイト5のアンソロが出ます

コメントでもsn様にご紹介頂いたとおり、「サモンナイトU:X」の第2巻が好評発売中です。詳しい内容は以前の紹介記事をご覧下さい。

半年ぶりにサモンナイト小説の続編が出ますよ! | Y.A.S.

なんで公式サイトではこういう関連商品情報を扱わないのだろう…テイルズとかディスガイアとかアトリエとかの公式サイトを少しは見倣ってほしいものです。

それはそうと、12/25に、一迅社から「サモンナイト5 コミックアンソロジー VOL.2」が発売予定です。発売数日前なのに今だ表紙絵すら来ていないところにそこはかとなく恐怖を感じますが…Vol.1は描き下ろしイラストですらなかったので(公式素材の合成絵だった。なおレビューはこちら。→【コミック】サモンナイト5 コミックアンソロジー レビュー | Y.A.S.)

内容自体は第1巻も十分面白かったので、今回も購入しようと思っています。そろそろSN6の情報を出してくれても…いいのよ?

2013-12-19

本編も面白いですよ

ダンガンロンパ2の中に、「魔法少女ミラクル★モノミ」というミニゲームが収録されています。「本編より面白い」という自虐的なキャッチが笑えますが…

ゲームはざっくり言うとアクションゲームで、モノミというキャラクターを操り、□ボタンを押しながら移動することで描けるラインで敵を囲んで攻撃、全滅させるとクリア、というゲームです。ノーマルでプレイしていますが割と難易度高い。特にボスの動きが鬼畜過ぎてウザイゲームです。いや、面白いんですけど。

で、これをプレイしている内に、昔プレイした「あるけあるけゲーム」を思い出しました。完全に若い人を置いていく勢いで話しますけど、PCが一般家庭に普及し始めた約25年前(記憶媒体がまだカセットテープだったり、GUIとかが存在しなかったりする時代)に、BASICというプログラム言語で作れる簡単なゲームを紹介する本があったのですよ。もうタイトル忘れましたけど…(ググったところ、「はるみのプログラミング・レッスン」と言うことが判明)

その本にはプログラム自体も掲載されていて、自分でそれをPCに入力することで、実際にプレイすることが可能でした。その中にあったゲームの一つが「あるけあるけゲーム」でした。

あるけあるけゲーム

画面に散らばるアイテムを、カーソルを移動させながら回収していくのですが(パックマンみたいなものだと思いねぇ)、アイテムを一つ拾う度に、カーソルの長さが蛇のように伸びていきます。カーソルは常に前方に移動していて、プレイヤーはその方向を指示してやることしかできません。最終的に壁にぶつかるか、自分の身体にぶつかるかするとゲームオーバーで、それまでに回収したアイテムでスコアが決まる、というゲームです。こうやって書いてみると「ミラクル★モノミ」とは全然違うな…

なんでこのゲームが強く印象に残っているかというと、ボクが初めてその本を見て作ってみたゲームだからです。BASICは英語を基礎にしているため比較的理解がしやすいのですが、当時いたいけな少年だったぼくは英語も当然読めず、本に書かれているまま意味も分からず丸写ししていたのを覚えています。そのせいでその次に作った「スキー」(カーソルを左右に動かして、次々現れるフラッグの間を通り抜けていくというゲーム)はプログラムのエラーで動かず、どこが間違っているか見つけるのに半日かかったという思い出も…

まぁ結局何が言いたいかというと、たった30年でゲームがここまで進歩したのがすごいって話ですよ。だって当時は主人公が■ですよ。人型ですらない。記憶媒体がカセットテープっていうのもすごい。そういえば若い子に「昔はHDDなんかなくて、FDDすらない時代があった。当時はカセットテープに記録していたんだ!」という話をしたら、「そもそもカセットテープって何?」と言われて死にそうになりました。それはさておきあんな検索もできないメディアでどうやってゲームとかやってたんだろ…

もし皆さんも思い出のレトロゲームとかあったら教えてください。

2013-12-18

ごめんなさい

珍しく寝落ちしてしまったので本日の更新はお休みです。

ダンガンロンパ2が面白すぎるのが全部悪いんや…!

2013-12-17

新作ドラマCDという言葉には弱いのです

本日は縮小更新です。めっさ眠い。

劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ発売 「忘れないで…私があなたを観測する」 – アキバBlog

というわけで、劇場版シュタゲ「負荷領域のデジャヴ」のBD/DVDが発売されましたねー。皆さん買いましたか?

店舗によって特典が違う(詳しくはこちらをどうぞ→負荷領域のデジャヴ DVD/BD発売決定!…だが絶望した | Y.A.S.)のでどこで購入するかはかなり悩んだんですが、結局Amazonで購入しました。既に届いているのですが、まだ開封も出来ていません。今週末には視聴して感想でも書ければと思います。予約特典のドラマCD(綯メイン)をゲット出来た方は、ネタバレにならない程度に内容をこそっと教えてください(難しい上に勝手な要求)。

なおyukkun20が劇場版を見た時の感想はこちらで。

【映画】劇場版Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ | Y.A.S.

もちろんいい映画だったのですが、ボクの地元で上映しなかったことだけは絶対に許さない。絶対にだ。

2013-12-16

ダンガンロンパ1・2 Reloadの公式設定資料集が出ますよ

タイトルで言いたいことの8割は言ってしまったような気がしますが、ダンロンR(略称が分からないのでとりあえずこれで)の公式設定資料集が12/27に発売予定です。なんと500ページの大ボリュームとか。500ページって最近どこかで聞いたな…と思ったら昨日感想書いた「無限遠点のアルタイル」と同じですね。

しかしあの分厚さで設定資料集とか、鈍器としか思えないんで、きっと上質な薄い紙を使ってなんとかするんだろうな…

drr※画像はこちらより引用

↑真っ白な本が、現物の厚さです。

分厚っ!まさに絶望的ボリュームですね…。
価格はちょっとお高めの3675円ですが、これは買わざるを得ないでしょう。それまでになんとか本編を終わらせてネタバレOKの状態にしておきたいものです。

ちなみに現在はダンガンロンパ2の第4章をプレイ中。既に生き残っているメンバーの人数が半分くらいです。ボクのお気に入りのキャラはまだ生き残っているのですが、事件が起こる度に「この子殺されるんじゃないだろうか」「この子犯人じゃないだろうか」「この子ラスボスじゃないだろうか」と疑心暗鬼になって胃が痛いです。しかし2はミスリーディングが上手いなぁ…毎回予想を裏切られる展開に、先が気になりすぎて睡眠不足です。

2013-12-15

【小説】無限遠点のアルタイル レビュー

シュタゲのオリジナル小説最終刊「無限遠点のアルタイル」をようやく読了しました。500ページという分厚さに腰が引けていたんですが、なんとか年内に読めて良かったです。今回もシュタゲなので深刻なネタバレ無しレビューです。

既刊感想はこちら(どちらも深刻なネタバレなし)。

Steins;Gate 閉時曲線のエピグラフ レビュー | Y.A.S.
【小説】Steins;Gate 永劫回帰のパンドラ レビュー | Y.A.S.

無限遠点のアルタイル

著者:たきもとまさし
価格:4200円(税込)

続きを読む(ネタバレ注意) »

2013-12-14

スタジオジブリ最新作 2014年夏公開予定

この夏「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」の2本をリリースしたスタジオジブリですが、早くも来年公開の映画が紹介されました。(Ivanさん、情報ありがとうです)

スタジオジブリ最新作が「思い出のマーニー」に決定 – GIGAZINE

気になるストーリーですが、

転地療養のために海辺の小さな村に暮らす老夫婦に預けられた少女アンナは、不思議な館を見つけ、そこに住んでいるという同い年の少女マーニーと仲良くなります。しかし、毎日2人で遊んでいるのに、村人は誰もマーニーのことを知らない…

※上記リンク先より引用

マーニーというもののようです。アリエッティぽい感じだなぁ…と思ったら、同名のイギリス児童文学が原作のようです。ただし舞台は日本に置き換えられるとのこと。日本なのに金髪碧眼(左)で名前がマーニー…?もうちょっと日本風にしたらいいんじゃないですかね。例えばマロニーとか。(※笑うところですよ!)

監督は『借り暮らしのアリエッティ』の米林宏昌さんとのこと。アリエッティは佳作ではあったものの、宮崎監督にはまだまだ及ばない感じでしたので(当時の感想はこちら。なんか今も昔もボクの感想は上から目線ですね…)、頑張って欲しいなぁ…でも最近のジブリ作品を見ていると、自分はジブリファンじゃなくて宮崎駿ファンなんだということを思い知らされるんだ…

公式サイト:映画『思い出のマーニー』2014年《夏》全国ロードショー

※画像は上記公式サイトより引用

2013-12-13

テイルズオブシリーズ20周年記念タイトル「テイルズ オブ ゼスティリア」情報公開!

というわけで昨日は大変お見苦しいところをお見せしました。。

というわけでついにテイルズオブシリーズの最新作、「テイルズ オブ ゼスティリア」が発表されましたねー。略称はTOZですね。ネットで情報を集めようとしていた時にTOZというタイトルを見て、「まさかのTales of Zooかよ!」思ったのはナイショです。

※Tales of Zoo…公式サイトで配信されていた、小野坂昌也氏が司会を務めるテイルズオブ情報番組「ビバ★テイルズオブ」で、小野坂氏が考えた最新作(もちろん嘘タイトル)。家族を失ったアルマジロが仲間と共に復讐の旅に出る…というストーリー。ラスボスの正体はなかなか意外でした。

早速PVでも見て感想を書こうと思ったんですけど、公式サイトでの公開は12/21なのね…。そんなわけで、おなじみ「春が大好きっ」様の記事を紹介させて頂きます。

【動画】PS3新作『テイルズ オブ ゼスティリア』発表!ヒロイン:アリーシャ(CV茅野愛衣)は女騎士カワイイ!【発表会まとめ】:春が大好きっ

気になる情報を拾わせてもらうと…

  • プラットフォームはPS3
  • 主人公「スレイ」のCVは木村良平氏、ヒロイン「アリーシャ」のCVは茅野愛衣氏。
  • キャラデザは、藤島康介氏、いのまたむつみ氏、奥村大悟氏(TOS-Rとかの人)、岩本稔氏(マイソロの人)の4人体制。

TOXよりはファンタジー寄りになっているような感じがするけど、どうかなー。キービジュアルもまだ出ていないみたいだし、続報に期待です。

木村良平氏は、Y.A.S.的に言うと海翔(ロボノの主人公)の中の人ですね。茅野さんはクレシダさん(サモナイ5に出てきたルエリィの姉)かな。あとダンロン2の罪木さんとか。相変わらずいいキャストです。

20周年の名に恥じない作品を期待していますよ!

テイルズオブファンタジア:1995年12月15日発売

20…周年…?

2013-12-12

Y.A.S.はテイルズオブシリーズを応援しています

テイルズ最新作の発表会でしたね~

今日は仕事の予定だったんですけど、行かなくてよくなったんですよねー。風 邪 引 い た せいで。

というわけで当然新作発表も見れておりません…最近体調が優れないのはやはり年だからなのか。