2020-02-09

テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ 更新しました

※この投稿は”テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ”が更新されるたびに最上部に表示されます。※

を更新しました。

  • HOME >テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ > テイルズ オブ フェスティバル 2019 元ネタ集

    • [2020-02-09] 完成
    • [2020-02-08] 6月16日公演 トラック4まで更新
    • [2020-02-05] 6月16日公演 トラック3まで更新
    • [2020-02-04] 6月16日公演 トラック2まで更新
    • [2020-02-01] 6月16日公演 トラック2途中(00:30:00)まで更新
    • [2020-01-27] 6月15日公演 トラック9まで更新
    • [2020-01-25] 6月15日公演 トラック4まで更新
    • [2020-01-21] 6月15日公演 トラック3まで更新
    • [2020-01-19] 6月15日公演 トラック2まで更新
    • [2020-01-13] 6月15日公演 トラック2途中(00:30:00)まで更新
  • HOME >テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ > テイルズ オブ フェスティバル 2018 元ネタ集
    • [2019-10-26] 完成
    • [2019-10-25] 6月17日公演 トラック4まで更新
    • [2019-10-24] 6月17日公演 トラック4途中(01:40:00)まで更新
    • [2019-10-22] 6月16日公演 トラック13まで更新。6月17日公演 トラック3まで更新
    • [2019-10-16] 6月16日公演 トラック4まで更新
    • [2019-10-15] 6月16日公演 トラック3まで更新
    • [2019-10-14] 6月16日公演 トラック2まで更新
    • [2019-10-13] 6月16日公演 トラック2途中(00:30:00)まで更新
    • [2019-01-04] ページを作成
それ以外のページ
  • HOME >テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ > テイルズ オブ フェスティバル 2017 元ネタ集

    • [2018-06-03] 6月4日公演 シナリオブックを更新。完成
    • [2018-06-02] 6月4日公演 トラック10まで更新。
    • [2018-06-01] 6月4日公演 トラック4まで更新
    • [2018-05-30] 6月4日公演 トラック3まで更新
    • [2018-05-28] 6月4日公演 トラック2まで更新
    • [2018-05-27] 6月4日公演 トラック2途中(00:50:00)まで更新
    • [2018-05-26] 6月3日公演 トラック10まで更新
    • [2018-05-22] 6月3日公演 トラック4まで更新
    • [2018-05-21] 6月3日公演 トラック3まで更新
    • [2018-05-20] 6月3日公演 トラック2まで更新
    • [2018-05-19] 6月3日公演 トラック2途中(00:40:00)まで更新
  • HOME >テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ > テイルズ オブ フェスティバル 2016 元ネタ集
    • [2017-03-11] 完成
    • [2017-03-10] 7月10日公演 トラック4まで更新
    • [2017-03-09] 7月10日公演 トラック3まで更新
    • [2017-03-06] 7月10日公演 トラック2まで更新
    • [2017-03-02] 7月10日公演 トラック2途中(01:18:00)まで更新
    • [2017-03-01] 7月10日公演 トラック2途中(00:50:00)まで更新
    • [2017-02-19] 7月10日公演 トラック1まで更新
    • [2017-02-18] 7月9日公演 トラック10まで更新
    • [2017-02-11] 7月9日公演 トラック4まで更新
    • [2017-02-06] 7月9日公演 トラック2まで更新
    • [2017-02-05] 7月9日公演 トラック2途中(01:00:00)まで更新
    • [2017-02-04] 7月9日公演 トラック1まで更新
  • HOME >テイルズ オブ フェスティバル 情報まとめ > テイルズ オブ フェスティバル 2015 元ネタ集

    • [2016-06-25] 完成
    • [2016-06-24] 6月7日公演 トラック4途中(大喜利2題目)まで更新
    • [2016-06-23] 6月7日公演 トラック3まで更新
    • [2016-06-20] 6月7日公演 トラック2まで更新
    • [2016-06-19] 6月7日公演 トラック2途中(01:00:00)まで更新

2020-01-13

TOF2019の元ネタ集の更新を始めました

3連休なのに全然ゲームできなかった…P5Rまだ開封すらしてないのに。これも全て歯痛が悪い。そして夜になると痛みが1.3倍増しになるので余計辛い。今晩眠れるだろうか。

それはさておき、昼間の小康状態時間を使ってTOF2019関係の更新はじめました。

いつも以上にのんびりやっていこうと思います。大体この手の更新は隙間時間にチクチク進めるんですが、現在隙間時間は大体ペーパークラフトやってるんで。


テイルズ オブ フェスティバル 2019 元ネタ集

サブタイトルや時間などは全てBD版に準拠。敬称略。ネタバレ全開。

当日のイベントレビューはこちらから。

6月15日公演

01.オープニングステージ

00:02:00 オープニングムービー

各マザーシップタイトルのパーティキャラ(+α)が登場するが、TODのリリスとTOEのレイスがハブられている。レイスはゲストキャラだからともかく、リリスはなぜ…オリジナル版ではバグキャラだったからか。

00:04:58 小野坂『普通のキンブレでもええですよ』

「キンブレ」とは、株式会社ルイファン・ジャパンが発売している乾電池式のペンライト「KING BLADE」の略称。転じて乾電池式のペンライトの通称としても用いられる。

00:06:48 小野坂『(2000万本ということは)各家庭に1個ずつあるってことだね』

平成27年国税調査によれば、日本の世帯数は5340万3000世帯なので、やや大袈裟。(→統計局ホームページ/統計Today No.106

02.スペシャルスキット「夢と創造~芸術の街、ヨコハマの祭り~」

00:18:52 クレア『自称大巨匠、ベリル・ベニト主催の「うなれ芸術!未来の宮廷画家は君だ」コンテストのことね』

「ベリル・ベニト」は、TOHのパーティメンバーで、宮廷画家を目指す少女「ベリル・ベニト」のこと。自称天才画家。

00:19:06 クレア『あのアイゼンさんも認めた画家だから』

「アイゼン」は、TOBのパーティメンバーで、アイフリード海賊団副団長「アイゼン」のこと。エドナの兄。
「アイゼンさんも認めた」というのは、TOBのスキットで、アイゼンが天才画家ベリル・ベニトの絵画を購入するとき、妹のへそくりを100ガルドこっそり使ったというエピソードがあるため(ちなみに絵画は贋作だった)。

00:20:28 ルーク『ティアが言ってたっけ』

「ティア」は、パーティメンバーで作中のメインヒロイン「ティア・グランツ」のこと。

00:20:41 ベルベット『この街に入る時に、マギルゥにまたハトマネをさせられて…』

「マギルゥ」は、パーティメンバーの魔法使い「マギルゥ」のこと。
TOB本編で、検問を突破するためとっさに奇術師のフリをしなければならなくなったベルベットが、マギルゥの指示で、ハトのモノマネをして乗り切ったことから。

00:22:22 エドナ『(登場)』

福圓がさしているのは、ルミエーブルとのコラボで作成されたエドナモデルの傘。

00:22:25 エドナ『みんな、私の姿が見えているのよね』

エドナは「天族」という種族で、霊応力の高い人間以外には見えないという設定のため。

00:22:53 エドナ『どっかのミボとそっくりね』

「ミボ」とは、ミクリオの若さを揶揄してエドナが付けたあだ名。ミクリオ坊や、略してミボ。

00:23:42 ルドガー『はいいつもの来ましたー」

TOX2本編でもプレイヤーの前にたびたび二択が提示され、それを選択しながらストーリーを進めていく。本編ではコントローラーのL1ボタンとR1ボタンで選択するため、画面に「L1」「R1」と表示されている。

00:24:45 ルーク『どっかで見たことがあるような…』 ベルベット『確か、ガルドをひたすら叫んでて…』

2人が想像しているのは、TOAのパーティメンバーで導師守護役の少女「アニス・タトリン」のこと。玉の輿を狙っており、お金(シリーズでは「ガルド」と呼ばれる)にがめつい性格。

00:25:08 ルドガー『借金2000万ガルドの取り立てを、歩くたびにノヴァがGHSで知らせてきて…』

ルドガーはTOX2本編の序盤で2000万ガルドの借金を作ってしまう。
「ノヴァ」は、ルドガーのローンを管理するヴェランド銀行の事務員「ノヴァ・ルゥ・レイシィ」のこと。しょっちゅうGHS(本編世界の携帯電話に相当するアイテム)を通じて返済を催促してくる。

00:25:40 ルーク・ルドガー『俺は悪くねぇ~』

TOA本編で、ルークが敵のボスに、街を救うためだとだまされて、街の住人を全滅させてしまい、そのことを仲間に責められたときのセリフ。確かにルークにも同情すべき点はあったのだが、「俺は悪くねぇっ!」という主人公らしからぬ逆ギレを見せたため、ほとんどの仲間からはあきれられた。
TOFでは中の人鈴木千尋が持ちネタとして、観客を巻き込んで叫ぶことが恒例化している。

00:31:03 (ヨコハマ芸術祭り 出展者リスト)

いずれもTOBの異海探索で見つかる財宝。いずれも過去作に登場するアイテムをモチーフにしたもの。

00:33:26 ゼロス『いいよなー人気投票1位の余裕の貫禄っていうの?』

ミクリオはTOF2017で発表された人気投票で第1位だった。

00:33:38 ミクリオ『ミボって呼ぶな!』

TOFでエドナにミボ呼ばわりされた時の返し。転じてTOFでは決め台詞としても使用される。

00:33:42 ミクリオ『当日僕がいなかった話はやめろ』

TOF2017で人気投票の発表があった日は逢坂の出席予定がなく、ビデオメッセージでの出演になったことから。

00:35:10 アニー『四星の皆さんが…』

「四星」は、TORに登場するカレギア国王直属部隊「王の盾」で最強とされる4人のこと。画面左からワルトゥ、サレ、トーマ、ミリッツァ。いわゆる中ボス。

00:35:18 アニー『フォルスを使ったお化け屋敷を申請してまして…』

「フォルス」とは、TORに登場する特殊能力。人によって異なる超常現象を発現させられる。

00:36:35 ロイド『ヴェイグのフォルス…だっけ?その力で氷を作ってほしい』

ヴェイグの「氷のフォルス」は氷を自在に操ることが出来る。

00:37:30 アニー『そんなこともありましたね。あの時はその…すみませんでした』

アニーは元々父親の敵であるユージーンに復讐しようとしており、雪や雨で身を隠してヴェイグ・ユージーン・マオに襲いかかってきた。後にユージーンとは和解している。

00:39:16 ミクリオ「氷刃断ち切れ!アイスシアーズ!」

「アイスシアーズ」は、対象者の左右に氷の刃を生み出し、断ち切るように交差させるミクリオの天響術。表示されているのは、TOZ本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:39:55 エル『ミラにも見せてあげたかったなー』

「ミラ」は、TOXおよびTOX2のパーティメンバーであり、精霊たちの王「ミラ=マクスウェル」…のことではなく、分史世界(TOX2に登場する、いわゆるパラレルワールド)に登場する彼女の並行存在(通称「分史ミラ」)のこと。

00:40:49 ヴィクトル『双針乱舞!』

「双針乱舞」は、あらゆる角度から縦横無尽に切り刻むヴィクトルの奥義。

00:41:47 ヴィクトル『一緒には行けない』

ヴィクトルは、分史世界のルドガー自身(つまりエルも分史世界出身)。正史世界(分史世界ではない、全ての世界の基本となる世界)では、並行存在は同じ場所に存在することができないと言うルールがあるため、ヴィクトルはルドガーを避けていると思われる。詳しくはトラック04参照。

00:43:08 ザビーダ『アイゼンだったら知ってたかもしんねぇな』 エドナ『もう聞けないけど』

ザビーダはアイゼンと親友同士だった。アイゼンはTOZ本編でスレイたちに討伐され、死亡している

00:45:19 ゼロス『ストーンブラスト!』

「ストーンブラスト」は、敵の足下から石つぶてを吹き上げるゼロスの下級魔術。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:45:43 アッシュ『雑魚が近寄んじゃねぇ!砕け散れ!絞牙鳴衝斬!』

「絞牙鳴衝斬」は、剣を掲げて超振動を発生させ、剣を地面に突き立てて周囲の敵を攻撃するアッシュの秘奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:47:30 ザビーダ『俺様が守ってみせる』 ルドガー『それは明日じゃないのか…?それにザビーダじゃないよな』

「○○は、俺が守る!」はTOGの主人公アスベル・ラントの決め台詞。アスベル役の櫻井は16日公演のみの出演なので、ルドガーがツッコんでいる。

00:49:30 ヴェイグ『無影衝!』

「無影衝」は、瞬速多段斬りを行うヴェイグの特技。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:51:17 アルトリウス『私は聖寮に命じ…』

「聖寮」は、ミッドガンド国教会に所属する対魔士からなる対魔部門。教会はアルトリウスに全権を委ねている。

00:53:06 ゼロス『他人に生き方を決められるような人生ね…覚えがありすぎて反吐が出るぜ』

ゼロスは神子という世界の重要存在であり、それ故に幼い頃から政争に巻き込まれている。つまりゼロスが言っているのは自分自身のこと。

00:53:36 アニー『心に色はない』

ヒューマとガジュマという二つの種族が相争うTORの世界で、どちらも同じヒトでそこに差は無いということを端的に示す表現。TORのテーマでもある。

00:54:23 アルトリウス『なぜ鳥は空を飛ぶのだと思う』

TOBでアルトリウスが幾度もベルベットに問いかける言葉。アルトリウスは翼を持つものが飛ぶのは必然であると考えており、飛びたいから飛んでいると考えるベルベットとの思想の対立を示している。詳しくはトラック04を参照。

00:55:03 ベルベット『魔王炎撃波!』

「魔王炎撃波」は、左の足払いの後、その反動で激しい炎をまとった右回し蹴りを繰り出すベルベットの特技。表示されているのは、TOB本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。なおテロップでは「魔王炎撃破」となっているが、これは誤字。

00:55:18 ロイド『見せてやる!天翔蒼破斬!』

「天翔蒼破斬」は、空中から足下に展開した魔方陣に向かって剣をたたきつけるロイドの秘奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:55:37 エドナ『跪け!這いつくばるのがお似合いね ヴェネレイト・マイン!』

「ヴェネレイト・マイン」は、岩壁を隆起させて浮かし、霊弾をスマッシュさせるエドナの秘奥義。表示されているのは、TOZ本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:55:43 ミクリオ『流れを見切る!手は抜かないぞ!そこだ!クリアレスト・ロッド!』

「クリアレスト・ロッド」は、水弾を撃ち込みつつ、とどめの一撃の威力を高めるミクリオの秘奥義。

00:55:52 ザビーダ『ビート上げるぜ!ルードネスウィップ!』

「ルードネスウィップ」は、ペンデュラムを鞭のように操り乱撃を繰り出すザビーダの秘奥義。表示されているのは、TOZ本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:56:08 ゼロス『俺様の本気 見せてやるよ!喰らいな!シャイニング・バインド!』

「シャイニング・バインド」は、聖なる鎖で拘束した敵を聖なる光で攻撃するゼロスの秘奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:56:16 ルーク『これで決めてやる!響け!集え!全てを滅する刃と化せ!ロスト・フォン・ドライブ!』

「ロスト・フォン・ドライブ」は、敵を剣で切り刻み、前方に発生させた超振動で追撃するルークの秘奥義。表示されているのは、TOA本編でロスト・フォン・ドライブを発動した時のカットインイラスト。

00:56:32 アニー『浄化の扉 開かれん!』 ヴェイグ『見切った!』 アニー『必殺!』 2人『龍虎滅牙斬!』

「龍虎滅牙斬」は、アニーの法陣で拘束した敵にヴェイグが空中から剣をたたき込む、二人の秘奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のそれぞれのカットインイラスト。

00:56:55 アルトリウス『一太刀とは言わん 全身に死の慟哭を刻め!漸毅狼影陣!』

「漸毅狼影陣」は、上空から無数の剣を振らし、四方から連続して切りつけるアルトリウスの秘奥義。表示されているのは、TOB本編で漸毅狼影陣を発動した時のカットインイラスト。

00:58:37 エル&クレア『リザレクション!』

「リザレクション」は、範囲内の味方のHPを大きく回復させる術(作品により効果は異なる)。

00:58:53 ベルベット『容赦しない!ここが地獄なら!更に底まで付き合いな!泥まで食らえ!インパルス・ディザイア!』

「インパルス・ディザイア」は、剣と業魔手で切り刻み、さらに業魔手の力を解放してたたきつけるベルベットの秘奥義。

00:59:09 ベルベット『戦訓その4よ』

「戦訓」は、かつてアルトリウスがベルベットに教えた戦いの心得。TOB本編ではその1からその4(とその零)まで登場する。

01:01:14 エル『ルドガーの「アイボー」だからね』

エルはルドガーのことを、共に願いを叶えてくれるという「カナンの地」を目指す対等な仲間だと思っており、「アイボー」と呼ぶ。

01:02:09 ロイド『氷のノイシュが…』

「ノイシュ」は、ロイドが買っている謎の生物。外見は犬に似ているが、人がまたがって乗れるほど大きい。

01:04:24 エドナ『みんな~エドナに~力を~貸してほしいの~』

TOZ本編で、エドナが地の試練で突然かわいこぶって「エドナにちょうだい♪ おじたまの♥ は~や~く~♥」「おじたま~ん♥ ワタシ我慢できないの~♥♥」とおねだりするシーンがある。エドナが唐突に媚び出すのはTOFお馴染みのネタ。

01:05:05 (ノルミン登場)

登場したのは、TOZやTOBに登場する天族の一種ノルミン。

01:05:26 エドナ『ミュージック、スタート!』

流れているのは、ショートアニメ「ているず おぶ HR」のために作成された「ノルミンダンス」という曲。BDの映像特典としても収録されている。

01:06:39 アニー『エドナさんにかかれば、これぐらいはチョロ甘ってことなんですかね』

TORにおける戦闘終了後の掛け合い

ティトレイ「ちょろいぜ!」
マオ「甘いぜ!」
アニー「ちょろ甘ですね」

から。その後の作品にも類似のやりとりが何度か登場する。

01:09:11 (FIN)

シリーズのマスコットキャラ大集合。左上から時計回りに、ノルミン(TOZ/TOB)、ビエンフー(TOB)、ルル(TOX2)、メカソフィ(TOG)、ノイシュ(TOS)、ザピィ(TOR)、ミュウ(TOA)、ラピード(TOV)。

03.スペシャルトークショー

01:10:40 小野坂『それ光くんのやつだから』

「光くん」は、TODのリオン・マグナスの中の人である「緑川光」のこと。緑川がTOFに出演した際に、自己紹介の語尾に色々ひっつけてその後の流れを決めてしまうことがよくあるため。

01:14:46 津田『ナマステ押忍!』

TOF2018の17日公演の「「テイルズ オブ」 チームバトル」のコーナーで行われた伝言ゲームにおいて、津田がした空耳から。

01:21:05 小野坂『アリーナは25000だよね?』

横浜アリーナの収容人数は17000人。

01:24:51 小野坂『久しぶりと言えば檜山くんと』

檜山はTOF2016以来3年ぶりの出演。

01:25:24 檜山『ヴェイグが言っているクレアに対するネガティブイメージを払拭すること』

TORではヴェイグが彼女の名前を叫ぶシーンがあまりに多く、敵の中ボスにすら、序盤で『クレアクレアクレアクレア・・・馬鹿みたい』と言われるほどだった。ソフトの特典DVDではそれがネタとして扱われることも多く、一時檜山がヴェイグのネタ枠化について軽く苦言を呈したこともあった。

01:25:54 伊瀬『6年前のイベントが、なんか運動会の…』

TOF2013の2日公演「スペシャルスキット「テイルズ オブ 大運動会」」のこと。

01:29:07 伊瀬『ベルベットとライフィセットのキャラクターソングなんかもあるらしいです』

「ライフィセット」は、TOBのパーティメンバーで、ベルベットと行動を共にする聖隷「ライフィセット」のこと。中の人は浅倉杏美。
「キャラクターソング」は、前述の「ているず おぶ HR」の劇中歌「フィーアンドベルベット」のこと。BDの映像特典としても収録されている。

04.『テイルズ オブ』 名シーンカムバック

01:34:34 鈴木『根谷さんがいらっしゃってナタリアとの掛け合いが出来まして』

「ナタリア」は、パーティメンバーで、キムラスカ王国王女の「ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディア」のこと。「根谷さん」はナタリアの中の人・根谷美智子のこと。

01:39:15 檜山『勝平さんと運昇さんによく文句を言われてたな』

「勝平さん」は、パーティメンバーで樹のフォルスの能力者であるティトレイ・クロウの中の人である「山口勝平」のこと。「運昇さん」は、同じく鋼のフォルスの能力者であるユージーン・ガラルドの中の人である「石塚運昇」のこと。ティトレイは口数が多く、ユージーンは解説役なので、ヴェイグより台詞が多いというのもうなずける。

01:39:41 安田『アガーテっていう女王様の台詞もやらせていただいたんです』

「アガーテ」は、カレギア王国の女王である「アガーテ・リンドブロム」のこと。

01:50:44 小野坂『どうですかしゃべらない役』 近藤『スキットはみんなと関わったりはするので』

ルドガーは1周目は、スキット含めほぼボイスがない(戦闘中はボイスがある)。2周目は前述の選択肢のみボイスがあり、この状態のルドガーは一般に「しゃべルドガー」と呼ばれている。

01:59:27 佐藤『ラフィも受けさせていただいていて』

「ラフィ」は、前述の聖隷ライフィセットのことではなく、ベルベットの実弟の「ライフィセット・クロウ」のこと。

02:09:39 伊瀬『続いては…こちら!』

当日はこの後「テイルズ オブ エンターテインメント ニュース」があったが、BDではカットされている。

05.DEEN ライブ&トークショー

02:11:00 (夢であるように)

TOD本編のオープニングテーマ。DEENの13枚目のシングル。

02:19:01 (永遠の明日)

TOH本編のオープニングテーマ。DEENの34枚目のシングル。
イベント当日は、「君さえいれば」(テレビアニメ「中華一番!」オープニングテーマ)「ひとりじゃない」(テレビアニメ「ドラゴンボールGT」エンディングテーマ)の2曲が続くメドレーになっていたが、BDでは2曲ともカットされている。

02:24:56 (ミライからの光)

TOTR(フェアリーズレクイエム)のオープニングテーマ。DEENの47枚目のシングル。

06.エンディングステージ

02:33:17 小野坂『あーっ!』 伊瀬『どうしました、小野坂さーん!』

エンディング前に、小野坂が大騒ぎしてアシスタントが適当にあしらうというTOFのお約束。

02:35:05 小野坂『しかも安いのよ』 福圓『いくらですか?』 小野坂『覚えてない』

公式サマーブルゾンは5,500円。

02:36:00 小西『新作のね、こともちょっと発表されまして…主人公、うちの事務所のやつなんで』

「新作」は、最新作「テイルズ オブ アライズ」のこと。
「うちの事務所のやつ」とは、「テイルズ オブ エンターテインメント ニュース」で発表された、主人公アルフェンの中の人「佐藤拓也」のこと。小西と佐藤(拓)は賢プロダクション所属。

02:36:46 檜山『ホテルの方にもシークレットゲストとしてお邪魔して』

檜山はホテルプランに付属のディナーショーにシークレットゲストとして参加した。

02:41:59 近藤『いつも(ヴィクトルが)敵役として出演したことはあったんですけど』

ヴィクトルはTOF2014と2018に敵役として出演している。

02:47:07 佐藤『出禁になっているかも知れないロクロウとかも…』

「ロクロウ」は、パーティメンバーである業魔になった剣士「ロクロウ・ランゲツ」および中の人「岸尾だいすけ」のこと。
岸尾はTOF2016に出演しているが、その際あまりに自由奔放に振る舞った(特にテイルズに関係ないネタを連発した)上にその後出演していないため、出禁になったとネタにされている。

07.エンドロール

6月15日公演 イベント映像特典

08.影ナレ:開演前/終演後

00:00:43 クレア『マオに、ヴェイグがよく叫んでいる言葉があるって聞いたの』

「マオ」は、パーティメンバーで、記憶喪失の少年「マオ」のこと。

00:04:31 エドナ『クレアクレアクレア…ってバカみたい』 ザビーダ『それ、別のやつの台詞じゃね?』

「別のやつ」とは、前述の『クレアクレアクレアクレア・・・馬鹿みたい』という発言をした四星の一人「サレ」のこと。

00:06:27 ベルベット『フィーならきっとマーボーカレーが…』

「マーボーカレー」は、シリーズにたびたび登場する、麻婆豆腐とカレーを組み合わせた料理。ライフィセットの好物。

09.終演後出演者トーク

00:04:16 鈴木『実質3人でございますんでね』

ルークは物語の序盤の事件を経て大きく性格が変わる(同時に髪型も長髪から短髪に変わる)ため、「長髪ルーク」「短髪ルーク」「アッシュ」の事実上3役を演じているという意味。

00:11:00 小西『うちはもう奈々ちゃんが、ヒロインのコレットちゃんが歌ってますから』 

「コレット」はTOS本編のパーティメンバーでヒロインの「コレット・ブルーネル」のこと。
「奈々ちゃん」はコレットの中の人で、歌手でもある「水樹奈々」のこと。

00:11:07 小西『OVAのテーマソング歌ってくれてますからね』

水樹奈々は、TOSのOVA「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION」の第2期(テセアラ編)オープニング「天空のカナリア」を歌っている。

00:11:18 小野坂『ぴんから兄弟みたいな感じでね』

「ぴんから兄弟」は、おそらく並木ひろし、宮史郎、宮五郎によるコミックバンド「ぴんからトリオ」のこと。3人組であることから。「ぴんから兄弟」は宮史郎・宮五郎のことなので、小野坂の言い間違いと思われる。

6月16日公演

01.オープニングステージ

00:02:00 斎藤『中原麻衣ちゃんにちゃんと今日はやり方を…同じ事務所なので』

「中原麻衣」は、パーティメンバーでヒロインのエステリーゼ・シデス・ヒュラッセインの中の人。
斎藤も中原もアイムエンタープライズ所属。

00:06:10 小野坂『(震えている)』『怖い怖ーい』

中原はTOF2010と2012で小野坂のアシスタントをしているが、時間が来ると小野坂のトークをさっさと打ち切って先に進もうとするため、小野坂のトラウマになった、ということがTOFでも時折ネタにされている。

00:11:48 小野坂『たまになんか…うたプリかなんかのファンもいますけど』

「うたプリ」とは、女性向け恋愛ADV「うたの☆プリンスさまっ♪」のこと。テイルズとは関係ない。
同作品には、人気声優で当日も参加している鳥海浩輔が出演していることから。

02.スペシャルスキット「二人の少年探偵~バーニッシュランドの危機~」

00:16:49 アスベル『俺たちは、ウインドル王国親善大使として、この街の祭りを代わりに見てきてほしいとリチャードに頼まれたんだ』

「ウィンドル王国」は、TOGで登場する、アスベルやシェリアが暮らす国。
「リチャード」は、パーティメンバーで、ウィンドル王国の王子(後に国王)である「リチャード」のこと。

00:21:22 リタ『今日はエステルもジュディスもがきんちょも来てないわよ』

「エステル」は、前述の「エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン」のこと。エステルはユーリがつけたあだ名。
「ジュディス」は、パーティメンバーで、クリティア族の美女「ジュディス」のこと。
「がきんちょ」は、パーティメンバーで、ギルド「凛々の明星」のボスを務める少年「カロル・カペル」のこと。

00:21:26 ユーリ『フレンもラピードも留守番の訳だが…』

「フレン」は、パーティメンバーで騎士団長代理の「フレン・シーフォ」のこと。
「ラピード」は、パーティメンバーで、ユーリと行動を共にする犬「ラピード」のこと。

00:25:40 ルーク『昨日と同じくらいブタザルがいるんじゃないか?』

「ブタザル」は、ルークになつくチーグル族の「ミュウ」のこと(画面左下のキャラ)。非常に愛らしい容姿をしておりTOAではマスカットキャラとして扱われているが、作中でルークに「ブタザル」というぞんざいなあだ名を付けられている。

00:25:50 ルーク『愛してるぜぇ!』

「愛してるぜぇ」は、元々TOV本編でレイヴンが回復技「愛の快針」を使う時のかけ声。TOFでは竹本が決め台詞として使うことが多い。

00:27:13 ルーク『たった一日で髪の毛が急に…伸びてた!性格も変わってた!』

前述の「長髪ルーク」と「短髪ルーク」を踏まえたネタ。

00:27:56 パティ『ウチは…ギルドの依頼で…』

「ギルド」は、TOV本編でカロルたちが結成したギルド「凛々の明星」のこと。いわゆる何でも屋。正式に所属しているのカロル、ユーリ、ラピード、ジュディスだけだが、その他のパーティメンバーも手助けに入ることが多い。

00:28:33 リタ『16年前のヒーローだ』

ロイドが主人公のTOSが2003年発売であることから。

00:29:12 ゼロス『これが殿堂入りの壁か!』

ユーリはキャラクター人気投票において、初登場の第4回から第6回まで連続1位だった栄誉を称えられ、TOF2013で殿堂入りしてランキングから抜けることになった。

00:29:35 パスカル『横浜ー!トロピカルヤッホー!』

「トロピカルヤッホー」は、戦闘勝利時のパスカルのセリフ「イェーイ!やったー!トロピカルヤッホー」から。特にパスカルの決め台詞というわけではないが、TOFで植田がよく使っている。

00:39:08 アスベル『守れなかった…』

「守れなかった…」は、TOGでアスベルが戦闘不能になった時の台詞。TOFでは守ると宣言したものを守れなかった場合に多用される(今回は宣言すらしていないが)。

00:41:05 パティ『ぴっしり閉じたシャコ貝のように開かないのじゃ』

パティがTOV本編で、たびたび海の生物を喩えに使うことから。

00:46:11 スレイ『デゼルとザビーダの代わりに力を!』

「デゼル」は、パーティメンバーで、風の天響術を操る天族「デゼル」のこと。

00:48:08 ロイド『おっかなそうな絵がおいてあるじゃーん』

描かれているのは、TOD2の厨ボスであるバルバトス・ゲーティアの絵。元絵はマイソロ2で秘奥義を発動した時のカットイン。

00:50:57 シェリア『女は黙って焼き鳥丼よ』

TOG本編で、シェリアが焼き鳥丼が好きなのかと聞かれた時の台詞「よく言うでしょ 女は黙って焼き鳥丼って」から。

00:53:30 ルーク『ガイに少し教わったことあるし』

「ガイ」とは、パーティメンバーで、ルークの家の使用人兼ルークの親友の「ガイ・セシル」のこと。音機関(TOAの世界における機械のこと)マニア。

00:54:17 シェリア『アスベルなら舞台経験もあるし』

おそらく、アスベルの中の人である櫻井孝宏自身のことを言っていると思われる。

00:54:31 アスベル『それってあの「シェリ雪姫」の時のこととか言ってるかも知れないけど』

「シェリ雪姫」とは、TOG本編のサブイベントの一つで、アスベルたちが演じた劇のタイトル。白雪姫に似たストーリー仕立てで、アスベルが王子様、シェリアが主人公を演じた。

00:54:45 ロイド『コレットを助けた時に傷ついた足が…』

TOS本編でロイドがコレットを助けた際に足を痛める描写はないので、これはロイドの言い訳。

00:55:37 ユーリ『選ぶんじゃねぇ もう選ばれたんだよ!』

TOV本編でのユーリが覚悟を問われた時の台詞「選ぶんじゃねえ もう選んだんだよ」から。

01:00:47 シュヴァーン『一方は偽りの英雄で、一方は真の立役者』

シュヴァーン(レイヴンの正体)もデュークも、TOV本編開始の約10年前に起きた人類と魔物の戦い「人魔戦争」の生き残り。デュークが魔物のボスを討伐したことで戦争は終結したが、種々の事情から戦後に情報操作が行われ、表向きにはシュヴァーンの活躍により人類側が勝利したとされた。

01:02:26 デューク『これは聖核アパティアに繋がるものだ』

聖核アパティア」は、エアル(TOVの世界におけるエネルギー)の高濃度結晶。非常に貴重なものであるため、様々な勢力がそれを巡って争っており、デュークは見つけ次第破壊している。

01:03:02 『空にこだませし戦慄なる魔狼の嘆き!』

ブラッディハウリングの詠唱文。「ブラッディハウリング」は、呪いの叫びで、闇の力を反発、反響させる事で
範囲にいる敵を滅ぼすデュークのスキル変化術。

01:03:24 アスベル『終わらせてやる!閃く刃は勝利の証!白夜殲滅剣!』

「白夜殲滅剣」は、月夜の光とともに敵を粉砕するアスベルのLv2秘奥義。表示されているのは、TOG本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

01:03:34 シェリア『とどめよ!私の奥の手見せてあげる!アステリズム・ライン!』

「アステリズム・ライン」は、光の軌跡を描く短剣を敵に投げつけるシェリアのLv1秘奥義。表示されているのは、TOG本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

01:03:41 パスカル『キュピーン!紅蓮の剛王!突貫でドッカーン!全力全開!ブラドフランム・アサルト!』 

「ブラドフランム・アサルト」は、火の精霊ブラドフランムを召喚し、連続で殴りつけるパスカルのLv3秘奥義。表示されているのは、TOG本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

01:03:52 レイヴン『おっさん行っちゃうよ?華麗に!ターゲットオン!クライシスレイン!』

「クライシスレイン」は、敵を双剣で切り裂き、空中から無数の光の矢を放って追撃するレイヴンの第二秘奥義。表示されているのは、TOV本編でクライシスレインを発動した時のカットインイラスト。

01:03:59 リタ『万象を為しうる根源たる力 太古に刻まれしその記憶 我が呼び声に応え 今ここに蘇れ!エンシェントカタストロフィ!』

「エンシェントカタストロフィ」は、四属性の術式を周囲に展開し、そこから放ったエネルギーを集中・爆発させるリタの第一秘奥義。表示されているのは、TOV本編でインディグネイションを発動した時のカットインイラスト。ちなみに詠唱文は、正確には『万象を為しる根源たる力』。

01:04:17 デューク『災厄の主 この平穏の園を乱す!テンペスト』

「テンペスト」は、大きな竜巻と落雷を呼び寄せ嵐を起こすデュークのスキル変化術。表示されているイラストは初出不明(情報提供お待ちしています)。

01:04:34 スレイ&ライラ『フォエス=メイマ!』

「フォエス=メイマ」とは、ライラの真名。スレイは導師と呼ばれる存在で、天族と契約し、その真名を呼ぶことで融合する(神依)ことができる。表示されているムービーは、TOV本編でスレイがライラと初めて神依をした時のムービー。

01:04:50 スレイ&ライラ『火神招来!我が剣は緋炎!紅き業火に悔悟せよ!フランブレイブ!』

「フランブレイブ」は、巨大剣で薙ぎ払い爆散させるスレイの神依秘奥義。表示されているのは、TOZ本編でフランブレイブを発動した時のカットインイラスト。

01:05:02 パティ『覚悟するのじゃー』

表示されているのは、TOV本編で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

01:05:28 ユーリ『俺に力を!』『瞬け!明星の光!うおおおおぉぉッ!喰らいやがれ!天翔光翼剣!』

「天翔光翼剣」は、巨大な翼のような剣を振り下ろして敵を一刀両断するユーリの第二秘奥義。表示されているのは、TOV本編で天翔光翼剣を発動した時のカットインイラスト(イラストではユーリが素手だが、これはTOV本編ではユーリの光の剣がエフェクトで表現されているためと思われる)。

01:08:58 パスカル『この喜びを近所のおばさんに捧げる!』

TOG本編でのパスカルの勝利ボイス「この勝利を近所のおばさんに捧げる!」から。

01:09:10 デューク『強いのだな』 ユーリ『なに、一人じゃないからな …デューク…またな』

TOV本編でのラスボス戦後に全く同じやりとりがある。

03.スペシャルトークショー

01:16:58 木村『劇団ひまわりから来ました』

「劇団ひまわり」は、木村が所属する芸能事務所。

01:19:33 小山『某オフィスの社長さんが…』

15日公演のシークレットゲストで、株式会社ケンユウオフィスの代表取締役でもある「堀内賢雄」のこと。

01:22:18 小野坂『前来た時はミュージカルやってくれたよね』

TOF2013の6月2日公演の「あなたが考えるTOF2013ステージ企画」での出来事のこと。それに先立ち発売された「DJCD テイルズリング・フェスティバル2013」のゲームで敗北した櫻井と河原木が、TOF本番でいきなりミュージカルをやるという罰ゲームを課せられ、それを実行した。残念ながらこのコーナーはBDには未収録。

01:22:39 櫻井『ミュージカルやったあとにコントもやらされたの』

上記のミュージカルのあとに、櫻井はコント「大家族」を演じた。

01:23:07 小野坂『司会もね、やってくれましたよね』 河原木『そうですね。コスプレしましたね』

河原木はTOF2013で2日ともアシスタントを務めた。1日目は小野坂や河原木を含め。5人が持ちキャラのコスプレをして出演した。

01:23:28 植田『回数的には5回目なので、結構来てるんですけど、その半分以上司会なんですよ』

TOF2011、2012、2015(2日とも)と出演しており、2012と2015はアシスタントだった。

01:24:40 植田『同世代4人だしおんなじ事務所だし…』

植田、斎藤、中原は全員アイムエンタープライズ所属で同学年(1980年~1981年生まれ)。ちなみに4人目は、おそらく元アイム所属で、3人と「みっくすJUICE」というユニットを組んでいた森永理科(彼女も同学年)と思われる。

04.「テイルズ オブ」名セリフランキング

01:27:40 『10位 オレは『導師』になる!この身を君の器として捧げ、宿命を背負う! TOZ スレイ』

TOZ本編で、スレイがライラと契約し、導師となる時の台詞。

01:27:40 『9位 この世に悪があるとすれば、それは人の心だ TOP エドワード・D・モリスン』

TOP本編で、ゲームを最初に起動した時に流れる台詞。
「エドワード・D・モリスン」は、TOP本編が始まる約100年ほど前に魔王ダオスを封印した法術士。

01:27:40 『8位 僕は自分のした事に、一片の後悔もない。たとえ何度生まれ変わっても、必ず、同じ道を選ぶ TOD リオン』

「リオン」は、パーティメンバーで、ソーディアンの使い手である「リオン・マグナス」のこと。
TOD本編で、リオンが最愛の人を人質に取られてスタンたちと剣を交えたあとに述べた台詞。

01:27:40 『7位 ふざけろ!正義なんて言葉、チャラチャラ口にすんな!おれはその言葉が一番嫌いなんだ! TOS ロイド』

TOS本編で、妻のために街の住民を裏切っていたパルマコスタの総督ドアをロイドが責めたところ、ドアに「自分だけが正義と思うな」と言われたことに返した台詞。

01:27:40 『6位 未来はつくり出すもんだろ。選んだ道を信じてつくり出すもんだ TOV ユーリ』

TOV本編で、ユーリがデュークに「未来は守らねばならん。守らねば破滅が待っている」と言われたことに対して返した台詞。

01:33:30 『5位 目の前の人間も救えないで世界再生なんてやれるかよ TOS ロイド』

TOS本編で、目の前で虐待されている人を助けると旅の目的(コレットの護衛)が危うくなるにもかかわらず、助けようと飛び出したロイドの台詞。

01:35:34 『4位 俺がお前の手を取るだけだ。どちらが先かなんて関係ない。手はつなぐ事に意味があるんだから TOGf アスベル』

TOG本編で、アスベルがラスボスと和解し、自分に憑依させた時の台詞。映像で黒いモヤモヤとして表示されているのがラスボスのラムダ。

01:35:12 小野坂『スナギツネとしての台詞』

TOF2016で、櫻井がチベットスナギツネに似ているといじられたネタから。

01:37:58 『3位 あなたが美味しいと感じる心に、種族はありますか? TOR アガーテ/クレア』

TOR本編で、ヒューマとガジュマの関係が険悪になり、ガジュマの女王アガーテ(精神はクレア)が処刑されそうになった時に、クレアがヒューマもガジュマも同じ人だということを諭すために行った演説。

01:39:19 『2位 俺は悪くねぇっ!! TOA ルーク』

TOA本編で、ルークが敵のボスに、街を救うためだとだまされて街の住人を全滅させてしまい、そのことを仲間に責められたときの台詞。

01:40:09 鈴木『黙れこのクズ!』

TOA本編で、アッシュが、ルークに向かって度々言う台詞。
「アッシュ」は、ルークと浅からぬ因縁がある青年で、中の人も鈴木。

01:43:12 『1位 選ぶんじゃねえ。もう選んだんだよ TOV ユーリ』

TOV本編で、ユーリが街の住民を虐げていたキュモールを暗殺したことについて、フレンに責められた時の台詞。
「フレン」は、パーティメンバーで、騎士団の隊長「フレン・シーフォ」のこと。

01:44:43 鳥海『事務所一緒なんで…あの、先輩なんで』

檜山と鳥海は株式会社アーツビジョン所属。檜山は1988年、鳥海は1996年デビュー。

01:46:34 竹本『……ここは譲れねぇのさ。生きることを選んだ以上は』

TOV本編で、レイヴンがラスボス戦でデュークに対して言った台詞。レイヴンを操作キャラにしていないと聴けないレアな台詞。

01:47:08 下屋『私はずっと待っていました。穢れを生まない純粋で清らかな心を持ち、私の声が届くものが現れるのを』

TOZ本編で、スレイが導師としての宿命を受け入れる事を決意した時に言ったライラの台詞。

01:48:18 小野坂『俺様の本気 見せてやるよ!喰らいな!シャイニング・バインド!』

TOS本編で、ゼロスが「シャイニング・バインド」を発動した時の台詞。
「シャイニング・バインド」は、聖なる鎖で敵を攻撃し、首位を光で攻撃するゼロスの秘奥義。

01:49:25 『ガイ様華麗に参上』

TOA本編で、ルークが敵にやられそうになったところに スマートに割って入ったガイが自ら言った台詞。

01:49:25 『バカっぽい』

TOV本編で、リタが度々言う台詞。

01:49:25 『勇気は夢を叶える魔法』

TOS-R本編で、主人公のエミルが、いじめから助けてくれた青年から教わった言葉で、彼の心の支えとなった。

01:49:25 『だから僕は!僕のためにベルベットを守るんだ!』

TOB本編で、心が折れてしまったベルベットを立ち直らせるためにライフィセットが言った台詞。

01:49:25 『つらくても泣かないのじゃ それがうちのモットーなのじゃ……!』

TOV本編で、かつて自分を助けてくれた仲間をやむなく手に掛け、ユーリから「泣きたければ泣いた方がいい」と言われた時にパティが返した台詞。

01:49:25 『俺だって今しかねぇよ!奪われるだけの過去もない。それでも俺は俺であると決めたんだ』

TOA本編で、ルークがアッシュと最後の決着を付ける前に言った台詞から。

01:49:25 『アイテムなぞ使ってんじゃねえ!』

TOD2などで、バルバトスが秘奥義を発動する際の台詞。
「バルバトス」は、幾度もパーティのメンバーに立ちふさがる狂戦士で中ボスの「バルバトス・ゲーティア」のこと。

05.「テイルズ オブ」アートアトラクション

01:51:40 斎藤『テイルズのマスコットキャラクターになりますねー』

右下の「ビバ☆くん」は、かつて小野坂が司会をしていた「ビバ☆テイルズオブ」というシリーズの情報番組で作られたマスコットキャラクター。シリーズIP統括担当の田中快が声を当てており、時折TOFにも出演する。中の人はTOF2019のエグゼクティブプロデューサーでもある。

02:03:19 櫻井『途中なんか違うものに…』

おそらく、TVアニメ「ドラえもん」のドラえもんのことを言っていると思われる。

02:05:08 小山『お前はラピードになるのだ』

おそらくTVアニメ「タイガーマスク」のOPの冒頭の台詞「虎だ、虎だ、お前は虎になるのだ」から。テイルズとは関係ない。

01:13:34 斎藤『去年はネックレスだったそうなんですけど、今年は各タイトルのブレスレットが』

「ネックレス」は、「TALES OF FESTIVAL 2018 Crystalネックレス」のこと(絶版)。

「ブレスレット」も後日「Tales of series カスタムブレスレット」として商品化された。

02:14:25 小野坂『続いては…こちら~』

当日はこの後「テイルズ オブ エンターテインメント ニュース」があったが、BDではカットされている。

06.BONNIE PINK ライブ&トークショー

02:14:36 (鐘を鳴らして)

TOV本編のオープニングテーマ。BONNIE PINKの24枚目のシングル。

02:21:08 (We Belong)

TOAsteria~結晶の大地と導きの光のオープニングテーマ。

イベント当日は、この曲の前に、「Heaven’s Kitchen」(「味の素」CMソング)「Last Kiss」(テレビアニメ「GANTZ 〜the first stage〜」エンディングテーマ)が、曲の後に「A Perfect Sky」(「資生堂」CMソング)が演奏されたが、BDでは3曲ともカットされている。

02:28:17 BONNIE PINK『(ジャケットを)リクエストして描いてもらったんです』

おそらく↓のイラストのこと。

07.エンディングステージ

02:33:16 鈴木『来年もまた来てくれるかな』 観客『いいともー』

TV番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」の番組終了時のタモリと観客のやりとり「明日もまた見てくれるかな?」「いいともー!」から。ちなみに鈴木はTOF2016のエンディングステージでも同じネタをしている。

02:35:07 森永『舞台のこともお知らせできたし、あとグレイセスの単独イベントおめでとー』

「舞台」は、「テイルズ オブ エンターテインメント ニュース」で発表された、TOVの舞台化「テイルズ オブ ザ ステージ -光と影の正義-」のこと。
「グレイセスの単独イベント」も同じく、2019年11月24日に開催された「テイルズ オブ グレイセス アニバーサリーパーティー」のこと。

02:35:29 森永『今年沖縄も行ったり…』

森永がキャストとして同行したファンイベント「テイルズオブツアー 石垣島編」(2019年4月13日~15日)のこと。BDにダイジェストが映像特典として収録されている。

02:37:51 小山『私は友に誓ったのだ この世界を守ると』

TOV本編での、最終決戦でのデュークの台詞から。本編では、「未来は守らねば~」の台詞とは繋がっていない。

02:42:13 下屋『私は松来未祐さんからライラを受け継がせていただきました』

「松来未祐」は、TOZ本編でライラを演じていた声優。2015年10月27日に亡くなり、その後のライラ役を下屋が引き継いだ。

02:43:11 斎藤『ヴェスペリアのイベントに、単独イベントに参加させていただいて』

「イベント」は、2018年9月16日に開催された「テイルズ オブ ヴェスペリア 10thアニバーサリーパーティー」のこと。

02:43:20 斎藤『パティって、あとから参加…追加されたキャラなので』

パティは、TOVがXboxからPS3に移植する際に追加されたキャラクター(Xbox版では全く登場しない)。

02:47:13 斎藤『昨日発表された新しいマザーシップタイトル』

「テイルズ オブ アライズ」のこと。

08.エンドロール&フォトスライド

6月16日公演 イベント音声・映像特典

09.カゲアナ:開演前/終演後

00:00:56 アスベル『試作品のメカヒューバート1号が故障したらしい』

メカ○○は、パスカルがTOG本編のサブイベントで制作した、キャラクターのデフォルメ姿をモチーフにしたロボ。メカアスベルとメカソフィがある。
「ヒューバート」は、アスベルの弟である「ヒューバート・オズウェル」のこと。パスカルに惚れている。

10.終演後出演者メッセージ

00:02:12 鈴木『次回ぜひともティア来てほしい』

「ティア」は、パーティキャラでメインヒロインの「ティア・グランツ」および中の人である「ゆかな」のこと。

00:03:41 植田『リチャード来るかなあ?』

「リチャード」は、前述した「リチャード」および中の人である「浪川大輔」のこと。ちなみに浪川はイベントに出演した。

00:03:55 河原木『教官にも来てほしい』

「教官」は、パーティメンバーで、アスベルの騎士学校時代の教官「マリク・シザーズ」および中の人である「東地宏樹」のこと。ちなみに東地はイベントでは声のみの出演だった。


2019-06-16

【イベント】TOF2019 16日公演 レビュー

最近のシークレット豪華すぎません???

16日公演

開演前

14:30 会場に到着。乗る電車を間違えたせいで14時に着くつもりが遅刻。でも列は昨日の2.5倍くらいでこれまでの経験上カゲナレには十分間に合いそう。

14:50 入場。熱中症対策なのか今日も開場が前倒し。ロビーでしばし待って着席。今日はS席(アリーナ席)だけど珍しくステージ正面。ただし遠い。

15:30 アスベルとシェリアのカゲナレ。相変わらずの鈍感アスベル全開。それから2日目仕様のOP集。

16:20 スレイとライラのカゲナレ。下屋ライラもかなりなじんできた感ある。でもyukkun20は松ライラも忘れられないのです…

16:30 オープニングステージ

本日の司会はおなじみ小野坂氏と、TOVパティ役の斎藤千和さん。ちわちわktkr。さよなら絶望放送のゲスト回で好き勝手やって神谷氏を振り回していた時からの大ファンです。というか司会向きのキャラだなーと思ってたら今回初出場で初司会。

ちわちわは以前司会を務めた中原麻衣さんから司会の極意を教わってきたそうですが、中原さんのスパルタ振りがトラウマになっている小野坂氏は蒼い顔してましたw

16:30 スペシャルスキット テイルズ オブ アドベンチャー~芸術に導かれし星々

横浜で開かれる芸術祭に、リチャードの代わりにやってきたアスベルとシェリア。ヨコハマにはミクリオやエドナを探しに来たスレイ・ライラも来ていた。ライラはみんなと初対面だったが、すぐに打ち解ける。

一方ギルドの仕事で美術館の警備に来ていたユーリ、レイヴン、リタ。しかし一緒に来ていたはずのパティがいない。リタが探しに出ると、パティは街でユーリに振舞う手料理の食材を探しているところだった。

斎藤さんがパティの演技を全身でするので、各所から「かわいー!」の声が飛んでました。実際かわいい。

そこに昨日から来ていたルーク、ロイド、ゼロスも合流。ゼロスは早速パティにナンパを仕掛ける。しかしユーリにぞっこんのパティはそれを軽くあしらう。アスベルたちと待ち合わせをしていたパスカルも合流し、一行は美術館に向かうことになった。

とはいえ実際はゼロスが変態チックに迫ったのでだいぶパティも追い込まれてましたw

美術館でユーリとレイヴンが仕事をしていると、アスベルたち4人が現れる。レイヴンは早速初対面のライラをナンパ。しかしライラの寒いギャグで凍り付かされるのだった。

こっちはこっちで下屋さんの肩に手を回してやりたい放題。セクハラだろ!

ところが突如美術館に警報が鳴り響く。慌ててユーリたちが駆けつけると、コンテスト優勝作品として飾られていた絵が何者かによって盗まれていた。「守れなかった…」と落ち込むアスベル。

守ってたのアスベルじゃねーからという当然のツッコミが。

一方ロイドたちが美術館に着くと、入り口は施錠されていた。中で何かトラブルが起こったのだと気づいた一行は何とか中に入ろうとする。近くにあったボタンをパスカルが適当に押すと扉が開いた。しかしロイド、ルーク、リタが入ったところで再び扉が閉まり、ゼロス、パスカル、パティは閉め出されてしまった。仕方なく3人は別の扉を探すことに。

ユーリたちは絵画泥棒を追って美術館の中を捜索していた。怪しげな扉があり、レイヴンが不用意にそれに近づくと、扉が開いてレイヴンは中に吸い込まれてしまう。一行は慌ててレイヴンを追いかけるが、ユーリだけは「レイヴンがわざと吸い込まれたように見えた」と疑念を抱く。

そこへロイドたちも合流。さらに先へ進むと、そこには吊り天井の罠が。誰かが操作盤の上で踊っていれば天井が降りてこないことが判明。誰が踊るか…。シェリアが「アスベルは舞台慣れしているし(中の人ネタ)みんなを守れるはず」とまさかの裏切り。誰が踊るかは観客投票にゆだねられたがアスベルがまさかのぶっちぎり優勝。やむなく踊り始めたアスベルだが、すぐ足が攣ってしまい、結局全員で踊る羽目になったのだった(仕掛けはロイドがどうにか解除しました)。

その先でゼロスたちも合流。早速ゼロスはライラをナンパ。今度はレイヴン以上のなれなれしさで観客からも悲鳴が。そんな中、その先の広間では、シュヴァーンと話をする謎の男が…なんとそれはデューク(TOVのラスボス)だった。

ここでシークレットとして小山力也さん登場。小山さんもかっこええなぁ。でも歌われラジオを聞く限り、この方もかなり面白い人なんですよね。

一瞬レイヴンが裏切ったのかと緊張が走るが、シュヴァーンはデュークと旧知の仲であることを利用してスパイをしていただけだった。デュークは、「この絵は聖核のありかを示す物、人類に渡すわけにはいかない」と戦いを挑んでくる。デュークは大技を繰り出してくるが、最後はユーリの天翔光翼剣の前に膝をついた。

断末魔で小山さんが「私は悪くない!」と言ったせいで盛大な笑いが。ほらやっぱり面白い。

結局この絵が聖核のありかを示しているというのは壮大なデマだった。デマにだまされた私は悪くない、とデュークは姿を消した。ユーリたちが絵を元の場所に戻しに行くと、そこにはデュークが代わりに残したへったくそな絵が飾られていたのだった。

17:40 スペシャルトークショー

初めての方を中心にしたトーク。

パティ(斎藤千和さん)…昨今かわいいって言われることがないのでとても新鮮だったとのこと。いや、ちわちわはかわいいですよ。やっぱり女性は愛嬌だと思います。

ライラ(下屋則子さん)…エンディングの時に、「松来さんと私、二人で一人のライラだと思って一生懸命演じてます」と言ってくださってとてもうれしかった。ちわちわ泣いてるし。

シェリア(河原木志穂さん)…6歳になる娘と一緒にゲームプレイ中だそうです。ちなみに娘はアスベル派とのこと。

デューク(小山力也氏)…こんなに長いスキットだからきっとちゃんとしたドラマなんだろうと思って来たそうですwキャストたちのアドリブに飲まれて最後はボケてしまったとのこと。

17:55 「テイルズ オブ」名セリフランキング

昨日に引き続きまじめ企画か…と思いきや、キャストが名台詞をパロってボケたり、他人の名台詞を盗んだり、斎藤さんが心ない突っ込みを入れたりとなかなかにカオスなコーナーでした。詳しくはBDで取り上げます。

個人的にはTOPの「この世に悪があるとすれば、それは人の心だ」が9位にランクインしていたのがうれしい。ちゃんとモリスンさんのセリフとして扱われていたのもポイント高い(SFC版はモリスンのセリフだが、PS版ではダオスのセリフになっていたため)。

18:20 「テイルズ オブ」アートアトラクション

今回の企画(いつもの大喜利枠)は「テイルズ オブ 絵描き唄」。小野坂氏が特定のキャラの絵描き唄を歌うので、その歌詞だけを聴いてキャストがキャラクターを描くという唯一コンセプトを押さえたコーナー。

まあ大喜利なんですが、河原木さんの画力がやばかったり、森永さんが絵描き唄のセオリーを無視した構図の絵を描いたり、小西氏が「絵描き唄を歌う小野坂氏の絵」を描いたり、鳥海氏がユーリの似顔絵を描いたり(しかもうまい)、小山氏が山を張ってラピードを描いたはずなのにタイガー○スクになってたり、とにかくむちゃくちゃなコーナーでした。

18:45 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。

  • 毎年恒例のサンリオコラボ
    今年はハンギョドンが応援に来てました。ハンギョドン…yukkun20が子供の頃からいるキャラですが、今日初めて発音が「ハ↑ンギョド↓ン」ではなく「ハン↓ギョドン」だと知った。
  • TOG10th記念イベント開催
    11/24に舞浜アンフィシアターで開催。
    去年のTOVイベントは行けなかったからこれは行きたい。だってざーさん出るし。
  • テイオケ開催
    10/20にパシフィコ横浜で開催。
    こちらも行くつもり。今回はリバース、グレイセス、マイソロが中心(シリーズ楽曲もあり)で、オーケストラ編成ではなくブラスバンド編成だとか。
  • テイルズ オブ プチツアー開催
    1泊2日のバスツアー。
  • TOラジオ第2回の司会がスレイ・ミクリオに決定
  • 舞台版TOV
    12/5-15に天王洲で開催。
    今回キャストの発表がありましたが、かなり原作にキャストを寄せてきてる感じがしてびっくりしました。特にユーリ、エステル、フレンあたりは文句のつけようがないくらい。ちょっと興味あるけど天王洲は遠い。

19:20 テイルズ オブ ライブ

Bonnie Pinkのライブ。

  • 鐘を鳴らして(TOV)
  • Heaven’s Kitchen
  • Last Kiss
  • We Belong(TOAsteria)
  • A Perfect Sky

森永さんは大ファンだったらしく、ステージ袖ではなくわざわざ観客席に行って聞いていたそうです。

20:00 エンディングステージ

今日も企画はまじめだったけど、キャストがはじけてましたねー。特に司会から遠い小西氏・鈴木氏・鳥海氏が好き勝手やり出して小野坂氏がツッコミに回るいつもの大爆笑会でした。女性陣もしゃべれる方が多かったのでとても盛り上がりましたね。

今年はテイルズ関係のイベントが盛りだくさんなので、一ファンとしても楽しみにしています。オケは今年も絶対行きたい。TOGイベントも予定が合えば是非行きたいですね。昨年のTOVは旅行の日程と重なってしまい涙をのみましたので。あとでBD見てやっぱり行けばよかったと激しく後悔。

そして斎藤さんのアシスタント振りは水際だってました。ボケる、ツッコむ、タイムキープする、熱いコメントもOKとすばらしい人材。さすが中原さん直伝。なお小野坂氏には新たなトラウマが刻まれたようです。

20:20 終演

カゲナレはユーリとデューク。最近はボス枠がシークレットになることが多いですね。そろそろ若本氏が来たりして。

おまけ

上2つは前日物販で購入。左はマルチカラーライトです。今回のために作成されたオリジナル商品(いつもは汎用的なスティック状のライト)だそうで、マザーシップタイトルのイメージカラー16色が順番に点灯するようになっています。これでキャストの応援も楽々ですね!あと公式にイメージカラーが定まったのもいいこと。

右はチケットケースです。今回早速使いました。

下2つは別のお店で購入したライラのラバーストラップ。リタやアーチェのはいくつか持ってますが、ライラのは持っていなかったので。今回ライラ登場回だったし、松来さんへの追悼をこめて。


2019-06-15

【イベント】TOF2019 15日公演 レビュー

午前中は川崎で仕事してました。

TOF、まさかあのお方にお会いできるとは…

15日公演

開演前

14:00 会場に到着。雨と風が強く、並んでいる人も例年の3分の1程度しかいません。

14:30 30分早く開場。ただホールはまだ開いてないため、ロビーで待機。雨がしのげるだけでありがたい。

15:00 入場。さすがのスペシャルシートだけあって、前から5列目という最高の席です。

15:30 ヴェイグとクレアのカゲナレ。クレアの声を聞いたのは本当久しぶりですね。そうそうこういう感じだった。そのままいつもどおりOP集。

16:20 エドナとザビーダのカゲナレ。今回は天族そろい踏みですが、二人と関係の強いアイゼンはまた来られませんでしたね…

16:30 オープニングステージ

本日の司会はおなじみ小野坂氏と、TOX2エル役の伊瀬茉莉也さん。伊瀬さんかわいいなぁ。6年ぶり2回目の登場なのにいきなり司会、しかし全然物怖じせずこなされてました。ナイスアシスタント。

今回はアートがテーマと言うことで、キャストも皆さんも派手めの衣装だそうです。ギャラの3倍くらいする衣装着てるらしいですよw

16:30 スペシャルスキット 夢と創造~芸術の街、ヨコハマ~

横浜で開催される芸術祭の親善大使になったルーク…ではなくてヴェイグの付き添いでヨコハマに来たクレア。祭りのスポンサーであるルーク、仲間と共にヨコハマに来たベルベットも姿を見せる。クレアによると、祭りの参加者には「夢を現実に変える力」のあるバンダナが配られているとのこと。

そこへ迷子になったエルを探すルドガーとエドナもやってきてエルを見なかったかと尋ねるが、誰も知らない様子。そうこうしているうちにエルのGHSから電話がかかってきたため、一行は慌てて待ち合わせ場所の広場に向かうのだった。

ルドガーがエルの特徴を「ツインテールの子供」と説明したせいで、ベルベットがエルではなくアニスのことを思い浮かべてしまい、「玉の輿がどうの、お金がどうのって言ってたような」それを聞いた一行はルドガーに「小さい子にどんな我慢させてるんだよ!」と総ツッコミ。

一方ヴェイグとゼロスは、芸術祭に出展される作品の最終チェックを行っていた。あくまで仕事をまじめにこなすヴェイグはナンパしながらやっているゼロスの進捗が遅れていることをとがめる。

ゼロスが客席の女性に「今日は誰を見に来たの~?」と声をかけ、その女性は空気を読んで「ゼロスです」と答えたのですが、小野坂氏が「えーでもその着てるTシャツゼロスプリントのじゃないよねー。誰の?あ、近藤君の(TOX2)か~」といじり倒したせいで、檜山氏から「ここはおまえの自由時間か!」というツッコミが。

ミクリオも合流し二人がかりでゼロスを責めていると、アニーが息を切らせながら走り込んでくる。「四星(※TORに登場する敵役)が…」という言葉に色めき立つヴェイグだったが、どうやら四星がやっているお化け屋敷の人気が出すぎて行列整理が必要になたとのこと。またロイドも現れ、自分が作成している氷像の製作の手助けを依頼する。アニーはロイドを、ヴェイグはお化け屋敷を、ミクリオはゼロスを手伝うことにして、それぞれ散らばっていった。

炎天下で氷像を作るために、アニーが雨のフォルスで雪を降らせて気温を下げるっていう提案をするんですが…そんな設定ありましたねぇ。

ゼロスが作品のチェックをしていると、そこには見慣れない作品が。丸い本体に大きく「0」と書かれていたが、そこへ突如モンスターが現れる。撃退したところ、カウンターは「1」になっていた。ゼロスたちはほかの場所にもモンスターが入り込んでいるのではと考え、見回りに向かう。

広場に向かっていたエルはモンスターに襲われるが、ヴィクトルに助けられる。思わぬ再会に喜ぶエルだが、ヴィクトルはルドガーが来ていることを知ると、用事があるといい、困った時に開くようにと紙袋を渡して去って行った。入れ替わりにザビーダも合流、エドナとルドガーも追いつき、全員で広場に向かった。

アッシュの手助けもあり、全員が無事に合流。エドナは「バンダナの持つ、夢を現実に変える力とは、想像を現実化すると言うこと。「モンスター出てほしくないな」という思いがモンスターを呼んでいるのではないかと推測する。ゼロスが見つけた装置のカウントはすでに「876」に達していた。ゼロスは、人々の恐怖の感情がカウントされているのではないかという。

そこに現れたのは、ベルベットの宿敵、アルトリウスだった。

声ですぐ分かりましたが、まさか本当にこういうイベントに堀内賢雄さんが登場するとは思っていなかったので、場内は大歓声でした。テイルズで悪役やってるおっさんはみんなかっこいいよ。

アルトリウスは、人の感情をなくすために、装置を使って人の心を調べていたのだという。祭りを台無しにし、人の感情も狙うアルトリウスに一同は怒り戦いを挑むが、アルトリウスの圧倒的な力の前に苦戦。しかしエルがヴィクトルから集まったアイテムで全員を回復すると、ベルベットの一撃がアルトリウスをとらえた。アルトリウスは、勝負を預けるといい、姿を消したのだった。

バンダナの力を使って広場を修復し、祭りは無事続けられることになった。みんなの思い出を刻むため、キャンバスに全員で絵を描くことになり、物語は大団円。

広場を修復する際、昨年に引き続きエドナが「エドナの~お願い~聞いてほしいの(ハァト」と媚び媚び。ステージにはノルミン(着ぐるみ)も登場し、ているずおぶHRのエンディングテーマ「ノルミンダンス」が流れて(しかもTOHRではサビしか流れないのにフルバージョン。本邦初公開)カオスな状態に。「いい話やったのにノルミンが出てきたせいで全部持ってかれたわ」とは小野坂氏談。

17:40 スペシャルトークショー

初めての方を中心にしたトーク。

ヴェイグ(檜山修之氏)…ネタにされている「クレアー」の印象を変えたいと意気込んでました。

クレア(安田未央さん)/アニー(矢島晶子さん)…二人ともトークが上手なイメージだったのですが、大きなステージに出ることはないとのことでかなり緊張されている様子でした。でもお二人ともすてきボイスでした。矢島さんが亡くなられた運昇さんのちょっといい話をしてくださったのもよかった。

ザビーダ(津田健次郎氏)…「テイルズオブナマステから来ました」で大爆笑。分からない人は昨年のBD見てね。

アルトリウス(堀内賢雄氏)…役がまじめ一辺倒なので一応それを意識したキャラ立てをしておられましたが、他の人からいじられるとすぐ乗っかる性格のせいで全然うまくいってませんでしたw yukkun20としてはナディア以来の好きな声優さんなので、目の前で見られてラッキーでした。そしてベテランはやっぱり演技が半端なくうまかったです。あの死にかけボイスとかどうやって出してるんだって感じ。

18:05 「テイルズ オブ」名シーンカムバック

今回は出演者が偏っているので、それぞれの作品の名場面を振り返りつつ生アフレコします。あと当時の思い出話なんかも。

リバース

「ウォンティガの正殿」(アニーが「命に色はない」とウォンティガに宣言する場面)
「アガーテの訴え」(おなじみピーチパイの演説)

TOR15周年ということで、記念PVと、新規イラストが用意されていました。
当時ヴェイグは主人公なのにセリフが少なすぎると山口勝平さんや石塚運昇さんにいじられていたそうです。

エクシリア2

「ヴィクトル戦」(ヴィクトルとルドガーが戦うシーン)

エルの目の前で父親のヴィクトルが死ぬというショッキングなシーンで、エルの熱演に皆さん泣いてました。

ベルセリア

「アルトリウス戦」(ベルベットとアルトリウスの決戦シーン)

こっちは最後に正気を取り戻したアルトリウスとの別れのシーンと言うことで、TOX2以上に涙腺崩壊した人が多かったようです。

今回は内容がシリアスすぎてボケる暇がないな。

18:40 テイルズ オブ エンターテインメント ニュース

例年の「最新情報コーナー」。

  • TOARIZEの主人公・ヒロインの名前・CV発表

富澤Pが出てこられていろいろ解説されてました。結構過去作と毛色違ってる感じだけど大丈夫かなぁ。
ヒロインのシオン役は下地紫野さん(ゼノブレ2のヒカリ)だそうです!

  • TOCの最新情報

今作はコマンドバトルらしい。パネルもロビーに展示されてました。

  • アプリ情報

例年小西氏の茶番劇があるんですけど今年はなくて残念。代わりにスキットで情報が流されてました。テイチャンのTwitterにも後ほどアップされるそうです。

あれ、オケの情報無かった?

19:30 テイルズ オブ ライブ

DEENのライブ。

  • 夢であるように
  • 永遠の明日~君さえいれば~ひとりじゃない(メドレー)
  • ミライからの光(TOTR)

途中のMCも軽妙で、「君さえいれば」「ひとりじゃない」も超メジャーな曲なので面白かったです。

20:05 エンディングステージ

今回は企画自体がまじめだったので、いつもに比べると落ち着いた雰囲気でした。選ばれたシーンは納得のものばかりだったので、もちろんよかったんですけど、個人的にはもう少し笑いがあってもよかったかな。特にZ組が全然活躍できてなかった(まあエドナはノルミンダンスという最大の見せ場がありましたが)のがちょっと残念。津田さんもっと面白くいじってあげないと。

TOARIZEはまだ何ともいえませんが、全体的にまた重い感じの話になりそうですね。TOX以来重い話が続きすぎのような…。主人公もヒロインもシリアスなので、3人目以降に期待したいですね。

TOCはちょっと面白そうな感じがしました。コマンドバトルの方が空き時間にプレイしやすいのでいいかも。一応事前登録しておこうかな。

明日はテイオケの発表あるよね?

20:30 終演

カゲナレはベルベットとアーサー。この話で夢オチはやめてよ(号泣

おまけ

プレミアムシートについてきたお土産です。

左から、スケブにビニールファイルにステッカー。あとパンフレットとバッグもあります。ただ個人的な意見を言うと、今年のSDキャラはいまいちかわいくない…。


2019-05-05

テイフェス2019 今年もライブビューイング実施決定

GW恒例なんですが、海外旅行の計画を立てています。まだ正式決定ではないのですが、今年はイタリアに行くつもり。ヨーロッパの主要国は結構行っているyukkun20ですが、イタリアはまだ行ったことありません。イタリアは大事な時(端的に言うと新婚旅行)のためにプールしていたんですが、どうも一緒に行ってくれる相手が見つかりそうにないので(涙)一人で行こうと思います。ジョジョ5部の影響?言うなよ。

さて、TOF2019ですが、今年もライブビューイングがあるみたいですね。

全席指定で3600円/日。先行抽選販売は2019年5月11日(土)12:00~5月19日(日)23時59分の予定です。会場に足を運べない方も、是非お近くの映画館で空気を味わってみてはいかがでしょうか。


2019-03-20

テイフェス2019チケット 先行抽選販売がもうすぐ再開されます

ネルケが相変わらず面白すぎる…。現在15ターン目で人口を1000人に到達させるべく頑張ってます。畑で農作物を栽培したりダンジョンで資材を拾ったり→作物や資材ををアトリエで商品に加工→加工した商品をお店で販売→稼いだ金で町を発展→発展した町に人口流入→増えた人手でさらに栽培・資材集め、の永久ループを回しているだけなのに…。最近はアトリエもすっかりRPGになりましたが、ごく初期の頃はこういうシミュレーション的な側面の強いゲームだったんですよね。なんだか懐かしいです。

それはさておき。

フゥーハハハ!TOF2019の2日目公演のチケット取れたどー!S席だけど

これで1日目はプレミアム、2日目はS席で確定しました。もう休みも確保したし、後は当日を待つばかりですね。1日目はいい席でありますように。2日目はまあもう諦めているんですが、ステージを真横からしか見られない位置はもう勘弁してくれ。

それはさておき、自分はチケット確保できたので、次の先行販売情報のお知らせをじゃんじゃん流しましょう(最低)次はチケットぴあで、2019年3月22日(金)11時00分~3月25日(月)23時59分の販売予定です。

まだ確保できていない方、頑張ってください。


2019-03-08

TOF2019 公式サイト更新 アーティスト枠が決定

TOF2019のチケット、15日公演はプレミアムシートとったどー!アソビストアプレミアム会員になったかいがあったわ。でも16日公演は落選…。次の応募でS席狙うしか。

さて、TOF2019の公式サイトが更新され、出演者が追加発表されましたね。

出演者

※赤字が今回の追加出演者

6/15公演

小野坂 昌也 (ゼロス役/シンフォニア 12回目)  ※司会
伊瀬 茉莉也 (エル役/エクシリア2 6年ぶり2回目)※司会
小西 克幸  (ロイド役/シンフォニア 12回目)
檜山 修之  (ヴェイグ役/リバース 3年ぶり3回目)
安田 未央  (クレア役/リバース 初)
矢島 晶子  (アニー役/リバース 初)
鈴木 千尋  (ルーク役/アビス 12回目)
近藤 隆   (ルドガー役/エクシリア2 6回目)
逢坂 良太  (ミクリオ役/ゼスティリア 5回目)
福圓 美里  (エドナ役/ゼスティリア 5回目)
津田 健次郎 (ザビーダ役/ゼスティリア 3回目)
佐藤 利奈  (ベルベット役/ベルセリア 5回目)
DEEN    (アーティスト 6年ぶり3回目)

6/16公演

小野坂 昌也 (ゼロス役/シンフォニア 12回目)  ※司会
齋藤 千和  (パティ役/ヴェスペリア 初)   ※司会
小西 克幸  (ロイド役/シンフォニア 12回目)    
鈴木 千尋  (ルーク役/アビス 12回目)
鳥海 浩輔  (ユーリ役/ヴェスペリア 12回目)
森永 理香  (リタ役/ヴェスペリア 7回目)
竹本 英史  (レイヴン役/ヴェスペリア 7回目)
櫻井 孝宏  (アスベル役/グレイセス 2年ぶり9回目)
河原木 志穂 (シェリア役/グレイセス 6年ぶり4回目)
植田 佳奈  (パスカル役/グレイセス 4年ぶり4回目)
木村 良平  (スレイ役/ゼスティリア 5回目)
下屋 則子  (ライラ役/ゼスティリア 初)
BONNIE PINK(アーティスト 7年ぶり2回目)

BONNIE PINKさんはやっぱり来たなーという感じですね。TOVのOP「鐘を鳴らして」は日本語バージョンは生歌で聞いたことあるので、英語バージョンに期待したいところ。


2019-02-24

テイフェス2019チケット先行発売中

ロボノ、第2章まで終わりました。序盤なのに長いな…と思ってたら、次はもう個別ルートでした。なお綯様ルートである。早くない?

さて、テイフェス2019のチケットもう取れましたか?今回からホテルプランが先着順ではなく抽選になったので一応申し込んだのですが(といってもそろそろ年齢的にホテルプランに参加するのはつらくなってきた)外れました。

現在はアソビストプレミアム会員の先行予約が始まってます。プレミアムシートが13500円、SS席が12000円です。今回は値上げはありませんでしたね。yukkun20はこれまでプレミアム会員ではなかったのですが、このために加入しました。だってプレミアムチケット欲しいんだもん!ちわちわの司会最前列で見たいんだもん!

まあプレミアム会員はテイルズのギャグアニメが視聴できたりグッズを割引で変えたりする特典があるので当面は維持しようと思います。ファンタジアのグッズもっと作ってください!

あと、いつの間にか40万アクセス超えていますね。いつもご覧いただいている皆様、ありがとうございます。また教えてくださったIvanさん、ありがとうございました。こういうのって、達成する直前には気にしてるのに、達成する頃には忘れてるんですよね。


2019-01-26

TOF2019 公式サイト更新 出演者21名が発表されました

ようやく体調が戻りましたので、本日から更新再開いたします。

お休み中にお見舞いのメールをくださった皆様方、ありがとうございました。病床で大変励みになりました。

さて、TOF2019の公式サイトが更新され、出演者が発表されましたね。

出演者

6/15公演

小野坂 昌也 (ゼロス役/シンフォニア 12回目)  ※司会
伊瀬 茉莉也 (エル役/エクシリア2 6年ぶり2回目)※司会
小西 克幸  (ロイド役/シンフォニア 12回目)
檜山 修之  (ヴェイグ役/リバース 3年ぶり3回目)
安田 未央  (クレア役/リバース 初)
矢島 晶子  (アニー役/リバース 初)
鈴木 千尋  (ルーク役/アビス 12回目)
近藤 隆   (ルドガー役/エクシリア2 6回目)
逢坂 良太  (ミクリオ役/ゼスティリア 5回目)
福圓 美里  (エドナ役/ゼスティリア 5回目)
津田 健次郎 (ザビーダ役/ゼスティリア 3回目)
佐藤 利奈  (ベルベット役/ベルセリア 5回目)

6/16公演

小野坂 昌也 (ゼロス役/シンフォニア 12回目)  ※司会
齋藤 千和  (パティ役/ヴェスペリア 初)   ※司会
小西 克幸  (ロイド役/シンフォニア 12回目)    
鈴木 千尋  (ルーク役/アビス 12回目)
鳥海 浩輔  (ユーリ役/ヴェスペリア 12回目)
森永 理香  (リタ役/ヴェスペリア 7回目)
竹本 英史  (レイヴン役/ヴェスペリア 7回目)
櫻井 孝宏  (アスベル役/グレイセス 2年ぶり9回目)
河原木 志穂 (シェリア役/グレイセス 6年ぶり4回目)
植田 佳奈  (パスカル役/グレイセス 4年ぶり4回目)
木村 良平  (スレイ役/ゼスティリア 5回目)
下屋 則子  (ライラ役/ゼスティリア 初)

今回も女性陣が多いですねー。特にちわちわの司会とかもう期待しかない。

あと昨年好評だったからなのか、今回も作品を大分偏らせてきましたね。作品が同じだとキャスト同士の掛け合いも充実しているので個人的にもよかったと思いますし。
1日目はリバースとゼスティリア、2日目はヴェスペリアとグレイセスか…もう少し早ければ、ユージーン役の石塚運昇さんと、ライラ役と松来さんが見られたかもしれない…のが残念です。

昨年の参戦人数を考えると、あと1~2名くらい枠あるかな?未だにお当番回のないファンタジアのことも思い出してくださいね!来年25周年だしな!