テイルズ オブ フェスティバル 2009 元ネタ集

サブタイトルや時間などは全てDVD版に準拠。敬称略。ネタバレ全開。

昼の部

01.オープニングステージ

00:03:44 小野坂『4000人ですって』

TOF2009の会場である文京シビックホール(大ホール)のキャパシティは約1800人なので文字通り倍増。

02.スペシャルスキット「ようこそ凛々の明星ブレイブヴェスペリアみなとみらい店へ!」

00:06:55 ゼロス『ビバ☆テイルズオブinパシフィコ~!』

「ビバ☆テイルズオブ」は、過去作の予約特典DVDに収録されている、ゼロスとジェイド(ジェイドについては後述)によるトーク番組。画面に表示されているセットの背景は、その時のものが流用されている。2008年に小野坂が顔出しでしていた同名のトーク番組とは一応別物。

00:08:08 ゼロス『オレ様テセアラに帰らせてもらう』

「テセアラ」は、TOSの舞台となる二つの世界のうちの一つ。ゼロスの出身地。

00:09:42 ルカ『ホットドッグ、買ってきます』 

TOIの冒頭で、ルカが街の子供達のパシリにされ、しょっちゅうホットドッグを買いに行かされていたことから。

00:10:36 フレン『みんなの人気者、愛されキャラのバルバトス・ゲーティアさんに変更するべし』

「バルバトス・ゲーティア」は、TOD2の中ボス。CV:若本規夫。
若本の独特な節回しと、ただでさえ戦闘力が高いのに、こちらが回復術やアイテムで回復しようとするとカウンターで大ダメージを与えてくるという強烈な戦闘能力から、シリーズ屈指の悪役としてある意味人気者。

00:11:26 ロイド『シンフォニアのOVAの続きがまだだから』

「OVA」は、2007年から制作された「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION」のこと。当時は物語の序盤に当たるシルヴァラント編のみが制作されていたことから(元々はこれで完結の予定だったが、その後テセアラ編、世界統合編も制作された。詳しくは夜公演のトラック06を参照)。

00:11:54 ゼロス『犯人が、超振動発生装置を会場にセットした?』

「超振動」は、まったく同一の振動数を持つ音素を干渉させることで、ありとあらゆるものを分解し再構築する現象のこと。TOAに登場する。音素フォニムとは、TOAの世界で、世界を構成しているとされる元素のこと。

00:12:09 ゼロス『超振動のパワーで魔界クリフォトへと真っ逆さま…』

魔界クリフォト」は、TOAの地底に広がる、瘴気に閉ざされた大陸のこと。

00:13:15 フレン『僕は必ず戻る!』

おそらく、TOV本編で、ユーリがフレンの身代わりとなり、その間にフレンが戦争を止めるために奔走した時の状況を踏まえていると思われる。が、同じようなセリフは本編中にはない。

00:14:48 エステル『凛々の明星みなとみらい支店 ボス カロル・カペル…』

「凛々の明星」は、TOV本編でユーリたちが結成したギルドの名前。いわゆる何でも屋。
「カロル・カペル」は、パーティメンバーで、「凛々の明星」のボスを務める少年「カロル・ カペル」のこと。

00:15:21 エステル『幸い、テイルズオブシリーズにはたくさんの衣装が用意されています』

画面に表示されているのは、いずれもTOV本編で特定の称号を装備した時に使用できる衣装。左から、リタの「ミシカ博士号」、レイヴンの「天を廻る輝星」、ジュディスの「イントゥザスカイ」、カロルの「高き頂を制す黄金戦士」。

00:16:35 エステル『シャルリーアシュルクヴェイティトポン♪やっぱり女の子のあこがれです~』

エステルの称号「秘密の魔女っ娘MX」の説明文から。TOV本編中ではこれ以上の説明はないが、おそらくシリーズのBLカップリング(シャルティエ×リオン、アッシュ×ルーク、ヴェイグ×ティトレイ)を意識していると思われる。

00:17:49 ルーク『俺は親善大使なんだぞ』

ルークはTOA本編の序盤でキムラスカ王国の親善大使に任命され、一層わがままを言うようになり、誰かからたしなめられると「俺は親善大使だぞ」という主張を繰り返したことから。

00:17:52 ユーリ『やれやれ…貴族ってやつは』

ルークはファブレ公爵公子。

00:18:20 ティア『あいにく今日は長髪バージョンのルークしかスケジュールが空いてなくて…』

ルークは当初わがままな性格だったが、TOA本編の中盤で起きた事件をきっかけに変わることを決意し、その証として断髪する。そのことから、TOFでは長髪ルークはわがまま、短髪ルークは謙虚な性格付けがされていることが多い。

00:18:38 ティア『キムラスカ行きの馬車だと勘違いして…』

「キムラスカ」は、ルークが暮らす「キムラスカ王国」のこと。

00:19:05 ルーク『ものを食ったら金を払わなくちゃいけないなんて…』

TOAの序盤で、ルークが商店に並ぶリンゴをかってに取って食べてしまったことから(ルークはいつも家のツケで買い物をしていたので、お金を払うという概念がなかった)。

00:19:16 ルーク『俺は悪くねぇ!!』

TOA本編で、ルークが敵のボスに、街を救うためだとだまされて、街の住人を全滅させてしまい、そのことを仲間に責められたときのセリフ。確かにルークにも同情すべき点はあったのだが、「俺は悪くねぇっ!」という主人公らしからぬ逆ギレを見せたため、ほとんどの仲間からはあきれられた。
TOFでは中の人鈴木千尋が持ちネタとして、観客を巻き込んで叫ぶことが恒例化している。

00:19:58 エステル『お仕事中失礼します、エステリーゼ様』

「エステリーゼ」は、エステルの本名(「エステル」は、ユーリがつけたあだ名)。
ちなみにエステルはギルドのメンバーではないので、この時仕事をしていたわけではない。

00:21:16 フレン『騎士団を脱退してから、君の正義は歪んでしまったようだね』

ユーリが騎士団を脱退した理由は、このDVDで言及されている劇場版TOVを参照のこと。

00:24:20 スタン『人気投票でユーリに1位の座を奪われたことそんなにいつまでも気にしなくても…』

リオンは第3回人気投票では1位だったが、ユーリが初参戦した第4回人気投票ではユーリが1位、リオンが2位だった(ちなみに3位はルーク)。

00:25:35 リオン『ダリルシェイドに帰らせてもらうぞ』

「ダリルシェイド」は、TOD本編に登場するセインガルド王国の首都。リオンの実家である「ヒューゴの屋敷」がある。

00:25:44 スタン『マリアンさんに約束したんだろ』

「マリアン」とは、リオンの実家(後述のヒューゴ邸)で働くメイド で、リオンが一番大切にしている女性である「マリアン・フュステル」のこと。

00:26:30 カイル『あなたは英雄じゃない、ただの食いしん坊万歳だっ!』

TOD2本編で、愛する女性よりも軍人としての作戦続行を選んだディムロスに対してカイルが言った台詞「あなたは英雄なんかじゃない!ただの腰抜けだッ!」から。
「食いしん坊万歳」は、フジテレビ系列で放送されている料理番組「くいしん坊!万才」から。

00:27:23 カイル『母さんの名前?ルーティ・カトレットだけど』

「ルーティ・カトレット」はTOD2のパーティメンバーで、金にがめついトレジャーハンター。TOD2ではスタンと結婚し、カイルをもうけている。

00:27:25 リオン『な、なにっ…!』

姓は違うが、リオンとルーティは実の姉弟であるため驚いている。リオンがマジギレしているのは、このままだとスタンが義兄になってしまうからと思われる。

00:28:27 カイル『天上人てんじょうびとの遺産、超振動発生装置をバルバトスに奪われてしまって…』

「天上人」は、過去の時代に、彗星の衝突により住めなくなった地上を逃れて、空中に築いた外殻に上がった人々が、自分達を称して言った名前。ちなみにTOD-Rでは「てんじょうじん」 と発音されている。

00:29:32 フレン『フォースフィールドでお客さんたちを…』

「フォースフィールド」は、障壁を張り巡らし範囲内にいる味方を8秒間無敵状態にするエステルの上級魔術。

00:32:59 リオン『超振動発生装置にルークの超振動をぶつけてエネルギーを相殺すればいい』

前述の通り超振動は音素の干渉によって発生するが、ルークは単独でこの超振動を発生させることが出来る、TOA世界でもかなり珍しい特性を持つ。

00:33:10 ティア『第七音素が暴走し、日本列島がまるごと吹き飛ぶでしょうね』

第七音素セブンスフォニム」とは、TOAに登場する音素の一つ。ルークが超振動を起こすために用いる音素。

00:35:52 カイル『ハロルドが作ってくれた、バルバトスレーダーが反応してる』

「ハロルド」は、パーティメンバーで、天才科学者の「ハロルド・ベルセリオス」のこと。

03.スペシャルトークショー

00:42:52 小野坂『そういうことを今口々に言って』
00:42:59 小野坂『おい!口々に言うな!』

これ以降のTOFでも時々出てくる小野坂の伝統芸。

04.「テイルズ オブ ヴェスペリア」ミニスキット

00:48:00 フレン『…』

宮野が右手を握って胸に当てているのは、フレンの立ち絵イラストを真似ていると思われる。

00:49:03 ユーリ『俺の中の人が実写で登場するあのチャレンジなDVD以上に…』

「DVD」とは、Xbox版TOVの予約特典だった「テイルズチャンネルDVD」のこと。メインコンテンツの一つ「アドベンチャードラマ ラピードと冒険する未来研究所 ~エステルを探して~」は、(ユーリではなく)鳥海がバンダイナムコの本社を訪れるという内容だった。

00:49:44 ユーリ『アイマスのビジネスモデルはこういう所に生かされてるってワケだな』

「アイマス」とは、バンナムから発売されているアイドル育成ゲーム。キャラクターモデリングのかわいさや豊富な衣装に定評があり、ユーリはそのことを言っていると思われる。

05.「テイルズ オブ グレイセス」トークショー

01:08:50 馬場『発売日はですね…今年の冬を予定しています』

TOGは予定通り、2009年12月10日に発売されました。

06.スペシャルミニトーク

01:12:28 ゆかな『ジェイドとか言ってました』

「ジェイド」は、パーティメンバーでマルクト帝国軍大佐の「ジェイド・カーティス」のCVを務める子安武人のこと。

07.テイルズ オブ ライブ

01:15:16 (flyaway)

マイソロ2本編のオープニングテーマ。BACK-ONの6枚目のシングル。

08.BACK-ON トークショー

01:18:44 木村『BACK-ONの皆さんで「flyaway」と「Re:Start」でした』

「Re:Start」はマイソロ2本編の2周目以降のエンディングテーマ。前記シングルのカップリング曲。

01:24:10 TEEDA『馬場さんと大館さんに…』

「大館さん」は、マイソロ2の制作プロデューサーである大舘隆司のこと。

09.「テイルズ オブ バーサス」オープニングムービー

10.GIRL NEXT DOOR トークショー

11.エンディングステージ

01:35:39 小西『コレットがあ~ってなったところで終わってますけど』

TOSのOVAのシルヴァラント編は、コレットが感情を失い、敵にさらわれてしまったところで終わっている。

01:38:15 緑川『魔人闇マリアン!』

「魔人闇」は、闇の力を剣に集めて込めて敵を貫くリオンの技(TODRでは術剣技)。名前は言うまでもなく前述のマリアン・フュステルから取られていると思われる。

01:38:59 関『おまけで出してもらったテイルズオブデスティニー2の…』

TOD2はスタンの息子カイルが主人公なのだが、スタンはストーリーの都合上、基本的にエンディングにしか登場しない。

01:42:12 鈴木『双牙斬!』

「双牙斬」は、斬り下ろしから斬り上げへと繋げるルークの特技。

01:42:29 ゆかな『ホーリーランス!』

「ホーリーランス」は、敵を聖なる槍で貫くティアの上級譜術。

昼の部 音声・映像特典

01.音声特典:終演後カゲアナ(リオン)

01:46:25 リオン『魔人闇がヒューゴ邸で打ち上げパーティを開くだと?』

「ヒューゴ」は、リオンの実父で、巨大企業オベロン社の総帥「ヒューゴ・ジルクリスト」のこと。

01:46:50 リオン『今すぐ飛行竜を手配しろ』

竜を模した飛行機械。過去文明の遺産で、この世に1機しかない。

02.映像特典:終演後出演者メッセージ

夜の部

01.オープニングステージ

02.スペシャルスキット「運命家族デスティニーファミリーYOKOHAMAへ行く」

00:08:19 カイル『リアラにも買ってあげよっかな…』

「リアラ」は、パーティメンバーで、英雄を探す少女「リアラ」のこと。

00:09:09 カイル『じゃあ…エミリオさん?』

「エミリオ」は、リオンの本名「エミリオ・カトレット」から。「リオン・マグナス」は、父ヒューゴとの関係を隠すために与えられた偽名。

00:09:20 カイル『じゃあジューダス』

「ジューダス」は、パーティメンバーで、仮面をかぶった謎の剣士「ジューダス」のこと。実はリオンとは同一人物だが、その正体は終盤になるまで明かされない。

00:10:51 アナウンス『王都レグヌム空港到着の時刻は…』

「レグヌム」は、TOIに登場する都市。ルカの出身地。

00:12:16 リオン『爪竜連牙斬!』

「爪竜連牙斬」は、踏み込みから流れるような4連続攻撃を放つリオンの特技(TODRでは剣技)。

00:12:53 ルカ『エディとニーノにピリ辛ホットドッグを買ってこいって命令されて…』

王都レグヌムに住むいじめっ子。ルカをパシリにしている。

00:15:03 関『おいルカ、ホットドッグ買って来なかったら、鼻でうどん食べる約束だぞ!」「ルカのくせに調子に乗りやがって、お詫びに目でピーナッツかんでみろ!」

いじめっ子、CV関智一、鼻で麺類/目でピーナッツという組み合わせから、どう考えてもテレビアニメ「ドラえもん」に登場するスネ夫を意識したセリフ。

00:15:22 ルカ『目でピーナッツをかむオベロン社製の便利な道具出してくださいよ~』

引き続き、テレビアニメ「ドラえもん」で、いじめられたのび太がドラえもんに泣きつくセリフから。

00:15:59 ルカ『天上界が滅びたのも、イリアの笑い方が到底ヒロインとは思えない邪悪っぷりなのも…』

「天上界」は、TOIではるか昔に存在した神々の住む世界のこと。何らかの原因で滅び、神々もほぼ全てが命を落とした。
「イリア」は、パーティメンバーでヒロインの銃使い「イリア・アニーミ」のこと。基本的にいじめっ子で、「イッシッシッシッシ」と笑うことも多い。

00:16:30 カイル『街一つを消滅させても、「師匠が悪い、俺は悪くない」って言い切っちゃえる、あの人がいれば』

ルークが物語り序盤で敵(師匠)の策略にはまり、超振動で街を一つ消滅させたことから。

00:46:50 ルーク『今までの俺とは、さようならだ。みんな、これからの俺を見ていてくれ。すぐには上手くいかないかも知れない。でも俺…変わるから』

前述したルークが改心し断髪するイベントでの台詞「これで、今までの俺とは、さよならだ。これからの俺を見ていてくれ、ティア。(中略)……すぐには上手くいかねぇかも知れない。間違えるかも知れない。でも俺… 変わるから」から。

00:18:54 ティア『中華食材店の店員さんに、「豆板醤くれよぉ」って言ってみるわ』

TOA本編でルークが初対面の村人に対し、「ミソくれよ」と言い放ったエピソードから。

00:19:20 リオン『オベロナミンC、オベロナミンEX、オベロナミンGOLD』

いずれもTODRに登場した回復アイテム。

00:19:50 ルーク『俺は珍獣かっつーの!チーグルかっつーの!』

「チーグル」とは、TOAに登場する、耳が大きい小動物のような魔物。

00:20:59 ルーク『俺が死んでアクゼリュスが復活するなら……ちょっと怖いけど……死ぬ」

TOA本編でのルークの台詞「俺が死んでアクゼリュスが復活するなら……ちっと怖いけど……死ぬ。」から。「アクゼリュス」は、ルークが滅ぼした街の名前。

00:21:08 ルーク『おい、汚ねえから触んなよ、うつるかもしんねーぞ』

TOA本編でルークが瘴気に苦しむ人々を見た時の台詞「汚ねぇからやめろよ、伝染るかもしれないぞ」から。

00:21:10 ルーク『ダメだアッシュ、お前を死なせる訳にはいかない!』

TOA本編でのルークのアッシュに対する台詞『駄目だ!おまえを死なせる訳にはいかない!」から。

00:21:19 ルーク『おいルカ、お前も二重人格コントやらされたくなかったら…』

ルカの前世は、天上界を統一し魔王と呼ばれた神であり、ルカもその記憶をわずかに持っている。そのためルークは「お前も」と言っていると思われる。

00:21:32 ルカ『特急わかさぎ2号アシハラ行きに乗るんだ』
00:21:42 ルカ『すぐに4番線ガラムスチームライン準急こぐま号に乗り換えて』
00:21:50 ルカ『マムート私鉄駅まで移動』

「アシハラ」「ガラム」「マムート」は、いずれもTOIに登場する街の名前。

00:22:06 ルカ『青春18チケットを使えばたったの2000ガルドで…』

「青春18チケット」は、全国のJR普通列車・快速列車に1日乗り放題になる「青春18きっぷ」から。ちなみに特急は対象外なので、「特急わかさぎ2号」に乗れるのかどうかは不明。

00:22:30 カイル『上空にレアバードが2機!』

「レアバード」は、TOSに登場する個人用飛行機械。パーティメンバーは全員専用機を持っている。2人乗りも可能。

00:23:40 ゼロス『予約特典DVDで何度も共演してるけど』

「予約特典DVD」とは、前述した「ビバ☆テイルズオブ」のこと。ゼロスとジェイドは5回にわたって共演している。

00:24:24 ゼロス『アビスチームはギスギスしてて大変だなー』

アビスチームはシリーズの中でもパーティメンバーの人間関係が比較的悪いと言われている。

00:25:40 ロイド『しいなといいティアといい、胸が大きければ誰でもいいのかよ!』

「しいな」は、パーティメンバーでグラマーなくの一「藤林しいな」のこと。ゼロスとは腐れ縁。

00:28:20 リオン『バンエルティア号か』

「バンエルティア号」は、TOWRM2で主人公たちの拠点となる海賊船(後に飛行も可能になる)。ただしモニタに表示されているのは、TOEに登場したバンエルティア号。こちらも海賊船で飛行も可能だが、デザインがやや異なる。

00:29:00 ユーリ『蒼破刃!』

「蒼破刃」は、疾風の衝撃波を放つユーリの特技。 

00:29:03 フレン『虎牙破斬!』

「虎牙破斬」は、斬り上げと斬り下ろしによる二段斬りをおこなうフレンの特技。

00:29:06 エステル『我を取り巻く六つの星よ、万物を阻む光の盾となれ!バリアブルヘキサ!』

「バリアブルヘキサ」は、範囲内の味方の物理防御力を一定時間上昇させるエステルのスキル変化術。

00:29:14 ユーリ『腹ぁ括れよ!天狼滅牙!』

「天狼滅牙」は、神速の剣戟を叩きこむユーリのバーストアーツ。

00:30:22 ゼロス『出発前に満タンにしたのに、ガス欠状態になってるし』

レアバードはマナの力で飛行するのでガス欠にはならないはず。

00:31:27 カノンノ『ザギやハスタが手を組んで…』

「ザギ」は、TOVに登場する狂戦士「ザギ」、「ハスタ」は、TOIに登場する狂戦士「ハスタ・エクステルミ」のこと。

00:31:37 フレン『ハスタに、ザギ、ディスト、マグニス、リグレット、アリス、マイティ・コングマン』

「ディスト」「リグレット」は、いずれもTOAに登場する六神将(いわゆる中ボス)の「ディスト」「リグレット」のこと。
「マグナス」は、TOSに登場するディザイアンの幹部(いわゆる中ボス)の「マグニス」のこと。
「アリス」は、ラタトスクに登場するヴァンガードの戦闘班リーダー(いわゆる中ボス)の「アリス」のこと。
「マイティ・コングマン」は、TODのパーティメンバーで、闘技場のチャンピオン「マイティ・コングマン」のこと。もちろん悪者ではない。

00:32:19 カノンノ『機関室のチャットさんから緊急連絡です』

「チャット」は、TOEに登場する海賊の少女「チャット」のこと。バンエルティア号の所有者(マイソロ2でも同じ)。

00:32:43 カノンノ『グミを買ったお客さんは灼熱のバーンストライクで消し炭に変えるって言ってるって!』

「バーンストライク」は、地面で強力な爆発を起こす火炎弾を降らせるバルバトスの中級晶術。発動時にバルバトスが「灼熱のバーンストライク!」と言うことから。
TOD2で登場したバルバトスは、1戦目ではガードする時のカウンターとして、2戦目では条件なしでこの術を使用する。またバルバトスは、プレイヤーがグミ(回復アイテム)を使用するとカウンターで術を使ってくるのだが、その時に使う術はシャドウエッジなので、この台詞は両者を混同していると思われる。

00:34:57 ゼロス『喰らいな!ディバイン・ジャッジメント!』

「ディバイン・ジャッジメント」は、上空から光の雨を降らせて敵を攻撃するゼロスの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。

00:35:07 ティア『穢れなき風 我に仇なす者を包み込まん イノセント・シャイン!』

「イノセント・シャイン」は、上空で収束した光で敵を攻撃するティアの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。

00:35:20 スタン『負けられないんだ!舞え 紅蓮の翼!皇王天翔翼!』

「皇王天翔翼」は、鳳凰のオーラをまとって突撃するスタンの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞もマイソロ2のもの。

00:35:32 カイル『これは受け継がれた英雄の剣だ!行くぞ!斬!空!天翔剣!』

「斬空天翔剣」は、突きや斬りの5連撃を繰り出すカイルの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞もマイソロ2のもの(ただし「行くぞ!」という台詞はない)。

00:35:47 リオン『目障りだ!僕の目の前から消えてしまえ!魔神煉獄殺!』

「魔神煉獄殺」は、闇のオーラで浮かせた敵を空中で切り刻み、突進するリオンの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞もマイソロ2のもの。

00:35:59 カノンノ『今を越える力になるの!刻め!ラヴ・ビート!』

テロップでは「ラヴ・ビート」が技名のように表示されているが、正式な技名は「アンチェインド・ノート」(技名を叫ばないのはマイソロ2からの仕様)。「アンチェインド・ノート」は、愛の旋律で周囲を攻撃するカノンノの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。

00:36:11 ロイド『会場のみんな!俺に元気を分けてくれ!』

マンガおよびテレビアニメ「ドラゴンボール」で、主人公の孫悟空が元気玉を使用する時の台詞「オラに元気を分けてくれ」からと思われる。テイルズとは関係ない。

00:36:14 ロイド『食らえ!天翔蒼破斬!』

「天翔蒼破斬」は、空中で大きく振りかぶった剣をたたきつけるロイドの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞はなぜかバーサスのもの。

00:36:22 ルカ『天を統べる覇者の証!魔王灼滅刃!』

「魔王灼滅刃」は、敵を斬りつけながら突進するルカの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。

00:36:32 エステル『邪と交わりし悪しき魂に清き聖断を!セイクリッドブレイム!』

「セイクリッドブレイム」は、空中から光で攻撃しつつ味方を回復するエステルの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。

00:36:42 ルーク『これで決めてやる!響け!集え!全てを滅する刃と化せ!ロスト・フォン・ドライブ!』

「ロスト・フォン・ドライブ」は、超振動を自分の前方に発生させて攻撃するルークの隠し秘奥義。表示されているのは、マイソロ2でレイディアント・ハウルを発動した時のカットインイラスト。

00:36:57 フレン『これでお終いにするよ!はああぁぁぁっ!光竜!滅牙槍!』

「光竜滅牙槍」は、剣先から竜の闘気を飛ばして攻撃するフレンの秘奥義。表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞は、正しくは「ここでお終いにするよ」。

00:37:18 ユーリ『これで決める!閃け!鮮烈なる刃!無限の闇を切り裂き仇なす者を微塵に砕く!漸毅狼影陣!』

「漸毅狼影陣」とは、瞬間移動しながら連撃を浴びせるユーリの秘奥義。 表示されているのは、マイソロ2で発動した時のカットインイラスト。発動時の台詞は、正しくは「無辺むべんの闇を鋭く切り裂き」。

03.スペシャルトークショー

00:43:21 鈴木『そして時々アッシュをやっております』

「アッシュ」は、六神将の一人である「アッシュ」のこと。ルークとは因縁があり、CVも同じ。

00:51:17 福山『ロニさんとかナナリーさんとか』

「ロニ」は、カイルと同じ孤児院で育った兄貴分「ロニ・デュナミス」と、中の人である「関俊彦」のこと。
「ナナリー」は、カイルと共に旅する弓使い「ナナリー・フレッチ」と、中の人である「川上とも子」のこと。

00:51:32 小野坂『絶対ポンチョ着てきてよ』

福山はしばしばポンチョを着用していることで知られている。

04.「テイルズ オブ ヴェスペリア」ミニスキット

05.「テイルズ オブ グレイセス」トークショー

01:10:06 小野坂『鉄拳だ、鉄拳、鉄拳だ!』

「鉄拳」は、バンナムが発売している3D格闘ゲームシリーズ。

06.スペシャルミニトーク

01:25:37 福山『エターニアもなってますよね』

福山が言っているのは、2001年に放送された「テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION」のこと。TOE本編序盤の時間軸で、ゲームでは描かれなかったエピソードが放映された。シリーズ初のアニメ化作品。

01:26:24 関『春はちょっと僕まずいんですよ。別の映画でちょっと…(中略)○○っていうのがあるんで…』

春先に映画が公開されるテレビアニメ「ドラえもん」のこと。関は2005年から「骨川スネ夫」役を演じている。「○○」は、スネ夫の口グセ「ママーっ」と言っていると思われる。

07.テイルズ オブ ライブ

01:34:13 (二人三脚)

ラタトスク本編のオープニングテーマ。misonoの10枚目のシングル。

08.misono トークショー

01:42:21 小野坂『ストーリーがね、泣けるんですよね。特に俺が死んだ方が』

ゼロスはフラグの立て方によっては終盤で死亡する(ラタトスクを見る限り、生存ルートの方が正史)。

09.エンディングステージ

01:49:02 鈴木『ガイとかね、ジェイドとか出てほしいじゃないですか』

「ガイ」は、ルークの家の使用人で、ルークの親友でもある「ガイ・セシル」と、中の人「松本保典」のこと。

01:49:30 鈴木&ゆかな『師匠、みなさん、ありがとうございましたっ!』

TOA本編での最終決戦後のルークの台詞「ヴァン師匠…ありがとうございましたっ!」から。

10.エンドロール&フォトスライド

夜の部 音声・映像特典

01.音声特典:終演後カゲアナ(ユーリ)

02:06:35 ユーリ『いい加減にしろ、ラピード!』

「ラピード」は、ユーリの相棒の犬。実際のCVは石井真だが、ここでは鳥海か宮野が声を当てていると思われる。

02.映像特典:終演後出演者メッセージ

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

皆さまのコメントが励みになっています。ありがとうございます。