2018-10-02

【アニメ】ペルソナ5 #26 I won’t let it end here レビュー

今週末はテイオケですね。3連休なのを失念して普通に金曜の夜に上京して日曜に帰る予定を立ててしまった…月曜帰りにすればよかったわ。

ペルソナ5 #26 I won’t let it end here

今回はネタバレ度が高いので畳みます。

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-10-01

【アニメ】ペルソナ5 #25 Jealous Sinner レビュー

ようやくアニメ感想追いつきました…来期はレビューをするほどのアニメはなさそうなので、残すはシュタゲとP5Aの最終話だけですね。

ペルソナ5 #25 Jealous Sinner

サブタイトル

「嫉妬深い罪人」という意味ですが、冴への予告状にあったとおり「嫉妬の罪人」と訳すべきですかね。

アバン

お客様第一のカジノなど存在しない!

Aパート

日本の第一審有罪率が99.9%なのはけっこう有名な話ですね。検察は少しでも無罪の可能性がある事件は起訴しませんからね。これを窮屈と取るか、冤罪を未然に防いでいると取るか。しかしお前は何と戦ってるんだ。

検察官が左右どちらの席に座るかは実は決まっていなくて、裁判所によって違います。裁判所が一般向けに発行しているパンフレットだと、裁判長席に向かって右側に座っているんですけど、うちの地元は左なんだよなぁ(大阪も左らしいです)。

まとめてコミュ消化しすぎでは…。特にゲームセンターの少年はこれだとただの偉そうなガキみたいになってますけど、彼もいろいろ苦労してるんですよ…。詳しくは第2期で。(語られなかったりして)

明智の先見の明ったら。というか、あの闘技場でジョーカーが負けたら終わりなんですから、限度額いっぱいまで借りてジョーカーに全賭けって言うのは蓮たちもやっておくべき戦略だったんですよね。

Bパート

冴の帽子に付けられている花は黄色い薔薇です。花言葉は「嫉妬」。しかしゲームだとほぼ首から上しか写らないんで気づいてませんでしたけど、この人すごい服装してたんですね。

おお…さすが第1期の最終決戦だけあってバトルのレベル高いですね。きちんとそれぞれの連係が描かれてますし、作画も手抜きがないです。

感想

ということで今回は11/上~11/19が描かれました。エンディングでもこの先話が続くような感じですし、3クールアニメと安心していたのにまさかの次回最終回とは…大丈夫ですよね?製作進行間に合わなかっただけで第2期あるんですよね?BDも10巻(26話まで収録)までの発売情報しかないけど大丈夫ですよね?年末特番あるみたいですけどそれで終わらせるつもりじゃないよね???

それはさておき、次回は裏切り者の正体が明かされそうです。そして怪盗団最後の大作戦で一応のハッピーエンドかな。話の切れ目としては悪くないですけど、裏切り者との決着を付ける暇はなさそうですね。やはり2期に期待しなければ。

↓年末特番のPVですけど、裏切り者の正体ダダ漏れなので、26話見ていない人は次回まで見ない方がいいですよ。


2018-09-30

【ゲーム】戦場のヴァルキュリア4 レビュー

これでようやくシュタゲエリート開始出来る。

戦場のヴァルキュリア4

プラットフォーム PlayStation®4/Nintendo Switch™
ジャンル アクティブ・シミュレーションRPG
価格 7,990円(PS4版)
7,490円(NS版)(予定)
公式 戦場のヴァルキュリア4 | TOP | SEGA公式サイト
プレイ時間 1周目:53時間(エンディングまで)
プラチナ:83時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-09-29

【ゲーム】進め!キノピオ隊長 レビュー

クリア諦めかけたゲームは久しぶり。

進め!キノピオ隊長

プラットフォーム Nintendo Switch/ニンテンドー3DS
ジャンル パズル
価格 3,980円(パッケージ版/DL版)
公式 進め!キノピオ隊長|Nintendo Switch / ニンテンドー3DS|Nintendo
プレイ時間 1周目:20時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-09-28

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第22話 投企のリナシメント レビュー

DFNEXTさんのコメントを読んでいたらいてもたってもいられなくなって、小説版も読み始めました。小説版はやっぱり心情描写が優れているので面白いですね。オカリンが真帆に紅莉栖の話をしたところとか改めて感動してしまいました。

さて、アニメの方も残り2話ですよ!え?既に本放送は最終回を迎えてる?そんなほかの世界線のことは知りません。

シュタインズゲート ゼロ 第22話 投企のリナシメント

アバン

オカリンの頬が赤いですけど、これって本気でダルに殴られた時のやつですよね?活を入れてもらった時は鼻殴られてましたし。でもダルに本気で殴られたのっていつのことでしたっけ…そこまでタイムリープして戻っているわけですね。

Aパート

よしよし、鬱オカリンに逆戻りかと思いましたが、しっかり立ち直ってきてますね。しかし真帆とアマデウスの励ましもありがたいと思いきや、なんだかんだでダルが美味しいところかっさらった感ある。

宮野氏、いくら鳳凰院凶真の演技が久しぶりだからってテンション上がりすぎじゃね?(笑)

オカリンの持つカードで残ってるのはミスターブラウンくらいのような気がするな。…と思ったらダルがめっちゃ切り札隠し持ってたわ。なんなのこのドラえもん感。いや、真田さんか。

Bパート

またキツい選択肢だな…ゲーム版ではオカリンとアマデウスとの関係はあまり深くなりませんでしたが、アニメ版ではアマデウスは第二の紅莉栖と言ってもいいくらいの活躍でしたからね。そしてアマデウスが失われれば真帆との関係も…

しかもよく考えたら、オカリンは紅莉栖を既に二度殺している(世界線変動の時と、実際に刺殺した時と)わけで、そんな彼に三度目をさせるのはあまりに酷です。

D-RINEのメッセージが微妙に厨二病風味になってるw

ゲームではアマデウスとの別れもあっさりしたものでしたが、アニメではこんなに熱く描いてくださるとは…これでアマデウスとの再会がなければ嘘ですよね!ね!?

感想

ここに来て最後にオートマトンのテイストもぶち込んでくるとは…このアニメいろいろすごすぎませんかねぇ。今回のエピソードもも控えめに言って最高でした。ある意味ではアニメが原作ゲームも超えたのではないかと思います。

次回最終回か…世界線変動率は1.123581ですから、これまでどのゲームにも出てきていない数値ですね(別のところで指摘がありましたが、フィボナッチ数列なのは何か意味が?)。最後の最後まで目が離せない展開になりそうです。yukkun20としては、やはり最後はラボメン全員(まあ004はあれですけど)が勢揃いしているところがみたいですね!とにかく最後まで楽しみにしています。


2018-09-26

【アニメ】ペルソナ5 #24 A challenge that must be won レビュー

閃の軌跡始めました!Ⅱだけど。前作の高速スキップモードに慣れたせいでめっちゃもっさり感ありますけど(1周目はスキップはしない主義)そのうち慣れるでしょ。とりあえず前作のヒロイン(yukkun20的に)のエマの生存が早々に判明して良かった。

ペルソナ5 #24 A challenge that must be won

サブタイトル

「勝たなければいけない挑戦」という意味なので「お姉ちゃん、勝たなければいけない勝負の場っていつも言ってるから」という真の台詞ですね。同時に怪盗団が勝たなければいけないカジノでの勝負、そして最後の明智と蓮のチェスのこともかけているのかもしれません。

アバン

前も似たようなこといったと思うんですけど、年頃の女の子に自分のスマホ見られるってこれなんて言う拷問?ここで取り乱さないのがイケメンの証ということか…

Aパート

しかし刑事裁判は被告人との対決型なので、いくら勝負事とはいえカジノに例えるのはちょっと違和感。しかも支配人ってポジションおかしくない?

つーか冴は特捜部にあの若さで入るくらいだからエリートなのは間違いないと思いますが、所詮役人のランクで言えば下っ端。なのにずいぶん自分に自信があるんですね…

ゲームでも大体この時期に総次郎コープが進むんですよね…。怪盗団の正体判明のエピソードとも絡んで本当にいい雰囲気になります。堂島さんも惣次郎もかっこいいおっさんで、自分も年を取った時にはこんなオヤジになりたいものです。

Bパート

「彼女の不調は、僕にとっても不利益だからね」「最低な大人への反骨心が、僕の正義の源だって」って明智が言ってますけど、これって典型的なツンデレ台詞のような気がしてきた。

現実の裁判所の職員(調査員って言ってたけど多分家裁の調査官のことですね)はもちろんこんなにアホじゃないですよ。そもそも蓮を惣次郎に預けているのは裁判所の判断なのに、「監督が行き届いているとお思いですか」はブーメラン発言過ぎる。

やっぱり惣次郎は保護司になるだけあって人間を良く見てますね。ちょっと進展早かったけどいいエピソードでした。原作でも結局改心はせず、双葉の勇気で解決するんですよね。

感想

ということで今回は10/26~11/上と、法王コープ(惣次郎)が描かれました。いよいよ終盤ですけど、次回のサブタイからしてもしかして新島パレスクリア出来ない?そして26話が最終回だとぅ!まさかの打ち切りエンド…と思いきや、多分2クール+1クールの分割ですかね。まだパレスは残ってますし、千早のコープも全然進んでないし、12月と2月はデートイベントもあるし、楽しみに待とうと思ってます…

そしてついに裏切り者の存在が仄めかされましたね。果たして裏切り者はいるのかいないのか、いるとしたら誰なのか。実はこれまでの話の中で既に伏線は張られているので、もう一度第1話からアニメを見直すと気づくかも。


2018-09-25

【コミック】放課後さいころ倶楽部12 レビュー

閃の軌跡Ⅳが9/22に届いたのですが、どうやら発売日は今日だったらしく、ものすごいフライングだったようですね…ヤマト運輸のせいですごめんなさいっていうメールがファルコムから来てました。しまった…こんな事ならブログのネタにするんだった。

それはそうと、

祝!放課後さいころ倶楽部アニメ化決定!

いやはや待ちに待ちましたよ!やっぱりみんなボードゲーム好きなんじゃん!まだ放送日もキャストも未定ですが、これは視聴決定です。みんなもこの機会にコミックス読みましょうね!

放課後さいころ倶楽部12

著者:中道裕大
レーベル:ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
価格:590円

レビュー

アナログゲームを題材に女の子のキャッキャウフフを楽しめるコミックス第12巻です。ついにアニメ化決定とか、1巻からこのマンガをレビューしてきた自分としても言葉に表せないくらい感動しています。女の子の可愛さがキモのマンガなので、ぜひ作画のいいところにアニメ化してほしいですね。

今巻の前半はエミー(表紙に大きく描かれている少女)がドイツに帰郷し、再会した幼馴染みたちとボードゲームを通じて交流する話でした。yukkun20にも子供の頃ボードゲームが好きな友人がいて、よく一緒に遊んでいたのを思い出します。もう20年位会ってないけど元気にしてるんですかね…。それはそうと、悪い仲間と付き合うようになってぐれたと思われていた幼馴染みのアンナ(表紙中央の少女)が、実はボードゲームサークルに入っていたというのは笑いました。派手な不良っぽい仲間の「ビールとボードゲームはドイツ人の嗜みだからな」という台詞がかっこよすぎる。

後半は今度はカンナ(11巻の表紙の少女)に心を寄せる、妄想癖のあるクラスメート男子を中心にしたエピソードでした。好きな子の前で挙動不審になってしまう彼の姿にはなにか感じるものが…まあカンナには名前すら覚えられていなかったんですけど。しかし今回新しいキャラがバンバン登場し、もともとの主人公達の影がさらに薄くなっていったのはちょっと悲しい…

今回は5話構成で、取り上げられているゲームは4つです。全体的に少人数でプレイするダイスゲームが多かったですね。「ナイアガラ」はyukkun20もいつかプレイしたいと思っているゲームの一つです。

今回題材になっているゲームは、

白紙を表現に見立て、その上でシロクマの駒を動かしながら鉛筆で氷に穴を空け、釣竿を垂らして魚を釣り上げていくという、アクション性もあるボードゲーム「カヤナック」。有名なハバ社のゲームで、ルールもさほど難しくなく、釣り上げる楽しさもあるので、子供とのプレイによさそうですね。

プレイヤーそれぞれがカップの中で5つのサイコロを振り、自分ので目だけをもとに、全てのカップの中にどの目が何個以上あるのかを順番に宣言していくダイスゲーム「ブラフ」。次のプレイヤーは前のプレイヤーが宣言した「目」か「個数」を大きくして宣言するか、もしくはそれ以上大きくできないと判断した時は「チャレンジ」を宣告します。誰かがチャレンジを宣言した時点でサイコロの目をオープンにし、その前のプレイヤーの宣言が条件を満たしていればチャレンジの宣告者が、満たしていなければその前のプレイヤーがダイスを失います。全て失うと負けというゲームで、プレイは簡単ですが他人の心理を読み合うタイプのゲームに仕上がってますね。頭いい人とやりたい。

滝に向かって流れる川をカヌーで上り下りしながら、川岸にある宝石を集めるボードゲーム「ナイアガラ」。特筆すべきはパッケージという立体を利用してボードを組み立てられるようになっており、その高低差で滝を表現しているという美しさです。それぞれのプレイヤーには同じ手札(数字が書かれており、その目に応じてカヌーを移動出来る)が与えられているので、そのプレイする順番や動きが勝敗を分ける戦略性のあるゲームになっています。

フィールド上で騎士の駒を動かしながら、町や都市を建設したり、他のプレイヤーの町を破壊したりしつつ、爵位を上げていく速さを競うボードゲーム「バロニィ」。このゲームは逆に手番で出来る行動の選択肢が広く、分かった人同士でプレイすると面白そうな雰囲気を感じました。このマンガに出てくるゲームは有名どころが多いので、yukkun20も大体名前くらいは知っているのがほとんどですが、このゲームのことは全然知りませんでしたね。

の4つでした。公式サイトに試し読みもありますので、興味をお持ちの方はぜひ。


2018-09-24

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第21話 結像のリナシメント レビュー

2日連続でシュタゲが見られる幸せ…

それはそうといろいろ悩んだのですが、戦ヴァル4も終わったので閃の軌跡2を先に始めることにしました。当初はゼノブレ2を始めるつもりだったのですが、現状プレイ日記を付けるほど手が空かないので…なんとか来月位にはプレイしたいですね。戦ヴァル4のレビューを書いたら、シュタゲエリートも始めようと思います。しかし…

箱でかすぎ!(複製原画が入るサイズなので当然ですが)

シュタインズゲート ゼロ 第21話 結像のリナシメント

アバン

あれ、2週間ずつ戻れるようにタイムリープマシン改良したんだ。さっすが真帆。紅莉栖の出来なかったことをあっさりやってのけましたね!(掌返し ところでこのアニメの世界線の岡部は、無印アニメの世界線の岡部だから、綯様のことは知らないってことでいいですよね。だとするとよけいすごい。

このアマデウスは厳密に言うと最初のアマデウスではないですよね。いくら何でもヴィクトル・コンドリア大学のサーバーに常時接続していたら気づかれないわけないし。多分ダルがハッキングかなんかして手に入れたコピーでしょうね。まあデジタル上の存在にコピーとオリジナルを論じるのは無意味ですが。それにブラックホールもどうやって生成してるんですかね…

まあそんな話はさておき演出的にはグッジョブ!もうアマデウスも出番ないかと思ってたし、ここで紅莉栖を彷彿とさせる台詞を言うのもたまりません。

サブタイの英訳が「Return of Phoenix」になってる!

Aパート

これ3000回繰り返すの辛いな…というか岡部は真帆に、タイムリープマシンを2週間前まで飛べるように改造する方法を聞いておいた方がいいんじゃないかな。

久々のジョジョネタ。

ゲームでは「ここには別のドラマがあり、なんとかして(レスキネンの元を)抜け出したのだ、ということでご納得いただければ、と……」(公式資料集237ページより引用)で流された、3000回のタイムリープの流れをちゃんと描いてくれるとは!
個人的には監禁されてた期間はDメールを使ってどうにかしたんだと思ってました。

なんという熱い展開…そしてここでスカイクラッドの観測者とは。これ2番の歌詞がSG0を先読みしていたとしか思えないほどの出来なんですよね。

Bパート

まさか岡部の高笑いで泣く日が来るとは…いやゲームの時も泣いたから2度目か。そしてこのダルの嬉しそうな顔よ。多分オカリンはタイムリープ300回目位あたりから暇になってこのへんの名乗りどうするか考えてたんだろうなぁ。宮野もテンション高すぎ(笑)

そしてなんというチートプレイ!ていうか洗脳されてるかがりと同レベルの戦闘力がある萌郁が怖いわ。

そしてまた世界線は収束するのか…!と絶望に突き落としてからのEND。早く…早く来週来てくれ…!!

感想

次回どうなるのかなぁ。予告編見る限り、今回もタイムマシンはやられちゃったみたいですね。ここまで地獄を乗り越えてきたのに、これでダメだった場合のオカリンの精神状態が心配です。でもそんな彼を慰められるのは、やっぱりあの人しかいませんよね…!

しかし今回の展開は本当に熱かった。これまでの展開を伏線に、凶真の復活をここまで丁寧に描いてくれるとは思えませんでした。
あとこの岡部の苦労を見ると、綯様の狂気が一層怖くなりますね。だって綯はだれの協力もなく、2日前はどこにあるかも定かではないタイムリープマシンをたどって延々未来から来たってことだし…

次回はオペレーション・ヘルヘイムとラボメン勢揃い、最終回でオペレーション・アルタイルですかね。


2018-09-23

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第20話 盟誓のリナシメント レビュー

ようやくシュタゲのある国に帰ってきたー!

シュタインズゲート ゼロ 第20話 盟誓のリナシメント

アバン

前話までの流れを復習しておきますが、まゆりと鈴羽爆死→ラボメンみんなでタイムリープマシン完成→岡部が戦闘直前にタイムリープし今度はまゆりたちを行かせようとするが失敗→岡部が今度は戦闘の前日に再びタイムリープ…? でしたね。

シュタゲにしてはずいぶん概念的なシーンから入りましたね。しかし脱がす方を間違っているのでは?

「名前と国民番号を言え」ってことは、国民番号も暗記出来る桁数ってことですよね…この世界の日本人口どうなってんのΣ(゚д゚)

Aパート

おお…ココからリナシメントルートに繋げてくるとは。さすがです。これでトゥルーエンドへの道筋が見えてきましたね。しかし無印では何千回やっても1回も失敗したことがなかったのに、やっぱ紅莉栖作成じゃないとダメか(最低

しかし今回の話も宮野氏といい関氏といい小林さんといい、本当に演技がすごいとしか。

2025年のオカリンがダルに別れを告げるシーンって、自分の死期を悟っているんですよね。台詞が厨二病なのに厨二病じゃないわ。

ところでオカリンの記憶データってどこにあったんですかね?この世界の荒廃状態の中で記憶のデータ化を実現したとしたらやっぱり真帆の力があったのでしょうか。

Bパート

フェイリス(42)とるか子(42)…だと…岡部はおじさんなのにるか子は兄さんなのも納得の若作りです。

あの時からるか子は複雑な思いを抱えて生きてたんですね…それが強さに転化したとした結果がこの清心斬魔流奥義皆伝である。

こんな真帆(47)がいるか!(笑)さすがにここまで来るとそういう世界なのかという気がしてきた。

これふと思ったんですけど、タイムリープマシンをオカリン以外の人が使わなかったのはなぜなん?RSを持ってないと使うリスクがでかいDメールはともかく、タイムリープマシンだったら一か八かで試してもおかしくないような。あとタイムリープマシンが動かなかった原因は解決しているのか、解決しているのならなぜもっと早く岡部は2011年に戻ろうとしなかったのか(48時間前に戻り、そこから48時間以内にタイムリープマシンを完成させて戻る方法で行けるはず)も気になる。

感想

リナシメントルートあって良かったです。やっぱりあそこまで強い決意をもって現状を放置することを選択した岡部が、その考えを改めて再びシュタインズゲートを目指すには、自分の選択の本当の結果を目の当たりにするこのエピソードは欠かせませんもんね。

あとは盟誓のリナシメントからスターダストへ流れるんだと思いますけど、そうするとラスボスどうなるのかな。原作通りの人だとちょっとパンチが弱い気がします。でもその流れで行けば、オートマトンで見せた萌郁と真帆の共闘シーンをねじ込む余地もあるんじゃないかなぁ。

いやはや楽しみです。


2018-09-12

【アニメ】ペルソナ5 #23 How about a deal with me? レビュー

「進め!キノピオ隊長」クリアしたー!最後のステージが死ぬほど難しく、5時間ほどかかってもクリアできなくてもう旅行までにクリアできなければあきらめようと本気で思うほどでした。しかし最終日に何とかクリア。ゲーマーとしての誇りをどうにか守れましたよ。

というわけで明日から出かけてきます。今週と来週のシュタゲ、来週のP5の感想は後日…

ペルソナ5 #23 How about a deal with me?

サブタイトル

「僕と取引をしないか?」という明智の台詞ですね。

アバン

春、あんなことがあったばかりなのに真の生徒会の仕事手伝ってくれてるんですよね。ええ子や…しかし有名人を呼ぶ企画にしては準備始めるの遅くない?

Aパート

ほらー前日になってもゲスト決まってない。これ結局明智が答えてくれたからよかったけど、答えてくれなかったら企画に穴が開くところですよね。真のことだから代案用意してたのかもですが。

ちなみにチョークよけは原作にもあったネタです。

明智は怪盗団を悪者にしたことで結構世間からたたかれましたけど、めげずにちゃんと思ったことを堂々とテレビで言ってるところがすごいと思います。

若いと…やっぱいいわね」川上先生は全然分かってない。若い子がメイド服着るのは普通。ちょっと年齢が外れた人が無理して着るからそのギャップがいいんじゃないですか!(どうした

最近チーンていう電子レンジ珍しいよね?

Bパート

だからパレスに入る時は人目を忍べと言ったのに…こんだけメンツがいて誰もそのことを気にかけなかったあたりがばがばすぎますよ。

やっぱりペルソナ世界の探偵は優秀ですね(警察もなかなかですが)。そしてついに怪盗団のメンツがそろいましたね。まあ明智は性能がピーキーだったのでゲームではあまり使いませんでしたけど…

感想

ということで今回は10/22~が描かれました。…って文化祭のデートイベントがまたもスルーされたー!それに青春の主張イベントも…まあそんなことやっている場合じゃないのは分かりますが。

あと最後蓮が意味深な評定してましたけど、あれ伏線なのでお忘れなく。