新着情報

2014-10-26

【コミック】ああっ女神さまっ レビュー

というわけでちょっと前になりますけど、藤島康介先生の代表作「ああっ女神さまっ」が25年の連載の末に最終回を迎えましたね。

ああっ女神さまっ

レビュー

僕がこの漫画に出会ったのは、今から10年以上前、大学生だった時です。それより前から存在は知っていたのですが、そのころ漫画喫茶に通うようになり、ちょっと長めの漫画を読むか…と思い立ってこれをチョイスしました。藤島先生は僕が愛してやまないテイルズオブファンタジアのキャラデザもされていましたし、北欧神話は厨二病のたしなみでもありますしね。

初めの数巻を読んで、「これは漫喫で軽々しく読むような作品ではない」と思い、本屋を巡って1巻から買い集めました。当時はまだ20巻くらいしか出てなかったのですぐ集まりましたが。一時期は本当にはまっていて、特設サイトを作ろうとあれこれ企画を考えていたこともあります。序盤~中盤にかけての展開は本当に素晴らしいものがありました。ただ個人的にはリンドが出てくるあたりがピークで、その後はちょっと下降気味…だったかな(あくまで僕の中でだけです)

思うに僕はこの作品を日常コメディとして読んでいたので、話が天界・魔界方向にシフトしすぎて合わなくなったのかなぁと。女神が免許制だったり、法術がプログラムだったり、恐怖の代王がウイルスだったりと突拍子もないアイデアが好きだったので。北欧神話は~とか言っといてなんなんですが。
でも結局最終巻まできっちり買い続けたのは、それだけの魅力があったからだと思います。藤島先生の優美なイラストは,月刊連載でもしょうがないやと思わせるに十分でした。でも読みづらくはないんですよね。

個人的に好きなキャラとしては

  • ベルダンディー

CVが喜久子おねえちゃんだから―という冗談はさておき、やはりメインヒロインは外せないでしょう。女神だけに文字通り完璧超人なんですけど、時にちょっと焼きもちを焼いたり、免許の更新を忘れてしまったり、とほんの少しだけ見せる隙にぐっとくるんですよね。でも実際にいたら多分劣等感でこっちが死んじゃいそうな気がします。森里君はえらい。
連載が長いせいで顔の変化が最も大きいキャラの一人ですが、個人的には2003年ころの顔が好きです。

  • 森里鷹乃

主人公森里螢一の母親。放任主義なところもあるけど、子供のことを信頼していていい母親です。麻雀が強いという勝負巧者なところも好きです。
しかし最後が結婚オチで、ベルダンディーの親のことはあんなにしっかり描かれたのに、なんで螢一の親は出てこなかったん?

  • マーラー

序盤の(つまりヒルダが出てくるまでの)天魔戦争を象徴する人物。最初はどう考えても男だったのに、編集の意向でいつの間にか女性になっていた、ある意味時代を先取りしているキャラ(個人的には昼だとのバランスもあるので男のままでよかったと思いますけど)。しかも女神たちが強すぎて完全にコメディリリーフだったという悲劇も。
めでたいものに弱いという設定は、最終話まで忘れていました。藤島先生よく覚えていたなぁ。

あたりでしょうか。

好きなセリフは、ウルドの「才能なんて言葉はやる事をやった人が言うことよ」ですかね。

あーこんなレビュー書いていたらまた読みたくなってきましたが、既刊のほとんどは倉庫の中に押し込めてしまいました。電子書籍でキャンペーンでもしてくれたら買うかもなぁ。あとアニメもあまりきちんと追いかけていなかったので、いつかまとめてレンタルしたい。

 ※10/27 若干内容を修正しました。

2014-10-25

「今この瞬間は、エミルの友としてお前を阻止する!」はかなりの名セリフ

TOS-Rがようやく3週目のラスダン前まで来ました。残っているトロフィーコンプに必要な要素で面倒くさいのは4つ。

  • 隠しダンジョン制覇
    隠しダンジョンの冗長さもさることながら、隠しボスのドロップアイテムのドロップ率が100%ではないという強烈な罠があるので注意。
    きちんとドロップ率上昇に特化したモンスターを同行させること。まずその育成をしなければいけないので大変。
  • 闘技場制覇
    エミルとマルタはレベルを上げておけば問題ないのだが、モンスターは出場制限があるのでそれに引っかからないようステータスを管理する必要がある。面倒。
  • モンスターコンプ
    全種類(232種)のモンスターと契約し、かつ232体のモンスターを集めなければだめ。現在契約したモンスターは30%くらい、集めたモンスターは70体くらい。ポケモンだって初代は150種類だったっての!
  • スキットコンプ
    残りは13種類のはずなのだが、チェックリストが存在しないので本当にそれで終わりなのかは謎。もし終わらなかった場合、どのスキットを取りこぼしたのかは全く分からないため、ほぼ詰む。

そろそろトロフィーの呪縛から解放されてもいいのかもしれない。なお攻略には昔からこちらのお世話になりっぱなしです。

テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(TOSR) 攻略レポート – MAP付き –

いつも愚痴ばっかりですが、このゲーム、仲直りのシーンが多いのですが、そのどれもが秀逸という特徴もあります。マルタとコレット、マルタとブルート、エミルとゼロス、エミルとロイド、エミルとアルバ夫妻、ラタトスクとリヒターなどなど。3週やってもイベントスキップしないで見入ってしまうシーンもありますし、そういう意味では良ゲーなので誤解のなきように。

2014-10-24

【ゲーム】英雄伝説 空の軌跡FC:改 ファーストインプレッション

ファンタジーな王道RPGがやりたい!と思い、いろいろ悩んだ挙句、「英雄伝説 空の軌跡FC:改」を始めました。わかってるんだよ、これをプレイしたら続編をすべてプレイすることになるであろうことは…ですが最近発売された「閃の軌跡」シリーズも評判がいいようですし、TOZが発売されるまで頑張ってみようかなと。あとトロフィー非対応なところが少々ありがたい。TOS-Rが完全に苦行に入ってるからなぁ。

現在プレイ時間7時間ほどで、序章が終わったところです。

ストーリー

  • 若き遊撃士(なんでも屋さんみたいなもの。テイルズでいうとギルド)になったエステルとヨシュアの姉弟が、最初はご近所トラブルなどを解決していたんだけど、やがて世界規模の事件に巻き込まれていく…というわかりやすいストーリー。
  • と言ってもまだ序盤でようやくメインストーリーが転がりだしたあたりなので、これが陳腐になるも王道になるも今後次第。

システム

  • やや古いRPGであるものの、それを感じさせない優秀なシステム群。
  • 特にショートカットですぐ図鑑などコンプリートに必要なデータベースにアクセスできる、戦闘中に敵のステータスをボタン一つで確認できる、必ず逃走できるなど、「プレイの快適さ」が大事にされているところが素晴らしい。
  • グラフィックはファルコムらしく、特に背景は精緻に書き込まれていてびっくり。情報量が多すぎてむしろキャラが目立たなくなるくらい。キャラデザはやや時代を感じるが、プレイしているとあまり気にならなくなってきた。
  • その他、いわゆる依頼システムがあるが、それぞれの依頼にもきちんとストーリーがつけられており、マンネリ化するのが避けられている。主人公は遊撃士なので、依頼システムとの親和性も○。

キャラクター

  • まだ最初の街しか知らないので何とも言えませんけど、主人公周りの人々はみんないい人たちです。若干一名裏切りフラグが立っている人がいますが…。主人公の父親は人格者なうえに戦闘能力も高すぎ、「これは序盤で死亡確定だな…」と思っていたのですが、無事行方不明になりました。ただ逆にフラグが折れた気もする。
  • 主人公は元気娘と冷静少年というこれまた王道の組み合わせですが、お互いが足りないところを補い合っている感じで、好印象です。
  • ボクっ娘も出てきましたけど、これはライバルポジっぽいですね。
  • モブキャラにも全員名前がついていて、話す内容が切り替わる頻度も高く、話す内容も自分たちの生活に関する内容が多いため、妙に存在感があるのもいいところです。

戦闘

  • シンボルエンカウント制。背景の情報量が多く、敵シンボルが見えづらかったため、当初は不意打ちされることも結構あってイラッとしたんですが、敵シンボルがマップ上に表示されるアイテムを手に入れてからはずいぶん楽になりました。近寄らなければ襲われることもないので、急いでいるときは敵を避けて進めばいいですし、経験値を稼ぎたいときはスムーズに戦闘に入れるのでいい感じです。
  • 戦闘画面はへクス(じゃなかった。スクエアだ。)になっていて、行動順が回ってきた順番に、「移動」「攻撃」などのコマンドを選択して戦います。選んだコマンドによって次の行動順が回ってくるまでの時間も変わる感じ。
  • 攻撃には、威力が低く射程も狭いが連発しやすい「通常攻撃」、威力が高く射程もほぼ無制限だが発動まで時間のかかりEPを消費する「アーツ」(テイルズでいうと術)、威力が高く即時発動するがCPを消費する「クラフト」を使い分けて戦います。敵の動きを読んだり、行動順を考えて立ちまわったりと結構面白い。クラフトはキャラクター依存だが、アーツは特別なアイテムの組み合わせでかなり自由に覚えることができるので、育成の自由度はまあまあ。

というわけで、さすがファルコムの名をコンシューマー業界にも知らしめた作品だけあって、つかみはオッケーという感じです。
あまり事前にネタバレに触れていないため、今後どう展開していくかにわくわく。

2014-10-23

レーヴ ユナイティア 最新情報―好感度会話ムービー

 

「テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア(TOWRU)」の公式サイトが更新されてます。

「空の軌跡」はようやく序章も終わりに差し掛かり、面白くなってきました。戦闘もなかなかスピード感があって悪くないですけど、やはり若干古臭い感じは否めないかな。「グランディア」の戦闘システムが近いので、なつかしくすらある。

TOWRU

続きを読む(ネタバレ注意) »

2014-10-22

製作がSTEINS;GATE MOVIE PROJECTなんですけど、これって劇場版2を期待してもいいんですかね

シュタゲ×日本IBMの「聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング」のEPISODE Ⅱが来ましたね。Ivanさん、ご紹介ありがとうございます。

Steins;Gate Sponsored by IBM 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング

cc2-01ただでさえ暑いのに柳林神社で何やらもめているオカリンと助手。

怒った紅莉栖は岡部を置いて一人で帰ってしまう。

cc2-02携帯からおなじみうーぱを呼び出し、帰り道をナビしてもらうオカリン。

「できれば、助手と鉢合わせにならないよう…」

cc2-03秋葉原に向かうつもりが、うーぱに導かれて都電荒川線の早稲田駅まで来てしまったオカリン。

うーぱに散歩を勧められ、あてもなく街を歩いているうちにたどり着いたのは…

cc2-04一方、一足先に秋葉原駅まで戻ってきた紅莉栖も、ちょっと言い過ぎたかな…とぼんやり街を歩いていた。そんな彼女の目に映ったのは…

cc2-05再びラボの前で顔を合わせるオカリンと助手。果たして二人は無事仲直りすることができるのか!?

…と無駄にあおったのがばかばかしくなるほど甘々なオチでした。だがそれでいい。

cc2-06あ…うーぱの中の人、山本彩乃さん(綯の中の人)だったんだ…なんで気付かなかったんだろ。

#1より尺は短かったですけど、普通にラブコメしてて面白かったです。でも実際にこのナビされたら僕はキレそう。

2014-10-21

エスカ&ロジーのアトリエPlus 発売決定

現在僕もプレイ中の「シャリーのアトリエ」の前作に当たる「エスカ&ロジーのアトリエ」がPSVitaでリメイクされることになりました。まぁいつものですが。

mainbanner_04

おなじみ新規要素もあります。

  • エスカとロジーとの間のイベントの追加
    PS3版ではぼんやりした感じで終わった二人の仲が進展するかも…とのことですが、アトリエシリーズの常でやっぱりぼんやりすると予想。
  • 新たな参戦キャラ
    完全新規キャラとなる「ニオ」、PS3版ではDLCだった「ウィルベル」「カトラ」「ミーチェ」もパーティメンバーに。
    イベントが追加されるという記載はないので、あくまでゲストっぽい扱いでしょうかね。
    scr01_zoom_016
  • 追加ボス・追加ダンジョン
    PS3版ではDLCだった採取地「持たざる者の宮殿」、とボス「古き獣たちの王」に加え、新規ボスも収録予定とのことです。
  • 新コスチューム
    特典コードなどで配布されていたコスチュームも収録される模様。

アトリエは細切れにプレイしやすく、携帯機との相性もいいと思いますので、この機会にお買い求めください。2015/1/22発売予定です。

PS3版のyukkun20のレビューはこちらから→【ゲーム】エスカ&ロジーのアトリエ レビュー | Y.A.S.

※画像は上記公式サイトより引用

2014-10-20

DLコードがくじの商品とか世も末すぎる

本日は多忙につき縮小更新です。

おなじみ一番くじで、再びテイルズのグッズが取り扱われるようです。

一番くじ | 一番くじ 『テイルズ オブ』シリーズ 20th Anniversary

詳細は不明ですが、1回620円とのこと。最近のくじ高くないですか…

リーク情報によると、

A賞:アニバーサリーポスター(1種)
B賞:きゅんキャラびねっと~テイルズ オブ memorial cake~(1種)
C賞:シェリア・バーンズ・フィギュア(1種)
D賞:ドラマCD&ミニポスター(1種)
E賞:フェイスタオル(3種)
F賞:ホルダー入り歴代ピクチャー(16種)
※F賞に『テイルズ オブ ゼスティリア』のDLコード付属
G賞:ラバーストラップ(8種)
ラストワン賞:ルーク・フォン・ファブレフィギュア短髪Ver.(1種)

とのこと。20周年なのにTOPグッズが少ないのはさておき、C賞のシェリアさんフィギュアはちょっとほしいなぁ。狙ってみようかしら。

2014-10-19

【小説】ガンパレード・マーチ 2K 未来へ① レビュー

11/13に、ガンパレ関係の書籍(小説、コミック、ファンブック)が電子書籍化されるとのこと。まだ読んだことがない方は、この機会にお買い求めください。

とりあえずBOOK☆WALKERで配信予定、その他のサイトにも広がるかも…とのこと。また2巻も11/10発売予定です。

ガンパレード・マーチ 2K 未来へ①

著者:榊涼介
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »

2014-10-18

レーヴ ユナイティア 最新情報―好感度会話ムービー

PlayStation Plusで無料でダウンロード出来た「英雄伝説 空の軌跡FC:改」のプレイを始めました。まだ1時間ほどしかプレイしていませんが、イベントや戦闘のテンポもいいし、ストーリーは王道全開の予感がしますし、グラフィックはPSPからの移植とは思えないくらいきれいなので、かなり楽しめそうです。

それはそうと、TOWRUの公式サイトが更新されました。噂によるとハロルド、ヒスイ、ダオスも参戦予定のようです。TOPから3名も登場するのはありがたいことなのですが、アーチェさんは!?

テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア|バンダイナムコゲームス公式サイト

続きを読む(ネタバレ注意) »

2014-10-17

【Webラジオ】マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン 第16回 レビュー

「シャリーのアトリエ」プレイしています。前作からは6年、前々作からは10年が(作中時間で)たってるんですよね。

当時14歳だった魔女っ子ウィルベルさんも、すでに24歳ですっかり大人に…なってないなぁ。

それはさておき、いよいよこの番組も最終回です!

マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン 第16回(終)

mayokageパーソナリティ:森久保正太郎(花村陽介 役) / 関智一(巽完二 役)
公式:マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン | インターネットラジオステーション<音泉>/
   響 – HiBiKi Radio Station -「マヨナカ影ラジオ ザ・ゴールデン」

レビュー

  • オープニング
    • この人(関さん)これで演出家だからな…警察に捕まるわ!
  • ふつおた
    • アニメ最終回にちなんでタイムカプセルネタです。
    • タイムカプセル埋めたことないなぁ。…と思うんですけど忘れているだけなんでしょうか。そして知らない間に同級生たちが掘り出したあとなんでしょうか。
    • 今回作成するタイムカプセルは、この番組が復活するときに開けるそうです。次に復活するのは劇場版ができたときかな。たぶんP3劇場版が完結まであと1年くらいはかかると思うので、その後あたりで。
    • 森久保さんの話を聞く限り、再婚する前に収録したっぽいですね。ということは少なくとも3か月以上前ということか。しかし森久保さんの前妻が浅川悠さんだったのは今回調べるまで知りませんでした。
  • マヨナカ横断メモリークイズ!
    • Q「とある番組で寝起きドッキリを仕掛けられた森久保さんの部屋に、2冊置いてあった本は?」 A「とらばーゆと「仕事ができる人の伝わる話し方」」
      実は転職するために手に入れたわけではないとのことですが…
    • 関さんの「当時は若かったから」っていうの、免罪符になってない事件が多すぎる。
  • 俺たち、男の娘!
    • 女性用のシャンプーっていう概念を今知った。うちの実家はみんな同じシャンプー使ってましたけど…
    • 腕時計の文字盤が大きいと、腕が細いのが目立つから困るんですよね。
    • 女性のカバンって何が入ってるんですかね。僕も手荷物は持たないタイプです。なぜなら手から離すと忘れちゃうから。
  • エンディング
    • 番組復活を匂わせつつ最終回です。ゲストが少なかったのが残念だったなぁ。そちらはBDのオーディオコメンタリーで補完することにします。
      お二人ともお疲れ様でした。