2019-12-08

【ゲーム】うたわれるもの斬 レビュー

いつの間にかトロフィーランク20&獲得トロフィー3000になってました!

うたわれるもの斬

プラットフォーム PlayStation®4
ジャンル 連撃アクション
価格 【プレミアムエディション】10,800円
【通常版】7,800円
【ダウンロード版】7,000円(いずれも税別)
公式 うたわれるもの斬 PS4®
プレイ時間 1周目:25時間(プラチナ)
※プレイ時間のデータが残らないので推定です

続きを読む(ネタバレ注意) »


2019-12-07

【ゲームグッズ】テイルズ オブ グラス レビュー

心の中のアーチェさんに促されて6月に購入した、テイルズオブのマザーシップタイトル16作品をイメージしたPCメガネ「テイルズ オブ グラス」が届きました。

テイルズ オブ グラス

価格:12,784円(付属品含む)

レビュー

思ったよりコンパクトな段ボール箱に収まって届きました。中を開けるとこんな感じです。左上の箱にメガネ本体が入っています。左下がケースと眼鏡ふき、右がスタンドです。

メガネ本体です。全体としてはマーブルの茶色で、つるの部分だけ作品のテーマカラー(ファンタジアは緑)になっています。右のつるには作品のロゴもあります。

裏側。光の加減で見えづらいのですが、つるの先には主人公のシルエットが小さく刻印されています。

こちらはケースです。筆記体で作品名が記載されています。sをあんまり下に伸ばすとyに見間違うので止めて欲しい。

ケースの裏面です。わかりにくいですが中央には「Tales of」と書かれていますね。

付属しているクロス。作品名の下に、メインキャラのシルエットがあしらわれています。チェスターとアーチェを並べるなんて粋なことしてくれるじゃん!

メガネスタンド。アクリル製です。組み立て式…と言っても、部品を1つ差し込むだけです。しかしこれなんのためにあるのかよく分からないグッズですね。普段はメガネはケースにしまうし…。yukkun20はよく行方不明になりがちなスタンドライトのリモコン置き場として使わせてもらおうと思います。しかしアーチェさんの入ったイラストを使うとは…分かってる人がいますね(まあTOPのメインビジュアルは全部アーチェさんが入ってるんですが)。

かけた感じもぴったりしていますし、色合いが落ちついているのでちょっと知的な感じに見えます。前も言いましたがyukkun20は非常に視力が弱い(普段はコンタクト)のですがメガネを持っていないため、明日メガネ屋に行ってレンズを交換してもらおうと思います。


2019-11-25

【イベント】TOG10周年イベント 夜の部 レビュー

花澤さんはじけすぎぃ!

夜の部

開演前

18:15 会場に到着。昼公演終演後2時間ほど空き時間があったので、近くのディズニーショップで買い物したり、カフェでお茶しながらサイトの更新をしてました。そういえば今回は入口で身分証の確認がありましたが、結構スムーズに入場できましたね。スタッフの皆様、お疲れさまでした。

18:45 アスベルとシェリアのカゲナレ。シェリアがおしゃれしていたのを鈍感アスベルが珍しく気付いてときめき★な展開でしたが(シェリアにとっては)ひどいオチが。

18:55 ヒューバートとパスカルのカゲナレ。パスカルの背中のチャックを下ろしたら中からサンオイルスター・レッドが!?というヒューバートならずともパスカルに振り回されっぱなしの内容でした。

19:00 再現スキット(以下タイトルは仮称)

予想通り「未来への系譜編」からの名場面セレクションでした。

選ばれたのは、アスベルの中で眠ったラムダが再び目覚める「ラムダの目覚め」、ソフィの苦悩とアスベルの出した答えを描く「人になりたい~ソフィ・ラント」、シリーズお馴染みの「テロスアステュ~決戦前夜」でした。「ソフィ・ラント」は素晴らしいエピソードですね。人ならざる故に永遠の孤独を生きなければならないソフィにどうやって寄り添うか、アスベルはいい答えを出したと思います。

夜の部も浪川氏がシークレットだったのですが、昼公演から引き続き観覧している人が多かったせいか、浪川氏が登場した時には完成ではなく笑いが漏れてました。まあ未来への系譜編でのリチャードは割とコミカルなシーンが多かったからね。

19:40 キャストトーク

引き続きパスカル役の植田さんが司会役です。中原さんが来ている金色のスーツはどこで買えるんでしょうか(なお昼公演の時は銀色のスーツ)。

再びトークのお題は10年前。昼公演でキャストたちの記憶も喚起されたのか話が盛り上がってます。水島氏と櫻井氏がキャストのみんなで焼き肉に行ったエピソードで盛り上げようとしたんですが、実はキャストの半分は参加してなかったことが判明してパーティに日々が…特に呼ばれなかった(ことにされた)花澤さんが急にグレてました(笑)

ラムダは性質上、リチャードと同じ台詞をしゃべることが多く、タイミングを合わせるのに苦労したそうです。パスカルは一人だけテンションがおかしいのでマイクをいつも別にされていたとか。

そのほか、キャストが選ぶ名シーンも発表されました。水島氏はアスベルとの再会シーン、東地氏はカーツとの別れのシーン、植田さんはフーリエとのケンカのシーンでした。

次に一般公募した質問にざっくり回答するコーナー。浪川氏に「友達は何人いるんですか」という空気を読んだ質問が来て悶絶してました。最後は「各キャラのスタイルシフトはどうやって決めたんですか」という開発スタッフ宛の質問。どのキャラも色々深い理由で決められてたんですが、リチャードだけ「スタンダードな魔法剣士」とぞんざいな紹介で浪川氏が悶絶してました。

20:30 バラエティスキット「サプライズな祝い事 あなたのお願いはなあに?」

本イベントのための書下ろしスキット。

ある日、ソフィのもとに一通の手紙が届く。昼になったらシェリアの家に来るようにという手紙だったが、差出人はなし。そのシェリアの家では、シェリア、ヒューバート、パスカル、リチャードがソフィのためのパーティの準備を整えていた(アスベルはすぐ顔に出るのでハブられました)。そこへソフィがやってくる。盛大にソフィを祝う一同。今日はソフィがアスベルと初めて出会った日。一同は誕生日がはっきりしない彼女のために今日を誕生日と決め、彼女を祝うために集まったのだった。遅れていたアスベルも到着し、一同からソフィに「お願いかなえるチケット」がプレゼントとして贈られることになった。

次の日。願い事を決めかねていたソフィは、アスベルと一緒に仲間たちに相談に行く。パスカルは彼女のために「お願い決めるロボ」を作っていた。フーリエ型のAIが搭載されたすごいヤツという触れ込みだったが、なぜかヒューバートに「あんたなんか認めない!」と辛く当たり、最後は暴走してしまった。

中の人が中原氏だったのですが、完全に好き放題やったおかげでカオスな状態になってました。

リチャードの所に行くと、リチャードはマリクから預かってきた誕生日プレゼントを渡してくれた。可愛いティアラを付けたざーさんソフィは大喜びし、みなはざーさんソフィを可愛い可愛いと褒めちぎった。

シェリアは自分の夢は世界平和だと語った。そんな会話を聞いていたラムダは、ソフィに「世界が乱れているのは自分のせいなのだから、自分を恨んでいるのではないか」と尋ねる。ソフィはもう恨んでないといい、相変わらず自分のことをプロトスヘイスと呼ぶラムダに、ソフィ・ラントと呼んでほしいと頼んだ。

そうこうしているうちにリチャードが飛び込んでくる。どうやら先ほどのロボが魔物にとりつかれて暴走しているらしい。仲間たちの攻撃をものともしない強さだったが、ラムダがアスベルに力を貸し、ロボを一刀両断にした。

ソフィはラムダが自分を助けてくれるときに思わずソフィと呼んだことに感激し、自分のお願いは「ラムダにソフィと呼んでもらうことだ」という。ざーさんソフィのかわいいおねだりにラムダも押され気味になるが、「次に自分が目覚める時までチケットを大事に取っておけ」と言って眠りについてしまう。ソフィはその時を楽しみに待つことにするのだった。

21:05 告知

テイルズ関係の告知のコーナー。内容は昼公演と同じ。

21:10 エンディングステージ

夜公演はキャストたちも慣れてきたのか、Q&Aも深い話がありましたし、花澤さんはテンション高く暴走してるし、浪川さんは完全にトラブルシューターになってるし、一層面白くなってましたね。とにかく生花澤さんはかわいかったです。

あらためて、TOG10周年おめでとうございます。来年のTOP25周年イベントも楽しみだなー。楽しみだなー。

16:25 終演後

カゲナレはソフィ、アスベル、リチャード。カゲナレという名のBD販促でした。


2019-11-24

【イベント】TOG10周年イベント 昼の部 レビュー

TOGへの愛溢れるイベントでした。

昼の部

開演前

13:00 会場に到着。初めて舞浜のアンフィシアターに来ました。舞浜自体15年ぶりくらいだろうか。ディズニーショップでちょっと買い物してきました。小規模なイベント(2000人規模)なので待機列も短め。

14:20 お約束のパネル撮影をして着席。今回は全席同じ価格なのですが、よりにもよって後ろから2列目か。でもアリーナで言えばSS席レベルの距離です。

13:45 シェリアとパスカルのカゲナレ。やっぱりシェリアはカワ(・∀・)イイ!!

13:55 アスベルとヒューバートのカゲナレ。お互い息の合った掛け合いで会場を爆笑させてました。

14:00 再現スキット(以下タイトルは仮称)

本日はリアルにのっぴきならない事情で参戦できなかったマリクからの回想の手紙、というていでの名場面再現スキット。アスベルとシェリアが和解を果たす「7年間のすれ違い」、リチャードの攻撃でソフィーがピンチに陥る「世界の中心の孤島にて」、ラスボス戦後の会話シーン「ラムダと共に」の3本でした。全部本編からということは、夜の部は未来への系譜編からかな?

個人的にもやはり「7年間のすれ違い」は絶対推したいですね。ファン投票でも1位だったそうです。7年前のすれ違いで、再会してからもぎくしゃくしていた二人が、初めて素直に気持ちをぶつけあって和解するという名シーン。河原木さんの再現演技よかったなぁ。

シークレットゲストは大方の予想通り浪川氏でした。東地さんも来てくれると思ったんですが残念。

14:45 キャストトーク

パスカル役の植田さんが司会役です。TOVオンリーと違ってスタッフはいなくてキャストのみのトークショーです。

最初は10年間の思い出を語るコーナー。メインキャストのうち、パスカルとラムダは指名で、あとはオーディションだったそうです。植田さんや浪川さんはこれまで何度もテイルズのオーディションに落ちていたのでうれしかったとのこと。花澤さんは事務所を移ったばかりでめちゃくちゃ緊張していたそうです(ということは同時期に収録したシュタゲもか?)。また中原氏はラスボスと言われて収録に行ったら、キャスト表に書いてあったキャラ絵が黒いもやもやした物体だったので驚いたとか(今作のラスボスはざっくりいうと精神寄生体

次に一般公募した質問にざっくり回答するコーナー。仕込みがないので全員コメントがふわふわしているのは気のせいです。花澤さんは、ソフィーは感情の振れ幅が小さいのに、作中での成長を表現しなければならなくて大変だったそうです。その反動か、最近ソフィーを演じる時ははじけているとか。

「アスベルとヒューバート、先に結婚しそうなのは?」という質問に、意外とヒューバートが告白すればパスカルはあっさりOK出すのでは?という流れになりましたが、水島氏が「そこまでもっていくのにどれだけヒューバートが段取り組まないといけないと思ってるんですか!」とキレてましたw

15:30 バラエティスキット「ラントのお祭りとソフィの見つけた不思議な時計」

本イベントのための書下ろしスキット。

ラントで盛大に行われるリチャード即位記念のパーティ。そんな中、アスベルに1通の手紙が届く。それを読んだアスベルは沈み込んでしまい、仲間たちはあれはラブレターなのではないかといぶかしむ。中でもシェリアは気が気ではない様子。しかしシェリアに問い詰められてもアスベルは内容をはぐらかし、手紙をソフィに渡して祭りに送り出してしまう。

祭りに来たソフィ、ヒューバート、パスカルはそこの屋台で不思議な時計を見つける。それは時を巻き戻すことができる時計。ソフィは財布をごそごそしているうちに手紙を落としてしまい、ヒューバートと一緒に中身を見てしまう。それは、アスベルの騎士団時代の同期が自身の昇進を伝えるものだった。アスベルもラントに戻ってきていなければ今頃は…。複雑な気持ちになったソフィは、アスベルのために時計を手に入れようと決意する。時計のお値段は1億ガルドでとても手が出る値段ではない。しかし部品が不足しており、モンスターが持つ不足部品を持ってくれば10ガルドで売ってくれるとのことだった。ソフィはモンスターのいる場所へ単身飛び出して行ってしまう。王都でのパーティを抜け出してきたリチャードが偶然通りかかり、ヒューバートたちはソフィをリチャードに任せ、自分たちはアスベルのもとへ向かった。

一方アスベルとシェリアは修羅場を迎えていた。アスベルはラムダにどうすればいいか尋ねるが、ラムダは最初は真面目に答えていたものの、途中で飽きたのか「我はもう寝る ぐーすかぴー」と言って引っ込んでしまう。しかしアスベルは、「俺はお前の作る料理が大好きだから」と遠回しな告白をし、無事シェリアの怒りは解かれるのだった。そこへヒューバートたちが慌てた様子で到着し、一行もソフィを追うことになった。

モンスターは強く、ソフィとリチャードも苦戦していたが、全員そろったことで無事撃破。どうしてこんな危ないことをしたのかと叱るアスベルに、ソフィはその理由を語る。アスベルは、自分が騎士を続けていたらどうなったかと思うことはあるが、今の決定は後悔していないと言い切るのだった。

無事モンスターを倒し部品を手に入れたものの、時計には1度だけ、ほんの少しだけ過去に戻る力しかなかった。アスベルはその時計で、ソフィを助けている間に焦げてしまった手作りカレーの時間を戻し、仲間たちにふるまう。一同はそのカレーに舌鼓を打つのだった。

16:05 告知

テイルズ関係の告知のコーナー。TOTRやアスタリアのコラボイベントなどの案内がメインで、yukkun20的に気になるニュースはなかったです。

16:10 エンディングステージ

今回この手のイベントに初登場の花澤さんでしたが、どうやら小野坂氏の魔手から守るためにアスベルが暗躍していたらしいですw花澤さん基本はおとなしいからなぁ。時々はじけるとめちゃくちゃやるから好きなんですけど。

中原さんも年長者ながら非常に乗りの良い方でびっくりしました。またラムダの新しい面が見られたような気がします。夜の部も楽しみにします。

なお浪川氏が、自分がシークレットだということは夜の部だけ見に来る人のために秘密にしておいてほしいとのことでしたので、このエントリは夜の部が始まった後にアップされるようにしておきます。

16:25 終演後

カゲナレはソフィ、アスベル、リチャード。みんなが無事に帰るまで、じーっと見守ってくれるソフィーかわいい!

それじゃ夜の部に行ってきます。急いで更新しているので誤字脱字はお許しを。夜の部の更新は明日やります。あと写真も明日以降いくつかアップできると思います。


2019-11-23

【イベント】ペルソナ5 ザ・ロイヤル カフェ レビュー

今日は仕事の合間を縫ってP5Rカフェに行ってきました。

ペルソナ5 ザ・ロイヤルカフェ

今回は予約制でした。当日券も出てましたが、結構混雑してましたね。さすがペルソナの人気はすごい。

いつもどおり壁際にはキャラパネルがありました。

写真のアングルが悪いですが、店内が混雑していたのでお許しを。お客は女性が大半でしたが男性もちらほら。なお男性の一人客はyukkun20だけでちょっとはずい。

各キャラをイメージしたドリンク、2種類のフード、3人のキャラをイメージしたパフェがあります。各メニューにはランダムコースターが1枚付いてきます。女の子、来い!

新キャラ・かすみをイメージしたドリンク。見えにくいですが底に赤いゼリーが入ったコーラです。コースターは…ちっ、変態祐介か。

春をイメージしたパフェ。真ん中に入っているスポンジケーキがいいアクセントでおいしかったです(1000円の価値があるかどうかはさておき)。コースターは…かぶったーorz

物販は一番欲しいアイテム(キャラカード)は売り切れてました。

左上は物販で全員もらえる杏のバースデーカード。

左下はキャラパネル(ランダム)。こっちも祐介だったらどうしようかと思いましたが双葉でした。よし、飾ろう。

右はアクリルチャーム(ランダム)。こっちも杏とモルガナというある意味名コンビ。やっぱりドット絵はいいね。

そのあと、渋谷パルコに行ったんですが、ニンテンドートウキョウはすでに整理券がはけてました。まだ昼過ぎだぞ…!ポケモンセンター渋谷は入場列ができていて、券がなくても入場できるようす。じゃこっちで…え?列の最後尾は1階…というか店の外?(店舗は6階)

ま、まあ店は逃げないし、次の楽しみにするか。

ライザと秘密のマーケットin渋谷マルイ

アトリエショップにも行ってきました。

おなじみライザのフィギュア。やっぱり顔がちょっといがんでる気がするんだよなぁ。製品版の小さいフィギュアもしかり。

アクリルフィギュア用のジオラマ。これジオラマ好きとしてはすごいほしい。でも多分この規模で購入すると数万円は余裕でかかる。

戦利品はこれだけです。

左はファイル。3枚組で、ライザ、ネルケ、アーランドの3種類が入っています。ネルケのグッズを買えたので満足。

左はアクリルチャーム(ランダム)。ウィルベルさん出ろ…!え?ライザのネルケとアーランドシリーズのキャラだけで、黄昏シリーズは入ってない!?

別のお店で購入したその他の戦利品。

左上はP3Dのアイギスのマイクロファイバータオル。左下はワールドトリガーの千佳ちゃんのレザー付箋ブック。芦原先生、早く良くなってください。

下中央は夏美とギロロのアクリルフィギュア。右はらんま1/2のビニールファイルです。


2019-11-21

【ゲーム】ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~ レビュー

太ももだけじゃないよ!

ライザのアトリエ~常闇の女王と秘密の隠れ家~

プラットフォーム PlayStation®4, Nintendo Switch™, Steam®
ジャンル 錬金術RPG
価格 【PS4】
通常版 希望小売価格 8,580円
ほか
公式 ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜
プレイ時間 1周目:52時間(プラチナ)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2019-11-20

【Webコミック】星界の紋章 第34話 レビュー

Ivanさん、更新教えてくださってありがとうございます。このyukkun20ともあろう者が2週間気付いていなかった…だと…(割とマジでショック

星界の紋章 第34話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

敵軍に追われ、遊園地にたどり着いたジントとラフィール。敵軍と、微妙に異なる立場から彼女たちを追う現地警察と三つ巴の追撃戦が展開中です。

「待てと言われて待つバカいるかい」の精神は宇宙世紀でも生き延びてるんですね。

原作読んだ時はなんとも思わなかったんですが、こうやって実際に描かれると、「総勢20名の警官隊」って結構な大部隊ですね。yukkun20だったら見ただけで戦意喪失しそう。

原作では光源弾倉をひとつ投げたことになっているのに、コミックスでは目立つことがしたかったのか2つまとめ投げするジント君。

現地警察も撤退を余儀なくされるような激しい銃撃の中、ラフィールたちは必死に逃げ場を探します。

ここ、原作と同じ内容のト書きなんですけど、「右手で肩ごしに撃ちまくっている」ってこのポーズでいいんでしたっけ。yukkun20は「銃を持った右手を、首の前を通して左肩から後ろに伸ばし、左後方を射撃している」というイメージだったので…

ジントの台詞の「どうもここは危ないような気がしていたんだ」っていう台詞を削ったせいで意味が分からなくなってますね。原作ではジントの自嘲であることは明らかなのに、これだとウサギの台詞をジントが揶揄してるみたいになっちゃいそう。単行本では修正してほしいところです。

これ原作でも好きなシーンです。「私は足手まといになりたくない」なんてことを少し前まで言っていたのに、今はジントと二人でどうにか生き延びようとしてるんですよね。

なんとか敵兵から離れ、水分と糖分の補給をする二人。あれ…このとき飲んでたのはペットボトルじゃなくて壜じゃなかったっけ…と思ったんですが、原作をちゃんと読むと、「有機合成樹脂製の壜」ってありました。

遊園地のロボット馬に乗って出口へ向かう二人。果たして無事に遊園地を脱出することは出来るのでしょうか。次回、(多分)二人の逃走劇はついに一つの結末を迎えます。

今回の殿下

今回も前回に引き続く殿下大活躍でしたねー。

出会い頭に警察に弾丸を撃ち込もうとしたところをジントに止められてしまった殿下。

命に関わるようなミスをされた時でも、嫌味一つで許してあげる寛大な殿下。

流れるような投げ撃ちを披露する殿下。投げ撃ちって何かな~と思ってちょっとだけ調べたんですが、どうも銃を振り下ろしながら射撃することで、反動を相殺して命中率を上げる技法のことみたいですね。

「アーヴにはふさわしくない弱々しい笑み」を浮かべる殿下。

ジントが差し伸べた助けに素直にすがる殿下。個人的には今回のベストショット。

MK5の殿下(笑)

今回アクションシーンがメインだったのであらすじで書くことがあんまりなかったですね。次回はついにジントの大活躍が見られる…かも。コミックス7巻も12月発売です。

※画像は第34話より引用


2019-11-10

【アニメグッズ】ねんどろいど 294 神代フラウ レビュー

購入してからレイアウト決めるのに何ヶ月もかかる。

ねんどろいど 294 神代フラウ

レビュー

6つ目のねんどろいどとして、「Robotics;Notes」のヒロインである神代フラウを購入しました。…ヒロインでいいよね?

すでに1000種類を超えたねんどろいどですが、比較的初期に出たアイテムなので箱が大きめです。煽り文句も健在。

裏面はこんな感じ。おすまし顔、寝起き顔、デュフフ顔の3種類が付属し、髪型もツインテとボサボサ2種類があります。ツインテって2次元で見ると本当可愛いですよね。3次元だと…人を選びますが(言葉を選んでます

またARアプリと連動させるところで、私服に着替えさせることが可能です。Androidには非対応なんだけどな!

その他ポケコンやポッキー、薄い本、ガンヴァレルフィギュアもあります。ポケコンホルダーは腰部背面にありますが、取り外しは出来ません。

足が1本付いており、直立させるだけではなく膝を軽く曲げることも出来ます。これ別にする必要なくない?手も6種類あるので、わりと好きなポーズを作れますね。

普通に組んでみるとこんな感じ。うむ、このねんどろいどは造形もかなりいいですね。ちなみにツインテール部分は開店させることも出来ます。

裏から見るとこんな感じです。背中に支持棒をぶっ刺すオーソドックスなスタイル。こなちゃんのポケコンホルダーこんなに可愛かったっけ…

「八汐先輩とメガネの薄い本読んでハァハァしてたらついつい夜更かししてしまった」バージョン。髪の毛パスタみたい。

「ここはこのフラウコージローに任せて先に行け( ー`дー´)キリッ」バージョン。

とまあいろんな表情がありますけど、やっぱりこのデュフフ顔を推したいですね。あとyukkun20は女性が手で口を押さえるポーズが大好きなので、これで飾ろうと思います。いつものように無印の円筒アクリルケースに入れて…

\ガンッ ガンッ/

ツインテ部分が横に広がりすぎてて入んねー!(涙

やむなくボサボサバージョンで収納。こちらは幅には余裕があるのですが、髪のボリュームのせいで支持棒の位置を十分に調整することが出来ず、前後の余裕がありません。

完全にこなちゃんの鼻が潰れているような気がしますがマジでギリギリでした。

さて、こなちゃんはプチこもりなので、背景は自室をイメージしたものにしたいですね。こなちゃんの部屋と言えば、モニタ、ソファー、バスタブあたりが印象的ですが、このスペースに置くソファーやバスタブは調達が大変そうなので、モニター+αで行こうと思います。

モニターは食玩とかでちょうどいい物を探したのですがなかったので、自作することにします。まず100mm*100mm*2mmのゴムを準備します。東急ハンズで200円くらい。

これをモニター6枚分の大きさに切り出します。モニターが9:16だから、縦2枚横3枚に配置して、18:48に切れば大体OK。

次にモニターに映す画像を用意します。ネットで「グラフ 壁紙」とかで検索した著作権フリーの画像を持ってきました。個人利用の範疇なので趣味に走ってもいいとは思いますが。これを6枚用意します。この大きさだと横幅30mmくらいでちょうどいいです(ちょうど幅30mmでプリントアウトする方法を思いつかなかったので、一旦Wordに取り込んで画像の大きさを指定し、シール用台紙にプリントアウトしました)。

切り出したゴム板は、モニターの境目に当たる場所に裏から切り込みを入れ(完全に切り離してしまわないように注意)、折り曲げます。そこへ先ほどのモニタ画像を貼り付けます。ちょっと安っぽいけど気にしない。本当はゴムじゃなくてアクリル板とかがいいんでしょうけど、加工するのが難しいですし。その点ゴムならカッターやはさみで簡単に扱えます。

というわけで完成。ちょっと寂しいので、以前にIvanさんにご紹介いただいた、PS4/PSVRのミニフィギュアを投入してみました。

PSVRのヘッドセットは全く大きさがあってませんが、これはこれで味があっていいですね。え?こなちゃんが作中でPS4やPSVRをプレイしていたシーンはない?何言ってるんですか、ゲーム開発が趣味なのにコンシューマーゲームをプレイしてないわけがなかろう!

後ろから見るとこんな感じ。ちなみにモニターは特に支えがあるわけではありません。ゴムが自然にまっすぐに戻ろうとする反発力がアクリルとの摩擦力を生み出し、宙に浮いています。PSVRフィギュアですが、ちゃんとPSVR用のカメラが付属しているところが憎いですね。

いつも通り記念撮影。こなちゃんが一番身長が低いですね。隣のほむほむを作った時にも思いましたが、底面だけでなく側面にもオブジェがあると、円筒内の密度が濃くなって面白いような気がします。

さて、これでしばらくねんどろいどはお休みかな。また気になるキャラが出るといいのですが。


2019-11-04

【アニメ】季間アニメレビュー2019夏秋

2019年夏で完結したアニメの感想と、2019年秋に始まったアニメの感想をまとめて。

完結したアニメにはおすすめ度を付けています。概ねこんな感じ。☆は★半分。

  • ★★★★★…傑作。円盤や関連グッズを買うべきアニメ。
  • ★★★★…名作。録画を永久保存すべきアニメ。
  • ★★★…良作。普通におすすめ出来るアニメ。
  • ★★…凡作。特筆すべき事がないアニメ。もしくはyukkun20の嗜好に合わないアニメ。
  • ★…駄作。視聴した時間を後悔するアニメ。

2019年夏完結アニメ

手品先輩

おすすめ度

★★★☆

レビュー

予想通りの下品先輩でした(笑)原作よりも手品の解説に割く分量が減っていて、完全にポンコツ先輩を愛でるアニメになってましたね。まーくんと咲ちゃんが出てきてからのカオスっぷりもひどかったです。斑さんは本筋には絡まないキャラなので出番がオミットされたらどうしようと思いましたが、意外と出番あって良かった。そして助手は高校生らしいのか枯れてるのかよく分からん。

彼方のアストラ

おすすめ度

★★★★★

レビュー

久々に★5個をつけるのが当然と思えたアニメ。原作がすでに名作なのですが、その良さを損なうことなく、それでいてアニメオリジナル展開がさらにその良さを後押しするような感じになっていて、本当に良かったです。中の人の演技も不満なし。個人的にはやはり正ヒロインのアリエスを推したいですね。ユンファは外見が好みだったけど眼鏡じゃなくなっちゃったし…なんで最近の眼鏡お下げヒロインは、途中でイメチェンとか言って眼鏡外して髪も下ろしちゃう(もしくは切っちゃう)の?

2019年秋開始アニメ

視聴前情報についてはこちらで。

七つの大罪 神々の逆鱗

ファーストインプレッション

なんか作画がわるいような…。アクションシーンもそうなんですけど、普段の何気ないシーンの表情とか細かい動きとかが前期までに比べると明らかに劣っているような気がします。制作会社が変わったからだとは思いたくないですが。あとキャストも微妙に演技が変わってる気がする。特にバンとホーク。でもエンディングテーマは好き。
もうここまできたら原作が完結するまでアニメも付き合ってほしいので、第2話以降巻き返してほしいところ。

放課後さいころ倶楽部

ファーストインプレッション

こちらは逆に作画を心配していましたがなかなかいい感じです。中の人も全然存じ上げない方でしたけど皆さんキャラクターにぴったり合った演技で引き込まれます。でも展開早すぎませんかー!まさか3話で1学期が終わるとか予想外すぐる。個人的にはこの漫画は綾と美姫と翠がバランス良く主人公を担当しているはずなんですが、今のところ完全に美姫が主人公になってる気がする。翠は将来の夢がらみで今後もお当番回がありそうですけど、エミーリアが加入すると綾の影が薄くなりそうで怖い…(yukkun20は綾ちゃん派です)
とはいえこれからが楽しみ。

真・中華一番

ファーストインプレッション

結局視聴することにしました。
キャラデザはなんか随分シンプルですけどこれはそういうものとして受け入れられます。が、演出と構成があまりよくないな…。多分裏料理界との戦いをメインに据えるためだと思いますが、原作でも非常に重要なエピソードである特級厨師編を回想で流していいんですかね…。BD-BOXが2月発売だから多分1クールアニメだと思うのですが、このままだとどっちも中途半端になりそう。あと、料理アニメなんだから、もっとリアクションオーバーに行こうぜ!中途半端に演出されると、見てるこっちが恥ずかしくなってくるよ…

今期は上記3作品に加え、「Dr.STONE」を視聴中。こっちは安定の面白さ。


2019-11-01

【コミック】銀の匙 Vol.14 レビュー

休載中だった「銀の匙」が来週号のサンデーで復活することが決まりました!長かったなー。でもあと4話で最終回だそうです。確かにもう終盤って言われてたけど、早過ぎんよー。でもだらだら引き延ばさないところは荒川先生らしい。

ということで自分のレビューを読み直していたら、14巻のレビューをしてないことに気付いたので。

銀の匙 Vol.14

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円

続きを読む(ネタバレ注意) »