2018-02-11

【ゲーム】星の欠片の物語、ひとかけら版 レビュー

唐突にゲームレビュー。なんで急にプレイして急にレビュー記事を書いているのか、1つ目の理由は最後までこの記事読んでくれたらわかります。2つ目の理由はこのゲームをプレイすればわかる…と思う。

星の欠片の物語、ひとかけら版

プラットフォーム PlayStation VR
ジャンル VR専用コミュニケーション謎解きアドベンチャーゲーム
価格 2,800円(税込)
公式 『星の欠片の物語、ひとかけら版』
プレイ時間 1周目:5時間


続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-02-05

【ゲーム】ゼノブレイド2 レビュー

これくらい事前の期待を裏切らないゲームも珍しい。

ゼノブレイド2

プラットフォーム Nintendo Switch
ジャンル コンピュータRPG
価格 パッケージ版/DL版 7,980円(税別)
公式 ゼノブレイド2 | Nintendo Switch | Nintendo
プレイ時間 1周目:217時間


続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-02-04

【CD】テイルズ オブ オーケストラコンサート2017 feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス コンサートアルバム レビュー

昨年開催された、「テイルズ オブ オーケストラ コンサート」のCDが出ました。そろそろ歴代楽曲が聴きたい!

テイルズ オブ オーケストラコンサート2017 feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス コンサートアルバム

アーティスト:東京フィルハーモニー交響楽団

収録曲

  1. スレイのテーマ ~導師~
  2. 導師の伝承
  3. 天族の杜 イズチ
  4. 聖剣祭
  5. 災厄のはじまり
  6. Theme of Velvet
  7. illuminate(出演:Minami)
  8. calling (出演:fhána)
  9. 風ノ唄
  10. Rising Up
  11. 風が育んだ二人の絆
  12. Journey’s End
  13. 流浪のザビーダ
  14. White Light
  15. INNOSENSE
  16. 「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」エンディング

レビュー

コンサート当日の生演奏を録音したCDです。なんと今回はすべての楽曲が収録されています。また演奏以外のパート(MCやインタビューなど)も未収録です。下屋さんの美声が聞けなかったのは残念ですけど、しょうがないですね。

今回はボーカル曲が7,8,10,12の4曲収録されていますが、生演奏なのでちょっと音がレコーディングに比べるとくぐもっています(Rising Upのみほぼ気にならないレベル)。これを聞いて興味を持った曲は、普通にアーティストが出しているCDを購入してみるのがいいかもしれません。

しかし皆さん本当に歌がうまいですね…よくあんなキーの高さ限界ギリギリの曲をあんな声量で歌えるなぁ。プロってやっぱりすごいです。

あと観客が一緒に歌った「風ノ唄」ですけど、思った以上に良い感じに収録されていました。コーラス隊の人が上手に引っ張ってくれていたので、気持ちよく聞けるレベルにまとまっていたと思います。

しかし2年連続でTOZ/TOBメインだったので、そろそろ歴代楽曲が聴きたいです。そもそもこのイベントに来る層って、ある程度年齢が上の世代だと思いますので、少し古い作品の曲の方がウケがいいんじゃないかと思うんですよ。つまりなにが言いたいかというと、バトルメドレーでもやってくれということです。


2018-02-03

【ゲームグッズ】STEINS;GATE 0 公式資料集 Amadeus’ Script レビュー

碧の軌跡面白いです。前作の数ヵ月後という設定なのですが、実際ボクが前作をプレイしたのも数ヵ月前なので、感情移入しやすいです。ノエル曹長が最初から仲間なのもうれしい。

さて、久々に「なんで今さら」シリーズです。アニメの予習のため読んでおこうと思ったんだよ!なお購入したのは2年前である。

STEINS;GATE 0 公式資料集 Amadeus’ Script

レーベル:電撃の攻略本
価格:3240円(税込)
ページ数:272ページ

レビュー

CHAPTER 1 STORY

ストーリー紹介。

ゲームは全部で14の章からなってますが、ここではそのうち「交差座標のスターダスト」(隠しエンド)を除く13の章について、1章辺り2~4ページ、スクショも20枚以上を用いて詳しめに解決されています。

全部で50ページ近く割いているだけあって、読むだけで一苦労ですけど、ストーリーをしっかり思い出せる深みのある内容でした。あらすじ紹介のお手本のような出来。

CHAPTER 2 CHARACTER

キャラクター紹介。

立ち絵付で登場するほぼ全てのキャラについて、各2~4ページずつ解説。プロフィール、能力、関連キーワード、書く世界線での簡単な動向、人間性、ビジュアル、表情差分など。ビジュアルはゲーム中では意外と見づらい足下付近まで描かれているので、いろいろ発見がありました。また世界線によって大きく正体が異なるあのキャラについての解説も分かりやすい。

CHAPTER 3 VISUAL

ゲームに登場するスチル絵と背景画の紹介。スチル絵はイラスト差分も(おそらく)すべて収録されています。その時のキャラクターのセリフがキャプションとして付けられているので、どの場面のものか分かりやすい。

「いいか!この部屋が片付くまで、おまえたちは尺取り虫さんだ!地球上で最下等の生命体だ!」

CHAPTER 4 WORLD

かなりいろいろな内容が詰まっています。

  • ストーリーチャート&トロフィーリスト
  • RINEメッセージ(すべての返信についてスクショを掲載)
  • TIPS(ゲーム中で閲覧できるものと同じ)
  • STEINS;GATEのキーワード解説
  • STEINS;GATEのストーリー紹介
  • シリーズの世界線変動表(SG、SG0、だーりん、フェノグラムすべて収録)
  • ワールドマップ

現実の地図が示されているため、「コスプレショップ」(ダルのアジトがあった場所)、「路面電車停留所」(かがりが14歳の岡部と出会った場所)、「まゆりの祖母の墓」などのモデルが分かるようになってます。聖地巡礼が捗りそう。

  • 脳の基本的な構造解説
  • SG0に登場する各組織の解説
  • “紅莉栖”との任意会話ログ

任意でアマデウスと会話できる場面でのアマデウスのセリフ集。こんなに種類があるとは知らなかった。

  • 作中に登場する電子機器(スマホ等)の紹介
  • ロゴデザイン&RINEスタンプ

CHAPTER 5 EXTRA

その他の独自研究。

目玉はゲームのスタッフによるQ&A。かなり深い内容や、作中ではさらっと流された内容についての掘り下げがしっかり為されていて、とても読み応えがあります。特に「萌郁は「制御コード」の正体を知っていたのか」「交差座標のスターダストで岡部と真帆はどういう関係なのか」「交差座標のスターダストに登場するかがりはなぜあの姿なのか」と言ったあたりは必見かと。

その他、店舗特典用描き下ろしイラスト、スチル絵の絵コンテと原画解説、ストーリータイトル考察、開発こぼれ話などもあり。壮年ダルの初期設定、ひどすぎませんかね(笑)

最後に隠しエンド「交差座標のスターダスト」のストーリー紹介が配置されています。

シュタゲの公式設定集はいつもレベルが高いですが、今回も期待を裏切らない出来でしたね。既にゲームをプレイされている方は、アニメの前にぜひ目を通しておいてください。電子書籍版も出ていますし。

しかしこれをどうアニメ化するのか楽しみですね。果たしてテンノージ軍曹のあのギリギリなネタを地上波で放映できるのかが唯一の不安です。


2018-01-16

ブログを続ける楽しみがなんなのか教えてもらいました

今日もゼノブレのしすぎで更新のネタがないのですが、ネット巡回で見つけた次の記事が興味深かったので紹介します。

この記事は本当に共感できる点が多くて、自分の考えていたことをよくぞ言葉にしてくれた!という感じでした。

私は文章を書くのが好きですが読むのも好きでして、特に好きなのは自分が書いた文章を読むことです。割と残念な記憶力を有しているので、書いてから三週間もしたら自分が何を書いたか忘れます。程よく忘れた頃に自分の文章を読むと、いい感じに新鮮な気持ちで、「いい…」とか「完成度…」とか呟きながらニヤニヤすることが出来ます。

すごくわかる。僕も自分が力を入れて書いた記事(プレイ日記とか、攻略記事とか、長文レビューとか)を読み返すのがすごく好きです。文章が自分の嗜好にぴったり合うので(自分で書いているので当たり前なのですが)ああいいこと言ってるなぁと(半ば本気で)思いながら読み返すのが大好きです。(そのわりに誤字脱字が多いゆーな)

っていうか、皆さん自分の文章って名文だと思わないですか?大体、自分が書いた自分の文章って自分にとっては名文になるものなので、恥ずかしがらずにもっと自分の文章は名文だって認めていいと思うんですが。

これはずっと思っていましたけど、口に出すのははばかられる感じがして黙ってました。でも言っていいんですね。そういえば僕が敬愛する森岡先生も、トークショーで「他人の傑作より自分の駄作の方が100倍面白いと思っている。」とおっしゃってましたし。

もちろんこのサイトも、自分の好きなことを世の中に発信したい!という思いで始めたところはあります。もう当時のことを知る人はいないと思いますが、もともとは大学生の時に、情報処理の授業で「ウェブサイトを作る」という課題が出たときに作ったサイトが大元です。当時のメインコンテンツは「漫画版『風の谷のナウシカ』の用語集/和英辞典」でした(自分でいうのもなんですけど、結構完成度高かったので、データを保存しておかなかったことが悔やまれます)。当時はインターネットの黎明期。ナウシカに漫画版が存在することも、周囲の人はあまり知らず、ぜひ世の中の人にこんなすばらしい漫画があることをネットの世界を介して知ってもらいたい!という勢いで始めました。それから1年くらいしてレンタルサーバーでこのサイトを立ち上げ、4年後に星界ファンサイトを始め、7年後にブログ化し、現在に至っています。

このサイトを立ち上げてから17年。毎日エントリを上げるのも楽しいんですけど、特に発信したいコンテンツを作っている時(プレイ日記とか、攻略記事とか、長文レビューとか)を書いている時は本当に楽しい。でも一番楽しいのは、時が経って自分の記事を読み直して、あああの時こういうこと考えていたのかと思い返す時なんです。だからこそ続けてこられたんだなーとこの記事を読んで思いましたとさ。

ところでこの方、他にも面白い記事を書いておられるのでぜひそちらもご覧ください。2012年にも一度紹介したのですが(Ivanさんに教えて頂いたような記憶がかすかにある…記憶違いなら申し訳ない)、再度紹介させてもらいます。


2017-12-30

【ゲーム】年間ゲームレビュー 2017 後編

昨日の続きです。

プラットフォーム PlayStation4 / Nintendo Switch
メーカー 日本一ソフトウェア
ジャンル 史上最凶のシミュレーションRPG
公式 魔界戦記ディスガイア5
プレイ時間 プレイ中(H29.10~)
レビュー なし
総評 未定(現状★★☆)
山のようなやり込み要素を搭載し、億単位のダメージをぶっ放す爽快SRPGシリーズの最新作。毎回「長いチュートリアル」といわれているメインストーリーが今回本当に長く、まだクリアできてません。このゲームはメインをクリアしてからが本番で面白くなるので、現時点での評価はあまりあてにしないでください。ちなみにメインストーリーはかつてないほどの王道っぷり。悪いことが美徳とされる魔界、という設定は何処へ行ったのか。ウサリアは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation Vita
メーカー 角川ゲームス
ジャンル ストーリーRPG
公式 英雄伝説 零の軌跡 Evolution
プレイ時間 112時間(H29.10~12)
レビュー 【ゲーム】英雄伝説 零の軌跡 Evolution レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
空の軌跡から舞台を一新した新たな軌跡シリーズ。この作品から初めてももちろん楽しめますが、空の軌跡をしているとさらに面白いです。リメイク版の中では最も古いため若干システムが洗練されていない部分はあるものの、相変わらずの王道ストーリーとよく練られた伏線、魅力あるキャラ、行動選択によって細かにNPCたちの言動が変化する仕様など、RPGを作るお手本になってほしい作品。続編・碧の軌跡も近いうちにプレイ予定。ティオは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation VR
メーカー ソニー…インタラクティブエンタテインメント
ジャンル リアルタイムストラテジー
公式 ゲームソフト | V!勇者のくせになまいきだR | プレイステーション
プレイ時間 8時間(H29.10)
レビュー 【ゲーム】V!勇者のくせになまいきだR レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★☆
アニメチックなユニットを動かしながら、世界を征服していくRTS。といってもボケの魔王・突っ込みのムスメと一緒にボードゲームをしているかのような楽しさがあります。まだまだソフトが少ないPSVRですが、僕のようにアニメ調のゲームがしたい方にはとにかくおすすめできます。難易度は低めでボリュームも少ないですが、PSVR入門には最適。3次元空間での操作性・視認性が非常に優れているところも評価したい。ムスメは俺の嫁。
プラットフォーム Nintendo Switch
メーカー 任天堂
ジャンル ロールプレイング
公式 ゼノブレイド2 | Nintendo Switch | Nintendo
プレイ時間 プレイ中(H29.12~)
レビュー なし
総評 未定(現状★★★★☆)
発売前からyukkun20の琴線をビシバシ刺激してくれた大作RPG。その期待に違わず、ゲームでありながら上質のアニメを見ているかのようなメインストーリーは本当に素晴らしい出来です。熱い展開はもちろん、美しい演出やすばらしいカメラワークなども渾然一体となったところがまた…。システム的にはやや使いにくいところがなきにしもあらずで、もっと完成度を高められるような気がしたのはちょっと残念ですが、その欠点もアプデで改善されつつあります。オープンワールドということでゼルダと比べるのは仕方ないところですが、あちらが探索が楽しいゲームとすれば、こちらはイベントが楽しいゲームということで。ホムラニアは俺の嫁。

総評

ハード別(マルチのものはyukkun20がプレイしたハードでカウント)

  • PS4…5本
  • PSV…3本
  • PSVR…1本
  • NS…3本
  • 3DS…1本
  • その他…1本

ジャンル別(ジャンルはyukkun20の独自分類によります)

  • RPG…9本
  • SRPG…3本
  • DRPG…1本
  • ADV…1本

MVG

  1. ゼルダの伝説BotW
  2. V!勇者のくせになまいきだR
  3. ニューダンガンロンパV3

今年も豊作の一年でした。

MVGですが、1位はやはりゼルダを選ばせてもらいました。コログを900匹探すなどかなりやりこんだ自負がありますが、それでも未だに知らないことが多く、その懐の深さに驚かされました。しかし今後オープンワールドゲームを作ると常にこれと(そしてゼノブレ2とも)比べられてしまうのは本当かわいそう。
2位は今後のVRへの期待を込めて勇なまで。体験版はノミネートしていないのですが、ダンガンロンパVRの出来も良く、アニメ調でも3Dは全然いけるということがわかりました。早くソフトが充実してほしい。
3位は少し悩みましたが、結局このゲームの衝撃度が高すぎたので。お宝発見!モノリスに泣かされたのも思い出深い。

ゼノブレ2も面白いのですが、まだ中盤を越えた辺りなので来年のMVGにノミネートさせてもらいます(覚えていたら)。

しかし昨年は、プレイしたゲームはウィズを除きすべてPS系列でしたが、今年はその牙城も大分崩れてきましたね。特に今年はPSVRとNSという2つのハードを入手できて、ゲームスタイルもずいぶん変わってきました。これからも楽しみなソフトが数多く発売されるので、長生きしたいと思います。


2017-12-29

【ゲーム】年間ゲームレビュー 2017 中編

モニターアームを設定してみました。これでPSカメラも安定して使えるといいなぁ。下の台を動かす度にカメラの調整が必要になるのは結構面倒だったので、動かさないパソコンデスクに固定したのです。

昨日の続きです。

プラットフォーム PlayStation Vita
メーカー 角川ゲームス
ジャンル ファンタジー・ダンジョンRPG
公式 デモンゲイズ2|公式サイト
プレイ時間 32時間(H29.5)
レビュー 【ゲーム】デモンゲイズ2 レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★☆
ダンジョンRPGとハクスラを融合させたエクスペリエンスのDRPG。テンポの良い戦闘やアイテム収集の楽しさなどは健在。エクストラダンジョンは半端ない難易度ですが、それはそれで楽しい。ストーリーが雑いのと、デモンのキャラデザにクセがあるという点を補ってあまりある魅力があって、DRPGとしてはルフ魔女と並んでおすすめできます。アクエリアスは俺の嫁。
プラットフォーム   Nintendo Switch / WiiU
メーカー 任天堂
ジャンル アクション / アドベンチャー
公式 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド | Nintendo Switch / Wii U | Nintendo
プレイ時間 150時間(H29.6~10)
レビュー 【ゲーム】ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★★+★★★
任天堂が誇る看板作品の一つ、ゼルダの伝説の最新作。これのためにスイッチを購入したと言っても過言ではありませんが、仮にこれ以外にプレイする作品がなかったとしても、スイッチを購入したことを決して公開しないレベルのゲーム。任天堂が本気を出すとどうなるかということを思い知らされました。とにかく見えるところはすべて踏破可能ということがこれほど没入感を高めてくれるとは。普通行けないところがあると、「現時点で行けるけどプレイヤーの頭が悪いせいで行ける方向が見つからない」のか「フラグが立ってないから到達できない」のか「そもそも到達不可能である」のかをまず悩まないといけないわけですが、このゲームはそこを悩まなくていい。それだけでも価値のあるゲーム。この作品の魅力はこの枠ではとても語り尽くせないのでレビュー読んでください。ミファーは俺の嫁。
プラットフォーム Nintendo 3DS
メーカー アトラス
ジャンル ファンタジーRPG
公式 ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー – 公式サイト
プレイ時間 60時間(H29.6~H29.10)
レビュー 【ゲーム】ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
タイムトラベルによる歴史改変を描いた、3DSの名作RPG。メーカーがアトラスなのと、あと主にちょぼらうにょぽみ先生とあやねるのせいでイロモノだと思われている可能性がありますが、王道ド真ん中のRPGです。yukkun20はオリジナル版もプレイ済みですが、リメイク要素もオリジナル版の持ち味を高める出来になっていて感動しました。フローチャート式のゲームが好きならぜひ(これマニアックな嗜好ですかね…僕はこれなんですが)。レイニーは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4
メーカー 角川ゲームス
ジャンル タクティクスRPG
公式 『GOD WARS ~時をこえて~』公式サイト
プレイ時間 70時間(H29.6~H29.9)
レビュー 【ゲーム】GOD WARS ~時をこえて~ レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★☆
古代日本を舞台に、日本の神々とおとぎ話の主人公達の物語を描く異色のSRPG。キャラの掘り下げやストーリーの練り込みは今ひとつと感じましたが、それを補ってあまりある骨太のシミュレーション部分がSRPG好きの欲求を満たしてくれます。難易度も比較的高めで、詰め将棋のようなおもしろさを堪能できました。スタッフとファンの距離が近く、容貌をしっかり反映してくれる(あるいは反映しようとしてくれる)のも好印象。続編にも期待したいですね。つーか今年は角川のゲーム何本プレイしとんねん。カグヤは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4
メーカー SQUARE ENIX
ジャンル ロールプレイングゲーム
公式 キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ | SQUARE ENIX
プレイ時間 15時間(H29.10)
レビュー 【ゲーム】Kingdom Hearts 0.2 Birth by Sleep: A Fragmentary Passage レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★
KH1の裏側を描く、アクアのショートエピソード。実質的にはKH3の体験版になっています。KHBbSでは八面六臂の大活躍だったアクアが人間的に悩み、成長する姿は心が温かくなりましたね。映像美はさすがの一言で、次回作への期待を高めるには十分でした。来年は出るんですよね?まじで。

明日は4本レビュー予定ですが、うち2本はプレイ中なのでそのつもりでよろしくです。


2017-12-28

【ゲーム】年間ゲームレビュー 2017 前編

パソコンデスクの設置をなんとか終えました。パソコンも最低限のものは再セッティングしたので、予定通り更新できそうです。

というわけで毎年恒例の年間ゲームレビューです。例によって、プレイ開始が早いものから順に並べています。

今年のレビュー対象は14本ですが、年をまたいでプレイしたゲーム3本(ベルセリア、うたわれ二人の白皇、ペルソナ5)については、昨年のレビューを更新しています。

[関連記事]タグ:年間ゲームレビュー | Y.A.S.

総評は大体以下の通りです。あと☆は★半分の意味。

  • ★★★★★★以上…神。人生でベスト10に入るくらいのゲーム。
  • ★★★★★…傑作。ハードごと購入してでもプレイする価値のある作品。
  • ★★★★…名作。ハードを持っているならぜひプレイすべき作品。または傑作だが人を選びそうな作品。
  • ★★★…良作。何か波長が合うところがあれば十分プレイする選択肢に入る作品。
  • ★★…凡作。特筆すべき事がない作品。もしくは全体的には良作レベルだが、致命的な問題点がある作品。
  • ★…駄作。とても人には勧められない作品。
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ プラットフォーム Andriod/iOS
メーカー コロプラ
ジャンル クイズ&カードバトルRPG
公式 クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ | 株式会社コロプラ
プレイ時間 プレイ中(H25.10~)
レビュー なし
総評 ★★★★

ついに5年目に突入してしまったクイズゲー。ここまでプレイすることになるとは思いませんでしたが、今でも普通に面白いです。最近の課金アイテムのばらまきっぷりはすごく、限定ガチャも毎回20~30連くらいは回せてます。おかげで最上級難易度のクエストも割と余裕で回せるようになりました。またコラボイベントやってほしいですね。イーニア先生は俺の嫁。

※画像はhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.colopl.quizwizより引用

プラットフォーム PlayStation Vita
メーカー 角川ゲームス
ジャンル ストーリーRPG
公式 英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution
プレイ時間 99時間(H29.1~4)
レビュー 【ゲーム】英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★☆
王道RPG軌跡シリーズの第3作目のリメイク版。リメイク版の中では最も新しい作品で、これまでの集大成的なシステムになっています。PCが16人の大所帯でありながら、決してキャラが埋もれることなく、それでいて主人公たちを立てた構成になっているのはさすが。ナイトメアの難易度も適度なもので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで楽しめる名作です。今後も継続してプレイしていきたいシリーズの一つですね。完全続編なので星は半分減らしましたが、実質星4つ。クローゼは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4/PlayStation Vita
メーカー スパイク・チュンソフト
ジャンル ハイスピード推理アクション
公式 ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 | スパイク・チュンソフト
プレイ時間 130時間(H29.1~H29.3)
レビュー 【ゲーム】ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
16人の高校生が繰り広げるデスゲームを描くスパチュンの問題作。相変わらずの濃いキャラクター達は魅力いっぱいで、気に入ったキャラが無惨に死んでいくのもいつも通り。先が気になるストーリー、意外なトリック、豊富なミニゲームと隙のない構成で、最後のどんでん返しには今回も驚かされました。プレイする方はネット上のネタバレは絶対避けましょう。夢野は俺の嫁…と言いたいところですが夢野さんはIvanさんに譲ってしまったので、七海は俺の嫁ということで。え?才能育成計画やってない?
プラットフォーム PlayStation4/PlayStation Vita
メーカー コーエーテクモゲームス
ジャンル 錬金術再生RPG
公式 フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~
プレイ時間 140時間(H29.3~H29.5)
レビュー 【ゲーム】フィリスのアトリエ~不思議な旅の錬金術士~ レビュー | Y.A.S.
総評 ★★☆
これまでとはちょっと違う感じのアトリエシリーズ最新作。いろいろ挑戦的なことをしようとしているのはいいのですが、実験作の域を出ておらず、個人的にはここ数年のアトリエの中では評価が一番低いです。とはいえ、面白くないわけではありません。サブイベントも豊富だったのとイルメリアのおしゃまさは特に評価したいです。これまでは街のアトリエが拠点だったのでまあ許せたんですが、ローティーンの少女が荒野を旅して身を立てていくというのはあまりに非現実的すぎて世界観になじめなかったというのが正直なところ。リディスルも買ってるので年明けにはプレイ予定。イルメリアは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4
メーカー SQUARE ENIX
ジャンル ロールプレイングゲーム
公式 キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ | SQUARE ENIX
プレイ時間 90時間(H29.5~H29.6)
レビュー 【ゲーム】KINGDOM HEARTS Dream Drop Distance HD レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★
3DSで発売されたKH3Dのリメイク版。スクエニの技術力が存分に生かされたフィールドの美しさはさすがで、元が3DSのゲームだとは思えないほどの出来で驚きました。ストーリーが難解なのはいつも以上で、正直メモリアルアルティマニアがないときちんと理解するのは至難だと思います。yukkun20は一応χ以外はプレイしてるんですけどね…。とはいえ、ディズニーの世界を駆け回る楽しみはいつも通り。シリーズ作はすべてPS4でプレイ可能ですから、KH3が出る前にプレイしておきましょう!

一昨年、昨年はレビュー本数13本だったのですが、今年もKH3DHDとKH0.2を一本だと考えたら13本だということに今気づきました。やっぱりこれが限界ということか。


2017-12-04

【ゲーム】英雄伝説 零の軌跡 Evolution レビュー

やっぱり王道とは良いものだ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution

プラットフォーム PlayStation®Vita
ジャンル ストーリーRPG
価格 【PlayStation®Vitaカード版】6,090円(税込)
【ダウンロード】 5,040円(税込)
公式 英雄伝説 零の軌跡 Evolution
プレイ時間 1周目:66時間(イージー)
2周目:31時間(ハード)
3周目:15時間(ナイトメア)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-11-26

【イベント】らんま1/2カフェ@心斎橋161 レビュー

仕事で神戸に行っていたのですが、少し足を伸ばしてみました。

らんま1/2カフェ@心斎橋161

レビュー

会場はこちら。

心斎橋駅のすぐ近くにあります。今日は(昨日も含めれば)4連休だからなのか、人通り多かったですね。

午後1時30分頃に行ったのですが、会場には約100人程度の行列が出来ていてびっくりしました。結局入店まで1時間半ほど待たされましたね。作品の性質上、自分と同年代の人が多かったように思います。親子?で来ている人もいました。

店内に入るまでの階段にはいくつかパネルが展示されています。このカットだけでエピソード思い出せますね。年の数茸だっけ。

店内には高橋先生のイラストパネルがいくつか飾られていました。店内はコラボカフェとは思えない広くて清潔ですっきりした店内でちょっと驚きましたね。

乱馬とあかねの恋愛エピソードとして名高い「伝説の道着」エピソードに出てきたベンチ。店員さんが席に案内してくれる時に、「こちらに座って写真を撮ることも出来ますけどどうされますか?」と聞いてくれました。恥ずかしかったので断っちゃいましたけど、あとでこっそり撮影。カップルで行く人はちゃんと女性をひざの上に載せてあげればいいんじゃないかな!?

各席に置いてあるペーパーランチョンマット。お持ち帰りOKです。右端のレンゲは別に購入したもの。

コラボメニュー「召しませ!猫飯店の五目ラーメン」。一応猫飯店を模しているというコンセプトなので、これは注文しないわけには。店員さんがおかもちに入れて持って来てくれます。わざわざ写真撮影用におかもちを置いて帰ってくれるサービスに感動。味も結構良かったです。ちょっと高級な冷凍食品レベル(一応褒めてます)。

コラボメニュー「お好み焼き屋「うっちゃん」のお好み焼き」。実はコラボカフェの発表があった時は別のメニューを食するつもりでしたが、鶴ひろみさんの件があったのでこちらにさせて頂きました。上の文字は3種類ありますけど、これはうっちゃんが良牙とあかねをくっつけようとしたエピソードに登場したやつですね。原作ではマヨネーズでしたが、これはデンプン?か何かで作った薄い膜の上に文字がプリントされていました。大きさの比較対象がないので分かりにくいと思いますが、直径10~15センチくらいあります。

コラボメニュー「早乙女玄馬の和風甘味プレート」。白い部分は綿菓子、黒い部分は最中です。左のヤカンにはほうじ茶が入っています。このヤカンのデザインも憎いですね。らんまではおなじみのアイテムです。

ほうじ茶をかけて綿菓子を溶かすとこんな感じになります。中には抹茶とバニラのアイス、白玉、あんこ、クリーム、グラノーラ的なものが入ってます。見た目通りの味ですが結構おいしい。ちなみに中に入っている玄馬は最中ですが、「どうも!父です」は紙ですので食べられません。(ちなみに裏には「しまったパンダはしゃべれない」と書いてある)

本日の戦利品。クリアファイルとキーホルダーです。キーホルダーはガチャなのでがらは選べませんが、一発であかねを引き当てたので即撤退。物販コーナーではカフェ限定アイテムの他に、コミックスやキャラソンCDなども売っていました。らんま以外のルーミック作品関連グッズも少々ありましたよ。

というわけで、コラボメニューのクオリティも高く、味も美味しく、お店の雰囲気も良く、店員さんのサービスも言うことなしで良かったですね。これまで行ったコラボカフェの中でも一番良かったかも。らんま1/2の根強い人気も感じることが出来ました。

あーBD-BOXほしいんだよなぁ。もう何年もAmazonの「あとで買う」に入れっぱなしになっています。でもあれTVアニメ3巻+劇場版を全部そろえると13万するんだよ…さすがに気軽に手を出せる価格じゃないです。