2017-02-18

【ゲームグッズ】テイルズ オブ ベルセリア 公式設定資料集 レビュー

ダンロンV3ですが、「モノクマの試練」クリアしました。これで残るトロフィーは、「超高校級の才能育成計画」で全キャラを育成する(残り37キャラ)のと、レベルをMAXにするのと2つだけに。あと1週間くらいで終わるかな。久々に空の軌跡を再開しました。フィリスのアトリエの攻略本も来たし、ダンロンV3が終わったらP5の2周目とフィリスを同時並行で進める予定。

それはさておきTOBの設定資料集です。え?え?表紙の可愛い子誰!?

テイルズ オブ ベルセリア 公式設定資料集

レーベル:バンダイナムコエンターテイメントブックス
価格:2700円

レビュー

  1. シナリオ
    本編と追加エピソードのあらすじ。
    今回も15ページとかなりのページが割かれており、内容も詳しく、一読するだけで話の全体像をかなり深いところまで理解出来る。
  2. キャラクター
    パーティキャラ+アルトリウスは各1ページ、カノヌシ、セリカ、聖寮四天王は各半ページ、その他のキャラは各1/9ページくらい。
    各キャラを中心に見た本編、というイメージで文章が綴られている。特に新しい情報はないが、文章は読みやすく分かりやすい。
  3. ワールド
    この本のメインと思われる、世界観についての解説。「人間と聖隷」「聖主」「業魔と穢れ」「聖寮と対魔士」「歴史」「地理」の6部構成。TOZの公式設定資料集とほぼ同じ構成なので、合わせて読むとさらに理解が深まりそう。特に穢れによる影響の進行度がきちんと整理されたのは良かったと思う。
    「誓約は解除できない」「古文書に描かれたカノヌシのイラストの意味」「現在の八天竜」「前回カノヌシによる浄化が行われた時期」といった新しい情報も散見できる。
    あとベルベットが穢れを生まなかった理由が「自身は弟の敵を討つため感情を殺した状態であり、そこにはエゴがないため穢れが発生しなかった」とのこと。…復讐ってエゴじゃなけりゃなんなんだ。この世界は復活のない世界観ですよ?
  4. イラストレーション
    各キャラのステータスイラスト・チャットイラスト・秘奥義カットイン・ラフ画・アニメ設定画・武器設定画、チャット・イベントカットシーン、エンディングイラスト、背景イラスト、版権絵、グッズ用イラスト、アニメ絵コンテなどの掲載。攻略本との重複も多いがそれだけではない。
    どうでもいいですけど、各キャラのDLC設定画が可愛すぎるんですけど!特にエレノア。個人的にはエレノアのキャラデザは全然刺さらなかったんですけど、これなら別です。あとマギルゥのラフ画がいまよりもっと悪そうでグラマラスなのには笑った。
  5. エクストラ
    キャストインタビュー(PC6名分)、スタッフによる裏設定解説、オリジナル小説5編(聖隷の「真名」をテーマにした短編集)、オリジナルチャット。
    特にスタッフによる解説はかなり深い設定に踏み込んだもので満足。

というわけで、今回も内容は良かったです。TOB好きならぜひ読んでいただきたいですね。TOZの時は作中で説明不十分な点を設定資料集でフォローしようとしている感じがしましたが、今作はゲーム中で設定は一通り解説されており、設定資料集はあくまで付加的な情報価値を提供する者になっていたのは良かったと思います。

でもベルセリアとゼスティリアの繋がりについてほとんど触れられていなかったのは残念でした。


2017-02-12

【ゲーム】うたわれるもの 二人の白皇 レビュー

みごとプラチナ獲得しました。最後25%のドロップアイテム2つで時間がかかるかと思いましたが、3回目の挑戦で2つともドロップして一気に終了。

これでようやくP5の2周目に入れそうです。空の軌跡もぼちぼち進めないと。

うたわれるもの 二人の白皇

公式:うたわれるもの 二人の白皇 PS4®/PS3®/PS Vita
価格:プレミアムエディション:9,800円(税抜)
   ダウンロード版:6,000円(税抜)
   通常版:6,800円(税抜)
ジャンル:AVG+S・RPG
プラットフォーム:PS4、PS3、PSV
プレイ時間:107時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-02-11

【コミック】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 08 レビュー

9巻のレビュー書こうと思ったら、8巻のレビューしてないことに気づいたorz

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 08

著者:横田卓馬
レーベル:ジャンプコミックス
価格:432円

あらすじ

「オールジャパン・ジュニアダンス・スポーツカップ」の二次予選で惜しくも敗れた土屋・亘理ペア。部長ペアを含む黄金世代3組、そして宮大工ペア、御木ペアは二次予選、準決勝と突破し、ついに決勝の舞台でぶつかることになった。

これまでになかった感情をあらわにしながら踊り続ける宮大工達。しかしチャンピオンはそれをコピーし、さらにそれを上回る演技を繰り出すという圧倒的な実力を見せつける。

一方、試合前に、ペア解消を告げた綾辻に、部長はこの試合に勝ったらペア解消の件を考え直して欲しいと打ち明ける。そんな二人の熱い気持ちが乗ったダンスは、観客を大きく引き付けた。体調不良のため金龍院ペアは戦線を離脱し、決勝の行方はチャンピオンと部長ペアの一騎打ちに委ねられることとなった。

そして決勝最後のダンス「クイックステップ」。奇しくも両ペアが最初に繰り出したのは、土屋・亘理ペアが見せた「つちわたブースト」(の改良版)。しかし、部長ペアはさらにその技の「先」を示す。それは、後輩達の将来のために二人が暖めていた技だった。果たして試合の行方は―

レビュー

前巻までなんとも主人公的な活躍を見せてくれた主人公ペアでしたが、今巻から突然脇役になっちゃいました。それでも話がドンドン転がっていくのは、脇役達が立ってるからですね。

前回大会で感情表現を一気に広げた宮大工ペア。自分の中にある燃える感情と向き合うようになった御木ペア。主人公のライバルポジションだけあって、高い成長性が描かれていて、一瞬もしかしたらチャンピオンに勝てる…?と思わせるには十分でした。

しかしその2組をもってしても、まだまだ勝ち目を見させてくれない黄金世代組は圧倒的な迫力でしたわ。そんな中部長ペアは、これまでほぼ完璧超人として描かれていたわけですけど、今回は

パートナーのことを気遣いすぎて、真の実力を発揮し切れていない部長や、

初めて自分が後輩の憧れの対象だったことを知り、ブーストがかかる理央先輩、

そして綺麗な幕引きを計ろうとした理央に、部長がわがままとも言える自分の思いをぶつけるシーンなど、二人の不完全な部分が埋め合わされていく過程が丁寧に描かれ、絶対王者に並ぶ貫禄を得ていて、感動しました。

あとストーリー的な話。その部長ペアと、絶対王者として描かれている咲本ペアがいるなかで、黄金世代最後の一組・金龍院ペアをどう扱うのか気になっていたんですが、そこはさすがの横田先生。説得力のある理由を持たせて舞台から外れてもらうだけでなく、パートナーとの絆や、後輩達に残す教え、そして最後の力で見せた一つのダンスの終着点など、まさに

といえる演出はお見事でした。

でも

不死身って書いてますけど、これぽっと出の新人にあっさりやられるフォームじゃないですかねぇ。

※画像はいずれもコミックスより引用


2017-01-17

【ゲームグッズ】ダンガンロンパマガジン レビュー

ダンロン第1章クリアしました。今回は珍しく学級裁判前にトリックも犯人も分かり、「3作目とはいえやっぱり第1章は親切設計だな」と思って学級裁判をプレイしていたんですが…こ、小高ァ!そういう事かよ!

そんなわけで他のゲームの進行が完全に停止するほど面白いダンロンV3の関連商品紹介です。

ダンガンロンパマガジン

レーベル:カドカワ
価格:1480円(税込)
ページ数:82ページ

レビュー

  • V3発売直前総力特集

ゲームの全体像の紹介。38ページ。

キャラクター紹介については、全員に1ページずつ割かれてます。あまり深い情報はないのですが、ゲーム中ではあまりよく見えない各キャラの校章の設定が大きく描かれてます。これなんで全員校章がばらばらなんでしたっけ?

スクショも豊富ですが、主にプロローグと1章から、ネタバレにならないようなものを選別して掲載されてますね。というか意図的にフェイクのスクショを混ぜてるところもあるな…

あとは本誌スタッフが体験版のレビューをしたり、生き残り予想をしたりしてるんですけど、テンション高すぎで笑いました。みんなこのシリーズ好きすぎでしょう。

そしてやはり一番注目すべきなのはスタッフ3名(寺澤P、小高氏、佐々木D)のインタビューでしょう。

―モノクマといえば今回はおしおきがショッキングなものが多いですね。おしおきというか、もはや処刑と言った方がいいような……。

小高:『2』のおしおきがぬるかったので、今回は痛々しくなっています。

※41ページより引用

それはすごく感じてます。まだ第1章のオシオキしか見てないですけど、これまでぼかしていた部分の表現が直接的すぎるぅ!

  • 描き下ろしトリビュートイラスト

絶対絶望少女のイラストを担当したしまどりる先生、漫画家の大川ぶくぶ先生とS.濃すぎ先生と荒木風羽先生、絶対絶望少女のコミカライズ担当南街香先生の描き下ろしイラストが1ページずつ掲載されてます。

  • 希望が峰学園シリーズヒストリー

過去作である1、2、絶望少女、3未来編、3絶望編のストーリー紹介と、3のBD-BOXの紹介。

もう3を見たのがずいぶん昔のような気がする。

  • 神田沙也加さんインタビュー

主人公赤松楓役の神田さんのインタビュー。今読むと色々意味深ですわ。

  • その他

面白かったのは、「超高校級の人狼」のリプレイ。人狼がダンロンとこれほど相性がいいというのは気づきませんでしたねー。人狼はアナログゲーム好きとしては外せないところですが、プレイ人数がかなり必要なのでやったことないのです…。リプレイだけ書籍化してくれないかなぁ。

それから「アイロンビーズでV3のキャラを作ろう」のコーナーもドット絵好きとしては外せない内容。

 

これに2017年のカレンダーが付録で付いてきて1500円弱なのでまあまあだと思います《個人的には1200円くらいに収めて欲しかったですけど)。とはいえ、内容は結構充実度が高く、十分楽しめるものでした。スタッフインタビューはやっぱり読み応えありますし。購入するタイミングを計っていたんですけど、このタイミングで読んで正解でした。勧めてくださったIvanさん、ありがとうございました。


2017-01-10

【小説】魔女語り ~魔が満ちる世界~ レビュー

ベルセリアのLaLaBit限定版に付属していた特典小説のレビューです。ネタバレ成分が若干あるので、少なくとも中盤辺りまでゲームをプレイしてから読んだ方がいいです。小説もこのレビューも。

限定版はまだ購入可能ですよ!

PS4 テイルズ オブ ベルセリア ララビットマーケット特装版 | ララビットマーケット(バンダイナムコエンターテインメント公式通販サイト)

魔女語り ~魔が満ちる世界~

著者:不明(株式会社バンダイナムコスタジオ名義)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-01-08

【ゲーム】テイルズ オブ ベルセリア レビュー

ゼスティリアよりはコンプが楽だった気がする。

テイルズ オブ ベルセリア

ジャンル:君が君らしく生きるためのRPG
価格:8200円
公式:テイルズ オブ ベルセリア|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
プレイ時間:121時間

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-01-04

【小説】突変世界 レビュー

今日で正月休み終わりだー!でも2日頑張れば3連休が…ところで年末に、今年の年末年始の予定として、

  • 年間ゲームレビューやります
  • ダンガンロンパV3の体験版やります
  • たまっているアニメを消化します
  • 小説を少し読みます
  • P5は1周目をクリア、うたわれは2周目クリア、TOBはプラチナ獲得

と書いたんですけど、

  • ゲームレビュー→やりました
  • V3体験版→やりました
  • アニメ→50本の内40本は消化
  • 小説→「突変世界」は読んだ
  • ゲーム→P51周目クリア、うたわれ2周目クリアは達成。

と結構達成できていて自分でも驚き。

突変世界

著者:森岡浩之
レーベル:徳間文庫
価格:972円(税込)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-01-03

【ゲームグッズ】ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 公式設定資料集 レビュー

うたわれ2周目クリアしました~これで残りは追加ダンジョンだけだー。なお追加ダンジョンは全20面です。(※本編は26面なので…)

去年読んだんだけど、レビュー忘れてた魔女旅団の設定資料集です。こういう本が電子書籍化されるのはありがたい。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 公式設定資料集

レーベル:カドカワ
価格:2376円(税込)
ページ数:176ページ

レビュー

  • Art Gallery

版権イラスト10枚と、それぞれについてラフ絵から完成に至るまでのメイキングと、開発コメントが掲載されています。

  • Character

立ち絵のあるすべてのキャラ(親羊&仔羊すら掲載)の表情集と、キャラに関する開発コメント。ユリエッテさんいいよね。なのに最後にああなってしまったのはなかなかにショッキングでした。

  • Dolls

各ファセットの一枚絵、デフォルメキャライラスト、ラフイラスト。こっちにも開発コメントが付いています。

ファセットが魔女の使い魔として描かれることがある動物(カエルとかカラスとか)をモデルにしているとは気づきませんでした。

  • Background Picture

背景画が掲載されています。あの何の救いもなく終わった人形劇のシナリオが掲載されているのも見逃せませんね!何回読んでも暗くなるわ。

あとアイテムアイコンが大きく掲載されているのもドット絵好きにはたまらないものが。

  • Enemy

敵キャラのイラスト、ラフイラスト、メイキングイラスト。敵や世界観についての開発コメントもあり、実は一番読み応えのある部分かも。

というわけでなかなかに興味深い内容でした。でも色々伏線が複雑に張り巡らされている本作にしては、世界観についての解説が少なめだったのはちょっと残念でしたね。あの謎めいたトロフィーのコメントの意味がはっきりしたのは良かったですけど。

とはいえ、イラストそれぞれに開発スタッフがコメントを付けてくれる資料集は結構珍しいと思いますので、このゲームを楽しめたのなら購入して損はないと思います。もしもっと深い考察を知りたいなら、ネットで探せばいいんじゃないかな(台無し


2017-01-01

【ゲーム】ダンガンロンパV3 体験版 レビュー

本年もよろしくお願いします。

ダンガンロンパV3 体験版

プレイしたのはPS4版です。(レビューには深刻なネタバレはありません)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2016-12-30

【ゲーム】年間ゲームレビュー 2016 後編

P5、エンディング迎えました。118時間かかったけど全然そんな感じしないくらい引き込まれた。

昨日の続きです。

プラットフォーム PlayStation4
メーカー バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル 君が君らしく生きるためのRPG
公式 テイルズ オブ ベルセリア|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
プレイ時間 プレイ中(H28.9~)
レビュー なし
総評 未定(現状★★★☆)
おなじみテイルズオブシリーズの最新作。色々批判の多かった前作ゼスティリアからは一転、手堅く仕上がって安心しました。戦闘もバランスがよく練られており爽快感もありますし、ストーリーも割と分かりやすく、それでいて深いものになっていたと思います。ただ全体的にシリアスな展開で、主人公の性格もちょっと偏っているところは人を選ぶかも。1周でトロコン可能な仕様はありがたいところ。マギルゥは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation Vita
メーカー 日本一ソフトウェア
ジャンル RPG
公式 ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団|公式サイト|日本一ソフトウェア
プレイ時間 65時間(H28.9~10)
レビュー 【ゲーム】ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
尖ったソフトを数多く輩出している日本一が初めて挑戦したダンジョンRPG。なのに面白すぎるのはさすが。深く練り込まれた世界観、テンポ良く進む戦闘、マッピングの楽しさとDRPGに求められているものをこれでもかと詰め込んだ名作。ダークな世界観は好き嫌いが分かれると思いますけど、それだけで敬遠せずにプレイしてもらいたい作品です。旅行そっちのけで一気にクリアしてしまいました。ルカさんは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4
メーカー アクアプラス
ジャンル AVG+S・RPG
公式 うたわれるもの 二人の白皇 PS4®/PS3®/PS Vita
プレイ時間 プレイ中(H28.10~)
レビュー なし
総評 未定(現状★★★★★)
アクアプラスの代表作、うたわれるものの第3作にして完結編。前作がどん底で終わったわけで、そこから挽回していく物語が面白くないはずがない。ADVパートがものすごく長いんですが、全くだれることなく読ませるシナリオになっているのはさすがの一言。あと戦闘も秀逸で、ぼくはこれほどまでにユニットごとの差別化がしっかりなされており、それでいてゲームバランスをきっちりまとめたゲームを見たことがありません。戦ヴァルと並んでPS4のSRPG最高峰。クオンは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation4
メーカー アトラス
ジャンル RPG
公式 P5 – ペルソナ5 – 公式サイト
プレイ時間 プレイ中(H28.11)
レビュー なし
総評 未定(現状★★★★★★★★)
20周年を迎えたペルソナシリーズ最新作。前作P4Gは神ゲーの名にふさわしい作品で、このハードルどうやって越えるんだよ…と思ってましたが、すみませんアトラス。甘く見てました。前作に勝るとも劣らない…いや、総合力としてみると勝っているといってもいいですかね。序盤の意外な展開から、裏切り者の正体、衝撃のラスボス、そして現代世界の鋭い風刺を含んだそのストーリーはすばらしいの一言。細かいところまで作り込まれた、まさに傑作と呼ぶにふさわしい作品でした。JRPG好きでこれをスルーはあり得ないくらいです。千早は俺の嫁。松来さんありがとう。

総評

  • ハード別
    • PS4…8本
    • PSV…4本
    • その他…1本
  • ジャンル
    • RPG…10本
    • SRPG…3本
  • もっとも面白かったゲーム
    1. ペルソナ5
    2. うたわれるもの 二人の白皇
    3. オーディンスフィア レイヴスラシル

今年は軒並み★3つ以上の大豊作の年でした。ベスト3も結構悩みました(1位と2位は圧勝ですが)。昨年のゲームレビューで、「まだまだコンシューマー業界は元気だと言うところを見せてくれ!」といいましたが、その期待を越えてくれたのは嬉しい誤算でしたね。

13本は昨年と同じなのですが、今年はプレイ時間が長いソフトが多く、特に下半期はかなりゲームに時間を費やしたような気がします。来年も期待のソフトが出ますし、積んでいるゲームも楽しみなので、まだまだゲーム三昧の日は続きそうです。アトラスが開発中のファンタジーRPGとか、もう期待しかない。


購入予定リスト

  • 2016/7 空の軌跡 the 3rd Evolution[PSV] 購入済み
  • 2016/9 デモンゲイズ2[PSV] 購入済み
  • 2016/11 フィリスのアトリエ[PS4] 購入済み
  • 2017/1 Kingdom Hearts Ⅱ.8[PS4] 予約済み
  • 2017/1 ニューダンガンロンパV3[PS4] 予約済み
  • 2016/冬 ANONYMOUS;CODE[PS4] 購入予定
  • 未定 Kingdom Hearts Ⅲ[PS4] 検討中
  • 未定 十三機兵防衛圏[PS4] 検討中

1 / 7312345...204060...最後 »