2017-12-04

【ゲーム】英雄伝説 零の軌跡 Evolution レビュー

やっぱり王道とは良いものだ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution

プラットフォーム PlayStation®Vita
ジャンル ストーリーRPG
価格 【PlayStation®Vitaカード版】6,090円(税込)
【ダウンロード】 5,040円(税込)
公式 英雄伝説 零の軌跡 Evolution
プレイ時間 1周目:66時間(イージー)
2周目:31時間(ハード)
3周目:15時間(ナイトメア)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-11-26

【イベント】らんま1/2カフェ@心斎橋161 レビュー

仕事で神戸に行っていたのですが、少し足を伸ばしてみました。

らんま1/2カフェ@心斎橋161

レビュー

会場はこちら。

心斎橋駅のすぐ近くにあります。今日は(昨日も含めれば)4連休だからなのか、人通り多かったですね。

午後1時30分頃に行ったのですが、会場には約100人程度の行列が出来ていてびっくりしました。結局入店まで1時間半ほど待たされましたね。作品の性質上、自分と同年代の人が多かったように思います。親子?で来ている人もいました。

店内に入るまでの階段にはいくつかパネルが展示されています。このカットだけでエピソード思い出せますね。年の数茸だっけ。

店内には高橋先生のイラストパネルがいくつか飾られていました。店内はコラボカフェとは思えない広くて清潔ですっきりした店内でちょっと驚きましたね。

乱馬とあかねの恋愛エピソードとして名高い「伝説の道着」エピソードに出てきたベンチ。店員さんが席に案内してくれる時に、「こちらに座って写真を撮ることも出来ますけどどうされますか?」と聞いてくれました。恥ずかしかったので断っちゃいましたけど、あとでこっそり撮影。カップルで行く人はちゃんと女性をひざの上に載せてあげればいいんじゃないかな!?

各席に置いてあるペーパーランチョンマット。お持ち帰りOKです。右端のレンゲは別に購入したもの。

コラボメニュー「召しませ!猫飯店の五目ラーメン」。一応猫飯店を模しているというコンセプトなので、これは注文しないわけには。店員さんがおかもちに入れて持って来てくれます。わざわざ写真撮影用におかもちを置いて帰ってくれるサービスに感動。味も結構良かったです。ちょっと高級な冷凍食品レベル(一応褒めてます)。

コラボメニュー「お好み焼き屋「うっちゃん」のお好み焼き」。実はコラボカフェの発表があった時は別のメニューを食するつもりでしたが、鶴ひろみさんの件があったのでこちらにさせて頂きました。上の文字は3種類ありますけど、これはうっちゃんが良牙とあかねをくっつけようとしたエピソードに登場したやつですね。原作ではマヨネーズでしたが、これはデンプン?か何かで作った薄い膜の上に文字がプリントされていました。大きさの比較対象がないので分かりにくいと思いますが、直径10~15センチくらいあります。

コラボメニュー「早乙女玄馬の和風甘味プレート」。白い部分は綿菓子、黒い部分は最中です。左のヤカンにはほうじ茶が入っています。このヤカンのデザインも憎いですね。らんまではおなじみのアイテムです。

ほうじ茶をかけて綿菓子を溶かすとこんな感じになります。中には抹茶とバニラのアイス、白玉、あんこ、クリーム、グラノーラ的なものが入ってます。見た目通りの味ですが結構おいしい。ちなみに中に入っている玄馬は最中ですが、「どうも!父です」は紙ですので食べられません。(ちなみに裏には「しまったパンダはしゃべれない」と書いてある)

本日の戦利品。クリアファイルとキーホルダーです。キーホルダーはガチャなのでがらは選べませんが、一発であかねを引き当てたので即撤退。物販コーナーではカフェ限定アイテムの他に、コミックスやキャラソンCDなども売っていました。らんま以外のルーミック作品関連グッズも少々ありましたよ。

というわけで、コラボメニューのクオリティも高く、味も美味しく、お店の雰囲気も良く、店員さんのサービスも言うことなしで良かったですね。これまで行ったコラボカフェの中でも一番良かったかも。らんま1/2の根強い人気も感じることが出来ました。

あーBD-BOXほしいんだよなぁ。もう何年もAmazonの「あとで買う」に入れっぱなしになっています。でもあれTVアニメ3巻+劇場版を全部そろえると13万するんだよ…さすがに気軽に手を出せる価格じゃないです。


2017-11-12

【イベント】「らんま1/2」30周年記念 ミュージアムショップ レビュー

たまにはアニメイトでも寄っておくか…とおもったら偶然遭遇。ちなみにyukkun20は結構な高橋留美子ファンです。特にらんまとうる星やつらが好きです。

「らんま1/2」30周年記念 ミュージアムショップ

レビュー

詳しい告知はこちらをどうぞ。

[らんま1/2]30周年記念ミュージアムショップを開催!|WEBサンデー

アニメイト池袋店の3Fの一角にコーナーがあります。一番奥には猫飯店を模したパネルが設置されています。猫飯店だけど猫飯店と関係のあるキャラが1人しかいないのは秘密だ。

その近くには複製原画が展示されています。どのイラストも懐かしいなぁ。画集持ってたはずだけどどこにしまったっけ。

ちなみに連載当時の関連グッズも展示されていましたが、そちらは撮影禁止でした。

また関連商品を1000円購入するごとに、イラストカードがもらえるのですが、すでにキャンペーンは終了していて残念。

おまけ

実はアルトニアにも行ったのですが、なんだかめちゃ混みですでに当日のカフェ入場券は売り切れていました。やむなく物販のみ利用しました…が、KH15周年記念なのになんでKHのグッズはないの?ディズニーの陰謀??

当日の戦利品。(ペルソナ5カフェ含む)

  • コースター(一番左)…ペルソナ5コラボメニューについてくるコースター。ブラインド。
  • ミニファイル(その右)…ペルソナ5コラボカフェで販売していた描き下ろしイラストのみにファイル。ブラインド。一番好きな春が引けたので満足。
  • ミニ色紙コレクション(中央)…全12種(ブラインド)、しかも隣同士に置いてあったのを2枚購入したのに奇跡のシャンプーかぶりで絶望した。
  • でっかい★ラバーストラップ(その右)…ゴム製の大型ストラップ。らんま1/2バージョンとうる星やつらバージョンの2種類。これは高橋先生ではなく、イラストレーターのせきやゆりえさんのイラストが元になっています。
  • キーブレードキーホルダー(その右上)…アルトニアで購入した、キーブレードを模した金属製のキーホルダー。いくつか種類がありますが、これは「約束のお守り」。いつか「過ぎ去りし想い出」も購入してペアにしてあげたいですね。
  • ラバーストラップ(その下)…おなじみラバスト。らんまから3種、うる星から3種、犬夜叉から2種の「#A」と、らんまから4種、うる星から2種、犬夜叉から2種の「#B」がありました。両方1つずつ購入したら、まさかの主人公ヒロインペア。これはここでの先行販売だそうです。
  • うまるちゃんストラップ(その下)…アニメイトのガチャで購入。見えにくいですが干物妹うまるが寝転んでゲームをしているところです。

こういう昔の作品のグッズは、ここを逃すともう手に入らないのではないかと思ってついつい買ってしまいます。

しかし最近は昔の作品のアニメ化が流行っているようですし、そろそろらんま1/2の再アニメ化、あると思います!でもキャストそうなったら総入れ替えだろうなぁ…。オリジナルキャストでリメイクしたらいくら予算がかかるのか、考えるだけで恐ろしい。


2017-11-10

【イベント】ペルソナ5×プリンセスカフェ池袋新館 レビュー

先日上京した際に行ってきました。

ペルソナ5 × プリンセスカフェ池袋新館

レビュー

プリンセスカフェ池袋新館はこちら。

池袋のオタク街の一角ですね。雑居ビルであまり目立つ看板もないので、危うく通り過ぎそうになりました。

エレベーターで6階に上がると、いきなり物販コーナーがあります。グッズはほしいけどコラボカフェはちょっと…という方でも安心です。ここからは見えませんが、左手奥がカフェスペースです。

カフェスペースに入ると、右側はペルソナ5カフェ、左側は妖狐×僕SSカフェになっていました(特に仕切りなどは無い)。10席ずつくらいだったでしょうか。平日の昼間だったので、妖狐カフェの方にカップルが1組いただけでした。普段は女性向けのコラボカフェを中心に行っているようです。

中ではP5のPVが流れていて懐かしい気分にさせてくれました。発売からもう1年以上経つのか…

すいていたので、座席は自由にチョイスできました。PVが見える壁際の席を選択。デフォルメキャラのマットが敷かれています。

コラボメニューを2品注文。

左が「カロリーヌとジュスティーヌの対照デザートプレート」780円。チョコレートケーキとチーズケーキが載っていて、周囲にブルーキュラソーがあしらわれています。キャラは最中にプリントされているので、そのまま食べられます(これ自体は甘さがない)。ケーキは普通に美味しかったですよ。

奥がドリンクの「主人公/アルセーヌ」500円。アイスコーヒーです。本当は上にレッドカラントと、羽型のチョコレートが載っていてアルセーヌらしさを演出してるんですが、どちらも品切れ(一応代わりにチョコソースがかけてある)ということでただのアイスコーヒーになってしまいました。ざけんな。

右はおまけで付いてきたコースター。祐介とモナという微妙な結果に。

個人的にコラボカフェでは「キャラをイメージしたメニュー」より、「作中に登場する料理を再現したメニュー」の方が好きですので、選択を間違った感あり。

20分くらいまったりとして、その後グッズを購入して店を出ました。戦利品についてはまた別のエントリで触れたいと思います。

 


2017-11-07

【イベント】テイルズ オブ オーケストラ feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス レビュー

テイルズ オブ オーケストラ feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

時刻 旅の日記 写真
18:00 「テイルズ オブ オーケストラ コンサート」に今年も行くことが出来ました。「東京フィルのコンサートを年一で聞きに行ってます( ー`дー´)キリッ」って言ってもいいよね?

今年も本日の演奏のCDの予約を受け付けていました。昨年まで予約特典はチケットホルダーだったのに、今年からキャラが印刷されたカードになっていて激おこ。これならデジタル版を購入した方が…

Amazonでも予約始まってますよ。

19:00 開演。

例年あんまり座席に恵まれていないTOOCですが、今年は真正面でかなり前の方といういい席でした。下屋さんのお顔もじっくり拝見できましたよ。

 
 

曲目は以下の通り。

  • スレイのテーマ~導師~
    なんと3年連続で登場。オーケストラらしい重厚感のある曲に仕上がっていました。スクリーンでは今回のために描き下ろされたTOZのキャラたちのイラストとキャラ名が紹介されています(TOFのOPで流されるアレみたいな感じです)

ここで早速下屋さん…と言うかライラのナレーションが入ります。ライラ視点で見たプロローグからスレイが導師として覚醒するまでのあらすじ紹介ですね。途中かんでいたので生っぽいんですけど、ご本人のお姿は…?

  • 導師の伝承
    壮大な始まりを予感させる曲です。ゲームのプロローグの曲だったかな。スクリーンでは主にアニメ版の映像が流れてました。ここはプロローグのシーン。
  • 天族の杜 イズチ
    イズチのBGM。テイルズらしい、金管主体の重みのあるメロディです。もちろんスクリーンにはイズチのシーンが。確かアニメの曲のはず。
  • 聖剣祭
    聖剣祭に湧くレディレイクの街のBGM、穢れとの戦闘シーン、スレイの導師覚醒と3つの曲のメドレー。導師覚醒はスレイのテーマのアレンジになってますね。スクリーンの迫力ある戦闘シーンとのコラボが良い感じです。

再び下屋さんのナレーション、今度はTOBのプロローグの紹介です。そしてここで桜庭氏が登壇し、次の2曲のピアノを担当してくださいました。今年はインタビューがなくて残念。

  • 災厄のはじまり
  • Theme of Velnet
    TOBから2曲。Theme of VelvetはTOBの楽曲の中でも一二を争うくらい好きな曲ですね。今年はコーラスも入って泣けるわー。桜庭さんらしい曲調と思ってましたけど、パンフに掲載されていたインタビューでも「元々ぼく自身が持っている音楽性で作ることが出来ました」とおっしゃってましたね。

そしてここで下屋さんも登壇!ライラをイメージしたのでしょうか赤いドレスに身を包んでおられました。思ったより小さい!けど笑顔の素敵なお姉さまでした。そしてMinamiさんも登壇し、下屋さんが軽い紹介。

  • illuminate
    TOZX第2期OP。もちろん生歌です。情熱的に、時にしっとりと、時に激しく熱唱してくださいました。

20分休憩。

ライラのナレーション。今度は先代導師ミケルに呼びかける形でスレイとの旅路を語ります。オケのBGMも流れた…んですけど、下屋さんの声量の方が小さかったのでなれが聞こえないよー(´Д⊂ヽ

  • calling
    TOZX第1期ED。オーケストラに負けない伸びのあるヴォーカルが凄い迫力でした。

下屋さんからfhánaへのインタビュー。さらに次の曲の企画説明。CDにも収録されますと言ってからの物販案内に会場からは笑いが。

  • 風ノ唄
    TOZX第1期OP。今年はFLOWさんがいないので、会場のみんなで歌うことに。なんだか寒い企画だと思いましたが、意外と(失礼)盛り上がって良かったです。でも僕は男性ボーカルの曲はキーが合わなくて苦手です…

ライラのナレーション。アニメでもゲームでもポイントとなるティアマット戦に関するものです。

  • Rising Up
    個人的にはTOZでNo.2の名曲。アニメのティアマット戦の映像が流れました。アニメ版はスレイのピンチにアリーシャが従士として協力するというオリジナル展開が足されていて余計泣けるんですよ!もう一回アニメみなきゃ。もちろんAyeshaのヴォーカルもあります。

ライラのナレーション。デゼルとロゼの関係と、デゼルの最期について。

  • 風が育んだ二人の絆
    アニメ23話で流れたBGM。デゼルが大活躍したサイモン戦と、デゼルがロゼに別れを告げるシーン。静かなピアノソロが心にしみます。

ライラのナレーション。ラスボス戦とエンディングですね。
ここで椎名氏が登壇し、自身初めてと語るピアノに挑戦。

  • Journey’s end
    TOZで一番の名曲。この曲はもう何十回も聞いて歌詞もほぼ暗記するくらいだけど、今でも聞くと泣ける。歌詞の意味を考えるとミクリオの心情を歌ってるのかな?そういうこと考えるともうだめ。そしてラストバトルとエンディングの映像流すとか卑怯でしょ。

これでプログラムは終了ですが、もちろんアンコールもあります。

  • 流浪のザビーダ
    珍しくギター伴奏の入った、ちょっとウェスタンチックな曲。スクリーンにはザビーダ名場面が。おいしいところもっていくなぁ。それもまたザビーダ。
  • White Light
    TOZのOP。あれ、これが大トリかと思った。
  • INNOSENSE
    TOZX第2期ED。どちらかというとゆったりした曲が多かった今回の中で目立つアップテンポな曲。コンマスさんが大変そうでした。

そして再度アンコールが。

  • 「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」エンディング
    TOZXのエピローグで流れた曲ですね。アニメではスレイとミクリオの再開がきちんと描かれて良かった。「これが…世界!」のシーンで幕を閉じました。

最後に出演したみなさんが全員登場してご挨拶。

 
21:20 終演。
今年はTOZXメインということで、むしろ過去作リスペクトな自分が楽しめるのかどうか不安でしたけど本当杞憂でした。
特にボーカル曲が多かったのがうれしい。アニメやゲームで何度も聴いている曲は思い入れもありますし、懐かしさもあります。「Rising Up」と「Journey’s end」の2大名曲はいうまでもなく。

ゲストのインタビューが薄めだったのは残念でしたけど、ライラのナレーションも時系列に沿っていて分かりやすく、記憶を喚起するのに大いに役立ってくれました。司会なんていらんかったんや!(去年の日記を参照)

 
22:30 本日の戦利品。プレミアムチケットの特典アイテム。
左上からパンフレット、トートバッグ、マグカップ、タオル。去年と全く同じですね。いずれも非売品。パンフには桜庭氏と椎名氏のインタビューが載っていました。

というわけで今年も大満足な一日でした。指揮も3年連続で栗田さんでしたけど、今年はちょっと動きが少なかったような。でも茶目っ気のあるキャラクターは相変わらずで、今後もタクトをぜひ振っていただきたいですね。

これで3回目のテイルズオケだったわけですけど、そろそろBD化してくれてもいいんじゃないかなぁ。毎年後ろに流される映像も非常に良くできていますし、そこら辺もまとめて見たいのが本音です。バンナムさん、何とかお願いしますよ!

そして来年こそはシリーズの楽曲をやってほしいです。いずれにせよ必ず参加する所存です。


2017-11-05

【小説】キノの旅XXI レビュー

今年もこの季節が来ましたね。榊ガンパレが終わったらキノの旅をまとめようとだいぶ前から思っているのですが、榊ガンパレ関係の更新はあと何年も終わりそうにないなぁ。

キノの旅XXI the Beautiful World

著者:時雨沢恵一
レーベル:電撃文庫
価格:590円(税別)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-10-29

【ゲーム】V!勇者のくせになまいきだR レビュー

これまでプレイしたPSVRゲームの中で最高の出来です!

V!勇者のくせになまいきだR

プラットフォーム PSVR
ジャンル リアルタイムストラテジー
価格 5,292円(税込)
公式 ゲームソフト | V!勇者のくせになまいきだR | プレイステーション
プレイ時間 1周目:8時間


続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-10-28

【コミック】放課後さいころ倶楽部10 レビュー

カバー裏の作者コメントに深く同意。

放課後さいころ倶楽部10

著者:中道裕大
レーベル:ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
価格:590円

レビュー

アナログゲームを題材に女の子のキャッキャウフフを楽しめるコミックス第10巻です。1年生組がメインを張るようになって2年生組の出番が少なくなってしまったのは残念ですけど、今回は1年生のカンナ(表紙左のお下げ少女)と奈央(右の金髪ガール)の恋物語の進展もあったりして面白かったです。しかしなぜヒゲでマッチョでグラサンの元軍人店長はあんなにモテモテなんだ…!

今回も5話構成で、取り上げられているゲームは5つです。「アグリコラ」は有名なので知ってましたけど、それ以外のゲームは知らなかったので新鮮でしたね。結局前巻の感想を書いてから一度もボードゲームプレイしてないし、ボードゲームカフェにでも行こうかしら。

今回題材になっているゲームは、

5巻に登場した「パンデミック」と同じ作者が作った協力型ゲーム「禁断の砂漠」。5×5のタイルの上を駒を動かし、アイテムを発掘しながら脱出を目指すという男心をくすぐる内容です。

結構ルール複雑なんですけど、1話の中でそれを説明した上に2回プレイ模様を描いているところはさすがの構成の妙。


天空の町を飛び回る船に乗り、次々に起こる問題に船長が対処してくれることを信頼して次の町に向かうか、船長を見限って下船するか選択するダイスゲーム「セレスティア」。

さいころによる運とブラフによる心理要素がうまくかみ合ってる感じがしますね。しかし女子4人に紛れてゲームするとかリア充爆発しろ。


正方形を組み合わされた「パッチ」をプレイボードに隙間無くはめ、お金代わりのボタンを増やしていく2人専用ゲーム「パッチワーク」。

ルールが比較的単純で、見た目もファンシーなので女の子向けっぽい感じがします。もっとパッチワーク柄は派手でもいいと思うけど原作通りということで。


全員がおなじ道の描かれたタイルを自分のフィールド上に設置していき、探険家と遺跡を道で繋げてお宝を集めるというボードゲーム「カルバ」。

全員がほぼ同じ条件でプレイするため、戦略が勝負を分けるという比較的年齢層が高い人向けのゲームになっています(といっても8歳以上推奨ですけど)。


牧場経営をモチーフにした大人気ボードゲーム「アグリコラ」を、要素を削ってシンプルにし、2人専用ゲームにした「アグリコラ 牧場の動物たち」。

物資を集める、建物を建てる、動物を集めると言ったアクションを実際のミニチュアごまを使ってやるので見た目も華やかで面白そうなゲームです。アグリコラはいつかやってみたいゲームの一つですけど、入門用によさそうですね。重いゲームはインストも大変だからなぁ。


の5つでした。公式サイトに試し読みもありますので、興味をお持ちの方はぜひ。

カバー袖に書かれていた「綺麗好き」と「掃除好き」は違うという話が興味深い。僕は掃除が嫌いじゃないのになんで部屋が汚いのか疑問に思ってたんですが、ようやく謎が解けました。部屋をよごすの自体がプレイの一環ということですね(え


2017-10-21

【コミック】星界の紋章⑤ レビュー

またもや1年ぶりの新刊です。今年もAmazonで購入。

星界の紋章⑤

著者:米村孝一郎
レーベル:フレックスコミックス
価格:650円

あらすじ

正体を隠しクラスビュールに潜伏するジントとラフィール。敵兵と現地の警察官による包囲網は次第に狭められてくるが、そこで手助けしてくれたのは意外な組織だった。

一方ゴースロス爆散から始まった帝国と四カ国連合の対立は悪化の一途をたどり、遂に皇帝は四カ国連合に宣戦を布告する。スファグノーフ侯国に向けて出発したトライフ艦隊は、この戦争初めての大規模会戦に挑もうとしていた―

感想

原作小説で言うと第2巻の終盤に当たる部分のコミカライズです。⑤でも第2巻分は終わらないのではないかと思いましたが終わりましたね。第1巻分が①②、第2巻分が③~⑤なので、あと3年くらいで完結するんじゃないですかねぇ。超大作ですな。

今回は皇帝と大使達、ジントと統合体兵士、ジントたちとクラスビュール戦線の面々など、丁々発止で会話が進むシーンが多かったですね。

また大使達、ファラムンシュ、エントリュア、カイト、クラスビュール戦線組など新キャラが多く出てきたのも目を惹きました。基本的にキャラデザはアニメ版を踏襲していましたが、米村先生風に良い感じに味付けされてましたね、その中でもやはりポイントはラマージュ陛下でしょうか。連載中に、もしかして次のコミックスで表紙を飾るか?というくらい気合の入ったカラーイラストがありました。残念ながら表紙にはなりませんでしたが、カラーイラストはばっちりカラーのままで収録されてますよ。

表紙と言えば、ジントが持ってるのが何か一瞬分からなかったんですけど、これ④巻で登場した炭素結晶繊維紡錘ですよね。マニアックすぎるだろ…。

第21話「万芽に」は誤植ではないかと連載当時感想に書きましたが、「一身に」に修正されてましたね。


このイラストは修正されてませんでした。


2017-10-18

【Webコミック】星界の紋章 第25話 レビュー

まさかの2ヶ月連続更新キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!まあ発売中の5巻にはこの話は掲載済みなんですけどね。コミックスもすでに入手していますが、ようやくネタバレ気にせずレビューできるや。Ivanさんありがとうございます。

星界の紋章

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

前回派手に乗り込んだのに寝起きラフィールにあっさりボコられた面々の自己紹介が始まります。

彼らの目的は帝国からの独立。そのために…

ということのようですね。アーヴの地獄バール・ゲーフが手招きしてますよ…。

と言っても空気が読めるジントくんは、彼らの夢を壊さないよう気を使います。といってもここにジントがいなければ普通に彼らは銃殺されているはずなので、ひざまずいて感謝してもいいくらいだぜ。

それはさておきここのジントと葬儀屋のやり取りいいですよね。森岡節前回です。こういう一言多いキャラは見ていて面白いですよね。

一方こちらはスファグノーフ奪還のために派遣されたアーヴ艦隊です。彼我兵力差は3:7。星界軍の圧倒的優勢ですが、艦隊を率いるトライフ提督は、無為な艦艇喪失を避けるため慎重策を採用します。

それはそうとアニメ版の時から気になってたんですけど、なんで会議室には椅子がないんですかね。やっぱり宇宙船だからその辺りは適当なのでしょうか。

そしてペネージュさんのチラ見せキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!牙突?

というわけで今回はここまで。いよいよ原作2巻に相当する部分が終わりました。次回からいよいよ最終巻ですね。派手な宇宙艦隊戦が開幕…するかしないか微妙なラインですね。

今回の殿下

左が前回登場した寝起き殿下、右が覚醒殿下ですね。この顔で銃向けられたらそりゃ怖いわ。

寝間着で外出したがる殿下。心配しなくてもこの後最終回直前までわんぴーす姿だからがんばって生きてください。


※画像は第25話より引用(下から3枚目のみ第24話より引用)


1 / 7912345...204060...最後 »