2019-02-28

【コミック】真田魂2 レビュー

ロボノダッシュ、フラウルートクリアしました。ストーリー展開はあまり好きではありませんでしたが、最後唐突なナウシカパロディと、エンディングダンスで全て許した。ベテラン声優ってすげー。

真田魂2

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:600円

レビュー

戦国最強と名高い真田一族の生き様を描く重野先生の歴史漫画です。真田家と言えばもちろん真田幸村(信繁)が有名ですが、現在はその父真田昌幸が主人公やってます。

冒頭で使えていた武田家が滅亡してしまい、生き残りを賭けた真田家の謀略が火を噴いてます。武田家が滅ぶと…

※画像は29ページより引用

武田家を滅ぼした織田家に臣従。その3ヶ月後に信長が本能寺の変で死ぬと、散々滝川一益(信長の部下)に世話になった(命も救ってもらった)にもかかわらず

※60ページより引用

上杉に内通。しかしそこへ北条が攻めてくると

※70ページより引用

もちろん北条に寝返り。北条は徳川と戦争を始め、もちろん真田も北条と共に戦うのですが…

※85ページより引用

領地をくれると言った徳川に寝返り。しかし徳川が北条と和睦し、和睦の条件として真田の領地を北条に引き渡す約束をしたことを聞くと、

※92ページより引用

もちろんぶち切れです。しかしいきなり裏切るのは心苦しいので、「上杉家の脅威に対抗するための城を1個作って、沼田城の代わりにくれませんかねー」と徳川に交渉。徳川のおかげで堅牢な城が完成したところで、

※101ページより引用

きっちり裏切りました(しかも上杉家と同盟を結ぶという外道っぷり)。

しかし大国に囲まれた真田家が戦国時代を生き延びたのも、昌幸のこういうところが大きいんでしょうね。

もちろん最後に裏切られた徳川の怒りは半端なく、ついに徳川家VS真田家の戦いが始まります。自分たちが作った上田城で真田にボコボコにされる徳川家の活躍をお楽しみに!


2019-02-25

重野なおき先生の歴史漫画が発売予定

最近、推理漫画の「Q.E.D.」(全50巻)を電子書籍で購入して読んでます。これまで漫画喫茶などで数回読んでいるんですけど、何度読んでも面白いですね。個人的には数学ネタが好きです。「デデキント切断」「連続体仮説」「スキューズ数」などの概念はここで学びました。同じ作者の「C.M.B.」も読んでますがこちらより「Q.E.D.」の方が好み。だが実写ドラマだけは絶許。

さて、重野なおき先生のコミックスが今月と来月に連続刊行です。

戦国時代のチート一族真田家を主人公に据えた歴史漫画です。ついに主君の武田家が滅び、真田家がどのような道を選ぶのか注目ですね。2/28発売。

こっちは織田信長に勤めるくの一・千鳥を主人公に据えた歴史漫画です。石山本願寺との戦いも気になりますが、闇堕ちしかけている光秀の行方も気になる。

さらに伊達政宗を主人公に据えた歴史漫画も出ますよ。こっちはまだ奥州も統一できていない伊達家がどうなっていくのか気になります。yukkun20は真田家や織田家のことはある程度知ってますけど、伊達家のことはほとんど知らないので先が見えず面白いです。


2019-02-17

【コミック】軍師 黒田官兵衛伝④ レビュー

P3Dも、全曲を最高難易度でクリアしました。

明らかにP4Dよりも評価が辛く曲が難しいので、全曲BRILLIANTでクリアするのは無理でした…DLCの「MAZE OF LOVE」とか発狂ものですからね。イントロだけで心折られそうになるから。

残りはP5Dです。こっちの方が難易度的にはまだましな気がする。

さて、2年半ぶりに黒田官兵衛伝が来ましたね。あの大事件の真相は明かされるのか…?

軍師 黒田官兵衛伝③

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:600円

レビュー

4巻は、本能寺の変の直後、つまり山崎の戦い(秀吉と光秀の決戦)、清洲会議(織田家の家督相続に関する重臣達の会議)、そして秀吉と柴田勝家の対立が描かれています。

個人的にはやはり、本能寺の変を起こしたきっかけが何だったのか、重野解釈を楽しみにしていました。今巻でもあまりはっきりとは描かれなかったのですが、「私は信長様の天下を見たく無かった…これだけ尽くしてきた私をないがしろにする信長様の天下など…」という台詞があるので、わりとオーソドックスな解釈を取られているようですね。

また光秀の死ははっきりとは描かれておらず、今際の際の台詞が「生まれ変わったら…僧になって…天のように海のように…広く…穏やかな心で生きよう…」になっているのは、もしかすると南光坊天海=明智光秀説をにおわせているのかもしれませんね。つまりこの先再度光秀が登場する可能性が…ないな。どう考えても官兵衛存命中はないわ。

またここからついに野心をむき出しにする秀吉の葛藤も描かれていてよかったですね。正直信長が亡くなってからの秀吉の行動はあまり好きではないのですが、こういうのを見ると、少し歴史の見方も変わるような気がします。そしてお市様がかわいそうすぎる…

聞いてて恥ずかしい

勝家「冷静に考えてみればこの会議…拙者は秀吉に完敗でした」

お市「…冷静に考えなければ?」

勝家「秀吉がワシとお市様の縁組認めた!!恋の争奪戦完全勝利ィー」\しゃーやりー/

お市「やっぱり冷静にお願いします」

※65ページより引用

ヤングアニマルDensiがなくなり、現在はマンガParkで全話が公開中です。興味のある方は是非アプリをインストールしてみては?

 


2018-09-06

【DVD】信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎編~ レビュー

星界の戦旗6が明日届くってメールが来たー!これはもう勝ち組と言ってもいいのではないだろうか(だめだろ

あと閃の軌跡:改ですが、本日プラチナ取りました。週末にでもレビューします。

本日は「信長の忍び」コミックス14巻限定版の特典DVDのレビューです。

信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎編~

収録時間:約50分
価格:非売品
公式:TVアニメ「信長の忍び」

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-09-02

【コミック】信長の忍び14 レビュー

現在プレイしている「閃の軌跡」「戦ヴァル4」「進め!キノピオ隊長」がいずれも来週中に終わりそう。さて次は何をすべきか。今月はシュタゲも発売ですし、星界も最優先で読まないといけませんからちょっと自重すべきかも。

さて、アニメ第3期が好評放送中のこのコミックスの最新巻です。森可成様…(´;ω;`)ブワッ

信長の忍び14

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:617円(税別)

あらすじ

光秀の丹波攻めは、波多野の裏切りなどもあり失敗に終わった。信長からの処罰を恐れる光秀だったが、意外にもお咎めなしの裁定が下り光秀は安堵する。織田軍の次の目標は石山本願寺。雑賀衆の反撃でまたも光秀の立てこもる天王寺砦がピンチに陥るが、信長自らの出撃で危機を脱した。しかし、毛利に落ち延びた「あの男」の頼みで、ついに毛利が織田家に牙を剥く展開に…!

感想

今回はとにかく光秀にスポットが当てられていましたね。光秀って言うと本能寺の変以外のエピソードがあまり知られてないですけど、丹波攻めに失敗したり、ピンチのところを信長自らに救われたり、奥さんが早死にしたりと結構波瀾万丈な人生送ってたんですね。しかしここまでいろんな事がありながら、最期がアレというのはホント日本史のミステリーです。

でも本能寺の変につながりそうなエピソードが挟まれてました。

伝わらず/恐怖

秀吉「塙殿(※大軍を率いながらあっさり敗北し、光秀が追い詰められる原因となった織田家の武将)の処罰は敗戦の責任もあるが…それほど光秀殿を危険に晒したのが許せなかったのでござろうな 少々…光秀殿がうらやましいでござる」
光秀「塙殿の一族が追放…?」
光秀(それは…ちょっと…厳しすぎないか…?)
光秀(塙殿は…長年信長様に尽くしてきたのにな…仮に…私が失敗しても…一族が追放されるのか…?熙子(※光秀の妻)や…子供たちが…路頭に迷う…)
光秀(いやだ それだけは絶対にいやだ)

※75、76ページより引用

この時は熙子の言葉もあって闇落ちはしませんでしたけど、本能寺の変まであと数年なんですよね。命を救われたのに謀反とか、やっぱり色々あったんでしょうね。


2018-04-28

【DVD】信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎編~ レビュー

うたわれ届きましたー。早速開封!しましたけど、今日はいろいろやることが多くてプレイは出来ませんでした。明日はやるぞ。

「信長の忍び」コミックス13巻限定版の特典DVDです。

信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎編~

収録時間:約50分
価格:非売品
公式:TVアニメ「信長の忍び」

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-04-01

【コミック】信長の忍び13 レビュー

久々にリディスルのアトリエ再開しました。DLCもルーシャ&イルメリア加入を購入しました。2人とも好きなキャラなので戦闘に参加できるのは朗報。というか主人公の師匠やライバルが戦闘に参加できないという元々の仕様に問題が…

さて、今年4月からアニメ第3期が始まるこのコミックスの最新巻です。

信長の忍び13

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:617円(税別)

あらすじ

ついに織田家と武田家の存亡をかけた「長篠の戦い」が勃発。そんな中、千鳥は武田家の凄腕のくのいち・千代女に絡まれ苦戦するも、助蔵の愛の力?でどうにか勝利。織田軍も武田家をくだし、天下統一に大きく前進した。次の目的地は西日本。総大将に任命された光秀だったが、その先には暗雲が…?

感想

今回も濃いかったですね。長篠の戦いと言えば、鉄砲の3段撃ちがあまりにも有名ですけど、重野説ではそこには触れず、普通に鉄砲と弾薬の火力で武田軍を圧倒したように描かれていましたね。最近の研究では3段撃ちの存在も疑問視されていますし、それを反映させた内容だったのだと思います。

また鳶ヶ須山砦の攻防や、武田四名臣の死など、戦いの影に隠れがちなエピソードもしっかり拾ってあったのでとても勉強になりました。山県様ここで死んでたんですね。

疑惑が確信に

\ざわざわ/\そんな…山県様が…/

真田昌輝(兵に動揺が!!鎮めねば!!)

真田信綱「うろたえるなー!!山県殿は死んではおらん!!」

真田昌輝(さすが兄者!!)

真田正綱「みんなの心の中に生き続けるのだ!!」

\うわああ やっぱり死んだんだー/

※50ページより引用

しかし長篠の戦いは、重野先生の別のまんが「真田魂」でも結構尺を取って描いてるのに、内容がほとんどかぶってないんですよね…さすがです。しかしどちらの作品でも釣閑斎が奸臣として生き生きしすぎな件について。


2017-10-08

【DVD】信長の忍び レビュー

ゼルダは最後のサブイベント「剣の試練」に挑んでいます。とりあえず序位と中位はクリア。残すは極位だけなのですが、中位の苦戦ぶりを考えるとクリアできるか不安だ…。いずれにせよ明日でひとまずプレイに一区切りつけようと思います。それにしてもゲーム史に残るすごい作品でした。

あとKH0.2も始めました。映像は美麗なんですけど、ゼルダの後だと操作性にちょっと不満が。特に空中のアクション制御はいらつくことが多いです。でもアクアがかわいいのでとりあえず許せる。しかしこれでプレイ中なのはこれだけになるので、12月まで並行してもう1本1プレイしたいところです。今検討中なのは、

  • イース8…sasaさんにおすすめいただいたARPG。ストーリー的にもシステム的にも好みだが、KH0.2とジャンルが完全にかぶっているのが最大の問題。あと次にプレイするゼノブレ2ともかぶってる。
  • 世界樹の迷宮シリーズ…ここ数年楽しんでいるDRPGの名作。第1作しかプレイしてないが、好きなジャンルではあるのでそろそろ復帰したい。これまたかぶっているペルソナQ2発売がいつ頃になるのか気になる。
  • ディスガイア5…これまで1、2、4、D2とプレイしているSRPG。NS版はPS4版のDLCも全部収録されているし、トロフィーがないので気楽にプレイできるしでよさそう。

閑話休題。「信長の忍び」コミックス12巻限定版の特典DVDです。

信長の忍び

収録時間:約50分
価格:非売品
公式:TVアニメ「信長の忍び」

続きを読む(ネタバレ注意) »


2017-09-03

【コミック】信長の忍び12 レビュー

GOD WARSクリアしました!でもこれ日本神話の基礎知識がないと若干意味が分からなくないですかね?

信長の忍び12

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:617円(税別)

あらすじ

長島一向一揆で本願寺を追い込んだ織田軍の次なる相手は戦国最強と名高い武田軍。前回とどめを刺し損ねた徳川家を滅ぼすべく、次々に城を落とし、遂に長篠城に迫ります。長篠城は城兵の検討もあって落城を免れ、両軍は設楽ヶ原で激突することになりました。遂に名高い「長篠の戦い」の始まりです!…コミックスはまだ前哨戦ですけど。

感想

長篠城といえば鳥居強右衛門のエピソードは欠かせませんよね。でもまさか3回にわたって取り上げられるとは思いませんでした。敵軍がうろうろする中を突破して岡崎城(65km先)まで行ってしかも帰るとかどんなスネークだよ。すごすぎる。

あと真田魂ではなんだかちょっといい人?みたいになった奸臣・釣閑斎の奸臣ぶりを存分に楽しめますよ。

勝頼は呆然

馬場信春「やはり佐久間の寝返りは偽りでしたか…まあ予想通りでしたが まんまと騙された釣閑斎殿は怒り狂ってるでしょうね…」

釣閑斎「ふふーん 佐久間は一番オイシイ所で寝返るつもりだな?」\じらしおってー/

ナレーション「まだ信じてた」

※111ページより引用


2017-09-02

【コミック】信長の忍び11 レビュー

GOD WARSはあとラスボス戦を残すのみとなりました。明日にはクリアできそう。でも全員レベルカンストのトロフィーがあるので…

さて、アニメもいよいよ終盤(あまりそういう感じありませんが)の「信長の忍び」です。早速12巻のレビューしようと思ったら、11巻のレビューしてなかったので。

信長の忍び11

著者:重野なおき
レーベル:ジェッツコミックス
価格:571円(税別)

あらすじ

朝倉・浅井を滅ぼしついに包囲網を崩した織田軍ですが、次の敵は本願寺、そして武田軍です。信玄が死んで楽勝かと思いきや、息子の勝頼の大活躍で徳川領へガンガン侵攻してきます。本願寺の動きがうっとうしく武田戦に集中できない織田軍は、遂にその凄惨さで知られる「長島一向一揆戦」に突入していくわけです。

また「尾張統一記」でダメ兄貴ぶりを存分に発揮した信長の兄・信広が久々に登場しましたね。相変わらずのダメダメぶりでしたけど、最後は男を見せた…かな?信長は割と兄弟には甘いですよね。弟やお市の方にもそうでしたし。

あとは朝倉義景の娘が顕如の息子の婚約者だったっていうのも歴史の綾を感じます。実際にはあんな腹黒娘ではなかったと思いますけど、でもそりゃ親があんな死に方したらダークサイドに落ちても仕方ないかも。

感想

長島一向一揆はさすがに血なまぐさい内容でした。ただ、信長がそのような戦略を採った理由について説得力を持って描かれていたので良かったと思います。また最近見直されつつある勝頼の活躍もかっこよく描かれていましたね。部下にも恵まれてるなぁ。それだけに13巻で描かれるであろう長篠の戦いでの判断ミスが痛いです。歴史にifはないですけど、あそこで勝頼が撤退を選んでいたらどうなったのか気になります。

しかし新たなツッコミ役が加入したせいですっかりボケ役になった光秀ですけど…

 

留守番希望

信長「長島は川の要塞…軍船の手配は進んでるな? どうした光秀」

光秀「個人的には…船で攻める事には賛同できません」

信長「なぜだ…申してみよ」

光秀「私 船酔いするんです」

信長「本当に個人的だな!!

※65ページより引用

この巻あたりからツッコミの仕事にも戻り始めてますよ。