2018-11-06

星界の戦旗6 アトラコンについてちょっと考察

星界の戦旗6の用語辞典の更新も、残すところあと2章分となりました。それに合わせて今まで書いていた文章を読み直してます。

「幻炎第五艦隊参謀長のキー提督と、今回登場したキー・ボート=ラムセル・ガムヴ公爵レークル・ガムブ・アトラコン星界軍元帥が同一人物なのでは?」という考察を星界の戦旗VI更新分に書いたのですが、よくよく考えると、キー提督の宮中序列は「ガムヴ公爵公子」なので男性ですよね…(女性なら公爵公女)。アトラコンさんは女性であることが確定しているので、同一人物の訳はなかったorz

とするとこの二人の関係が気になるところです。可能性としては

  • 母と息子
    アトラコンさんが公爵で、その息子が公爵公子という解釈です。アトラコンさんはそれなりの年齢であると推察されるので一番素直な解釈だと思います。ただしアトラコンさんは帝都陥落時に緊急昇進しているはずなので、その前の位階は大提督。その息子が既に提督になっているというのは少し出世が早すぎるような気がしなくもないです。この場合キー提督は(生きていれば)現在でも公爵公子です。
  • 姉と弟(もしくは兄と妹)
    ちょっと分かりにくいですが、アトラコンさんとキー提督の親がガムヴ公爵で、その後親が死んだため、娘であるアトラコンさんが襲爵したという解釈です。この場合キー提督は現在は公爵公子ではないことになります(多分ただの公子)。
  • その他
    キー提督の親が元々のガムヴ公爵で、その人が死んでキー提督がガムヴ公爵になり、その後キー提督も死んでアトラコンさんが公爵になったという解釈です。この場合キー提督は既に死んでます。

あたりでしょうか。この二人については情報があまりないのでこれ以上は考察しようがないのですが…

よく考えると、「キー」という氏姓及び「ボート」という姓称号から、彼らは皇族から帝国初期に分家した一族であることが分かりますね。つまり「ラムセル」の「ラム」は、アブリアルの女性の名に付く「珠玉ラーフ」ということです。…「キー」は皇族から分家した男系の家に与えられた氏姓なので(女系の場合はリューシュ)、なんかおかしいような。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

閃の軌跡をクリアしたことで
ようやくアサシンクリードオデッセイを始めました(買ったのは先月)
古代ギリシャが舞台のオープンワールドなのですが
凄いのは海の中までしっかり作られていて
クジラやサメまでいました
しかしロードが長いのがやはり海外ゲーの弱点でしょうか

グラが良くなるとロードが長くなるのは仕方ない。というかギリシャが舞台だったのか…勝手にエジプトだと思ってました。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます