2014-11-04

とりあえずいろいろ気持ち悪いので映像化は勘弁してください

今更ながら、森岡先生の最新作「突変」を読み始めました。読み始めたのですが、半分ほど読んだところで中断。分厚すぎて隙間時間に読むのは無理があったよ…

まだ中盤なので感想は今度にしますけど、今回は森岡節は抑え目なように感じました。とはいえストーリーライン自体は異世界放り出されモノというよくあるやつなのですが、見知らぬ世界に放り出された一般の人が、どういうことを考えてどういう問題意識を持ち、どうやって組織を構成してどうやって問題に対処していくのか、というところをリアルに描いているので文句なしに面白いです。そういうリアルなところが原因なのか、なぜか芝村氏の「この空のまもり」をちょっと思い出してしまいました。(→【小説】この空のまもり レビュー | Y.A.S.

どうせこれから大どんでん返しも待っているのでしょうし、期待してじっくり読んでいきたいと思います。

そういえば森岡先生と言えば、日本SF作家クラブの第22代事務局長に就任されたようです。おめでとうございます。(ソース:日本SF作家クラブについて – SFWJ)お体に気を付けて頑張ってください。…ということをここで言っても詮無いことはわかってます。

 


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 盛岡先生おめでとうございます。錚々たるメンツの後任。その方面でのご活躍にも期待してます。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます