2020-01-22

「銀の匙」最終巻が2/18発売 荒川先生お疲れさまでした!

荒川弘先生の農業高校マンガ「銀の匙」最終巻(15巻)が2/18発売予定です。先生、お疲れさまでした!

連載開始が2011年でしたから、8年越しの完結ですね。これまで全ての巻でレビューを書かせていただいておりますが、15巻ももちろんやろうと思います。

しかし先日「鋼の錬金術師」を読み返す機会があったのですが、荒川先生の描くマンガはストーリーは単純明快ながら、深いテーマをうまく扱ってくださってますし、シリアスとギャグのバランスもいいし、絵柄も安定してるし、コミックスのおまけも充実してるしで、やっぱり素晴らしいです。つーかハガレン連載したの28歳の時なのか…

これからもお体に気をつけてください。次回作も期待しております。


2019-11-01

【コミック】銀の匙 Vol.14 レビュー

休載中だった「銀の匙」が来週号のサンデーで復活することが決まりました!長かったなー。でもあと4話で最終回だそうです。確かにもう終盤って言われてたけど、早過ぎんよー。でもだらだら引き延ばさないところは荒川先生らしい。

ということで自分のレビューを読み直していたら、14巻のレビューをしてないことに気付いたので。

銀の匙 Vol.14

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2015-06-27

【コミック】銀の匙 Vol.13 レビュー

現在も休載中ですが、久々に新刊が出ました。巻末おまけ漫画でもお元気そうで良かったです。

アルスラーン戦記が一段落してからでいいので、続き期待しています。

銀の匙 Vol.13

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-09-03

【コミック】銀の匙 Vol.12 レビュー

荒川先生のご家族の体調不良で現在不定期連載になっています。ご自身が妊娠されてもほとんど休載しないことで知られる荒川先生が休載ということはよほどの事態なのだと思います。一日も早いご回復をお祈りいたします。そして冨樫先生は仕事して。

銀の匙 Vol.12

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円

 

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-04-12

【コミック】銀の匙 Vol.11 レビュー

映画も見に行きたいけど行く暇なさそう。荒川先生、連載100回突破おめでとうございます!カバー裏の2コマ漫画も笑える。

銀の匙 Vol.11

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円

 

続きを読む(ネタバレ注意) »


2014-01-17

【コミック】銀の匙 Vol.10 レビュー

今回は通常版を購入しました。荒川先生、10巻突破おめでとうございます!
近頃サンデーの漫画は全体的に面白いのが多いなぁ。

銀の匙 Vol.10

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:429円(通常版)、1142円(限定版)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-11-03

【コミック】銀の匙 Vol.9 レビュー

今回は再びドラマCD付き限定版を購入。ドラマCDと聞くと無条件に買ってしまう自分もどうかと思うのですが…聞いていないCDが溜まってきてるし。

銀の匙 Vol.9

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:419円(通常版)、1000円(限定版。いずれも税別)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-07-16

【コミック】銀の匙 Vol.8 レビュー

今回は限定版ではなく通常版を購入しました。ホルスタイン部のタオルとかどこで使えばいいというのか。こういうバカ企画は個人的には好きなのですが。

銀の匙 Vol.8

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:419円(税別)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2013-04-22

【コミック】銀の匙 Vol.7 レビュー

またしても限定版を買ってしまったが相変わらず出来がよい、の7巻です。

銀の匙 Vol.7

著者:荒川弘
レーベル:少年サンデーコミックス
価格:940円(限定版)

続きを読む(ネタバレ注意) »


2012-10-26

銀の匙 Vol.5 感想


「銀の匙」の最新巻を買いました。今回も深く考えず限定版を購入(→左が限定版)。銀のティースプーンが2本付いてきます。

5巻はエゾノー祭にむけての準備活動がメインです。やっぱり学園イベントはいいですね。登場人物達が生き生きと動き回ってテンポ良く話が進むので、するする読めてしまいました。
しかしこのエピソードの結末を週刊少年サンデーの方で読んで知っているだけにちょっと悲しい感じもするなぁ。

今回はやっぱり八軒がマロンと一緒に障害ジャンプに挑戦するエピソードがグッと来ましたね。最初は「馬をうまく跳ばせよう」としていた八軒が、いろんな出来事や仲間達を通じて「馬に気持ちよく跳んでもらおう」と変わっていくところが見物でした。最後に見事にジャンプを成功させたシーンは、あのマロンがちょっとかっこよく見えてしまいましたよ。

お気に入りキャラの吉野さんの活躍は少なめでしたが、祭本番に期待します。

駒場「先生ーッ!!急患です。」
中島先生「牛に蹴られましたか?」
駒場「いえ、足を滑らせて転倒した牛を避けて…自爆。」
中島先生「なんと!! 牛は無事か!?
駒場「大丈夫ッス。」
八軒「ちょっとこの学校、倫理の授業を導入した方がよくない?」

※76ページより引用

そういえばマンガと言えば、最近マガジンに連載中の鈴木央先生の「七つの大罪」が面白い件について。

※ゲーム一言日記