201 恐ろしい夢の話(鞍部十郎編②)

201 恐ろしい夢の話

1985年 その晩

しかし友達の家に来てるのに、ソロプレイでひたすらゲームとかこいつなかなかの玉だな。

網口はそんな彼らに怒ることもなく、たまにラーメンをおごってくれたりしてるみたいですし、鞍部の趣味にも合わせて怪獣映画をたしなんだりしていい子ですね。男女共に人気があるの分かるわ。

しかしどこか鞍部は浮かない顔。最近は、自分が冬坂や網口、薬師寺を殺して回る恐ろしい悪夢を見続けているそうです。

????年 鞍部十郎の見た夢

和泉十郎は網口に向かって「井田」と呼びかけ、「お前たちの身体の ナノマシンが ダイモスの群れを 呼び寄せている」といって冬坂と薬師寺を射殺します。しかし、そこへ現れた森村は十郎を気絶させ、網口を助けました。

果たしてこの夢は過去なんでしょうか。それとも未来なのか。

鞍部十郎編②エンド
「アクム」

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

皆さまのコメントが励みになっています。ありがとうございます。