2014-07-22

【コミック】放課後さいころ倶楽部3 レビュー

今回は初めて書店で購入しました。

温泉回あり、水着回ありとあざとさ全開!だがそれがいい。

放課後さいころ倶楽部3

著者:中道裕大
レーベル:ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
価格:590円

レビュー

アナログゲームを題材に女の子のキャッキャウフフを楽しめるコミックス第3巻です。全7話でゲームが5つですね。ストーリーは夏休み期間に入ったので旅行に行って温泉やら海水浴やらでたのしみつつ、カードゲームやボードゲームに熱中する3人娘がうらやましい…僕も学生時代はこんな感じだったか?それからゲームデザイナーになりたいという翠の物語も具体的に動き始めましたね。最後に出来るのは(メタ的なことを言えば)作者が暖めているゲームなのかなぁ。

今回題材になっているゲームは、

全員一斉に数字が書かれた手札から1枚選んで場に出し、場に出ている4枚の場札に数の小さい順にくっつけて並べて列を作り、列の6枚目をプレイした人がその列のカードを全て引きとる、ということを繰り返し、最後に引き取ったカードの得点が低い者が勝ち、という単純ルールで楽しめるカードゲーム「ニムト」。

これ友達が持っているので何度かプレイしたことあるんですけど、こういう戦略があるとは知りませんでした。勉強になった。

 

 

 

それぞれが東京を襲撃する大怪獣となり、サイコロを振って敵を攻撃したりアイテムで自分を強化したりしながら東京制圧を目指す、豪快なボードゲーム「キング・オブ・トーキョー」。

これは以前プレイしてレビューを挙げているのでそちらぞどうぞ。拡張パックもおもしろそう。
【ボードゲーム】キングオブトーキョー レビュー | Y.A.S.

 

 

親が出した駒と同じ駒を出して「受け」、受けられたら新たな親となって駒を出し、すべての駒をプレイし終わったら勝ちになる、1900年頃に能登で生まれたペア戦4人用のゲーム「ごいた」。

これトランプやウノとかでも代用出来そう。

8つの絵柄が描かれたカードから、それぞれ共通の絵柄を素早く見つけるだけなのに、複数のゲームが楽しめるカードゲーム「ドブル」。

作中でも描かれていますが、子供と大人の差が付きにくく一緒に楽しめそう。

手札を組み合わせてポーカーのような役を作り、9本の軍旗を奪い合う2人用カードゲーム「バトルライン」。

の5つでした。ごいた以外は知ってるゲームでした。キング・オブ・トーキョーはルールが単純ですけど、デカいキャライラストにデカいさいころというアイテムが男心をくすぐる上に、派手に怪獣を改造して東京で大暴れというテーマのざっくりさがパーティにぴったりなので、是非プレイしてみてください。僕もお盆休みにもう一度プレイしたい…


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 アナログゲームに興味なくはないですが、近所に友達が…。友達自作のTRPGキャンペーンシナリオを一晩でこなしたのは何度か話したと思うけど、その友達とは喧嘩別れしちゃった。

 そういえばこんなのありました。
http://d.hatena.ne.jp/su1/20140719
 TRPGやりたいっす…。

おおう、これもおもしろそう…僕もこういう中世ファンタジーをベースにしたゲームをプレイしたいんですが、いまいち仲間内では人気無いんだよなぁ…しょぼん。
TRPGも興味あるけどプレイしたことはないです。近所どころか友達が…

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます