2019-03-09

【ゲームグッズ】ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード レビュー

ついにP5D、最高難易度で全曲BRILLIANT取れました!このゲーム始めたときは、難易度HARDですらとてもBRILLIANTは取れないと思っていましたが、まさか最高難易度でここまで来られるとは…。

ちなみに一番苦戦したのはこの曲。BPM(曲のテンポ)は驚異の190。難易度は20、おまけにめっちゃ長いというかなりの難関でしたけど、どうにか乗り切れました。

まあさらに全曲KING CRAZYとかもありますけど、さすがにそれは現実的ではないので、今度こそ本当にP5Dは終わろうと思います。P3Dも頑張ってみますか。

さて、先日購入したゼノブレ2の画集のレビューです。

ゼノブレイド2 オフィシャルアートワークス アルスト・レコード

レーベル:ファミ通の攻略本
価格:2900円(税別)
ページ数:352ページ

レビュー

イラスト集

ゲームパッケージや関連商品、雑誌などに掲載されたイラスト。どれも1ページ以上を割いて掲載されていて見応えがありますね。ニアの変身シーンを描いたCHOCO氏は神か。

キャラクター紹介

作中に登場するキャラクターの紹介。

  • メインキャラクター…各キャラ2~4ページ。立ち絵、キャラの簡単な紹介、デザイナーのコメント、三面図、表情集など。初期デザインや細かい衣装のディテールなども掲載されていて、非常に読み応えがあります。そしてニアのみ6ページが割かれているあたり、わかってますね!
  • ブレイド…全ブレイド掲載。各2ページ(フィオルン、シュルク、エルマのみ3人で4ページ)。各キャラの個別イベントの内容も紹介されていて、ブレイドガチャに敗れた人も安心。あとレアブレイドのシキ↓が女性であることが明言されていましたね。
  • 敵キャラ…各2ページ。作中ではすぐに退場したイーラのブレイド達についても詳細な設定画が掲載されていることに驚き。
  • サブキャラ…各0.5~2ページ。作中ではあまりアップにならないキャラもじっくり見られるのがうれしい。
  • イーラ編メインキャラ…各1~2ページ。王弟ゼッタが有能認定を受けていたとは知らなかった。
  • その他…各地にいるモブ、装備の設定画。

ワールド

巨神獣やフィールドやモンスター、小物などの設定画・背景画。アルスト文字のアルファベット対照表もあります。

作中ではでかすぎて全体像がよくわからなかった巨神獣の姿もきっちり拝めます。277ページにホムラとニアとサイカがパジャマトークしているラフ画があるんですけど、何でラフ画なんだよ!

エクストラ

  • ストーリープレイバック…本編とイーラ編のあらすじ。イーラ編は本編の60%程度の長さがあるので相対的に内容が充実してます。
  • 戦闘後の掛け合いセリフ…戦闘後に発生するキャラクターの掛け合いセリフ。戦闘に参加できるキャラクターが膨大なので、それが文章とは家も売らされているのはありがたい。
  • キズナトーク…各地で発生するキズナトークの書き起こし。ブレイブコンプに失敗した人ももちろんですが、キズナトークは見直す手段がないので、選ばなかった選択肢の会話は闇に葬られちゃうんですよね。これもありがたい。

感想

設定資料集と言うよりはイラスト集という感じで、世界設定に関する情報は少なめでした。他方ゼノブレイドに登場する膨大なキャラクター(90人)それぞれにかなりのスペースが割かれており、しかもその多くにデザイナーさんのコメントが付いていてとても読み応えがありました。唯一不満があるとすれば電子版が出ていないことか。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

そういえば今週十三機兵防衛圏のプロローグがでますが
これアクションRPGなんか びっくりした
てっきり私は横スクロールの特殊なADVかと思っていたので・・

だってPVに戦闘シーンなんてなかったじゃないですか!

> これアクションRPGなんか
なん…だと…もしかしてオーディンスフィアみたいな感じ?

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます