2018-11-30

【Webコミック】星界の紋章 第30話 レビュー

予想通り更新来ましたね。

星界の紋章 第30話

漫画:米村孝一郎
レーベル:コミックメテオ

レビュー

今回もいきなりペネージュさん…あ?ペネージュさんですよね?なんかおっさんのような風格が…

さて、フトゥーネの快進撃で敵軍は大混乱。トライフ提督もご満悦です。

敵もただやられるわけにはいかず、予備選力を投入して挽回を図りますが、ペネージュさんは優雅にあしらいます。
ペネージュさんの台詞が原作より若干部下に(そして読者に)親切なセリフ回しになってますね(笑)

敵主力も難なく突破し、あとは美味しい(つまり巡察艦に比べると脆弱な)獲物を美味しくいただくだけ。ペネージュさんは部下に攻撃目標を指示すると、自身は敵陣の奥深くにいる謎の時空泡に狙いを定めます。

時空泡の中身は予備選力と予想するペネージュさん。予想が当たりそうでこの嬉しそうな顔です。

まあ外れたんですが(普通に輸送艦でした)。最後の「わよっ」が可愛い。

しかし今回のクファディスさん、

と反省した次のページで

完全に迎合している(笑)

あとこのシーンなんですが、原作では砲弾を自爆させたことになってますけど、ここでは弾頭機能を緊急停止させたことになってますね。なんで変えちゃったんでしょうか。そもそも0.01光速(時速1080万km)の速度で砲弾が直撃したら、ただの質量弾だったとしても耐えられる船殻があるとは思えないのですが…まあそれを言えば、自爆にしろ機能緊急停止にしろ、1秒で3000km飛ぶ砲弾を着弾前に処理するとか、時空泡はどんだけでかいんだよって話なんですが。まあ演出ってことですね。

というわけで、この戦争初の大規模会戦スファグノーフ門沖海戦は、星界軍の圧倒的勝利に終わりました。戦力差(約7:3)を考えれば当然ですが、やはり作戦がきっちりはまった感がありましたね。

一方その頃。殿下たちは…えーと、何やってたんだっけ。そうそう、反帝国クラスビュール戦線の面々と一緒にアジトへ向かってるんでしたね。だって忘れても仕方ないでしょ!最後に見たの半年前ですよ!!(逆ギレ
しかしジントも言ってますが、死ぬほど乗り心地悪そうな乗り物ッスね。

さて、マルカたちはラフィールたちを人質に使おうと思っていたのですが、さすがに帝国がいきなり独立を認めてくれるはずもないので、とりあえず宇宙船をもらうというささやかな目標に切り替えたようです。

アーヴを人質にとって帝国を脅迫するという大それた犯罪計画を立てながら、一応最終目標が合法かどうかの事前調査もしてるマルカたん。その帝国法にはアーヴに対する略取誘拐・監禁・脅迫は犯罪で、もれなくアーヴの地獄行きだと書いてなかったのでしょうか。

しかし別荘に近づいたところで人類統合体の兵士に誰何されてしまいました。まだラフィールの正体がばれたわけではないようですが、これはなかなかのピンチ。おや、ラフィールのようすが…

今回の殿下

3話振りに企画復活!

ちょっとだけ気がかりだったことが解決してご満悦の殿下。

盛り上がる議論に即水を差す殿下。何度も言いますが彼女は現在人質です。

ジントがひそひそ話をしていることにご立腹の殿下。原作では「疑わしそうに眉をひそめ」てただけだったのに、こっちでは完全にキレてらっしゃる。

MK5の殿下(MAJIでKAISENする5秒前)。

と、これまでの殿下分不足を取り戻すかのような大活躍でしたね。そして次回、ついにラフィール無双が始まる…(予告は現実の展開と異なる場合があります

 

※画像は第30話より引用


トラックバック URL

コメント & トラックバック

スターオーシャンとコラボしないかと昔から思ってる

僕はアニメや漫画 映画など創作物が好きなオタクだけど
昔はどちらかと言えば「創る側」の人間でした
自分でお話考えるの好きだったし楽しかったのだが
社会人になった途端終わってしまいました
お金が入ることによって様々な創作物をこれまで楽しんできた結果
自分で作る必要がなくなってしまったのです
また漫画とか描きたいとは思ってるのですが
そもそも読んでくれる人なんていないから虚しいだけなんですよね

あと自分の考えたお話は当時はまっていたジャンルの丸パクリが多く
自分のオリジナティのなさに失望したのもあります

 私もクリエイターを目指してたので、殿下とジントの同人みたいなミニストーリー、よく妄想します。空想癖は諦めた今でも治らないw。
 私が諦めた(今でも未練タラタラですがw)2大理由は、まず「未完成の傑作より完成した駄作」という絶対の教訓を守れない事(理想が高い…。のではなく、根性が貧しい(-_-;))、もひとつがプロの絶対条件である「量産」が出来ない事。今から目指すにしても、2つの殻を破らないと不可能に決まってる。

お二人とも志が高いな…yukkun20は想像力とか創造力とかが全然ないタイプの人間で、かつ自分でもその自覚があるので、そういう事には手を出せないですね。むしろ他人が作ったものをいろいろこねくり回す方が好きです。用語集しかり、プレイ日記しかり。

 まあ、クリエイター志望なんて、「頭の中なら最高傑作」な生き物ですw。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます