2018-04-27

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第2話 閉時曲線のエピグラフ レビュー

ようやく始まりましたね。最近のAIの発達ぶりを見ていると、決してAmadeusも夢物語ではないような気がします。

シュタインズゲート ゼロ 第2話 閉時曲線のエピグラフ

アバン

オカリンやっぱり紅莉栖のことになると熱いなー。SGの冒頭で紅莉栖につっかかったシーンを踏まえたいいタンカですよね。

OP

OPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!シュタゲらしい意味深な感じのOPでしたね。最後のラボメンが揃うシーンを考えると、最初は盟誓のリナシメントルートから描かれそうですね。

Aパート

真帆「ちゃんとした服も持ってきたつもり…だったのよ」あらかわいい。いきなり赤面真帆とはアニメスタッフいい仕事するなぁ。

真帆と岡部が紅莉栖について語るシーンは重いですよね。この世界線で、紅莉栖のことについて話せる相手は、岡部の周りには誰も居なかったわけですから。客観的には、岡部と紅莉栖が友人だったという話も嘘な訳で、その嘘をついてでも、紅莉栖との思い出を誰かとわかち合いたいと思った岡部の気持ちを思うと(´;ω;`)ブワッ

うわ、yukkun20としてもしゃべる紅莉栖に会うのが久しぶりだから、急に声が聞こえてきてドキッとしたわ。でもやっぱり紅莉栖の声ちょっと変わってない?そういう演技?

Bパート

これVR技術と融合させたらほとんど死者の復活と変わらない気がする…。それはさておき、僕が生きている間に、僕の好きな人(注:二次元の住人)と自由に会話できる時代が来ますかね。その時に性格データを入力できるように、ゲームやらアニメやらをちゃんと取っておかないとだめだな(駄目な大人の思考

ED

また紅莉栖ちゃんがあられもない姿をさらされちゃいましたね。

感想

うう、第2話もめっちゃ面白かった。やっぱシュタゲはいいわ。確かにこれは今期の覇権アニメでいいかも。これほどのクオリティでアニメ化してくれたことに本当感謝です。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

最初にAmadeus”紅莉栖”がオカリンに話し掛けるとこと、オカリンが「これは、紛れもなく、牧瀬紅莉栖だ…」と号泣するシーンとで、二度泣きました。アニメで泣かせるって芸当が出来るだけで尊敬に値します。
>また紅莉栖ちゃんがあられもない姿をさらされちゃいましたね
「EDお楽しみに」とはそゆことw。

> 「EDお楽しみに」とはそゆことw。
またミンゴスが泣いているような気がするw

個人的には紅莉栖の演技は意図的っぽくも思えるんですよね。CMでは以前の演技ですし。
無印の紅莉栖視点の小説でも言われてましたが、α世界線の紅莉栖がああいう言い回しだったのは父親との複雑な状況+そのあとのセクハラした謎の中二病男に「異議あり!」とか言われたからであって、3月時点の父親のためにタイムマシンの論文を書こうと思っていない時期の紅莉栖はこういう感じなんですよね。しかもAmadeusなので社会的立場を気にしてツンツンする必要もない。と。オカリンも鳳凰院凶真やってないのでツンデレ全開じゃない紳士ですしw

そしてもし挑戦するのであればYouTubeで公式配信されている第3話予告を見てみてください。
そして来週の第3話をお楽しみください。……予告で「!!?」となり第3話で「!!!?!!?!!?」となった自分の個人的な感想ですw
いや、もはやこの感想だけでもネタバレになるのでしょうか……

本放送組でも一週間生殺しにするクオリティで、うれしいやら胃が痛いやら……

> 個人的には紅莉栖の演技は意図的っぽくも思えるんですよね。
これからだんだん感情が豊かになって元の紅莉栖みたいになること希望。というかAmadeus紅莉栖の結末はゲームから改変されてもいいような気がする。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます