2018-09-16

北フランス旅行4日目 ヨーロッパに来たら城は外せない

時刻 旅の日記 写真
7:30 起床。今日もいい天気です。旅もいよいよ今日で折り返しかな。一応10日ですけど最後の2日は移動日ですからね。  
9:00 ホテルを出発。朝食付だったのですがあまりのメニューの貧弱さにスルーしました。今日はディジョンを離れるので駅に向かいます。  
9:15 Dijon Ville駅に到着。TGVのeチケットを引き替えます。今日は遅延なさそう。  
9:30

Le Bistro LEO

ホテルに入っているカフェで朝食。何でフランスは朝食を取ろうとするとカフェに入るしかないんでしょう、

朝なので軽くクロワッサンとエスプレッソで。おしゃれりー。

10:10 駅を出発。今日はさらに北上し、アルザス地方のストラスブールに向かいます。
今回のTGVは新型です(inOuiってあるのが新型)。まあ乗り心地は大差ないですけど。
12:20

Strasbourg駅

時間通り到着。こちらも観光地ではありますが、住民っぽい方もかなり多いですね。東洋人もリヨンはディジョンよりは見かけます。

12:30

Le Grand Hotel

駅のど真ん前にあるホテルへ。ここまで駅から遠いホテルばかりだったので助かります。チェックインは3時からなので荷物だけ預けます。

12:50 町の観光に繰り出したいのですが、今日は近郊にあるオー・クニクスブール城の観光に行きます。まず駅に戻り、TER(国内線)でSelestat駅への切符を買います。あいにく自由席で電車の出発時間も印字されてなく、どの電車に乗ればいいのか分からない…と思いきやgoogle mapで解決。
ちなみに切符を買う時に、直行(directなんとか)と経由あり(viaなんとか)が選択できますが、直行で。前者だと20分ですが、後者だと1時間かかりますよ。
 
13:10

Selestat駅

ここで城へのシャトルバスに乗り換えます。駅前広場から500番のバスが出てます。電車が到着してから15分後に出発なので余裕あり。

13:25 シャトルバスで出発。ちなみにこの時期(9月中旬以降)、このシャトルバスは土日しか運行してません。駅から歩いて行くのは無理な場所にある(片道11kmの上り坂)ので、かならずバスが運行している時期かどうかを確認しておきましょう。9月中旬って微妙にヨーロッパの観光シーズンからは外れてますからね。
しかし狭い山道を上手にバスが登っていくんですよね…
 
13:55

オー・クニクスブール城

なぜか日本から来たというと、入場料もオーディオガイドもただにしてくれました。

ここは石造りの要塞で、城からはアルザス地方を一望できるため、フランス人には非常に人気があるそうです。

ちなみに日本語のオーディオガイドも聞き応えがあるので是非。帰りのバスは到着から30分後、その後は1時間ごとにありますが、到着から1時間半後のバスを目指せばちょうどいい感じで回れる(食事もお土産の買い物もできる)でしょう。




  城の中はこんな感じ。実用一点張りなので華美さはありませんが、力強さはありますね。確かに眺めもすばらしい。





14:50

La taverne du Haut-Kœnigsbourg

城にある食堂で昼食。不乱d巣では珍しい、レジで注文制です。しかもサンプルもあるのでわかりやすい。レジのおばちゃんは英語が全くだめなので注意。

注文したのはアルザス名物のベックオフ(マリネした肉とジャガイモの重ね焼き)さっぱりしてて、塩味も効いて、付け合わせのサラダもうれしい。ぺろりと平らげました。

15:35 再びシャトルバスで駅へ。ちなみに乗降場は降りたところと同じです。帰りは反対車線がめちゃくちゃ混んでましたから、この時期に行く人は午前中おすすめ。
帰りも電車の発車時刻に合わせて着く…んですが、道が狭く対向車とすれ違うのも一苦労なので暗雲が…
 
16:10 駅に到着。発車時刻は16:11。走ればぎりぎり間に合うか!行く時往復チケットを買っていた自分の判断を褒めてあげたい!ダッシュダッシュダッシュ!  
16:15 …って電車も遅れてるんかい!
余裕で乗車。
 
17:00 ホテルに戻りました。今度こそチェックインして荷物も整理して、町へ繰り出します。
17:20

トラム

駅にあるGare Centrale(中央駅)からLongstross Grand’RueまでメトロD線かA線で移動します。ホームや停留所に券売機があります。

17:30

グーテンベルク広場

かつての町の中心部で、グーテンベルクも住んでいたことからこの名前になってます。そのまま東へ。

17:50

ノートルダム大聖堂

おお…すごい大きさです。この旅行中に見たどの教会とも全く比較にならない大きさ、そして緻密さ。
早速見学したいところですがミサ中だったのでは入れず。まあ今日は予定ではここに来るつもりはなかったのでOK。
西側にある観光案内所で日本語マップをもらいます。1.5ユーロ。

18:00 この町の美術館は全て18時には閉まるので、これからどうしようか迷ったんですが、市を取り巻く運河を船で巡るツアー(BATOROMA)があるのでそれに参加することにします。
観光案内所の隣の建物か、もしくは船着き場でチケットを購入可能、ちょうど19時発の最終便が空いていたので予約しました。
大聖堂の周囲は土産物ゾーンなので、その間に買い物します。アルザス人記念メダル好きすぎでしょ。
19:00

BATOROMA

船で出発。約1時間10分のクルーズです。船といっても全く揺れません。日本語のオーディオガイドもあります(無料)ので、市の名所をさっと一回りするのにも最適。あと左側の座席の方が見どころが多いです。







  しかもヨーロッパ人権裁判所や欧州議会も見ることができます。ここに本部があるとは知りませんでした(ECHRの本部ってスイスじゃなかったのか)。アルザス=ロレーヌは歴史上仏独に翻弄されてきた地域ですから、ある意味ふさわしいのかもしれません。
20:10 ちょうど日も暮れて町もライトアップされていい感じになりました。
しかし今から食事をしにレストランに入るのは面倒くさいな…

20:40 いろいろなレストランを見ながらホテルまで帰りましたが、いまいちピンとくるものがありませんでした。
しかしホテルの東通りが軽食の店が並ぶとおりになっているのでそこで物色。
 
20:50

MOKA

結局なぜかケバブのお店へ。この人たちどこの国でも同じ料理出してますね。
しかし「味が濃い」「量があまり多くない」「米や野菜がとれる」「値段もお手頃」となかなかにグッドチョイスでした。

21:30 ストラスブールには2泊の予定。明日は市内観光します。  

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます