2011-06-07

“Crest of the Stars” レビュー

Amazonで、星界の紋章の英訳版”Crest of the Stars”を買ってみました。久々にチェックしたら値下がりしていたので。続刊は品切れだったので、とりあえずこの1冊だけです。そんなわけで簡単なレビューを。

  • 内容は「星界の紋章I」に相当する部分
  • 直訳ではなくやや意訳的なところがある模様(全部読んでないので分かりませんけど)。例えば日本語版だと書き出しは「よく晴れた星空。見つめていると、満天の星に吸いこまれてしまいそうだ。」だが、英語版は「Wow.Jinto Linn marveled at the night sky.It’s incredible.」になっている。
  • 場面が大きく転換する部分に、ガフトノーシュをかたどったアイコンが挟まれている…が、どう見ても首が7本しかない件について。
  • アーヴ語のルビは括弧書きで近い音を当てている(純粋なアーヴ語のアルファベット表記ではない)。例えば「coffee(Surgu)」など。ただ文脈によってはいきなりアーヴ語が出てくるところもある。例えばラフィールが初めてジントに声をかける場面での呼称は、「Linn Syun-Rock Jarluk Dreu Haider Jinto Lonyu」と表記され、「ハイド伯爵公子」「閣下」は英訳されていない。
  • 巻末には日本語版同様「帝国星界軍翔士位階」「あとがき」の英訳版が付属
  • その他にNotesとして、翻訳者からの注意書きが付いている。内容は
    • アーヴ語には大文字小文字の設定がないので、とりあえず先頭文字のみ大文字で表記している
    • アーヴ語をアルファベットに直す際に、発音に近くなるよう修正をしている(例えばCはKに直したとか、アーヴ語にはWはないけど発音の都合で使っているところがあるとか)
    • アーヴ語についてもっと知りたい人のためのファンサイトもあるよ(ほとんどが日本語のサイト)
  • Notesのあとに、アーヴ語・英語の対照表も付いている。ただJarlukとか載っていない単語も一部ある。あとラルトネーの英訳が”Queen”になっているのは致命的ミスでは?

こんなところかな。それでは最後はあの名台詞で。

“You can call me Lafiel!”


トラックバック URL

コメント & トラックバック

こんばんは、いつもこっそり拝見しております。

星界の紋章英訳版なんてあるんですね。
英語が苦手じゃなければぜひ一読してみたいものですが・・・。

それにしても、戦旗の新刊はいつ出るのでしょうか、そろそろくじけてきそうですよね?

ありがとうございます。Amazonには紋章I~IIIしかありませんでしたけど、多分他にも出ているんじゃないのかなぁ。星界の断章Iの中国語版も出ているくらいだし…(昔香港旅行した時に購入)。ちなみに僕も英語はサッパリですので、本文はほとんど読めていません。まぁたまには星界の話題作りでもと思って買ってみただけです。

先日このサイトを移転した際にうちの星界ページを見たら、最終更新が2007年とかで驚いた。そして原作を確認して、戦旗IVが2004年発売でさらに驚いた。ほんとそろそろ続刊出してくれないとくじけちゃいますよね。最近は星界の情報を求めてのお客様も滅多にいないですし…

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます