2013-06-23

鋭い方の考察もお待ちしています

帝国星界軍案内所”銀河の星(グリューラシュ・エルークファル)“ を更新しました。

紋章DVD-BOXの付録である星界の断章「野営~ドゥサーニュの場合」関係の更新をしています。断章の内容についてはこちらをご覧下さい→【小説】星界の断章 野営~ドゥサーニュの場合~ レビュー | Y.A.S.
今回更新したのは以下の2ヵ所です。

ところで、これって帝国暦で言うといつ頃の話なんでしょうか。ドゥサーニュとドゥビュースが訓練生時代の話ということは、二人とも皇太子位・王位を継いでいない時代のことですよね。

ドゥビュースは軍を退役してからプラキアと旅をしているので、帝国暦935年より前であることは間違いなさそうです。

ラマージュとラフィールは80歳くらい年齢が離れているので、ドゥビュースがその間とすると、ドゥビュースの生まれたのは帝国暦896年頃ということになります。ドゥビュースは16歳で修技館に入学していて、修技館は3年制なので、912年頃~915年頃ということでよいのかな。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます