あ行

アーヴ語ルビ  

説明

アーヴ語  

説明

アーヴ  abh

  • 皇族、貴族、士族の総称。全部で約2500万人。そのうち大部分は士族で、貴族は約20万人。
    子弟に対する遺伝子改造の義務を負う。
    【名前】
     アーヴの名前は以下の要素・順番で構成される。
     ・氏姓
     ・姓称号
     ・初代当主の名(生格)。姓称号と合わせて家姓と呼ぶ。
     ・称号(貴族、皇族のみ。複数有する場合はそのうちの一つ)
     ・個人名
  • ホモ・サピエンスから遺伝子改造によって生み出された変異人類。1.と区別するため「遺伝的な」「生まれながらの」アーヴ、とも呼ばれる。
    語源は「あま」であり、宇宙あるいは海の種族を意味する。
    地上人に対し自らについて語ることが少ないため、多くの誤解も生まれている。
    【身体】
     青系統の髪。美形(アーヴにしては平凡、と言えば地上人でも1000人集めれば対抗できるくらい、という意味)で性別の区別がつきにくいことも多い。空識覚という独特な感覚と、それを司る空識覚器官という器官を有する。
     15歳くらいまでは人間と同じように加齢(成長)、それから25年ほどをかけて10歳分ほど外見が年をとる(成熟)。その後は死ぬまで老けない。
     しかし、脳細胞は再生しないため不死ではない。寿命は200~250年。年をとるにしたがって眠る時間が長くなり、知性が破壊される前に脳の呼吸領野が機能停止することで死亡する。
     骨格と循環器系の特性によりかなりの高加速(20標準重力以上)にも耐えられる。その他の身体能力も高い。例外なく絶対音感を持つ。総じて寝起きがいい。
     27000箇所の塩基配列が指定されており、それにより先天性疾患の防止と、種としての同一性の保持を行っている。そのため、誕生から2000年近く経つ今でも基本的な遺伝子組成は変わっていない。
    【出生】
     自然受胎出産は危険が伴う(2%程度の確率で重大な先天性疾患が発生する)ため、通常は人工子宮で受胎・育成される。したがって一卵性双生児は極めて珍しい。また、地上世界出身者との間で子供が生まれる可能性はほとんどなく、生まれたとしても先天的な欠陥を負う。
     血縁ではなく家風を重視するため、遺伝子提供者の有無、性別などにはこだわらないが(ただし動物を用いるのは禁止)、普通は自分と愛する者の遺伝子を掛け合わせる。
     子供に遺伝要素を教えられるのは親だけ。遺伝記録は公開されているが、未成年者の閲覧には親の許可を要するし、遺伝子提供者に直接確認することは失礼だとされている。
    【性格】
     「アーヴ、その性、傲慢にして無謀」と一般的に評されており、アーヴによって多様な諸世界が束ねられることなくして、人類全体の幸福な発展はないと確信している。
     自分の誇りを大事にする。
     人質を取られたとしても相手の要求を飲むことは決してない。
     自身が空識覚器官と航法野を備え、通常宇宙を駆けるために生み出された種族であることを自負し、舟艇を真空に馳せることを好む。
     誰が建造したものであれ空間にあるものは自分たちのものだという感覚があるが、地上世界の資源は地上の民のものだという認識があり、むやみに奪うことを嫌う。また商業種族であることから、個人の財産についても重視している。
     真摯に戦うことが、殺す相手への礼儀と考えている。星界軍の艦艇に仲間と共に葬られることは最高の栄誉であると考えている者が多い。戦時には乗員を艦の部品とみなす傾向がある。
     地上の民に関心を持つことは、概ね奇妙と見なされている。
    【家族】
     恋は激しく短いものが多く、結婚という制度はない。したがって、親は一人しかおらず、親子の性別により父の娘フリューム・ローラン母の息子フルーク・サーランなどと呼ばれる。
     星間交易を天職と心得ているため、良好な関係の親子が数十年も顔を合わさないのもよくあることと考えている。
     20歳になるか翔士に叙任されれば成人と認められる(皇族を除く)。翔士、交易者サルーギア、親としての生き方を経験することで一人前だといわれる。
     他家の内部事情には関わらないのが常識。
    【文化】
     自然な1日がない空間が生活の場であるため、時間帯によって挨拶を使い分ける習慣がない。
     宗教は持たず、霊の存在も解決済みの問題として否定しているが、何か不可知なものへの恐怖は心の奥底に残っている。また冗談の種にするくらいには心霊という概念に親しんでいる。宗教的なものを感じさせる行事も多い。死者へは過剰なほどの敬意を表する。
     弔いの晩餐など、独自の習慣も多い。武器携行の習慣はない。
    【教育】
     幼い頃の初等教育はもっぱら親が行い、家風の継承に勤めると共に、読み書き等を教える。その期間、軍士であれば休暇を取り、領地のある親であれば代官を雇って教育に専念するのが普通。初級学校はないが、私塾は存在する。
    【衣服】
     性差がない。つなぎを着るのが普通で、上に長衣や短衣を着ることもある。基本的に首の上と手首の先以外は露出しない。
    【住居】
     たいてい人工環境の中にあり、屋外も屋内も区別がない。雨も好きな時間、好きな場所に降らせることが出来る。星間船や軌道施設を渡り歩く生涯を送るため、あまり住処には拘泥しないが、生まれ育った邸宅には格別の思いを抱く。
    【食生活】
     薄味を好む。料理の見た目にも最大限の注意を払うのが特徴。
     素材は肉(鶏肉、子羊肉、山羊肉など)、野菜(南瓜、玉蜀黍とうもろこしなど)、魚介類(貝、海亀、鱒、海老など)、小麦、果物(桃、柑橘類、梨など)、香辛料・調味料(醤油など)など。
     料理法は羹、碗物、吸い物、澄し汁ルベス、麭包み、香辛料煮込み、香味焼き、炙り肉アピュリル、果実あんかけ、生(野菜など)など。
     飲み物は珈琲、桃果汁、柑橘果汁、葡萄果汁、紅茶、緑茶、柑橘茶、林檎酒、麦酒、発泡米酒、混合酒、蜜酒、林檎火酒、白酒、白葡萄酒など。血液中の酒成分を片っ端から分解していくので、酒を飲んでもほろ酔いにとどまり(それなりに性格も変化する)、泥酔することはない。
    【歴史】
    • 黎明時代
       軌道都市において、都市予算の半分をつぎ込み、星間船の生体部品となるべき人工生命体(原アーヴ)として生まれる。人の遺伝子改造によって作り出され、人と区別するために青い髪を与えられた。その目的のため、独自の思考は持たされているものの、宿命遺伝子により自由や独立といった概念は有さないように造られていた。
       最初に作られた30体のうち1体は訓練過程で失われたが、残りの29体は植民地開発のため可住化の可能性が高い外宇宙の星系に派遣された(彼ら29体を黎明の乗り手と呼ぶ)。
       探査船は出発後しばらくしてユアノンを発見、捕獲に成功し、母船をユアノン推進に改造。無限の軌道を得た彼らは母都市との訣別を決意し、深宇宙で独立を宣言した。
    • 独立時代
       独立宣言後、船を近くの恒星系につけ、母船であった探査船をより大きな都市船アブリアルに改造した。居住区の拡張に伴い、急激な人口爆発が発生。一人の親から子供が生まれるという特異な家族形態から、人口が増えても各成員は極めて強固な先祖意識を捨てなかった。このような意識を共有する、同じ黎明の乗り手を先祖にいただくグループは氏族と呼ばれるようになった。
       職業訓練は徒弟制度によって行われた。多くの乗り手は自分の子供を徒弟にすることを望んだため、都市船内の部門は氏族と同義になった。また、自分の子供たちのうちもっとも優秀な者を選んで後任とするのが一般的だったため、各部門の長は実質的に世襲となり、黎明の乗り手の直系と認識されるようになった。各部門は基本的に平等だったが、船の航法をつかさどる航法氏族だけは別格で、その長は船王と呼ばれていた。彼らは帝国創建後、皇族を形成するようになる。
       やがて巨大な都市船を運用するようになったアーヴだが、母都市の派遣した懲罰隊を恐れて自衛するようになり、ついには自分たちの故郷である母都市を殲滅してしまう。しかし、空間に散逸する母都市の残骸を目にした彼らは、自分たちが故郷を愛していたことに気付き、母都市の文化の守護者として生きることを種族としての目的にする。また、母都市を滅ぼしたという罪を忘れないために、青い髪を遺伝子に刻み付けるようになる。同時に、自らをアーヴと名乗るようになり、以降宇宙をさすらう武装商人となった。
    • 大放浪時代
       半径一光世紀に広がった人類社会をつなぐか細い、唯一の糸として、主に人類社会の情報を扱う交易を営んでいた。同時に、都市船内部でもアーヴ同士、氏族単位の財産を交換することによる交易が行われていた。
       やがて交易により人類社会の科学の精髄を蒐集したアーヴは平面宇宙航行理論を確立。それによって可能になりうる恒星間戦争を防ぐためにその理論を武力で独占することを決定、帝国を創建した。
    • 帝国時代
       「アーヴによる人類帝国」の項を参照。

アブリアル  Ablïarsec

  • 根源29氏族の一つ。主航法子の末裔。その名は巨大都市船アブリアルに基づく。語源は「天照アマテラス
    【都市船時代】
     航法をつかさどる氏族。氏族長は船王として、アーヴを統べ、進路等の重要事項を決裁し、裁判を主催し、新しい仕事があれば担当する氏族を決めた。また、戦時には最高指揮官として采配を振るった。帝国創建以降は皇帝氏族となった。
    【特徴】
     宗家以外の者はアブリアルの姓を名乗ることが許さない。分家には、帝国暦初期の頃は男系にキー、女系にリューシュの姓が与えられていたこともあったが、いらぬ混乱の元としてそれぞれの家の初代が決めることになった。
     この一族に属する貴族は多く、諸侯だけでも100家を越える。しかし、自分の領地にかまけるのは皇族の義務から解放されてから、というのが伝統。
     短気で怒りっぽく、『逆鱗で魂をよろう』といわれる。反面怒りに任せてヒステリックに喚き散らしたり、暴力を振るうことは決してあってはならないと幼い頃からしつけられている。また皇帝になるかもしれないため、虚言することや、臣下に依怙贔屓する人物だという印象を与えないよう、誰かのために泣いたりすることは厳に戒められている。また不安のために泣くこともあり得ないとされている。
     スポール一族とは伝統的に仲が悪い。帝国創立期前後にスポール一族が近くにいたことと関係があるのか、身近に苦手な人物がいないと落ち着けないという奇妙な性質も有する。
     軍士としてはきわめて優秀。率先して戦地に赴くのが伝統。また若者に過分な任務を与え、実地に教育するという伝統もある。敵に対しても敬意を払うのが常。
    【宗家】
     八王家。
    【家紋】
     八頸竜。家により紋章旗の地色が異なる。
    【家徴】
     アブリアルの耳と呼ばれる上部が尖った耳。
  • アーヴが大放浪時代に母船として運用していた、ユアノン推進の巨大都市船。幾度かの改装を経て、今は帝宮として使用されている。最高時で100万、現在でも20万人以上が生活している、人類の作り出した最大の建造物の一つ。推進力であったユアノンは、現在八門となっていて、7つは中心領域、1つは第十二環に通じている。
    元々は軌道都市から送り出された探査船で、ユアノン推進の都市船に改装された際にこの名で呼ばれるようになった。現在でも都市船部分はそのままに残されており、帝国の卵と呼ばれている。またその操舵室は聖墓、人工子宮保管室は始祖の間と呼ばれている。
    不死鳥作戦時には帝宮から分離されて帝都防衛団に編入され、竜卵要塞と名付けられた。第2次ラクファカール防衛戦で四ヵ国連合軍の攻撃により爆散。
  • アブリアル伯国の中心からラクファカールを照らす黄色矮星。帝国の乳房と呼ばれる人類宇宙最大の反物質燃料製造工場がその周囲を取り巻いている。当初は錨星四七と名付けられていた。

アブリアル・ネイ=ドゥエール・上皇ファニーガ・ラムローニュ  

→アブリアル・ネイ=ドゥエール・ウェスコー前王・ラムローニュ

アブリアル・ネイ=ドゥエール・スピュール子爵ベール・スピュル・ラムデージュ  

近衛艦隊副司令長官(969年現在)。アーヴ女性。階級は大提督。入隊は遅く、昇進もゆっくりで、軍歴は平凡。ラフィールより1歳年下。

アブリアル・ネイ=ドゥエール・ウェスコー前王ラルス・レカ・ウェスコール・ラムローニュ  

952~969年当時の上皇。かつて提督から百翔長への三階級降格処分を受けたことがある。
不死鳥作戦の際に帝都防衛団を退団させられ、不死鳥第一艦隊と共に臨時帝都に脱出した。
【経歴】
 ・帝国暦952年より前 上皇に就任
 ・帝国暦969年より前 練習艦隊司令部附上皇ファニーガ・グラーガム・ビューラル・クレーヤルに着任

アブリアル・ネイ=ドゥスィール・イリーシュ王ラルス・イリク・ドゥドーヴ  

959年当時のイリーシュ王家の当主。帝位継承順位は第七位。ラクファカール陥落後、上皇会議が健在を把握している皇族のうち、アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュの次に高い帝位継承順位を有しており、彼の登極後は第二位となった。

アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ウェムダイス子爵ベール・ウェムダイサル・ドゥヒール  

ドゥビュースの息子でラフィールの4歳下の弟。遺伝子提供者はおそらくレクシュ・ウェフ=ローベル・プラキア。
【容姿】
 藍色髪。漆黒の瞳。美少女といっても通りそうな面差し。
【性格】
 物思いに沈みやすく、嘘がつけない。帝位への意欲は抱いていない。
【嗜好】
 好きなものは熱い桃果汁。
【経歴】
 ・帝国暦940年(0歳) 誕生
 ・帝国暦945年(5歳) 最初の公務(流砂艦隊出征式)に出席
 ・帝国暦956年(16歳) 修技館入学
 ・帝国暦959年(19歳) 修技館卒業
 ・同年(19歳) 列翼翔士に叙任。カイソーフ次席通信士に着任
 ・帝国暦959年頃 第二方面艦隊無任所参謀カーサリア・ウーサ・ビューラル・ケル・マータ副帝特使ベスリュージュ・ロイスピュネグに就任
 ・時期不明 護衛艦長マノワス・レータル、戦隊先任参謀などを歴任
 ・時期不明 偵察分艦隊ケスキュム司令官に着任(初めての分艦隊司令官)。階級は准提督
 ・時期不明 提督に昇進。赤啄木鳥艦隊司令長官に就任(分艦隊司令官も兼任)

アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵ベール・パリュン・ラフィール  
 Ablïarsec néïc dubreuscr boerh parhynr Lamhirh

本編のヒロイン。クリューヴ王ドゥビュースの第一王女。遺伝子提供者はレクシュ・ウェフ=ローベル・プラキア。
兵籍番号は01-00-0937684(952年当時)・01-00-093768(958年当時)。
名前は珠玉ラーフ星霧ヒールからとってドゥビュースが名付けた。
アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュが登極した際、皇族のうち生存が確認できた最先任の現役軍士だったことから、仮の皇太女になったが、若輩であったため帝国艦隊司令長官就任は見送られている。
【容姿】
 黝く長い髪。淡い小麦色をした卵型の顔。ぱっちりした印象的な目に黒瑪瑙のような闇色の瞳で眦は高い。長い睫。細いがくっきりと優美な眉。小造りで繊麗な鼻。優美な曲線を描く鼻梁。ふっくらとした唇。アブリアルにしては小さ目の耳。切れる寸前まで張った琴線を爪弾いたような、清冽な声。真珠の光沢と色を持ち、光の加減で紅玉色にも見える菱形の空識覚器官。冴々とした美貌。細面。明るい小麦色できめこまやかな肌。均整の取れたからだ。その遺伝子は自然結合のままで、手が加えられていない。
【性格】
 本質的には素直で嘘をつくのが下手。耳が小さいのをいくらか引け目に感じている。
【嗜好】
 好きなものは温かくして檸檬を浮かべた桃果汁。酒なら蜜酒の林檎火酒割り(と彼女が主張するもの)。林檎酒は余り好きではない。
 嫌いなものは地上戦、反抗的な弟、軟弱な猫。
【特技】
 射撃。いつでもどこでも熟睡できること。
【経歴】
 ・帝国暦936年(0歳) 誕生
 ・帝国暦949年(13歳) 修技館入学
 ・帝国暦952年(16歳) 修技館卒業。翔士修技生としてゴースロスに配属
 ・同年(16歳) 列翼翔士に叙任。艦橋勤務を行う
 ・帝国暦953年(17歳) 後衛翔士に昇進
 ・帝国暦954年頃(上記の1年半後) 前衛翔士に昇進。ドゥネー星界軍大学入学
 ・帝国暦955年(上記の半年後)(19歳) ドゥネー星界軍大学卒業
 ・同年(19歳)十翔長に昇進。バースロイル艦長に着任
 ・同年(19歳) アプティック伯国領主代行に着任
 ・同年(上記の約半月後)(19歳) アプティック伯国領主代行を離任
 ・帝国暦956年(20歳) ロブナス伯国領主代行に着任
 ・帝国暦956年(20歳) 副百翔長に昇進
 ・帝国暦956年(20歳) 星界軍の休暇を取得
 ・帝国暦958年頃(22歳) 休暇を終え、星界軍に復帰
 ・帝国暦959年(23歳) フリーコヴ艦長に着任
 ・同年(23歳) フリーコヴ艦長を離任し、ガフトノーシュ・ドゥラド艦長に着任
 ・同年(23歳) 百翔長に緊急昇進
 ・同年(23歳) 仮の皇太女に。提督に三階級特進
 ・時期不明 練習艦隊司令長官兼練習第三艦隊司令長官に着任。階級は帝国元帥
 ・帝国暦969年 練習艦隊司令長官を離任し、霹靂艦隊司令長官に着任

アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王ラルス・クリュブ・ドゥビュース  
 Ablïarsec néïc dubreuscr larth clybr Dubeusec

クリューヴ王家の当主。アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・アブリアル伯爵・ラマージュの息子で、ラフィール及びドゥヒールの父。帝位継承順位は第四位。遺伝子提供者はラマージュの何人目かの想人(男性)。訓練生時代はガイタソール子爵を名乗っていた。
ラクファカール陥落後、自分が連絡の取れるうちで最高の帝位承継順位を持っていることを確認すると、副帝の位に就くことを宣言。当地可能な領域を第二方面と定義し、第二方面に存在する星界軍全部隊で第二方面艦隊を編成した。969年に第二方面の縮小を決定。
【容姿】
 青灰色の髪。
【性格】
 一族の中では例外的に穏やかな性格。出生の秘密があったほうが子供の人格は豊かになると信じている。懐古趣味あり。訓練生時代から皇帝ではなく王になることを目指していた。
【嗜好】
 子供の頃はランシュ伯爵帝都城館に行くことを好んでいた。
【経歴】
 ・時期不明(16歳) 修技館入学
 ・時期不明 レクシュ・ウェフ=ローベル・プラキアと出会う。階級は十翔長
 ・時期不明 退役。階級は提督。予備役准提督に
 ・帝国暦935年 プレアーヴの宇宙船を発見
 ・帝国暦936年 ラフィール誕生
 ・帝国暦936年頃 クリューヴ王に
 ・帝国暦940年 ドゥヒール誕生
 ・帝国暦955年頃 現役復帰
 ・帝国暦956年頃 淡雪第二艦隊司令長官に着任。階級は大提督
 ・時期不明 星界軍元帥に昇進
 ・帝国暦959年頃 副帝に着任。第二方面艦隊司令長官グラハレル・ビューラル・ケル・マータに着任

アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王ラルス・バルケール・ドゥサーニュ  
 Ablïarsec néïc lamsar larth barcoer Dusanh

帝国皇太子にして帝国艦隊司令長官。ドゥビュースより3か月年下。ラフィールより年上(もしくは同じ年)の息子がいる。エクレーム子爵の爵位を有するが、所領は一度訪問したのみで放置している。訓練生時代はギュクダーシュ子爵を名乗っていた。
959年に先帝の戦死に伴い、第28代皇帝に即位した。
【容姿】
 腰の辺りまで垂れた濃紺の髪。尖った耳。新雪のように白い顔。
【性格】
 度しがたい性格(ケネーシュ・ウェフ=ステューマル・キペール及びドゥサーニュ評)。
 悪質な諧謔精神の持ち主(ラフィール評)。
【経歴】
 ・帝国暦945年 流砂艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦955年 幻炎艦隊司令長官兼幻炎第三艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦956年 狩人艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦959年 双棘艦隊司令長官に着任
 ・同年 第28代皇帝に即位

アブリアル・ネイ=ラムリュラル・前皇帝スピュネージュ・レカ・ドゥガス  

アーヴによる人類帝国第26代皇帝。952~969年当時の上皇。上皇たちの間では若い部類に入るが、100歳を越えている(959年時点では最年少)。
不死鳥作戦の際に帝都防衛団を退団させられ、不死鳥第四艦隊と共に臨時帝都に脱出した。その後の帝位継承順位は第三位。
【容姿】
 童顔。

瑠璃唐草アルキレフォス  

植物の名称。背が低い草で、その花は真ん中が白く、縁が青紫色をしている。

ヴォーニュ  

士族の女性。出世に興味がない。三歳の頃から戦列艦テールケスで育った。
【容姿】
 露草色の髪。枯茶色の瞳。
【経歴】
 ・時期不明 カイソーフ専任通信士に着任。階級は前衛翔士
 ・帝国暦959年 十翔長に緊急昇進
 ・時期不明 赤啄木鳥艦隊参謀長に着任。階級は准提督

エウドー  

エウドー子爵領の中心にある恒星。

エクリュア・ウェフ=トリュズ・ノール  
Aicryac ïémh tlyzr Naurh

エクリュア・ウェフ=トリュズ・ナースの娘。遺伝子提供者はコリュア・ウェフ=ボーザク・コンサ。有能な砲術士。バースロイルで砲術士として勤務したあと、ソバーシュ・ウェフ=ドール・ユースの指名でフリーコヴに乗りこみ、航法士となった。
5歳まではナースと、頭と背中が鯖虎模様でそれ以外は白い一匹のオス猫とで深宇宙をさすらっていた。
【容姿】
 柔らかそうな空色の髪。空色の眉。空色の瞳。
【性格】
 立ち居振舞いは物静か。基本的には無口、無表情。だが、実は口が悪く、音痴でスピード狂。音痴なのは父親譲りで、本人もそのことには気付いている。また必要な時には多弁になる。
 自分では正直で、良識にあふれた人間だと思っている。
 修技館時代の成績は中位。意思疎通に難があるとされている。
【嗜好】
 好きなものは林檎の香りをつけた紅茶。時空分離時に現れる虹を眺めること。船を駆ること。湧き出してくる想念を弄ぶこと。初めて会った同世代の地上人であるジントに興味を持っている。
 年老いるから猫が嫌い。子供の頃は人参が大嫌いだった。
【経歴】
 ・帝国暦933年(0歳) バルケー王国を平面宇宙航行中の交易船で誕生
 ・帝国暦938年(5歳) エクリュア館に猫と共に送られる
 ・帝国暦948年頃 曾々々祖父が永眠
 ・帝国暦952年(19歳) 修技館入学
 ・帝国暦955年(22歳) 修技館卒業
 ・帝国暦955年(22歳) 列翼翔士に叙任。バースロイル次席翔士に着任
 ・帝国歴956年頃 後衛翔士に昇進
 ・帝国暦958年頃 前衛翔士に昇進
 ・帝国暦958年(25歳) フリーコヴ航法士に着任
 ・帝国暦959年(26歳) 十翔長に昇進。フリーコヴ副長兼航法士に就任
 ・同年(26歳) 副百翔長に緊急昇進
 ・帝国暦969年(36歳) 霹靂艦隊参謀副長に着任。階級は准提督

か行

航法参謀カーサリア・リルビコト  

平時の艦隊行動、平面宇宙での艦隊の隊形や進路の考案、時空泡の操舵などを担当する参謀。

ガフトノーシュ  

  • 星界軍総旗艦・近衛艦隊旗艦にして皇帝御座艦。艦隊旗艦仕様の巡察艦の艦橋に玉座艦橋ルエ・ガホールを据えたもので、司令長官室が皇帝の居室となっている。近衛艦隊の旗艦が務まるだけの機能があればよいため、帝国艦隊旗艦と異なり通常の旗艦用巡察艦と変わらない兵装を搭載されている。なお皇帝は通常帝宮で執務しているが、演習や儀式に用いる時は翡翠の玉座が据えられる。
    実戦に赴くことを想定しているため、常に最新鋭の巡察艦を当てるのが伝統。新しい艦に代わると、それまでの艦は旧ガフトノーシュと呼ばれるようになる。
  • 959年当時の1.。カウ級巡察艦。艦長はレペス百翔長。クリューヴ門沖会戦で爆散した。
  • 969年当時の1.。2.の次の代。ラクファカールの中心に浮かんでいる。それまでのものとは異なり、近衛艦隊旗艦としてではなく皇帝が日常の執務をする機動帝宮として建造された。帝宮としての機能を持たせるため大型兵器を備える余裕はなく、近づく宇宙ごみを排除するための小型凝集光砲程度の火力しかない非武装船。歴代艦の中では容積が突出しているが、かつての帝宮に比べればはるかに小さい。

キー  

幻炎第五艦隊参謀長(955年当時)。階級は提督。宮中序列はガムヴ公爵公子。キー・ボース=ラムセル・ガムヴ公爵・アトラコンと同一人物かもしれない。

キー・ボート=ラムセル・ガムヴ公爵レークル・ガムブ・アトラコン  

アーヴ女性。前線に出た経験が少ない代わり、長年にわたって後方で辣腕を揮い、人望も篤い熟達の軍士。キー提督と同一人物かもしれない。
【経歴】
 ・時期不明 練習第一艦隊司令長官に着任。階級は星界軍元帥
 ・帝国暦969年 練習艦隊司令長官に着任(第一艦隊司令長官と兼任)

カスピル星系  

人類統合体領のうち、双棘作戦によって中央から切り離された領域に位置する星系。人類統合体最大の時空泡発生機関の生産能力を有する。

帝位継承キルグラジュ  

皇帝位を継ぐこと。血縁と能力の両方から決定される。順位が厳密に定められており、第一位は皇太子だが、第二位以降は皇太子と同世代の皇族から決められている。

クナタウ  

969年当時の霹靂艦隊先任情報参謀。階級は千翔長。

花押グナファス  gnafass

  • アーヴが平面に記すサイン。公知であり、地位の高い者のものは有名になる。日常ではめったに使う機会はなく、多分に儀礼的で非実用的な物。
  • アーヴが空間に描くサイン。指の動きを思考結晶が走査し、登録してあるものとつきあわせることで本人かどうかを確認する。親子の間でも明かさないのが礼儀なので、高位の感触を帯びる者(領主、司令長官など)は全て一人で執務する。

グノムボシュ  

アーヴ男性。夢は提督になること。おそらく黎明の乗り手の子孫。
【経歴】
 ・帝国暦941年頃 誕生
 ・帝国暦959年 フリーコヴ伝令に着任。階級は列翼翔士
 ・同年 後衛翔士に緊急昇進
 ・同年 ガフトノーシュ・ドゥラド砲術士に着任
 ・帝国暦969年頃 練習艦隊航法参謀に着任。階級は副百翔長
 ・帝国暦969年 霹靂艦隊航法参謀に着任

赤啄木鳥作戦クファゼート・サヒアル  

969年頃に星界軍第二方面艦隊が行った作戦。カセール伯国、ヌリゾ男爵領、ソルゼーニュ男爵領等30超の星系を放棄するため、人員や資材を収用することを目的としている。
実施部隊は赤啄木鳥艦隊。指揮官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ウェムダイス子爵・ドゥヒール提督。旗艦は巡察艦ホウカウ。

双棘作戦クファゼート・ボルペル  

959年に星界軍が行った作戦。ラスィース王国とスュルグゼーデ王国の間に獲得した新領土から天川門群中心円までを制圧することで人類統合体と拡大アルコント共和国を分離。同時にバルケー王国を発起点として人類統合体と人民主権星系連合体の勢力境界線を打通し、中心円に至る。これにより人類統合体を孤立させることを目的としている。
実施部隊は双棘艦隊。指揮官は帝国艦隊司令長官アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュ帝国元帥。ただし、遠く離れた戦線を同時に維持するため、皇太子は予備戦力と共にラクファカールにとどまり、実際の指揮は二人の副司令長官が執っている。
新領土方面艦隊とバルケー王国方面艦隊とが中心円外縁部まで制圧し、双棘回廊を確保した。

霹靂作戦クファゼート・ロドルショト  

969年に星界軍が行った作戦。ウェスコー王国スポトネブリューヴ鎮守府から出発し、人民主権星系連合体の主星系ノヴ・キンシャスを制圧して連合体を屈服させ、可能であればスキール王国との連絡路を啓開することを目的としている。同時に、後背のウェスコー門の防衛も担当している。
実施舞台は霹靂艦隊。指揮艦はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥。総旗艦は巡察艦クリュブノーシュ。

帝国艦隊司令長官グラハレル・ルエ・ビューラル  Glaharérh Rüé Byrer

星界軍の最高司令官。平時にはわずかな司令部要員のほか一兵も指揮することのない儀礼的な職だが、かつては皇帝が兼ねていた顕職で、現在は皇太子が兼ねるのを伝統とする。一度戦争となれば、星界軍主力を率いて前線に立つことを任務とする要職で、帝国で最も華やかな地位と評されることもある。常に帝国元帥になった皇族が就任し、任期は後継者が現れるまで。
座乗艦に個人用の無重力庭園を持つ特権を有する。
949年以降はアブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュ帝国元帥。959年に彼が皇帝に即位して以来、空席となっている。

クリュブノーシュ  

練習第三艦隊旗艦の巡察艦。電磁投射砲と機動時空爆雷の代わりに艦隊司令部と司令部要員のための居住区が設置されている。名称は「クリューヴの龍」という意味で、969年頃、練習艦隊司令長官(当時)のラフィールが改名した。

瑠璃唐草の間グレーシュ・アルキレフォロス  

969年当時のガフトノーシュにある広間。その名の通り瑠璃唐草が一面に咲いている。

第一方面ケ・カースナ  

帝国の半身に対する第二方面での呼称。

ケスキュム  

第二方面艦隊所属の偵察分艦隊。赤啄木鳥艦隊編成後は同艦隊に編入された。

ケネーシュ・ウェフ=ステューマル・キペール  
 Cénéch üémh stymer Cieuair

アーヴの女性。半生を星界軍にささげている。昔ビボース・アロン=ネレム・公子・ネレースを愛していたが、何か複雑な事情があるらしい。アブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュの良き参謀であり、からかいと畏怖の対象。宮中序列は帝国公爵(955年当時)。
【容姿】
 波打ちながら肩を覆う豊かな藤色の髪。髪と同色の瞳。
【性格】
 立っているときは常に直立不動。
 仕事に趣味は持ち込まない主義。
 迂遠な表現を嫌う(ラフィール評)。
【経歴】
 ・時期不明 帝国艦隊参謀部参謀長に着任
 ・帝国暦945年 流砂艦隊参謀長に着任。階級は大提督
 ・時期不明 星界軍元帥に昇進
 ・帝国暦955年 幻炎艦隊参謀長兼幻炎第三艦隊参謀長に着任
 ・帝国暦956年 狩人艦隊参謀長に着任
 ・帝国暦959年 帝国元帥に緊急昇進
 ・帝国暦969年より前 軍令長官に着任

第二方面ケ・マータ  

ラクファカール陥落後、副帝に就いたドゥビュースが、自身の統治可能な領域に付した名称。スキール王国が母体となっている。第二方面でのみ用いられる用語。

翔士修技館ケンルー・ロダイル/翔士修技館ケンルー  

帝都にある飛翔科の修技館。生まれながらのアーヴにのみ入学資格がある。十万以上の人口を収容する人工惑星で、いくつもの庭園がある。平面宇宙航行機能を持つ客船が何隻か横付けされ、訓練生達の居住区となっている。
帝国で平面宇宙航法を学べるのはここしかないため、星界軍への入隊希望者だけでなく、交易者などが平面宇宙航行資格を取得するために入学することも多い。
戦闘術の修得よりも、平面宇宙航法の習得に時間が割かれており、教育課程の総仕上げとして平面宇宙航行実習を行う。またクラベール・ソスで10日間の地上訓練も行われる。二部制で運用。
ラクファカール陥落時には、居住区ごと訓練生たちはいち早く脱出させられた。

皇帝  

遙か昔、人類の故地において、人類の顧問として生み出された存在。

コトポニー・アロン=ライトゥレール・公女ヤルリューム・ラゼリア  

アーヴ女性。ラクファカール陥落後は積極論を採り、第二艦隊司令部の移転や第二方面の縮小などには反対している。
【容姿】
 濃紺の眉。鮮血色の唇(家徴)。
【経歴】
 ・帝国暦959年 幻炎第四艦隊司令長官に着任。階級は大提督。宮廷序列は帝国侯爵・公女
 ・帝国暦959年 双棘艦隊副司令長官に着任。階級は星界軍元帥
 ・同年 双棘新領土方面艦隊司令長官兼双棘艦隊第一三艦隊司令長官に着任
 ・同年 雪晶艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦959年頃 第二方面艦隊参謀長に就任

さ行

従士サーシュ  sach

星界軍の下士官(錬兵も下士官でその下に兵がいるのか、錬兵が兵なのかは不明)。ほとんどが地上世界出身者。帝国国民の子弟の他、領民からも募られる。最先任従士長、先任従士長、従士長ウェサーシュ、一等従士、二等従士、三等従士、四等従士、一等錬兵、二等錬兵の階級に分けられている。軍艦勤務は四等従士からで、最低でも1年の専門教育が必要。
帝国は領民政府に対し、領民の志願を妨害することは禁じていたものの、間接的に意欲をそぐキャンペーン程度なら容認している。それでも、従士が故郷に送るスカールは、貧しい世界にとっては貴重な帝国基準通貨収入となるため、少なからぬ地上世界が従士を出すことに意欲的である。また、アーヴの世界に触れることを得がたい経験とみなす世界もある。そのため、創設以来星界軍が従士志願者の不足に悩んだことはない。
身分は国民。最先任従士長から昇進すると列翼翔士になり、士族となる。退役時に恩給が出る。

ビセス鎮守府シュテューム・ビセサル  

八鎮守府の一つ。スキール王国にある。ラクファカール陥落に伴い、中央との連絡が途絶したスキール王国にいる艦隊の仮中枢が置かれ、第二艦隊編成後は艦隊の本拠地となった。960年頃に本拠地がセスカル子爵領に移動してからも最前線基地として第二方面艦隊の重要拠点であり続けたが、962年に陥落し、四カ国連合に制圧された。

統帥官ジョクスィーフ  

軍令長官、軍政長官、帝国艦隊司令長官の総称。

スィルターシュ  

赤啄木鳥艦隊副司令長官兼突撃分艦隊ベクリケイ司令官(969年当時)。階級は准提督。

ストゥーロス  

第一〇三防衛隊旗艦(969年当時)。

皇帝スピュネージュ  speunaigh

アーヴによる人類帝国の軍事・政治双方の最高統括指揮者。常にアブリアル伯爵の称号を帯び、商船団長を兼任する。また伝統的に近衛艦隊司令長官グラハレル・ロワボレールにも就任する。
帝国の統合の基礎は軍事力であり、皇帝はそれを把握しなければならない、という思想のもと、世襲と星界軍における階級により選出される。すなわち、八王家に生まれた者のうち、同世代でもっとも早く帝国元帥になったものが皇太子となり、次の皇太子が決まった時点で登極する。その時点での皇帝は譲位し、上皇になる。
その時点で、皇太子より年上、または年下でも20年以上の年齢差がない皇族は、星界軍から退き、予備役への編入を願い出るのが慣わし。
虚言できぬ存在として人類社会に知られている。
かつては大戦争の折に自ら艦隊を率いるのを常としたが、現在はその役目は皇太子に引き継がれている。
クリューヴ王家出身のアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・アブリアル伯爵・ラマージュが第27代皇帝に即位していたが、959年に戦死し、バルケー王家出身のアブリアル・ネイ=ラムサール・バルケー王・ドゥサーニュが第28代皇帝に即位した。

幕僚スペルーシュ  

司令部の構成員。司令長官、参謀、副官などから成る(司令長官を含まないこともある)。

スミト・ボルジュ=ギュル・サーシュ  

969年当時の練習第二艦隊司令長官。地上人男性。宮中序列は帝国男爵。階級は技術元帥。星界軍で唯一の地上世界出身の司令長官。

カセールの戦いスラーショス・カセル  

969年にカセール門沖で行われた、赤啄木鳥艦隊と四カ国連合艦隊(約12.5個分艦隊以上。ほとんどがハニア連邦軍で、人類統合体平和維持軍艦隊が約1~2個分艦隊)との戦闘。赤啄木鳥艦隊が門を確保し、カセール伯国の軍民の救出に成功した。

セトスィリューヌ  

クファース伯国にある有人惑星。969年頃、帝国からの離脱を表明した。

エウドー門ソード・エウドール  

通常宇宙側ではエウドー子爵領の巨大気体惑星の軌道上に位置する門。

カセール門ソード・カセル  

通常宇宙側ではカセール伯国の惑星ドベーシュの軌道上、平面宇宙側ではスキール王国に位置する門。ドベーシュの高度約97セダージュ(=97000km)を巡っている。

上部領域ソール・セム  

帝国の半身の内、ウェスコー王国とバルケー王国を合わせた領域。ラクファカール・セラがさまよい、建艦廠なども集中している。

下部領域ソール・リュム  

帝国の半身の内。ラスィース王国、スュルグゼーデ王国、狩人領域を合わせた領域。

ソタス  

第一〇三防衛隊司令官。階級は准提督。

ソバーシュ・ウェフ=ドール・ユース  Sobach üémh dor Ÿuth

アーヴ男性。年齢は50歳をすぎている(955年当時)。若い頃星界軍で働いたあと、長い間交易に携わってきたため、年齢の割に階級は低い。噂によるとかなりの富豪で、帝都に大きな城館を持っている。若い頃の交易では帝国商業史上屈指の利益をあげたこともある。すでに成人して独立した子供が二人いる。
【嗜好】
 好きなものは砂糖をたっぷり入れた緑茶。他人の悪癖が大好き。
 趣味は手紙を書くこと。
【経歴】
 ・時期不明 交易船の船長に就任
 ・帝国暦955年 バースロイル先任翔士に着任。階級は前衛翔士
 ・帝国暦958年頃 副百翔長に昇進
 ・帝国暦958年 フリーコヴ艦長に着任
 ・帝国暦959年 第一蹂躙戦隊先任参謀に着任
 ・同年 百翔長に昇進
 ・同年 千翔長に緊急昇進
 ・時期不明 練習艦隊参謀長に着任。階級は提督
 ・帝国暦969年 霹靂艦隊参謀長に着任

第一〇三防衛隊ソビュール・ボレール・キュトボルビナ  

カセール伯国に駐屯している星界軍の防衛部隊。主戦力は空間要塞群。四カ国連合侵攻時にも抵抗を続け、戦力を半減したものの、赤啄木鳥艦隊に救出された。

リムセズ泊地ゾベール・リムセザル  

帝国領(ラスィース王国、ウェスコー王国、バルケー王国、スュルグゼーデ王国のいずれか)に属する星系。練習第二艦隊司令部及びベートゥール建艦廠が置かれている。

た行

帝国の半身ダクル・フリューバラル  

ラクファカール陥落後、皇帝の統治下に残った領域。ウェスコー王国、バルケー王国を合わせた上部領域、ラスィース王国、スュルグゼーデ王国、狩人領域を合わせた下部領域、両領域を繋ぐ双棘回廊から成る。第二方面では、第一方面と呼ばれている。

戻るべき帝国の半身ダクル・フリューバラル・ボドルペカ  

ラクファカール陥落後、皇帝の統治が及ばなくなった領域。スキール王国、イリーシュ王国、バルグゼーデ王国、クリューヴ王国から成る。

全艦、猫を降ろせダ・デュクノ  

説明

ダルカール  

セスカル子爵領にある無人惑星。959年頃、可住化が完了した。

ディアーホ  Dïahoc

ジントの飼っているアーヴ猫。ホーリアの娘のザネリアの、そのまた息子。
ラフィールが実習航行に行っている間にクリューヴ王宮で生まれた。セルクルカとの間に3匹の子供がいる。
【容姿】
 琥珀色の双眸。短い体毛、がっしりした四肢と胴。やや大きめの頭。丸みを帯びた頬。クティロワル。長い尾。
【性格】
 あらゆる事にかけてやる気がない(ジント評)。節操がない(ラフィール評)。
【嗜好】
 籠に入るのは割と好き。風呂が嫌い。
【経歴】
 ・帝国暦952年(0歳) 誕生
 ・同年(0歳) ラフィールからジントに譲られる
 ・同年(0歳) ジントと共に主計修技館寮へ
 ・帝国暦955年(3歳) ジントとともにバースロイルへ
 ・同年(3歳) クリューヴ王家に預けられる
 ・帝国暦958年(6歳) ジントとともにハイド伯国へ
 ・帝国暦958年(6歳) 子供が生まれる
 ・帝国暦958年頃 クリューヴ王家に再び預けられる
 ・帝国暦969年頃 曾孫か玄孫が生まれる
 ・帝国暦969年(17歳) クリュブノーシュから退艦する

双棘回廊デュクティ・ボルペル  

双棘作戦によって、帝国が獲得した領域。人民主権星系連合体と人類統合体の勢力圏を分断し、天川門群中心円の周縁を通り、人類統合体勢力圏を横切って、スュルグゼーデ王国(おそらく狩人領域)に至る。ラクファカール陥落後は、上部領域と下部領域を繋ぐ唯一の連絡路になっている。

ドベーシュ  

カセール伯国にある有人惑星。軌道上にカセール門とカセール伯爵館がある。領民代表は大統領。

トライフ・ボルジュ=ユブデール・レムセール  Tlaïmh baurgh ybdér Laimsairh

アーヴ男性。修技生時代は戦列艦で過ごした。
【容姿】
 濃緑色の髪。浅黒く中高で猛禽類を思わせるような精悍な顔。発達した犬歯(トライフ家の家徴)。
【性格】
 たまに冗談を口にしても、なぜかそうと受け取られず、本気だと思われてしまう。
【思考】
 カシュナンシュ・ウェフ=ゴス・エールのことは一時は殺意を抱くほどに憎んでいた。食べ物では大蒜が苦手。
【経歴】
 ・時期不明 ラルブリューヴ鎮守府副長官に就任
 ・帝国暦952年 トライフ艦隊司令長官に着任。階級は提督
 ・時期不明 大提督に昇進
 ・帝国暦956年 狩人第二一艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦959年 星界軍元帥に緊急昇進
 ・帝国暦969年より前 回廊艦隊司令長官に着任。階級は帝国元帥

カセール伯爵艦ドリューエクス・カセル  

カセール伯爵家が所有する軌道城館。カセール門と同じドベーシュの軌道上にある。四カ国連合侵攻時に破壊された。

カセール伯爵ドリュー・カセル  

  • カセール伯国の領主。領民出身で姓称号はスューヌ。
  • 969年当時の1.。アーヴ女性。赤啄木鳥作戦により邦国は放棄され、セスカル子爵領に転居した。
    【容姿】
     蒼灰色の髪。思春期の少女のような風貌。

クファース伯爵ドリュー・クファト  

  • クファース伯国の領主。
  • 969年当時の1.。第二方面では行方不明となっている。

カセール伯国ドリュヒューニュ・カセル  

スキール王国に属する星系。有人惑星ドベーシュを有する。四カ国連合軍侵攻に際し、第一〇三防衛隊が抵抗を続けていたが、赤啄木鳥作戦により放棄された。

クファース伯国ドリュヒューニュ・クファト  

スキール王国に属する星系。有人惑星セトスィリューヌを有する。969年頃には領主が行方不明になっているため、代官が治めている。

な行

は行

練習第一艦隊ビュール・カースナ・クレーヤル  

練習艦隊所属の艦隊(969年当時)。司令長官はキー・ボート=ラムセル・ガムヴ公爵・アトラコン星界軍元帥。
ラクファカールを脱出した元翔士修技館の機動居住区を中心として編成された。修技館本艦で行われていた座学も戦場で行わなければならなくなったうえ、訓練生の数が増加したので、旧式の戦列艦や輸送艦を改装した客船が追加されている。また元々あった機動居住区も自衛用の武装が追加された。演習用の艦艇のほか、星界軍の最精鋭たる護衛部隊も所属している。入学前の子供(幼児を含む)や保護者も乗船しているため、保育艦隊とも揶揄されている。

練習艦隊ビュール・クレーヤル  

  • 訓練生の訓練や配属前の新造艦の慣熟航行を行う艦隊。司令部は帝宮にある。
    ラクファカール陥落後は、翔士修技館の役割も兼ねており、星界軍最大の部隊となっている。
  • 969年当時の1.。司令長官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥。
    【組織】
     司令部
     ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥
     ┣参謀長 ソバーシュ・ウェフ=ドール・ユース提督
     練習第一艦隊
     練習第二艦隊
     練習第三艦隊
  • 969年に練習第三艦隊が独立した後の1.。司令長官はキー・ボート=ラムセル・ガムヴ公爵・アトラコン星界軍元帥(兼任)。

第二方面艦隊ビュール・ケル・マータ  

ラクファカール陥落後、帝国中枢から切り離されスキール王国に残された星界軍の自称。司令長官は副帝アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王・ドゥビュース。
ドゥビュースが第二方面に存在する星界軍全艦隊で編成した。
【組織】
 司令部
 ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王・ドゥビュース副帝
 ┗参謀長 コトポニー・アロン=ライトゥレール・公女・ラゼリア星界軍元帥
【経歴】
 ・帝国暦959年頃 編成
 ・帝国暦960年頃 本拠地をビセス鎮守府からセスカル子爵領へ移動
 ・帝国暦962年頃 ビセス鎮守府が陥落

赤啄木鳥艦隊ビュール・サヒアル  

赤啄木鳥作戦の実施部隊。司令長官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ウェムダイス子爵・ドゥヒール提督。
【組織】
 司令部
 ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・ウェムダイス子爵・ドゥヒール提督
 ┃┗副司令長官 スィルターシュ准提督
 ┗参謀長 ヴォーニュ准提督
  ┣作戦参謀
  ┣情報参謀
  ┣探査参謀
  ┗通信参謀
 旗艦 巡察艦 ホウカウ
 ┗偵察分艦隊 ケスキュム(司令長官直率)
 突撃分艦隊 ベクリケイ
【経歴】
 ・帝国暦969年頃 編成
 ・帝国暦969年頃 カセールの戦い
【艦隊旗】
 頭と腹が赤く、他の部分は白と黒の二色で、翼には水玉模様がある鳥。

保育艦隊ビュール・ソムロン  

練習第一艦隊の別名。居住区に幼児やその保護者も乗船していることから。

回廊艦隊ビュール・デュクティル  

双棘回廊の防衛を担当する艦隊。969年当時の司令長官はトライフ・ボルジュ=ユブデール・レムセール帝国元帥。

練習第三艦隊ビュール・ビーナ・クレーヤル  

練習艦隊所属の艦隊。練習第二艦隊で錬成した新造艦を部隊へ編入し、演習を行うための艦隊。星界軍最大の実戦部隊。司令長官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥(兼任)。旗艦はクリュブノーシュ。969年、練習艦隊から独立し、霹靂艦隊と改名した。
【組織】
 司令部
 ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥
 ┣参謀長 ソバーシュ・ウェフ=ドール・ユース提督
  ┣先任航法参謀
    ┣航法参謀 グノムボシュ副百翔長
  ┣通信参謀
 旗艦 巡察艦 クリュブノーシュ
 ┗巡察艦 2隻
 巡察艦 モイカウ
 突撃分艦隊 121個
 偵察分艦隊 18個
 打撃分艦隊 22個
 補給分艦隊 31個
 空艇分艦隊 3個
 独立戦隊 若干

練習第二艦隊ビュール・マータ・クレーヤル  

練習艦隊所属の艦隊(969年当時)。部隊編成前の新造艦の管理、建艦廠の管理・警備を担当する。司令長官はスミト・ボルジュ=ギュル・帝国男爵・サーシュ技術元帥。司令部はベートゥール建艦廠のあるリムセズ泊地に置かれており、他の建艦廠のある星系にはいずれも副司令部が置かれている。建艦艦隊とも呼ばれる。

霹靂艦隊ビュール・ロドルショト  

霹靂作戦の実施部隊。司令長官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥。旗艦はクリュブノーシュ。練習艦隊から独立した練習第三艦隊が改名されて成立。司令部は練習艦隊司令部を概ね引き継いでいる。
【組織】
 司令部
 ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・パリューニュ子爵・ラフィール帝国元帥
 ┣参謀長 ソバーシュ・ウェフ=ドール・ユース提督
  ┣参謀副長 エクリュア・ウェフ=トリュズ・ノール准提督
  ┣作戦参謀 レクシュ・ウェフ=ローベル・グレーリア十翔長(砲術担当) 外4名
  ┣航法参謀 グノムボシュ副百翔長
  ┣先任情報参謀 クナタウ千翔長
 旗艦 巡察艦 クリュブノーシュ
【経歴】
 ・帝国暦969年 練習第三艦隊から改名

建艦艦隊ビュール・ロル  

練習第二艦隊の別名。建艦廠の管理・警備を担当していることから。

飛翔科列翼翔士フェクトダイ・ガレール  

飛翔科に属する列翼翔士。艦上では一人前として扱われず、見習い扱い。

エウドー子爵領ベールスコル・エウドール  

ウェスコー王国またはバルケー王国に属する星系。恒星エウドーと巨大気体惑星を有する。

セスカル子爵領ベールスコル・セスカル  

スキール王国に属する星系。可住化惑星ダルカールを有する。969年頃、ダルカールは可住化されたが、直後にラクファカールが陥落し、セスカル子爵も行方不明となったため、子爵領のままになっている。
960年頃、第二方面艦隊司令部が設置された。

セスカル子爵ベール・セスカル  

  • セスカル子爵領の領主。
  • 959年当時の1.。ラクファカール陥落時に後継者ともども行方不明となった。

エウドー子爵館ベーレクス・エウドール  

エウドー子爵家が所有する軌道城館。カセール門と同じ巨大気体惑星の軌道上にある。

ホウカウ  

星界軍第二方面艦隊所属の巡察艦。赤啄木鳥艦隊旗艦。

ま行

モイカウ  

練習第三艦隊所属の巡察艦(969年当時)。

や行

空挺分艦隊ヤドビュール・ワケール  

おそらくを空挺部隊を中心とする分艦隊。

ら行

ラクファカール・セラ  

  • 959年の不死鳥作戦で、ソトリュール鎮守府に設置された臨時帝都。同一軌道上にあるソトリュール門と惑星サトネージュの間に形成された軌道都市。「仮のラクファカール」という意味。969年当時にはエウドー子爵領へ移されている。
  • 969年当時の近衛艦隊の別称。

クリューヴ王家ラルティエ・クリュブ  

八王家の一つ。ラフィールの出身王家。家姓はネイ=ドゥブレスク。現当主はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・クリューヴ王・ドゥビュース。儀式嫌いで知られている。

ソルゼーニュ男爵リューフ・ソルゼン  

  • ソルゼーニュ子爵領の領主。領民出身で姓称号はスューヌ。
  • 969年当時の1.。アーヴ男性。赤啄木鳥作戦により所領は放棄され、セスカル子爵領に転居した。
    【容姿】
    青氷色の髪。

ヌリゾ男爵リューフ・ヌリゾル  

  • ヌリゾ男爵領の領主。根源貴族。
  • 969年当時の1.。赤啄木鳥作戦により所領は放棄され、セスカル子爵領に転居した。

リン・スューヌ=ロク・ハイド伯爵ドリュー・ハイダル・ジント  Linn ssynec raucr dreuc haïder Ghintec

本編の主人公。ロック・リンと鉱山技師だった母の間に生まれた地上人男性。マルティーニュ語、デルクトゥー語、アーヴ語、リクパルを話せる。射撃は全くダメ。軍籍番号は21-17-839951(958年当時)。
【容姿】
 茶髪。典型的な都市の青年。どことなく頼りなさそうでひよわな感じ。
【性格】
 素直。気が弱い。信条は「人間関係ははじめが肝腎」。代々の長老派基督教会の信徒だが神は信じていない。
【嗜好】
 子供時代はメロン・オー・シューが好きだった。
【経歴】
 ・帝国暦935年(着陸暦164年)(0歳) 誕生
 ・帝国暦945年(着陸暦172年第1季84日)(10歳) 父の叙爵によりハイド伯爵公子に
 ・同年(10歳) デルクトゥー留学。アーヴ言語文化学院入学
 ・帝国暦952年(17歳) アーヴ言語文化学院卒業
 ・同年(17歳) 主計修技館入学
 ・帝国暦954年頃 父の死によりハイド伯爵に叙爵
 ・帝国暦955年(20歳) 主計修技館卒業。主計修技生に
 ・同年(20歳) 主計列翼翔士に叙任
 ・同年(20歳) バースロイル書記に着任
 ・同年(20歳) アプティック伯国領主副代行に着任
 ・同年(上記の半月後)(20歳) アプティック伯国領主副代行離任
 ・帝国暦956年頃 主計後衛翔士に昇進
 ・帝国暦956年(21歳) ロブナス伯国領主代行に着任
 ・同年 星界軍の休暇をとる
 ・帝国暦958年(23歳) マルティーニュ領民政府と条約締結
 ・帝国暦959年頃 休暇を終え、軍に復帰。主計前衛翔士に昇進
 ・帝国暦959年(24歳) フリーコヴ書記に着任
 ・同年 ガフトノーシュ・ドゥラド書記に着任
 ・同年 主計十翔長に緊急昇進
 ・時期不明 練習艦隊司令長官付副官に着任。階級は主計千翔長
 ・帝国暦969年 霹靂艦隊司令長官付副官に着任

副官ルーキア  

艦隊司令長官などの庶務の補佐を行う役職。一言で言えば秘書で、最も重要な役割は日程管理。

帝宮ルエベイ  

  • ラクファカールにある、都市船アブリアルを改装した軌道宮殿ベイ。宰相府、統帥府、大使館など帝国中央の政治機能が集中され、通信関連をはじめとする様々な設備も設置されている。ラクファカールで唯一他国人が居住している場所でもある。数多くの湯殿があるが、そのうち36ヵ所は勅禁湯殿に指定されており、皇帝は自由に選んで入浴できる。
    不死鳥作戦の際には、中心部の都市船アブリアルを残して分解された。
  • →ガフトノーシュ3.

機動帝宮ルエベイ・ホーカ  

ガフトノーシュ(3.)の別称。

参謀副長ルーセ・カーサレール  

艦隊における次席参謀。

レクシュ・ウェフ=ローベル・グレーリア  

レクシュ・ウェフ=ローベル・プラキアの姪。不死鳥作戦の際に配置を失い、伝手をたどってラフィールの艦にやってきた。
【容姿】
 黝い髪。黄金色の虹彩。ラフィールと面差しがどことなく似ており、レクシュ・ウェフ=ローベル・プラキアとはとてもよく似ている。
【経歴】
 ・帝国暦959年頃 翔士修技生として近衛艦隊に配属
 ・帝国暦959年 不死鳥作戦に伴い、近衛艦隊を離任
 ・同年 列翼翔士に緊急昇進
 ・同年 ガフトノーシュ・ドゥラド通信士に着任
 ・同年 ガフトノーシュ・ドゥラド通信士を離任
 ・帝国暦969年 霹靂艦隊作戦参謀に着任。階級は十翔長

レケーフ  

アーヴ。宮中序列は帝国公爵(955年当時)。
【経歴】
 ・帝国暦955年 幻炎第五艦隊司令長官に着任。階級は星界軍元帥
 ・帝国暦959年 双棘艦隊副司令長官に着任
 ・同年 双棘艦隊バルケー王国方面艦隊司令長官に着任
 ・帝国暦959年 帝国元帥に緊急昇進
 ・帝国暦969年より前 軍政長官に着任

副帝ロイスピュネージュ  

ラクファカール陥落後、帝国中枢から切り離されたスキール王国において、最高の帝位継承順位を持っていたドゥビュースが名乗った称号。

ベートゥール建艦廠ロール・ベートゥル  

五大建艦廠の一つ。いくつもの球が重なり、巨大な管を触手のようにうごめかせているように見える。ロース級巡察艦などを担当しており、955年頃からカウ級巡察艦の竣工に入った。コーヴ級襲撃艦も生産される予定。ラクファカール陥落後はリムセズ泊地に展開している。

空間要塞ロニード  

門の防衛等を行う施設。通常空間での機動力は持つが、平面宇宙航行機能は有さない。空間機動要塞と同一と思われる。

近衛艦隊ロワボリア  

  • 帝都が戦場になりそうな時に皇帝が率いる直属部隊。平時には儀式に用いられることもある。司令長官は皇帝が、参謀長は軍令長官が兼ねる。伝令は置いていないが、実戦に臨む時には退役翔士が召集されて充足される。ヴォー・セトゥーシュ、コン・セトゥーシュ、スル・セトゥーシュ、ロク・セトゥーシュ、フェク・セトゥーシュ、リュト・セトゥーシュ、ドル・セトゥーシュ、ミュス・セトゥーシュの8個の近衛分艦隊で構成される。分艦隊名の全てにセトゥーシュが付くため、雷たちセトゥークラシュの別名で呼ばれる。
  • 959年に帝都防衛のため召集された1.。司令長官はアブリアル・ネイ=ドゥブレスク・アブリアル伯爵・ラマージュ。旗艦は星界軍総旗艦ガフトノーシュ。
    【組織】
     司令部
     ┣司令長官 アブリアル・ネイ=ドゥブレスク・アブリアル伯爵・ラマージュ
     ┃┗司令部直属 近衛阻塞戦隊 6個
     ┗参謀長 ファラムンシュ・ウェフ=ルサム・ラザス帝国元帥
      ┣探査参謀
      ┗航法参謀
     旗艦 巡察艦 ガフトノーシュ
     ┣直轄艦 巡察艦 バイカウ
     ┗直轄艦 巡察艦 オートカウ
     近衛分艦隊 ヴォー・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 コン・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 スル・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 ロク・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 フェク・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 リュト・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 ドル・セトゥーシュ
     近衛分艦隊 ミュス・セトゥーシュ
    【歴史】
     ・帝国暦959年 編成
     ・同年 クリューヴ門沖会戦で壊滅
  • 969年当時の1.。ラクファカール・セラという別称がある。

わ行

謁見の広間ワベス・ベゾーロト/謁見の広間ワベス・ベローゾト  

  • 帝宮の都市船アブリアル部分にある広間。かつては皇帝が日常的な執務に用いていたが、時代と共に格が上がり、現在では重要で神聖な儀式や国事にしか使用されない。天井には梁がいくつも渡されているが、それが支えるべき屋根はなく、代わりに光繊維を通して導かれた恒星アブリアルと青空が、散乱面を輝かせている。梁からは領主の紋章旗が下がっている。床は黒大理石。八王家の紋章旗に取り囲まれた、ひときわ大きな帝国旗を背にして、翡翠の玉座が置かれている。玉座を見上げる位置には白い絨毯が敷かれている。
    第2次ラクファカール防衛戦時には帝都防衛団司令部が置かれた。
  • 969年当時の機動帝宮にある広間。1.と比べても遜色ない広さがあり、装飾が施されている。天井からは諸侯たちの紋章旗が下がり、人工的な光が注いでいる。

軍政長官ワロズ・ヴォソル  

軍政の長で統帥官の一人。皇帝の幕僚。969年当時はレケーフ帝国元帥。

軍令長官ワロズ・リュアゾン  

軍令本部の長で統帥官の一人。皇帝の幕僚。952年~959年当時はファラムンシュ・ウェフ=ルサム・ラザス帝国元帥。969年当時はケネーシュ・ウェフ=ステューマル・キペール帝国元帥。

統帥府ワロディアシュ  

  • 統帥府会議の略称。
  • 統帥府会議用の広間。
  • 機動帝宮にある2.。部屋は無重力に保たれており、球形で、壁に虹色の花を咲かせる木が植わっている。出入り口は四カ所ある。

統帥府ワロディアシュ会議  

帝宮にある軍組織の最高機関。皇帝と三人の統帥官で構成され、帝国全体の戦略策定を担当する。専従の職員はおらず、事務は侍従が執り行う。単に統帥府とも。

英数

備考

  • p.14「帝宮ルエベイ生まれ」は「王宮ラルベイ生まれ」の誤記と思われる。ディアーホはクリューブ王宮生まれだし、そうでないと前後の文脈と整合しない。
  • これまで使用されていた「戦いトラーショス」と、今回登場した「戦いスラーショス」の区別が不明。
  • 第二方面艦隊に所属する軍士は、959年の緊急昇進について知らないはずである(作中の登場人物も記載上は昇進していない)。そのためドゥビュースが星界軍元帥になっている(p.19)のは、通常の昇進によるものとした。
  • これまで使用されていた「伯爵家ドリュージェ」に代わり、「伯爵家ドリュージュ」が使用されている(p.34)。誤記かとも思われるが、複数回出てくることから表記変更の可能性がある(「大公爵家」も「ニーミェ」から「ニメイ」に変更されていることと関係があるのかもしれない)。なお「カセール伯爵家」については特筆すべき事がないため見出しには挙げていない。
  • p.53「感心」は「関心」の誤記。
  • ヌリゾ男爵の姓称号がウェフとされている(p.54)が、ウェフは士族の姓称号なので誤記と思われる。正しい表記の可能性としてはボース、アロン、スューヌのいずれもあり得るが、「これは…アーヴの始祖に繋がることを示す」とわざわざ注釈されていることから、アロンと解釈すべきか。いずれにせよ情報が不足しているため、根源貴族とのみ記載した。
  • アトラコンは、幻炎第五艦隊参謀長(当時は氏姓とガムヴ公爵公子という設定のみ)と同一人物と思われるが、断定までは出来ないため、別項目に記載した。
  • スミト・ボルジュ=ギュル・帝国男爵・サーシュという人名が登場するが、これまで一代貴族については称号を人名に含めないのが通例であったため、省略して記載した。
  • p.71「エウドー子爵領リュムスコール・エウドール」は「エウドー子爵領ベールスコル・エウドール」の誤記と思われるので、修正の上記載している。
  • p.103の6行目に不自然な空白がある。