ゼノブレイド2 プレイ日記#6

第三話

14傷の共有

村に帰ったレックスとホムラは、傷の手当てをしながらイチャコラしてます。リア充爆発しろ。

ヴァンダムから、ホムラはブレイドなのになぜレックスと同じ場所に傷を負っていて、しかも自然に治癒していないのかというツッコミが入ります。そういえばメレフ戦の時も、レックスが攻撃を受けた時にホムラが苦しんでいるような描写ありましたね、一つの命を分け合っているという特殊性がこのような状態を生んでいる様子。

この命をくれたホムラのために 二度と死なないって決めたんだ」というレックスの前に、空気を読まない悪役登場。どう考えてもお前の方がぽっと出の脇役だろ!

イーラはヴァンダム達にとっても敵。ということでたこ殴り決定。しかしこれほど主人公達に悪態をついている上に上官にも反抗的、おまけに上官と使ってる武器がかぶってるとか、ヨシツネにはどう考えてもひどい未来が待っているような気がするのでちょっと同情。

ヨシツネ
かっこよく出てきましたが、残念ながらチェインアタックのチュートリアルのお時間です。左上のパーティゲージが満タンの時に+ボタンでチェインアタックが発動し、全員の必殺技を次々に繰り出すことができます。ブレイドコンボを3段階目まで決めると敵に属性玉が付くのですが、チェインアタックはその属性玉を破壊して大ダメージを与えることができるとか。だんだん分からなくなってきた。

15百戦錬磨

戦闘でこっちが勝ったのに、イベントになると敵がいきなり優勢になるのどうにかしてほしいわ。ホムラ(とダメージが連動してるレックス)が危うくやられるところでしたが、ヴァンダムの機転に助けられました。

敵は撤退し、ホムラの傷も軽傷ですみました。しかしホムラを守ると言った矢先の敗戦にレックスも落ち込みを隠せない様子。ヴァンダムは、こっちにも向こうにも戦う理由がある、どちらが正しいかはわからない、ならとことんお前の大事な物を守れとレックスを励ましてくれました。

16戦う者の理由

そして翌朝。ニアから話があるそうです。まさか、告白…?

告白キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!はい、お付き合いさせていただきま―

あ、そっちか。

ニアは、ヴァンダムがイーラと敵対していることを知って、詫びを入れようとしたみたいですが、ヴァンダムは「お前は今 こいつらと共にいる ならそれでいいじゃねぇか」と器のでかさを見せつけてくれました。このオッサン、強面なのに名言率高すぎぃ!おまけに世界樹の前にいるサーペントをなんとかする方法についても心当たりがあるそうです。頼りになりすぎでしょ。

ということで、村の中でキズナトークを回収したら、王都に向かいましょう。しかしだんだん趣味を隠さなくなってきたなこいつ…

ってやるんかい。

17蠢く者

そして村を出た一行をこっそり見張る怪しげな2人組が…

一方その頃、シンは「定期船」を襲撃していました。どうやら定期船というのはコアクリスタルの輸送船だったみたいです。イーラはコアクリスタルを集めているようですが、なんのためなんでしょうか。

18マジモン登場

しばらく進むと、先ほどの2人組が声をかけてきました。エセ関西弁だし動きがいちいちうっとうしいしセリフもヴァンダムの時とかぶってるし名前は「ジーク・B・アルティメット・玄武」だし、CV:津田健次郎だしで、これはもしや待望のギャグ要員なのでは!?

ほら来た。なんだそのエフェクト。

ジーク
技の名前も独特なセンスのジークと戦うことになります。と言ってもヨシツネと同じように戦えば問題ないでしょう。戦闘中もごちゃごちゃしゃべってうるせー!

19崖にご注意

ボケ役が入ったおかげでニアがツッコミ役として生き生きしてきたじゃないですか。これや、これを待っとったんや!(←うつった)。なおジークは大技で自分の足下砕いて谷底へ落ちていきました。また会えるの楽しみにしてますよ。割とマジで。

20緊張高まるインヴィディア烈王国

というわけでけっこうな長旅の末、首都フォンス・マイムに到着しました。事前に言われてたけどマジ長旅だった…4,5回死にました。ボスは苦にならなくてもその辺の雑魚に惨殺されるゲーム、それがゼノブレ2。

それはさておき今やインヴィディアとスペルビアはかなり険悪な状態で、どちらも巨神獣戦艦の建造に余念がないそうです。しかし貴重な巨神獣を兵器として運用とか、これ絶対バチが当たるパターンでしょ…

そうなんすか。巨神獣という存在がよく分からなくなってきた。

21戦の代償

街に入るといきなり配給所でもめ事が。仲裁に入ると戦いを挑まれました。モブっぽい外見のくせに…

横暴ドライバー
固有名もついてない!やっぱりモブじゃないですかー。
割と固い以外特徴がないので、ドライバーコンボをレベル4まで叩き込んでからのチェインアタックでいいんじゃないでしょうか。

22イオンとヴァンダム

すでにホムラのことはインヴィディア中に知れ渡っている模様。だれですか、そんなよけいなことをしているのは…

商 会 長 かよ。それはさておき助けた少女イオンとヴァンダムの知り合いのところへ。

知人は劇団の座長で、今は「英雄アデルの生涯」という劇の真っ最中のようです。ホムラはそのタイトルになにか気になることがある様子。まあ順調に考えるとアデルが前のドラーバーなんでしょうけど。

23王国の劇団

劇は、500年前、世界が闇に飲まれそうになった時に、英雄アデルが天の聖杯の力を得て闇を打ち払って世界を救った。しかしその代償として多くの大陸が雲海に沈み、天の聖杯もまた命を落とした―という内容でした。そういえば以前メレフが、ホムラが世界を焼き払い、多くの大陸が雲海に沈んだと言っていましたね。その劇を見たあとに、レックスに「ホムラのことちゃんとフォローしてあげなよ」って教えてくれるニアちゃんまじ天使。

24ミノチ

劇団長はヴァンダムの元傭兵仲間・コールでした。コールはサーペントのことも知っていたようです。「ただ一人だけ 世界樹を登り神に会いに行った者」に聞けば、世界樹への渡り方が分かるかも、という有力情報をくれました。しかしそれが誰かなのかという情報については口を閉ざします。

コールはホムラと二人きりになります。ホムラも、コールがかつての知り合いミノチであることに気づいた様子。コールは、あの時のことを記憶に残すためにあの劇の脚本を書いた、ホムラがあのときの力を再び使えば、世界はもう耐えられないだろうとも告げます。ホムラはできればあの力は使いたくないが―と含みを持たせました。そして”あの男”に再び会おうと決意します。その決意を見て、コールも協力してくれることになりました。しかし「渡したいものがあるから 明日また来てくれ」か。死亡フラグじゃないでしょうね。

25同じ根を持つ者

ほらヤバイやつ来た。メツたちは自分たちに力を貸せば、コールが患っている病気を治療してやると取引を持ちかけます。コールがそれを断ると、ヨシツネはコールが引き取った子供イオンに声をかけてました。

うわ、なにも知らない子供を利用とか、こいつ紛れもない悪だ。

そしてメツはホムラの見る夢の中へ行き、ホムラに子供を人質に取ったので一人で指定する場所まで来いと呼び出しをかけます。二人は同じ「根」を持つので、こういうこともできるらしい。「根」っていうのは、夢の世界に出てくる伝説の樹と関係あるんでしょうか。

メツが指定したのは、初めてホムラが目覚めた「カムラの遺跡」。コールからイオンが失踪したという知らせを聞いたレックスたちは、カムラの遺跡にホムラとイオンがいるのではないかと当たりを付け、急いでそこへ向かいます。

26メツとの対峙

すでにホムラはメツに追い詰められていましたが、間一髪レックスたちが間に合いました。つーかホムラが致命傷を受けたら、傷が連動しているレックスも死ぬんですから、ホムラさん自重してくださいよ。

メツ&ヨシツネ
久々に強敵です。どちらかのHPを50%以下にすると勝利なので、レベルの低いヨシツネに集中攻撃をしましょう。メンバーはいつもの3人で。ハナが死んだら即蘇生すること、挑発でターゲットがメツに向いたら、挑発が切れ次第ヨシツネにターゲットを移して集中攻撃することの2点に注意すれば乗り切れると思います。ブレイドコンボからのチェインアタックでとどめを刺しましょう。

27

ヨシツネは、カムイの力でエーテルの流れを遮断し、レックスたちのドライバーとブレイドの繋がりを切断して追い込んできます。シンはすべての人間を抹殺するために天の聖杯の力を欲しているというヨシツネの発言に、ショックを受けるニア。

メツは、人間抹殺こそがおやじの意志だと言いますが、ホムラはとうさまは人間の抹殺を望んでいないと反論します。しかし真の力を解放したメツの力は圧倒的で、この旅最大のピンチ!

ヴァンダムがブレイドの武器を直接自分の身体に刺し、その力を直接吸収して(通常の吸収はヨシツネが封じているため)殴るという荒技で時間を稼ぎますが、結局やられてしまいます。

そんな超絶大ピンチの一行を救ったのはホムラのイヤボーンでした。金髪の姿に変わったホムラは、今度は逆にヨシツネ達を圧倒します。

な、なんだってー!まさかのヒロイン多重人格。ホムラはおねえちゃん的な感じでしたが、こちらはツンデレガールっぽいですね。

あまりの強さに、さっきまで偉そうだったヨシツネが小者台詞しか吐かなくなってる(笑)

おお、初代ゼノブレイドの主人公の技じゃないですか!これは前作ファンにはうれしい展開ですね。

メツ&ヨシツネ
一応連戦扱いなので、敵は先ほどのHPを引き継いでいます。このままヨシツネに攻撃を集中して倒してしまいましょう。ヒカリと同調したレックスの火力はかなり上がっているので、あっさり押し切れると思います。メツだけになったらなんとでもなるので、新しいブレイドコンボの連携を試したり、いろいろやってみましょう。光→光→水とかが狙いやすいかも。

28想いの痕

調子こいていた二人も、ブレイドを倒されると不利を悟り、撤退していきました。

戦いには勝ちましたが、かけがえのない仲間であるヴァンダムさんを失ってしまいましたね…。もう玄田ボイスが聞けないのかと思うと残念です。こんな事ならもっと戦闘に参加させてあげれば良かったです。スザクもクリスタルに戻ったけど、どうなるのかなぁ。多分レックスと新たに同調するんでしょうけど、以前の記憶を失っているとか悲しすぎる。


というわけで今回も怒涛の展開でした。まさかヴァンダムさんがわずか1話そこそこで退場とは…。このパーティにはいない「大人」としての役割を存分に果たしてくれましたけど、今から思えば名言が多すぎて、生き急いでいた感がありますね。シナリオの都合と言えば都合なのですが。

そして新たなヒロイン「ヒカリ」が爆誕しました。金髪ロングの美少女というこれまたいいキャラですね。セリフもちょっとツンデレ風味なのが気になります。このままホムラは長期離脱かと思いきや、第3話の最後でホムラの姿に戻ってしまったので、しばらくはヒカリがゲストみたいな感じになるんですかね。

「未来視」は前作ファンにはうれしい展開でした。前作では戦闘の最中に、主人公が敵が次に使ってくる大技を感知し、その対策を撃てるシステムがあったんですよね。今作は今のところ出てきていませんが、これからヒカリ解禁と共に使えるようになるのかな?

そのほか、ヒカリ覚醒時に映り込んだ謎のロボットや「神」の存在、イーラの目的など、いろいろ気になることも出てきましたね。そろそろ中盤突入ということで、ストーリーも相変わらず先が気になります。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

>戦闘でこっちが勝ったのに、イベントになると敵がいきなり優勢になるのどうにかしてほしいわ
 ありゃ、それは往年のスクウェアRPGにありがちだったこと…。どころか日記読んでるとそれよりひどそうですね。任天堂はよく許したな。
>告白キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!はい、お付き合いさせていただきま
 無自覚にフラグを立ててしまう性格は、いずれ本物のフラグを立ててしまうフラグなのでw、期待ですね。
>しかしだんだん趣味を隠さなくなってきたなこいつ…
 しかしプレイヤーの本音を代弁してくれるキャラw。
>ってやるんかい
 どー見てもホムラはノリノリじゃなく、天然でやってますね。
>これはもしや待望のギャグ要員なのでは!?
 ゼノギアスにも、ものすごいお笑いキャラいました。
>まさかヴァンダムさんがわずか1話そこそこで退場とは…
 こーいう若者を導いてくれるオヤジキャラには、長生きしてほしかったんですけどねえ。

> どころか日記読んでるとそれよりひどそうですね。任天堂はよく許したな。
わかってくれますか。せめて「くっ…なかなかやるな。だが!」みたいなセリフ一つ挟むだけでもずいぶん違うのに。
> いずれ本物のフラグを立ててしまうフラグなのでw、期待ですね。
正ヒロインが強すぎて、どう考えても勝てない気はしますがw

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます