ゼノブレイド2 プレイ日記#3

第二話機械仕掛けの人形

01バーンの策謀

ところ変わってこちらアヴァリティア商会。商会長の右腕がサルベージに同行していたんですけど、彼も捨て駒だったみたいです。商会長に抗議したらこの逆ギレ喰らってました。ひどす。商会長はレックスたちが逃げた先にあるグーラの領事に通信を繋ぎます。この領事も一目見ただけでわかる悪役面だし、イヤな予感しかしない。

レックスとホムラはどこかの巨神獣に流れ着きましたが、ニアやじっちゃんとはぐれてしまいました。いきなりホムラの膝枕とかなんという役得。ともかく二人(と一頭)の捜索に向かいます。

ここでキャラ強化が解放されますね。ドライバーは、戦闘で手に入るWPやSPを使って、アーツや能力を強化したり出来るようです。

ブレイドは、コアチップを使って武器を強化したり、特定の条件を満たすことで能力を強化したりできます。この時点ではコアチップは持ってないと思いますが、アヴァリティア商会に戻って購入することもできます。早速戻って、ついでに商会長に怒鳴り込んでおきましょう。

どついたろか。

02じっちゃんとの別れ

ようやく発見したじっちゃんは、戦艦からの砲撃を受けて瀕死の重傷を負ってました。そしてしずかに別れを告げ、息を引き取ったのでした。じっちゃーん!しかし主人公の保護者役が早々に死んでしまうのもまたJRPGのならい。安らかにお眠りください。

なんかいるー!どうやら身体機能を最優先で維持した結果、幼生体に退行してしまったとのこと。まあ生きていて良かった。とりあえずニアを探しましょう。しかしマスコットキャラがCV:千葉繁とか新しいな。

03震える大気

04ホムラとセイリュウ

とりあえず無事にニアとも合流できました。レックスがホムラと楽園を目指すと言っても、ニアは今度は笑いません。そして皆が寝静まった夜、ホムラとじっちゃんは内緒話。この二人もお互い面識がある様子。メツも言ってましたが、ホムラは以前(500年前)とは容姿が違うようですね。

じっちゃんは「レックスにした話 あれは本意か?」とホムラに問いますが、ホムラが「私の本当の気持ちです」というと、じっちゃんも協力を約束してました。またホムラはシンとメツのことも気になる様子。「宿命じゃな 天の聖杯の」というじっちゃんのセリフはどういう意味なのでしょうか。

05ようこそ グーラ領へ

ニアのおかげでここが彼女の故郷グーラであることが分かりましたので、ひとまず最寄りの街へ向かいます。

でもニアはそこまで言ったらお別れするつもりらしい。「アタシの居場所はあそこにしかないんだ」という彼女はシン達に義理立てしているようですが。

しかしここから一気にフィールドが開けましたね。行動範囲も格段に広がります。フィールドでは色々な生物が生活しています。こちらが近づくと襲ってくるもの、攻撃しない限りなにもしないもの、周囲の敵を攻撃すると群れで反撃してくるものなど様々。時折ヤバイレベルの敵も闊歩しています。そのうちスニーキング技術も習得できるんですかね。今は探索しようとしてもモンスターがうっとうしいのでなかなかはかどりません。

しかしこれあちこちで言われてますけど、マップが死ぬほど使いにくいんですけど。ミニマップは表示範囲が狭すぎる上に、人間以外のものは表示されないので情報不足だし、拡大マップは拡大しすぎて見づらいし、トラベルマップは大きさが小さいのとボタン一つで呼び出せないので使いづらいです。これ今後どうにかなるんでしょうか。このあたりゼルダとどうしても比べてしまいます。まあ最初からすべてのことができるゼルダと、徐々に出来ることが増えていくゼノブレでは性質が違うのでまだ大丈夫ですけど。

06同調

トリゴの街に着くと、スペルビア(グーラ領を支配する帝国)がドライバースカウトをしているところでした。

コアクリスタルは誰にでも扱えるわけではなく、適性のない者が触れると前進から血を吹いて倒れてしまうとのこと。そういえばレックスが初めてコアクリスタルに触ろうとしていた時、シンは止めていましたね。そして適性のある者が触れると、コアクリスタルは武器になり、ブレイドも出現するらしいです。そうするとホムラは最初からコアクリスタルと共に存在していましたから、例外ということになります。

ここで発展ポイントの説明。街でクエストを達成したりすると、街の発展ポイントが上がり、品揃えが良くなったり売値が安くなったりします。

07ドライバーとブレイド

ホムラの説明によると、ブレイドの本体はコアクリスタルと呼ばれる宝石に似た素子で、コアクリスタルは触れた者に適性があると、自身の体細胞を増殖させて、ブレイドと呼ばれる分離体を生み出すそうです。つまり、ホムラと出会ったのは運命★ということですね!と浮かれている間に、帝国軍に囲まれてしまいました。まさかホムラを狙って?―と思いきや、お尋ね者だったのはニアの方だったようです。もっともレックスも登録をしていない野良ドライバーということでついでに逮捕されそうになっちゃいました。

相変わらずこの子いい子だな。

パクス警備長、スペルビアアーミー×3
フィールドで戦闘を何度かこなしておけば問題ないレベル。まずはターゲットをスペルビアアーミーに移して一掃し、最後に警備長を倒すと安定します。

08帝国の宝珠

一般人がドライバー2人に勝てるわけもなく、余裕…と思いきや、セクシーな姉さんが登場しました。カグツチと名乗ったその女性は見るからに水属性ですが、炎を操るブレイドのようです。しかもスペルビアの宝珠とも呼ばれる帝国最強のブレイドだとか。正直こんな序盤に出てくる敵じゃないので、これは負けイベントだな。

カグツチ、パクス警備長
連戦です。今度は警備長の方から優先して倒しましょう。左十字キーで、仲間のターゲットを自分のターゲットと同じキャラにして集中攻撃ができるのでうまく活用しましょう。
これからもそうですが、通常攻撃をキャンセルしてアーツ、必殺技ゲージが貯まったら必殺技、効果時間中にニアの必殺技、その効果時間中にレックスのレベル3必殺技、というのが鉄板の流れになります。

09炎と水

強いと言ってもレベル10か…アハハと思いましたが、一応設定的には強キャラのようです。あっさり劣勢に追い込まれた挙げ句、エーテル遮断ネットでニアとビャッコも捕まり大ピンチ!あわてるレックスに、ニアは「あんたにはあんたの目的があるだろ それを果たせ」と撤退を指示します。

何者かの支援もあり、ホムラとの共同作業を炸裂させてレックスは逃げ出しました。

助けてくれたのは、トラという名前のノポン族でした。今回のノポン族はろくなのいないと思ってましたけど、兵士嫌いというだけで追われているレックスを助けてくれるとかこっちもいい子だ。しかしパーティに虎がいるのにトラとはこれいかに。

10ノポンの少年

11特別執権官メレフ

ニアを捕らえた警備長は領主モーフに意気揚々と戦果を報告しましたけど、気持ち悪い口調と動きで罵倒されてました。モーフは「翠玉色のコアクリスタルのブレイドを捕まえてこい」という指示を出していたそうですが、「翠玉色」の意味が伝わってなかったようです。これはひどい。

そうこうしている間にスペルビア本国からミサトさんメレフ特別執権官がやってきました。この人男性?女性?CV:斎賀みつきなのでよくわからん。

レックスたちはトラの家で休憩中。トラはドライバーと仲良くなりたくて、レックスたちを助けてくれたそうです。危ないところを救ってもらった以上、こちらも友だち認定待ったなしですよ。そしてまたもやピンチを救ってくれたニアたちも放っておけません。しかしその前に腹ごしらえ。

最近のヒロインはメシマズの十字架を負わされている者が多いですが、ホムラは料理上手なようです。やっぱり料理がうまい子はポイント高いですよね。

食事をしながら話題はホムラの力の話になります。先ほどトラが水道管を破壊した時、カグツチはかなりパワーダウンしていましたが、ホムラは水の影響を受けていませんでした。なんとホムラは火属性ではないらしいです。必殺技も火属性だし武器は火が宿ってるしで全く疑ってませんでしたけど、どうやら人には言えない深い事情があるみたいです。

それはさておき、次の目的はニアの救出です。しかし街で情報収集するにも、面が割れている可能性があると言うことでひとまず変装。

Σ(゚∀゚ノ)ノキャーカワイイしかしなんでトラはこんな服持ってるんだよ。お前の体型からして必要ないだろこれ。なんか闇を感じる。


いよいよ本格的な冒険が始まりましたけど、UIが取っつきにくいのはちょっと気になりますね。特に前述したマップ関係。今後の機能開放化アプデで何とかしてほしいところです。探索のおもしろさも大事なポイントなのに、マップの出来がかなり足を引っ張っているように感じました。

バトルは出来ることが多い割に、チュートリアルが貧弱なのもちょっと気になる。このソフトはマニュアルがないので、チュートリアルは見直せる設定にしておいた方が良かったんじゃないかな。オートバトル的な側面もあるのでもしかして暇かなーとも思ったりしましたが、効率の良い戦い方が分かってくると俄然面白くなってきましたね。

ストーリー的には先が気になる、引き込まれる作りになっています。終始冒険活劇アニメを見ているような感じですね。こういうのが好きな人にはたまらないと思います。コミカルなシーンではキャラの顔も崩して描かれたりするのもアニメっぽい。敵の幹部らしき人も出てきましたし、仲間のために戦うという熱い目的も出来ましたしで、今後の展開も楽しみです。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

ニアとってもかわいいとしか思えないんですが。ホムラに対しレックスを巡る恋のライバルとなる…。みたいなベタ展開キボンヌ。
ホムラのおっぱいこんなに大きいとは思わなかった。いかにもジュブナイルRPGのヒロイン。私は貧乳派(自称w)なのでニア「も」いいな~w。

僕も恋のライバルとして育って頂きたいんですけど、公式サイトのキャラ紹介ではパーティのツッコミ役と書かれていていささか不安が…。
ホムラはずいぶんスタイルいいですね。僕も事前情報ではここまでとは思っていませんでした。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます