2018-09-14

北フランス旅行2日目 フランスに来たらやっぱりフランス料理を

時刻 旅の日記 写真
7:00 起床。西回りだと時差ぼけは起こりにくいような気がします。アメリカ行った時はそこそこありましたからね。  
8:00 ホテルで朝食。いつもの感じです。まあ大しておいしくはないけど、シリアルだけは僕を裏切りません。
8:40 出発。今日はいい天気です。日陰はちょっと涼しいけど、日向は結構暑い。まだ帽子がいります。
町を歩いていると、フランスの風が吹いてきました。こういう景色を見ると、ヨーロッパに来たという感じがします。中でもフランスは格別。
9:00

ベルクール広場

町の中心部に位置する広場。ルイ16世の像が目を引きます。
ここに来たのは、観光案内所で「Lyon Card」を手に入れるため。24ユーロで、1日美術館入り放題、バスと地下鉄乗り放題で便利です。美術館3つ回れば十分元が取れるので是非入手しておきましょう。
日本で予約だけしておくと、ちょっと安くなりますよ(公式サイト


9:15

サン・ジャン大聖堂

12世紀に建てられた教会。14世紀以降のような派手さはありませんが、しっとりとした教会です。何より記念メダルを売っているのがいいね!(yukkun20の趣味の一つは記念メダル集めです)
フランス人は記念メダルが好きなのか、あらゆるところで売ってます。念のため1~2ユーロコインは常備しましょう。両替機はないことが多いので。





9:30

ケーブルカー

すぐそばにあるVieux Lyon駅からケーブルカーに乗ります。行き先はFourvierとMininesなんですが(路線が違う)、とりあえず早く来たMinines行きに乗りました。これがミスだった…


9:40

ガロ・ローマ劇場

BC43に建造されたローマ式の劇場です。今は遺跡が残されているだけですが…
近くにガロ・ローマ博物館があり、そこのテラスから劇場が一望できるそうですが、そこは11時開館なので残念。とはいえ、高いところに登れば問題なく全体を見ることができます。

9:50

ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂

そこから歩いてFrevier駅方面へ。距離はたいしたことないんですが、かなり傾斜が急で苦労しました。せめて逆なら下りでまだしも楽だったものを…失敗失敗。

丘の上に立つ教会で、聖堂と地下祭室を見学できます。サン・ジャン大聖堂より一回り大きい感じがしました。ステンドグラスも美しいです。

ここにも記念メダルがあります。小銭がなくて冷や汗をかきましたが、本堂のとなりに建っている建物の1階に両替機がひっそり置かれていますのでそちらでどうぞ。あと近くにある土産物屋でも記念メダル売ってました。



10:15 Frevier駅からケーブルカーで再びVieux-Lyon駅へ。  
10:30

ミニチュアと映画博物館

映画のセットや特殊効果に関する展示、ミニチュアの作品の展示などが行われている美術館。
yukkun20はあんまり映画には詳しくないですけど、ちらほら知っている作品もありましたね。


  BttFのホバーボード。こうやって見ると意外とださいデザイン。ホバーボードくらいは自分が生きている間に何とかなりそうなんですが。
  ナルニア国物語で登場したミノタウロスのマスク。
  実はミニチュアのセットです。すごい迫力ですね。
11:00

ガダニュ博物館

リヨンから発掘された物を展示しているリヨン歴史博物館と、世界中の人形を集めたマリオネット博物館がセットになってます。がしかしマリオネットの方は休館だった…こっち目当てだったのに。とはいえ結構面白い展示物もありましたよ。


  パンチカード式の機織り機。アナログなんだかデジタルなんだか。
11:55 川を渡り旧市街から新市街へ。
12:00

テロー広場

こちらも大きな広場。奥に見える建物は市庁舎です。
立派な四頭立ての戦車を操る女性の像がありました。馬の口から蒸気のようなものが漏れていて迫力あります。


12:10

Laffe

広場にあるレストランで昼食。「L’express」という飲み物+おすすめ料理+おすすめデザートのセットを注文しました(14.9ユーロ)。
飲み物はワイン、料理は鶏肉とライスのオーロラソースがけです。決してまずくはないんですが、日本で出てきたら「鶏肉ぱさぱさすぎ!」とキレるところ。
でもデザートのマフィンはおいしかった。甘過ぎずしっとり。


13:00

リヨン博物館

広場のすぐ南にある博物館。中央に庭園がある変わった構造でしたが、修道院を改装したようですね。中には15世紀以降の絵画や彫刻がメインで展示されていました。

これはモーセがファラオの娘に拾われた聖書のシーンを描いた絵ですね。


  モネの絵も何枚かありました(伏線)。
13:40 オペラ座…ですが通り過ぎるだけです。
13:45 メトロA線でオペラ座近くのHotel de Ville駅からベルクール広場にあるBellecour駅に行き、そこでD線に乗り換えてMonplasir-Lumière駅へ。途中寝過ごしたり反対方向の電車に乗ったり大変でした。  
14:20

リュミエール博物館

映画を発明したリュミエール兄弟の邸宅を改装した博物館です。映画初期の資料が大量に展示されていますね。yukkun20はあまり知識が無いので置いてきぼりでしたが…


  子供の頃読んだ「ドラえもん」に描かれていたカメラはこんな形でした。時代やなぁ。
15:00 そろそろ体力的に疲れてきたので、一度ホテルに戻って休憩。今日の予定は大体こなしましたし。夕食はちょっといいレストランを予約したので、着替えてから行こうと思います。  
19:30

ブラッスリー・ル・ノール

あの有名なポール・ボキューズがプロデュースしているレストランです。最近はこういうお店もネットで予約できるので助かりますね。英語で電話で予約とか絶対いやだし。ホテルからは徒歩20分くらいなので、観光もかねて歩いて行きました。ちなみに名前で決めたわけじゃないですからね?ノールはフランス語で北っていう意味で他意は無いですからね!?

伝統的なリヨン料理が中心みたいです。「今日のメニュー」っていうのがわかりやすい上にリーズナブルなのでおすすめ。前菜、メイン、デザート、チーズから2~4品選べます。yukkun20は3品のコースにしました。こちらは季節のサラダ+食前酒(食前酒は別料金)。ちなみにこのサラダが入っている食器、日本なら多分丼って言います。

  メインのスペアリブ。サラダはギブアップしましたがこちらは全部いただきました。豚肉で脂っぽくないのにかなりしっとり。
  デザートのソルベ盛り合わせ。フランボワーズ、マンゴー、ココナッツというかなり濃いメンツでした。どの料理もなかなかのお味でさすがポール・ボキューズ(よく知りませんけど)。
21:00 これで美食の町リヨンはおしまい。明日は別の町に向かいます。  

トラックバック URL

コメント & トラックバック

>名前で決めたわけじゃないですからね?ノールはフランス語で北っていう意味で他意は無いですからね!?
 つくづくファンの期待を裏切らぬ星界脳であるw。

>ミニチュアのセット
ミニチュア特撮に目が慣れると、感情面で一瞬ミニチュアがちゃちく見えたりするんですけど、
いざ本物(ミニチュアのほうでなく)を見ると、特撮番組以外のを含め、ミニチュアのクオリティってかなり高いんですよね。
皮肉にもこれが一番良くわかるのが災害が起きた時の映像とかになるんですけれど……

>ポール・ボキューズ
今年亡くなられた3つ星料理人の方でしたっけ?
ググってみたら92歳の日本人に次ぐ高齢3つ星シェフだそうで。

スペアリブ美味しそうですね。こういう調理、機械があったらしてみたい。

日本人のミニチュアにかける情熱はたいした物だと思います。
> スペアリブ美味しそうですね。
スペアリブというとハニーソテーのイメージしかなかったので、こういうローストポーク的な料理は意外でした。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます