テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER プレイ日記#29

第三部 望想の地オルニオン

148団結する心

いやー遅くなってごめんごめん。ちょっと道混んでてさぁ。待った?(ポケットにチップをじゃらじゃらさせながら)

なんてこちらが余裕ぶっている間に、フレンは過去最大のピンチを迎えていました。大陸中の魔物が殺到って、いくら何でもひどくない?町中の野良犬が殺到するだけで余裕で死ねる自信あるわ。たとえフルアーマーだとしても。

さっそくリタ先生が一晩で作ってくれたあのアイテムの登場です。これは精霊の力に指向性を持たせてぶっ飛ばす装置なので、うまく利用すれば結界で魔物を一掃できるのではないかとリタも賛成します。ん?星喰みへの切り札使っちゃっても大丈夫?

悩ましいところですが、ユーリは今使わせてほしいと頼み込みます。おお、フレンのために素直に頭下げましたね。エステルも、「宙の戒典は……人を救えるものって信じたいから……」と援護射撃。仲間たちももちろん賛成します。リタ先生ならもう十本でも百本でも作ってくれるよ!(※魔核がないので作れません)

意外とハードル高ぇー!それはさておき新しいものが手に入った時はまず名付け。

なんかインスタントラーメンみたいな名前が付いてしまいました。今回はみんなあまり関心がなかったのか、それとも却下され続けのカロルが哀れになったのか、そのまますんなり決定。

現場ではフレンやルブランたちが奮戦中。防御網も崩れはじめてもうだめかと思われたところで、ユーリたちが颯爽登場します。戦線の維持は仲間たちに任せ、ユーリ、フレン、ラピードの下町トリオは、一気に敵陣を切り裂いていきます。

そして一気に敵陣深く切り込んだユーリは、明星壱号を起動、結界は周囲の魔物を一掃し。戦いは終結したのでした。めでたしめでたし。なお明星壱号は壊れた。

一方アスピオに出現したタルカロンは、妙な術式を展開し、周辺の住民から生命力を吸い上げ始めたみたいです。生命は純度の高いマナなので、デュークはそれを集めて砲撃するつもりみたいですね。元気玉だな。

それに引き換えこちらは、明星壱号は壊れてるし、仮に直ったとしても出力が全然足りないそうです。いまいる大精霊たちでもその穴埋めはできないので、やはり魔核の精霊化は避けられそうにないな。ユーリはきちんと説明をすべきだと考え、フレンにヨーデルへの取り次ぎを依頼します。またユーリたち自身もユニオンや戦士の殿堂と話をつけ、帝国・ギルドのトップを集めた会談が開かれることになりました。

まあそれはそうと、何かこっちに言うことがあるんじゃないかねーソディアく~ん???お前さんに殺されかけたにもかかわらず、お前さんの大事な人の命を救ってやったこのユーリ様によー!(※ここまで説明するタイミングがなかったのですが、ユーリがソディアに刺されたことを知っているのは当事者二人だけですので、仲間たちはソディアについてなんとも思ってません)

あら素直。

ユーリもなんとなくソディアの気持ちがわかったからなのかそれ以上彼女を責めようとしません。自分はどうすればいいのかというソディアに、「殺人未遂犯が警察庁副長官とか許されると思ってんのか自首に決まってんだろオレじゃなくて全てを話せる仲間と考えてみな その上でフレンを守るってんならダチとして感謝するさ」とかっこいいセリフを残して去って行きました。なんだこのイケメン。

149星喰みを倒すため

ダングレストではハリーが、

ノードポリカではナッツが協力を約束してくれました。さて、フレンのところに戻りましょう。

その前にこのタイミングでナム孤島に行くと、ギルド「ショータイム」から演劇への出演の依頼を受けることができます。「口の悪いあなた」ってだれのことだぁーっ!事実をあからさまに摘示するなよ!

台本では、勇者エステルが大魔王ユーリを倒してめでたしめでたしだったのに、ユーリとエステルが悪ノリした結果、巻き添えを食ったリタの逆ギレでアナザーエンドでした。

150希望に燃える町

さて、フレンたちのキャンプに戻ってきました。んんんんん???

Before:出発前

After:現在

カウフマンさんが一晩でやってくれましたってレベルじゃない。さすがのユーリも素直に感嘆してます。

そしていよいよ前代未聞の首脳会議が始まります。そんなうまくまとまるかなー?

心配ご無用でした。彼らも今の危機的な状況に理解を示し、星喰みが去ったあとの時代へ思いを向けます。それを見たユーリたちはそっと席を外しました。

フレンは彼らの後を追いかけ、肝心の星喰み対策をユーリに押しつけることになったことを詫びます。そんなこと言って、フレンも手伝ってくれてもいいのだぜ?と思ってたら夕日の丘に呼び出されました。

フレンは、ユーリに日の当たる場所で活躍してほしいと思ってるんですね。そして、ユーリが背負っているものを自分も背負いたいと思っているみたいです。

しかしユーリは、フレンと自分では役割が違うと答えます。そして「オレが好き勝手やれてんのが誰のお陰かってことくらい、分かってるつもりだぜ」とも。

それでも言いつのるフレンに、ユーリは剣での勝負を提案します。フレンもそれに応じ、闘技場以来の真剣勝負が始まります。夕日の丘で親友同士が拳と拳の殴り合い(じゃないけど)。燃えるぜ。あと剣での勝負なのにユーリが装備しているのがどう控えめに見ても斧なのは気にすんな。

フレン

フリーランで攻撃を空振りさせてその隙に攻撃することになりますが、一度攻撃を食らうとえげつないほど長いコンボ決めてくるので回復はこまめに。「ザ・レッドマント」が光吸収なのであると楽です。

シークレットミッション23

フレンにすべての術技を使わせるとトロフィー「シークレットミッション23」取得。対象の技は「魔神剣」「瞬迅剣」「魔神連牙斬」「獅子戦吼」「爪竜連牙斬」「光翔翼」「ルミナンサイス」「虎牙破斬」「魔皇刃」「ホーリィランス」「紅蓮剣」「断空剣」「飛天翔駆」「ファーストエイド」「守護方陣」と、こちらの秘奥義にカウンターで出してくる「光竜滅牙槍」。光竜滅牙槍は2000~3000のダメージを喰らうので、秘奥義を撃つ前に回復を忘れずに(カウンターされるとこちらの秘奥義は相手にダメージを与えられないので、HP調節は不要)。なお光竜滅牙槍は一度撃たれるとその後普通に使うようになるので、倒す直前に撃たせるのが○。ちなみに条件満たしても敗北すると達成できません。

勝負を終えた二人は、かつての誓いを思い返します。歩む道が違っても、人々に理解されなくても、人々の笑顔のために戦うのだと。そしてお互い足りないところを埋め合わせるのだと。

ユーリとフレンが友情の殴り合いをしている間に、リタはいつの間にか世界中の魔導器の魔核にアクセスする方法を見つけてました。なんか改めて考えると、この子天才過ぎませんか…?この研究もアレクセイがめっちゃ時間かけてやってたのに完成してなかったんですよ?テイルズシリーズの中でハロルド、パスカルと合わせて三大天才少女の称号あげてもいいわ。しかも3人の中で一番人格がまともだし、もうリーダーでもいいよ。

とりあえず手間がかかることはウィチルとアスピオの研究者たちが、彼らの護衛は騎士団とギルドが担当してくれることになりました。あとは明星壱号が直れば…と思いましたが、ヨーデルの提案でここにある資材と人材を結集し、新しいのを作成することになりました。人類の底力見せてやるよ。

これであとはタルカロンに乗り込んでデュークを止めるか足止めするかして、最上階で明星壱号を起動すればオーケー。ようやく最終目的までの道のりがはっきりしました。明日に備えて今日はもう休みましょう。ん?明日が最終決戦と言うことは…決戦前夜イベントだー!

ばっきゃろー!ユーリはリタっちとよろしくやってるに決まってるでしょ!

フレンはパティに、最終決戦に向けた覚悟を語ります。

パティはフレンに、自分一人で悩まないよう、ギルドの元首領としてアドバイスします。

あれー。あんな事言ったけどどうせエステルとイチャイチャしてるんだろwと思いきや意外な組み合わせ。リタは、作戦が成功して、ヘルメス式魔導器がこの世からなくなったらどうするのかとジュディスに尋ねます。でもジュディスは、仲間たちと出会って、それだけが生きがいではなくなったと答えます。逆にジュディスも、魔導器がなくなった世界でなにを研究するのかとリタに尋ねます。

エステルとイチャイチャするんですね分かります。

冗談はさておき、ここは本当にいいシーン。リタの家族のことは全然話に出ませんが、15歳の女の子が一人っきりで大人の社会を生きていくのは大変だったでしょうからね。でも彼女にも親友と、家族と呼べる存在ができました。よかったねリタ。

と言うわけで、戦いが終わったらエステルとジュディスとリタの3人で旅をすることになりました。

カロルとレイヴンはギルドの人間として町の復興の手伝いをしていました。カロルは、自分がしたいことをするんじゃなく、人のために何かをしてあげることが自分の夢だと分かった、と胸のうちを語ります。

レイヴンはそんな成長したカロルを素直に褒めます。そしてレイヴンも、今度こそ自分の夢を持ちたいと語ります。心臓魔導器の魔核が精霊化しないように祈っていてください

エステルは…まあ当然そうですよね。なおラピードは空気読んで席を譲ってくれました。なんて出来た犬だ。

エステルは、これまで状況を振り回されるだけだったけど、今は、これまでユーリがしてきたように、「選択する覚悟」ができたと語ります。

エステル、もっと押して!

おお、その表情いいぞ!

おおお、これは好感触?…がこれ以上進展しないのがTOVクオリティ。

151古代の塔へ

翌朝。立派な町になったこの場所に、名前をつけることになります。なお、カロルが「手作り丸太の…」と言いかけましたが即却下されました。名付け係はキミじゃないっつーの。

さすが真の名付け係は違う。

そしてリタ先生がまたもや一晩でやってくれました。ヨーデルの剣をベースに作った明星壱号の改良版です。じゃ名前は「明星弐号」で。しかし魔導器みたいな精密そうな道具を、敵をボコるのに使う武器と融合させるっていいんですか…?

ソディア!?今初めていいこと言った!フレンはソディアとウィチルに後事を託し、ユーリと共に行くことを決めます。

そしてヨーデルも、魔導器のない世界を受け入れてもらうため、各地で人々を説得して回る旅に出ます。さあ、いよいよ最終決戦ですよ!


と言うわけでいよいよ終わりが近づいてきました。本編のプレイ日記はあと1回、サブイベントが2回、あとはトロコン指南で数回くらいですかね。そんなわけでこれからの更新頻度はやや落ちる(1回の日記で扱うボリュームが増えるため)と思いますがお許しください。

そろそろ2周目に備えてサブイベントを消化したりグレード稼いだりもしないといけませんね。もちろんどうにかお金を貯めて温泉にも行こうと思いますのでお楽しみに。

え?まだ所持金が10万ガルドから増えてない!?

トラックバック URL

コメント & トラックバック

毎回恒例ですがテイルズシリーズほど 決戦前夜に力いれてるゲームもないですよね
特にヴェスペリアは彼らの先を見たくなるような演出ですよね

ファンタジアでのイベントが好評だったからだと信じてます。
TOVは続編につなげられるオチになってると思うんですよね。なぜTOV2は出なかったのか…

>町中の野良犬が殺到するだけで余裕で死ねる自信あるわ
 あら?今どき野良犬って、日本にそうそういないと感じてたけど、地域差あんの?
>みんなあまり関心がなかったのか、それとも却下され続けのカロルが哀れになったのか、
 あんまりギルドリーダーとして尊重されてないよね、彼w。
>※ここまで説明するタイミングがなかったのですが、ユーリがソディアに刺されたことを知っているのは当事者二人だけですので、仲間たちはソディアについてなんとも思ってません
 フレンも知らないんだw。黙ってあげてるユーリマジイケメンw。
>「口の悪いあなた」ってだれのことだぁーっ!事実をあからさまに摘示するなよ!
 1mmもフォローになっていないw。
>夕日の丘で親友同士が拳と拳の殴り合い(じゃないけど)。燃えるぜ
 ジュブナイル物の王道展開。実際にこんな事したら遺恨しか残らんがw。
>パティはフレンに、自分一人で悩まないよう、ギルドの元首領としてアドバイスします
 2人ともオリジナル版にいなかったキャラなので、この組み合わせになったんだよね?(身も蓋もないw)
>ここは本当にいいシーン。リタの家族のことは全然話に出ませんが、13歳の女の子が一人っきりで大人の社会を生きていくのは大変だったでしょうからね
 そこはエステルとイチャイチャしろよ、などと冗談はさておき、家族のこと一切語らない姿勢に、リタの潔さを感じる。
>そしてレイヴンも、今度こそ自分の夢を持ちたいと語ります
 割とほっこりする男の話。レイヴン、お前だってまだまだ若いんだぜ。
>これは好感触?…がこれ以上進展しないのがTOVクオリティ
 あ、そうなんだ。でもラブラブになり過ぎたら、つまらない関係な気がする、ユーリとエステルって。
>え?まだ所持金が10万ガルドから増えてない!?
 許さーーーーーん!!!!!w

> あら?今どき野良犬って、日本にそうそういないと感じてたけど、地域差あんの?
日本にはいないでしょうね…。「大陸中」の話題で出したたとえなので、yukkun20の頭にあったのはヨーロッパとかの野良犬のことです。すみません。
> 黙ってあげてるユーリマジイケメンw。
そのせいで「足を滑らせて落ちた」扱いされてるのに黙っているのマジイケメンw
> 2人ともオリジナル版にいなかったキャラなので、この組み合わせになったんだよね?
みんなが思ってたこと言うなよ。だってそれまでフレンとパティほとんど絡んでないし…まあユーリに振られた者同士ということで。
> 家族のこと一切語らない姿勢に、リタの潔さを感じる。
彼女の家族の話、この後ほんのちょっとだけ出てくる予定です。次回辺りかな。
> 許さーーーーーん!!!!!w
現在ポーカーで荒稼ぎ中です。もう少しお待ちくださいw

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます