テイルズ オブ フェスティバル 2018 元ネタ集

サブタイトルや時間などは全てBD版に準拠。敬称略。ネタバレ全開。

当日のイベントレビューはこちらから。

6月16日公演

01.オープニングステージ

00:01:34 オープニングムービー

各マザーシップタイトルのパーティキャラ(+α)が登場するが、TODのリリスとTOEのレイスがハブられている。レイスはゲストキャラだからともかく、リリスはなぜ…オリジナル版ではバグキャラだったからか。

02.スペシャルスキット「対決!遺跡船で眠る宝を探せ!」

00:05:14 セネル『集合場所は、遺跡船のどこだっけかな…』

「遺跡船」とは、TOLの舞台となる巨大な船。島ほどの大きさを持ち、多数の遺跡を有しているためその名で呼ばれる。

00:05:25 セネル『それにしても、昨日はたくさんパンを作ったな…』

TOLは他作品の「料理」に相当するシステムが全てパン作りになっているが、その中でもセネルは特にパン作りが得意。

00:05:47 セネル『ふっ!はっ!くらえ!』

TOL本編でセネルが通常攻撃を繰り出す時のセリフ「ふっ!はっ!くらえ!」から。通常攻撃ということでもっとも耳に残るセリフでもあり、かつセネルは基本的に術技よりも通常攻撃の方がダメージ効率がいいため、通常攻撃だけで敵をなぎ倒すプレイが流行した。「ふっはっくらえ」は(システム上秘奥義のない)セネルの秘奥義とも言われてネタ化している。

00:06:10 セネル『眠い…眠くなってきた』

セネルは作中でも朝なかなか目を覚まさず、仲間に起こしに来てもらうシーンが多い。

00:06:21 セネル『ワルター…パンがないからってにらむなよ』

「ワルター」とは、TOLに登場する中ボス「ワルター・デルクェス」のこと。

00:07:31 セネル『ノーマかむな』

「ノーマ」とは、パーティメンバーの一人であるトレジャーハンター「ノーマ・ビアッティ」のこと。

00:07:57 クロエ『シャーリィ、どうだクーリッジの様子は?』

クロエはほぼ例外なく、男性キャラクターをファミリーネームで呼ぶ。

00:08:27 セネル『ウィル、ウィル…そのモーゼスは魔物じゃないぞ…グリューネさん、苦しい…』

「ウィル」はパーティメンバーの一人である博物学者「ウィル・レイナード」、モーゼスは同じく魔獣使いの「モーゼス・シャンドル」、「グリューネさん」は同じく謎めいたほんわか姉さん「グリューネ」のこと。全員TOFには未登場。

00:12:26 シャーリィ『ウィルさんの家の飾り付けは、ハティとフェニモールに手伝ってもらったから完璧だよ』

「ハティ」はウィルの愛娘「ハリエット・キャンベル」の愛称(名字は母方の姓。結婚に反対したウィルの妻の父親により両親は引き離され、ハティは母親に育てられた)。「フェニモール」はシャーリィの親友「フェニモール・ゼルヘス」のことだが、作中でシャーリィをかばって死亡している

00:13:47 ルーク『遺跡船が、バチカルからこんな遠いなんて聞いてねーよ』

「バチカル」は、ルークたちが暮らすキムラスカ・ランバルディア王国の王都。ルークの家であるファブレ公爵の屋敷もある。

00:14:28 アニス『プリンセスナタリア号って、すっごいなーって』

プリンセスナタリア号は、キムラスカ王家が所有する豪華客船。TOA本編ではアニスが結婚式を挙げたがっていた。

00:14:57 アニス『ルーク様はタルタロス派でしたよね~』 ルーク『男は黙ってタルタロス!…ってガイの受け売りだけど』

「ガイ」はパーティメンバーの一人で、ルークの親友兼使用人「ガイ・セシル」のこと。「タルタロス」は、マルクト帝国が所有する巨大戦艦で、TOA本編ではルークたちの足として登場する。作中ではタルタロスとプリンセスナタリア号のどちらがいいかが議論になり、ガイが上記の台詞を言うスキットがあった。

00:15:13 アニス『イオン様を守るお仕事より断然大変なんだけど~』

「イオン」はTOA本編中に登場する宗教組織ローレライ教団のトップ(導師)。アニスは神託の盾騎士団に所属し、導師を守る「導師守護役」という役職に就いている。

00:15:41 ナタリア『城では得られない体験がたくさんありそうですわね』

ナタリアはキムラスカ王国の第一王女なので、普段は王城住まい。

00:16:48 スレイ『グリンウッドにはない遺跡とか文明がきっとたくさんあるんだろうな』

「グリンウッド」は、TOZ本編の舞台になる大陸。遺跡も数多く存在し、スレイとミクリオはその探検を趣味にしている。

00:16:53 スレイ『それにしても、ミクリオは今日もカジュアルだなぁ』

ミクリオ役の逢坂が初登場したTOF2015は、テイルズ20周年記念ということでキャストたちにフォーマルっぽい衣装で来るよう指示があったにもかかわらず、逢坂がカジュアルな服装で登場したことをからかっている。

00:17:37 ミクリオ『危ない!』

福圓が振り回しているのは、作中でエドナが差している傘を模して製作されたコラボグッズ。

00:18:21 エドナ『それと兄のセネル、略して「アネ」ね』

エドナがTOA本編で言った台詞「ミクリオ坊や、略して「ミボ」ね」から。

00:15:42 ルーク『いつも見えないだーなんだやってたよな』

ミクリオとエドナは「天族」という種族で、スレイのような霊応力の高い人間以外には見えない。そのためTOFでは登場するたびに、他のキャストや観客たちに見えている言い訳がなされる。

00:19:55 アニス『多分空でも飛んでくるんじゃない?「パッと行く」みたいに』

「パッと行く」とは、シリーズ中で時々登場するゲームシステム(初出はTOP)。お使いイベントの目的を達成して出発地点まで戻らなければいけない時に、「パッと行く」かどうかの選択肢が出現。「パッと行く」と一瞬で出発地点に戻れる。ただし通常の方法で戻らないと見られないイベントやスキットがあったりするので、コンプ派は要注意。

00:20:35 ロイド『急に燃料切れって、この展開前にもあったぞー』

TOS本編でも、ロイドたちのレアバードが燃料切れで墜落するシーンがある。

00:27:33 アニス『きゃわ~んゼロス様~♥私をご存じだなんて、アニスちゃんうれし~♥』

アニスは貧乏生活から抜け出すため玉の輿を狙っているので、お金持ちや家柄のいい男性には媚びがち(ゼロスは世界の要である「神子」なので、それなりの身分)。

00:30:24 ジェイ『皆さんと盛り上がれるようにって、キュッポたちが用意したんです』

「キュッポ」はモフモフ族(二足歩行のラッコのような生き物)。弟のピッポ、ポッポと共にジェイの家族のような存在。

00:31:44 ロイド『なら、こっちは一番人気のミクリオだな』

TOF2017で結果発表された「キャラクター人気投票2017」でミクリオが1位になったことを言っている。ちなみにスレイは6位。

00:33:54 ゼロス『な、こ、ラ、ライトサ…なんだこれ!?』 

おそらくゼロスが言いたかったのは、映画「スターウォーズ」シリーズに登場する光の剣「ライトセーバー」(もしくは旧称の「ライトサーベル」)。テイルズとは関係ない。

00:34:42 エドナ『みんな~エドナの~おねがい~聞いてくれる~♥』

TOZ本編で、エドナが地の試練で突然かわいこぶって「エドナにちょうだい♪ おじたまの♥ は~や~く~♥」「おじたま~ん♥ ワタシ我慢できないの~♥♥」とおねだりするシーンがある。

00:36:07 エドナ『そうね、チョロ甘ね』

「チョロ甘」とは、シリーズに登場する戦闘終了時の掛け合い「チョロいね」「甘いね」「チョロ甘ですね」の一連の流れから生まれた台詞。初出はTOR。TOZでも(やや変則的だが)スレイ、ミクリオ、ロゼで似たような台詞がある。

00:36:30 ゼロス『魔神剣!』

「魔神剣」は斬撃を飛ばして敵を攻撃するゼロスの特技。

00:36:38 シャーリィ『ファイアボール!』

「ファイアボール」は3発の火炎弾を飛ばして攻撃するシャーリィの古代初級呪文。

00:36:46 アッシュ『双牙斬!』

「双牙斬」は、斬り下ろしから斬り上げへと繋げる二段斬りを行うアッシュの特技。

00:37:40 ナタリア『私から逃れられると思って!降り注げ聖光!アストラル・レイン!』

「アストラル・レイン」は、空中から光の矢を降り注がせるナタリアの秘奥義。表示されているのは、マイソロ3でアストラル・レインを発動した時のカットインイラスト。

00:37:50 アッシュ『雑魚が近寄んじゃねぇ!砕け散れ!絞牙!鳴衝斬!』

「絞牙鳴衝斬」は、自分の周囲に超振動を起こして攻撃するアッシュの秘奥義。表示されているのは、マイソロ3で絞牙鳴衝斬を発動した時のカットインイラスト。

00:41:18 アニス『モフモフ族がご案内!ダアト巡礼ツアーを1回10万ガルドとかでやったらすっごい儲かりそう…』

「ダアト」はTOA本編で登場する、ローレライ教団の総本山がある街。アニスの実家もそこにある。

00:43:44 ルーク『俺は悪くねぇ~』

TOA本編で、ルークが敵のボスに、街を救うためだとだまされて、街の住人を全滅させてしまい、そのことを仲間に責められたときのセリフ。確かにルークにも同情すべき点はあったのだが、「俺は悪くねぇっ!」という主人公らしからぬ逆ギレを見せたため、ほとんどの仲間からはあきれられた。
TOFでは中の人鈴木千尋が持ちネタとして、観客を巻き込んで叫ぶことが恒例化している。

00:44:10 ルーク『愛してるぜ!』

TOVで、レイヴンが回復技「愛の快針」を使用する時の台詞。汎用性の高さから、他のキャストが使用することも多い。

00:44:37 クラトス『輝く御名の下 地を這う穢れし魂に 裁きの光を雨と降らせん。安息に眠れ 罪深き者よ。ジャッジメント!』

「ジャッジメント」は、裁きの光によって敵全体を攻撃するクラトスの天使術。表示されているのは、TOS-Uで秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:09 クラトス『エアスラスト!』

「エアスラスト」は、対象となる敵の周囲に風の刃を発生させ触れる者を切り刻むクラトスの風系中級魔術。

00:48:20 クロエ『襲爪雷斬!』

「襲爪雷斬」は、斬撃、蹴撃、雷撃を3連撃を繰り出すクロエの特技。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:26 ジェイ『偽神落殺劇!』

「偽神落殺劇」は、敵を空中に蹴り上げ、逆立ち蹴りで何度も追撃するジェイの我流奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:38 セネル『魔神幻竜拳!』

「魔神幻竜拳」は、敵の懐からゼロ距離で衝撃波を放つセネルの奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:42 ルーク『通牙連破斬!』

「通牙連破斬」は、敵を切りつけ、掌底でひるませて切り上げるルークの奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:47 アニス『荒れ狂う殺撃の宴!殺劇舞荒拳!』

「殺劇舞荒拳」は、トクナガ(アニスが持っている巨大なぬいぐるみ)で連続パンチを繰り出すアニスの秘奥義。パーティにルーク(またはジェイド)がいないと台詞は「やろーてめーぶっころーす!殺劇舞荒拳!」になるが、今回はルークがいるので通常の台詞。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:48:59 クラトス『守護方陣!』

「守護方陣」は、周囲から立ち昇る光弾で敵を攻撃しつつ周囲の味方のHPを回復するクラトスの奥義。表示されているのは、マイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:49:15 エドナ『跪け!這いつくばるのがお似合いね ヴェネレイト・マイン!』

「ヴェネレイト・マイン」は、岩壁を隆起させて浮かし、霊弾をスマッシュさせるエドナの秘奥義。表示されているのは、TOZで秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:49:21 ミクリオ『流れを見切る!手は抜かないぞ!クリアレスト・ロッド!』

「クリアレスト・ロッド」は、水弾を撃ち込みつつ、杖を投げてとどめを刺すミクリオの秘奥義。表示されているのは、TOZで秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:49:36 スレイ『終わらせる!来たれ神雷!俺の全てで悪しきを断ち切る!秘剣!烈震神雷牙!』

「烈震神雷牙」は、迅雷を受け、渾身の拳と剣で攻撃するスレイの第二秘奥義。表示されているイラストは初出不明…なので情報提供お待ちしています。

00:50:01 ロイド&ゼロス『衝破十文字!』

「衝破十文字」は、二人がまっすぐ交差するように敵を突くロイドとゼロスのユニゾンアタック。表示されているのは、いずれもマイソロ3で秘奥義を発動した時のカットインイラスト。

00:50:41 シャーリィ『優しき力を 蒼き海の癒しを此処に 海の癒しウレルネルフェス

「海の癒し」は、海の力で敵を攻撃すると動じに味方を完全回復するシャーリィの秘奥義。

00:52:02 エドナ『この変わる時間を活用してノルミンダンスを踊らせる予定だったんだけど…』

「ノルミンダンスを踊りなさい」というのは、エドナがよく使う煽り文句。TOZ本編でも ダンスの詳細は不明だったが、ウェブアニメ「ているずおぶHR」のエンディングでついに曲とダンスがついた。TOFではエドナがミクリオに無理矢理踊らせることが多い。

00:57:49 シャーリィ『グリューネさんやリフィルさんも似合いそうですよね』

「リフィルさん」は、TOSのパーティメンバーでロイドの先生でもある「リフィル・セイジ」のこと。

00:57:59 スレイ『ロゼとアリーシャ、エレノアたちの分もあったなんて驚いたよ』

「ロゼ」はパーティメンバーで商業ギルドの一員でもある「ロゼ」、「アリーシャ」は同じくハイランド王国の姫である「アリーシャ・ディフダ」、「エレノア」はTOBのパーティメンバーで一等対魔士の「エレノア・ヒューム」のこと。

00:58:04 ルーク『ティアのやつも楽しみにしていたみたいだしな』

「ティア」はパーティメンバーで作中のメインヒロイン「ティア・グランツ」のこと。

00:58:30 ゼロス『天使ってすっげーな』

TOSの天使は、神に仕える生命体ではなく、とあるアイテムを使って体内時計を止め、無機生命体化した存在のこと。空中を飛ぶことも出来る。

03.スペシャルトークショー

01:03:30 鈴村『ボクはずっとレジェンディアの布教活動をしてきた』
01:05:10 鈴村『これから語尾はレジェンディアにしてね』

鈴村は初登場のTOF2010以来、TOLの知名度の低さを気にして、出てくるたびにTOL布教しようとしている(主に語尾に「レジェンディア」を付けることによって)。

01:03:53 小野坂『投げる人だよね』 鈴村『投げる人ですよ』

セネルは、シリーズ主人公で唯一、格闘技(投げ技を含む)を主体とした戦闘スタイルを採用している。

01:04:50 鈴村『マリントルーパーですから』

「マリントルーパー」は、海難事故や魔物、海上犯罪などから人々を守る沿岸警備隊。セネルの職業。

01:07:05 鈴村『前出た時もシークレット』 立木『4年に1回』

立木はTOF2010でもシークレットゲストとして出演した。今回は8年ぶり。

01:13:57 鈴村『あの人、人を刺す人です』

TOLのOPムービーでも描かれているが、本編中でクロエは、自分の目的を止めようとしたセネルと対立し、彼を剣で刺すシーンがある。

01:16:18 小野坂『アビスっていっぱい人来てるイメージあるんですけど』

今回の桃井・根谷の登場で、TOAはパーティメンバーが全員登場した唯一の作品になった。パーティメンバーが全員登場したのは、TOBに続き2作品目。

01:19:15 小野坂『大沢事務所がね…』

「大沢事務所」は立木が所属する声優事務所。

01:19:28 小野坂『ロイドより人気ありますから』

人気投票は過去8回行われているが、クラトスは3位→1位→5位→7位→7位→13位→10位→24位、ロイドは選外(21位以下)→16位→24位→4位→5位→8位→9位→11位。よって最近はロイドの方が順位が高い。

01:19:51 立木『息子よ、あるのか』 小西『あるよ、あるよ父さん』

クラトスとロイドは実の親子(ただしロイドは本編開始時にはその事実を知らない)。

01:20:20 小野坂『パシフィコ?じゃ2回公演とかやってる時?』

白石が前回出演したTOF2011はパシフィコ横浜で開催され、1日2公演の時もあったので、二人の記憶は正しい。

01:20:24 鈴村『魔貫光殺法?魔貫光殺法?』

漫画「ドラゴンボール」に登場するピッコロの必殺技。発動時に指先を額に当てるポーズをすることから。テイルズとは関係ないので小野坂にどつかれている。

04.テイルズ オブ 名シーン カムバック

01:30:48 鈴村『俺だってこにたんと初めて会ったの町工場のおじさんだったもん』『ミニ四駆作ってた』

おそらく1996年のテレビアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のことと思われる。小西はタメさん役で、鈴村は真嶋左京役で出演している。

01:31:54 鈴村『以前のフェスティバルではゼロスの死、それからパルマコスタのイベントっていうのがピックアップされておりました』

TOF2011で行われた「15周年記念コーナー」のこと。ゼロスが運命に逆らえず、ロイドと戦って力尽きるシーンと、ロイドが保身のために無実の人々を犠牲にしていたドア総督に対して啖呵を切るシーンが選ばれた。

01:36:29 小西『ゼロスさんの方はちょっと申し訳ないことになっていて…』

おそらく小西たちは勘違いしているものと思われるが、このイベントはゼロス生存ルートの方のイベントなので、ゼロスは申し訳ないことにはなっていない(この場面でも映り込んでいないだけで同席している)。

01:38:56 小野坂『MSXかな?』 鈴村『うるせえよ、なんで劣化させんだよ』

「MSX」とは、1983年にマイクロソフト等により開発されたパソコンの規格。対応ゲームも多数発売されたが、最後のソフトが1992年発売なので当然PS2と性能は比ぶべくもない。

01:40:39 鈴村『○○におまかせとか、朝の○ッキリみたいなナレーションばっかりやっている中井和哉さんがいっしょに録りましたからね』

「中井和哉」は前述のモーゼス役の声優。鈴村が伏せ字にしているのはおそらく、中井がナレーションを担当しているテレビ番組「アッコにおまかせ!」「スッキリ!!」と思われる。

01:42:52 鈴村『以前のフェスでは、自らの命を投げ出しセネルたちを救った少女ステラがピックアップされてました』

同じく「15周年記念コーナー」では、敵のボスが街を壊滅させる砲撃をした際に、ステラ(シャーリィの実姉で、セネルの婚約者)がその力で砲撃を食い止め、力尽きて亡くなるシーンが選ばれた。

01:50:29 小野坂『野沢さん並みじゃん』『オメェすげぇな~』

おそらく声優の野沢雅子が、TVアニメ「ドラゴンボール」などで、悟空、悟飯、悟天など一人何役もしていることを引き合いに出していると思われる。小野坂の台詞は孫悟空を意識したもの。テイルズとは関係ない。

01:53:19 鈴村『以前のフェスではルークの断髪シーン、それから先ほどから話題に出ている「俺は悪くねぇ!」のシーンがピックアップされておりました』

同じく「15周年記念コーナー」では、ルークが自らの罪に向き合い、髪を切って過去の自分に決別するシーンと、前述の「俺は悪くねぇ!」と逆ギレするシーンが選ばれた。

02:03:40 鈴村『分岐だからね、お父さんかゼロスか』 小野坂『どっちかしか連れていかれへん』

シンフォニアは終盤でストーリーが、裏切ったゼロスが再度加入するゼロス生存ルート(この場合クラトスは先ほどの名シーンにあったとおり、負傷を理由に戦線離脱する)と、ゼロスがそのまま死亡するゼロス死亡ルート(この場合クラトスが再加入する)の2ルートに分岐する。なおゼロス死亡ルートは条件が厳しいため、正史は生存ルートと思われる。

02:04:32 福圓『だから森川さんをテイフェスに呼んでくれって私は何度も申し上げてる』

「森川さん」はTOBでアイゼン役を務める森川智之のこと。アイゼンとエドナは兄妹だが、TOZでもTOBでも二人が会話するシーンはなく、TOFでも福圓と森川が共演したことはない。

02:07:30 鈴村『俺とお前の大五郎ですね』

おそらく焼酎「大五郎」のCMソング「俺とお前と大五郎」のこと。テイルズとは関係ない。

05.椎名豪 ライブ

06.椎名豪 トーク

07.エンディングステージ

08.エンドロール&フォトスライド

6月16日公演 イベント音声・映像特典

09.カゲアナ:開演前/終演後

10.終演後出演者メッセージ

6月17日公演

01.オープニングステージ

02.スペシャルトークショー

03.テイルズ オブ チームバトル

04.スペシャルスキット「二人の少年探偵~バーニッシュランドの危機~」

05.misono ライブ

06.エンディングステージ

07.エンドロール&フォトスライド

7月10日公演 イベント音声・映像特典

08.カゲアナ:開演前/終演後

09.終演後出演者メッセージ

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます