テイルズ オブ フェスティバル 2014 元ネタ集

サブタイトルや時間などは全てBD版に準拠。敬称略。
スペシャルスキットの中で言及している「台本」とは、BD限定盤に同梱されたものを参考にしています。

当日のイベントレビューはこちらから。

[関連記事]【イベント】TOF2014 31日公演 レビュー | Y.A.S.
[関連記事]【イベント】TOF2014 1日公演 レビュー | Y.A.S.

5月31日公演

01.オープニングステージ

03:55 小野坂『テイルズオブフェスティバルの司会と言えばこのオレ様』

小野坂は初回のTOF2008から7年連続の司会。

05:27 小野坂『ステージをね、いつも変えてるんですけども。』

一昨年のTOF2012はアリーナの端に、昨年のTOF2013はアリーナ中央にステージが設置されていたが、今回は再び端に戻った。

08:27 小野坂『誰が出てきても、ワーッとやってあげてくださいね。それじゃ1回練習してみようかね』

イベント初期に、男性声優にばかり黄色い声が上がり、女性声優への声援が小さかったことがあったため、オープニングステージでこのような注意をすることが恒例となっている。観客を巻き込んで練習させることも多い。

09:21 小野坂『今年のテイフェスラジオ、聞いてくれたかな?』

テイフェスラジオとは、期間限定でfunラジオにおいて放送されたネットラジオ「小野坂昌也のテイフェスラジオ!」のこと。全3回で、名塚佳織(イベント前)、子安武人(イベント1日目)、浪川大輔(イベント2日目)をそれぞれゲストに迎えて小野坂がテイフェスについてトークするという番組(現在は配信終了)。BD限定盤には総集編と録り下ろし特別編(ゲスト:近藤隆)が収録されている。

02.スペシャルスキット「テイルズ オブ ドリームズ」

00:55 ミント『いけない!ダオスが時空転移を!』

ダオス(TOPのラスボス)は時空転移する能力を持ち、追いつめても未来へ逃げてしまう。エターナルソードはダオスの時空転移を封じる能力と、所有者を時空転移させる力を持つ剣。

01:42 クレス『犠牲になった村のみんな、アミィちゃん、父さん、母さん…』

クレスの生まれたトーティス村は、クレスの両親がダオスの封印を解くアイテムを持っていたため、ダオスの手先に襲われ、全滅した。アミィというのは村のもう一人の生き残りで、パーティメンバーでもあるチェスター・バークライトの妹。

02:30 選択肢『L1「うわっ、兄さん!?」 R1「うわっ、ユリウス!?」』

ルドガーはゲーム本編ではプレイヤーが選ぶ選択肢で会話する。L1、R1というのはその時に押すコントローラーのボタン。
本編でもユリウスを「兄さん」と呼ぶか「ユリウス」と呼ぶかの選択肢があり、選んだ呼び方で本編も進行する。

03:13 ルドガー『分史世界に予告なく転送されたってことかな…』

分史世界とは、TOX2に登場するパラレルワールドのこと。ルドガーやユリウスは特定の場所から分史世界に進入する能力を持つ。通常本人の意思以外で分史世界に進入することはないので、「予告なく」と言っている。分史世界ではない中心となる世界を「正史世界」と呼ぶ。

03:18 ルドガー『そうだ、GHSは?』

GHSとはTOX2の世界の携帯電話のようなアイテム。分史世界でもつながることが多い。

04:09 ユリウス『ルドガー、骸殻だ!』

骸殻とは、ルドガーやユリウスが持つ変身能力(もしくは変身した後の状態)のこと。単に身体能力を強化するものではなくいろいろな特殊能力を持つのだが、本編ネタバレになるので割愛。変身には時の精霊クロノスの力を帯びた時計が必要。

04:34 ルドガー『鳴時雨なきしぐれ!』

テイルズ オブ エクシリア2_241鳴時雨は、双剣による連続攻撃後に蹴り飛ばすルドガーの武身技。
ただし表示されるイラストは、共鳴秘奥義を発動した時に表示されるカットインになっている。

04:37 ユリウス『とどめだ!轟臥衝ごうがしょう!』

テイルズ オブ エクシリア2_184轟臥衝は、空中から勢いよく敵を突き刺すユリウスの武身技。
ただし表示されるイラストは、秘奥義を発動した時に表示されるカットインになっている。

07:03 リオン『お前、腰に差してある剣は飾りか』

クレスは設定画で腰にグリップソードを刺している。
参考:Tales of PHANTASIA テイルズ オブ ファンタジア -フルボイスエディション- | キャラクター | バンダイナムコゲームス公式サイト

07:43 ロイド&リオン&クレス『魔神剣!』

魔神剣は、剣先から剣圧を飛ばして攻撃する技。
ただし表示されているイラストは、それぞれレディアントマイソロジー3で秘奥義を発動したときに表示されるカットインになっている。

08:46 ロイド『困ったときは、オタオタさまっていうだろ?』

オタオタとは、シリーズによく登場するモンスター。丸っこい頭に尻尾をひっ付けたような外見(風来のシレンでいうとマムルに似ている)。
ロイドが言葉を間違っているだけで、こういう慣用句がTOS本編で使われているわけではない。

12:51 スタン『ルーティが「高く売れそう!」って言うかなって』

ルーティことルーティ・カトレットは非常に金にがめついトレジャーハンター。

14:23 ミント『援護します、ピコピコハンマー!』

ピコピコハンマーは、巨大なピコピコハンマーを頭上から落として敵を気絶させるミントの法術。その後のシリーズでも使い手の多い術技。

14:29 ユーリ『円閃牙!』

円閃牙は、手元で剣を回転させて敵を斬るユーリの特技。曲芸のような技が多いユーリを特徴づける技の一つ。

14:38 スタン『行くぞ、ディムロス!ファイアストーム!』

ディムロスというのはスタンが装備しているソーディアンという剣。剣の中央にレンズ(TODの世界での動力源のようなもの)が埋め込まれており、その力で晶術(いわゆる術)を発動できる。ファイアストームは炎の嵐を呼び出してぶつけるスタンの晶術。
ただし表示されているイラストは、レディアントマイソロジー3で秘奥義を発動したときに表示されるカットインになっている。

15:14 ゼロス『あれ、ここいいタイミングだからこれみんなでやろうかなぁ。ねえ、本人いないけど、わかるよねみんな?』
15:39 ゼロス『俺は 悪くねぇー!』

「俺は悪くねぇー!」は、TOAのルーク・フォン・ファブレを代表するセリフ。TOFでは中の人鈴木千尋が持ちネタとして、観客を巻き込んで叫ぶことが恒例化している。
31日講演には鈴木はいなかったので、「本人いないけど」と断っている。

17:20 ゼロス『俺さま、こんな見知らぬ場所で、ミントちゃんみたいな美人に会えるなんて、まるで夢を見ているようだぜ…』

台本には「(気障に)」と指示があるが、完全に変質者チック。

17:39 (ゼロスとミントの間に割り込むユーリ)

台本によると、鳥海と小野坂のアドリブ。

20:11 アンジュ『そんなきれいなお腹出せる人には絶対に言われたくないわ…』

アンジュは食いしん坊キャラであり、ぽっちゃり体系であることを気にしている。ルーティはへそ出しコスチューム。なおアンジュは158cm、52kg。ルーティは157cm、46kg。
参考:テイルズ オブ デスティニー | ルーティ・カトレット | バンダイナムコゲームス公式サイト 
参考:テイルズ オブ イノセンス | アンジュ・セレーナ | バンダイナムコゲームス公式サイト

20:24 アンジュ&ルーティ『せーの、ローバーアイテム』
20:34 ルーティ『いっただきぃ!』
20:39 アンジュ『ご寄進、感謝します♪』

ローバーアイテムは、敵の持っているアイテムを盗む技。そのあとのセリフは、盗みに成功した場合のボイス。

21:45 ルドガー『まさか…時歪の因子タイムファクターじゃ!?』
21:59 ルドガー『でも兄さん、俺たち時計が…』

時歪の因子とは、一つの分史世界を作り出しているアイテムのこと。ルドガーやユリウスは分史世界に入り込んで時歪の因子を破壊し、分史世界を消滅させるという仕事をしている。ただし破壊するためには骸殻に変身しなければならないので、ルドガーは困っている。

22:10 アンジュ『あなたには「人の道―人のものは壊してはいけません編」を説きますから、2時間くらい』

アンジュがお説教の時に「人の道」を説くというのは、TOI本編のサブイベントより。アンジュの体重に不用意に言及するとこうなることが多い。

24:42 ロイド『お前の剣も、大事なモンなんだろ?』

リオンの剣は「シャルティエ」という名のソーディアン。リオンはシャルと呼んで大事にしている。

25:07 ロイド『まぁ…腕は親父ほどじゃねえけどな』

この「親父」とは、ロイドの育ての親であるドワーフ族のダイクのこと。ダイクは腕のいい職人で、武器や装飾品、置物など何でも作れる。ロイドもその技術をある程度承継している。

27:00 (小西に抱きつく小野坂)

台本のト書きには「(小野坂さんが小西さんに軽くハグ)」とあるが、どう考えてもガッチリハグ。

27:36 ユアン『はぁっ!』

台本には『(力を放って魔物を一掃する)』というぞんざいなト書きがある。
表示されているイラストは、初出不明。ファンダムVol.2のイラストとタッチが似ているような気がする…【情報募集中です!】

29:31 クレス『まさか、その人を…操っていたのか!?』

ユアンとダオスの中の人が同じであることからのネタ。

30:20 ゼロス『閃光墜刃牙!』

閃光墜刃牙は、敵を斬りあげて浮かせ、落ちてきたところを突くゼロスの奥義。

30:26 ロイド『魔神連牙斬!』

魔神連牙斬は、剣先から衝撃波を3連続で放つロイドの奥義。

30:40 ダオス『時間の剣もなく、私にどう立ち向かおうというのだ。無駄だ!』

そもそもダオスは、通常の剣技では傷つけられないという設定がある(が、ゲーム本編でもこの設定はスルーされがちだし、今回もスルー)。クレスの使うアルベイン流剣術は、唯一ダオスに対抗できる剣術。なお「時間の剣(ダオスは「じかんのけん」と読んでいるが、実際は「ときのけん」)」とは、エターナルソードの別名。

32:04 ミント『これ以上…させません!時を統べる神の御業を…今ここに!タイムストップ!』

タイムストップは、敵の動きを一定時間止めるミントの法術(作品によっては秘奥義)。作品によって詠唱文が違うが、今回の詠唱はレディアントマイソロジー3のもの。

37:47 クレス『負ける…ものかーっ!冥空、斬翔剣!』

冥空斬翔剣は、2連続で斬り、大きく斬り上げるアルベイン流最終奥義でクレスの秘奥義。発動時のセリフは作品によって違うが、「負ける…ものかーっ!冥空、斬翔剣!」と叫ぶものはない(たいてい「負ける…ものかーっ!」か「冥空斬翔剣!」のどちらか)。
表示されるイラストは、レディアントマイソロジー3で冥空斬翔剣を発動した時に表示されるカットイン。

38:27 ダオス『ダオスレーザー!』

ダオスレーザーは、ダオスが手から極太のレーザーを放つ技。真正面にしかあたり判定がないが、それゆえ2Dテイルズでは凶悪な性能を誇る。スーパーダオスレーザー、真ダオスレーザーなどの派生技もあるが、技に毎回自分の名前を付けるのはちょっと…
表示されるイラストは、バーサスで真ダオスレーザーを発動した時に表示されるカットインになっている。

39:06 ミント『想いのカタチ…これは…これは、懐中時計?』

表示されているのは、ルドガーやユリウスが骸殻に変身するために使う懐中時計。

40:26 ルドガー『はぁぁぁぁぁっ!』

テイルズ オブ エクシリア2_270モニターで流れているのは、TOX2本編でルドガーが初めて変身したシーンのムービー。
骸殻の変身には4段階あるが、ルドガーがなったのは4段階目のフルと呼ばれる形状。

40:48 ユリウス『はぁぁぁぁぁっ!』

テイルズ オブ エクシリア2_187表示されるイラストは、TOX2でユリウスが秘奥義祓砕斬・十臥を発動した時のカットイン(→)。
骸殻の変身には4段階あるが、ユリウスがなったのは3段階目のスリークォーターと呼ばれる形状(力を出し惜しみしているわけではなく、ユリウスはこれが限界)。

40:55 ユリウス『祓砕斬ばっさいざん十臥じゅうが!』

祓砕斬・十臥は、回転しながら突進して回り込み、十字の衝撃波を放つユリウスの秘奥義。

41:00 ルドガー『継牙けいが双針乱舞そうじんらんぶ!』

テイルズ オブ エクシリア2_220継牙・双針乱舞は、無数の槍を投げつけた後、双剣で連続斬りを繰り出すルドガーの秘奥義。フル骸殻の時しか使用できない。
表示されるイラストは、TOX2において、フル骸殻で秘奥義(マター・デストラクトまたは継牙・双針乱舞)を発動した時に表示されるカットイン(→)。

44:50 リオン『僕たちは一刻も早く神の眼を取り返さねばならん』

「神の眼」というのは、TOD本編に登場する巨大なレンズ。作中で強奪されてしまい、本編第1部ではその行方を探すスタンたちの旅が描かれている。

48:31 ルドガー『これからこの世界に来るかもしれない人たちのことも!』

モニターに表示されているのは、次回作「テイルズ オブ ゼスティリア」の主人公スレイのイラスト。

03.スペシャルトークショー

02:10 緑川『テイルズ オブ デスティニー リオン・マグナス役の緑川光だにゃん』

一人ずつコメントを言うときに緑川がアレンジを加えてしまい、その後の流れを決定づけてしまうのはTOFのお約束。

04:37 小野坂『エクスペリア、ソニー!』

「エクスペリア」はソニーのタブレット端末のブランド名。

05:25 小野坂『スキットで、最初にコレやりだしたの誰だ』

全員小野坂のせいにしているが、関が「元の世界に戻る方法を教えてくれたんだから、いい人じゃないか!」というシーンで見得を切ったのが原因。

07:41 小野坂『草尾君もね、ほんとにね、昔のゲームだから僕のこと知らないかもみたいなこと言ってたのよ』

テイルズ オブ ファンタジアは1995年12月15日に発売。

09:30 小野坂『(ダオスレーザーは)範囲技?それとも一人技?』

前述のとおりダオスレーザーは貫通する極太レーザーを放つ技なので、当然範囲技。

09:57 森川『(ユアンは)残念キャラじゃありませんよ』

ユアンはTOS本編で物語のカギを握る重要キャラの一人でかつ知将ポジションなのだが、味方サイドにも敵サイドにもいいようにあしらわれたり、作戦が思いっきり裏目に出たり、ラスボスから延々キックをかまされたりと威厳を失墜させるシーンがあまりに多いため、ファンの中では残念キャラに位置づけられている。

11:10 関『あとなんでしたっけ、置鮎さんがやってる剣の』

スタンが装備しているしゃべる剣ソーディアン・ディムロスと、中の人である置鮎龍太郎のこと。

12:01 小野坂『だってネオロマんとき大好きだったじゃん』

どのイベントのことか詳細不明だが、おそらく小野坂と大川の両方がキャスティングされている、ネオロマンスシリーズ第4作「ネオアンジェリーク」関係のイベントのことと思われる。

12:21 大川『正直な話、あの~テイルズ何作目かなんですよ実は出てるのは』

大川はTOX2のユリウス役より前にも、TOD2(アルジャーノン号の船長役)、TOR(ウォンティガ役)、TODR(ダリス・ヴィンセント役)などで出演している。ただどれも割とマイナーなキャラ。

12:56 小野坂『大川さんが来たことによって僕は最年長じゃなくなったんです』

小野坂は1964年10月13日生まれ(当時49歳)。大川は1960年2月28日生まれ(当時54歳)。

13:25 小西『大体草尾さんが座っているあたりにいつも…』

小西が出演しているTOSより以前の作品のキャストでTOFに頻繁に登場するのはTODの緑川くらいなので、緑川がいない日には端に座っていることが多い。

13:30 小西『最近出たじゃないですかシンフォニア』

2013年10月10日発売のPS3「テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック」のこと。

04.ビバ☆テイルズ オブ マガジン募集企画コーナー

01:16 小西『コレットちゃんです!』

コレットちゃんとは、TOSのヒロインでロイドの幼馴染「コレット・ブルーネル」のこと。CV:水樹奈々。

02:48 小野坂『ヴェスペリア組…ユーリとエステルということで』
02:50 鳥海『ヴェスペリアが割と、その…なんでしょう、その、なんだ、あんまりパートナー感ないんですよ』

エステルとは、TOVのヒロインでお姫様の「エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン」のこと(エステルはあだ名)。CV:中原麻衣。
エステルとユーリはシリーズ作品の中では珍しく、お互いへの恋愛感情に関する描写が少ないので、パートナー感は低いかも。

03:02 小野坂『むしろリタとエステルとか、あの…ユーリだとフレンとか』

リタとは、TOVのパーティキャラクターでエステルのツンデレ友人である「リタ・モルディオ」のこと。CV:森永理科。
フレンとは、ユーリの親友で騎士団所属の「フレン・シーフォ」のこと。CV:宮野真守。

03:27 小野坂『エクシリア組と言えば、ルドガーとエルだって』
03:32 近藤『うちも…その恋仲とかではないので』

エルとは、ルドガーと共に旅をする少女「エル・メル・マータ」のこと。CV:伊瀬茉莉也。
エルは8歳なので当然ルドガー(20歳)とは恋仲にはならない。

04:52 小野坂『エルがいないと、ルドガーがしゃべれないから』

TOF2013の6月2日公演 スペシャルスキット「テイルズ オブ 大運動会」で、しゃべれないルドガー(ルドガーはゲーム本編でも戦闘時以外(イベントシーン)ではほとんど発言せず、重要な会話のみ選択肢からプレイヤーが選択する形で行うため)に代わってエルが通訳を務めていたことから。

05:02 近藤『2週目からやっとしゃべルドガーなので』

ルドガーは本編2週目以降になると、選択肢にボイスが乗るようになる。

07:05 小西『シンフォニアが発売されてから10年以上がたつのに』

TOSはGC版が2003年8月29日発売。

07:24 小野坂『お前ロイドやるのもしんどいんだからよ』

小西はロイドを演じたときよりも声が低くなっており、ロイドのような高い声を出しづらくなったことをよくネタにされている。TOFでもおなじみの話題。

08:02 小野坂『(スタンとルーティは)夫婦だから』『カイルが生まれたから』

スタントルーティはTODとTOD2の間に結婚しており、一児(TOD2の主人公カイル・デュナミスのこと)をもうけている。テイルズオブシリーズのヒーロー・ヒロインで結婚していることが明確に描かれているのはこの二人だけ(たぶんTOGのアスベルとシェリアもエピローグで結婚してるけど)。

09:12 小野坂『お姫さまと元騎士というシチュエーションがまるでおとぎ話みたいだと』

エステルは本編の舞台となる帝国のお姫様。ユーリは騎士団に所属していたが、現実に落胆して退団した。この時のエピソードは劇場版TOVに詳しいのでそちらもどうぞ。

10:11 小野坂『ただ死にます』

(ネタバレ度が高いので反転)TOSは選択次第でゼロスと戦うルートに入ることができるが、そのルートではゼロスは死亡する。

10:27 名塚『バルバトス!』

バルバトスとは、TOD2の中ボス「バルバトス・ゲーティア」のこと。CV:若本規夫。
若本の独特な節回しと、ただでさえ戦闘力が高いのに、こちらが回復術やアイテムで回復しようとするとカウンターで大ダメージを与えてくるという強烈な戦闘能力から、シリーズ屈指の悪役として人気者。TOD2はもともと戦闘の難易度が高い上にバルバトスとは3回戦わなければならないため、当時はそこで詰むプレイヤーが続出した。

10:31 若本『ぶるあぁぁぁっ!アイテムなぞ使ってんじゃねぇ!』

「アイテムなぞ使ってんじゃねぇ!」は、味方がアイテムを使用した場合にカウンターで発動するバルバトスの秘奥義(セリフではなく技の名称)。TOD2では晶術シャドウエッジ、それ以外の作品では突進してからのたたきつけで反撃する。
表示されるイラストは、それぞれレディアントマイソロジー3、レディアントマイソロジー2、バーサス、TOV、TOD2(PSP版)、TOD-Rで秘奥義を発動した時に表示されるカットイン。余談だがバルバトスにはシリーズを通じて7種類のカットインがあるが、これは敵キャラとしてはTOAのネビリムに並んで最も多い。

11:33 小野坂『「(バルバトスは)何度も現れるから嫌になる」…ていう意見もありました』

TOD2本編では、ストーリー上で3回、隠しダンジョンで2回の計5回戦える。

12:28 小野坂『「(ダオスは)ダオスレーザーなどの技や秘奥義が強すぎる」』

TOP本編には秘奥義はないので、これはそのほかのゲスト出演作品(TOV、バーサス、なりダンX、レディアントマイソロジー3)のことを言っていると思われる。

12:46 小野坂『「(ダオスは)何度も戦う上に、そのたびに強すぎる」』

TOP本編では3回戦う。特に3戦目は2回変身する上に、技のバリエーションも増えているため結構強い。

14:48 草尾『あれ(冥空斬翔剣)最後の必殺技なので、外れたら終わりじゃないですか』

TOP本編では、体力が最大値の4分の1以下にならないと使用できない上に必中ではないので、外れたりとどめを刺せなかったりするとかなりピンチ。

16:15 近藤『ルドガーはとにかく技が多いんで…』

ルドガーは、単独で出せる技だけでも56種類とかなり多い。(参考:クレスもかなり多い方だがそれでも39種類(TOPX))

16:32 近藤『その中で一番僕の中で印象に残っているのは、ピコハンです』

ピコハンは、ハンマーで地面をたたいて大量のピコピコハンマーを飛ばし、当たった敵を気絶させるルドガーの武身技。
ピコハンは、作品によって演出は異なるものの、初代からほぼすべての作品で登場する由緒正しい術技でもある。ちなみに最初の使い手はミント。

17:41 (お世話になった術技セレクション ランキング発表)

10位のタイダルウェーブは、津波を起こして攻撃する術。TOVやTOXでは無限コンボに使えることから非常に有用だった。
9位のヒール、2位のファーストエイドは、共に単体を回復させる基本的な回復技。3位のナースはパーティ全員を回復させる技。
8位の散沙雨は、連続突きを繰り出す技、7位の虎牙破斬は切り上げから切り下しにつなげる技で、どちらも剣士系キャラの基本的な技。
5位のレイズデッドは戦闘不能者を復活させる技。リザレクションは多数の味方のHPを大幅に回復させる技。
4位の秋沙雨は、散沙雨の上位ともいえる連続突きで、ヒット数が高く拘束時間も長いため使いやすい技。

「お世話になった」というだけのことはあり、散沙雨以外はTOPの時から存在しているおなじみの技(散沙雨の初出はTOSのロイド)。

19:11 名塚『魔神剣は拳や犬のまじんけんを入れると、なんと!27キャラクターも使用しています』

おそらくPCキャラの中でという意味と思われる(敵キャラを含めるともっと多い)。外伝作品などの扱いがよくわからないが、
魔神剣…クレス(TOP)、スタン、リオン(TOD)、リッド(TOE)、ロイド、クラトス、ゼロス(TOS)、ヴェイグ(TOR)、クロエ(TOL)、ガイ(TOA)、ルカ、スパーダ(TOI)、フレン(TOV)、シング、クンツァイト(TOH)、アスベル(TOG)、アルヴィン(TOX)、ルドガー、ガイアス(TOX2)、カイウス(TOT)、エミル(TOS-R)の21人
魔神拳…セネル(TOL)、ルーク、アッシュ(TOA)、アスベル(TOG)、ジュード(TOX)の5人(1人重複)
魔神犬…ラピード(TOV)の1人
だと26人なのであと一人が不明(TOZのアリーシャか?)。なお主人公は太字にした。

21:57 小野坂『ほら投げしかできないやついるじゃん』

TOLの主人公、セネル・クーリッジのこと。ダウンさせた敵キャラを投げ飛ばすというシリーズ唯一の能力の持ち主。なお魔神拳は使える。

22:06 小野坂『カイルと、ユーリと、ミラ』

ミラとは、TOXのもう一人の主人公ミラ=マクスウェルのこと。

22:23 小野坂『まじんけんの魔神犬は、どんな技なの?』 鳥海『ワウッ!』

鳥海はラピードの話題を振られると、この物まねでごまかすことが多い。
なお魔神犬は、口にくわえた苦無を振って衝撃波を飛ばす技で、ラピードが突進する技ではない。

23:19 鳥海『ラピードはちゃんと声優さんがやってますんで』

ラピードは純粋な犬で、人語を話すことは一度もないが、きちんと独立した声優(石井真)が当てられている。

26:42 近藤『うちの兄の好物です!』

ユリウスはトマト料理が好物。

26:56 草尾『魔神剣ってちょっと連呼するじゃないですか』

TOEの闘技場で敵として登場するクレスは、遠距離から魔神剣を連続して飛ばしてくるため、下手するとはめ殺しになることもある。
もしくはTOPのドラマCD「パニックワールド(仮)」で、クレスがすず(まともに戦うと互角)を倒すために、遠距離から魔神剣ではめ殺した挙句、「これがアルベイン流だ!」と言ってしまったことを踏まえているのかもしれない。

27:59 関『鳳凰天駆!』

鳳凰天駆は、炎をまとって空中に飛び上るスタンの特技。これもTOPのクレスが初出。

28:11 関『シャイニング…!』

アニメ「機動武闘伝Gガンダム」の主人公ドモン・カッシュ(CV:関智一)の搭乗するシャイニングガンダムの必殺技「シャイニングフィンガー」から。要するに中の人ネタでテイルズとは関係ないので、小野坂に怒られている。

28:34 今井『ブラッディローズ!』

ブラッディローズは、高速の乱撃を叩き込むルーティの特技。ちなみに斬られた敵の血しぶきがバラのように見えることから名づけられた恐ろしい技でもある。

28:53 緑川『ピコピコ~ピコハン!ピコ、ピコハン!ピコ、ピコハン!リオンレーザー!』

ピコハンはリオンも使える技。リオンレーザーは緑川のオリジナル技。

29:27 小西『クラトス、いや父さん…俺に力を貸してくれ!ジャッジメント!』

クラトスとは、TOSに登場する旅の傭兵クラトス・アウリオンのこと。ロイドは覚えていないが、実はロイドの実父。
ジャッジメントは、空中から光を降らせて攻撃する天使術。TOSではクラトスとゼロスのみ行使できる。

29:34 小野坂『それは立木さんのオチじゃないか』『あれは技じゃなくてオチだぞ』

立木さんとは、クラトス・アウリオンの声を当てている立木文彦の事。
オチじゃないかというのは、最初のOVA版TOS映像特典が、クラトスのジャッジメントによる爆発オチであり、その後も映像特典でネタ扱いされていたことから。

29:49 鳥海『蒼破刃、蒼破刃』

蒼破刃は、魔神剣同様剣圧を飛ばして攻撃するユーリの特技。

30:10 近藤『祓砕斬ばっさいざん零水あやみ!』

祓砕斬・零水は、ハンマーと双剣で連続攻撃を叩き込み、双銃から光弾を飛ばして追撃するルドガーの秘奥義。

32:52 名塚『らんぶ!って言ってましたよね』

多分ルドガーの継牙けいが双針乱舞そうじんらんぶのこと。

05.misono「二人三脚 ver.2013」

00:00 (ライヴスタート)

これまた編集でうまくつないでいるが、実際はライヴの前にテイルズ オブ 最新情報がライヴビューイングで全国に配信された。

06.misono「そして僕にできるコト ver.2013」

07.misono「Starry Heavens ver.2013」

04:28 (ライヴ終了)

イベントではこの後、「Junction Punctuation Mark」「61秒目の…フラLetter 最後の初恋」(misonoの持ち歌)、「good night」(ELTが歌うTORの主題歌)「progress」「Song 4 u」(浜崎あゆみが歌うTOXとTOX2の主題歌)を熱唱した。

08.エンディングステージ

02:10 草尾『テイルズ オブ ファンタジアの初代ダオスを演じてらっしゃいました僕の大好きな塩沢兼人さんとの思い出がたくさん詰まった…』

ダオスはもともと、塩沢兼人が演じていたが、2000年5月に亡くなったため、2004年のOVAから森川が役を引き継いだ。

05:44 森川『出でよ、神の雷!インディグネイション!』

インディグネイションは、巨大な雷を落として攻撃する術。
奇しくもTOPのプロローグでダオスが敗れた術でもある。

08:24 今井『写真、一緒に撮らせてもらいましたが』

パンフレットの「今井由香×関智一」インタビューに掲載された、関と今井のツーショット写真のことと思われる。

08:24 今井『デスティニーが…渋谷のスタジオで収録されたときに撮ったときのブックレット本』

おそらく、「ナムコ公式ガイドブック テイルズ オブ デスティニー」(→)のことと思われる。巻末に関智一と今井由香のインタビューが掲載されている。

13:07 小西『1回しかコレットと一緒になれてないんで』

小西と水樹が共演した2010年第3回公演のこと。

16:16 大川『ニャ、ニャニャニャ』

大川が抱いているのは、TOX2に登場するルドガーの飼い猫ルルのぬいぐるみ。

19:27 小野坂『新しい作品の発表もあったようで』

テイルズ オブ 最新情報で流れた最新作「テイルズ オブ ゼスティリア」のこと。

22:18 岩男『あとで物販ブースに行くので会いに来てくださーい』

物販コーナーでは岩男のCDも売られており、先着順でサイン入りポスター手渡し会に参加できた。

23:32 小西『撃った後、快感とか言わないで下さいよ』 小野坂『なんでセーラー服…』

おそらく、映画「セーラー服と機関銃」で、主役の薬師丸ひろ子が機関銃を撃った後に「快感」とつぶやくシーンがあったことから。バズーカではないし、テイルズとも関係ない。

24:42 小野坂『最近ねぇちゃんとやってるから大丈夫よ』

この締め方は毎回共通なのだが、初期のころは小野坂がわざと外すように掛け声をかけてグダグダのまま終了、ということがよくあったため。

09.エンドロール&フォトスライド

イベント音声・映像特典

10.5月31日公演 カゲアナ:開演前/終演後

02:05 クレス『僕は…僕は絶対に、ダオスをだおす!』

初出はクレスがTOP本編のスキットで言ったダジャレ。クレスを代表するダジャレの一つ。

04:53 スタン『その番組はもう終わったぞ』

TV番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」の番組終了時のタモリと観客のやりとり「明日もまた見てくれるかな?」「いいともー!」から。番組は2014年3月に終了したので、「もう終わったぞ」と言っている。

06:28 ユリウス『事故に巻き込まれて、変な奴に借金を背負わされたらたまらないからな』

TOX2本編の冒頭で、ルドガーがテロに巻き込まれた挙句、その時負った傷の治療をしたリドウに法外な治療費を吹っ掛けられ、多額の借金を背負うことになってしまったことから。

11.6月1日公演 カゲアナ:開演前/終演後

00:35 ルーク 『ユーリとリオンがいなくなった今、最有力候補は自分のはず!とか思ってんだろ?』

 アスベルは、前回、前々回の人気投票で、ユーリとリオンについて3位だったため。

12.5月31日公演 終演後出演者メッセージ

00:12 misono『今回「Tales…」を歌わなかったんですけども』

「Tales…」とは、misonoがテイルズオブシリーズのために作った曲。エンドロール&フォトスライドで流れる曲がそれ。ライヴで歌うことが多いが、今年は歌わなかった。

05:05 鳥海『我々は、小野坂さんもそうですけど、全公演に出てるんですよね』

小野坂、鳥海、小西の3名はこれまでの全公演に出演している。ただしTOF2008の小西と、TOF2012の6月2日公演の鳥海はシークレット・ゲストだった。

05:15 小西『マイクに頭突きかましたんですよ』

TOF2008のスペシャルスキットで、ロイドが派手に謝罪をするシーンがあったのだが、そのとき小西が額をマイクにぶつけたことを言っている。本気だったのかネタだったのかは不明。

05:50 小西『言えば出られるんですね』

過去には、TOF2008のエンディングで、会場に来ていたTORヴェイグ・リュングベル役の檜山修之が飛び入り出演したこともある。

13.6月1日公演 スペシャルスキット「テイルズ オブ 人気投票 2014」

00:52 アンジュ『なぜ私がこのような大役を仰せつかったのかと申しますと…』

出演者の中で唯一ランク外だからという説が濃厚。

02:00 アンジュ『栄えある殿堂入りを果たした、ユーリ・ローウェルとリオン・マグナスです』

リオンは初登場の第1回から第6回まですべて1位か2位、ユーリは初登場の第4回から第6回まで連続1位だった栄誉を称えられ、TOF2013で殿堂入りしてランキングから抜けることになった。

05:27 ガイアス『自分はいつも上位に食い込んでいるから余裕だということか』

「いつも」と言っているが、アルヴィンは前回の第6回投票で初ノミネートされ、5位だった。

07:04 アスベル『さすが俺のトモダチいいいい!』

TOGに登場するアスベルの親友リチャードの名言「ともだち……ィィィイイ」から。悲壮感あふれるシーンだったのだが、そのシチュエーションがちょっと変わったものだったことから、リチャードのネタキャラ化に大いに貢献した。

08:22 ルドガー『レイア、この度は…おつかレイアー!』

TOX2の戦闘終了後の掛け合いで、ティポが考えたレイアへのあいさつ「おつかレイア」から。

10:13 ルドガー『やっぱり、就職失敗したし、痴漢の容疑もかけられたし、そのうえ借金が2000万ガルドもあるからかなぁ』

TOX2本編の冒頭で、ルドガーがクランスピア社の就職試験に落ち、別の就職先を見つけたと思ったら痴漢冤罪でクビになり、しかも前述の事情で多額の借金を背負うことになってしまったことから。ルドガーはこのせいで、シリーズ史上一二を争う薄幸キャラに位置づけられている。

16:16 ゼロス『お互い裏切り者キャラ同士、仲良くしようぜ!』

ゼロスもアルヴィンも、本編中ではパーティキャラに潜り込んでいるスパイであり、ストーリー上戦うことになる(ゼロスは選択肢によっては戦わないこともある)。

16:24 アルヴィン『俺はもう、裏切り者は卒業したんだよ』

アルヴィンは、TOXでの裏切り行為を反省しており、TOX2で同じようなセリフを言う場面がある。

17:08 レイヴン『ああ…きれいな瞳だ…』

台本によると、ここでレイヴンがアンジュを口説いているのは竹本のアドリブ。

19:50 ゼロス『ベスト10は逃しちゃったけど…』

実は第1回から連続でベスト10入りしていたのは、殿堂入りになったリオンを除けばゼロスだけだったので、かなり残念だった様子。

24:36 エミル『おらあ!人がしゃべってる途中でなんで切るんだよ!』

エミルにはラタトスクモードという別人格がある。ラタトスクモードになると、目が赤くなり、言動が乱暴になるのが特徴。別に切れると人格が変わるわけではない。

25:27 (料理オンチな人 第7位 フレン・シーフォ)

フレンはレシピ通りに作ればきちんと料理ができるが、味覚に問題があるのか、奇抜なアレンジを加えて台無しにすることが多い。シリーズ中に多数登場する料理オンチキャラの中ではまだましな方。

27:44 リアラ『ディムロスって、自分で走っちゃう剣なのー?』

ディムロスは、人格が宿っていることと晶術を使えることを除けば普通の武器なので、自分で動いたりはできない。

28:20 リタ『この階段落ちをやるためにアンジュの手伝いをしてたってわけね』

そもそも階段落ち自体が台本にないので、そのあとにゼロスやロイドが次々斬られているのもすべてアドリブ。

31:18 ゼロス『その目はやめろー』

辛いことがあると目が死んだようになる櫻井いじり。

32:26 ロイド『9位ってことは、強さも9倍でいいんだよな!』

ロイドがTOS本編で二刀流である理由を聞かれ、「一刀で100の力なら二刀流にすれば200の力になるだろ」と答えたことからのネタ。

34:04 ルドガー『なんだったら、俺が教えてもいいけど』

ルドガーはかなりの料理上手で、駅の食堂に就職が決まるほど。

37:16 ジューダス『すまない、待たせたな』

(ネタバレ度が高いので反転)ジューダスは正体を隠しているが、リオン・マグナスと同一人物。なぜこれを知っているはずのリアラまで驚いているのかは不明。

38:33 アスベル『守れなかった―!』『前回守るって宣言したのに』

アスベルの戦闘不能時のセリフ『守れなかった…』から。大事なもの(やそうでないもの)を守るのに失敗した時のネタにもよく使われる。
アスベルは初登場の第5回と第6回で、ユーリ、リオンに続く連続第3位にランクインしており、TOF2013でも『この順位を守りたい』と発言していたため、ガッカリしている。

40:54 アスベル『よし、帰ったらヒューバートに自慢してやろう』

ヒューバートとは、アスベルの実弟ヒューバート・オズウェルのこと。

49:17 ガイアス『あの影は…』

左から、アッシュ、ヴィクトリア、シュヴァーン、ワルター。
アッシュはTOAに登場する六神将の一人。ルークとは浅からぬ縁があり、その設定の都合もあってCV:鈴木千尋。
ヴィクトリアはTOGに登場する騎士学校の教官。CV:柚木涼香。
シュヴァーンはTOVに登場する騎士団の隊長首席。レイヴンの正体なのでCV:竹本英史。
ワルターはTOLに登場する水の民。CV:櫻井孝宏。

49:28 ワルター『デルクェス!』

デルクェスとは、ワルターの使う爪術(TOLにおける術技の総称)。表示されるイラストは初出不明。

49:29 シュヴァーン『風牙!』

風牙とは、風の刃で敵を斬り刻むシュヴァーンの奥義。なぜかレイヴンは使えない。
表示されるイラストは、TOV本編で、シュヴァーンが秘奥義ブラストハートを発動した時のカットイン。

49:31 アッシュ『魔王絶炎煌まおうぜつえんこう!』

魔王絶炎煌とは、斬撃から発する炎で敵を薙ぎ払うアッシュの奥義。
表示されるイラストは、レディアントマイソロジー3でアッシュが秘奥義絞牙鳴衝斬(こうがめいしょうざん)を発動した時のカットイン。

49:33 ヴィクトリア『クラッシュスピア!』

クラッシュスピアとは、槍を叩き付けて地面を隆起させるヴィクトリアの技。
表示されるイラストは、TOG本編でヴィクトリアが秘奥義メテオクラッシュを発動した時のカットイン。

49:42 アンジュ『私はオリフィエル』

オリフィエルはTOIに登場する、アンジュの前世でもある軍師。CV:杉田智和。

50:08 ワルター『滄翼天翔(そうよくてんしょう)!』

滄翼天翔とは、パンチ、キック、衝撃波の3連撃を3連続で繰り出すワルターの技。

50:10 シュヴァーン『散るように!』

散るようにとは、空中から地面に矢を放って地面を爆発させるシュヴァーンの奥義。

50:13 アッシュ『空破絶風撃くうはぜっぷうげき!』

空破絶風撃とは、神速の突きで風を巻き起こし敵を吹き飛ばすアッシュの奥義。

50:15 ヴィクトリア『ウィンドキルランス!』

ウィンドキルランスとは、槍で大きく薙ぎ払う3連撃を繰り出すヴィクトリアの技。

50:48 ユーリ『行くぜ、漸毅狼影陣ざんこうろうえいじん!』

漸毅狼影陣とは、瞬間移動しながら連撃を浴びせるユーリの秘奥義。
表示されるイラストは、TOV本編でユーリが漸毅狼影陣を発動した時に表示されるカットイン。

50:56 リオン『魔神剣まじんけん刹牙せつが!』

魔神剣・刹牙とは、敵を斬り裂きながら飛び上がり、空中で一閃するリオンのブラストキャリバー(他作品の秘奥義にあたる技)。
表示されるイラストは、レディアントマイソロジー3でリオンが魔神煉獄殺(まじんれんごくさつ)を発動した時に表示されるカットイン。

51:40 (ヴィクトル登場)

ヴィクトルとは、TOX2に登場するエルの父親。(ネタバレ度が高いので反転)10年後のルドガーの姿であり、その関係でCV:近藤隆。
表示されるイラストは、TOX2本編でヴィクトルが秘奥義祓砕斬・零水を発動した時のカットイン。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます