テイルズ オブ ベルセリア プレイ日記#26

29その牙は誰のために

01敵地から脱出せよ!

02現実への帰還

地脈から脱出した先は、メルキオルの実験空間ザ・カリスでした。これTOZでは隠しダンジョンになってた場所ですよね。カノヌシが人間の業を喰らい尽くした後で眠りにつかないよう、食べ物となる穢れを供給し続けるため、ドラゴンを飼い殺しにしている施設のようです。えぐい。

しかし一行の雰囲気も急に明るくなりましたね。ベルベットもマギルゥとドツキ漫才ができるまでに回復し、一安心。「あんたにも世話になったみたいね」ってお礼を言うシーンにすら感動です。

ザ・カリスを抜けた先は当然カースランド島。ザビーダの乗ってきた船で脱出しようとした一行ですが、しぶとくカノヌシが追跡してきて、ベルベットたちと一緒に脱出していた一号をドラゴン・ヘルカイトに変化させて攻撃を仕掛けてきます。ぶち切れたザビーダがジークフリート3連発で自己強化しカノヌシを引き受けてくれましたが、こっちもヘルカイトと戦闘になります。

ヘルカイト

序盤は正面方向への攻撃手段しか持たないので、ターゲットされているときは攻撃の隙を狙って反撃、されてないときはフルボッコで問題ありません。

途中中断を挟むと、防御不要で気絶を高確率で付与する「いななき」や、多段ヒットであっさり死ぬ術「カラミティフレア」を使ってきます。「いななき」の方は攻撃モーションが長いので追撃を受ける心配はないのですが、どんどんSGを削られるので辛抱強く戦いましょう。「カラミティフレア」は大きく離れるか、横や後ろにステップで回り込むかしましょう。SGがないとそれすら出来ないけど…

ザビーダですら時間稼ぎにしかなりませんでしたが、今度はライフィセットが単身カノヌシを食い止めます。カノヌシの攻撃に防戦一方になるライフィセットですが、一瞬の隙を突いてカノヌシの顔面に拳をたたき込みます。動揺したカノヌシは最大級の攻撃を放ちますが、それこそがライフィセットの狙い。その攻撃を誘導することでヘルカイトを倒します。怒ったカノヌシはライフィセットをドラゴンに代えようとしますが、ライフィセットは反射的に白銀の炎を出して穢れを焼き、カノヌシが動揺している隙に脱出に成功しました。

脱出したベルベットたちの船を見ながら、メルキオルが「ほぼ覚醒したカノヌシの領域には、地水火風の四聖主がそろいでもしなければ対抗できん」とか言ってますけど、フラグ乙。

でもカノヌシっててっきり万能神かと思ってましたし、特に穢れを喰うという特性上業魔には無敵かと思ってましたが、ドラゴンの攻撃で手傷を負うとか意外とつけ込む余地がありそうですね。しかもどんどんカノヌシたちが外道になってきたので、心置きなく戦えそうです。

その晩、ベルベットは改めてカノヌシやアルトリウスと決着を付けることを誓いますが、カノヌシを倒した後に自分たちが業魔がどうなるかについても心配しているようです。ようやくベルベットも「復讐の先」が見えるようになってきたようですね。

  • ねこにんボックス…28個/58個
    •  未開封ボックス
      • ローグレス
      • カドニクス港
      • レニード
      • イズルト
      • マクリル浜
      • ハリア村
      • ストーンベリィ
      • タリエシン
      • アバル
      • 鎮めの森
      • リオネル島桟橋
      • 第四管区・不定種域
      • 第四管区・獣類種域
      • 第四管区・甲殻種域
      • 第四管区・有翼種域
      • 第四管区・無足種域
  • レシピ…24個/30個
  • 魔水晶…54個/81個
  • 甲種業魔…21体/31体
  • 新規宝箱入手数…236個
  • ロングチャット再生数…338個

今回は短かったですが、ライフィセットが格好よかったですね。ずっと「ベルベットは僕が守る」と言ってはいたものの実力が伴ってなかったし、ベルベットの心を救うことも出来ていませんでしたが、前回あたりから、ベルベットを守れる一人の男として覚醒したような気がします。

また戦いの後の夜、ライフィセットがベルベットに櫛を返すシーンも感動的でした。ベルベットの穢れが強くなりすぎて、もうライフィセットは手を繋ぐことも出来ませんけど、二人の心がしっかりと繋がっていることが分かるエピソードでした。

次回はアイゼンの因縁に決着が付きそうですね。最近アイゼンは損な役回り(主にライフィセットに反対する立場)が多かったので、ここいらで活躍を期待したいところです。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます