2016-11-05

【コミック】ゆるめいつ⑥ レビュー

saxyun先生はもっと評価されるべき漫画家さん。

ゆるめいつ⑥

著者:saxyun
レーベル:バンブーコミックス
価格:650円

レビュー

まんがくらぶで連載中のシュール4コマです。

一応予備校生4人がアパート暮らしを満喫するというストーリーはあるのですが、そこら辺は気にする事なくシュールな笑いが展開されています。帯にある「変わる季節。変わらない日々。変わった人々」がすべて。
キャラ紹介などは以前書いていますが、前巻から1年半も経ったので改めて紹介。どーせ新キャラいないしな。

  • 相田ゆるめ

ゆるめ一応主人公と思われる。ぐうたらな生活でとりあえず彼女の一人ボケからストーリーが展開することが多い。時折ツッコミに回ることがあるものの、基本的には天然ボケ

状況に流されがちな引きこもり。現状を憂う心はあるが、現状を変えようとする心はないダメ少女。

くみ「ゆるめちゃんちょっと優柔不断じゃない?」

ゆるめ「(中略)う…私だってやろうと思えば…」

くみ「ではテストします 即答してください 投げ出されるとしたら宇宙と社会どちらにしますか?」

ゆるめ「え…ハイ! 宇宙

※45ページより引用

  • 川野サエ

サエ一人ボケをしているゆるめのところに乱入し、ボケを加速させることが多い。あまりにボケ倒し状態になるとツッコムこともあるが、天丼ボケに定評あり。

TVアニメの公式サイトではツッコミ扱いだが、「比較的」という言葉を忘れているぞ。

ゆるめ「食事しながら他の事するのは良くないですね」

サエ「あー ながら作業はやっちゃうよなー」

  「家に居ながら居ないフリとか」\ドンドン/\ピンポーン/

ゆるめ「それちょっと違うんじゃ…」

サエ「生きていながら死んだような生活とか」

ゆるめ「サエさん?えーとサエさん?」

※8ページより引用

  • 田中くみ

くみゆるめとサエがボケあっているところに乱入し、まったく脈絡のないノリで場をカオスにすることが多い。ほぼ常時ボケており、ネタも突拍子もない斜め上の発想が多いが、他の3人にくらべて計算ボケのふしがある。

最近ついに仲間内からも「めんどくさい人」と認識されるようになった。CVが松来未祐さんであることは忘れない。

くみ「まず(七夕の)期間を一ヶ月にします。」

サエ「七夕そんなにやることないのに」

くみ「あと初回は無料にします」

ゆるめ「有料だったの」

サエ「お得感ねえよ」

※52ページより引用

  • 松吉

松吉メンバー唯一の男性で、ダメ人間揃いのメンバーの中でも輪をかけてダメな人。ストーリー終盤に出て来てトラブルシュートされることが多い(が、最近は3人と関わらず一人で落ちることも多い)。概ね出落ち

松吉が名字なのか名前なのかすら不明。(「松吉様」という手紙を受け取ってるから多分名字)

 

松吉「ゴミ片付けろよ」

ゆるめ「松吉さん 物事には順序というものがあります。」

松吉「え?なんだよ」

ゆるめ「そもそも人間の魂とは…」

松吉「何のそもそもだ

※105ページより引用

  • サエの妹

サエの妹サエの妹。完全な常識人だが、出番が少ない。

未だに本名の設定もない。最近なじんできたって言われてますが、他のメンツに比べればまだまだ常識人。

12/17発売予定の「超常探偵X」も期待してます。

※画像はアニメ公式サイトより引用


2015-03-08

【コミック】ゆるめいつ⑤ レビュー

前巻が出てからもう2年半も経っていたのか…空想科学Xが先日完結したsaxyun先生の最新作です。

ゆるめいつ⑤

著者:saxyun
レーベル:バンブーコミックス
価格:650円

レビュー

まんがくらぶで連載中のシュール4コマです。

一応予備校生4人がアパート暮らしを満喫するというストーリーはあるのですが、そこら辺は気にする事なくシュールな笑いが展開されています。帯にある「俺たちに明日もない」がすべて。
キャラ紹介などは以前書いていますが、改めて紹介。しかし新キャラとか連載初期以来全然いないのがすごいな。

[関連記事]ゆるめいつ3 レビュー | Y.A.S.

  • 相田ゆるめ

ゆるめ一応主人公と思われる。ぐうたらな生活でとりあえず彼女の一人ボケからストーリーが展開することが多い。時折ツッコミに回ることがあるものの、基本的には天然ボケ

状況に流されがちな引きこもり。現状を憂う心はあるが、現状を変えようとする心はないダメ少女。

ゆるめ「あーほめられたい ほめられたいなー」

サエ「どうしたの唐突に」

ゆるめ「アメとムチっていうじゃないですか 最近ムチばかりで…」

サエ「じゃあ私がほめてあげよう ゆるめちぇんはホラ…アレだよね えーとすごく…うん…なんていうか…あの…ん…」

サエ「無茶いうな

ゆるめ「えっ すみません」

※53ページより引用

  • 川野サエ

サエ一人ボケをしているゆるめのところに乱入し、ボケを加速させることが多い。あまりにボケ倒し状態になるとツッコムこともあるが、天丼ボケに定評あり。

TVアニメの公式サイトではツッコミ扱いだが、「比較的」という言葉を忘れているぞ。

ゆるめ「ありゃカップ麺ひとつしかないや」

サエ「しかたない 分けて食べよう 私が麺でゆるめちゃんスープね」

ゆるめ「その分け方はずるいです」

サエ「じゃあ私が現物でゆるめちゃんは概念で」

ゆるめ「概念?

※83ページより引用

  • 田中くみ

くみゆるめとサエがボケあっているところに乱入し、まったく脈絡のないノリで場をカオスにすることが多い。ほぼ常時ボケており、ネタも突拍子もない斜め上の発想が多いが、他の3人にくらべて計算ボケのふしがある。

最近ついに仲間内からも「めんどくさい人」と認識されるようになった。

ゆるめ「節分かー 豆買わないとなあ」

くみ「ビー玉があるよ」

サエ「面倒だし節分は無しでいいんじゃない 危ないし」

ゆるめ「じゃあなしで」

くみ「豆もあるよ」

サエ「出す順番おかしいだろ

※28ページより引用

  • 松吉

松吉メンバー唯一の男性で、ダメ人間揃いのメンバーの中でも輪をかけてダメな人。ストーリー終盤に出て来てトラブルシュートされることが多い。概ね出落ち

松吉が名字なのか名前なのかすら不明。(「松吉様」という手紙を受け取ってるから多分名字)

 

くみ「そういえば松吉の事紹介してほしいって女性が居るんだけど」

松吉「えっまじで?」

くみ「ざっと東京ドーム一杯分かな」

松吉「ええっ何人だよ」

くみ「え?一人だけど いや一体?」

松吉「サイズ

※98ページより引用

  • サエの妹

サエの妹サエの妹。完全な常識人だが、出番が少ない。

未だに本名の設定もない。しかし今回作中唯一のいい話で主役張ってます。あと成長した10年後の姿も美少女(なんのこっちゃという方はカバー裏の漫画も読みましょう)。

動画でも貼ろうかと思ったんですが、アニメ公式サイトの公式アカウントがYouTubeに削除くらってたのでなしです。っていうかそれでいいのか竹書房。

※画像はアニメ公式サイトより引用


2012-09-10

ゆるめいつ4 レビュー


saxyun先生の最新作「ゆるめいつ④」を買ってきました。このシリーズについては前巻の時にある程度語っていますのでそちらをどうぞ。

今回も帯に「ノーモア、現実!」という絶望的な台詞が書かれています。ちなみに既刊はそれぞれ、「なんかもう今日は、どうでもいいや」「頼りにならない、仲間がいる」「今日って、何曜日だっけ・・・?」となっています。ダメ人間すぎる…

今回も特にストーリーが進行することなく、一同大掃除やら節分やらクリスマスやらの行事を満喫しています。学生らしく就職面接のシミュレーションとかしたりもしていますが、

くみ「さてゆるめさん 当社に応募した理由はなんですか」
ゆるめ「はっ はい あの…何の会社なんですかここ」
くみ「質問に質問で返さない ちなみに重い歯車を回し続ける仕事です」
ゆるめ「えっ なんで…応募したんですか私…?」
くみ「質問を質問で返さなーい」

※96ページ「質問」より引用

と一事が万事こんな感じなのでどうしようもありません。

その他気になった台詞。「鬼ってさ俺たちの心の中に居るんじゃないかな」「暑い時はやっぱりエアスキューバですね」「人生苦もありゃ崖もある」「飲んだら乗るな 飲むならボンド」など。
ひとつでも琴線に触れるものがあったら、コンビニででも「まんがくらぶ」を読んでみてください。


2011-06-29

ゆるめいつ3 レビュー

saxyun先生の最新作「ゆるめいつ③」を買ってきました。

僕は以前購入した電撃マ王でsaxyun先生の「空想科学X」を読んでしまって以来のsaxyunファンです。まぁ例によって4コママンガなんですけど。個人的には空想科学Xの方が好みで、ゆるめいつはややパンチが弱いなぁと思っていたんですけど、巻が進むに従ってどんどん笑いがシュールになって面白いです。以下登場人物紹介。

  • ゆるめ(中央下)…一応主人公と思われる。ぐうたらな生活でとりあえず彼女の一人ボケからストーリーが展開することが多い。時折ツッコミに回ることがあるものの、基本的には天然ボケ
  • サエ(右上)…一人ボケをしているゆるめのところに乱入し、ボケを加速させることが多い。あまりにボケ倒し状態になるとツッコムこともあるが、天丼ボケに定評あり。
  • くみ(左)…ゆるめとサエがボケあっているところに乱入し、まったく脈絡のないノリで場をカオスにすることが多い。ほぼ常時ボケており、ネタも突拍子もない斜め上の発想が多いが、他の3人にくらべて計算ボケのふしがある。
  • 松吉(左上)…メンバー唯一の男性で、ダメ人間揃いのメンバーの中でも輪をかけてダメな人。ストーリー終盤に出て来てトラブルシュートされることが多い。概ね出落ち
  • サエの妹(右)…サエの妹。完全な常識人だが、出番が少ない。

…見て分かるとおりボケの飽和状態で、ストーリーは大抵ボケにボケを重ねてボケ倒す方向で進んでいくのが普通です。ツッコミ役がいなくてもギャグマンガは成立するという大事なことを教えてくれました。日常が舞台なのに、いわゆる「日常ネタ」があまり多くないところもいい。単行本は安いので、4コマギャグマンガが好きな方は一度読んでみてください。ちなみにボケツッコミがハッキリしているマンガが好みなら、「空想科学X」の方が向いていると思います。

ちなみに今回掲載された話では、「失われた現実の巻」が一番面白かったです。オチで盛大に吹いた。


1 / 11