2015-09-25

オーストラリア旅行9日目 7年目にしてようやく関空への行き方の最適解が

時刻 旅の日記 写真
08:00 今日は帰国日です。特に何をやる暇もないので、適当に起きて荷造りします。  
08:45 ホテルをチェックアウト。タクシーを呼んでもらいました。
行きの時にタクシーだと30ドルだと書いたんですが(ガイドブック情報なので…)、実際は17ドルでした。シャトルバスと変わらない…僕の泊まったホテルは街の中でも空港に近い方(北側)ですが、中心部のホテルでも20ドルくらいじゃないかなぁ。
 
09:10 空港で朝食。モーニング・パイというキッシュのようなパイを食べました。9ドル。
この値段だしオーストラリアだからどんな大きなパイが…と思ったら、ランチパックくらいの大きさでw
DSC_1073
11:00 時間通りケアンズ空港を出発。帰りもジェットスターです。  
12:10 機内で軽食。こちらは牛肉のソテー。白米うまい。
目が覚めたので、その後は榊ガンパレの最終巻を読んでました。これで終わりとか生殺しすぎるだろ!生き残った人達はどうなったんだよ!切ない恋の行方は?これ本当に榊先生が望んだ終わりだったのかなぁ…
DSC_1074
15:40 さらに軽食。7時間の旅で軽食2回は多いような…。これはミートパイです。 DSC_1075
18:10
→17:10
定刻通り関西国際空港に到着。
毎年ここから帰る方法の選択に失敗するんですが、今回は三宮までバスで出て、そこから新神戸で新幹線に乗り換えて帰ることにしました。これが最適解っぽいですね…
 
  というわけで、今回のオーストラリア旅行もこれにて終幕です。
大自然にどっぷりつかることが出来ました。特に野生動物を探すツアーは面白かったですね。風の谷も何年も前から見たいと思っていたので、念願叶って良かったです。

でも、やっぱり僕は大自然よりも人工物に惹かれるなぁ、ということを再確認。やっぱり来年は歴史の深い国に行きたいですね。政情が安定していればヨーロッパ、もしダメそうなら、東南アジア(タイかな)も一応候補に入れています。
来年もいい旅行が出来るよう、また1年仕事頑張ろう。

 

2015-09-24

オーストラリア旅行8日目 今回はお土産がすんなり集まりました

時刻 旅の日記 写真
09:00 起床。今日は一日ショッピングに予定なのですが、買うものは昨日までに大体決めているので結構余裕です。
暇だしメールチェックでもしてから出かけるか…
 
12:40 まさか職場から緊急のメールが来ているとは…。おかげで午前中その対応で終わってしまいました。こういうときにインターネット回線が細いのは困る。  
13:00 ようやくすべての処理が終わり外出。近くにあるセント・モニカ教会に立ち寄りました。
ここはステンドグラスが有名です。オーストラリアの砂漠やら海やら、自然を思いっきり描いたステンドグラスはこれまでに見たことがないものであり、ちょっと驚きました。
DSC_1070
13:40

Noodle & Cafe

この間行ったラーメン屋はマジラーメンでネタになりませんでしたが、この店名ならイケる(失礼すぎる)と思って入りました。
注文したのも「鶏コラーゲンラーメン」というちょっと気になる代物。ご飯なんかも付けちゃったりして。

…これもマジラーメンだ…。普通においしいです。、唐揚げが唐揚げと言うよりフライドチキン寄りだったのを除けばとてもおいしかったです。

DSC_1071
16:00 その後も買い物を続け、大体のものを購入し終わりました。あとはナイトマーケットで買い漏らしたものを買うだけですね。
ダメ元でナイトマーケットによると、僕が目を付けていたガラス細工屋が早くも開店していました。イルカのガラス細工がほしかったのですがちょっと高かったので、値段交渉してみたら快く値引きをしてくださったのでありがたく購入。帰りに割れませんように。
 
16:30 一旦ホテルに帰って荷物を置き、休憩。  
17:30 ナイトマーケットの開店時間に合わせて出発。ナイトマーケットは半分以上の店で日本語が通じるので買い物は非常に楽です。お菓子やらコーヒーやらを購入。ばらまき用に2ドルのカンガルー人形も買っておきました。  
20:00

La Pizza Trattoria

最後の晩なのでフードコートはちょっとな…でもステーキはちょっと…
こういうときに個人的に頼りにしているのが「イタリア料理」です。イタリアンは大体どこの国に行っても一定の味で出てくるし、パスタは量も常識的なことが多いので、安心できます。

注文したのはエビ入りペペロンチーノ。ジンジャーエールを付けて25ドル(2500円)。この値段に疑問を感じなくなればあなたも立派なオーストラリア人です。

DSC_1072
21:00 最後にナイトマーケットにあるワッフル屋でワッフルを購入しホテルへ。これは甘すぎずなかなかのお味でした。鯛焼きらしいものも売っていたので日本系の店なのかも。

明日は日本に帰ります。

 

2015-09-23

オーストラリア旅行7日目 ジブリのためならいくらでも

時刻 旅の日記 写真
08:30 今日は午前中の予定がないのでのんびり起床。
毎日ホテルの朝食というのも芸がないので、今日は外で朝食にします。
 
09:30 ホテルを出発。バスで市の中心部へ。
どうでもいいですがケアンズは公共交通機関がちょっと…。もう少しバス停を充実させてほしい。
 
10:10

AL Porte Cafe

ケアンズの南にあるリーフフリートターミナルに隣接するカフェ。ネットで評判がよかったので立ち寄ってみました。
注文したのはバナナパンケーキ。意外とでかいです。味はまあまあでしたが食べきれませんでした。水と合わせて20ドル。

DSC_1044
10:30 ケアンズでウィンドウショッピング。だってケアンズに観光するところないし…  
11:00

Cairns Central

ケアンズ駅前にあるショッピングモールです。日本だとイオンモールが近いですかね。
ケアンズに来て初めて本屋を見ました。日本のマンガはほとんど売ってませんでしたが。このままではこの国は滅ぶ!
それはさておき、DVDショップで「魔女の宅急便 25周年記念BOX」を発見し即買い。
99ドル95セント(約1万円)でしたけど全く後悔してません。
内容は「BD/DVD(英語・日本語)」「ポストカード6枚」「メダル1枚」「The Art 英語翻訳版(ハードカバー)」です。DVDは持ってますがあとは新しいアイテムで満足。The Artも実は持ってなかったからな。

DSC_1068
DSC_1069
11:30 疲れたので、ナイトマーケットで休憩。ここはお店は夕方からですが、フードコートは昼から開いています。
ネットもできるし、ここで時間をつぶしながらタイ料理を食しました。
DSC_1045
14:20 今日は今回の目玉の3つ目、パロネラパーク見学ツアーに参加します。ケアンズでもかなり有名なテーマパークでありながら、公共交通機関がないというよく分からない場所なのでツアーやむなし。
目的地まで130キロほどあるんですが、2時間かからず到着。さすが一般道路が100キロ制限で、「スクールゾーン―80キロ制限」の看板がある国は違う。
 
15:00

パロネラパーク

スペイン人のホセ・パルネラが、1930年代に趣味で建てたお城です。その後洪水や大火などで廃墟と化しましたが、現在は観光地として生まれ変わりました。

DSC_1056
  何でここに来たかというと、ここは「天空の城ラピュタ」のモデルになったと言われている場所だからです(※公式には否定されています)。
そう思ってみるとそんな感じがしますよね。

例によって記念メダルもゲット。

DSC_1046
DSC_1049
DSC_1052
DSC_1054
DSC_1055
16:00 20分のガイドツアー、40分の自由散策を楽しみ、次の目的地に出発です。  
18:00

マンガリーフォールズ

キャンプ場に到着。今日もオージービーフのバーベキューか…と思ってたら、なんと煮込みハンバーグでした。うまいぞ!(あまりのうまさに写真忘れました)

 
18:40 キャンプ場の近くでツチボタルを見学。ツチボタルとは、発光して獲物となる虫を補食する、双翅目の幼虫です。この姿が、ラピュタの飛行石のモデルになったという噂があります(※公式には否定されています)
撮影禁止なので写真はありません。
 
20:10 そこから少し離れたところにある、カテドラル・フィグ・ツリーの見学。
先日紹介した絞め殺しイチジクが、大聖堂(カテドラル)のような形になっています。
ラピュタのエンディングに登場する木の根のモデルになったと言われています(※以下略)
DSC_1066
DSC_1063
22:00 ホテルに到着。
楽しかった旅行も明日で終わり、明後日は帰国日です。明日は予定はないので、一日お土産探しに費やそうと思います。
 

2015-09-22

オーストラリア旅行6日目 食物連鎖ってこういうこと

本日の日記には、一部不快になる表現がございます。

時刻 旅の日記 写真
06:30 起床。今日は今回の旅の目玉その2(その3まであります)のダイビングの日です。天気は快晴、風が少しあるけどいい感じです。
朝食は昨日と代わり映えせず。
DSC_1039
07:25 バスに乗って、船への乗り換え地点まで移動。船か…以前から言っていますが、僕は船に極端に弱いんですよね…最近は大型客船に乗ったり、川下りをしたりしているのでどうにかなると思うのですが…。一応日本から酔い止めを持ってきたし。  
08:30 絶望した!酔い止めをホテルに忘れてきて絶望した!
絶望のあまり乗り込む船の撮影もぞんざいに…
DSC_1041
08:50 船はそんなに大きくないけど、大して揺れないし、波はないし、これは余裕だな!
…と思ったのもつかの間。めっちゃ揺れ始めました。そりゃそうだよね。だって乗り込んだところはまだ川だったもんね。海に出たら波もあるよね…まずい。猛烈に気持ち悪くなってきた。
 
10:10 目的地であるフランクランド島沖に到着。フランクランド島は無人島なので桟橋がなく、ここから小舟で向かいます。うぅ…船が止まったせいでもろに風と波の影響を受けるようになって…しかも着替えたボディスーツの締め付けがいっそう吐き気に拍車をかけて…もうだめだゲロゲロゲロ…(実話)  
10:20 どうにか島に上陸。幸いダイビングは最後の組に混ぜてもらえたので、しばらく島を散策して休憩します。
なお島の写真はこれだけですが、これは僕がグロッキーだったせいです。
DSC_1042
10:45 島の探索も終わり、ダイビングが始まるまで休憩。冷たい海の中に座って波に揺られていると、多少なりとも回復してきました。何とか行けるかな。  
11:15 体験ダイビング開始。実は生まれて初めてのダイビングです。
慣れないアクアラングと格闘しつつ、30分ほどの海底散歩を楽しめました。
…が、水中で上がったり降りたりひねったりしているうちに気分がまたも悪く…。インストラクターさんに「気持ちが悪いんですけど」というのを伝えようにも水中ではうまく行かず、全然伝えられないうちに2度目のゲロゲロゲロ…(実話)
あれでパニックにならず、慌てず騒がずアクアラングから口を外し、落ち着いてくわえ直せたのは自慢をしてもよいと思うのですが、インストラクターさんに入らぬ心配をかけてしまいました。
 
12:00 昼食。チキンやらエビやらいろいろ豪華な食事でしたが、さすがに食欲がなく、エビを2~3匹かじるだけにしておきました。どうせ食べても帰りに吐くしな。  
12:30 この後も海中散歩などのアクティビティーに参加可能ですが、さすがに命の危険を感じたので、浜辺で昼寝を決め込むことにしました。
おかげで体調もすっかり回復しました。
 
14:15 いよいよ帰ります。やっぱり揺れがひどく早速気分が悪くなり始めたのですが、僕の最終奥義「寝てしまえば万事OK」を発動し、どうにか魚たちに餌をやることなく陸地にたどり着けました。  
15:40 バスに乗り換えてホテルへ。皆さん船の中で寝ていたからなのか、結構テンション高めでした。さすがの僕も寝る気になれなかったし。  
16:40 ホテルに到着。まだ日も高いので、少し休憩してからショッピングに繰り出そうと思います。
ケアンズの店は結構早く閉まるんですが、ナイトマーケットという夕方から深夜までやっているお土産物屋街があるので、そこでお土産を物色します。
 
18:40

麺バカ がんばらんば

あちこち回ってお土産に大体目星を付けたところで(買うのは最終日)夕食です。
ここはケアンズでも有名なラーメン屋。僕は旅行中日本食を食べないことにしていますが、ラーメンだけは別です。
もっとも外国でラーメン屋に入っても、なんとなくローカライズされた微妙な品が出てくるのがほとんどなのですが…
ここのは本当に本物の豚骨ラーメンでした。日本の味をそのまま持ってきた感じ。そっかー、日本の味でもオーストラリアに通用するんだなぁ。写真のラーメンは11ドル。

DSC_1043
19:30 ホテルに帰ってきました。今日は頭痛もひどいので早めに休むことにします…これを見越して明日の午前中はフリーにしておいて正解だった。  

というわけで、結構大変な一日でした。

もっとも、フランクランド島に言ったことは公開してません。ほかの島はここよりもっと遠いし、場合によっては島がなく巨大な人工の浮島に滞在しなければならないこともあるので、そうなっていたらどうなっていたのか、考えるだけでもぞっとします。
島の周りの海の透明度はあまり高くなく、色鮮やかな魚もあまり生息していないのですが、巨大な珊瑚やシャコ貝、ウミガメなどの生物も見られましたし(息苦しくてゆっくり観察するどころではなかったのですが)、まあ体調がよくなればこれも旅の思い出です。

だけど、たぶん僕がこの先ダイビングをすることはないだろうな…とも思うわけで。


2015-09-21

オーストラリア旅行5日目 今回ステーキ食べ過ぎじゃないですか

時刻 旅の日記 写真
08:30 起床。ホテルで朝ご飯を食べようとしたら、なんと和食が。和食と言ってもおかゆと味噌汁と漬け物少々ですけど、久々にいいもの食べました。
でもこれ普通に注文すると30ドルするんだよ。今回は込み込みだからいいけど。
DSC_0980
09:10 今日は一日ガイドツアーの日です。とりあえず最初の目的地はキュランダ(元々鉱山の街として栄え、現在は熱帯雨林などの観光地として栄える街。ケアンズの北西30キロ)なので、迎えに来たバスに乗り込みます。  
09:30

FRESHWATER STATION

キュランダへ向かうシーニック・レールウェイに乗り換える駅です。
駅構内には簡単なお土産物屋がありました。記念メダルが充実していたので3枚購入。

DSC_0981
DSC_0982
09:50 電車がやってきたので乗り込みます。ここは「世界の車窓から」のオープニングにも使われていた路線でもあります。 DSC_0983
DSC_0984
  道中にはバロン滝、熱帯雨林、「リポビタンD」のCMでケインコスギががんばっていた橋、「キンチョー」のCMで山瀬まみがピンクのカッパになっていた川などが見られます。 DSC_0987
DSC_0988
DSC_0990
DSC_0991
11:30

KURANDA RAILWAY STATION

キュランダ駅に到着。ここからは自由行動です。
キュランダの街はこんな感じで、道の両側に土産物屋が並ぶなど、いわゆる観光地的な雰囲気です。
今回いろんな都合で2時間しかいられないのですが、3~4時間あっても全然余裕です。

DSC_0992
DSC_0995
12:30 ジャーマン何とかっていうお店で昼食。見ての通りホットドッグです。焼きたてのソーセージに、ザワークラウトがなかなか。しかしドイツ料理がおいしく感じるあたりに、オーストラリアの食糧事情が透けて見える気がする(ドイツ料理も大しておいしくないです)。 DSC_0996
12:50

Koala Gardens

オーストラリアに来たらこれをやらねば!というわけで、コアラが抱っこできる動物園です。動物園と言っても15分ほどで1周できる小さなところです。入園料16ドル。
コアラ抱っこは20ドル(写真代込み。デジタルコピーは+3ドル)。その他、ワラビーやカンガルーをなでたり餌付けしたりもできてなかなか充実。

DSC_0998
DSC_0997
DSC_1006
DSC_1004
13:20 その後もお土産屋であれこれ買い物し、麓の街へ移動するためスカイレール(ケーブルカー)に乗車。
熱帯雨林の上空、かなり高いところを移動する為、結構迫力あります。
DSC_1007
DSC_1009
DSC_1011
14:00 麓のスミスフィールド駅に到着。ここにもお土産物屋があるので、記念メダルを2枚購入。オーストラリアは記念メダル事情充実しすぎでしょ。  
14:40 ここからは、オーストラリアの野生生物を見学する別のツアーに合流します。僕みたいにキュランダに行ってからこっちのツアーに合流する人は珍しいらしく、今日も僕1人だけでした。
時間無駄にしたくなかったんだもん。
 
15:10 道中にある巨大アリ塚見学。シロアリが何十年もかけて作り上げた巣で、中には数億匹のありがいるとか。人間以外の生物が作るものの中で最も硬いとも言われています。
ここではシロアリ食べ放題です。僕も挑戦してみましたが、草というか土というか、何ともいえない味がしました。食べられないことはない。
DSC_1013
  さらに途中で見かけたホロホロ鳥。 DSC_1015
15:45

グラネット渓谷

ここでは、岩場に住むロックワラビーの餌付け体験ができます。僕こういうの得意なんですよー。
早速2匹のワラビーを餌で手なずけ、思う存分もふもふしてやりましたよ!

ほかにもクジャクや鶏、七面鳥などもいました。

DSC_1016
DSC_1018
16:40

The Peanut Place

高原にあるお土産屋さん。その名の通りピーナッツ(このあたりの名産品)関係の商品がいろいろあります。チョコレートピーナッツバターとローストピーナツを購入。試食ができたのですが、普通においしかったですよ、

DSC_1019
17:20 一部界隈で有名な、巨大な「絞め殺しイチジク」(寄生植物の一種)。樹齢推定500年。すでに1本目の木を絞め殺して倒し、運悪くその下敷きになった2本目を絞め殺しなう。 DSC_1022
DSC_1024
  すごくわかりにくいですが、中央付近に鶴がいます。ガイドさんも思わず仕事をほっぽり出して写真を撮るほど、歩いている鶴は珍しいらしい(渡り鳥なので、飛んでいる姿は時折見るとのこと)。 DSC_1025
17:40 キャンプ場に到着。
これもわかりにくいですが、中央に写っている黒いスリッパみたいなのは珍獣カモノハシです(2枚目は単眼鏡越しに撮影)。
水に潜ったり浮いたり、結構かわいかったですよ、しかも奇跡の3匹同時出現にテンション上がりっぱなし。
DSC_1027
DSC_1028
18:00 今晩もバーベキューです。ダチョウとクロコダイルのソテー、オージービーフのステーキ、牛のソーセージなど。これまでに食べたステーキよりはおいしいです。オージービーフは歯ごたえがあるので「肉食ってる」感がありますよね。それがいいことかどうかはさておき。
近くにはポッサムという動物が出没します。親子連れが出没するには1%以下の珍しさと言うことで、またもガイドさんは仕事をほっぽり出してました。

※一応行っておきますが、ガイドさんはすごくいい人でしたよ。ネタですので。

DSC_1029
DSC_1035
19:00 近くの熱帯雨林を探索して、夜行性の動物探し。これは…名前忘れた。なんちゃらトカゲ。 DSC_1038
19:30 ここから一気にケアンズへ戻ります。最後バスの中でビンゴ大会があり、珍しく(というかおそらく初めて)1番になった…のですが、同率の人がいて、じゃんけん勝負で敗れました。(´・ω・`)  
21:30 ホテルに戻りました。
今日はいろいろ充実していました。やっぱり田舎に行くときはOPツアーに頼るべきという僕のポリシーの正しさが証明されましたね。

明日は海です。天気になりますように。船酔い怖い。

 

2015-09-20

オーストラリア旅行4日目 まごうことなき移動日でした

時刻 旅の日記 写真
08:30 起床。今日は普通に起きました。ウルルの登頂に行った人は大丈夫だったのかねぇ。
時間があったので昨日アップし損ねた写真を上げておきました。
 
10:00 チェックアウト。今日は午前中特に予定ないのでごろごろしておきたかったんですけど、チェックアウト時刻なので追い出されてしまいました。
それはそうと、チェックアウト前にハウスキーパーの人が来たんですが、それってどうなん?チェックアウトしてからやれよ。
 
10:30 先日パニーニを食べた「クラタ・アカデミー・カフェ」でクロワッサンの朝食。と言うか、この時間帯に開いてる店はここしかないんですよ。
ところで【クロワッサンとミルクセーキ】のセットを頼んだのに、なぜかクロワッサン2個とアイスココア2個が…値段はメニュー通り10ユーロだったんですが。なぜだ。
DSC_0975
11:10 ショッピングも済ませてやることがなくなったので、空港送迎バスが迎えに来るホテルのロビーへ。

やることがないので、支倉先生の「少女は書架の海で眠る」を読んでいました。「マグダラで眠れ」のスピンオフ作品です。例によってヒロインのクレアがかわいすぎる件について。ホロともフェネシスとも違うタイプのかわいさ。支倉先生の引き出しの脱帽です。帰ってから感想書きます。

 
13:35 小説も読み終わり、スマホゲーをしているうちにバスが迎えに来ました。このホテルともこれでお別れです。
プールで泳げなかったのが心残りです(今日は泳ぐにはやや寒い)。
DSC_0974
13:50 エアーズロック空港に到着。おなかがすいたので「クラタ・アカデミー・カフェ」でチョコクッキーを購入。
…この空港で開いてる店、ここしかないんですよ。やるな。
 
15:10 予定通り飛行機が出発。国内線だけあってかなり機体が狭いです。しかも最初の頃すごく揺れて怖かった。  
16:10 軽食が出ました。2種類から選べたようですが、僕の直前で片方売り切れてしまったので、選択の余地なくキッシュに。隣のイチジクケーキもおいしかったです。 DSC_0977
17:40
→18:10
ケアンズ空港に到着。時差が30分あるので要注意。
ここから市内まではshuttle busが出ています。baggage claimにカウンターがあるので、そこで行きたいホテルの名前を伝えましょう。チケットと、バスが発車する停留所(bay)を教えてくれます。
一人16ドル。タクシーでも30ドルくらいなので、3人以上ならタクシーの方がいいと思います。
市内のホテルまでは10分くらいです。
 
19:00 ホテルに到着。今回も広い部屋です。さすがオーストラリア、土地が安いんでしょうか。 DSC_0978
19:10 すでに外は真っ暗ですけど、おなかがすいたので街に繰り出します。ホテルの周りは結構閑散としているのですが、中心部はまだまだ賑やか。でもどっちかというと、ヨーロッパの街と言うより、アジアの雑然とした町並みです。日本、韓国、中国、タイ、ギリシャ、その他いろんな国の料理があります。どれも高いけど。  
19:40 Rattle n hum cairnsという店で晩ご飯。バーとステーキハウスが併設されているお店です。
200グラムのサーロインステーキを注文。味はそこそこでしたが、27ドルは高い。日本だったらもう2ランクいい肉が食べられます。あとこの程度の料理出すのに30分は長すぎ。
DSC_0979
20:30 帰りのスーパーマーケットでにミネラルウォーターとリンゴジュース、ジェラート屋でジェラートを購入。
普通のコーンに載った普通のジェラート、4ドル50セント。もうこういう国だと思うしか。
 
21:00 部屋のテレビにUSB端子があったので、こんなこともあろうかとUSBに入れて持ってきていたアニメ視聴。こうしてケアンズ最初の夜は更けていくのでした…  

2015-09-19

オーストラリア旅行3日目 テーマソング脳内再生余裕でした

時刻 旅の日記 写真
04:30 起床。さすがに眠いです…目覚まし3個かけてどうにかこうにか。  
05:15 迎えに来たバスに乗って出発。ホテルの周りは明るいので星はあまり見えませんが、オリオン座と金星ははっきり見えました。  
06:00 今日はウルルの日の出を見るのが目的で、ここまで来ました。気温は10℃。ウィンドブレーカーを羽織ってますがそれでも結構寒いです。先月までは氷点下だったらしいので、それを考えればだいぶましか。

日本では見たことのない鳩もいました。

DSC_0918
DSC_0928
06:20 少し小高い場所にある展望台で日の出を迎えました。これが日本オーストラリアの夜明けぜよ! DSC_0921 DSC_0923
07:20 続いて、エアーズロックの登山道入り口へ向かいます。登りたい人は登れるし、登りたくない人は麓の観光も可能。
ここに来るまで決めかねていたyukkun20ですが、本日は強風のため登山不可とのことでした。ほっとしたような、残念なような。
麓はそよ風程度なんですが、頂上では25ノット以上の風が吹いているようです。なんせ登山道と言っても、むき出しの岩肌に鎖が渡してあるだけですからね(白い線に見えるのが鎖)
DSC_0935
07:30 バスに乗って麓の観光。主にアボリジニによる壁画や、ウルルにまつわる様々な逸話(アボリジニに伝わる伝説)を楽しめます。
途中エアーズロックの裏側を通ったのですが、こちらはアボリジニの聖地になっていて、撮影報道一切不可とのこと。言われてみれば、テレビで見るウルルっていつも同じ向きですよね。

下の写真は、太古の蛇伝説に登場する蛇と言われる岩。確かにとぐろを巻いた蛇に見えますね。

 

DSC_0929
DSC_0932

08:40 麓にあるCultural Centerへ。ここもアボリジニにまつわる展示がなされています。ここは敷地内全部撮影禁止なので写真はありません。  
09:15 ようやく日も昇って温かくなってきましたが、風も少し強まってきました。Cultural Centerを出て、ウルルの西側へ。  
09:25 ここにはMara Walkという全長2キロほどの遊歩道があり、アボリジニのMara伝説を知ることができます。
Maraとはこのあたりに生息するワラピーの一種で、アボリジニたちは自分たちはその末裔だと信じているとのこと。

ウルルに最も近づける場所の一つで、3億年前の大地震で隆起した痕に触ることもできます。

DSC_0942DSC_0937
   Maraが来る前にウルルに住んでいたモグラのイジャリジャリが作った巣と言われる岩。 DSC_0936
  カンジュ(静かの意味)の滝。雨が降ると高低差90メートルの滝になるそうです。 DSC_0938
  この先には「鐘の洞窟」と言われる聖地があります。その名の通り洞窟が鐘の形に口を開いています。撮影禁止なので写真はないですけど。  
10:30 これにて麓観光は終了して、ホテルに戻ります。  
11:10 止まっているのとは別のホテルで下車。そこにある売店に記念メダルを売っているのを昨日見つけたのですが、うっかり購入するのを忘れてしまっていたので改めて購入。純金らしいのですが本当でしょうか。6ドル(約600円)は安すぎるような。  
11:20 おなかがすいたので、近くにある売店でチリハンバーガーを注文。メニューにはクロコダイルの肉で作ったソーセージ入りと書いてましたけど、普通の味でした。

後でガイドさんに聞いた話だと、ワニの肉というのは本当らしい。

DSC_0943
11:50 ホテルの部屋に戻り休息。午後からは体力勝負だからがんばるぞ。  
13:40 再びツアーバスに乗って出発。今度はウルルに並ぶ巨石群が見られるカタ・ジュタに向かいます。今回の旅行の目玉の一つがこれです。  
14:10 カタ・ジュタの手前にある展望台に到着。カタジュタはあまりに大きすぎて、これ以上近づくと全景を見ることができなくなるとか。
ウルルもここから見えますが、地平線の彼方にあるのにすごい存在感です。
DSC_0944
DSC_0948
15:10 カタ・ジュタの麓にある散策コースに到着。
なぜ今回ここに来たかというと…ここの場所の名前がValley of the Wind、つまり「風の谷」だからです!!
…今馬鹿だと思ったでしょ。でも、ここの景色は、ナウシカのモデルにもなったって言われてるんですよ!
…確か監督は公式に否定したはずだけど。しかもモデルになった場所は1時間以上先にある第2展望台まで行かないと見られないんだけどな!でも行くけどな!
DSC_0949
15:40 第1展望台に到着。ここまでは道も整備され、高低差もあまりないので結構楽です。
ここからも雄大に広がる谷底が見られます。

ここから先は気温が36度以上だとは入れません。今日は30度でしたから、結構ぎりぎりです。

DSC_0951
  ここから道がどんどん険しくなります。大体こんな感じの道。というかこれはまだましな場所。 DSC_0955
  景色も荒野だったら火星だったり。 DSC_0957 1
DSC_0958
16:30 50分歩き続けてようやく第2展望台に到着。見よこの景色を!今にもナウシカがメーヴェに乗って飛び立ちそうな雰囲気でしょ!
真実はともかく、僕の中ではここを聖地認定します。昨年のゴットランド島に続き、ジブリの聖地がまた一つ…
DSC_0960
17:30 帰りは休憩なしで一気に走破。この写真は第2展望台から少し戻ったときに取りましたけど、奇跡の一枚だと思いませんか?文字通りの意味で。
さすがに疲れましたが、小学校2年生の女の子が同じグループで普通にクリアしていたので、あまりびびらなくてもいいのかもしれません。
DSC_0963
17:40 今日はカタ・ジュタの日暮れを見ながら一日を締めます。シャンパンがつかれた体にしみる…

ルネッサーンスw

DSC_0965
18:41 日没。今日は昨日にもまして岩が赤く見えますね
※ちなみに自然の岩が赤いのは、含まれている鉄分が酸化しているからです
DSC_0970
19:50 ホテルに到着。近くのショッピングセンターで晩ご飯を買って帰りました。中華麺炒めとも言う料理。ヨーロッパなら1000円もあれば食べられるこの料理が、ここでは16ドル(1600円)。いくら何でも高すぎる(周り全部これなのでどうしようもない。パスタだと一皿20ドルはする)。 DSC_0973
20:00 終わりました…。実は明日も早起きすれば、もう一度ウルル登頂に挑めるのですが、その気力はないわ…。  

 


2015-09-18

オーストラリア旅行2日目 明日あれに登る自信がなくなってきた

時刻 旅の日記 写真
04:00
→05:00
ケアンズ空港に到着。
日本人が多いこともあって、日本語の案内板もかなり豊富です。また早朝にもかかわらずきちんと店が開いていることに感動。
さて、ここから国内線に乗り換えるのですが、Domestic Departureは少し離れたところ(約1キロ)にあります。シャトルバスなどもなさそうだったので、スーツケースを引っ張りながら歩くことに。
DSC_0905 1
05:30 国内線搭乗口に到着。
少し時間があるので、タブレットで電子書籍(マンガ)を見ながらだらだら。
こちらも売店が結構充実しているので買い物してもいいかも。
DSC_0906
07:20 ケアンズ空港を出発。ケアンズ航空でエアーズロック空港を目指します。 DSC_0907
08:30 朝食が出ました。サンドイッチとトルティーヤの選択ができたので、トルティーヤを選択。暖かいものが出てきたのでちょっとびっくり。 DSC_0908
10:10
→09:40
エアーズロック空港に到着。その名の通り、エアーズロック観光の入り口です。
ここでツアーに合流。エアーズロック観光に向かう観光客用のリゾート地、エアーズロック・リゾートへ。
 
10:00 本日宿泊するDesert Gardens Hotelに到着。まだチェックインはできないので、ガイドさんから注意事項を聞いた後、荷物を預けて付近の観光へ。  
10:30 ホテルから徒歩10分のところにあるショッピングセンターへ。明日朝が早いので、朝食をスーパーマーケットで購入。あとプリングルスも購入。

そのほか、お土産屋、銀行、郵便局、レストランなどがそろっていて、とりあえず時間をつぶすには最適です。

DSC_0909
11:30 センター内にある「カラタ アカデミー カフェ」で昼食。
好きな具をバイキング形式で選べるサンドイッチが人気のようですが、あまり食欲がなかったのでパニーニを注文。それにコーヒーがついて10ドル20セント(約1000円)。
覚悟していたけど高ぇ。(観光地だからではなくこの国では普通)

なお写真がないのはここで携帯の電池が切れたから。

 
12:00 リゾート内を無料で走るシャトルバス(無料)を乗り継ぎ、1周してホテルへ。
すでにチェックインができる状態になっていたので、携帯の充電をする為にチェックイン。部屋は4人用部屋なのでかなり広いですし、かなり明るく新しい雰囲気。バスタブないのは残念。それからプリングルスが無料で2缶サービスになっていたのも…なぜピンポイントでかぶる(しかも味までかぶった)。

夕方までやることがないので休憩。明日からは体力勝負なので体力も温存しないと。

DSC_0910
17:05 オプションツアーの為ホテル前でバス待ち。…が予定時刻を過ぎても来ない。結局10分遅れで来たので問題はなかったのですが。  
17:40 今回の目玉の一つ、ウルル(ウルルとはエアーズロックの現地名)サンセットツアーです。その名の通り日没に映えるウルルを見るというツアーです。

しかしでかーい。これまでテレビとかで見て大きさは大体知っていましたけど、やはりでかい。誰かがネタで置いたとしか思えないほどの大きさです。そりゃ聖地になるわ。

DSC_0911
18:40 出された軽食をつまみつつシャンパンを飲んでいると、日が沈みました。上が日没直前、下が直後の写真。

こうやって並べてみると全然色が違いますね。明日は夜明けを見に行くつもりなのでそちらも楽しみ。

DSC_0913
DSC_0915
19:00 サンセットを楽しんだ後は、オーストラリア式のBBQツアーです。ひゃっほう肉だ肉だ!

写真ではわかりにくいですが、
・牛ステーキ
・カンガルーステーキ
・羊のソーセージ
・鶏肉の串焼き
・エビのソテー
などがてんこ盛りです。カンガルーは牛のレバーのような独特な臭みがありました。別にまずくはなかったですがおいしいものでもなかったので、たぶんこれが最初で最後だな。

DSC_0916
19:30 そしてデザート。見るからにしつこそうですが、ケーキ自体がスポンジで軽いのと、生クリームがあまり甘くないので、意外とするっと入りました。 DSC_0917
20:00 食後はガイドさんによる星空のガイド。さすがに空気が澄んでいるので、下手なプラネタリウム以上に星が見えます。天の川もくっきりはっきり見えますし、三日月なのに月明かりのまぶしいこと(はっきり影ができていたのに驚きました)。

南十字星も見ることができました。カメラの性能が悪くて写真がないのが残念。

 
21:00 ホテルに帰ってきました。明日はウルル日の出ツアーで朝早いので、今日はこの辺で。  

 


2015-09-17

オーストラリア旅行1日目 LCCって意外とすごいですね

時刻 旅の日記 写真
18:00 本日からオーストラリア旅行です。
実は以前から行ってみたいと思っていた国なのですが(理由は後日)、ヨーロッパを優先していたせいでだいぶ遅くなってしまいました。

というわけで1年ぶりの関空です。今回は神戸からバス経由で来ました。午前中は事務所で部屋の片付けをしていたんですが、半年間整理整頓を怠っていたせいで結局終わらなかった…

 
19:00 とりあえずチェックインが終わったので晩ご飯です。昔の関空の飯はまずかったですけど最近はいい店が入ってますね。今日日和食はどこでも食べられるので(にこれから行くオーストラリアも)中華(油淋鶏定食)にしました。写真取り忘れたから食べかけですけど。 DSC_0901
20:00 空港内でサングラスやらスリッパやらお菓子やらを購入し、搭乗口に到着。今回乗るのはLCCのジェットスター航空です。
LCCは初めてなのでちょっと不安。
DSC_0902
20:40 定刻より15分早く出発。これから行くケアンズとは時差1時間、エアーズロックとは30分なので、今回は時差ボケ調整はしていません。どうせボケないけど。  
22:30 夕食が出ました。LCCだから出ないと思ってました。メニューはなんとカツカレー。夜10時に食べるメニューじゃねーぞ。おいしいけど。
しかもこの時間帯にむちゃくちゃ飛行機が揺れてコーヒーがこぼれそうになり、仕方なく飲んで量を減らそうとしたら案の定溢れて白いポロシャツにシミが…
DSC_0903
3:00 食事後ぐっすり寝ていましたが、気がつくと朝食の時間に。今度はパンとシリアルです。牛乳パックははさみがないと牛乳出しづらいよ。
食べたらまた寝ました。

でも食事もしっかりしてるし、座席が狭いと言っても別に気になるほどではないし、乗務員の質が若干低い感はあるものの、許容範囲でしたね…

DSC_0904

2015-04-04

今年も9月中旬頃に海外旅行予定 ホントはトルコに行きたいんですよ

そろそろ今年の旅行先を決める時期に来ました。毎年行っているヨーロッパですが、今年はかなり情勢がきな臭い感じがするため、色々迷ったあげくオーストラリアに行くことに決めました。

オーストラリアは何年か前から行き先の候補地には挙がっていたのですが、旅行が9月、つまり南半球では晩冬の時期なので避けてたんですよね…でも調べてみると、普通に9月は温かいようなので、このタイミングで行くことにしました。

目的は二つあって、

  • グレートバリアリーフでダイビングをする
    やはり一度は美しい海で泳いでみたいものです。ダイビングもしたことがないですが、これも一度はしてみたいと思ってましたので…
    でも一つ問題があって、ダイビングポイントまで船で1~2時間くらい乗らないといけないんですよね…しかも天候によってはかなり海が荒れるらしく、船に弱い自分に耐えられるか心配です。いろいろ考えたのですが、フランクランド島だと船に乗っている時間が少なそうなので現在第一候補。
    フランクランド島
  • エアーズロックの近くにある「風の谷」に行く
    ナウシカのモデルになったと言われる(公式には否定されていますが)場所です。
    近くの第1展望台と遠くの第2展望台があるんですが、第2展望台まで行くには数時間歩く必要があります。年を取ってからだとつらそうなので、今年行っておこうと思います。
    でも第2展望台まで行くプランが少ないんですよね…今のところこれが一番希望に近いですけど、宿泊別なんだよなぁ。
    ロックエクスペリエンス

調べているうちに寝落ちしてしまったので、更新が遅くなったことをお詫びします。


1 / 11