2019-03-26

【アニメ】ペルソナ5 特番 Stars and Ours レビュー

長き時を経てようやく完結。

ペルソナ5 特番 Stars and Ours

今回もネタバレ度が高いので畳みます。

続きを読む(ネタバレ注意) »


2019-02-20

ペルソナファンブックVol.1が特典付きで予約受付中

TOVやっぱり面白いですねー。ベタ移植だからいまいちモチベーション上がらないかもと懸念してたんですが、連日こればっかりプレイしてます(あとP5Dも少々)。

さて、AmazonではプレミアがついているP5のファンブック「『ペルソナ5』みんなで作る調査報告書 Vol.1」ですが、エビテンで特典がついた上に定価で予約が受け付けられています。

価格は2100円。ただ気になるのは、

■今回の調査範囲
「物語開始から、カモシダ・パレスを攻略して5月5日に仲間とビュッフェで打ち上げをするまで」
 ※本企画はシリーズ化を予定しております。

※上記リンク先より引用

という点ですかね。これ全部で何冊くらい出るんだろ…。パレス1個に1冊と考えれば7~8冊くらいでしょうか。

個人的には「日本版と北米版の『ペルソナ5』セリフ比較調査結果」という企画が気になりますね。P5の台詞がどうスタイリッシュに英訳されているのかが楽しみです。


2019-02-12

P5A 特番後編「Stars and Ours」 3月23日に放送決定

P5Aの特番後編の放送日が3/23に決まりました!

前回で表のラスボスを倒し、これで一件落着…かと思いきや、最後のどんでん返しが待ち受けます!特にあの人のアレを使った仕掛けはゲームをプレイした当時もかなりの驚きでしたからねぇ。

そして前回裏切ったあのキャラ、ゲームではあれで終わりでしたけど、アニメでは救済があるのでしょうか(PV見る限り望み薄ですけど)。放送を楽しみに待ちたいと思います。


2019-01-02

【アニメ】ペルソナ5 特番 Dark Sun… レビュー

サイトのカテゴリを整理し、これまで「アニメ/DVD」でひとくくりにしていたのを「アニメーション」と「BD/DVD」に分割しました。だからなんだと言われるとあれなのですが。

ペルソナ5 特番 Dark Sun…

今回もネタバレ度が高いので畳みます。

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-11-27

P5A キービジュアル&新作PV公開中

ゼノブレイド2のイーラ編を始めようと思ったのですが、その前に本編で明らかになった情報を手許にまとめておこう…と思ったのが運の尽きでした。結局かなりの量になってしまって、手控えで終わらせるのが惜しくなったので、プレイ日記として形にしようと思います。なのでそれが完成する明日明後日くらいまではプレイ出来なさそう。

さて、年末に特番が放送されるP5Aですが、キービジュアルとPVが来てますね。Ivanさん、情報ありがとうございます。どちらも強烈なネタバレなので、一応畳んでおきます。アニメ26話までちゃんと見た人はこの先へどうぞ。

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-10-13

【アニメ】季間アニメレビュー2018夏秋

2018年夏で完結したアニメの感想と、2018年秋に始まったアニメの感想をまとめて。

見終わったアニメにはおすすめ度を付けています。概ねこんな感じ。☆は★半分。

  • ★★★★★…傑作。円盤や関連グッズを買うべきアニメ。
  • ★★★★…名作。録画を永久保存すべきアニメ。
  • ★★★…良作。普通におすすめ出来るアニメ。
  • ★★…凡作。特筆すべき事がないアニメ。もしくはyukkun20の嗜好に合わないアニメ。
  • ★…駄作。視聴した時間を後悔するアニメ。

2018年夏完結アニメ

異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~

おすすめ度

★★☆

レビュー

ファーストインプレッションで書きましたが、世界観台無しのテロップと、ナレーションが不愉快な実写パートがかなり足を引っ張ってました…が、アニメそのものはいい出来でした。作画も安定していたし、原作の流れを壊さない程度にオリジナルな伏線を張ったりしていてよかったと思います。第2期があれば普通に視聴確定するレベル。ただしスタッフは入れ替えてくれ。

STEINS;GATE 0

おすすめ度

★★★★☆

レビュー

ここ数年見た中でも圧倒的に優れているアニメ。ずいぶん待たされた上に、分岐やバッドエンドの多い原作ゲームをどうやって1本のアニメに落とし込むのか、始まる前は失礼ながら戦々恐々だったのですが、まさに完璧な再構成としか言いようがない完成度でした。特に原作の印象的なエピソードのほとんどを拾いつつ、オカリンの執念という物語の軸をぶらすことなく描ききってくれたこと、そしてオリジナルのハッピーエンドに着地させてくれたことには感謝しかありません。
当然個人的な評価は★5つなんですが、オリジナル版を知っていることが前提のアニメなので半分減らしておきます。

PERSONA5 the Animation

おすすめ度

★★★?

レビュー

こっちもゲームのアニメ化としては申し分のない出来でした。ちょっと展開が早かったところもありますが、ゲームのテイストをうまくアニメに落とし込んでいましたし、原作ではあまり描かれなかった探偵明智の活躍シーンとかも増えていましたし、最終的にはワンパターンなオチになりがちなコミュイベントもうまく本筋に絡めたりしてましたし。
じゃあなんで評価がこんな感じかというと、「完結していないものは評価出来ない」ということで。この後の展開次第で、P4Aに並ぶアニメになるのか、それとも駄作と呼ばれるのかが決まると思います。

信長の忍び~姉川・石山篇~

おすすめ度

★★★☆

レビュー

ついに3期目も終わりましたが、今期も安定の作品でした。登場人物も大分増えて賑やかになりました。ギャグアニメかと思いきや、戦争をやっているのだということを痛切に感じさせるエピソードもあったりして、週によって受ける印象がだいぶ違うアニメでした。
ストーリー的には中途半端なところで終わってしまったので、4期、期待していいんですよね?

ちおちゃんの通学路

おすすめ度

★★★★

レビュー

ファーストインプレッションでは、「あのアニメはまななが出てきてからが本番なので、第2話を見ないと感想言いづらい」と言いましたが、第2話で真奈菜が出てきてからの展開は神がかってました。yukkun20がこれまでに視聴したギャグアニメの中でもかなり上位に位置する。ギャグがあまり下ネタに寄らず(まあなくはないですが)、かといって勢いだけでもなく、登場人物のキャラクター性できちんと笑いをとっていることを評価したい。原作の勢いが全く削がれていなかったのも高評価。
あにめも1クールだったしこれからはコミックスを楽しもう…と7巻を購入したら最終巻だったことについて。涙を流しつつ2期希望。SG0のBD買っていなければこっち買っていたかも。

2018年秋開始アニメ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ファーストインプレッション

第1話見ました。
原作知っている人は大丈夫だと思うんですけど、原作を知らない人が第1話だけ見たらジョルノもブチャラティも大概なキャラですよね…。5部はこの二人が実質的な主人公なのですが、第1話だけ見て切ろうとしている人は、第2話まで辛抱してください(第2話も大概なキャラがまた出てくると思いますが…)
それはさておき、今回も濃い作画でジョジョらしさは存分に発揮されていると思います。視聴決定。しかしジョルノの髪型は思った以上にコルネでしたね。


2018-10-02

【アニメ】ペルソナ5 #26 I won’t let it end here レビュー

今週末はテイオケですね。3連休なのを失念して普通に金曜の夜に上京して日曜に帰る予定を立ててしまった…月曜帰りにすればよかったわ。

ペルソナ5 #26 I won’t let it end here

今回はネタバレ度が高いので畳みます。

続きを読む(ネタバレ注意) »


2018-10-01

【アニメ】ペルソナ5 #25 Jealous Sinner レビュー

ようやくアニメ感想追いつきました…来期はレビューをするほどのアニメはなさそうなので、残すはシュタゲとP5Aの最終話だけですね。

ペルソナ5 #25 Jealous Sinner

サブタイトル

「嫉妬深い罪人」という意味ですが、冴への予告状にあったとおり「嫉妬の罪人」と訳すべきですかね。

アバン

お客様第一のカジノなど存在しない!

Aパート

日本の第一審有罪率が99.9%なのはけっこう有名な話ですね。検察は少しでも無罪の可能性がある事件は起訴しませんからね。これを窮屈と取るか、冤罪を未然に防いでいると取るか。しかしお前は何と戦ってるんだ。

検察官が左右どちらの席に座るかは実は決まっていなくて、裁判所によって違います。裁判所が一般向けに発行しているパンフレットだと、裁判長席に向かって右側に座っているんですけど、うちの地元は左なんだよなぁ(大阪も左らしいです)。

まとめてコミュ消化しすぎでは…。特にゲームセンターの少年はこれだとただの偉そうなガキみたいになってますけど、彼もいろいろ苦労してるんですよ…。詳しくは第2期で。(語られなかったりして)

明智の先見の明ったら。というか、あの闘技場でジョーカーが負けたら終わりなんですから、限度額いっぱいまで借りてジョーカーに全賭けって言うのは蓮たちもやっておくべき戦略だったんですよね。

Bパート

冴の帽子に付けられている花は黄色い薔薇です。花言葉は「嫉妬」。しかしゲームだとほぼ首から上しか写らないんで気づいてませんでしたけど、この人すごい服装してたんですね。

おお…さすが第1期の最終決戦だけあってバトルのレベル高いですね。きちんとそれぞれの連係が描かれてますし、作画も手抜きがないです。

感想

ということで今回は11/上~11/19が描かれました。エンディングでもこの先話が続くような感じですし、3クールアニメと安心していたのにまさかの次回最終回とは…大丈夫ですよね?製作進行間に合わなかっただけで第2期あるんですよね?BDも10巻(26話まで収録)までの発売情報しかないけど大丈夫ですよね?年末特番あるみたいですけどそれで終わらせるつもりじゃないよね???

それはさておき、次回は裏切り者の正体が明かされそうです。そして怪盗団最後の大作戦で一応のハッピーエンドかな。話の切れ目としては悪くないですけど、裏切り者との決着を付ける暇はなさそうですね。やはり2期に期待しなければ。

↓年末特番のPVですけど、裏切り者の正体ダダ漏れなので、26話見ていない人は次回まで見ない方がいいですよ。


2018-09-26

【アニメ】ペルソナ5 #24 A challenge that must be won レビュー

閃の軌跡始めました!Ⅱだけど。前作の高速スキップモードに慣れたせいでめっちゃもっさり感ありますけど(1周目はスキップはしない主義)そのうち慣れるでしょ。とりあえず前作のヒロイン(yukkun20的に)のエマの生存が早々に判明して良かった。

ペルソナ5 #24 A challenge that must be won

サブタイトル

「勝たなければいけない挑戦」という意味なので「お姉ちゃん、勝たなければいけない勝負の場っていつも言ってるから」という真の台詞ですね。同時に怪盗団が勝たなければいけないカジノでの勝負、そして最後の明智と蓮のチェスのこともかけているのかもしれません。

アバン

前も似たようなこといったと思うんですけど、年頃の女の子に自分のスマホ見られるってこれなんて言う拷問?ここで取り乱さないのがイケメンの証ということか…

Aパート

しかし刑事裁判は被告人との対決型なので、いくら勝負事とはいえカジノに例えるのはちょっと違和感。しかも支配人ってポジションおかしくない?

つーか冴は特捜部にあの若さで入るくらいだからエリートなのは間違いないと思いますが、所詮役人のランクで言えば下っ端。なのにずいぶん自分に自信があるんですね…

ゲームでも大体この時期に総次郎コープが進むんですよね…。怪盗団の正体判明のエピソードとも絡んで本当にいい雰囲気になります。堂島さんも惣次郎もかっこいいおっさんで、自分も年を取った時にはこんなオヤジになりたいものです。

Bパート

「彼女の不調は、僕にとっても不利益だからね」「最低な大人への反骨心が、僕の正義の源だって」って明智が言ってますけど、これって典型的なツンデレ台詞のような気がしてきた。

現実の裁判所の職員(調査員って言ってたけど多分家裁の調査官のことですね)はもちろんこんなにアホじゃないですよ。そもそも蓮を惣次郎に預けているのは裁判所の判断なのに、「監督が行き届いているとお思いですか」はブーメラン発言過ぎる。

やっぱり惣次郎は保護司になるだけあって人間を良く見てますね。ちょっと進展早かったけどいいエピソードでした。原作でも結局改心はせず、双葉の勇気で解決するんですよね。

感想

ということで今回は10/26~11/上と、法王コープ(惣次郎)が描かれました。いよいよ終盤ですけど、次回のサブタイからしてもしかして新島パレスクリア出来ない?そして26話が最終回だとぅ!まさかの打ち切りエンド…と思いきや、多分2クール+1クールの分割ですかね。まだパレスは残ってますし、千早のコープも全然進んでないし、12月と2月はデートイベントもあるし、楽しみに待とうと思ってます…

そしてついに裏切り者の存在が仄めかされましたね。果たして裏切り者はいるのかいないのか、いるとしたら誰なのか。実はこれまでの話の中で既に伏線は張られているので、もう一度第1話からアニメを見直すと気づくかも。


2018-09-12

【アニメ】ペルソナ5 #23 How about a deal with me? レビュー

「進め!キノピオ隊長」クリアしたー!最後のステージが死ぬほど難しく、5時間ほどかかってもクリアできなくてもう旅行までにクリアできなければあきらめようと本気で思うほどでした。しかし最終日に何とかクリア。ゲーマーとしての誇りをどうにか守れましたよ。

というわけで明日から出かけてきます。今週と来週のシュタゲ、来週のP5の感想は後日…

ペルソナ5 #23 How about a deal with me?

サブタイトル

「僕と取引をしないか?」という明智の台詞ですね。

アバン

春、あんなことがあったばかりなのに真の生徒会の仕事手伝ってくれてるんですよね。ええ子や…しかし有名人を呼ぶ企画にしては準備始めるの遅くない?

Aパート

ほらー前日になってもゲスト決まってない。これ結局明智が答えてくれたからよかったけど、答えてくれなかったら企画に穴が開くところですよね。真のことだから代案用意してたのかもですが。

ちなみにチョークよけは原作にもあったネタです。

明智は怪盗団を悪者にしたことで結構世間からたたかれましたけど、めげずにちゃんと思ったことを堂々とテレビで言ってるところがすごいと思います。

若いと…やっぱいいわね」川上先生は全然分かってない。若い子がメイド服着るのは普通。ちょっと年齢が外れた人が無理して着るからそのギャップがいいんじゃないですか!(どうした

最近チーンていう電子レンジ珍しいよね?

Bパート

だからパレスに入る時は人目を忍べと言ったのに…こんだけメンツがいて誰もそのことを気にかけなかったあたりがばがばすぎますよ。

やっぱりペルソナ世界の探偵は優秀ですね(警察もなかなかですが)。そしてついに怪盗団のメンツがそろいましたね。まあ明智は性能がピーキーだったのでゲームではあまり使いませんでしたけど…

感想

ということで今回は10/22~が描かれました。…って文化祭のデートイベントがまたもスルーされたー!それに青春の主張イベントも…まあそんなことやっている場合じゃないのは分かりますが。

あと最後蓮が意味深な評定してましたけど、あれ伏線なのでお忘れなく。