2018-04-17

【アニメ】ペルソナ5 #02 Let’s take back what’s dear to you レビュー

今週から、毎週火曜はなるべくP5Aのレビューをします。

ペルソナ5 #02 Let’s take back what’s dear to you

サブタイトル

「取り戻そう、大事なものを」。作中の蓮の台詞ですね。

アバン

ペルソナシリーズの、ペルソナとその使い手の中の人が同じって演出いいですよね。

パレスからの脱出早いな。というかモルガナは出さなかったのか。確かにストーリー上ここで顔見せさせる必然性はないんですが、あの無駄なやり取りが面白かったので残念。

そして今回からOPがつきました。ただ未完成っぽい感じがするな。半分くらいは第1話のカットの使い回しだし。

Aパート

志帆ちゃん、ゲーム版よりちょっと大人びた感じになってますね。ゲーム版はもうちょっと幸薄そうなキャラデザでした。あのエピソード、アニメ化できるんですかね。メインストーリーだから避けては通れないと思うんですけど。

竜司の陸上部エピソードもあるということは、メインキャラのコープも描いてくれると期待していいのかな?

Bパート

モルガナ、登場が大物っぽくなってるー!つーかよく考えて、この生き物見て猫だと分かったのは大したもんだ。しかしモルガナはめっちゃ優秀な解説役だ。

しかしバトルシーンはちょっと雑だな…オチはまあゲーム通りだからいいんですけど、もうちょっと余韻というか盛り上げというかが足りない!

あと一応裁判シーンに突っ込み入れておきますけど、日本の裁判官はガベル(木槌)使わないし、少年審判では「被告人」っていう言葉も使いませんよ。つーか少年審判でうっかり被告人なんて言った日にはめっちゃ叩かれると思う。

感想

ということで今回は4/11午前から4/12までが描かれました。うーん、展開が速すぎてペルソナの持ち味である外連味が薄れてる感ある。バトルもあっさり風味過ぎたし、もうちょっと頑張ってほしいなぁ。次回のボス戦に期待するしか。


2018-04-11

【アニメ】ペルソナ5 #1 I am thou, thou art I レビュー

ようやく始まりましたねー。相変わらず作画綺麗。

ペルソナ5 #1 I am thou, thou art I

サブタイトル

“thou”は”you”の、”art”は”are”の古語ですから、日本語に訳すと「我は汝、汝は我」ですね。このシリーズではおなじみのフレーズです。

Aパート

ゲームと同じく、カジノのシーンからでしたね。でもゲームに比べるとちょっと伏線余分に張っている感じがありますね。しかしこんなにスタイリッシュに登場したのに、いきなりタコ殴りエンドになるとは予想もしてませんでした。

と思ったらいきなり拷問シーンか…展開速い。「威暴いぼう」は「威力業務妨害」のことね。

「探偵王子」とか、りせのPVとか、P4ファンにはうれしいカットもありましたね。P3、P4、P5はすべて同じ世界の話ですから、kの世界はP3やP4の主人公達が救った世界なんですよ。そう思うと感慨深い。

ルブラン、ゲームだと俯瞰でしか見られないのであまり感じませんでしたが、こうやって見ると本当に古き良き純喫茶の趣ありますね。しかし客商売なのに保護司やってるとか佐倉のおっちゃんマジいい人。

Bパート

ベルベットルームのテーマが流れると、ペルソナが始まった感ある。

川上先生かー。川上先生の魅力がわかるサブイベント描いてくれる尺あるのかな~とちょっと心配でしたけど、いきなりチラシ落としてて笑った。これは期待できそう。

この城を見て「中入って聞くしかねえだろ」っていう発想が出てくるのがすごい。

そして変態王登場。三ツ矢さんはほんとこういう小者の役が似合う。

感想

ということで今回は4/9~4/11午前までが描かれました。若干展開が速いような気がしますが、P5はボリュームがあるから仕方ないかも。作画も整っているし、声優陣の演技もすばらしいし、これからも期待できそうですね。

公式サイトではラジオ配信も始まってます。宮野氏のフリーダムっぷりは相変わらずなので、こっちもチェックするつもりです。


2018-02-01

P5の祐介と双葉がじゃがりこ面接中

“ペルソナ5 一日アジト“Happy Birthday to Yusuke!””で公開された、“演技力じゃがりこ面接”動画がYouTubeで公開中です。

というか「演技力じゃがりこ面接」って流行ってるの?最近の世相が全然わからん。お題のシチュエーションに合わせて「じゃがりこ」というという、声優の演技力試験みたいなネタですね。

しかしさすがに演技力に定評のある杉田智和氏と悠木碧嬢だけあってレベル高いな。

あんまりにもじゃがりこじゃがりこ言われすぎて、じゃがりこが食べたくなったというより、「じゃがりこ」がゲシュタルト崩壊起こしてきました。

そういえば一昔前に、じゃがりこにお湯を注いで食べると旨いというネタを見た気がしますけど、アレ本当なんですかね。


2017-12-12

P5A 特番放送決定

7月に発表されて以来続報がなかったペルソナ5アニメ(P5A)ですが、続報が来ていますね。

公式サイトによると、

12月24日20時~

TVアニメーション「ペルソナ5」最新情報発表!

アベマTV内「新作TVアニメチャンネル」にて、特番生放送決定!

YOUTUBE LIVEでも全世界同時配信!

※上記公式サイトより引用

AbemaTVか…これまで利用したことないんですが、これはデビューしましょうかね。

最新情報がなにか気になりますね。もちろん放送時期は発表されるとして、ここまで煽っているからには+αありそう。P5の完全版開発決定とかがあるとうれしいですね。


2017-11-25

ペルソナ オーケストラ公演がBD化決定

昨年開催された、3つのペルソナ関係のコンサート

  • 2016年12月25日開催の「サントリーホール」公演
  • 2016年8月開催の「東京芸術劇場」公演
  • 2016年11月の「東京オペラシティ コンサートホール」公演

がBD化されるそうです。BD化…うらやましい。なぜテイルズオケはCD化しかしないのか。

2016年12月25日に開催された「サントリーホール」公演の全曲収録に加え、同年8月の「東京芸術劇場」公演、および同11月の「東京オペラシティ コンサートホール」公演

僕はペルソナは3からしかプレイしていないので、このイベント参加は見送りましたけど、BDならありかもな…。発売日は12月6日、価格は税別6800円です。


2017-11-15

ペルソナシリーズなどのUIを特集したファミ通の記事が面白い

ちょっと忙しいので簡易更新です。

『ペルソナ5』のカッコよすぎるUIの制作工程を紹介! アトラスの危機から生まれ、やがて特徴となったUIができるまで【CEDEC+KYUSHU 2017】 – ファミ通.com

ペルソナシリーズと言えば、かっこいいUIでも有名です。難易度選択一つとってもP5はこの格好良さ。

※画像は公式サイトより引用

この記事では、アトラスがUIにこだわるようになった経緯や、かっこいいUIの作り方などが説明されていて、興味深い内容でした。特に、

当時(※ペルソナ3開発時)「アトラスのゲームはおもしろいけど売れない」という状況で、コンシューマ開発部が危機に陥っていた、と和田氏。その状況を打破するため、開発費が限られているなかでも『ペルソナ3』は成功する必要があり、いままでやってこなかった、マーケティングを見据えての開発となった。

 

UIの強化は、タイトルカラーの主張力の強化につながる。また、ゲームリソースをラッピングする効果、低コストでのユーザーエクスペリエンスの向上ももたらす。

※上記リンク先より引用

今やコンシューマーゲーム界になくてはならない存在のアトラスにも、難しい時期があったんですね。でも低コストでマーケティングを成功させるために、UIに目を付けたというのはさすがだと思います。

見た目の良さもさることながら、確かにUIが使いやすいものになっていて、その辺でイライラすることが少ないのも隠れた評価ポイントだと思います。もちろんそれが最重要というわけでもないですが、やはりRPGのように長時間プレイするものは、ちょっと引っかかるポイントがあるとそれがいつの間にかストレスになってたりしますからね。

十三機兵防衛圏も楽しみにしています。


2017-11-10

【イベント】ペルソナ5×プリンセスカフェ池袋新館 レビュー

先日上京した際に行ってきました。

ペルソナ5 × プリンセスカフェ池袋新館

レビュー

プリンセスカフェ池袋新館はこちら。

池袋のオタク街の一角ですね。雑居ビルであまり目立つ看板もないので、危うく通り過ぎそうになりました。

エレベーターで6階に上がると、いきなり物販コーナーがあります。グッズはほしいけどコラボカフェはちょっと…という方でも安心です。ここからは見えませんが、左手奥がカフェスペースです。

カフェスペースに入ると、右側はペルソナ5カフェ、左側は妖狐×僕SSカフェになっていました(特に仕切りなどは無い)。10席ずつくらいだったでしょうか。平日の昼間だったので、妖狐カフェの方にカップルが1組いただけでした。普段は女性向けのコラボカフェを中心に行っているようです。

中ではP5のPVが流れていて懐かしい気分にさせてくれました。発売からもう1年以上経つのか…

すいていたので、座席は自由にチョイスできました。PVが見える壁際の席を選択。デフォルメキャラのマットが敷かれています。

コラボメニューを2品注文。

左が「カロリーヌとジュスティーヌの対照デザートプレート」780円。チョコレートケーキとチーズケーキが載っていて、周囲にブルーキュラソーがあしらわれています。キャラは最中にプリントされているので、そのまま食べられます(これ自体は甘さがない)。ケーキは普通に美味しかったですよ。

奥がドリンクの「主人公/アルセーヌ」500円。アイスコーヒーです。本当は上にレッドカラントと、羽型のチョコレートが載っていてアルセーヌらしさを演出してるんですが、どちらも品切れ(一応代わりにチョコソースがかけてある)ということでただのアイスコーヒーになってしまいました。ざけんな。

右はおまけで付いてきたコースター。祐介とモナという微妙な結果に。

個人的にコラボカフェでは「キャラをイメージしたメニュー」より、「作中に登場する料理を再現したメニュー」の方が好きですので、選択を間違った感あり。

20分くらいまったりとして、その後グッズを購入して店を出ました。戦利品についてはまた別のエントリで触れたいと思います。

 


2017-10-25

ペルソナ5コラボカフェ 池袋で復刻開催決定

ペルソナ5のコラボカフェが、プリンセスカフェ池袋新館で復刻開催されるそうです。

復刻…本開催の時は自分が行けそうにないので完全にスルーを決め込んでおきながら、なぜこのタイミングで紹介したかというと…

お知らせ | プリンセスカフェ | 人気アニメコラボカフェ

日程

2017年10月28日(土)~2017年11月7日(火)

営業時間:10:00~20:00

テイルズオケと日程かぶったー!

会場

プリンセスカフェ池袋新館

…とテンション高く紹介してみましたが、さすがに最近この手のお店に行くのも気が引ける(年齢的な意味で)ので、入るかどうかはお店の雰囲気によります( ー`дー´)キリッ

アルトニアはまだ大丈夫だと思うんだ…。


2017-07-30

ペルソナ5 アニメ化決定!

今年の(僕の中での)No.1ゲームはほぼ決まりなのではないかと思われる「ペルソナ5」ですが、早くもアニメ化が決まったようです!Ivanさん情報ありがとうございます。

『ペルソナ5』テレビアニメ化が決定!  メインキャストは原作ゲームからの続投に – ファミ通.com

PVも来てますね。

ゲーム版と同じキャストで、キャラデザもゲーム準拠ですし、制作もP3劇場版やP4GAなどを制作したA-1 Picturesと隙のない構えになっています。これで期待しなきゃ嘘でしょ。あとは田口さんか岸さんに監督を続投してもらえば言うことないです。

主人公の名前はまだ公開されていないようですね。どういう名前が付くのか、またどういうキャラクターの味付けがされるのか、楽しみにしています。修羅場イベントあるのかなぁ。


2017-05-23

P5の究極ネタバレ本 発売決定!

デモンゲイズ2、プラチナ獲得しました。しかしその後に本編の半分くらいのボリュームがある無料DLCが…。しかもボスが文字通り桁違いに強くなってしまったので、ひとまず装備集めとレベル上げにいそしんでいます。

さて、P5の究極ネタバレ本「ペルソナ5 マニアクス」の発売が決まったようです。現在電撃オンラインさんで企画募集が行われています。Ivanさん、情報ありがとうございました。

電撃 – 究極ネタバレ本『ペルソナ5 マニアクス(仮)』今夏発売決定! 企画ページ用アンケート大募集

おそらくP4Gの「プレミアムファンブック」に近い、ファンブック要素のある設定資料集になりそうですね。プレミアムファンブックも非常に出来が良かったのですが、今回はそれ以上のものを期待しています!

[関連記事]【ゲームグッズ】ペルソナ4 ザ・ゴールデン プレミアムファンブック レビュー | Y.A.S.

Amazonの方では全曲試聴可能なので、迷っている方も是非一度確認してみてください。


1 / 41234