2019-11-05

コミックス「星界の紋章」7巻&小説「風とタンポポ」が12月に発売決定!

ライザのアトリエ、アトリエを手に入れるところまで来ました。今作はいきなり冒険の旅に出る、みたいなことはせず、身の丈に合った場所から冒険が始まるのでいいですね。秘密基地を手に入れるわくわく感もあってこの先の展開に期待が持てます。調合もわかりやすくてGood。

さて、米村先生の描く「星界の紋章」最新巻が12/11発売予定です!ぴったり1年ぶりですね。

連載の方は今年中にもう1回くらい更新はあるのだろうか。

それから、発売日が二転三転していた「風とタンポポ」ですが、どうやら12/13発売で確定したようです。公式がちゃんと情報出さないせいか、通販サイトごとに発売予定日が違っていて大変だったんだからな!もっと森岡先生を大事に扱ってください!人類の宝ですよ!?

Amazonの情報によると、

深宇宙から飛来する謎の小天体群
人類の存亡は平凡な三姉妹に託された

日本をはじめとする国々が太陽系内の宇宙空間に機動都市と呼ばれる
コロニーを作り、人々の故郷として暮らすようになった時代。
深宇宙よりカリポス・ベルトと呼ばれる、帯状に広がった無数の小天体が
地球に向かって飛来する。

(中略)

※この物語は、Webサイト「YOMBAN」に掲載された作品を改稿、
書き下ろしの短編「後伝初めての狩り」を加えて初書籍化したものです。

※上記リンク先より引用

これ、もしかして星界と世界観が繋がっている…ということはないですかね。

12月は星界BD-BOXも発売されますし、森岡先生月間と呼んでもよろしいのではないでしょうか。


2019-08-08

「風とタンポポ」発売日決定! 今年は森岡先生祭りだ~

先日紹介した森岡先生の新作(というくくりでいいのだろうか)「風とタンポポ~惑星環物語~」の発売日が決定しました!徳間書店のhontoで予約も始まってます!

発売日は10/18、価格は1620円です。思ったより発売日が近くてハッピー!

内容ですが、上記サイトによると、

深宇宙から飛来する謎の小天体群。人類に存亡の危機が迫るなか、平凡な三姉妹に重要な使命が託された!

ということのようです。連載時に全然読んでなかったので、純粋にどういう話なのか楽しみです。


2019-07-25

【超絶朗報】森岡先生の「あの」作品がついに書籍化決定!

先日紹介した森岡先生の最新巻の話題です。続報が来ました!

おおおおお!マジか!マジでなのか!

まあ皆さん当然ご存じのことと思いますが、昔バンダイビジュアルがやっていた「YOMBAN」というサイトで月間連載されていたSF小説ですね。10年くらい前か…。yukkun20はこれを読み逃すという大失態をしてしまい、それ以来森岡先生のファンを名乗るたびに心の奥底では後悔の念を抱き続けてきたんですが(大袈裟)、ついに書籍化とは…感無量。

2016年のトークショーでも先生が、「「風とタンポポ〜惑星環物語〜」は売れるようならもっと書きたかったが、単行本にすらならなかった。本当はスペース・オペラを書きたかった。」とおっしゃっていたので、念願叶って…と言うことなのでしょうか!森岡先生おめでとうございます!「もっと書」いてくださっていると期待しても良いのでしょうか。

というわけで俄然盛り上がって参りました!小説を発行してくれるアンビットさん、そして徳間書店さん、本当にありがとうございます!良くぞこの作品をすくい上げてくださいました!

まだ発売日未定ですけど、↑のツイートだと「COMING SOON」になってますから、来年末くらいまでには発売されますよね(笑)

Y.A.S.は森岡先生を応援しています!