2014-04-20

【小説】Steins;Gate 線形拘束のモザイシズム レビュー

シュタゲ小説なのですが、内容に触れないと非常に感想が書きにくい小説なので、今回はネタバレありになっています。

あらすじについては中盤あたりまで触れていますが、こちらは大きなネタバレではないです。感想の中では今回の小説に登場する「新しい」キャラに触れていますので、それすら知らずに読みたいという方はスルーしてください。個人的には、「おもしろい」というより「考えさせる」小説だったとだけ。あと、線形拘束のフェノグラムのノベライズだと思って読むと後悔するかも。

Steins;Gate 線形拘束のモザイシズム

筆者:海法紀光
レーベル:電撃ゲーム文庫
価格:600円

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

ごめん、フェノグラムのノベライズじゃないって時点でダメだわー。

この作品はフェノグラムのノベライズと銘打つべきでなかったのではと思います。普通に外伝小説としてやっていける内容なのに…
でもレビューにも書きましたが、読まず嫌いはちょっともったいないかもですよ。

>読まず嫌いはちょっともったいないかもですよ
 ごもっともですが、それ言っちゃうと買いたい作品がいくらでも出てきてしまいます。

たしかに。全部買ってるとお金も時間も足りないですからね…

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます