2013-11-27

【小説】星界の断章「岐路」 レビュー

S-Fマガジン 2014年1月号に掲載された森岡浩之先生の最新作、星界の断章のレビューです。大いにネタバレあり(若干戦旗5の話も含みます)。
そしてうれしいお知らせも。「たぶん来年は『星界の断章』の新刊をお届け出来るのではないかと考えております」という編集部コメントが!

星界の断章「岐路」

著者:森岡浩之
価格:895円(税別。S-Fマガジン本体)

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>来年は『星界の断章』の新刊をお届け出来るのではないか
>ノールの生い立ちは結構ドラマチックだったのだな
 この二言にわくわく。

 エクリュアパパはナースさんの方ですよね?ママに当たるコンサさんが帝都陥落戦を生き延びたか駄目だったのかがすげー気になりますが、それは断章3に収録されるのを期待して待ってます。

ちょっと表現が良くなかった部分を修正しました。コンサさんとナースさんが帝都戦でどうなったかもきちんと描かれていますのでご安心を。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます