2013-10-07

【小説】星界の断章 野営~ペネージュの場合 レビュー

既に更新作業は終わっていますが、星界の戦旗DVD-BOX付属の小説「星界の断章 野営~ペネージュの場合」のレビューです。

なお前作のレビューはこちらから。

【小説】星界の断章 野営~ドゥサーニュの場合~ レビュー | Y.A.S.

星界の断章 野営~ペネージュの場合

著者:森岡浩之

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 相変わらずバンダイに踊らされてますねw。
 えくえくたんも関係してくる話なのか…。森岡先生、早川書房さん、断章3お待ちしております!ww

断章3はボクもすごく期待しつつ、このタイミングで出されたら完全にバンダイにやられたことになるやん、とちょっと複雑な思いを持つ自分がいる。

>yukkun20さん、Ivanさん

本当に断章3が待ち遠しいです。

>スファグノーフ侯爵公子リュトレー
まさかここでスファグノーフ侯爵の名が出てくるとは…。紋章2のスファグノーフ侯爵は彼と同一人物なのか、それとも彼の子供でしょうか?

ボクはリュトレーは紋章2のスファグノーフ侯爵の息子なのではないかと思っています。侯爵とペネージュさんの会話の感じは、侯爵の方が年長者であることを伺わせますし、ペネージュさんがリュトレーを「いやな方」と表現する様子はちょっと思いつかない。

>D.Sさん
 今気付きましたがアーヴもちゃんと地上戦の訓練は行うのですね。そういう話だと気付いてなかった私のボケぶりはひどい(苦笑)。
 D.Sさんがスファグノーフ侯爵公子の名を出したのでてっきり「まさかアーヴなのにクラスビュールで事件起こした!?」と思ってしまいました。その後クラスビュールで訓練されてるかと想像しましたが、あくまで一介の訓練生ならそれはなさそう。

> そういう話だと気付いてなかった私のボケぶりはひどい
すいません。ドゥサーニュ編で一応説明したつもりだったため、今回は省いてしまいました。一応地上世界に脱出した時の生存訓練という名目のようですが、そんな機会はほとんどあり得ないので、訓練生に壁や天井のない世界を体験させる、というのが実質的な意味になっているようです。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます