2011-07-23

比翼恋理のだーりん レビュー その6(鈴羽ルート)

いよいよ佳境に突入した「比翼恋理のだーりん」。今回は鈴羽ルートです。

続きを読む(ネタバレ注意) »


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 そろそろ言っていいと思いますが、今回イチ押しのエピソードは鈴羽ルートとまゆりルートです。るかルートは私が好きってだけで。

 「紅莉栖と仲が悪くない」「ラジ館の人工衛星が消えてる」ことから彼女が重要だとすぐにわかりましたよね。

 だーりんの鈴羽と本編の鈴羽では過去に来る理由が変わってますが(未来でどういう人生を送ってきたのかも変わってるはず)、本編のβ世界線鈴羽ほど似て非なるキャラになってないのは何ででしょうね?(そもそもあのくらいの動機で過去に来るかな)

 最後に再び現れた鈴羽、「リンリン」てむしろアンタのあだ名でしょうが。

 一つ非常に不満な点が。
 「阿万音由季の顔グラ出さんかいボケエェ!」

ボクも(まゆしぃルートはプレイ中なので除きます)ストーリーのおもしろさでは鈴羽ルートがよかったです。タイムトラベルの動機がやや弱く、そして鈴羽がそういう行動に致命的に向いていないということは展開上の都合ということで…しかしリンリンはないわ。

そして不満点については激しく同意。亡環のリベリオンで補完するか…

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます