2011-06-15

シュタインズ・ゲート コンプティーク オリジナルドラマCD レビュー

コンプティークの7月号買ってきましたよ。この雑誌買ったの初めてだ。

なんで買ってきたかって、そりゃもう「らき☆すた」の最新話が気になって気になって…うそです。読んだこともないですごめんなさい。

これを買ってきたのはもちろん、レギュラーメンバー総出演の「シュタインズ・ゲート コンプティーク オリジナルドラマCD」が付録だったからに決まってます。早速視聴~♪以下超絶ネタバレにつき隠しておきます。反転してください。

  • ラボメン全員登場のハーレムもの。妄想乙。
  • 舞台はオカリンの高校だが、なぜか高校と関係ないメンバーもその場にいて、その状況にオカリン以外は疑問を抱いていない。結果いつもどおり厨二病…というより完全な病気扱い。
  • オカリン→モテモテ男、ダル・まゆり・るか子→同級生、萌郁→保健室の先生、鈴羽→バイト戦士、フェイリス→電波娘という設定…ほとんどいつもどおりッスね。
  • 中盤でオカリンがBCI(要するに脳内での仮想現実)の実験中であることが判明。舞台はギャルゲ―だが、ダルの趣味によりバッドエンド=主人公死亡。
  • 聞き所はいつもどおりハイレベルな宮野氏の演技と鈴羽の女の子っぽい台詞。そしてクリスティーナのツンのないデレ…と思ったらヤンデレかよ。あとヤバすぎるオチ。
  • 人前で聞くなよ!絶対だからな!
  • おまけで比翼恋理のだ~りんのopソング(ショートVer.)も収録

いやー、雑誌のおまけアイテムとは思えないほどレベル高ェー!とりあえず笑いで腹痛い。シュタゲファンなら940円出す価値はある(シュタゲのPSP用シールも付いてくるし)。

あとどうでもいいのだが、同誌に連載されている「STEINS;GATE 史上最強のスラストフィーバー」、一応オリジナルストーリーに沿っているようだが、キャラが常にハイテンション状態なのでなんか違う作品みたい。これはこれでおもろいです。

6/27追記:「史上最強のスライトフィーバー」だろ、常考。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 妹がコンプを購読してるので聴ける…はずですが、妹は何故か雑誌は来月号が発売されるギリギリのタイミングにならないと買わない、という妙なこだわりを持っているのでまだ聴けてません。

 シュタゲのドラマCDはお金の許す限り買いあさりたいな。オーディオシリーズのミニドラマまで聴こうとするとかなり痛い…。

 4コママンガお好きなはずでしたが、初めての「らき☆すた」はどう思いましたか?

妹さんの気持ち分かる!あれですよ、いつでも手に入ると思うと手に入れる気が薄れるのですよ。逆に品薄と言われるとすぐにでも欲しくなるあれだと思います。
ちなみにコンプティークはシュタゲの影響かあっという間に売れている見たいですよ(Amazonも既に売り切れ)。ギリギリ狙いなら気を付けた方がいいかもしれません。

らき☆すたは…なんていうか、楽しみ方がよく分からないなぁ。すごく笑えるわけでもないし、すごくストーリーがしっかりしているわけでもないし…かわいい女の子のオタクトークを楽しめばいいのか?
でもネタ自体は、「あー確かになぁ」と思わせるものがいくつもありました。まぁたった1号だけ見て評価するのもあれなので、機会があれば単行本も見てみようかと思います。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます