2018-12-27

【ゲーム】年間ゲームレビュー 2018 1/4

2008年からしている毎年恒例の年間ゲームレビューも10周年です。うっかりカウントを間違えていたせいで、今日から始めないと終わりそうにないので、1日前倒しで始めます。全4回です。例によって、プレイ開始が早いものから順に並べています。

今年のレビュー対象は17本ですが、昨年から今年にかけてプレイしたゲーム2本(ディスガイア5、ゼノブレ2)については、昨年のレビューを更新しています。

総評は大体以下の通りです。あと☆は★半分の意味。

  • ★★★★★★以上…神。人生でベスト10に入るくらいのゲーム。
  • ★★★★★…傑作。ハードごと購入してでもプレイする価値のある作品。
  • ★★★★…名作。ハードを持っているならぜひプレイすべき作品。または傑作だが人を選びそうな作品。
  • ★★★…良作。何か波長が合うところがあれば十分プレイする選択肢に入る作品。
  • ★★…凡作。特筆すべき事がない作品。もしくは全体的には良作レベルだが、致命的な問題点がある作品。
  • ★…駄作。とても人には勧められない作品。
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ プラットフォーム Andriod/iOS
メーカー コロプラ
ジャンル クイズ&カードバトルRPG
公式 クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ | 株式会社コロプラ
プレイ時間 プレイ中(H25.10~)
レビュー なし
総評 ★★★★

ついに6年目に突入してしまったクイズゲー。最近はちょっとガチャ運に見放されている感はありますけど、限定ガチャも大体30連位は回せるようになってきたので大爆死することはほぼなくなりました。今年の年末年始のイベントも豊富で、コロプラがまだまだ力を入れてくれていることを有り難く思っています。今年解放されたクルイサは1年かけてようやく攻略出来ましたが難易度高すぎ。イーニア・ハーメティック・ソルルスト・ラクトリティシア・ウォルヴィアラ・メメスリスムルナ・ストラマー3世先生は俺の嫁。

※画像はhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.colopl.quizwizより引用

プラットフォーム PlayStation Vita
メーカー 角川ゲームス
ジャンル ストーリーRPG
公式 英雄伝説 碧の軌跡 Evolution
プレイ時間 112時間(H30.1~5)
レビュー 【ゲーム】英雄伝説 碧の軌跡 Evolution レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
軌跡シリーズの第5作目のリメイク版。いつも通りの王道RPGですが、今回はシリーズの中でもストーリーの良さが光りました。特にフィクションでありがちな、「多少犠牲は出るけど大局的に見れば人類は幸せになれる」というプランを提示するラスボスに対し、感情論以外で反論ができるか、という命題にきちんとした答えを出しているのは評価したいところ。世界観が重厚なRPGをプレイしたい層にはこのシリーズはぜひおすすめしたい。シリーズは現在第9作まで出ていますが、来年中にはしっかり追いつきたいです。ティオは俺の嫁。
プラットフォーム Oculus Rift / HTC Vive / WindowsMixedReality / PlayStation VR
メーカー 自転車創業
ジャンル VR専用コミュニケーション謎解きアドベンチャーゲーム
公式 『星の欠片の物語、ひとかけら版』
プレイ時間 5時間(H30.2)
レビュー 【ゲーム】星の欠片の物語、ひとかけら版 レビュー | Y.A.S.
総評 ★★★★
VRゲームによるVRゲームのためのVRゲーム。ジャンル的には脱出ゲームに近いシステムになっています。VRの不自由なところを上手に演出として昇華し、勇なまVRとはまた異なる方向で世界観ときっちり融合させているVRゲームの秀作。謎解きもほどよい難易度で、いつの間にか時間を忘れてプレイしてしまいました。こういうゲームがしたくてPSVR買ったんだよ。売れれば本編(本作は体験版の位置づけです)が開発されると思いますのでみんな!買いましょう!ヒロインは俺の嫁。
プラットフォーム PlayStation®4/PlayStation®Vita/Nintendo Switch™/Steam®
メーカー コーエーテクモゲームス
ジャンル 錬金術再生RPG
公式 リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜
プレイ時間 91時間(H30.2~H30.6)
レビュー 【ゲーム】リディー&スールのアトリエ~不思議な絵画の錬金術士~ レビュー | Y.A.S.
総評 ★★☆
アトリエの不思議シリーズ3部作の最終作。最近のアトリエシリーズは長い下り坂を下りていっている気がして少し心配なのですが、この作品も残念ながらその評価を覆すには至りませんでした。今回システムはだいぶフラッシュアップされていて悪くなかったのですが、メインストーリーがひどかったのが足を引っ張ってましたね。アトリエのキャラは人格者が多いのですが、頭が悪い人格者だけだと話がぐだぐだになるので、その辺りのさじ加減にはもう少し気を使ってほしかったです。とまあ愚痴は言いましたが、ルーシャの可愛さで全て救われた気がします。ルーシャは俺の嫁。

よく考えたら、星の欠片の物語以降VRゲームをプレイしていないですね。やりたいゲームがないわけではないのですが、それ以外のゲームが忙しくてそっちに手を伸ばす余裕が…。狼と香辛料VRは絶対プレイします!あ、来月半ばまでクラウドファンディングやってますから、ファンの方はぜひ支援しましょう。yukkun20もわずかながら協力させて頂きました。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>VRゲームによるVRゲームのためのVRゲーム
 言い得て妙。私のレビューや年末の総括でも書きましたけど、VRゲームへの理解度がこれほど高次元なゲームはそうそうないはず。
>星の欠片の物語以降VRゲームをプレイしていないですね
 ワンピースVRがおススメです。

> ワンピースVRがおススメです。
「やりたいソフト」って書いたのはこれのことですね。いつになるかはわかりませんが。

不思議シリーズは黄昏シリーズに比べると
キャラが印象が残らないのが残念
リディーとスールはかわいいと思ったけど
かわいいだけなんだよなぁ・・

> 黄昏シリーズに比べるとキャラが印象が残らないのが残念
すごくよくわかります。物事を深く考えるキャラが少ないような気がする。

自分も今年のアニメレビュー
書くか

>「やりたいソフト」って書いたのはこれのことですね
 なるほど。リリースから結構経つので、セール狙った方がいいかも。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます