2018-12-05

【ラジオCD】真帆とかがりのコドモの科学ラジオ レビュー

シュタゲゼロのBD2巻初回特典のラジオCDです。BD自体の感想はこちら。

真帆とかがりのコドモの科学ラジオ

価格:非売品
収録時間:約44分

レビュー

オープニング

中学生のような見た目の真帆役の矢作紗友里さんと、リアル子供のシーンがあるかがり役の潘めぐみさんがラジオの体で送るトークCDです。ちなみにタイトルは「大人の科学ラジオ」の分家というポジションだからです。なおBD4巻と6巻にも収録予定。

ゲストトーク

ゲストはミンゴスです。聞いていて思ったんですが、ミンゴストーク上手い。シュタゲラジオだとミンゴスより濃いキャラの人が目立つ(宮野氏や関氏やジョイマックス氏)ことが多いので若干影に隠れている感がありますが、この人一人でしゃべっていても面白いし、司会の二人を立たせながらのトークも楽しい。引き出しも多いしゲームも上手いし、台本を無視したと思ったらきっちりあとのところで帳尻合わせたりして、ミンゴスの底力を感じますね。

矢作「(紅莉栖とAmadeusの)演じ分けで意識したことは何かございますか?」
今井「それは、受け取る人の問題だと私は思うの。そういうものじゃない?そりゃ私は私の中で考えてることはもちろんあるわ」
矢作「それを言ってほしい…」
今井「それを語るのってどうなのって思うわけ。受け取る人がそう思えばそうだろうし、受け取る人が感じられなかったら…演じ分けはないんだなって」
矢作「めんどくせぇーw」
※ミンゴスの名誉のために言っておくと、この後めっちゃ深くて真面目なトークがありました。やっぱり一流の役者さんは考えることが違うわ。

レスキネンの講演シーン(真帆が通訳しているシーン)は、上田さんがきちんと言語指導を受けながら演じてくださったそうです。真央の声が被せられているのでほとんど聞こえないらしいですが。

シュタゲゼロ 個人的ハイライト

8話まででキャストが注目してほしいポイントを紹介するコーナーです。真帆の髪があまりにボサボサなので、前髪自分で切ってる疑惑が…

ミンゴスはもちろん8話でリアル紅莉栖が登場したシーンでした。なおその中でもダルが「あけおめことよろ」と言ったシーンである。
※ミンゴスの名誉のために言っておくと、この後めっちゃ深くて真面目なダルに関するトークがありました。いや、リアル紅莉栖の話をしてよ!

選抜遊戯のシュタゲゼロ

お題に沿ったシュタゲのキャラをそれぞれのキャストが選ぶというゲームです。お題は「3人組アイドル」。

矢作さんは「カエデ・まゆり・萌郁」。母性…というか包み込む的な優しさな意味で。

潘さんは「るか子・オカリン・ダル」。なおレスキネンPでユニット名が「だが男だ」。

今井さんは「鈴羽・由季・ダル」の「橋田家」。というかアイドル縛りなのにダルが2回登場するとかどうなってんのよ。

なおお題が1つしかないのは、それまでミンゴスが進行無視して長話したからです(笑)

エンディング

2回目以降のゲストは未定なのですが、全員関氏の登場を期待しつつ恐れてました。

早めに4巻のレビューもしたいですね。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます