2018-10-08

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第23話 無限遠点のアークライト レビュー

世界樹の迷宮Xクリアしたー。3つあるエンディングも全部見られました。もうすぐ終わると思ってから急にて気が強くなりすぎぃ!そのうちレビュー書きます。

そしてシュタゲゼロの小説も読み終わりました。こっちもそのうちレビューします。

さて、いよいよアニメも最終話ですね。正座して見ます。

シュタインズゲート ゼロ 第23話 無限遠点のアークライト

アバン

オカリンと真帆の絆が断たれなくて良かったー。これやっぱりシュタゲ世界線で再会あるよね?そしてらぶchuchuプリーズ!

Aパート

この期に及んでかがり、萌郁、レスキネンと不安要素多すぎ!オカリンの精神消耗半端ないわ。しかしここでラボメンナンバー005が来たー!正直オカリンがα世界線で萌郁をラボメン認定するにはきっかけが足りないと思っていたのでこれはいいオリジナルエピソード。

しかし代わりにレイエス教授割くっちゃいましたね。別の世界線ではあんなに活躍したのに、この世界線ではあっさりやられすぎ。

かがりとまゆりの別れのシーンも、マザーグースのテイストが存分に押し込まれてますね。そしてついにオカリンもまゆしぃのことを「人質」ではなく、オペレーションを託すに足りる「ラボメン」として呼びかけました。でも最後は「人質」として助け出しに行く…「まかせろ!」という不敵な笑みがかっこよすぎるわ!

最後オカリンがまゆり達の行く末を観測したのも、まさにオカリンの覚悟というか確信というかが現れてますよね。最後のポーズもかっこいい!

Bパート

サブタイトル通り、無限遠点のアークライトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!これが映像化される時をどれほどの長さ待ちわびたか。

そしてまゆりの圧倒的ヒロイン力よ。美味しいところは紅莉栖に持って行かれても、なんだかんだで最後はやっぱりまゆりなんだよなぁ。

最後は交差座標のスターダスト。もう完璧すぎませんかね…

オカリンのムービーメール、意外と真面目に撮影していて(笑)

この最後の世界線にいない面々ですけど、以下の通りでOK?

  • まゆり・未来鈴羽…2011年にタイムマシンで旅立って行方不明
  • 紅莉栖…2010年に死亡
  • 萌郁…さすがにSERNのラウンダーにタイムマシン開発を知られるわけにはいかないのでハブ
  • 子供かがり…まゆりがいないのでワルキューレと接点がない

ここでGate of Steinerが流れるのも憎いですね。プレイヤーが最初にタイムマシンを見る時に流れている曲ですから。

Cパート

そして最後に執念オカリンもきっちりハッピーエンドまで連れて行く隙のなさ。神アニメかよ。

感想

終゛わ゛り゛ま゛し゛た゛ね゛(yukkun20は泣いてます)。最終話は「交差座標のスターダスト」だと思ってましたがまさかのアルタイルとは。ゲーム版でのほぼ唯一の不満点が、世界線を越えたまゆりと鈴羽がなにをしていたのかがよく分からないというところでしたが(ドラマCDβも2010年の作品ですからね)、アニメでは見事にそれを補完し、さらにそれを越えるエンディングまで見せてくれとは…。今期も最高でしたね!円盤買ったことを微塵も後悔させない最高のアニメでした。何度も言ってますけど、本当にシュタゲのある時代に生きていて良かったです。

これ見たらオリジナル版のアニメ見たくなったのでとりあえず23話と24話見ました。そしてオリジナル版見るとこのアニメ見たくなる。まさに無限ループ。

あ、シュタゲエリートも始めました。思った以上にアニメアニメしててびっくり。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>これやっぱりシュタゲ世界線で再会あるよね?
 そうでなければ全俺が許さんw。

>しかしここでラボメンナンバー005が来たー!
 アニメゼロに於いて萌郁が一貫して味方だったのは安心した。予想が外れてくれてよかった。萌郁ファンの多くも同じ気持ちのはず(悪に堕ちてこその萌郁さんだ!って見解もありそうだけどw)。
>レイエス教授割くっちゃいましたね
 まあ原作でも、そんなに魅力あるキャラじゃなかったですから…(禁句)。
>オカリンもまゆしぃのことを「人質」ではなく、オペレーションを託すに足りる「ラボメン」として呼びかけました。でも最後は「人質」として助け出しに行く…「まかせろ!」という不敵な笑みがかっこよすぎるわ!
 ゲームや原作小説とは違うくだりでしたが、これはこれで感動した。
>オカリンがまゆり達の行く末を観測したのも、まさにオカリンの覚悟というか確信というかが現れてますよね
 「今度こそ成功する」自信あったし、心の底から安心したでしょう。

>無限遠点のアークライトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!これが映像化される時をどれほどの長さ待ちわびたか
 ドラマCDを聞いてない人は、「このエピソード何!?」と思ったでしょう。我々知ってるユーザーは、「最後スターダストじゃなくアークライトかー!」と思ったでしょう。それもミスリードだったんですがw。
>まゆりの圧倒的ヒロイン力よ。美味しいところは紅莉栖に持って行かれても、なんだかんだで最後はやっぱりまゆりなんだよなぁ
 アニメゼロ最大の不満点は、マホマホのヒロイン力が弱くなってたことなんですよねえ。無印のヒロインは紅莉栖、だーりんのヒロインはまゆり、フェノグラムのヒロインは綯w、そしてゼロのヒロインは真帆と位置付けてたので、もっとオカリンが惚れてしまいそうなこと、やってほしかった。
>交差座標のスターダスト。もう完璧すぎませんかね…
 「アークライトがラストならスターダストはないのかな?」と思ってたらこれだよ。千代丸さんをクズ呼ばわりはありえなくなりましたw。
>SERNのラウンダーにタイムマシン開発を知られるわけにはいかないのでハブ
 萌郁がいないのはゲームでも不満点でした。原作小説にはいたのに。同じラウンダーの店長に秘密を告白して味方につけたんだから、この理由は苦しいんじゃない?
>Gate of Steinerが流れるのも憎いですね。プレイヤーが最初にタイムマシンを見る時に流れている曲ですから
 シュタゲの楽曲は志倉さんが目立ちがちだけど、阿保さんも一流のコンポーザーなんだよな。

>最後に執念オカリンもきっちりハッピーエンドまで連れて行く隙のなさ。神アニメかよ
 絶対に見逃してはならないラストだったでしょ?まさか20000年前とは。星空のカットも憎い。まさに神アニメです。

>本当にシュタゲのある時代に生きていて良かったです
 自分が生きてる時代に素晴らしい作品や作家がある、とは本当に幸運なことです。
>思った以上にアニメアニメしててびっくり
 ほほう、楽しみだ。だけど私はその前にロボノダッシュ。

> アニメゼロに於いて萌郁が一貫して味方だったのは安心した。
でしたねー。いつ裏切るのかというドキドキ感はありましたがw最後も美味しい登場でした。
> マホマホのヒロイン力が弱くなってたことなんですよねえ。
そこは同意。スターダストの別れのシーンも、ゲームの時ほどはぐっときませんでした。まあ今回はまゆりはもちろん、Amadeusにダル(?)にとライバルが多すぎましたからね。
> 同じラウンダーの店長に秘密を告白して味方につけたんだから、この理由は苦しいんじゃない?
タイムマシンのことも言ってましたっけ?まあ世界線を移動した説明をしていることは確実なので、タイムマシンにも触れざるを得ないのかもしれませんが。…はっ!もしや逆か!萌郁が仲間になっていないんじゃなくて、萌郁と天王寺の両方がラボメンになっているということか!(え

これの後にシュタゲ エリートをやると
感傷深いものがありますよね
そしてロボノに出るダルの活躍も楽しみになってきました
しかしここまでやってくれると シュタインゲートのメディア展開は
今年でおしまいな気もします
ですが若いうちにこの作品に会えたことを感謝します

後いずれ300委員会を倒してこの世界が本当の意味で救われる日を待ってます

うむ。しかしエリートやってまず感じたのが、初期まゆりの演技が今と結構違うなってことですね。やっぱり幼い感じがあるし、不思議ちゃん的な側面も強調されているように感じます。
> シュタインゲートのメディア展開は今年でおしまいな気もします
まだシュタゲゼロエリートもシュタゲゼロchuchuもAntimatterも残ってるだろ!(血涙

しかし 色んなことやってくれるのはいいのですが
実写映画化だけは絶対やめてください!
あの岡部を再現できる役者 いないと思います!

 舞台化ならとっくにされてまっせ。

>初期まゆりの演技が今と結構違うなってことです
 再録じゃないんだw。そうなんですよね、声優陣にあれほど気に入られている作品ですけど、初期はまだ皆さん本気ではなかったんですよ。

いやぁ、短い尺ながらも見たい演出・見たい場面、見させていただきました。ありがとうアニメスタッフ!
願望はしていましたけど、本当に流れると嬉しかったなぁ「Hacking to the gate」w
21話でスカイクラッドの観測者は流しているし、あれは無印だからこそヒカル演出ですからね、
ゼロの場合は無印へつながる「Hacking to the gate」以外ありえない…とは思ってはいましたが。

>子供かがり
あのときは2025年なので、2036年で推定10歳のかがりはまだ生まれてもいないか、よくて1歳かと。

>同じラウンダーの店長に秘密を告白して味方につけたんだから、この理由は苦しいんじゃない
今回、アマデウスがいない世界線になっているので、協力取り付けているのか微妙なところですかね。
かがりのパターンも違ってきそうですし、この世界線の鳳凰院凶真がどんな行動とったか、
リーディングシュタイナー発動後のオカリンがどんな行動をしたか、によるとは思いますが。

>萌郁
原作小説版だと確かあの場面に萌郁さんいたはずですが、あちらと違ってワルキューレに行く理由はこの世界線だと薄いですしね。
裏で協力関係…というパターンはあるかもですが、FBとまだ繋がりのあるこの世界線ではワルキューレに所属は難しいでしょうし。

それはそれとして、萌郁さん、オートマトン並の出来事がなかったかわりに全編にわたって大活躍ですね。
少なくとも、今回の世界線はかがりもレスキネン教授も(あとレイエス教授も)早いので
彼女が自分の意志で来なければオペレーション・アークライトに間に合いませんでしたし。

>マホマホのヒロイン力
シリーズ構成の花田十輝さんも尺があればもっと真帆いじりしたかったそうですし、
ここら辺は仕方ない面もありますかねw あのプラトニックな恋愛場面は既プレイ勢からすると絶妙な匙加減で成り立ってますし

>まさか20000年前
これで宮野真守さんはウルトラマンゼロ、ゴジラに次いで20000万年繋がりが生まれることにw(待て

原作のスターダスト唯一の不満点がもっと長くやってほしかった、という点なのですが、
具体的にどういうのがほしかったのか自分でも曖昧だったんですよね(2025年までの描写とか2036年までの描写、とかいろいろ考えはしました)

でも今回のCパートで全部解決…というか衝撃が走りました。
少なくとも自分がほしかったのはこの場面だったんだなって……何度もリピートしましたよ

>実写映画化だけは絶対やめてください
確か千代丸氏の実写ドラマ案は「恋愛要素を強めて、タイムマシンをガジェットにした探偵物」でしたっけ?

>レイエス教授
わり食ってしまいましたが、彼女がいなかったら毎週の予告の「次はどんな展開なんだ!?」なハラハラ感はなかったので、
存在自体をカットしなかったのは正解だと思います(彼女が出なくてもEU、ロシア、アメリカで物語は成立しますからね)。
アニメ初見勢ならともかく、既プレイ勢がアニメでは回収されていないけど、ゲームでは描写されている伏線のないシュタゲゼロ見ても、
構造的にはすっきりしているでしょうけど予告は楽しめなかったでしょうし……結局展開には驚くかもですがw

せっかくあのD-RINE来てますし、OVA枠の24話でレイエス教授編やっても面白そうw
もちろん、アニメの展開上途中でフェードアウトした中瀬さんたちをフィーチャーしても良いとは思いますが。

>初期はまだ皆さん本気ではなかったんですよ
というよりキャラをつかみ切れていなかったって言うほうが正しいかと。
関さんの通称ダルガメッシュが今のオタクボイスになるまで結構四苦八苦してたみたいですしw

声優陣は呼んでくれれば再録したそうですけど、ここら辺は一長一短ですかね。
ELITEをよりブラッシュアップして、α世界線の未来やゼロルートにいけるようになったELITE ELITEが来るなら、
再録もいけるはず!(待て

>DFNEXTさん
 色々ツッコみありがとうございますw。
>宮野真守さんはウルトラマンゼロ、ゴジラに次いで20000万年繋がりが生まれることにw
 そこ触れますかw。ていうかウルトラマンの年齢2万歳なのは知ってましたが、ゴジラの2万年ってなんだろ思たら、アニメのやつですか…。オタとして観なきゃいけないかな。
>今回のCパートで全部解決…というか衝撃が走りました
 スターダストとアークライトに開いてた穴を見事に埋めてくれました。感動しかない。本物の神アニメでしたよ…!

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます