2018-08-10

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第16話 無限遠点のアルタイル レビュー

ついにこのエピソードが来てしまったか。

シュタインズゲート ゼロ 第16話 無限遠点のアルタイル

アバン

ミスターブラウンの「家賃上げっぞ!」の台詞すら懐かしいですね。しかし火を噴いたにもかかわらず全く破損がない電子レンジが丈夫すぎる。

Aパート

萌郁さんまだかがり探してたのか…土下座しないと行けないのはオカリンの方ですよ。

普段あんまり喜以外の感情を出さないまゆしぃが感情を必死に押さえているところが泣ける…まゆりもあの時からずっと後悔を抱えて生きているんですよね。そして花澤さんの演技力もさすが。

るか子が男装してる!と思ってしまった自分は末期なのでしょうか。

ラボに来たのがオカリンというシチュエーションはもちろんヤバイんですけど、来たのが由季だったらもっとヤバかった気がする。浮気的な意味で。

つーかゲルバナそのままゴミ箱に放り込んでるのかよ!ゲル状のものはせめてビニール袋とかに入れときましょうよ…

Bパート

とりあえずシリアスシーンの時は服を着ろw

あれ…オカリンとダルのケンカのシーンってこんなに熱くて心を打つシーンでしたっけ…?ゲームだと「まあダルや真帆の気持ちも分かるけど、オカリンの苦労を考えるとさすがにオカリンの味方したいわ」という感想でしたけど、今回はダルに同意だわ。つーか関さんの本気もさすがとしか。ただやっぱり真帆の言い分には納得しづらいものが。

まゆしぃとオカリンのシーンってオリジナルですよね…?しかしこれオカリンからしたら辛いよなぁ。まゆりの性格からして、紅莉栖のことを知ったらこの先心からの笑顔で生きて行くことが出来なくなることは分かりきってますからね。でも結局自分のミスで知られてしまって、目の前で泣かれてしまって、今回オカリンにとって試練が多すぎる!

感想

最高の日常回でしたね!由季に関するゲームとアニメの違いをうまく使ったエピソードだったと思います。ゲームやってると鈴羽の余裕のなさというか、目的のために手段を選ばないところがどうしても目立ってしまうんですけど、今回のエピソードで鈴羽が背負っているものの大きさに改めて気づかされましたね。

次回はついに重要な分岐のあるあの回か…まさかとは思いますがここでまゆりが永久離脱…ってことはないですよね?ここからまゆり視点になる展開もあるかもしれないけど、そうするともうエンディングまっしぐらですし、果たしてどう尺を繋ぐのか非常に気になります。

その他、次回で永久離脱しそうな人はもう一人いるのでその人の運命も心配だし、黒幕の正体も明らかになりそうなので話が大きく動きそうですね。来週が待ち遠しすぎる。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>るか子が男装してる!
冬服バージョンとかもそうですが、本当に男装にしか見えないw(無印のセーラー服の方がしっくりくる)
けれど、ある程度女性よりなら服装だと男性に見えるのが不思議なバランス(個人的に)

そして、このシーンこそ「るかまゆ」派の悩みどころを現す部分!
「るかまゆ」自体はありえるレベルの関係性…だけど、それが成立する場合はシュタゲという作品だと負けヒロイン同士がくっついたみたいになってしまうジレンマ……(謎のカップリング理論)

>今回はダルに同意
ゲームだとある程度巻き込まれ状態でしたが、アニメ版だといろいろあったこともあってオカリンがより現実きちんと見てない部分もありますしね。
「俺に紅莉栖を救えというな」「α世界線には戻りたくない」っていうオカリンの意見は正論であり、妥当ではありますが、
オカリンの言うとおり(世界線の収束等)なら確実に第三次世界大戦起きるこの世界線の未来で、鈴羽が頑張らない理由がないし、
嫁も娘も友人も戦争に巻き込まれる未来を知ったダルも行動を起こさないわけがない。
仮に真帆たちが行動を起こさないとしても、そもそもロシアの実験でα世界線に飛ばされたのだから、意味が薄い。

その状態でダルに留学誘ったりとかしてますからね、オカリン(自分がいくだけならともかく)。
これはスティグマないしリナシメントに叩き込みたい気もします……w

「タイムマシンを使わずに第三次世界大戦が起こる未来を回避する」って考えまで回復したのはまだマシですけど、
オカリン自身の言い分を通すなら、それすらほぼ不可能に近いですからね。

>ただやっぱり真帆の言い分には納得しづらいものが。
彼女のあの言い分はアルタイルではなく、リナシメントで初めて成立しますからね。
アルタイル→ドラマCDの世界線だと、微妙なところですし。

>果たしてどう尺を繋ぐのか
というわけで、やはり自分は「スティグマ」一話、「リナシメント」(最低)二話を希望したいところですね。
残りは18,19,20,21,22,23の六話(と+α)。
一部展開はともかくゼロで一番盛り上がるのはアルタイルよりもリナシメントの某シーンだと個人的に思っているので、
あとはアークライトとスターダストに繋げれば……まあ、スターダストは某シーンだけでも十分で、
アークライトのまゆりパートから無印23話に繋げるだけでも十分とも言えますが

>土下座しないと行けないのはオカリンの方ですよ
 全くだ。
>普段あんまり喜以外の感情を出さないまゆしぃが感情を必死に押さえているところが泣ける
 本当は熱い血を秘めている子なんですよ。
>るか子が男装してる!と思ってしまった自分は末期なのでしょうか
 ゼロの原作の原作に当たる外伝小説三部作で彼、学ラン着てましたが、違和感バリバリだったw。

>とりあえずシリアスシーンの時は服を着ろw
 なんでさ!比屋定さんのセミヌードシーン、とっても肝心なwカットでしょうが!ヽ(`Д´)ノ スタッフ様ありがとうありがとう!
>オカリンとダルのケンカのシーンってこんなに熱くて心を打つシーンでしたっけ…?
 演出や台詞が大幅補強されてましたね。ここ観るとダルやマホマホの味方するしかない。
>ただやっぱり真帆の言い分には納得しづらいものが
 私は説得力あると思った。オカリンも真帆も、科学における”神”の問題から逃げてないとわかる問答で、ゼロにおける密かな見せ場。
>まゆりの性格からして、紅莉栖のことを知ったらこの先心からの笑顔で生きて行くことが出来なくなることは分かりきってますからね
 いつもにこにこしてるまゆりの激情ほとばしるシーンで、よかったです。

>DFNEXTさん
>ある程度女性よりなら服装だと男性に見えるのが不思議なバランス(個人的に)
 そゆ意味で、るかのデザインって絶妙ですよね。
>このシーンこそ「るかまゆ」派の悩みどころを現す部分!
 全然アリです!つか、オカリンに振られたまゆりとくっつくの許せる男子、他にいる?w
>それが成立する場合はシュタゲという作品だと負けヒロイン同士がくっついたみたいになってしまうジレンマ…
 負けヒロイン同士くっついてもいいじゃないすか。オカリンに振られたるかなら、まゆりを任せられますよ。
>やはり自分は「スティグマ」一話、「リナシメント」(最低)二話を希望したいところですね
 私もこの後スティグマからリナシメントに続くのだと予想してます。「オートマトン」を入れられそうにないのちょっと残念。以前アルタイルを最後だと思った私は読みが浅いな…。
>ゼロで一番盛り上がるのはアルタイルよりもリナシメントの某シーンだと個人的に思っているので
 オカリンのアレですな。私もリナシメントのやつのが好き。
>あとはアークライトとスターダストに繋げれば……まあ、スターダストは某シーンだけでも十分で、アークライトのまゆりパートから無印23話に繋げるだけでも十分とも言えますが
 この尺ならなんとかアークライトとスターダストは入りそうですね。スターダストはホントサラッとでいいので。

> 「るかまゆ」自体はありえるレベルの関係性…だけど、それが成立する場合はシュタゲという作品だと負けヒロイン同士がくっついたみたいになってしまうジレンマ…
うわーこれなんかわかるわ。でもオカリンと紅莉栖の幸せを見守ることを決めたまゆりのことを幸せに出来るのはるか子だけだという確信もあります。…るか子、女の子も愛せますよね?
> オカリンがより現実きちんと見てない部分もありますしね。
オカリンにとって、α世界線=まゆりの死はどうやっても避けられない運命ですが、第三次世界大戦は確定的に観測した事実ではないので、世界大戦が起こらない方に賭けたい気持ちは分かります。でも鈴羽の存在そのものがそれを否定しているわけで、そりゃ鈴羽と険悪な空気になるのも仕方ない。そういう人間だれもが持つ弱さみたいなものをオカリンには感じますね。とはいえ
> その状態でダルに留学誘ったりとかしてますからね、オカリン
さすがにこれはないと思うお。
> 果たしてどう尺を繋ぐのか
う…スティグマ派が優勢か。実はyukkun20はオートマトン→リナシメントという流れに期待しています。次回で黒幕の正体が分かり、そこからタイムリープで過去に戻り先手を打ったもののもう一人の黒幕のせいで失敗しAmadeus(とついでに萌郁)を失う、再度戻ってその黒幕も撃破…的な。でもタイムリープマシンは戻れる範囲に限界があるか。でも負荷領域のデジャヴで限界突破してたような気がするのでその辺でどうにかこうにか。ただスティグマ入れないと黒幕1の非道さがいまいち伝わりづらいからな。
> オカリンのアレですな。私もリナシメントのやつのが好き。
あのシーンを入れないのはあり得ないですよね。

おおっと、アークライトとスターダストを逆にしてた。

落ち着いてください!
ダンガンロンパの議論スクラムみたいですよ!

カリギュラ オーバードーズ 感想
https://blogs.yahoo.co.jp/matomeria/16427083.html

 なんで落ち着くの?議論スクラム、楽しいじゃんw。

全論破される yukyuさん乙

別に、ロンパしてはいませんよ?w

>まゆりのことを幸せに出来るのはるか子だけだという確信もあります。…るか子、女の子も愛せますよね?
 ていうか、「まゆりならば」愛せると思います(このカップリング、DFNEXTさんに指摘されて初めて思いつきましたがw)。

 最近気づいたんですが、昔、期待されてた「STEINS;GATE -The Committee Of Antimatter-」が発売中止になったのって、ゼロ製作が決まっちゃったから、なんでしょうね。この小説は真帆やかがりの存在を構想に入れずに書かれたでしょう(外伝小説三部作より後の作品ですけど、多分。ましてラボメンになってるなど)。彼女らがいないシュタインズゲート世界線の未来、今では許されない。
 ハッ!と言うことは、ゼロの物語に区切りがつくアニメ完結以後なら、再執筆あり得る!?

> 「STEINS;GATE -The Committee Of Antimatter-」
うむ、懐かしいネタ。確かに復活はあるかも。あのアシンメトリな髪型の綯様はどこかで復活させて頂きたいところ。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます