【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第8話 二律背反のデュアル レビュー | Y.A.S.

2018-06-08

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第8話 二律背反のデュアル レビュー

勢いに任せて紅莉栖のねんどろいどを買ってしまった。

シュタインズゲート ゼロ 第8話 二律背反のデュアル

アバン

オカリンはこの世界線でも黒い服を着ている…ということは、こっちではまゆりが死んだことで厨二病を止めたのでしょうか。

Aパート

紅莉栖の反応は、恋人同士という感じではないので、この世界線ではやっぱり紅莉栖とは深い関係になってないのかなぁ。原作では紅莉栖との邂逅はすぐ終わってしまい、それはそれで余韻があってよかったのですが、そこの尺を伸ばしてくるとは、神回か。

フブキィ・ニャンニャンとはいい展開。

ダルがいいヤツすぎる。この世界線のダルからすれば、ほんの数ヶ月の付き合いの紅莉栖より、長年の友人のまゆりの方が多分大事な人だったはず。そのまゆりをオカリンが好きな女を救うために犠牲にしたような形になっているわけで、普通に考えるとオカリンと友人関係を続けるのは難しいはず。なのにわざわざ声をかけて、メイクイーンに連れて行き、さらに諫言も出来て、おまけに事情まで察するとか、なんだこの聖人君子は。

そして夕暮れの紅莉栖との会話シーンいいですね…これSGで描かれた、UPX前での二人の会話シーンのリフレインですよね。

Bパート

紅莉栖キャワ(・∀・)イイ!!もうこっちの世界線でよくね?(最悪

もう既に、Dメール消した時と、ラジ館の時と2回紅莉栖を殺しているオカリンにこの選択は辛すぎるわ。

オカリンは椎名家の墓の場所を知っているはずだから、到着して初めて目的地に気づいたっていうのはおかしいような。

そして忘れろって言ったくせにこの仕打ち。やっぱり助手は最高だー!

あとあのDメール、原作ではどういう内容なのか全然分からなかったけど、この展開には納得だわー。あの瞬間、紅莉栖がラボに入ったわずかなタイミングの差で、未来が分岐してたんですね…(´;ω;`)ブワッ

感想

うう…なんという神回。涙が止まりません。正直原作ではこのエピソードの尺が短すぎるよこのヤローと思ってましたけど、すべてはアニメ版で補完するための壮大な焦らしプレイだったんですね!生きてて良かった。シュタゲに出会えて良かった。

今回はストーリーも、声優陣(特に宮野氏とミンゴス)の演技も、BGMも、すべてが最高でした。紅莉栖との思い出を抱いてβ世界線に戻ったオカリンの執念に期待ですね。

…ってあれ?次回のサブタイは永劫回帰のパンドラ?ということは無限遠点のアルタイルルートも絡めた1本のエピソードになるのかな?


トラックバック URL

コメント & トラックバック

 裏切られなかったっしょ?ニヨニヨ。

>オカリンはこの世界線でも黒い服を着ている…
 まゆりの喪に服していると。
>そこの尺を伸ばしてくるとは、神回か
 本物紅莉栖ちゃんの出番が、ここまであると思わなかった。ハグシーン、よいものですな。それより湯上がりシーンとかなんだよ!萌え殺す気か!www
>ダルがいいヤツすぎる
 ネ申
>オカリンは椎名家の墓の場所を知っているはずだから
 ヤコブの梯子が下りるところ、”まゆり、岡部を連れて行かないで。こっちに帰って来て”という紅莉栖の真心が暖かすぎてもう…!(´;ω;`)ブワッ
>そして忘れろって言ったくせにこの仕打ち。やっぱり助手は最高だー!
 シュタゲにキスシーンは数あれど、これは最高の中の最高だった。
>あの瞬間、紅莉栖がラボに入ったわずかなタイミングの差で、未来が分岐してたんですね…
 ああーそういうことだったのか。私は見事に「なにも変わってないんじゃね?」と誤解したorz。

 たかが8話目でこのクオリティ、テンションとは…。更なる神回待ってるの期待するじゃねーか!どーしてくれる千代丸ううう!!!wwwww

> ヤコブの梯子が下りるところ、”まゆり、岡部を連れて行かないで。こっちに帰って来て”という紅莉栖の真心が暖かすぎてもう…!(´;ω;`)ブワッ
あそこもオカリンがまゆりを人質にしたシーンのリフレインですよね。
> 私は見事に「なにも変わってないんじゃね?」と誤解したorz。
今回登場した世界線では、最初のDメールを消去する直前に紅莉栖が告白しちゃったせいで、オカリンはDメール消去出来なかったんですよね。紅莉栖もオカリンとまゆりに相当負い目を感じながら生きてるんでしょうね…泣ける。

今回のDメールはα世界線とβ世界線に直接の因果関係がないからこそ可能な手段ですね(アトラクタフィールドが違うため)。
『哀心迷図のバベル』のシーンがあった以上、紅莉栖は「父親の気持ちを知る」「留未穂と友達になる」「岡部ならまゆりも自分も死なない世界線にきっとたどり着ける」等々あっての告白だったでしょうから、メンタルダメージ凄かっただろうなぁ。

そして劇場版BGMにオマージュと個人的には大盛り上がりどころですよ。
賛否はありましたが、自分は劇場版というか負荷領域のデジャヴの物語好きなので(オカリンが孤独の観測者を卒業する話ですから)。

さて、他のサイトで挙げられている疑問の一つとして「中瀬さんとオカリンがコミマの写真に写っているのになんで初めまして?」がありますが、伏線だったら面白そうですよね(一応、リーディングシュタイナーのタイミングの差異でも説明はつきますし)。個人的にはオカリンがコミマ行ってる余裕もなさそうなので、ダルの合成写真説を上げていますがw

> 劇場版BGMにオマージュと個人的には大盛り上がりどころですよ。
僕もあそこで劇場版が来るとは思いませんでした。劇場版いいですよね!?オカリンの苦悩を紅莉栖が深く理解する、重要なエピソードだと思います。
> 「中瀬さんとオカリンがコミマの写真に写っているのになんで初めまして?」
ああ…全然気づかなかった。あれ去年の夏コミマですよね?確かにオカリンがコミマに行ける精神状態ではないような。もし行ったのだとすれば、無印本編のるかルートみたいに、最後の思い出作りとして行ったってことなのかなぁ。
> ダルの合成写真説を上げていますがw
ひ ど す ぎ る w

>オカリンがまゆりを人質にしたシーンのリフレインですよね
 更に言うと、あそこで紅莉栖は”代わりに私が逝くから”と決意してんですよね。利他精神がスゴすぎる。
>最初のDメールを消去する直前に紅莉栖が告白しちゃったせいで、オカリンはDメール消去出来なかった
 そういう事だと、yukkun20さんのエントリ読んでようやく理解しました。彼女がまゆりに代わって逝きたかったのは、罪悪感が耐え難いレベルだったんでしょうねー。ぐっすん。

 にしても、今になってこんな形で、「哀心迷図のバベル」の伏線が活かされると、いったい誰が予想しただろうか。スタッフにとっても、間違いなく想定外。これは過去作の伏線回収も、期待していいですね?個人的に「暗黒次元のハイド」が絡めば志倉氏を神と呼びますw。「無限遠点のアークライト」に全く触れられなかったら、志倉さんをクズと呼びますwww。

>「無限遠点のアークライト」に全く触れられなかったら、志倉さんをクズと呼びますwww
千代丸氏への熱い流れ弾になりますねw監督、シリーズ構成、シナリオ監修への被害を一人で受け止める!
……はさておき、アニメ的にはアークライトに触れた方がわかりやすいし尺も短縮できるはずなので、触れてほしいところですね。
そのまま23話(SG)へ繋げられれば完璧な流れだとは思いますが。

まあ、OPでまゆりと鈴羽が出た後タイムマシンの扉が閉じるシーンがあるので、ゼロ本編同様乗り込むまでの描写はありそうですが

>DFNEXTさん
 ありがとうございます。
>千代丸氏への熱い流れ弾になりますねw監督、シリーズ構成、シナリオ監修への被害を一人で受け止める!
 まあ、プロジェクトリーダーとは、そうしたモノですから…(ヒドいw)。
>アニメ的にはアークライトに触れた方がわかりやすいし尺も短縮できるはずなので、触れてほしいところですね
 その通りです。むしろゲーム版がアークライトにそれほど触れてなかったの、あの作品の数少ない失点だったと思うんです。

ああすみません、「あの作品」とはゲーム版シュタゲゼロのことです。

ただアークライトは成功した場面を描いているので、失敗を描いた(あと未来でオカリンと鈴羽がタイムトラベルすることで成功に再構築する)ゼロだとやり難かったのも仕方ないとは思ってはいます。展開の流れ的にアークライトのシーン入れにくそうですし……
というわけで個人的には「スターダストまでの物語」をもっと描くべきだったのではないかと
……まあ、実際のところ大分没になっていたようですけどw ゼロのドラマCDのもゲームに入らなかったネタだそうですし

……うむ、無理してアークライト入れた方が良かったかも。
ゼロの感想って「序盤が暗いだけ」とか「終盤の熱量からのトゥルーの短さ」とか見るので。
無印に帰って初めてゼロのタイトルの意味が完成するので、仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれませんけど

 アークライト(のごく一部でも)をゼロのトゥルーエンドにしてもよかったのではと。ゼロだけだと、「”あの日”まゆりと鈴羽がどうやってオカリンを立ち直らせたか」が説明不足すぎると思う。

アークライトをアニメ化するのであればここ意外にはあり得ませんし、シュタゲのドラマCD三部作はいずれも秀逸な出来なので、ここでどうにか救済してほしいですね。
ただ、オカリンを励ましたまゆりがその後どこに行ったのかを考えるとさらに暗い気分になっちゃうので、ゲーム版では外したのかも(;・∀・)

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます