2018-06-01

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第7話 振電遷移のエクリプス レビュー

上げたハードルを軽々越えてくる作品。

シュタインズゲート ゼロ 第7話 振電遷移のエクリプス

アバン

あのライダースーツの女性、荒事担当なのにハイヒールはなめすぎじゃない?

ちなみにこの女性の正体はゲーム版でも明確には述べられていませんが、公式資料集p.237に答えが掲載されています。

Aパート

ここでブラウン氏が登場する流れは熱いですよね。彼からすると正体が露見する危険もあったんですけど、さすがに綯最優先の男。ちなみにこの筋肉だるま、32歳である。…マジで?

ダルのオカリンに対する良妻ぶりが半端ない。ただでさえSG0のダルはかっこいいのに、なぜどんどん株を上げるカットを増やすのだ!

鈴羽とるかのシーンはかなりの名場面ですね。ゲームではかがりと一緒に布団の中に入っての会話でしたが、確かに鈴羽がこのシチュエーションで横になるとは思えないので、いい改変でした。

Bパート

オカリンが萌郁と接触し、腕にあざがないことを確認するシーンがカットされたせいで、萌郁が昨日のライダースーツの女性ではないという話がやや唐突になってますね。

「K6205」ってフォネティックコードでも何でもないような気がするんですが…原作でもこうでしたっけ?

Cパート

最後の首をかしげた紅莉栖が可愛すぎる件について。

感想

ついに真のヒロイン(くどい)が登場したーこの日をどれほど待ったことか!。・゚・(ノ∀`)・゚・。やっぱり2次元より3次元ですよね!
しかしこのシーンをCパートに持ってくるとか結構罪深いなぁ。EDでチャンネル変えちゃった人かわいそう。

紅莉栖が登場したということは、二律背反のデュアルルートですね。バッドエンドに繋がる「存在証明のオートマトン」はカットされてしまうのでしょうか。あっちはバッドエンドルートだけど、大事なエピソードがいくつか入ってるからなぁ。お掃除軍曹とか。どこかでアニメ化してほしいところです。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

寝たいので、多くは語れませんが一つだけ。
>このシーンをCパートに持ってくるとか結構罪深いなぁ。EDでチャンネル変えちゃった人かわいそう
スタッフロールで「アマデウス」ではなく「牧瀬紅莉栖」と表記されてたのに気づき、「これはこの後紅莉栖ちゃん生き返るー!?」とネタが割れてしまいました。でもご指摘されたことを考えると、ナイスなネタバレだったと思う(録画で観たので、Cパートがあるのも読めてた)。
来週は神回ですよ!

> スタッフロールで「アマデウス」ではなく「牧瀬紅莉栖」と表記されてたのに気づき、「これはこの後紅莉栖ちゃん生き返るー!?」とネタが割れてしまいました。
言われてみれば。でも多分、EDのスタッフロールをちゃんと見るような人は、ED途中でチャンネルは変えないよね。
> 来週は神回ですよ!
まったくだ!

>牧瀬紅莉栖
スタッフロール、順番もちゃんとラボメンナンバーの4番だ!アマデウスはメインキャラの中でいつも最後なんですよ!

>ブラウン氏が登場する流れは熱いですよね
 原作にない展開でしたっけ?
>綯最優先の男
 それが行動原理な裕吾。
>ちなみにこの筋肉だるま、32歳である。
 無印当時、年下だと知って軽い衝撃受けましたが、今でも年下には見えんw。
>ダルのオカリンに対する良妻ぶりが半端ない
 親友のレベルを超えている。友としての怒り故に、あれをかますシーンも再現して下さい。
>確かに鈴羽がこのシチュエーションで横になるとは思えないので
 確かに。この作品に限らずアニメは、ゲームよりシチュエーションの重要度がわかってるな。
>フォネティックコードでも何でもないような気がするんですが…原作でもこうでしたっけ?
 ケッヘル番号の扱いは原作と全然違った…と思う。
>首をかしげた紅莉栖が可愛すぎる件
 禿同。

>フォネティックコード
原作では「ファイブ」を「ファイフ」と発音しているから、西側のフォネティックコードだと言っていましたが、
この話だとMr.ブラウン…もとい天王寺さんも「ファイブ」って発音しているので、多分尺の都合で「ファイフ」の説明カットできるようにしましたかね。
『「ファイフ」と発音するのは~』という部分だけでも結構尺使ってしまいますから。たとえブラウン氏が聞いたのが「ファイフ」でもブラウン氏が「ファイブ」と言えば初見かつフォネティックコード知らない視聴者に「ファイフってなに?」という疑問は抱かせずに次の流れに進めますし

ケッヘル番号の流れも若干変えられていましたね。まあ、アニメだとオカリンが真帆先輩のID名知ってるか曖昧ですし。

それとオートマトンはバッドエンドルートではなく、オカリンが関わらないルートでは?
ゼロのバッドエンドはアマデウス紅莉栖とイチャイチャしすぎると到達するスティグマだけだったはずですし。
まあ、理論上ゼロはバッドエンドルートですらトゥルーエンドに繋がる世界線ではありますけど

> 原作では「ファイブ」を「ファイフ」と発音しているから、西側のフォネティックコードだと言っていました
おお…確かにそんな下りでした。納得。
> 初見かつフォネティックコード知らない視聴者に「ファイフってなに?」という疑問は抱かせずに次の流れに進めます
ABCならともかく、Kのフォネティックコードもあんまり一般的じゃないからなぁ。もうフォネティックコード云々じゃなくて、武器か動きかなんかで見抜いたことにすれば良かった気がする。
> オートマトンはバッドエンドルートではなく、オカリンが関わらないルートでは?
確かにあれをバッドというのは間違いでしたね。すみません。

>DFNEXTさん
>オートマトンはバッドエンドルートではなく、オカリンが関わらないルートでは?
 ああー、そうですよね、紅莉栖がメインの世界線(「ソリチュード」ルートのこと)からバッドエンドへは、行かないはずでしたよね。引っかかってたんです。”お掃除軍曹”がなくなる可能性は生まれてしまいましたが(それより萌郁と真帆の友情が…(´;ω;`)だとしたら、呪いまっせ志倉さん)。
 それとラボが襲撃された際、店長が助っ人に現れるのは、原作でも同じと確認しました。すみません。

> ”お掃除軍曹”がなくなる可能性は生まれてしまいましたが
このエピソードはどこにでも挿入出来るでしょうし、なんとかどこかで拾って上げてほしいですね。
> 萌郁と真帆の友情が…(´;ω;`)
そっちも大事だよねー!

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます