【アニメ】ペルソナ5 #08 Put an end to all this and use your own artwork for once. レビュー | Y.A.S.

2018-05-29

【アニメ】ペルソナ5 #08 Put an end to all this and use your own artwork for once. レビュー

P4Dは菜々子が可愛すぎて辛い。

ペルソナ5 #08 Put an end to all this and use your own artwork for once.

サブタイトル

「一度くらいはお前自身の作品ですべてを終わらせろ」という意味ですから、祐介の「せめて有終の美くらい自分の作品で飾れ」という台詞のことかな。

アバン

昨日警察沙汰になったのに、普通にイベントが進行してる!

予告状では斑目のことが「虚飾」の大罪人と呼ばれていたので、プレイ当初は七つの大罪ネタだとは気づきませんでした。いわゆる「傲慢(Pride)」のことみたいですね。

Aパート

「冥土の土産を見せてやろう」ときっちり(自分の)死亡フラグを立てる斑目先生。しかし結局こいつ自身の作品と呼べるものはないわけですよね…それでこの地位まで上り詰めたということはプロデューサーとしては一流だったのかもしれません。外道ですけど。

アザゼル(斑目のシャドウ)がゲームより表現がキモイ感じがする。このボス部位ごとに属性耐性が違うから倒すのが面倒だった記憶があります。

あれ?斑目を倒した後にあった、すごい大事な伏線がスルーされたような…

Bパート

いきなり女の子の家に上がり込もうとか祐介許すまじ!そしてモルガナ安請け合い。オマエもオマエのご主人も居候だっての。

鍋パーティは原作だと6/11に開催されてましたけど、今回は少し前倒し(原作と同じペースなら6/5)になってましたね。祐介の歓迎会という意義を強調するとこの方が自然な気がします。

杏が「みんなのこと、昔から知ってる気がする」って何かの伏線かと思いましたけど、別に回収されませんでしたよね?

祐介もなんだかんだで人間出来てますよね。本当に信頼出来る友人、そして大人のところに大事な絵を預けていった後ろ姿がかっこよかった。いい最終回でした!(違う

Cパート

感想

ということで今回は6/5まで(+6/11、12)が描かれました。祐介編は笑いあり、カタルシスあり、友情あり、正義ありとドラマとして面白かったですね。相変わらず戦闘シーンが大技ドカーンで終了なのはちょっとどうにかしてほしい感じがしますけど。

次回はそろそろ明智登場かな?川上先生のコープが始まるのもこの頃なんですけど、多分そっちはハブられそう。あのエピソード好きなんだけどなぁ。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

>結局こいつ自身の作品と呼べるものはないわけですよね…
 「サユリ」がこの人の作品じゃないとわかったとき、「やっぱりな」と思いました。フラグは存分に立ってた。
>このボス部位ごとに属性耐性が違うから倒すのが面倒だった記憶があります
 バトルのめんどくささは原作準拠だったのですな。

>いきなり女の子の家に上がり込もうとか祐介許すまじ!そしてモルガナ安請け合い。オマエもオマエのご主人も居候だっての
 祐介にもモルガナにも「オイオイオイ」とツッコんでしまいましたw。やっぱ芸術家って常識ないの!?(偏見)
>いい最終回でした!(違う
 あー、そんな感じはあったw。佐倉マスターいい人ですね。あと武見先生がすごい美人な件。

> 「サユリ」がこの人の作品じゃないとわかったとき、「やっぱりな」と思いました。
多分普通の物語だと、欲望に染まっていないときの自分が描いた絵を見て、最初の志を思い出す、みたいな展開になりそうですけど、さすがゲスな大人だらけのP5はひと味違います。
> やっぱ芸術家って常識ないの!?(偏見)
原作では、さらに朝食のメニューのリクエストを聞かれてもいないのに出したりしてました。
> 武見先生がすごい美人
こんだけちょくちょく出てくるんだから、何かイベントがほしいところ。

>普通の物語だと、欲望に染まっていないときの自分が描いた絵を見て、最初の志を思い出す、みたいな展開になりそうですけど
 それも予想しましたが、P5はそんなヌルいお話じゃないのですな。P5のクズ大人、相撲協会や日大などのクズっぷりと偶然シンクロして、タイムリーw。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます