2018-05-18

【アニメ】シュタインズゲート ゼロ 第5話 非点収差のソリチュード レビュー

サブタイトルのentangled sheepってどういう意味?

シュタインズゲート ゼロ 第5話 非点収差のソリチュード

アバン

いきなりオカリンのトラウマ登場。ここで取り乱さなかったオカリンは本当偉いと思う。

Aパート

ダルが使っているのは、未来ガジェット1号機「ビット粒子砲」ですね。懐かしい。光線銃にリモコンを埋め込んである代物です。そういえば実際に使っているところ初めて見たかも。

鈴羽って萌郁の正体知らないんですよね?鈴羽が萌郁をガン見してますけど、やっぱりわずかな身体の動きとかで、ただの編集者じゃないことを見抜いたんでしょうか。あと萌郁ってこんなに肉声でしゃべる人だっけ?

このレベルの人捜しを成功報酬のみで引き受ける萌郁さんメチャいい人。

多分鈴羽が萌郁の正体を知ったら普通に殺し合いになりそう。

そして赤面真帆!スタッフGJ!そして教授が微妙にウザイw

しかし真帆はなぜ秋葉原でわざわざ人通りのないところへ逃げたのか。

Bパート

オカリンの英語力ひどすぎません?あとダルの動きと無駄なイケメンボイスもひどすぎません?

エプロンまゆりもカワ(・∀・)イイ!!なんという良妻感。

オカリン、紅莉栖と声が違うって…もっと違うところがあるだろ(ひどい

感想

キーパーソンであるカナ(仮)が登場して、一気に物語が進んできました。彼女の正体は一体何者なのか、来週の展開も楽しみです。次回は正月イベントもありますし、華やかな回になりそうですね。

あとただ働きになってしまった感のある萌郁さん、お疲れさまでした。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

オカリンの英語力は前作無印25話のアメリカ旅行でも発揮されてましたしねw
タクシー呼ぶにも英語が得意なルカ子に頼もうとしていましたしw

entangled sheepは直訳すれば「もつれた羊」ですか。
前話のは「はぐれた羊」なのでオカリンを、強いてはラボメンからはぐれた紅莉栖を指しているようですが(後者は公式資料集の解釈)
そうなるとβ世界線自身を現しているとみるべきでしょうか? 羊って言われると電気羊も思い浮かべますが。

>あと萌郁ってこんなに肉声でしゃべる人だっけ?
メアド交換していない場合は結構肉声で話そうとは努力していますかね。βはαの萌郁さんより生活充実してそうですし。
無印のスピンオフコメディでは携帯電話のメモ帳見せて会話したり、ドラマCDでは(コンテンツ上仕方ないですがw)わりと喋ってたり、と世界線によって萌郁さんの肉声度合いって違うんですよね。一番喋らないのはαでしょうけど。

> オカリンの英語力は前作無印25話のアメリカ旅行でも発揮されてましたしねw
ありましたねそんなシーン。
> entangled sheepは直訳すれば「もつれた羊」ですか。
前話が「A stray sheep」と単数形だったのに、今回は複数形にも読める書き方になっているので、個人的には前話は紅莉栖、今話は紅莉栖とかがりのことだと(勝手に)思ってます。entangledの響きからは、おっしゃるとおりもつれ合う世界線のイメージも重なりますね。

>ここで取り乱さなかったオカリンは本当偉いと思う
 憎しみを必死で自制する。萌郁に対してもめっちゃ優しい。

>実際に使っているところ初めて見たかも
 いや、無印の鈴羽回で、萌郁を脅迫するのに使ってました。
>萌郁ってこんなに肉声でしゃべる人だっけ?
 DFNEXTさんが指摘しておられるように、世界線によって結構喋ってます。つか萌郁のメール依存症はゲームのフォーントリガーシステムあってのモノで、アニメで忠実に再現しても意味がない。
>成功報酬のみで引き受ける萌郁さんメチャいい人
 いや全くw。
>そして赤面真帆!スタッフGJ!そして教授が微妙にウザイw
 かわい過ぎです比屋定さん。レスキネンはアニメでもいいキャラに仕上がってる。

>エプロンまゆりもカワ(・∀・)イイ!!なんという良妻感
 椎名さんもかわい過ぎ。未来で彼女が独身であること、結構多いの、不思議なんですが、オカリンに操を立ててる?
>…もっと違うところがあるだろ(ひどい
 ハイハイおっぱいおっぱい(私なら言うと思ったでしょ?w)。

> 無印の鈴羽回で、萌郁を脅迫するのに使ってました。
まじかー全然忘れてました。そんなシーンあったっけ?
> ハイハイおっぱいおっぱい
人が言いにくいことをさらっとお言いになる!

うたわれるもの斬の発売日が
せんのきせき4と恐らく被ると
頭をかかえてる

とりあえず格ゲーじゃなくて良かった。無双ゲーならなんとかプレイできるかな。
閃の軌跡4も秋でしたっけ。まあゲームジャンル違うし並行してプレイするのがいいのでは。

コメントフィード

コメント

いつもコメントありがとうございます